TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1033/28-Jun-2010

iPhone 4 と iOS 4 が入手可能となった! 今週の特集記事として、Adam が電子メールアカウントに対するハッキングが増えつつあると警告し、また Adam と Glenn が協力して iBooks 1.1 について深く切り込む。Adam は iPhone 4 の「中身を見る」ビデオも紹介するとともに、iPhone から多数の写真を一度に削除する方法を説明する。また Glenn が、ファミリープランでどうすれば iPhone 4 に資格委譲ができるかを解説し、Firefox 用に新たに出た機能拡張 HTTPS Everywhere を概観し、米国内に居住する人すべてに Google Voice が開放されたことを報告する。それから Doug McLean が、iPhone 4 についての主だったレビュー記事と iOS 4 についての最も役に立つ記事をいくつかまとめて紹介する。最後にもう一つ、SmileOnMyMac の TextExpander 3 が 20 パーセント安くなる DealBITS 値引がある! 今週注目すべきソフトウェアリリースは、Firefox 3.6.6、Default Folder X 4.3.9、Things 1.3.4、それに Mailplane 2.1.9 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


AT&T が資格委譲の手順を明確化

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

AT&T が、ファミリープランで別の人への資格委譲を使った人が iPhone 4 をアクティベートするために 必要な手順の説明を公開 した。AT&T のスポークスパーソンが私に語ったところによれば、資格の委譲は可能だが、当初は電話機をアクティベートする方法が明確でなかったという。(2010 年 6 月 9 日の記事“AT&T、Family Plan 内での資格委譲を認める”参照。)

説明は分かりやすい。まず iPhone 4 をフルに充電してから、AT&T に電話し、正しいコードを入力して、係員と話をするのだ。(AT&T ストアに行って手続きをすることも可能だが、おそらくその方が余計に手間がかかるだろう。)何をするにしても、AT&T が電話番号の入れ替え処理を済ませる前に iPhone をアクティベートすることは _絶対に_ してはならない。もしもそんなことをすれば、AT&T Store に行って iPhone 4 の micro-SIM をプログラミングし直してもらわなければならなくなる。

私はごく早いうちに iPhone 4 を手にした。それは、6 月 23 日の水曜日の日中に届いた。私が AT&T に電話したのは 5:30 PM (西海岸時間) ごろだった。電話してから1分も経たないうちに、カスタマーサービスの係員と話ができた。まだ一台の iPhone 4 の受け付けも処理していないとは言っていたが、彼女は疑いなく有能だった。(素早く電話機が届けられたことも、一流の係員に応対してもらえたことも、どちらも特別扱いの結果ではなかった。私は妻の名前を使って自分の iPhone を注文したのだったし、上記リンクのページに問い合わせ先として載っていた AT&T の一般用の番号に電話しただけだった。)

小さな問題点が二つほどあった。SIM カードの登録入れ替えを処理するために、その SIM の内部 ID コードである ICCID と、電話機のモバイル ID である IMEI (これは電話機自体のシリアル番号とは別のものだ) が必要だった。Apple はこれらの番号を知るための方法をたくさん提供している( サポートページ参照)が、私の場合どの方法も使えなかった。

この iPhone はまだアクティベートされていなかったので、Settings アプリを使って二つの番号を知ることはできなかった。それに、どうしても必要でない限り micro-SIM を引っ張り出すのは避けたかった。その代わりに、まだアクティベートされていないこの電話機をアンロックすれば、緊急用電話が表示されるとともに小さな情報ボタン (丸の中に i) が表示されることを私は見つけ出した。その i ボタンをタップすれば、ICCID と IMEI が表示された。私はこれを AT&T の係員に読んで聞かせた。

彼女はシステムにおける番号の登録をアップデートしてくれたが、まだ私の iPhone 4 のステータスバーに AT&T ネットワークの識別子は見えなかった。SIM の変更が済んだことを彼女に確認してから、私は電話機をコンピュータの USB コネクタに接続し、iTunes と同期させた。最初のステップを2つほど済ませると、自動的に正しい電話番号が iTunes の中に表示され、それから、iPhone 4 にも AT&T の信号が点灯した。

この手順はちゃんとうまく済ませることができ、比較的シンプルな作業とも言えたが、全部で 20 分ほどかかった。

コメントリンク11375 この記事について | Tweet リンク11375


HTTPS Everywhere で手軽な暗号化が可能に

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

HTTPS Everywhere 機能拡張は現在ベータ版として入手可能だが、これは Firefox に組み込んで使い、セキュア接続をサポートした(けれども必須とはしない)数多くの人気あるウェブサイトと、ブラウザとの接続に際し、Firefox が必ず SSL/TLS 暗号化された接続をするよう強制するというものだ。単なるシンプルなセキュアログインを実現するだけではない。この機能拡張は、それらのウェブサイトとの間のすべての接続に SSL/TLS を用いるようにする。

この HTTPS Everywhere 機能拡張は、Electronic Frontier Foundation と The Tor Project との共同制作によるものだ。The Tor Project は、匿名性を推進し追跡を阻害することを目的として組織的に作られたサーバのネットワークだ。この機能拡張は現在進行中の新しい巧みな標準 Strict Transport Security (STS) の実装となっている。STS は、一つのウェブサイトの中で動き回る際に常にセキュアな接続を保つにはどうすべきかを規定し、もしも問題が起こればユーザーに警告するように作られている。

HTTPS Everywhere は,現時点では、まだセキュリティというよりもプライバシーの方に重点がある。開始時点で含まれているサイトは Google Search (保護されたサイトを持ったベータ版)、Twitter、Facebook、The New York Times、その他となっている。こうしたサイトを公共のインターネット接続(例えば Wi-Fi ホットスポットなど)を使ってサーフィンすれば、あなたがプライベートと思う情報も漏れてしまうことがあり得るからだ。たとえそれがクレジットカード番号とか社会保障番号とかいったものではなかったとしても。

もちろん VPN を利用したり Anonymizer のようなサービスを使ったりすることもできるけれども、ブラウザとサーバの間で直接暗号化接続をするにはサードパーティを一切必要としないし、特別の手間もかからない。けれども、そうしたサイトのセキュアなエントリーポイントを忘れずにブックマークしておかない限り、うっかりと暗号化なしのリンクを使ってしまうことはあり得るだろう。その上、たとえあなたがセキュアなサイトにいたとしても、コンテンツのサイトは必ずしもそのウェブページ上の内部リンクのすべてに正しく https URL を指定してくれているとは限らない。

けれども HTTPS Everywhere があれば、すべてのリンクがあなたに見えないところで http から https に書き換えられ、サポートのあるサイトではすべてのコミュニケーションが暗号化される。また、この機能拡張にあなた独自のルールを追加することでさらに機能を拡張することも可能だ。

HTTPS Everywhere 機能拡張は、NoScript のコードを利用している。NoScript は、Java、JavaScript、Flash など、どのスクリプトや言語があなたのブラウザで走ることを許されるかをあなたが指定できるツールだ。NoScript には特定のウェブサイトで https 接続を強制する機能も含まれている。

コメントリンク11367 この記事について | Tweet リンク11367


DealBITS 値引き: TextExpander 3 が 20% 安くなる

  文: Adam C. Engst <訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週の DealBITS 抽選で当選し、SmileOnMyMac の TextExpander 3($34.95 相当)を受け取ることになったのは、gmail.com の John LeBlanc、gmail.com の Jim Tittsler、unm.edu の Derek Roff の3名だ。おめでとう! 残念ながら当選しなかった皆さんもがっかりすることはない。SmileOnMyMac では、すべての TidBITS 読者の皆さんを対象に TextExpander 3 を 20 パーセント割引で、つまり $27.96 で販売している。2010 年 7 月 8 日までの期間、こちらの TextExpander ページで赤い Purchase Link 画像をクリックすれば割引価格で購入できる。今回の DealBITS 抽選に応募して下さった 526 名の皆さんに感謝したい。また今後の DealBITS 抽選もお楽しみに!

