TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1054/29-Nov-2010

先週は Thanksgiving のお休みを頂いたので、今日お届けすべきニュース記事はたくさんある。Google Voice アプリが登場しているというニュース、Apple が一部のユーザーを対象に Find My iPhone を無料で利用できるようにしたこと、AT&T のスタッフの中に無制限データプランについて混乱が広がっていること、The Beatles がついに iTunes に登場したこと、iPhone を使ってモバイルホットスポットを作る Wi-Fi ルータ、それから USB 3.0 対応の Drobo ストレージ機器もある。また、Joe Kissell による電子ブックの傑作、最新刊の "Take Control of Your Paperless Office" が出たことをお知らせするとともに、私たちの新しいスポンサー BeLight Software を歓迎する。分析記事としては、セルラー受信範囲の情報をクラウドソーシングする RootMetrics 社の取り組みを Michael Cohen が検討し、またリリースされたばかりの iOS 4.2.1 でどのような iPad 用の新機能が登場したのかをスタッフ一同が協力してお伝えする。この二週間の間に出た注目すべきソフトウェアリリースは、BusyCal 1.5、GraphicConverter 7.0.2、EagleFiler 1.5、Adobe Reader/Acrobat Pro 9.4.1、Safari 5.0.3 と Safari 4.1.3、Boot Camp Software Update 3.2 for Windows、MacBook/MacBook Pro EFI Firmware Update 2.0、QuarkXPress 8.5、Typinator 4.2、PDFpen/PDFpen Pro 5.0.3、DEVONthink と DEVONnote 2.0.6、それに Yojimbo 3.0.1 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


"Take Control of Your Paperless Office" で紙パルプの摩擦を減らす

  文: Michael E. Cohen <lymond@mac.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

スクリーンから無理に視線をそらせて私のまわりを見渡すと、整理してない紙の山積みが三つと、ファイルしてないフォルダを山のように積み上げた小さな机が一つ、ほとんどはち切れそうに詰まった四つの引き出しのファイルキャビネット、それからまだ読んでいない雑誌でおもしろそうな記事に目印の付けてあるものがますます高くなる紙の山の上にさらに積み重なっているのが見える。Joe Kissell の最新刊の電子ブック、$10 の "Take Control of Your Paperless Office" が私の手許に届いたのは、これ以上はあり得ないと思えるほど最適のタイミングだった。

118 ページのこの電子ブックは、勤め先でも自宅でも、仕事部屋を出入りする紙の流れの量を減らすことを目指した、わかりやすくて実用的なガイドブックだ。Joe は、重要な書類をデジタル化することでその内容を失うことなくできる限り素早くその書類を廃棄できるようにするためのスキャナと OCR (optical character recognition、光学式文字認識) ソフトウェアとを選ぶ方法を説明する。彼はまた、書類に代わるものとしてデジタル化して作成したファイルを保存するための正しいストレージ戦略についても議論する。さらに、ますます増え続けるあなたのデジタル書類のコレクションをカテゴリー分けし、検索し、コンテンツを表示する方法についての役に立つ助言もあるので、あなたは検索したり並べ替えたりするのに費やす時間を減らして、紙の少なくなった生活を進めて行くためにより多くの時間を使えるようになる。

(けれども、この本の前書きで Joe が言っているように、彼は紙の書類をすべてなくすべきだと言っている訳ではないし、どんな理由でも紙の書類を使うのはモラルに反することだなどと言っている訳でもない。紙には紙の立派な使用法があるし、この本を読んだあなたが Joe の勧めることすべてを実行しても、あるいは本の一部だけを実行してもかまわない。すべては人それぞれだ。だからもちろん、あなたはあなたが良いと思ったことだけをすればよい。)

以上述べたことすべて以外にも、Joe は紙を減らすために以下のようなタスクやスキルを説明している:

この "Take Control of Your Paperless Office" が時流に即した電子ブックだということに疑念を抱く人のために言い添えると、私がこの記事の原稿を書いていたちょうどその最中、私のクレジットユニオンから一通の電子メールが届いて、そこにはこう書いてあった。もしも私が「無料で便利、しかも安全な eStatements にサインアップ」すれば iPad が当たるかもしれない、と。そしてその後に、アカウントの取引明細を紙からデジタルへ移行することによる実際的な利点と環境のための利点が概説されていた。デジタルな取引明細に移行することで実際にどれだけ環境への利益が生まれるのかは別として(Joe は、せいぜいほんのちょっぴりだろうと予想しているが)_この_ 挿話そのものこそ、「共時性」という分類でファイル分けできる(もちろん、デジタルなファイル分けだ)のではないだろうか。

最後にもう一言。通常私たちの電子ブックはオンデマンドの印刷版でも入手できるようになっているが、この "Take Control of Your Paperless Office" というタイトルに Buy Print Book (印刷版を購入) というボタンはあまりにも強烈な皮肉と言えるだろう。そこで、この本に限り出版は PDF 版のみとし印刷版は出さないことにした。ただし、PDF 版を購入すれば EPUB 版と Mobipocket 版も即座に入手できる。(表紙にある Check for Updates ボタンをクリックするか、あるいはあなたの Take Control アカウントにログインすればそれらの別フォーマットがダウンロードできる。)

コメントリンク11759 この記事について | Tweet リンク11759


Find My iPhone が、最新の iOS 機器の所有者には無料となる

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>, Joe Kissell <joe@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Find My iPhone サービスが、iPod touch や iPad でも働く、今や iPhone 4, iPad, 或いは第四世代の iPod touch の所有者には無料となり、更に iOS 4.2 が走っている他の所有機器でも働く。このサービスは機器の最後に知られている場所を MobileMe に知らせるため、GPS, Wi-Fi, そしてセルタワー位置決めを使う。この情報はその iOS 機器として登録されたと同じアカウントにのみ知らされる。

以前は、Find My iPhone を使うのに Apple は支払済みの MobileMe アカウントを必要としていた。今や、たとえ MobileMe の購入者でなくとも、無料の Apple ID アカウントを使える。これはあなたが Apple Store や他の Apple サービスを使うために使っている既存のものでも良いし、また新たに作成しても良い。Apple は、Find My iPhone を一つの Apple ID でどう設定するのかの順序を追った解説を掲載している。

我々もこれまで Find My iPhone について幅広く書いてきたが、最も新しいものは "Apple、Find My iPhone アプリを追加、そして Web アプリもアップデート" 18 June 2010 である。このバージョンの Web アプリと iOS アプリのリリースでこのサービスは極めて使いやすくなった、とりわけモバイル機器から。iPhone 或いは 3G iPad の GPS や 3G セルラー接続があれば、極めて速やかに結構きちんとした対策が打てる、もっとも泥棒が機器をまっさらにしてしまったり或いは電源を入れていない場合を除いてはであるが。

もしサポートされる機器のいずれでもお持ちなら、その機器に iOS 4.2 をインストールした後で、Find My iPhone をあなたが所有する全ての iOS ハードウェアに使用する事が出来る、但しこれらの機器も iOS 4.2 にアップグレードされていなければならない。新しい iOS 機器を持たない人達は、このサービスを使うためには MobileMe に支払をする必要がある。

コメントリンク11773 この記事について | Tweet リンク11773


Google Voice アプリがついに登場

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Google Voice は、今や real boy だ。これまで 15 ヵ月間以上も、Apple はこのアプリをシュレディンガーの猫の箱に入れたまま、受領も却下もせず放置してきたが、ついにこの無料のアプリが入手可能となった。Apple と AT&T の両社は、voice-over-IP 電話を利用するものも、内蔵の通話システムに依存するものも含め、通話用アプリに関する方針を改めた。(2009 年 8 月 21 日の記事“Apple、App Store に関する FCC の質問に回答”参照。)

