TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1117/12-Mar-2012

今週号ではまたもや Apple のニュースが中心となる。Apple は先週、第3世代の iPad、第3世代の Apple TV、それから iOS 5.1 と、iOS 用の iPhoto、それにさまざまのアップデートされた iOS アプリを発表した。あまり騒ぎ立てられなかったのは iWork.com の消滅だ。結局日の目を見なかったこの共同作業サービスは、一度もベータ版を脱することができなかった。他のニュースとしては、Intuit が Lion 互換版の Quicken Mac 2007 をリリースし、私たちからは新刊の電子ブック "Take Control of BBEdit" が出た。最後に、Adam がハイパーテキスト風のツアーに皆さんをお連れして、互いに興味深く関連したいくつかのブログ記事を紹介しつつ、巨大メディア会社が許可なくコピーされる行為に苦しんでいる最も大きな理由はそれらの会社が顧客たちのニーズに応えていないからなのだと論ずる。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Safari 5.1.4、iTunes 10.6、iBooks Author 1.1、GarageBand '11 6.0.5、iPhoto '11 9.2.2、DEVONagent Lite, Express, Pro 3.1.2、Adobe Lightroom 4.0、それに Parallels Desktop 7.0.15055 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Intuit、OS X Lion 互換の Quicken Mac 2007 をリリース

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Mac OS X 10.7 Lion への切り替えの際の、最も目立った犠牲者は、おそらく Quicken 2007 for Mac であったろう。Intuit の財務処理アプリケーションのこの年老いつつあるバージョンは、これまで一度も Intel ハードウェア用にアップデートされたことがなかった。それにもかかわらず、多くの人たちはあまりにもこのアプリケーションが快適に思えたので、あるいは、何年分もの重要な財務データを全部 Quicken Essentials または何か他のアプリケーションへ変換するということが考えるだけでも不快に思えたので、皆一様に Lion へのアップグレードを遅らせるか、または Quicken 2007 を 10.6 Snow Leopard で走らせるだけの目的で別の Mac を使い続けるか、いずれかの対処を余儀なくされていた。(記事シリーズ "Can't Let Go of Quicken 2007" を参照。)

(日本語)Quicken の代わりを探す | 続報: Quicken の代わりを探す | Intuit、Lion コンパチ Quicken 2007 アップデートを計画 | Rosetta と Lion: あきらめるのか?

ところが今や、この会社は Quicken Mac 2007 OS X Lion Compatible をリリースした。5 年目となるこのソフトウェアを、ただ Lion 互換性を提供するためだけにアップデートしたバージョンだ。このアップデートの価格は $14.99 だ。

FAQ ページにおいて、Intuit はこのバージョンが Quicken 2005-2007 ファイルを直接開くことはできるけれど、それよりも古いバージョンからデータを読み込むことはできないと注意している。また、同社は Quicken Essentials から Quicken Mac 2007 OS X Lion Compatible へ、財務取引データの移行(それは再移行 (re-migrate) か? 移行の取り消し (un-migrate) か? はたまた片頭痛 (migraine) か?)をさせるための 一連の手順の説明 も提供している。

コメントリンク12852 この記事について | Tweet リンク12852


Apple がようやく iWork.com を窮状から救い出す

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週、iWork.com ユーザーたちにあてた電子メールメッセージの中で、Apple はこの共同作業サービスが(これは 2009 年 1 月にリリースされて以来三年間、一度も公開ベータ版の段階を脱することができなかったが)この先どうにもならないことをついに認めた。少なくとも、私の目にはその電子メールメッセージがそう読めた。iWork.com についての Apple のマーケティング解釈は、iCloud 経由で iWork アプリケーションが書類を共有できる以上、iWork.com サービスはもはや必要でないというものだ。

image

Apple は、2012 年 7 月 31 日までの期間、あなたは iWork.com にアップロードしていたすべての書類にアクセスでき、2012 年 8 月 1 日以降はそれらの書類も一切アクセスできなくなると述べた。Apple はそれらの書類をあなたの Mac にダウンロードするための手順の説明を提供している。

これはそれほど大きな損失ではない。たいていの人にとって、全く何の損失でもないであろう。iWork.com は、ファイル共有サービスにほんの少しだけ味付けした程度以上の何物でもなかった。2009 年 1 月に登場した時点で Google Docs や Dropbox のような他社のサービスで可能であったことを超える革新は何も提供しなかったし、2009 年 9 月にアップデートされた際にもごくマイナーな変更が施されたのみだった。(2009 年 9 月 30 日の記事“iWork.com が拡張... って、こんなもの使う人いるの?”参照。)