コメントリンク11393 この記事について | Tweet リンク11393


iPhone 4 の中身を見る

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

新しい機器が出るたびにそれをバラバラに分解して、どうやってバラしたか、中はどうなっているか、写真やビデオを使って示そうとするサイトはたくさんある。けれども、この Blendtec サイトの "Will It Blend?" ビデオの真似をすることは誰にもできないだろう。このサイトは以前にも iPhone をミキサーにかけたことがあったが、今回も早速 iPhone 4 をミキサーに放り込んで、パフォーマンスが向上したというのならばさぞかし高速で粉々になるのだろう、と試してみせた。粉々になるまでのベンチマークデータに関してはちょっぴりいい加減な扱いになってしまっているようだが、 この "Will It Blend?" ビデオは、小芝居の筋書きに関しては傑作と言ってもいい仕事をしている。

コメントリンク11388 この記事について | Tweet リンク11388


多数の iPhone 写真を削除する方法2つ

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

一般的に言って、デジタルカメラの写真を消去する場合には、それらの写真がすべて iPhoto に読み込まれたのを確認した後で、手動で消去することを私はお勧めしている。私の使ったことのあるカメラのいずれでも、その作業は簡単にできた。だから、ほんの一手間かけるだけで、心安らかにいられるわけだ。けれども、iPhone で私が撮影する写真の大多数はそれほど素晴らしい写真ではないので、私はいつも iPhone の写真を読み込んだ後は iPhoto が自動的に写真を消去するよう設定している。これで、何も問題は起こっていない。

ところが今日、162 個の写真とムービーを iPhone から読み込ませた後でうっかりと私は iPhoto で Keep Photos ボタンをクリックしてしまった。つまり、読み込み済みの写真がすべて、iPhone 上に残ってしまったのだ。iPhoto は新たな写真を読み込む際に喜々として読み込み済みの写真を隠してくれるものの、それらを消去することはもはやできない。言うまでもないことだが、162 枚の写真を一度に一枚ずつ、ゴミ箱アイコンをタップしてから Delete Photo ボタンをタップ、などという方法で消去する気にはとてもなれない。iPhone を睨みながら 324 回も続けてタップするくらいなら、もっと他にすべきことが山のようにある。(例えばこの記事を書き上げなければならない!)

この問題を解決するために、私は2つの方法を見つけ出した。片方は iPhone だけを使う方法、もう片方は Mac 上で Image Capture を使う方法だ。

ここでもやはり、年代物のプログラム Image Capture の中にある機能で Apple が未だに iPhoto に組み込んでいないものが存在するというのはちょっと驚くべきことだが、事実そういう機能はあるのだ。

コメントリンク11348 この記事について | Tweet リンク11348


Google Voice が米国内のすべての人に開放

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Google Voice を、米国在住のすべての人が利用できるようになった。もはや招待は必要ない。ウェブサイト、電話コンポーネント、それにモバイルアプリが組み合わされたこのシステムでは、あなたが電話番号を得ることができ、その番号にかかって来る電話やそこからかける通話について何が起こるかの管理があなたに任せられる。

Google Voice では、かかって来る音声通話や SMS テキストメッセージは無料だ。また、米国とカナダの番号にかける通話やテキストメッセージも無料だ。現在のところ、Google Voice はあなたが既に持っている電話番号のための電話交換機として挙動する。インターネット電話のクライアントソフトウェアは含まれていない。

北米以外の電話番号にかけた通話には、Vonage や Skype と同レベルの料金 が課される。先進国の固定電話にかけた場合は毎分数セント、携帯電話にかけた場合は世界中どこでもそれよりずっと高い料金になる。Google Voice のインターフェイスから送信するテキストメッセージは無料で、携帯電話への転送をしていない限り、受け取ったメッセージもモバイル料金として勘定されることはない。

Google Voice は voice.google.comからも、iOS 以外のいくつかのプラットフォーム上のモバイルアプリからも、また iOS 上で見事に動く特別のモバイルアプリからも使える。

Image

Google はほとんど一年も前に、ネイティブな Google Voice iPhone アプリに Apple の認可を得ようと試みたが、AT&T の関与もあって Apple をこれを却下した。そして FCC がこの問題に乗り出し、Apple はこのアプリはまだ検討中であって却下した訳ではないと述べた。一方 AT&T は Apple の判断に対する同社の関与を否定した。それからほぼ一年が経ったが、このアプリはまだ入手可能となっていない。

Google Voice にサインアップする際、あなたは番号を選ぶ。局番と、番号の一部または全体で数字に対応する綴りのテキストパターンを指定する。それから、本物の電話番号とそのアカウントとを対応させる。それが、自動化された通話にコードを入力することによって検証される。また、これらの番号に対する挙動も設定する。個々の電話番号にはたった一つずつの Google Voice アカウントしか対応させられない。

image

誰かがあなたの Google Voice 番号に電話をかけると、あなたの一つまたは複数の電話回線で同時にベルを鳴らすようにシステムを設定しておくことができる。個々の回線ごとに、ベルを鳴らす際のルールが設定できる。例えば、曜日や時刻の範囲によって鳴らすか鳴らさないかを指定できる。また、Caller ID (発信者番号通知) を使って誰からかかってきたかを示したり、特定の挙動、例えば直接に留守番電話にまわすなどの動作を指定したグループを作ることもできる。

image

音声留守番録音機能の他に、Google Voice には留守番録音の文字化機能もある。興味深い機能だが、実際には誤りが多かった。私が試してみた範囲では、録音された音声通話がある程度まともな文章に文字化された例は一つもなかった。ただ、このシステムは現在も進化を続けている。(改善のためにあなたの助けも求めている。)

Google はそのシステムがあなたの携帯電話の音声通話も処理できるようにする方法の説明も公開している。あなたの音声通話すべてを Google Voice に統合したい人のための機能だ。(この機能は Alltel、AT&T、Cricket Wireless、MetroPCS、Sprint、T-Mobile、US Cellular、Verizon の携帯電話のみで働き、しかもその際あなたのプランが条件付き転送をサポートしていることが必要となる。T-Mobile のプリペイドプランにはそのサポートがない。)

さらに、通話スクリーニング機能を使うこともできる。この機能は電話をかけてきた人に対して名前を言うことを要求し、それからあなたのためにベルを鳴らして、自動化された音声が Caller ID (発信者番号) とかけてきた人が言った名前とをあなたに告げる。それに対してあなたはその通話をどう扱うかのオプションを選ぶことができる。例えば、通話をそのまま留守番録音にまわして録音されている音声を同時に聞くこともできる。(Google に買収される以前、このシステムを開発していた GrandCentral がテストしていた期間中、異彩を放っていた型破りの機能の一つがこれであった。言ってみれば、その昔のアンサーフォンを現代の携帯電話に蘇らせたようなものだ。)