Image

去年、Google Voice は HTML5 対応ウェブアプリとして利用可能となった。ただ、このアプリは独立のアプリと比べれば機能の点でも使い勝手の面でも到底及ばないものであった。特にバックグラウンドで到着する通話の処理や、push 通知、その他の面で違いがあった。

Apple は、Google Voice を許可せず(却下もせず)足止めにしたままにする一方で、SkypeLine2Vonage、その他は認可した。これら後者の三つのプログラムはいずれも、VoIP を利用して 3G と Wi-Fi 上で通話をする。(Vonage は、Wi-Fi ネットワークに接続されていない場合には米国内の通話をあなたの通常の電話サービスに切り替える。)

ところが、Google Voice は一切 VoIP を使わない。その代わりに、Google Voice はあなたの携帯電話音声通話プランに依存して、国内通話や国際通話をかけるにも、またかかってきた通話を処理するのにも、call-around 番号を用いる。つまり、Google Voice はただの電話サービスと言うよりもむしろ通話や留守番電話、メッセージングなどを管理する通信ハブとして働く。ただし、米国外への通話についてはなかなか良い一分あたりの通話料金で提供できる。Google Voice の提供するものについて詳しいことは、2010 年 6 月 22 日の記事“Google Voice が米国内のすべての人に開放”参照。

Google は現在 iTunes Store で目録に載せているスクリーンショットの中になかなか洒落たジョークを埋め込んでいる。(少なくとも私はこれがジョークだと思っている。)この Inbox のスクリーンショットで一番上に示されているメッセージの日付に注目して頂きたい。それは 2009 年 7 月 6 日、これはちょうどこのアプリが初めて Apple に提出され、かくして長い長い生き地獄に放り込まれたころだ。

Image

コメントリンク11757 この記事について | Tweet リンク11757


AT&T 社のスタッフが既得の無制限データで混乱

  文: Mark H. Anbinder <mha@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

おじいちゃん (grandfather) たちは優しくて援助を惜しまないものと決まっているというのに、AT&T は既得権 (grandfathered) 条項に関して気まぐれな対応をしている。Washington Post の Rob Pegoraro のお陰で、米国内での iPhone のセルラープロバイダたるこの会社は長年の顧客たちに対して、他の機器(例えばラップトップの USB「モデム」)で契約し続けてきた無制限データプランを、新規の契約のみならず、既存の契約についても継続できなくしたという情報が伝わってきた。では、iPhone のデータプランについてはどうなのだろうか?

AT&T は今年の 6 月に、既存の iPhone 顧客がそのサービスプランをキャンセルまたは変更するまでの間は、たとえ新しい iPhone にアップグレードしたとしても同じ無制限データプランを継続することができると述べていた。ところが、AT&T カスタマーサービスの担当者の中に、同社が考えを変えて、既存の $30 の無制限プランは継続できず $15 の DataPlus プラン (毎月 200 MB) または $25 の DataPro プラン (毎月 2 GB) のいずれかに切り替えなければならなくなった、と言っている者たちがいるのだ。

私たちが AT&T のメディア担当者に問い合わせてみたところ、次のように請け合ってくれた:「既存の AT&T スマートフォン顧客で無制限プランをお持ちの方は、別のスマートフォンにアップグレードされた場合にも同じプランを継続することができるという当社の方針に一切変更はございません。」

だから、もしもそうでないことを言われたら、別の担当者に代わるように頼むか、あるいは上司を呼ぶようにと要求すればよい。

コメントリンク11779 この記事について | Tweet リンク11779


Beatles が iTunes に登場 (ついに!)

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

iTunes Store の開設から 7 年以上たって、Apple はようやくThe Beatles をオンライン音楽ストアに持込む契約をまとめる事が出来た。iTunes Store には今や 17 の The Beatles アルバムが揃っていて、その中には 13 のオリジナルのスタジオアルバムと $149 の Box Set (きっと箱は無いと思われるが) が含まれる。また数多くのの Beatles ビデオ、関連する Apple TV アド、そして 41 分の "The Beatles - 1964年、ワシントン・コロシアムでのライブ演奏" ビデオも見られる。

image

The Beatles が iTunes Store に来たからと言ってあまり興奮する気にはなれない。誤解しないで欲しいのだが、私も強烈な Beatles ファンの一人である。しかし、The Beatles を聞きたいと思っていた人は既に好みのアルバムの CD をとうの昔に購入済みだと思うし - iTunes Store に現れないから手に入らないとして Beatles 音楽に対する溜りにたまった需要があると言うわけでもないであろう。勿論、The Beatles を直接知らない若者達、そして聞き古した LP やカセットを置き換えたいと言う年配の人達には結構良く売れると思うが、とりわけ Apple の販売促進も手伝って、でもだからと言ってこれで本当に世の中が変わるわけではない。

iTunes Store の初期には、The Beatles が無い事はより目に付いたしオンライン音楽販売の将来もより懸念された、と言うのもそれは新興の店にとっては紛れも無い手落ちであったからである。それはまるで食料品店に入ってみたが、牛乳は置いていないと言われるようなものであった。しかし、The Beatles 無しでも、Apple は iTunes Store をこれまでの 7 年間で目を見張る大成功に導いてしまった。従って今となっては、これらの仮想の棚が本来あるべきもので十分に満たされるようになったということだけである。

そしてありがたいことに、今や蔓延した推測も終りを迎える事が出来る。

[更新:いやー、販売促進の力はすごい。二週間前のこの発表があった時の私の否定的な反応にも拘らず、Billboard は業界筋の情報として iTunes は 450,000 以上の Beatles アルバムを最初の一週間で売った、そのうち 119,000 は米国内であると報じた。比較のための数字を出すと、Beatles アルバムの米国内での販売は過去一年間で週平均 23,000 であった。但し数の数え方には多少奇妙な所もあって、13 アルバムボックスは全世界の数字としては複数のアルバムとして集計されているが、米国では一つのアルバムとして数えられている。単一トラックの販売としては、全世界では 2 百万をそして米国では 1.4 百万を超えたと報じられている。Billboard サイトを訪問して去る前に "Beatles On iTunes: The Story Behind the Deal" を読むのを忘れないように。ここには、この契約をまとめるに必要だった論争点がどんなものだったかが触れられていて、Apple が期間限定でオンライン販売の独占権を得るためにかなりの前金をを支払わなければならなかった事も含まれている。これであ の販売促進のすごさが説明されるというものである!]