では、今後は iCloud が iWork.com の代わりとなるという Apple の主張はどうなのだろうか? これは完全なる言い逃れに過ぎない。なぜなら、iCloud に装備されている Documents in the Cloud 機能は、少なくとも現在の状態では、iWork.com がしようと試みたこととは完全に別のものだからだ。Documents in the Cloud は、あなた自身が持っている複数のデバイスの間で、しかも特定のアプリの内部のみで、書類を共有できるようにする。さらに悪いことには、将来 Apple が Mac 上の iWork スイート (Keynote, Pages, Numbers) をアップデートするまでの間、現時点でこれらのプログラムの iOS 版と Mac 版を橋渡しできる唯一の手段はウェブブラウザのみだ。

もちろん Documents in the Cloud を使って悪いことは何もない。もしもあなたがそれを、単なる仮想のデータ同期用ケーブルと見なしていて、共同作業のためのツールと見なしてはいないのならば。けれども iWork.com は、確かに実装はごくごく弱いものに過ぎなかったけれども、少なくともウェブベースの手動でのファイル共有と、共有された iWork 書類へのコメント付け、それに同時進行するチャット風の議論、という形で共同作業のためのツールを提供しようと試みていた。Documents in the Cloud は、そのような機能を一切提供しない。

単刀直入に言ってしまえば、Apple が共同作業をどのようにサポートすべきかをきちんと理解したことは一度もなかった。そして、iCloud とかサンドボックス化とかいったテクノロジーは、どうやら共同作業とは正反対の方向に向かっているように見える。

コメントリンク12860 この記事について | Tweet リンク12860


Apple、第3世代の iPad を発表

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

期待された通り、Apple は先週、第3世代の iPad を発表した。工業デザインは iPad 2 のものとほぼ同一だが、ハードウェアにかなり大幅な変更を誇っている。メジャーな変更点としては、新しい Retina ディスプレイ、1080p HD ビデオ録画にも対応した新しい背面搭載 iSight カメラ、音声入力、クアッドコアグラフィックスを搭載した新しい A5X CPU、またオプションで 4G LTE の構成が可能だ。[訳者注: 4G LTE は現在のところ米国とカナダの特定のキャリアのネットワークのみに対応し、現時点で日本では使えません。]ストレージサイズや価格は以前と変わっていない。

紛らわしいことに、Apple はこの新しいデバイスを単なる "iPad" または "third-generation iPad" (第3世代 iPad) と呼んでいて、"iPad 3" という名前は使っていない。差し当たりこの記事では、初代の iPad や iPad 2 と区別するため、この新機種のことを仮に "iPad 3" と呼ばせて頂くことにする。

Apple はまず Retina ディスプレイから話を始めた。Yerba Buena Center のメディアイベントでプレゼンテーションをするには、興味深い技術的問題があったという。それは、このディスプレイの 2048×1536 (インチあたり 264 ピクセル) という解像度がステージ上のプロジェクターの解像度よりも大きかったからだ。Phil Schiller の説明では、ピクセル密度が iPhone 4S のものより低いにもかかわらずこれを Retina ディスプレイ(つまり個々のピクセルが識別できないほど小さいディスプレイ)と呼ぶことができるのは、iPhone を見る場合の通常の目からの距離が 10 インチ (25 cm) であるのに対して iPad はおよそ 15 インチ (38 cm) 目から離して使うからだという。Apple によればこの Retina ディスプレイは iPad 2 のものに比べて 40 パーセント彩度が向上しているという。ただ、それが現実世界の視覚にどれだけの意味を持つのかは判断が難しい。

こうして iPad 3 は、スクリーンサイズが 1024×768 であった iPad 2 に比べて 4 倍のピクセル数(縦横それぞれ 2 倍)を持つに至ったが、それを利用するために必ずしもアプリを書き換える必要はない。従来の iPad の 1 個のピクセルは iPad 3 ではちょうど 4 個で同じサイズとなり、しかも文字はネイティブな解像度を備えて描かれる。とはいえ、Apple は開発者たちに対して最も目を見張る結果を得るためにはこの Retina に特化したコードを書くようにと奨励していた。