Google Voice には、私が自宅の固定電話の通話料金を抑える目的で頻繁に使っているオプションが一つある。固定電話は限定付きサービスに設定している。私の父も、妻の両親も、同じ州の中の結構離れた場所に住んでいるので、電話をかける際には携帯電話を使う(家の中では快適とは言えない)か、それとも長距離通話料金を払うか、ということになる。

その代わりに、私は Google Voice のウェブサイトを開き、Call ボタンをクリックし、かける相手の電話番号を入力し (あるいはコンタクトリストから選択し)、Phone to Ring ポップアップメニューから私の自宅の固定電話を選ぶ。(別の方法として、まず自分の番号に電話し、音声通話オプションにアクセスしてから、かける相手の番号を入力してもよい。)

すると私の電話が鳴る。これは内向き通話として勘定されるので、私が通話料金を払う必要はない。私が受話器を取ると、Google が相手方にダイヤルして、通話を繋いでくれる。このやり方は、有料通話ができない場所にいる場合にも、また携帯電話を使うよりも便利あるいは安価となる状況で、非常にうまく働く。

私はまた Google Voice の無料のテキストメッセージも使っている。米国においては、テキストメッセージを送信する人も受信する人も同じメッセージのために同時に課金される。その名目上のコストが、最大でも1セントの何分の一かであることを考えれば、これはどう見ても馬鹿げたことだ。(2009 年 4 月 9 日の記事“iPhone がプッシュすれば、テキストメッセージの料金は下がる”参照。)

私は AT&T の 200 SMS プラン (月額 $5) を使っている。時々それを超えそうになるが、その場合は1メッセージあたり 10 セントを払うことになる。私のコミュニケーションの半分に Google Voice を使うだけでそのコストが減る。私は、SMS を携帯電話に転送する機能を使っていないからだ。その代わりに、メッセージは電子メールで私に送られ、返事はウェブアプリで、またはウェブサイトで送ることができる。受け取る側の人のメッセージ総数を減らすことにも(その人が無制限メッセージングのプランを使っていない限り)寄与しているはずだが、これはあくまでも私の支払うコストを下げるためのものだ。

Google Voice は現在のところ、米国内でしか利用できない。他の国でサインアップしようとする人に対して、Google はこう述べている:「私たちはまだ米国外のユーザーのためにこのサービスを開いていませんが、今後他の国にもこのサービスを拡張する予定です。」

コメントリンク11374 この記事について | Tweet リンク11374


パスワードを変えよう: 電子メールアカウントへのハッキング増加中

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ここ一月ほどの間、私は以前に電子メールのやり取りをした人たちからのスパムメッセージを数多く受け取るようになってきた。(私がこのことに気付いたのは、Gmail が過去に電子メールをやり取りしたことのある相手から来たメッセージをスパムと判定しない傾向にあるからだ。)そこには、普通でない点が一つあった。それは、これらのスパムメッセージが私の知り合いから来たかのように「なりすました」ものでは _なかった_ ことだ。これらのメッセージは、事実その通りのアカウントからやって来たものであって、その知り合いたちのアドレスブックに記載のある人たちにあてて送信されたものだった。

個々のメッセージの Received ヘッダを逆向きに辿ることによって、実際にその通りのことが起こったことが見て取れる。あるユーザーの Gmail アカウントから来たと称しているメッセージは、本当に Gmail からのものだった。私は Gmail アカウントからもそうしたスパムメッセージを何通か受け取ったし、AOL アカウントからも何通か、さらには MSN アカウントからもいくつか受け取った。私が見たものの大多数は薬を売るサイトへの単純なリンクに過ぎなかったが、ある友人のアカウントから届いたものはロンドンで旅行中に財布を盗まれてしまったので緊急にお金の援助が欲しいというよくあるタイプのスパムで、へたくそな文章ではあったが、人によっては騙されかねないものだろう。

この Received ヘッダの情報と、To 行に私の名前が明記されていた(つまり誰かのアドレスブックから来たに違いない)ことを考え合わせれば、私の見るところ問題のアカウントは何らかの方法でハッキングされたのだろうと思う。つまり、悪い奴が実際に犠牲者のアカウントにログインしてメールを送信しているのだ。その上、私の場合 MobileMe や Yahoo Mail の契約者からこの種のスパムを受け取ったことはないけれども、MobileMe や Yahoo のアカウントがハッキングされスパムの送信に使われるのを体験したことがある人を私は知っている。

あなたに何ができるか -- これが起きる可能性を減らすために、あるいは起きてしまった場合に損害を減らすため、お勧めしたいことがいくつかある。

まず最も重要なのは、もしもウェブベースのクライアントを持つメジャーな電子メールサービス (Gmail、MobileMe、AOL、MSN、Hotmail、Yahoo Mail など) を使っているのであれば、今すぐそのアカウントのパスワードを変更することだ。アカウントがハッキングされる方法によってはそれだけでは十分な防御にならないかもしれないが、とにかくやっておくに越したことはない。

パスワードを変更する際は、文字と数字、それに可能ならば記号(すべてのサイトがパスワードに記号文字を含めることを許しているわけではない)も含んだ強力なものにしておくことだ。そのパスワードが強力かどうかを調べるには、ユーティリティ フォルダから Apple の キーチェーンアクセス アプリケーションを開き、ファイル > 新規パスワード項目 を選び、パスワードを入力しながら強力度インジケータを見ればよい。良いパスワードを思い付けなければ、鍵ボタンをクリックして パスワードアシスタント を開けば、強力なパスワードを作ってくれる。パスワードについてもっとずっと詳しいことが知りたければ、Joe Kissell の電子ブック“Take Control of Passwords in Mac OS X, Second Edition”がお薦めだ。

image

個人情報を含んだ複数の大きなサイトで同じパスワードを使ってはいけない。例えば、もしもスパマーが多数の Facebook ユーザ名やパスワードを手に入れたとして、その中にあなたの情報も含まれていれば、その情報を使って Gmail、Amazon.com、Citibank でのあなたのアカウントも全部破られてしまうという事態は避けたいだろう。(電子メールアカウントのパスワードが入手されてしまう方法の一つは Facebook のハッキングだと言われている。)最高度のセキュリティのためには、たった一つのプログラムに依存することになってしまうけれど、例えば 1Password のようなユーティリティを利用するのがよい。これは、あなたがアクセスするサイトのすべてについて個別に強力なパスワードを生成して、あなたの代わりにそれを入力してくれる。(その種のパスワードをあなたが記憶できるはずはないからだ。)

忘れてならないのは、例えば Gmail、Twitter、Facebook などのパスワードは、dlvr.it のような補助的なウェブサービスや、TweetDeck などの Mac プログラム、あるいは Twitterrific などの iOS アプリによっても使われることだ。あなたがメインのパスワードを変更すれば、他のところでもパスワードを更新しないと、何かがうまく行かなくなることもあり得る。

可能な限り、ことにあなたが Wi-Fi ホットスポットやその他の公共の接続によってインターネットにアクセスしている場合、セキュア接続 (または VPN!) をできるだけ使うようにすべきだ。(アドレスフィールドに https と出ているかを確認しよう。)もしも Firefox を使っているならば、EFF から新しく出た HTTPS Everywhere 機能拡張を使うとよい。(2010 年 6 月 18 日の記事“HTTPS Everywhere で手軽な暗号化が可能に”参照。)セキュア接続についての詳細と実用的なアドバイスは、私と Glenn Fleishman が共著した電子ブック“Take Control of Your Wi-Fi Security”をお薦めする。