コメントリンク11756 この記事について | Tweet リンク11756


Nexaira Wi-Fi ルーターで iPhone のテザー接続を共有する

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

道行く戦士にとって MiFi はありがたい、これは気の利いた機器で 3G セルラーデータ接続を使って、インターネットへの帰路としてのモバイル Wi-Fi ホットスポットを形成する。同じ事は幾つかのスマートフォンとセルキャリアのサポートで可能であるが、iPhone の 3G データ接続とそばにある機器 - iPad, iPod touch といった、或いは他のコンピュータですら - を Wi-Fi 経由で共有する方法は全く無い。米国の iPhone 所有者に対して iOS 4 で Apple と AT&T によって可能となったテザリング機能は、一台のコンピュータのみを USB か Bluetooth 経由で接続させてくれるだけである。

この無能力さが Nexaira Business Class II 3G/4G Wireless Broadband Router をより目に付くものとしている。この $189.99 のルーターは 3Gstore から専用のファームウェアアップデート付きで売られていて、USB ベースのテザリングを使って iPhone からモバイルホットスポットを形成できる。この構成では、このルーターは、iPhone の 3G データ接続からインターネットアクセスをした状態でちょうどホストコンピュータが USB 経由で iPhone との間のデータのやり取りを取り次ぐ様に機能する。この BC2 はローカルネットワークのために一つの 802.11n Wi-Fi 無線と一つの有線 Ethernet ポートを有する。(二つ目の Ethernet ポートはブロードバンドモデムに接続出来るので、iPhone 接続はブロードバンド接続が落ちた場合のバックアップとして機能する事も出来る。)

image

Nexaira BC2 はちょっと嵩張るし、差込の電源も必要で、同梱の AC アダプタか或いは $25 で別売の DC カーインバータ経由となる。(これに対して MiFi は電池駆動である。) いずれにしても、Nexaira BC2 はしょっちゅう旅に出なければならない人達の中にはニーズにぴったりという人達もいると思われる、とりわけグループで仕事をしたり旅をしたりする人達には適している。iPhone はルーターにプラグインされている時は充電される。

iPhone と共に Nexaira BC2 を使うには、Apple によってサポートされていないサードパーティソフトウェアを使うため電話の牢破りをする必要は無い。テザリングは USB 経由の通常の通信を使うだけである、しかしながら、テザリングをあなたのデータプランに追加した後、プロファイルをダウンロードするため Mac か Windows システム上で iTunes に最初接続する必要があるかもしれない。(私の最近の iPhone テザリングの試験では、テザリングが可能になる前に iTunes に接続しなければならなかった、もっとも最初の一回だけではあったが。)

TidBITS の中には 3Gstore、同社このルーターのためにリリースされた専用のファームウェアに対する独占権を保有している、を前に使ったことのある人は誰もいなかったし、Nexaira BC2 についても同じであった。いずれにしても、我々はこの製品についてもその性能についても赤信号らしきものは何も目にしていない。iPhone をモバイル Wi-Fi ホットスポットそのものとして使うことを出来ないようにしているのは、Apple の意固地さとキャリアの問題だけなのである。従量制の加入プランであれば、キャリア側はきちんと使用料を徴収出来ているのだし、電話の中でホットスポットテザリングのサービスを彼らがどうして推進しようとしないのかははっきりしない。

AT&T はテザリングに対して $20 を課し、更に月当たり $25 の DataPro プランも必要である。これには 2 GB のデータ転送が含まれ、更にテザリング全体或いは一部として消費された 1 GB に対して $10 が追加される。

競合 -- Sprint, T-Mobile, そして Verizon Wireless はそれぞれ、電話内蔵の Wi-Fi 能力を使ってモバイルホットスポットを作成出来る限定された範囲のスマートフォンを提供している;料金はまちまちである。(Android OS 2.2 リリースにはテザリングとモバイルホットスポットが含まれているが、米国ではキャリア達は概してそれを不能にしているか或いは許していない。)

Nexaira BC2 は、多かれ少なかれ Verizon Wireless から売られている MiFi の様に、或いは Clearwire の Clear 限定サービスエリアで提供されている 4G と 3G/4G Spot ルーターの各種モデルの様に働く。MiFi も Spot もどちらも小型でシャツのポケットに収まるサイズで数時間持つ電池を搭載している。

Verizon は MiFi と iPad をバンドルにして $130 で提供し、1 から 5 GB のデータを含んだ月額 $20 から $50 のサービスプランを有している。個別に購入された場合、MiFi は二年契約と月当たり 5 GB、 $60 のプランを必要とする。(更なる詳細については "iPad が MiFi オプション付きで Verizon Wireless から" 14 October 2010 を参照。)

Virgin Mobile もまた MiFi を提供しており - Sprint のネットワーク限定 - 頭金として $150 を払い、それから 10 日間のサービスで 100 MB までのデータが $10、或いは 30 日間でデータ使い放題で $40 となっている。

コメントリンク11768 この記事について | Tweet リンク11768


Data Robotics、Drobo S を USB 3.0 付きで出荷

  文: Joe Kissell <joe@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Data Robotics は、彼らの Drobo S 蓄積デバイスの新しいバージョンを出荷中であると発表した。これは前世代の USB 2.0 ポートをより高速の (そして後方置換性のある) USB 3.0 ポートに置き換えたものである。Drobo S は五つの蓄積ベイを持ち、そのどれもが標準の 3.5-inch SATA 或いは SATA II ドライブを保持できる;このデバイスはディスクを自動的により大きなボリュームへと統合し、同時にドライブの故障に対して保護するべく冗長の蓄積スペースも別に確保する。ユーザーはいつでもドライブを自由に交換したりアップグレード出来る。Drobo S の値段は変化無しの $799 のままで、そして FireWire 800 と eSATA ポートが含まれている。

Steve Jobs は 報道によると Apple は内蔵の USB 3.0 ポート或いは既存のサードパーティカードをサポートするためのドライバソフトウェアを搭載した Mac を近々出す計画は無いと最近言ったという。しかしながら、少なくとも二つの会社が - CalDigitLaCie - Mac コンパチの PCI Express USB 3.0 アダプタを Mac Pro 用に、そして ExpressCard/34 アダプタを ExpressCard/34 スロットをもつ少数の MacBook Pro モデル用に販売している。Data Robotics によると、新しい Drobo S は両社のカードとともそして Mac OS X ドライバとともテストは成功裏に完了していると言う。

Data Robotics は、同社の他のデバイスでも USB 3.0 が現れるのか、或いは何時になるのかについては何も言っていない。現時点では、二つの他の Drobo モデルが未だ USB 2.0 ポートを持っている - 第二世代の 4 ベイ Drobo (こちらも FireWire 800 ポートを持つ) と 8ベイ DroboPro (こちらは FireWire 800 と iSCSI ポートを持つ) である。後者の方が、最近出されたばかりだが、USB 3.0 に対する自然な候補と見える。

他のニュースとしては、Data Robotics はまた Drobo Sync ソフトウェアを今や DroboPro FS (8 ベイモデルでデュアル Gigabit Ethernet ポートを持つ) に対して出荷していると発表した。このソフトウェアは、Drobo Dashboard 経由で無料で入手可であり、DroboPro FS が同じローカルネットワークか VPN 上にある別の DroboPro FS にそのデータを自動的にバックアップすることを可能にしている。

コメントリンク11750 この記事について | Tweet リンク11750


BeLight Software が TidBITS スポンサーに

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私たちの最新の TidBITS スポンサーとして BeLight Software 社 を迎えることができてとても喜ばしい。Mac 市場では珍しくウクライナの Odessa に本社を置くこの会社は「誰が一番遠くから旅行して Macworld Expo に参加したか」コンテストでいつも優位な立場にある。2003 年の創設以来、BeLight 社はグラフィックスと出版関係にクリーンかつエレガントなソフトウェアを作り出すことで名声を得てきた。けれども、多くの会社が広い目標を掲げ、多くの異なった仕事に使えるプログラムを作ることを狙っているのとは対照的に、BeLight 製品の大多数はそれぞれ一つずつ特定の作業に焦点を当てて作られている。

名刺やそれと同種のものをできるだけ簡単にデザインし印刷できるようにする Business Card Composer、CD や DVD のラベルやカバーを作ることを狙った Disc Cover、文字グラフィックスやロゴ、アイコン、ボタン、その他を作成するためのグラフィックプログラム Art Text、さまざまの種類のラベルや封筒を印刷する助けになるLabels & Addresses (旧名 Mail Factory) などを見れば、そのことがはっきりわかる。もう少し汎用のものとしては 2D および 3D のインテリアデザインソフトウェア Live Interior 3D と、チラシやパンフレット、レターヘッド、ニュースレターその他の簡単な出版物を作るためのページレイアウトプログラム Swift Publisher がある。