Retina ディスプレイの 310 万個ものピクセルを駆動するのが、クアッドコアグラフィックスを搭載した Apple の新しい A5X プロセッサだ。Apple によれば、A5 が既に Nvidia の Tegra 3 system-on-a-chip プロセッサ(競合するタブレット機で使われているもの)より 2 倍高速であったけれども、iPad 3 の新しい A5X は 4 倍高速となったという。そこで言う最高速とはどうやら特定の挙動のみに関するもののようなので、その説明が実際に何を意味しているのかは明確でない。けれども、iPad 用のアプリがますます CPU パワーとメモリとを食うようになりつつあるのは明らかだ。初代の iPad で iBooks 2 を走らせ、iBooks Author によって作成された拡張 iBooks 教科書を読もうとしてみると、ほとんど使い物にならないことが分かる。

iPad 3 で新たに搭載された背面搭載の iSight カメラに夢中になるのはちょっと難しいかもしれない。それはカメラが良くないからというのではなくて、写真やビデオを撮影するためには iPad のフォームファクターがあまり適していないからだ。そうは言っても、新しい iSight カメラには裏面照射型 5 メガピクセルセンサー、5 素子レンズ、それに赤外線フィルタも付く。(いずれも iPad 2 に搭載されたカメラに比べれば大きな進歩だ。)もちろんオート露出とオートフォーカスは標準装備だが、それに加えて自動の顔検出機能もある。もっと興味深いのはこの iSight カメラが 1080p の HD ビデオも撮影できる点だ。新しい A5X プロセッサに依存して働く画像安定化(手ぶれ補正)機能があるので、高画質のビデオを撮影する際に iPad の具合の悪いフォームファクターの問題も軽減されるはずだ。

一部の評論家たちの希望を打ち砕いたことだが、この iPad 3 には Siri が搭載されていない。その理由はおそらく、Apple が Siri を外出中に歩き回っている際に最も役立つものと考えているからではないか。しかしながら iPad 3 には音声入力機能があって、仮想キーボード上に新たに設けられたキーを使って呼び出せる。音声入力が対応している言語は米語、英語、オーストラリア英語、それからフランス語、ドイツ語、そして日本語だ。私たちはこの音声入力機能をテストしてみたいとうずうずしている。テキスト入力は、依然として iPad の目立った弱点の一つだからだ。

最後に紹介する iPad 3 のメジャーな機能は、オプションで 4G LTE ワイヤレス接続性を提供する構成が選択できることだ。[訳者注: 4G LTE は現在のところ米国とカナダの特定のキャリアのネットワークのみに対応し、現時点で日本では使えません。]iPad 2 は EV-DO で最大 3.1 Mbps、HSPA で 7.2 Mbps のスループットに到達することができたが、この iPad 3 はそれをはるかに凌ぐ値、下りの生の通信速度で HSPA+ なら 21 Mbps、DC-HSDPA なら 42 Mbps、LTE ならば 73 Mbps を達成することが可能だ。(iPhone 4S は HSPA+ で最大 14 Mbps に対応している。)もちろん、これらの数字はあらゆるデバイスが利用できるバンド幅のプールの総量を示したものであって、ネットワークのオーバーヘッドも含まれており、現実世界の使用で目にすることのできる数字とは違う。実際には数多くの変量に依存することになる。)けれども iPad 3 でのインターネットへのアクセスが iPad 2 よりも目に見えて高速になるのは間違いないと思われるし、4G サービスが実施されている地域においては、iPad 3 はより高いデータレートに、より恒常的にアクセスできるようになるだろう。

米国においては、Apple は AT&T と Verizon Wireless それぞれの LTE ネットワーク用に別々の機種の iPad 3 を製造する。両者は互いに非互換だからだ。けれども、Apple の言うところによれば、いずれの機種を選んだとしても世界中の 3G ネットワークで動作するという。(Apple はカナダのキャリア向けにも 4G モデルを用意しているが、それらが AT&T モデルと同一のものなのか、それともまた別の異なった機種なのかははっきりしない。LTE というのは、まるきり新しい野獣なのだ。)

あともう一つだけ。この iPad 3 は、キャリアがそれに対応していれば、パーソナルホットスポットとして挙動できる。スタート時点では、Verizon が追加料金なしでホットスポット機能を利用できるようにすると発表している。一方、AT&T は(少なくとも現時点では)新型 iPad 用にこの機能を提供する予定はないとしている。[訳者注: 日本では使えないようです。]