もしもあなたの電子メールプロバイダが他のアカウントへのメールの転送をしているのならば、その設定をチェックしておこう! また、フィルタも調べておこう。フィルタを使ってもメールの自動転送ができるからだ。今回のロンドン詐欺師は、あなたがアカウントを使い続けても正体を知られないようにするために電子メールの転送を利用している。より一般的には、実際に起こるとは考えにくいかもしれないが、悪い奴が転送を利用してあなたのメッセージすべてのコピーを別のアカウントに吸い上げ、中身を読んでしまうかもしれない。MobileMe のアカウントがハッキングされたある事例では、詐欺師たちがただ単に電子メールをそこから転送しただけでなく、パスワードも、セキュリティの質問も、すべて変更してしまっていた。

電子メールに何を書くかにも注意を払おう。見も知らぬ悪い奴があなたの生活についての情報でどうこうするということはありそうにもないが、パスワードとか、銀行の口座番号とか、クレジットカード番号とか、そういったものは自動抽出で読み取られてしまうかもしれない。

あなたのアカウントがハッキングされる可能性に備えるため、もしそうなった場合に誰に連絡すべきか、どのように対応すればよいのか、あらかじめ心構えをしておこう。例えば、Gmail を使っているならば、一時的に使用停止にされたアカウントを有効に戻すための照合用テキストメッセージが受け取れるよう、あらかじめ携帯電話の電話番号を登録しておこう。(そういうことが起こるかもしれないという事例はすぐ後で述べる。)それから、MobileMe を使っているならば、電話サポートはないけれども、ライブチャットのサポートはあることに注意しよう。

可能な場合には Apple Mail や、その他の POP または IMAP クライアントを利用しよう。それならばあなたのメールすべてのコピーが手元に残る。誰かがあなたのアカウントからスパムを送信したとしても、それと同時に保存されたあなたのメールすべてが消されてしまうかもしれないからだ。ただし、そんなことをするのは破壊行為目的以外の何ものでもないが。もしあなたが IMAP を通じてローカルなコピーを保存しているのならば、その IMAP ローカルコピーをバックアップしておこう。なぜなら、リモートのメッセージがすべて消去された場合、 IMAP クライアントはそのアーカイブも消去してしまう可能性が高いからだ。

戦争を拡大すれば巻き添え被害も増える -- これらの出来事に基づき、少なくとも Google は現在セキュリティを高めようとしつつあると私は考えている。この二週間のうちに、 Tonya と私を含む多くの人たちが、自分の Gmail アカウントが Google によって一時的に停止される経験をした。私たちは二人とも、iPhone で照合用コードを受け取り、それを Gmail に入力して再びアカウントを有効に戻し、それからパスワードを変更することができた。

同じことが起こるのを経験していた友人からの助言に従って、私は過去 24 時間以内に自分が送信した電子メールすべてに目を通し、Google がスパム的と判断したに違いないメッセージを一つ見つけた。それは、たった一行の文章の後に URL が一つ付いているだけのもので、私はそれを三人の受取人にあてて送信していた。

おそらく、Google は送信されるメールをモニターしてスパム的な挙動がないかどうかチェックしているのだろう。そして、アカウントのハッキングをもっと素早く探知しようとして、そのモニター用のコードの検出感度をじりじりと上げていったとすれば、それが私のアカウントが一時停止となった理由の説明になるのではないだろうか。(私のアカウントが実際に侵入されたとか、パスワードが盗まれたとか、そのような兆候は私の場合一切見当たらなかった。)

この種の問題は、Apple、Google、Yahoo、Microsoft といったような大きなターゲットでない、小規模の ISP や電子メールプロバイダの場合、実際に起きる可能性は低いだろう。それに、たとえ問題が起こったとしても、小規模の会社ならば人間の手によるサポートが受けられる可能性が高い。アカウントが侵入を受けたり停止されたりした場合、人間にサポートしてもらえれば非常に心が休まるものだ。もちろん、大規模な電子メールサービスにも数多くの利点はあるのだが - 人生は、あちらを立てればこちらが立たずだ。

もちろん、私がここで述べたことの多くは単に私の個人的観察と推測に基づくものに過ぎない。でも、そうだとしても、時折パスワードを変更するのは良いことだ。もしもあなたがアカウントのハッキングの被害に遭ったことがあって、それがどのようにして起こったかご存じならば、ぜひこの記事へのコメントとしてあなたの経験を教えて頂きたい!

コメントリンク11376 この記事について | Tweet リンク11376


iOS 4: 最初に取り上げたい基本的な読み物

  文: Doug McLean <doug_mclean@tidbits.com>
  訳: 大石哲伸<tedz2000@gmail.com>

Apple のメジャーリリースにはよくある事だが、iOS 4はいきなり多くのレビュー記事や議論、分析にさらされる事になった。もちろんニュース記事も山ほどあったのは言うまでもない。1日は短いのに、どうしたらそのような沢山の記事の中から有用なものをより分けられるのだろうか?あなたはラッキーだ。TidBITSが既に多くをふるいにかけている。以下のリンクの中に実用的な記事が何もかも、基礎入門から熟練者向けの小技にいたるまで見つける事ができる。

概要 -- 何故 iOS 4にアップグレードする必要があるのか?そもそもどうやるのか?費用はかかるのか?もし、このような基本的な質問がしたいのなら MacWorld の "iOS 4: What You Need to Know" (iOS 4: 知っておくべき事) と云う記事を参照されると良い。この記事は Appleの最新版のオペレーティングシステムに関しての基本的な事柄をすべて網羅している:主要な機能、互換性の問題、ダウンロードしてからアップデートを適用するまで手順。

しかし、もし、iOS 4 に対して基本的な事よりも多くを知りたくなった時には、Jacqui Cheng が Ars Technica に載せた大作が、すべての主な変更点、多くの小さな変更点に触れている。Jacquiのレビュー記事は詳細を知る手始めとしては素晴らしいものであると云える。

特定の機能について --概要記事は助かるのだが、その一方で特定の機能に興味をひかれて、その詳細を知りたくなる事もある。以前、私たちが iBooksに関してそうであったように(「iBooks 1.1 が PDF サポートを追加、すべての iOS 機器で動作」2010 年 6 月 23 日)あるいは fast app switching に対してそうであったように("What is Fast App Switching?"2010年6月23日)。MacWorldでは Dan Frakes が2つの素晴らしい記事を残している: 一つはフォルダー機能に関して、もう一つは Mail の変更に関して。

同様に Ted Landau は iOS 4 のマルチタスクに関して(と言うよりそこに欠けているテクノロジーについて)の記事を The Mac Observer に書いている。彼はこの要望の多かった機能に対して Appleが取った実装方法をいくらか批判しているが、それでも、まったく賞賛をしていないわけではない(さらに、助かる助言も入っている)。

その他の機能としては、おそらく皆さんもたくさん聞く機会があったであろう、FaceTime があり、この Appleのビデオカンファレンスシステムは iPhone 4 でのみ動作する。Dan Moren の MacWorld記事は微に入り細にわたり、基本操作からプライバシー機能までを説明をしている。