私たちも BeLight のソフトウェアのすべてを使った訳ではないが、私たちスタッフの間では、一年のこの季節、ホリデーカード用の宛名書き作業に正気を取り戻すために Labels & Addresses を使うのが人気 (2008 年 12 月 12 日の記事“Labels & Addresses でホリデーカードに正気を取り戻す”参照) だし、また、新しい名刺を印刷する必要がある際には、いつも Business Card Composer を使っている。(2006 年 4 月 3 日の記事“名刺デザインソフトウェアを比較する”参照。) さらに、グラフィックに強いスタッフの一人はいつも私にはグラフィックソフトウェアを使って公開目的のものを作る資格がないと正しい指摘をしてくれるけれど、それでも私は時々 Art Text を使って遊ぶのが大好きだ。

ウクライナという遠い国にいる彼らだが、私は 2004 年の Macworld Boston で BeLight の人たち何人かに会えて嬉しかった。私たちはそれ以前に便りをやり取りしていて、彼らは親切にも自分たちを思い出してくれるようにと言っていくつかちょっとしたプレゼントを私に手渡してくれた。ウクライナ産の素晴らしいウォッカも貰ったし、それから Odessa 市建設の父たちの一人と言われその後フランスの総理大臣にもなったフランス人貴族 Duc de Richelieu のごく小さな像も貰った。この像は今でも私の机の上に立っていて、世界はこんなにも小さくなったのだと私に思い出させてくれる。

TidBITS へのサポートと、Mac コミュニティーへの貢献に対して、感謝の気持ちを BeLight Software に捧げたい!

コメントリンク11785 この記事について | Tweet リンク11785


iPhone アプリがモバイル受信範囲の詳細を掘り尽くす

  文: Michael E. Cohen <lymond@mac.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

米国国内でベストのモバイル電波到達範囲を持っているのはどこか? AT&T は本当に言われているほど悪いのか? Verizon Wireless が群を抜いているというのは本当か? 他のキャリアはどうなのか?

どのモバイルキャリアが最良のサービスを提供しているのかという疑問に対しては、熱気ばかりが先行してあまり光明が見えない。初代の iPhone が市場に登場するやいなや、Apple がこの最新最先端のデジタル機器にモバイルサービスを提供する米国内のキャリアとして選んだ AT&T 社のサービスに対して、テクノロジー系のライターたちから厳しい非難の声が殺到するようになった。通話が切れてしまう、スループットが遅い、信号が届かない、そういった問題に誰もが苦しめられているように見えた。少なくとも、世間の耳目を集めるセンセーショナルな見出しで利益を得る側の人々は、全員苦しめられていたようだ。けれども一般のユーザーたちからの実際の報告を見れば、記事に言われているような AT&T のとんでもない欠陥の説明に合うような証言はほんのまばらな、逸話的な程度のものに過ぎず、多くの場合人々の証言はそうした記事の内容と相反していた。

それから何年も経ったが、状況は決して明らかになっていない。ただ、宣伝に注ぎ込まれた大量の資金と、企業の判断の誤りと、インターネットの反響効果のお陰で、一般的な認識がますます固定化されて、AT&T が単にモバイル電波到達範囲のボールを落球したのみならず、オウンゴールまで蹴り込んでしまったことになってしまっている。

そこで登場するのが RootMetrics 社 (旧社名 Root Wireless) だ。ここは独立の、民営のサービスであって「個々のキャリアのパフォーマンスについて正確かつ公平なる展望」を提供することを目的としている。それは、私たち _誰もが_ 願うことだ。そりゃそうだろう? でも、RootMetrics 社のこの目標には、明白な疑問が伴う。いったいどうやって _そんなこと_ ができるんだい?

RootMetrics の解決策 -- 彼らの採った方法は、今日人気を集めている流行語の一つ、クラウドソーシングによるものだ。RootMetrics のやり方は、デジタル携帯電話を持っている膨大な数の人々を広域センサーネットワークと化し、そこから集められたデータをもとにモバイル電波到達範囲パフォーマンスのきめ細かな全体像を作り上げようというものだ。RootMetrics は最初、信号強度とデータのスループットを計測してその結果を GPS データにリンクさせるようデザインされたカスタム制作の Android アプリから始めた。このアプリを冒険好きの人たちに配布して、返されてきたデータを同社独自の分析アルゴリズムにかけ、米国内いくつかの地域での電波到達範囲マップを作った。

こうして出来た地図を見れば、サービスの品質に関して十把一絡げに言われているものがその種の主張をスクリーン上に表示する際のピクセル一個程度の価値しかないことが分かる。モバイル電波到達範囲については、本当に重要なのはあなたが特定の時刻にどの場所にいるかという _まさに_ その情報だ。もちろんそれは当然のことだが、でも RootMetrics が分析結果として出す色鮮やかな地図を見れば、そのことが目で見て納得できる。

iPhone アプリ Coverage Map -- iPhone ユーザーたちも、今回 RootMetrics の描くデジタル地図にそれぞれのささやかなデータを加えることができるようになった。同社が無料の iPhone アプリを出したので、それを使ってあなたのいる場所での電波到達範囲地図を見ることができる。さらに、単にその地図を見るだけでなく、それ以上のこともできる。このアプリで、あなたの iPhone が現在受信している信号の強度をテストできるし、通話が切れたり、データ転送が遅かったり、信号が弱かったり、インターネットにアクセスできなかったりした場合に報告を送ることもできる。あなたのテスト結果や報告の内容は、RootMetrics が集約しているデータに加えられる。

数日前に、私は RootMetrics の Coverage Map アプリを私の iPhone にロードさせて、自宅の近所をチェックしてみた。この地図では電波到達領域が六角形のグリッドで表現されているが、私が今いる場所が受信状態「良好」の地域と「やや良好」地域との境界にあることが分かった。それは大体において私の個人的体験と合致している。半ブロックほど南に歩けば電話機に示される強度バーがたいてい一つ増えるし、北に歩けば強度バーが落ちることが多い。

image

このアプリは、その電話機が今いる地域における異なるキャリアの間でのサービス品質の比較も表示する。私の住んでいる地域の周辺では、最良と出るのは AT&T でも Verizon でもなかった。Sprint が最良のサービスと表示され、その下に AT&T、Verizon、T-Mobile が同率の二位で並んだ。この点も私の体験と合致する。以前私が T-Mobile を使っていた Sony Ericsson 携帯電話で表示された強度バーの本数と、AT&T を使う現在の私の iPhone に表示される本数とは大体一致している。

image

この地図は、信号強度やデータスループットをそのままの形で表示する訳ではない。その代わりに、サービス品質のランキングが RootMetrics の用語で "RootScore" と呼ばれるものに基づいて表示される。これは、信号強度とスループット速度の双方を組み込んで評価される。RootMetrics はこのスコアを計算するアルゴリズムを公表していない。