これらさまざまの新しいハードウェア機能を装備したにもかかわらず iPad 3 は iPad 2 と変わらないバッテリ寿命を誇るという。たいていのことについて 10 時間、4G 接続性を使っていれば 9 時間だ。それが達成できたのは大幅にパワフルになったバッテリのお陰だ。42.5 Wh のリチウムポリマーユニットは、iPad 2 の 25 Wh から大きく進歩している。

Apple はこれらすべてを、以前よりほんの僅か厚く (従来の厚さ 8.8 mm から 0.6 mm 増えた 9.4 mm) ほんの僅か重い (Wi-Fi 専用モデルと 3G/4G モデルでそれぞれ 652/662 グラム、従来は 601/607 グラム) フォームファクターの中に何とか詰め込んだ。高さと幅は従来と変わっていないので、iPad 2 用のケースやスタンドの大多数は互換のままとなるだろう。奇妙なことに、Jeff Carlson が iPad 2 と iPad 3 で比較の写真を撮ろうとすると、Apple の係員があわてて飛んで来て、断固として彼に止めるようにと命じた。

ストレージ容量と価格も従来と同じで、Wi-Fi モデルと Wi-Fi + 4G モデルの双方ともそれぞれ 16 GB, 32 GB, 64 GB のいずれかが選べる。価格は Wi-Fi 専用モデルが $499, $599, $699、Wi-Fi + 4G モデルはそれぞれに $130 を加えた $629, $729, $829 となる。いずれのモデルも、ブラックとホワイトのいずれかの色が選べる。予約注文は既に受け付けを開始している。最初の受け付け分の出荷が始まるのは米国を含むいくつかの国[訳者注: 日本を含む]で 2012 年 3 月 16 日、それ以外の国では 2012 年 3 月 23 日からとなる。しかしながら、この記事を書いている時点で、Apple は新規の注文に対する出荷に「2-3 週間」かかると言っている。

新しいモデルが出た際に旧モデルの iPhone について Apple が最近してきたのと同様、16 GB の iPad 2 も値下げされて販売が続けられる。価格は $100 下がるので、iPad 2 が $399 (3G モデルならば $529) で買えるようになり、より小さなスクリーンと半分のストレージ容量を持つ $199 の Kindle Fire との競争力が上がったと言えるだろう。

コメントリンク12843 この記事について | Tweet リンク12843


第三世代 Apple TV、1080p ビデオに対応

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

先週のメディアイベントで当日の目玉の紹介が近づいたところで、Apple は 新しい第三世代の Apple TV を発表した。この新しい箱は、入手可の時には 1080p ビデオを再生出来、そして洗練されたユーザーインターフェースを壮観な 1080p 解像度で提供する。この新しい Apple TV は $99 で予約注文を受け付け中である;出荷は今週中に始まる。第二世代 Apple TV もソフトウェアアップデートからアップデートを受けると同じユーザーインターフェースが得られる、勿論 1080p の方はダメであるが。この新しいモデルには、前のモデルでは A4 プロセッサが採用されていたのに対して、単一コア A5 プロセッサが含まれているが、これは 1080p のために必要な追加のデコーディングをさばくためなのであろう。

この第三世代 Apple TV は、ストリームされた音楽、写真、そしてビデオに対する宛先となることが出来、そして AirPlay ミラーリングも iPad 2 と発表されたばかりの第三世代 iPad, そして iPhone 4S から可能である。面白いことに、Apple TV 仕様には第三世代 iPad のミラーリングは 720p の解像度で行われると書いてある、どちらの機器も 1080p を送り出すことは可能なのにも拘らずである。

iCloud 統合も取り入れられているので、iCloud からあなたの iTunes プレイリストや Photo Stream の写真にアクセス出来る。iCloud の話のついでに言うと、iTunes in the Cloud は今や映画もサポートするので、あなたが iTunes Store からどの機器上からでも、Apple TV も含まれる、購入した大抵の映画は再ダウンロード出来る。我々は "大抵の" という言い方をしているが、これは Fox と Universal は、HBO に対する供給窓口を提供するための契約上の制約から参加していないためである。

Apple TV は内部では iOS を走らせているが、そのインターフェースは完全にカスタマイズされており、他の機器上の iOS とは似ても似つかぬものとなっている。噂にも拘わらず、Siri 経由の音声制御が追加されているという兆しは何処にもない - これは将来のモデルまで噂のネタのままで居続けなければならない様である。インターフェースで新しくなったのは、あなたが見たものに基づいた Genius ベースの映画推薦である、iTunes の映画に限られるのであろうが。