最後に、The Mac Observer の助言リスト - 最近では iOS 4 関連ばかり取り上げられている -にはおいしい情報が詰まっている。一番最近の記事では何でも取り上げており、中断したアップグレードを再開する方法から iOS 4カメラアプリのデジタルズーム機能をどう見つけ出して使うかの説明までそろえている。

Apple から直接 -- ユーザーとジャーナリストだけが iOS 4 に関しての会話をしているわけではない。Apple自身も参加している。最近では「素晴らしい iOS 4 アプリ "Awesome iOS 4 Apps"」と云うコーナーを App Storeに作り、iOS 4 用に最適化されたあるいは、改良されたアプリを特集している。

Apple はさらに iOS 4 ユーザーガイド(PDFリンク)を自身の Web サイトに載せた。内容は iOS 4の200ページを超える逐次手順、そして最新機能の概要と特徴が参照できる。携帯版が既にあなたの携帯に入っているはずだ: Safariを開き、ブックマークボタンをタップし、リストの最後にある iPhone User Guide を見つける。Safari は 5MBの容量を携帯のストレージに要求するかもしれないが、許可ボタンをタップしよう。

しかし、iOS の機能の中で、意味のわかりにくいもの、言われている通りに動かないもの、あるいはサードパーティアプリでもっとうまく実装されているもの、そういったものについてこのガイドが役に立つと思うのはやめた方がよい- 調べるためのガイド本としては我々の Take Control シリーズ電子書籍やその他の書籍が存在する。

共有しよう -- 上記リストを挙げてみたものの、これらは iOS 4 の一部をカバーしているにすぎない。しかし、 iOS 4の潜在能力を引き出すためのきっかけになれば良いと思う。もし、あなたがこの他に、役に立つ、あるいは興味深い記事を見つけたならばコメント欄で知らせてほしい。

コメントリンク11394 この記事について | Tweet リンク11394


iPhone 4 初期批評の要約

  文: Doug McLean <doug_mclean@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は iPhone 4 の先行評価に我々を含めてくれなかったが、より幸運なジャーナリスト達からの初期批評が入り始めた。現時点では大手筋からの批評の多くは同じ様な項目を扱いそして似た様な意見を述べている。これに更なる評価 - 多分重複となる - を付け加えるのではなく、我々は専門家が何を言っているのかを皆さんに分かって貰えるよう筆者達の言葉を精査してみた。

今後数週間内には更に掘り下げた批評や他の見解も間違いなく出てくると思われるが、それまでの間は、どうも iPhone 4 の初期批評は暖かいものであるのは - 驚きには値しないであろうが - 間違いないようである。

Wall Street Journal の Walt Mossberg -- Walt Mossberg は、彼の iPhone 4 批評の中で、多くの格好いいそして機能豊富なスマートフォンが市場をにぎわせているが、Apple の最新の投入は二つの理由から注意を引く価値があると言っている:第一に、iPhone 4 は、電話機の能力と密接につながっている巨大なアプリケーション市場のど真ん中にその生命力と裾野の広さで立っていること、そして第二に、Apple は業界のリーダーでありその動きはしばしば他の社によって追随されているからである。Mossberg は読者に次の様に確約している:この最新版はその前のものに較べて "大きな跳躍" をしている、そしてとりわけ FaceTime を一つの会社がソフトウェアとハードウェアを継ぎ目なしに統合することで消費者がその恩典を享受できる古典的な例であるとして褒め称えている。

Mossberg は、この電話はとりわけしっかり出来ていて壊れ難い (ケースなしで何回か落としてみたが悪い影響は見られなかった) 様に見えると言い、そして更に続けて iPhone 4 は "やがて捨ててしまう玩具と言うよりは貴重品" の様に感じるとまで言っている。これは WWDC キーノートで iPhone 4 は古典の ライカカメラを思い起こされると言った Steve Jobs の表現を再現している。

Mossberg の iPhone 4 に関する主だった苦情はそのキャリアである AT&T についてであり、彼は Apple が二番手のネットワークと手を組んだとまで言っている。彼は iPhone 4 は iPhone 3GS よりも通話が落ちてしまう回数は少なくなっているが、その改善度はほんの少しであると言っている。Mossberg はまた少し変わった問題 - Apple はこれはバグであり修正に取り掛かっていると彼に話している - についても言及していて、これは iPhone にはサービスバーが現れないが電話はかけられると言うものである。明らかに、このサービスバーは真の意味の接続性を必ずしも正しく表現していない - これは電話をかける事が主たる機能であるべき機器としては大きな問題である。

AT&T の受信状態が悪い所に住んでいる人に対しては、Mossberg はこの電話を勧めるとは言い難いと言っているが、その他の人達に対しては Apple はそのクラスで一番の電話を再び作り出したと確信を持って言っている。

New York Times の David Pogue -- David Pogue の New York Times に載せた批評は、iPhone 4 は消費者がこれは勝者であるとすでに判定を下していることを考えると (予約注文の殺到に示されている様に)、今更 iPhone 4 を評価する意味があるのだろうかという書き出しで始まっている。思うに、もし彼が最初に跳びつく人達は彼らの熱狂の故であてにはならないと感じているなら、彼らの過ちを指摘してやろうとその意味をもっと感じてもおかしくない。しかし、Pogue の iPhone 4 に対する意見はこれら最初に跳びつく人達のとあまり変わっていず、ますます激化の度合いを深めるスマートフォン市場で再度基準を高めたことに対して Apple を賞賛している。

Mossberg の様に、Pogue も iPhone 4 の新しい形とフィールに焦点を当てており、彼は "Lexus の様" と表現している。彼は言う、iPad と同様、iPhone 4 は本当に速く、そして FaceTime はスマートフォンに登場した最初のビデオ会議経験ではないが、ユーザー経験に対する徹底した拘りはまさに Apple であると。まとめとして、彼は iPhone 4 の Android ベースのライバル達は、HTC Incredible や Evo の様な、アプリの分野ではより大きな柔軟性を提供するかもしれないが、もし大きさや形、美しさや電池寿命、洗練と喜び、といったものがあなたにとっては大事だと言うのであれば、iPhone 4 こそがあなたに合った電話であると。

Pogue も AT&T ネットワークと電話をかけることに関する問題について触れているが、以前の iPhone よりは通話が落ちる回数も少なくなっているし音声品質も良くなっているとしている。

USA Today の Edward Baig -- Edward Baig の USA Today での批評は、Pogue のものと同様、Android ベースの電話によって引き起こされた激しい競争にも拘らず Apple がリーダーとして出現したことを強調している。彼もまた FaceTime がこの新しい電話の間違いなしのキラー機能であるとしている。

興味深いことには、Baig が三人の中では唯一 Flash 対応のない事が苦情の元となる可能性があることに触れている - 彼自身はこのことについて直接文句は言っていない。Pogue や Mossberg の様に、彼もまた iPhone 4 の電話サービスは 3GS よりも少し改善されているが、通話中に落ちてしまう問題は相変わらず経験していると言っている。最後に、Baig はユーザーが取り替えられない電池とメモリアップグレードの出来ないことにはうんざりさせられるとしている。

いずれにしても、この批評は全体的に好意的で次の様に締めくくっている、"Apple は長年の熱狂者にもそして初めての iPhone 所有者にも、歓声を上げさせるものを沢山提供している。"