あなたのサービスをテストしよう -- このアプリを使って電話サービスをテストするのはとても簡単だ。ただボタンを一つ触るだけで、その数秒後にはその瞬間におけるあなたのサービス品質の分析結果が素敵なビジュアル表示で示される。ただし注意すべきは、テストをする度に毎回電話機がいくらかのテストデータをアップロード・ダウンロードしなければならないことで、データ量は一回のテストあたりおよそ 200 KB となる。ただしこれは私の iPhone の Settings アプリが示すセルラーネットワークデータ使用量の統計数値を信用すればの話だが。だから、もしもあなたのモバイルプランでデータ使用量の上限が低く設定されているのならば、あまり何度もテストを走らせない方が良いかもしれない。

image

また、Wi-Fi をオンにしていて 3G でなく Wi-Fi を使っている場合にはこのアップロード・ダウンロード速度の表示が誤解を招くおそれのあることにも注意しておかなければならない。その場合、テスト結果はあなたの 3G 接続でなく Wi-Fi 接続経由で得られる速度を示す。私が思うに、これはバグであって RootMetrics の人たちが意図したことと違うのではなかろうか。もしもそうならば、このアプリの将来のリリースで修正されるのだろうと思う。でも当面は、Wi-Fi 到達範囲にいてあなたのサービスの本当の状態を知りたいと思えば、少し手間はかかるがテストを始める前に Settings アプリを開いて Wi-Fi をオフにしておくのがよい。

image

Coverage Map の対応範囲はまだまばら -- 現在のところ、RootMetrics が詳細情報を供給することのできる地域は限られている。同社によれば、現在同社は「主要な大都市圏の大多数」で地図データを持っているという。同社が最近のデータを持っている 23 の米国内大都市圏には、New York、Chicago、Los Angeles-Orange County、Atlanta、Philadelphia、Dallas、San Francisco-San Jose、Seattle が含まれている。国内の他の地域は RootMetrics の地図に登場するかもしれないし、そうでないかもしれない。例えば、iPhone を持っている私の兄はオレゴン州 Portland に住んでいるが、現在 RootMetrics からほとんど情報が得られていない。その地域内ではごく少数の狭い領域いくつかしかレーティングの対象にならないからだ。RootMetrics では、今後時間が経てばユーザーの数も増えて、同社の地図を米国全土へ、さらには世界の他の国へも具現化して行けるのではないかと期待している。

もしもあなたが RootMetrics が良いデータセットを持ち合わせている地域の一つに住んでいるならば、この Coverage Map アプリの提供する情報がなかなか啓発的だと実感することだろう。そして、もしもあなたがそうでない地域に住んでいるのならば、RootMetrics 社がその地図を埋める手助けをするという公益のための奉仕を、テスト一回あたり数百キロバイトのコストを払うことでしてみてはいかがだろうか。たとえ奉仕なんかまっぴらだと思っていたとしても、テスト結果を見ることによって、あなたの iPhone の受信状況についてスクリーン上の隅に出る5本のちっぽけな強度バーが示すよりはもう少し詳しい情報を知ることはできる。だから、さあ、まずはこのアプリを手にして、その Start Test ボタンをクリックしてみよう。それで、キャリアの電波到達状況についての例の疑問に、ついに本物のデータによる答が出せるのだから。

コメントリンク11745 この記事について | Tweet リンク11745


iOS 4.2.1 で登場した iPad 用の新機能

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iPhone や iPod touch で iOS 4 を走らせている私たちにとって、その機器と、iOS 3.2 の走る iPad との間で行ったり来たりするのはちょっとした拷問のようであった。iPad と共に出荷されたのは iOS 3.2 だ。(その後間もなくマイナーアップデートの 3.2.1 が出た。)iOS 4 になって利用できるようになり、たちまちなくてはならないものに思えてきた機能、例えば高速アプリ切り替え、フォルダ、バックグラウンドのオーディオ、統一された Mail Inbox などが、iPad の方では全く使えないからだ。今回やっと iPad にもそれらの新機能が登場することとなったが、ここまでの待ち時間は非常に長く感じられた。あまりにも長かったので、iPad 上で iOS 3.2.1 とiOS 4.2.1 の間で何が変わったのか、ちょっと調べてみないとわからないほどだった。ここに、注目すべき点をいくつか挙げておこう。

マルチタスキング -- iOS 3.2 の走る iPad は、一度に一つずつのタスクしか処理できない。ただし、Apple によるアプリや活動から成る少数の例外はある。例えば、iPod アプリで音楽をバックグラウンドで再生したり、Safari でオーディオを再生したり、あるいは push 経由のデータ(例えば、新しいカレンダーイベントや電子メールの通知など)を受信したりするのは、それぞれのデータを扱うアプリを走らせていなくてもできた。

iOS 4.2.1 になって、この iPad の IQ が 20 ポイント増えたと考えるとよい。無関係なアプリが活動中でも、よりたくさんのことが同時にこなせるようになった。バックグラウンドでのマルチタスキングにはいくつかの種類があり、オーディオ、ロケーション、voice over IP、印刷、ストリーミングに分かれている。それぞれ、独立のアプリがバックグラウンドで音楽を再生したり、地図やナビゲーション用のプログラムのために位置情報をアップデートしたり、インターネット電話の通話を受信してそのまま処理を続けたり、プリンタへ送るファイルのスプールを続けたり、オーディオやビデオを Apple TV 上にストリーミングしたり、すべてそういった活動を、あなたが他のプログラムを使っている間も同時に続けることができる。

バックグラウンドでのマルチタスキングは、最近起動したアプリいくつかの間で切り替えて使うことのできる iOS 4 の機能とは別のものだ。次にそちらを説明しよう。

高速アプリ切り替え -- 高速アプリ切り替えとはつまり、一つの作業セッションの中で同じアプリの七回目の起動であっても毎回スプラッシュスクリーンを眺めて長々と待つ必要がなくなるということだ。お察しの通り、インスタント状態保存の利点を活用できるためにはそのアプリが iOS 4 用に再コンパイルされていなければならない。また、もしも iPad のメモリ量が一杯になれば、バックグラウンドにいるアプリのうち最近使われなかったものから順に黙って終了させられる。その場合、そこに戻るにはアプリを起動し直すことになる。(より詳しい説明は 2010 年 6 月 23 日の Matt Neuburg の記事“高速アプリ切り替えとは何か?”参照。)

Home ボタンを二度押しすれば、高速アプリ切り替えのインターフェイスに素早く入る。ホームスクリーンが上にスライドして、最近使った複数のアプリを表示したドロワが見える。最も最近に使ったものから順に、左から右へと並んでいる。右から左へスワイプすればさらに次の順のものが見えるし、アプリのアイコンを一つタップすればそのアプリに切り替わる。

今回からこの Home ボタンの二度押しが高速アプリ切り替え専用となったので、この二度押しのアクションをカスタマイズすることはできなくなった。iOS 3.2 では、この二度押しで最初の Home スクリーンに移るか、検索スクリーンに移るか、あるいは iPod アプリに切り替えるかを指定できた。ただし、iPad がロックされている状態でこのボタンを二度押しすれば、従来通り機器のロックを外さずにオーディオ再生コントロールが出る。

オーディオ、向き、輝度コントロール -- このアプリのドロワには、アプリ切り替えとあまり関係のないオプションも登場する。ドロワが開いた状態で左から右へとスワイプすれば、iPad はいくつか新たなコントロールを提供する。ここに新設されたスクリーン回転ロックボタンが、従来ハードウェアスイッチの果たしていた機能を引き継ぐ。(iPad 側面のハードウェアスイッチは今回から一種のミュートボタンとなった。つまり、サウンド効果の音量をゼロにするが、音楽には影響を与えない。)スクリーン調光スライダーは、歓迎すべき調節機能だ。これで、スクリーンを減光させたい際にもいちいち Settings アプリを開かずに済む。

image

また、再生コントロール(戻る、再生/一時停止、進む)はどんなアプリがメディアを再生していても働く。つまり、これは iPod アプリだけでなく、他のアプリ、例えば Pandora とか Apple の Videos アプリといったものにも働く。(Videos アプリは、AirPlay を使ってビデオを Apple TV にストリームしている場合に便利だ。)