インターフェースの変更は主として Apple TV のメインの画面周りに絡んでおり、トップの Cover Flow の様なプレビューには、Movies (iTunes Store から), TV Shows (これもiTunes Store から), Music (iTunes Match から), Computers (あなたの Mac の iTunes ライブラリ), そして Settings に対するアイコンが現れる。その他の Apple TV に対するコンテンツ源は - Netflix, Vimeo, Flickr, 等々 - その下にアプリの様なアイコンとして現れる;一つを選択するとそれ自身の画面へとあなたをいざなう。どうも、Apple は、Apple サービスでないものは二次的な地位へと追いやっている感じがする、ナビ性は落とさずに。

ヒント:リモコンの Menu ボタンを押し続けるとメイン画面にジャンプして戻る、そしてそこで真ん中の選択ボタンを押し続けると Apple TV をスリープさせることが出来る。(見終わった後は、Tonya と私はいつも Apple TV とテレビの電源を落とす様にしている。これは電力消費を減らすのと写真のスクリーンセーバーがストリームされることによるワイヤレスネットワークの負荷を減らすためである。)

コメントリンク12842 この記事について | Tweet リンク12842


iOS 5.1、ほんの少しの新機能と 4G の混乱をもたらす

  文: Agen G. N. Schmitz <agen@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週デビューを飾った iPad ハードウェアに加えて(2012 年 3 月 7 日の記事“Apple、第3世代の iPad を発表”参照)Apple はすべての iOS 5 互換デバイスを対象に iOS 5.1 ソフトウェア・アップデート をリリースした。対象となるのはすべてのバージョンの iPad、それから iPhone 3GS またはそれ以降、それと第3世代またはそれ以降の iPod touch だ。全体的に見てこれはメンテナンス・リリースであって、少数の新機能と修正から成っている。ただ一点だけ、ユーザーインターフェイスにおけるある変更が、いろいろと混乱を巻き起こしている。

iOS 5.1 にアップデートした後で、AT&T の iPhone 4S を持っている人たちの多くが、メニューバー上のセルラーインジケータがこれまでの 3G から 4G に変わっていることに気付く。けれども、その人の携帯電話は別に魔法のように高速のデータ通信を手に入れたわけではない。そうではなくて、この変化が実際に意味するのは、その iPhone が AT&T の HSPA+ ネットワークに接続中であるということであり、HSPA+ は基本的に 3G のより高速なバージョンに過ぎない。比較のために数字を挙げると、HSPA+ が対応している最大の生の下り通信処理能力は 14 Mbps で、これに対して LTE (Long Term Evolution) の最大ダウンロードレートは 73 Mbps だ。

HSPA+ ネットワークは LTE に比べればのろのろしたものであるにもかかわらず、AT&T はこれを "4G" と見なすことに決めた。コソコソとずるいマーケティング戦略であると言えばそうに違いないが、AT&T は ITU (International Telecommunication Union, 国際電気通信連合) によってこの区分けのしかたを認められている。2010 年 12 月に発表したプレスリリースの中で、ITU は「その他の進化した 3G テクノロジー」であっても現行の 3G ネットワークに比べて「パフォーマンスと能力において相当な程度の改善」を提供している場合には 4G 規格の傘下に含めてもよいと認めたのだった。

iPhone 4S が 2011 年 10 月にデビューした際、Phil Schiller はキャリア各社が HSPA+ を「4G テクノロジー」と呼びたがっていることを冗談の種にさえした。(2011 年 10 月 4 日の記事“新 iPhone 4S が音声認識を追加、グローバルへ移行”参照。)彼は「私たちは何が 4G で何がそうでないかという業界の論争に参加したいとも思いません。そういう話は他の人々に任せましょう」と言ったのだった。けれども、Brad McCarty が The Next Web(や他の多くの場所) で述べた通り、iOS 5.1 における用語の変更は、Apple が AT&T によるマーケティングの要求におとなしく従うことに決めたことを示すものらしい。それはまた、今後さらなる要求がキャリアから寄せられるという危険な道に結び付きかねないもののようにも思える。