BoingBoing の Xeni Jardin -- Xeni Jardin の BoingBoing での批評は、最も気の利いた表現賞に値する:"一人の男子と一つのバーと一つのブログのお陰で、我々は iPhone 4 がどんなものかかなり前から知る事が出来ていた。" 彼女のよりくだけた批評は iPhone 4 の主たる新しい機能についてカバーしており、この機器の工業デザイン、より長時間の電池寿命、より強力になったカメラ (素晴らしい写真が何枚か含まれている)、そして格段に進化したビデオ能力を看板となる進化だとしている。

他の批評と同様に、彼女は電話としての iPhone 4 にはもう一つの評価で、ずばり次の様に述べている、"AT&T はどうにもならないし、Cupertino の最高の技術をもってしてもそれは変えられないであろう。" 彼女も通話中に落ちてしまうことそして不明瞭な音声品質を経験をしているが、前の世代の iPhone に較べれば改善されてると感じており、これらの問題全ては AT&T のせいであるとしている。

コメントリンク11382 この記事について | Tweet リンク11382


iBooks 1.1 が PDF サポートを追加、すべての iOS 機器で動作

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>, Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple が新たにアップデートした iBooks 1.1 は、iPad 版のこのアプリに新機能をもたらすとともに、このアプリとしては iOS 4 の下で iPhone と iPod touch もサポートする初めてのバージョンとなる。新機能の主なものは、PDF が読めるようになったこと、現在開いているページやブックマークなどの読書情報の同期ができるようになったこと、それに表示コントロールが増えたことなどだ。

iBooks 1.1 は素晴らしく大きな前進と言え、Amazon (Kindle)、Barnes & Noble (eReader)、Good.iWare (GoodReader) など競合相手のアプリと対等な位置に近いところにまで iBooks を引き上げるものとなる。そうは言っても、新機能の多くはまだバグが多く、近いうちにアップデートが出て甚だしいバグや欠落のいくつかを解消してくれることを願わずにはいられない。

iBooks で PDF を読む -- iBooks 1.1 で最も大きな新機能は PDF のサポートだ。これは歓迎すべき前進であり、iBooks はこれまでよりはるかに有能な書類リーダーとなる。PDF は、標準的な電子書類として幅広く採用されているからだ。残念ながら、このアプリに PDF を持ち込むための手順には使いにくいところがある上に、バグも目立つ。

選択肢は二つある。iTunes を使う方法はシンプルだが、iOS 機器を USB 経由でコンピュータに接続し、保存されているブックや PDF をアップデート・管理しなければならない。PDF を追加するには、そのファイルを iTunes のサイドバーにある Books 項目にドラッグする。これは、保護の付いていない EPUB ブックを追加するのと同じことだ。いったんそこに追加されれば、iTunes のサイドバーで Books 項目をクリックすると、あなたの PDF が EPUB ファイルやオーディオブックなどと混ざって表示される。(View > View Options [Command-J] を選び、Kind チェックボックスをチェックしておけばいろいろなファイルの異なったタイプを見分けられるカラムが表示される。)

この Books リストにあるブックのすべてを好きな機器に同期させることもできるし、あるいは特定のタイトルをいくつか選んでそれだけを同期させることもできる。iTunes のサイドバーの Devices 見出しの下であなたの機器を選び、Books タブをクリックし、Sync Books をチェックする。All Books か Selected Books のいずれかを選ぶ。後者の場合は機器に持ち込みたいブックの横にあるチェックボックスを選んでおく。それから、iTunes ウィンドウ右下隅にある Sync ボタンをクリックする。

今述べた方法を使って PDF を iTunes 経由で iBooks に追加しても、本質的に間違っているところは何もない。ただ、他のアプリへ書類を追加するために Apps タブの File Sharing セクションを使ってする方法と比較すれば、両者に一貫性のないところがひときわ目立って見えてしまう。iBooks に PDF を加えたければ、この方法を使う。ところが GoodReader や他のアプリに PDF を加えたければ全く違ったテクニックを使うことになる。これは、Apple によるインターフェイスのデザインとしてはお粗末極まりない。

Apple は、Mail (iPad 上の iPhone OS 3.2 または iOS 4) あるいは Safari (iOS 4 のみ) を使って PDF を直接 iBooks に持ち込む方法も提供している。Mail では、ダウンロードした添付ファイルにタッチしてホールドすればポップオーバーメニューが現われ、そこから Open in iBooks をタップできる。

Image

また、まず添付ファイルを表示させてから、右上にある Open in iBooks ボタンをタップしてもよい。iOS 4 下の Safari では、まず PDF を表示させ、それから同様に Open in iBooks ボタンをタップする。どちらの場合でも、その PDF ファイルは iBooks の中へとコピーされる。

Image

ところが、テストしてみて、私たちは機器によっては必ずしもいつも Open in iBooks ボタンが提供されるとは限らないことに気付いた。Adam Engst が彼の iPhone 3GS で試してみたところ、Open in Stanza というボタンしか出なかった。(Stanza はもう一つ別の電子ブックリーダーだ。)それとは対照的に、Tonya Engst の iPhone 3G では二つの選択肢 Open In と Open in iBooks が出て、前者を選ぶとさらに多くの選択肢が現われた。PDF にせよ他のファイルにせよ、これらさまざまの Open オプションをあらかじめ設定しておける方法はなく、これは iOS 4 における明らかなバグであって、Apple はこれを修正する必要がある。何人もの開発者たちからこの件の報告が既に出されている。

いったん PDF が iBooks の中へとコピーされれば、Books と PDFs と記された新しい組ボタンが一番上に現われて、これら二つのタイプの書類の間で切り替えることができるようになる。Apple が iBooks の中でなぜこれらを一つに混ぜこぜにしなかったのかの理由は分からない。大多数のユーザーにとってこれらのフォーマットの違いは無意味なはずだからだ。(一つヒントがある: パッと見てどちらのフォーマットが表示されているのかが分かるようにしたければ、PDF をリスト表示に、EPUB ブックをアイコン表示にするように設定しておけばよい。)

Image

PDF をタップすれば、その PDF がフルページで表示され、一番上にいくつかのボタンが、一番下にサムネイルが並ぶ。ピンチ動作でズームや縮小ができるが、ページを移動すればズーム設定は失われてしまうので、ほとんど使いものにならない感じだ。上にあるアウトラインボタンをタップすることですべてのページが大型サムネイル表示になり、そこからナビゲートできる。残念ながら、iBooks は PDF のブックマークをサポートしていないので、例えばあなたが Take Control 電子ブックを Apple の Preview アプリケーションで読むときのようにサイドバーにブックマークを一覧表示させることはできない。