最後に、ネットワーク上に AirPlay 互換な機器(例えば Apple TV、AirPort Express、あるいはこのサービスに対応したサードパーティの機器)が存在している場合、再生コントロールの右、音量スライダーの隣に AirPlay アイコンが現われる。

フォルダ -- 複数のアプリを「フォルダ」の中にグループ分けできるようになった。(ただ、見た目には全然フォルダらしく見えないが。)アプリのアイコン一つにタッチしたまま押さえていると、アプリをカスタマイズするインターフェイスに入る。つまり、アプリのアイコンが皆一斉に揺れ動き始める。そこで一つのアプリを他のアプリの上にドラッグすればフォルダが作成され、アプリを既存のフォルダの上へドラッグすればそのフォルダに追加される。忘れてならないのは、アイコンを並べ替えたりフォルダを作ったりする作業は iPad が接続されサイドバーで選択された状態で iTunes の Apps スクリーンを開いてもできることだ。数個のアプリを一度に選択したり動かしたりする場合は、そちらの方法でする方が易しいだろう。

AirPlay -- AirPlay は、Apple が従来から持っていた AirTunes テクノロジーの新しい名前だ。従来、これは iTunes 内部からしか使うことができなかった。新しい AirPlay を使えば、iPad が Wi-Fi ネットワーク経由でオーディオをストリームし、ステレオに接続された AirPort Express ベースステーション、Apple TV (旧型モデル、新型モデル双方とも)、あるいはその他 AirTunes/AirPlay をサポートする機器に送り出すことができる。AirPlay は複数の機器へ同時にストリームすることもできる。

AirPlay はただ名前を変えただけではない。新たな機能として、2010 年 9 月に発表された新型 Apple TV に対してビデオや写真をストリームして、テレビ画面の上に再生することもできるようになった。旧型モデルの Apple TV ではこのビデオストリーミング機能は使えない。マルチタスキングのお陰で、ビデオのストリーミングをバックグラウンドで走らせつつ、iPad 上では別のアプリを使ったり、あるいは iPad をロックしたままにすることもできる。

Apple TV はそのオペレーティングシステムをバージョン 4.1 にアップデートしておく必要がある。このアップデートは iOS 4.2.1 と同じ日にリリースされた。Apple TV 上で Settings > General > Software Update を選べばよい。

AirPrint -- ビジネスで旅行する人たちが iPad 上の iOS 3.2 で感じていた不満の一つは、サードパーティのソフトウェアを使わなければこの機器から印刷ができないことだった。嬉しいことに、AirPrint によって iOS 4.2.1 で印刷機能が備わった。けれども残念なことに、この機能は非常に限定的だ。

現在のところ、iPad から直接印刷できるのはサポート対象となるごく少数の HP 製プリンタのみだ。Apple は当初、ネットワーク上で Mac により共有されている他のプリンタでも AirPrint が動作するようになると言っていたが、今回のリリースではそれが実現しなかった。(代わりに使える素晴らしい方法がある。Ecamm から $9.95 で出ている Printopia だ。これは Mac OS X 環境設定パネルで、あなたの Mac が印刷できるプリンタに対して互換な仮想プリンタを作成できる。また、iOS 機器から Mac へ、あるいは Dropbox フォルダへ、PDF を送信することもできるようになる。)

Game Center -- この Game Center アプリは iPhone 用に iOS 4.1 で導入されたが、iPad には iOS 4.2.1 で初めての登場となる。iOS でのゲームにはマルチプレイヤーのオプションがあって同じ部屋にいる人たちと、あるいは地球上の他の場所にいる人たちと、一緒にプレイできるものが多いが、Apple の Game Center アプリはそのような数多くのマルチプレイヤーゲームにアクセスするための集中型ホームとして働く。すべては一つのログインアカウント(これはあなたの iTunes Store アカウントだ)と、一つのハンドル名、一つの友だちリスト、それに一つの統一スコアボードで動作する。また、開発者たちに対しては、ユーザーたちとやり取りするためのオプションをプログラミングするための単一の方法を提供できる。

Apple の iTunes ソーシャルネットワーキングサービスである Ping と同様、Game Center も他のソーシャルネットワークとはうまく統合されていないし、あなたの通常のコンタクト相手とも、他の何とも統合されていない。ここで友だちを作ろうと思えば一度に一人ずつ面倒なやり方で友人関係を確立する手間を掛けなければならない。ただし、少なくともあなたの Apple ID とは関係付けられているので、あなたが複数の iOS 機器を使っても Game Center には同じ友人たちが登場する。

Mail の改善 -- もしもあなたが複数の電子メールアカウントを使っているなら、iOS 4.2.1 の Mail が統一 Inbox をサポートするようになって、ここにすべての受信メッセージが集まるようになったことは嬉しいニュースだろう。いくつものアカウントを行ったり来たりするためだけにたくさんタップして複数の Inbox を切り替えなければならない時代は、やっと終わりを告げたのだ。その他の改善点をいくつか紹介すると:

検索の改善 -- 検索機能も iOS 4.2.1 で改善された。ホームスクリーンの最初のページで右へスワイプすると、Spotlight 検索スクリーンが開く。検索範囲はその iPad の内部に限られていない。この機能は、Spotlight 検索結果表示の一番下に出る Search Web および Search Wikipedia オプションのお陰だ。Search Web をタップすると、検索が Safari 内のあなたがデフォルトと指定した検索エンジンに送られる。また、Search Wikipedia をタップすると Safari が開き、Wikipedia で検索が実行される。

もう一つ歓迎すべき機能がある。それは、Safari の中で一つのウェブページの内部を検索する機能だ。ただし、これはちょっと見つけにくいところにある。使い方のコツは、あなたが普段 Google、Yahoo、あるいは Bing で検索に使う検索フィールドの上でタップしてから、そのままタイプを始めることだ。すると iPad は提案の表示を始めるが、その提案リストの一番下に "On This Page" という項目がある。それをタップすると、スクリーンの一番下に新たな検索バーが登場する。Next ボタンを使えばページ内の次の一致個所に進む。(戻るための Previous ボタンはない。)検索フィールドを使えば検索語の変更ができる。このツールバーを隠したければ Done ボタンを使う。(何かリンクをタップしても検索バーは消える。)

細かな調整 -- 他にも多数の細かな変更が iOS 4.2.1 には盛り込まれている。例えば、iTunes から高精細 (HD) のテレビ番組をレンタル、メモのワイヤレス同期、Calendar アプリ内部からイベント招待状に返信、Notes (メモ) アプリでフォントの変更、30 以上の新しい多国語キーボードと辞書、さらに充実したエンタープライズサポートなどの機能が加わった。

私たちはこれからも iPad をしっかり調査して、他にどんな変更を Apple が iOS 4.2.1 に詰め込んでくれたのかどうか、探して行きたいと思う。もしもあなたが何か私たちの書かなかったことに気付かれたら、どうぞコメントでお知らせ頂きたい!

コメントリンク11715 この記事について | Tweet リンク11715


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2010 年 11 月 29 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

BusyCal 1.5 -- 新しいMobileMeカレンダー は CalDAV サーバとして挙動し、iCal や、iOS の Calendar アプリのような CalDAV クライアントとカレンダーを共有できる。それは素晴らしいことだ。でも、新しい MobileMe Calendar の登場よりも以前から本物のカレンダー共有を必要としていた私たちの多くはもう長い間 BusyMac の BusyCalを使い続けている。今回、バージョン 1.5 のリリースで、BusyCal は(あなたがそう望めば)新しい MobileMe Calendar とも同期できるようになった。ただ、現状ですべてがうまく行っているのならばわざわざ新しい MobileMe Calendar に切り替える必要は何もないだろうが。(同じように他の CalDAV サーバとも同期できるようになったが、これもあなたがその機能を必要とすればの話だ。)もしも本当に BusyCal を使って新しい MobileMe Calendar に切り替えたい場合は、必ず最初に BusyMac のサポート記事 "Overview of the new MobileMe Calendar" と "Upgrading to the new MobileMe Calendar" を読んでおくこと。移行の手順は簡単ではないので。

単刀直入に言えば、私たちは今のところ新しい MobileMe Calendar に切り替えるつもりはない。なぜなら、私たちのワークフローの下で切り替えの利点があるとすれば、それは旅行中に私たちの MacBook の間でイベントの共有ができることと、インターネット上のカレンダー共有のために Google Calendar の代わりができることくらいだからだ。それ以外の点においては、BusyCal の LAN ベースのイベント共有だけで私たちの必要は満たされるし、そもそもほんの少しだけ機能が増えるという程度のことでわざわざ時間と労力をかけて新しい MobileMe Calendar に切り替えたいとは思わない。

BusyMac の従来のカレンダー共有方法、 BusySync (これを使えば iCal で使うカレンダーとのカレンダー共有ができる) のユーザーは、新しい MobileMe Calendar のホストするカレンダーについて BusySync が読み出し専用となることに注意しておかなければならない。BusySync から書き込んだり、他へ共有したりはできない。もしも本気で BusySync の機能と新しい MobileMe Calendar への読み出し・書き込み双方のサポートとの両方が必要ならば、現状では BusyCal にアップグレードするのが唯一の選択肢だ。BusyCal は、基本的に BusySync と iCal を合体させたようなもので、インターフェイスは iCal のものよりはっきりと進歩している。(新規購入はシングルユーザ $49/ファミリーパック $79、BusySync からのアップグレードは $20、アップデート無料、6.6 MB)

BusyCal 1.5 へのコメントリンク:

GraphicConverter 7.0.2 -- Lemkesoft から GraphicConverter 7.0.2 がリリースされた。画像変換ファンにとって、今年のこの時期、また一つ感謝したいことが増えた訳だ。今回のアップデートにも多数の修正や改善のリストが盛り込まれている。新機能の主なものとしては、Office Document Imaging のグレイスケール TIFF の読み込みサポート、アルファチャンネルを付けた PDF 読み込み、さらなる IPTC オプションの追加などがある。アップデートされた機能としては、スライドショーに関する設定項目の追加、アルファチャンネル付きフロート TIFF のサポート、Unicode サポート、透明な背景を持つ WMF のサポートなどがある。トラックパッドでのズーム操作も大幅に改善され、選択した項目の削除に Delete キーが使えるようになった。(新規購入 $39.95、無料アップデート、100 MB)

GraphicConverter 7.0.2 へのコメントリンク:

EagleFiler 1.5 -- C-Command Software が EagleFiler 1.5 をリリースした。電子メールやファイル、保存済みウェブページ、その他の情報断片を整理し、アーカイブ保存し、検索できる同社のツールへの大きなアップデートだ。今回のアップデートで新たに Quick Entry ホットキーが装備され、どんなアプリケーションの中からでも新規のテキストファイルが作成できるようになった。また、タグ検索の大幅な向上、iWork 書類のプレビュー改善、電子メール添付ファイルの検索と索引付けサポート、スマートフォルダの高速化など 多数の改良が盛り込まれた。(新規購入 $40、無料アップデート、11.2 MB)

EagleFiler 1.5 へのコメントリンク:

Adobe Reader/Acrobat Pro 9.4.1 -- Adobe が、Adobe ReaderAcrobat Pro をバージョン 9.4.1 にアップデートした。今回は PDF プログラム内部の複数個の重大なセキュリティ脆弱性をパッチすることに焦点を置いたリリースだ。パッチされたセキュリティ欠陥が原因で、アプリケーションがクラッシュしたり、場合によっては遠隔攻撃者があなたの Mac を制御できるようになる恐れがあった。Adobe はすべてのユーザーが Acrobat と Reader 9.4 を直ちにアップデートするよう推奨している。これはソフトウェア内部からでも、あるいは アドビ - 製品のアップデート ページ経由でもできる。(無料アップデート、Reader は 6.09 MB、Acrobat Pro は 11.1 MB)

Adobe Reader/Acrobat Pro 9.4.1 へのコメントリンク:

Safari 5.0.3 と Safari 4.1.3 -- Apple が Safari 5.0.3 をリリースした。セキュリティに関する多数の修正に加えて、アドレスバーでタイプしている最中に表示される Top Hit 結果の精度の向上、Top Sites の精度の向上、ポップアップのブロックの信頼性の向上などが盛り込まれた。また Flash 10.0 での問題点の解決、Facebook や Netflix の検索ボックスにタイプする際の挙動の改善、JavaScript 量の多い機能拡張や、VoiceOver 統合を使用する際の安定性の向上なども施されている。Apple はまた Mac OS X 10.4.11 Tiger 用にも Safari 4.1.3 for Tiger をほぼ同様の修正を施してリリースした。(無料、Snow Leopard 用は 37.58 MB、Leopard 用は 46.74 MB、Tiger 用は 29.46 MB)

Safari 5.0.3 と Safari 4.1.3 へのコメントリンク:

Boot Camp Software Update 3.2 for Windows -- もしもあなたが Windows の苦しみを耐え忍ばなければならないのなら、少なくともあなたの Mac を通して走らせるべきだ。そして、もしもその目的で Boot Camp を使うのならば、Apple の Boot Camp Software Update 3.2 を見ておく必要がある。このリリースは 32-bit 用64-bit 用 に分けて出されている。Apple の言う「重大な不具合への対処」に加えて、今回のアップデートでは ATI-Radeon HD 5870 グラフィックカード、Apple の USB Ethernet Adapter、および MacBook Air SuperDrive のサポートを追加している。このアップデートは Windows の他に Mac OS X 10.6 Snow Leopard を必要とする。(無料、32-bit 用は 280.28 MB、64-bit 用は 121.25 MB)

Boot Camp Software Update 3.2 for Windows へのコメントリンク:

MacBook/MacBook Pro EFI Firmware Update 2.0 -- Apple が MacBook MacBook Pro 双方のために EFI Firmware Update 2.0 をリリースした。それぞれ mid-2010 機種の MacBook と mid-2010 機種の 13-inch MacBook Pro をアップデートし、外部ディスプレイ接続時に時々画面表示が紫色になることがある問題に対処する。ファームウェアアップデートをインストールする際にはラップトップ機に電源コードから電力が供給されている必要があり、アップデートが完了するまで数分かかる。Apple は、アップデート中にコンピュータの電源を切らないようにと勧めている。あなたのラップトップ機がこのアップデートを必要としているかどうか定かでない場合は、ソフトウェア・アップデートを使えば、必要な場合にのみオプションとして提示される。(無料、1.98 MB)

MacBook/MacBook Pro EFI Firmware Update 2.0 へのコメントリンク:

QuarkXPress 8.5 -- Quark が QuarkXPress 8.5 をリリースした。これは無料のアップデートで、同社によればこの出版用パッケージで安定性が改善されているという。今回のアップデートで Microsoft Word の .docx フォーマットの読み込みと書き出しがサポートされ、また内蔵型の Auto Updater も追加されたので今後は私たちが報告するまでもなくアップデートの存在が分かるようになるだろう。さらに、追加またはアップデートされた Pantone ライブラリも五つある。(新規購入 $799、無料アップデート、751 MB)