Image

一番下に並んだサムネイルは、ちょっと使いにくい。ここにはその本の内容全部にわたるものが並び、一番左が最初のページ、一番右が最後のページとなる。中途にはその本のページが等間隔で並ぶ。サムネイルの一つをタップすることもできるし、横にドラッグしながらすぐ上に出るグレイのオーバーレイ表示で行きたいページ番号が示されるようにすることもできる。

image

検索機能を使えば PDF の内容全体にわたる検索ができるが、これは動作がかなり遅い。(探しているものが見つからなければ、検索スクリーンの一番下にある Search Google または Search Wikipedia のボタンをクリックして検索範囲を拡げることもできる。)また、ページをブックマークしたり、輝度を変えたりすることもできるが、当然ながらフォントを変えたりその他の表示オプションを変更したりすることはできない。

iBooks 1.1 では PDF の中にあるリンクをタッチ(つまりタップして少しだけホールド)してそのリンクを(PDF 内部で、あるいは Safari に持ち出して)辿ることはできるけれども、iPad 版のこのアプリではその動作に信頼性があるとは言えなかった。ここでは、iPad が横長に置かれていればリンクがきちんと働いたが、縦長では(実際上は縦長で使うことの方が多いだろう)うまく働かなかった。ただし、iPhone や iPod touch で iBooks を走らせるとこの問題は起こらなかった。私たちはこのバグを Apple に報告しておいた。私たちの Take Control 電子ブックには多数のこうしたリンクが含まれているので、このバグは iPad 上で読む際の大きな妨げになるからだ。この問題を除いては、私たちの PDF ベースの電子ブックは iPad 上で素晴らしく動作した。

iBooks に PDF 機能が付いたことは大いに歓迎すべきことだ。けれども、まだ今の段階では、私たちは GoodReader の方を使いたい。GoodReader にはより高度な PDF アクセス機能が備わっていて、Dropbox や iDisk など、さまざまのサーバからファイルを取り寄せるためのツールまで付属している。さらに、ローカルネットワーク上のファイルサーバとしても機能できてファイルをストレージに追加することもできる。それに、iPhone 上では GoodReader の読書体感の方がスムーズだ。特に、ズームインしたままの状態で読み進むことができる。(電子ブック“Take Control of iPad Networking & Security”の中で、Glenn はさまざまのリーダーソフトウェアを説明しており、GoodReader の説明もそこに含まれている。)

アピアランス、同期、メモ -- 表示に関することを見れば、iBooks 1.1 はブックの表示に使えるフォントのリストに Georgia を加え、セピア色の背景を設定できるようにし、より多くの種類の、より大きなフォントサイズを提供するようになった。(Glenn は長い記事“iPad で読書: iBooks、Kindle、GoodReader を使ってみる”(2010 年 4 月 5 日) の中で、Georgia と Verdana は非常に読みやすい文字だけれども電子ブックを読むにはあまり適していないと論じている。)電子ブックの出版者にとっては大いに不満なことだが、Apple は iBooks 1.1 で変更を加えて、出版者が指定したフォントが認識されないようにしてしまった。あの素晴らしき Liz Castro が、この件を巡る状況を説明している。

Image
image

Apple はまたブックマークやメモの書き込みに関する機能をさらに追加した。最初の iBooks リリースでは、テキスト範囲をハイライト表示してブックの中の一ヵ所のみをブックマークできるだけだった。今回の改訂で、いくつのページでも好きなだけブックマークできるようになり、テキストにメモを付随させることもできるようになった。

さらに良いことがある。Apple は、ブックマークやメモ、ハイライト個所、現在読んでいる個所、といった情報を複数の機器の間で同期できるようにした。その際、iTunes Store とそこにおけるあなたのアカウントが、データのアンカーとして用いられる。私たちは Apple が何かハック風の方法を同期のために使うのではないかと心配していた。例えば iTunes か MobileMe のアカウントにいちいち寄り道しなければならないのかもしれないと恐れていた。でも、iTunes Store を使うのならばそれよりもずっと理に適っている。同期は、どんな種類のワイヤレスネットワークでも動作する。

この同期は、あなたが初めて iBooks を起動した際に提供され、その後は Settings > iBooks を使ってオン・オフの切り替えができる。また、EPUB ベースのブック (PDF には適用されない) を両端揃え(つまり文字が左右のマージンまで一杯に広がる)にするか左端揃え(つまり行の右端はそのまま好きなところで終わる)にするかのグローバルな設定も同じ場所でできる。この設定が守られるか無視されるかは実際に使ってみなければ分からないだろう。この EPUB フォーマットというものは、両端揃えをするか否かに関しては出版者の意向を優先することを認めているように思われるからだ。(Apple はここで従来からある設定項目も残した。左マージンをタップすると次のページに行くように設定しておけば、iPhone や iPod touch で読書をしている最中に持つ手を替えても違和感が起こらなくなるかもしれない。)

Image

もしもあなたが別の機器で iBookstore からブックを購入あるいは無料のブックをダウンロードしたことがあるなら、それらの本をどれでも取り寄せることができる。まずメイン表示で Store ボタンをタップし、それから一番下にある Purchases アイコンをタップすればよい。あなたが購入した本または無料の本で、あなたが今使っている機器の上に存在していないものについては、その横に Redownload ボタンが表示される。

現代の私たちは本の中に生きる -- これらは皆歓迎すべき変更点であり、iBooks は全般的に以前より便利になったと言えるだろう。特に、同じ人が複数の機器を所有している場合や、複数の機器が同じアカウントに登録されている場合は大いに便利になった。

願わくは、Apple が目を覚まして細かいところにまで気を配り、家族で(夫婦二人であっても、あるいは大勢の子供たちがいても)もっとうまくメディアやメモ、その他の情報を共有できるようにして欲しいものだ。Amazon もまた、Kindle で同じような問題に対処し切れておらず、これはとても残念なことだ。

その反面、Apple は書籍出版者たちのためのある種の市場を、ここに作り上げている。出版者たちは、コンテンツをある意味で直接 iBooks の中へ、別途のアプリを必要とせず届けることができ、それでいて EPUB をサポートする必要も、ブックファイルを DRM で暗号化する必要もない。ひょっとして私たちはあまりにも出版者としての立場に偏り過ぎているのかもしれない。私たちこれまで既に何十万冊という PDF ベースの、DRM なしの電子ブックを、何万人もの読者たちに販売してきたのだから。いずれにしても今、iBooks の内部機能として PDF が EPUB とほぼ同等の市民権を得たことに、私たちは大いに喜びを感じている。

実際、これはもう一つ別の問題への解決を提供しているのかもしれない。今でも Apple は iBookstore カタログの分量で後れを取っている。Amazon、Barnes & Noble、Sony といったところのカタログに比べ、たった 10 パーセントから 20 パーセント程度の大きさに過ぎないだろう。Apple はリストを大きく増量させる必要がある。そして、iBookstore で PDF をサポートしたことは、きっとそのために大きな役割を果たすことだろう。

コメントリンク11381 この記事について | Tweet リンク11381


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2010 年 6 月 28 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Firefox 3.6.6 -- Mozilla の Firefox 3.6.6 は、リリースされたばかりの 3.6.4 に対する素早いアップデートだ。バージョン 3.6.4 ではいくつかのセキュリティ脆弱性への対処と、プラグインがクラッシュした際の安定性の改善とが施された。最も重要なことは、もしも Flash、QuickTime、Silverlight などのプラグインがクラッシュしても、Firefox 自体が道連れとなってクラッシュすることがなくなった。(ページをリロードするだけでプラグインも再開される。)対処の施されたセキュリティ脆弱性はいつも通りに任意のコードが実行される可能性があるというものだったので、修正されたのは良いことだ。リリースノートもある。Firefox 3.6.6 での変更点は、単に応答しなくなったプラグインが終了となるまでの待ち時間が延長されただけだ。(無料、19 MB)

Firefox 3.6.6 へのコメントリンク:

Default Folder X 4.3.9 -- St. Clair Software が、開く・保存 ダイアログ拡張ユーティリティ Default Folder X のメンテナンスおよび安定性アップデートをリリースした。バージョン 4.3.9 は、より大きなアップデートであった 4.3.8 リリースのすぐ後に続いて出たものだが、クラッシュのバグを一つだけ修正している。最近のバージョンでの他の変更点としては、プレビューおよび情報パネルに画像のピクセルサイズの表示を追加したこと、互換なホットキーを拡張して F16-F19 も使えるようにしたこと、プログラムの環境設定パネルに項目をドラッグする際にエイリアスもサポートしたこと、AppleScript スクリプトで SystemEvents によって表示された 開く・保存 ダイアログもサポートしたことなどがある。また、自動 GPU 切替機能を持つ新機種の MacBook Pro が Default Folder X に高出力のグラフィックスが必要と誤って認識してしまう問題も解消され、これによって電力消費やバッテリ消費も節約されるはずだ。 変更点のフルリストは St. Clair Software のウェブサイトで読める。(新規購入 $34.95、アップデート無料、9.9 MB)

Default Folder X 4.3.9 へのコメントリンク:

Things 1.3.4 -- Cultured Code の人気のタスクマネージャ Things にも、そろそろ追い付いておこう。最新リリースのバージョン 1.3.4 では 14 個のバグを修正している。でも、重要な修正点に触れる前に、1.3.2 リリースで登場した大きな変更に注目しておくべきだろう。それは、iPhone、iPod touch、iPad との複数機器同期機能がサポートされたことだ。さて、今回の最新アップデートでは、Logbook で消去された領域からログされた項目が保たれるようになり、ネイティブなクラッシュレポーターが追加され、空でない領域を削除する際に確認ダイアログが出るようになり、タイトルのないプロジェクトに属する項目が Next リストに表示されない問題を解消した。 修正点のフルリストは Cultured Code のウェブサイトにある。(新規購入 $49.95、アップデート無料、9 MB)

Things 1.3.4 へのコメントリンク:

Mailplane 2.1.9 -- Uncomplex の Mailplane 2.1.9 では、Mailplane の中へ .webloc や .mailloc ファイルをドラッグすることでそのファイルに収められた URL がメッセージの文中に挿入されるようになった。けれども、今回 Mailplane 2.1.9 にアップグレードすべき本当の理由は、最近リリースされた Flash 10.1 にアップグレードした人に(以前のバージョンの Flash にはセキュリティホールがあるのでこのアップグレードはぜひすべきだ - 2010 年 6 月 11 日の記事“Adobe Flash Player 10.1.53.64 が 32 個のセキュリティホールを塞ぐ”参照)ドラッグ&ドロップによるファイルの添付ができないことが多かった問題を修正していることだ。また、今回のアップデートではテキストクリッピングを Mailplane にドラッグする際の問題を修正し、Safari 5 にアップグレードすることによってフォーカスの問題が起こっていたのを修正し、返信を書く際のパフォーマンスを改善している。リリースノートもある。(新規購入 $24.95、アップデート無料、7.7 MB)

Mailplane 2.1.9 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2010 年 6 月 28 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iPhone、iPad、それから iOS 4 の世界以外で、他に何か起こっていることがあるのだろうか? まあ私たちが断言できることでもないが、Apple の最新の機器が打ち立てている信じられないような販売台数の記録を見るにつけ、同じ思いをしている人たちは大勢いるのだろうと思う。そうした販売台数を伝えた記事や、iPhone のアンテナに関する問題、FaceTime の話題、それからホワイトの iPhone 4 を入手するにはどれだけ待たねばならないか、といった記事へのリンクを紹介しよう。

iPhone 4 の売上げ、3 日間で 170 万台を突破 -- Apple が、iPhone 4 の販売台数が発売開始から 3 日間で 170 万ユニットを超えたと発表した。「これは Apple の歴史の中で最も成功した新製品の発売です」と説明しながら、Steve Jobs は Apple が予想を超える需要に見合うことができなかった結果として商品を手にできなかった顧客たちに謝罪の言葉を述べた。

コメントリンク:11392

Apple、iPhone 4 のアンテナに問題があることを認める -- New York Times の記事によれば、最近になって Apple は iPhone 4 のアンテナで接続性の問題が起こっていることを認めた。Apple スポークスパーソンの Steve Dowling が、最新の iPhone を特定のやり方で扱うと電話機の信号受信感度が減り、通話が乱れたり切れてしまったりする可能性があると述べた。この問題を巡ってウェブ上のあちこちでいろいろな懸念や臆測、解決策などが飛び交っている。残念ながら Apple による反応は、この問題が単にワイヤレス電話機における「現実」に過ぎないのであって、ユーザーにはケースを使用するか、または電話機の左下の角あたりを持たないようにするかを勧める、というものでしかなかった。

コメントリンク:11384

iPhone 4 のアンテナ問題にさらなる詳細情報 -- アンテナのデザインとコンサルティングを専門とする会社 AntennaSys の社長 Spencer Webb が、携帯電話のアンテナがどのようにしてデザインされテストされているか、そのことが今回 iPhone 4 ユーザーたちの経験している問題、電話機を特定のやり方で手に持った場合に受信感度が落ちてしまう問題とどう関わっているか、といった話題について分かりやすい解説記事を書いてくれた。

コメントリンク:11386

Apple 相手に FaceTime しよう -- 仲間うちで iPhone 4 を持っているのがあなた一人ですか? 話題になっているビデオチャット機能 FaceTime を試してみたくてたまらないですか?(この機能を使うには、両方の側の人がともに iPhone 4 を Wi-Fi 上で使っていなければならない。)Engadget の記事によれば、iPhone 4 使いの友人がいない人でも、Apple に電話して FaceTime を試してみることができるという。CDT で午前 8 時から午後 8 時までの間、1-888-FACETIME に電話すれば、Apple 社員が出て、あなたのために FaceTime を表から裏から探究させてくれる。行儀良くしたいものだね?

コメントリンク:11383

iPad、80 日間で 300 万台を販売 -- Jules Verne の小説では Phileas Fogg が 80 日間で世界一周したというが、Apple の発表によれば同社は同じ期間内に 300 万台の iPad を売り上げたという。これは目覚ましい数字で、iPad がどれほど人々の心を掴んだかを如実に示している。さて、私はここで失礼して、iBookstore で "Around the World in 80 Days" (八十日間世界一周) の無料ダウンロードをさせて頂く。あとでゆっくりと iPad で読もうと思うから。

コメントリンク:11380

ホワイト iPhone 4 の出荷は 7 月に延期 -- Apple が短い声明を発表した。基本的に Apple はこう言いたかったのだ:「ホワイトモデルの iPhone 4 は生産するのが想定以上に困難なことが判明した。君たちの汚れた手で触るのは、あと何週間か待ってもらうことになる。それで思い出したが、ホワイトモデルはいつもきれいに使ってくれよ!」冗談はさておき、本当の理由はきっと帝国軍ストーム・トルーパーの白い装甲服の色合いを正確に再現することに関係しているんじゃないかな?

コメントリンク:11379

FaceTime はビデオ部分で音声通話時間を消費せず -- Apple が Business Insider に語ったところによれば、iPhone 4 のビデオチャット機能 FaceTime が音声通話時間を消費するのは最初に接続を開く際のみだという。いったんビデオチャットが開始されれば、音声接続はもはや使用されない。これは iChat ビデオと同じことで、接続にはピア・ツー・ピアのデータ接続が確立される。聞けばうなずける話だが、Apple は iPhone 4 の発表の場でもその後も、このことについてこれまではっきりと説明したことがなかった。

コメントリンク:11372


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2010 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2011年 1月 8日 土曜日, S. HOSOKAWA