QuarkXPress 8.5 へのコメントリンク:

Typinator 4.2 -- 働き過ぎのあなたの指を救うために旅を続ける Ergonis が、Typinator 4.2 をリリースした。人気のタイピング自動化ユーティリティの最新のアップデートだ。今回のアップデートでは Mac OS X 10.6.5 においていくつかの文字が短縮語の正しい展開を妨げていた問題が修正されている。また、iTunes 10、Outlook 2011、4D Client における展開の際の問題点に対処し、Safari のアドレスフィールドで提案項目との問題点を回避し、100 個以上のセットがインストールされている場合に Typinator が動作しなくなっていた問題を修正している。 フルのリリースノートは Ergonis のウェブサイトで読める。(無料アップデート、19.99 ユーロ、3.1 MB)

Typinator 4.2 へのコメントリンク:

PDFpen/PDFpen Pro 5.0.3 -- PDFpenPDFpenPro は PDF 書類を作成・編集するための Smile 製ソフトウェアだが、それぞれバージョン 5.0.3 にアップデートされた。新たに Welcome ウィンドウが追加されたほか、両方のアプリケーションともに起こっていた保存の際の問題点や、PDFpenPro の名前付けフォームボタンでの問題が修正された。既存のオーナーは PDFpen (あるいは PDFpenPro) > Check for Updates を選べば変更点のリストやアップグレード情報が読める。(新規購入 $59.95/$99.95、無料アップデート、41 MB)

PDFpen/PDFpen Pro 5.0.3 へのコメントリンク:

DEVONthink と DEVONnote 2.0.6 -- 素敵なソフトウェアに大文字と小文字を混ぜた名前を広める DEVONtechnologies が、すべての版の DEVONthinkDEVONnote に、それぞれマイナーなアップデートをリリースした。今回の DEVONthink と DEVONnote のアップデートにより、最近リリースされた iOS アプリ DEVONthink To Go との同期の問題点に対処し、Quick Look テキストを選択可能にし、Spotlight 統合を改善し、Yahoo Messenger チャットログと Google Chrome ウェブアドレスを読み込めるようにした。DEVONthink To Go について詳しくは、2010 年 11 月 23 日の記事 "Taking DEVONthink To Go for a Spin" を参照。(DEVONthink Pro Office は新規購入 $149.95、無料アップデート、23.6 MB; DEVONthink Professional は新規購入 $79.95、無料アップデート、18.6 MB; DEVONthink Personal は新規購入 $49.95、無料アップデート、13.2 MB; DEVONnote は $24.95、無料アップデート、11.6 MB)

DEVONthink と DEVONnote 2.0.6 へのコメントリンク:

Yojimbo 3.0.1 -- Bare Bones Software の Yojimbo は、テキスト、画像、PDF、ウェブページ、シリアル番号、その他あなたがそこに投げ込みたいと思うものを何でも保存しておける情報オーガナイザだ。今回のメンテナンスリリース Yojimbo 3.0.1 では、たった一個バグが修正されただけだが、Yojimbo を Windows/Android/Blackberry 用の Missing Sync と組み合わせて使っている人には必須のアップデートだ。Bare Bones の言葉によれば Missing Sync がデータ破壊を起こすことがあって、その結果として Yojimbo for iPad の同期セッションが永遠に止まってしまうとのことで、今回の修正はこの問題を回避するためのものだ。(新規購入 $39、無料アップデート、7.6 MB)

Yojimbo 3.0.1 へのコメントリンク:

コメントリンク11784 この記事について | Tweet リンク11784


ExtraBITS、2010 年 11 月 29 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Netflix と Hulu からそれぞれ新しいプランが出て、オンラインストリーミングの世界が私たちの注目を惹いた。またオフィス生産性アプリケーションの話題も豊富で、Microsoft Office 2011 のベンチマークが発表されるとともに、Google Docs 書類が iOS 機器上で編集可能になったというニュースもある。それから、iPod nano を手首に固定するための多様な方法が紹介され、私たちスタッフが最近の MacJury ホリデーギフトガイドポッドキャストでホリデーギフトのアイデアについて語った。

Netflix、ストリーミング専用プランを提供、その他のプランを値上げ -- DVD の入った赤い封筒が Netflix から届くのに慣れた人たちは多いが、今や Netflix 会員の多くは郵便を使うよりもインターネットからストリーミングしてコンテンツを視聴する方を選ぶようになってきている。この変化を理由に、Netflix は DVD を一切使わず無制限ストリーミングのみが使えるプランを月額 $7.99 で提供することにした。それと同時に Netflix は DVD 配達のプランを値上げし、同時にディスク 1 枚と 2 枚のプラン料金をそれぞれ月額 $1 ずつ上げた。Netflix はこれまでストリーミングで利用できるコンテンツの量を絶えず増やし続けてきているが、現在私のキューに並んでいる映画やテレビ番組のうちストリーミングで利用できるのはたった5分の1ほどだ。

コメントリンク: 11782

iPod nano 用時計バンドいろいろ -- 最新世代の iPod nano は、ほとんど腕時計の盤面程度に小さいので、この超小型ミュージックプレイヤーを手首に取り付けて使えるようにするケースやバンドを考え出す会社の数がますます増え続けている。ZDNet の Jason O'Grady が、現在市場に出ている iPod nano 用時計バンドを概観する。

コメントリンク: 11780

TidBITS スタッフが MacJury Holiday Gift Guide に -- MacJury ポッドキャストから三部構成の 2010 Holiday Gift Guide が出た。ホストの Chuck Joiner がこのギフトガイドに TidBITS スタッフを招いてくれた。三つのエピソードに、Joe、Mark、それに Tonya によるギフトのアイデアがちりばめられている。ショッピングの計画を立てようと思っている人は、どうぞ MacJury を聴いて考えを巡らせて頂きたい。

コメントリンク: 11774

Microsoft Office for Mac 2011 のベンチマーク公開 -- Louis Armstrong の言葉じゃないが、Microsoft Office 2011 for Mac は従来のバージョンに比べて fast なのか、slow なのか、それとも half-fast なのか? MacTech が、MacBook Pro、MacBook、iMac などさまざまの構成の下でこのスイートのアプリケーション各種のパフォーマンスを Office 2008 および 2004 のものと比較するために、1,000 回以上のテストを実施した。その結果はオンラインで見ることができるが、次号の MacTech Magazine にも載ることになっている。

コメントリンク: 11764

Google Docs を iOS 機器上で編集 -- 旅先で、たとえあなたの持っているものが薄っぺらい iOS 機器一つだけだったとしても、機能的であり続けることが少しだけ易しくなった。Google の発表によれば、近日中に Google Docs でモバイルブラウザによる書類の編集が可能になるとのことで、iPad、iPhone、および iPod touch に搭載されたバージョンの Safari にも対応するという。(Google Docs の編集は Android 2.2 の走る機器でも可能となるが、旧バージョンの Android には対応しない。)

コメントリンク: 11762

Hulu Plus が低価格で登場 -- ストリーミングビデオサービスの Hulu Plus が、月額 $7.99 ですべての購読者に開かれる。この料金はテスト期間中よりも月額 $2 だけ値下げされている。このサービスは iOS 機器、コンピュータ、それにいくつかのゲーム機器でも動作し、最大で高精細 (HD) の解像度でストリーミングされる。メジャーなネットワーク各局のテレビ番組の、現行および過去シーズンのものがフルに含まれる。ただし広告は引き続き表示される。

コメントリンク: 11760

コメントリンク11783 この記事について | Tweet リンク11783


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2010 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2011年 1月 8日 土曜日, S. HOSOKAWA