論争の話はさておき、今回の iOS 5.1 アップデートには、画期的と言えるほどではないものの、間違いなく歓迎すべき新機能もいくつか含まれている。まず何よりも第一に、iCloud のフォトストリームから写真を個別に削除できるようになった。そのためには、Photos (写真) アプリを開き、フォトストリームのアルバムをタップし、それから右上の隅にある共有ボタンをタップする。そこから、個々の写真を選択して、右下の隅にある赤い Delete (削除) ボタンをタップすればよい。また、フォトストリームの中であなたが現在見ている写真をゴミ箱ボタンをタップして削除することもできる。

画像に関係したその他の追加機能としては、Camera (カメラ) アプリの顔検出機能の強化(一度に複数の人の顔を認識できるようになった)や、iPad 用の Camera (カメラ) アプリを再設計してキャプチャボタンを右手の親指が来るあたりの画面の右側部分に移動させたこと、iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、および第4世代の iPod touch のロック画面に新たにカメラのショートカットを置いたことなどがある。ロック画面から Camera (カメラ) アプリを開くために Home ボタンを二度押しする代わりに、ロック画面のカメラボタン(スライドしてロックを外すスライダーの右側にある)の上で上方に向けてスワイプすれば Camera (カメラ) アプリが呼び出される。

Apple は、iTunes Match の登録者が再び iOS デバイスでも Genius Mix と Genius プレイリストを使えるようになったと言っているが、多くの(大多数の?)人たちにとって そうはなっていないようだ。iPad の所有者は映画やテレビ番組のオーディオが「最適化」されたのでより大きく明瞭に聴こえるようになるはずだという。ポッドキャストのコントロールでは再生速度の変更と現在再生中のポッドキャストを 30 秒だけ巻き戻す機能とが復活した。

Siri には日本語のサポートが(英語、フランス語、ドイツ語に次いで)加わった。ただし、初期のサービス開始時には使用可能な範囲が限定される。最後に、iOS 5.1 では詳細は明かされていないもののバッテリーの寿命に影響するバグに対処が施され、発信側の音声が途切れることのあった問題が修正された。

iOS 5.0 デバイスをバージョン 5.1 にアップデートするには、そのデバイスを iTunes の走るコンピュータに接続してから(もしも自動的にダイアログが現われなければ)デバイスの Summary 画面で Check for Update ボタンをクリックする。あるいは、コンピュータに接続せずにワイヤレスでアップデートしたければ、Settings > General > Software Update に行き、そこの指示に従えばよい。

コメントリンク12857 この記事について | Tweet リンク12857


iPhoto が iLife for iOS に加わり、他の Apple アップスもアップデート

  文: Michael E. Cohen <mcohen@tidbits.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

先週の Apple の iPad イベントでは、ハードウェアだけがスターではなかった:Apple は現行の二つの iLife iOS アップス - GarageBand と iMovie - をアップデートし、そして三つ目を加えた:iPhoto である。初代の二つの iLife for iOS アップスの様に、新しい iPhoto アプリは $4.99 で現在入手可となっている。これは iPad 2, 間もなく出される第三世代 iPad, そして iPhone 4 と iPhone 4S とはコンパチだが、どうも初代 iPad やどのモデルの iPod touch にも対応していない様である。

iPhoto for iOS -- この新 iPhoto for iOS はタッチインターフェースを頭に置いて設計されており、そして幾つかの強力な機能も提供している。サムネイルグリッドを使って、写真ブラウジングは簡単なスワイプだけの話になっているが、もっと興味を惹かれるのは、一枚の写真をダブルクリックすると似た様な写真を見つけ出し表示する能力である。更に、デスクトップ版の様に、iPhoto for iOS は、個々の写真を隠したり、フラッグを付与したりする能力も持ち合わせている。

Apple はまた iPhoto にマルチタッチ編集も採用し、競合する写真アップスに脅威を与えることとなった。簡単なタップ&ドラッグ動作で、ユーザーは彩度、露出、そしてコントラストを調整出来、そして自動水平検出機能のお蔭で、意図せずに傾いてしまった写真を真っすぐにするのはいとも簡単になった。

このアプリはユーザーが簡単に当てられる幾つかの効果も提供していて、チルト補正 ("これは私が撮影した角度ではないが、意図したもの様に見せた" もの)、水彩、黒白、ヴィンテージ、等々が含まれる。効果は、簡単なピンチ、ズーム、そしてスワイプのジェスチャーで変更出来る。

iPhoto for iOS にはまた "ブラシ" が付いており、写真にタッチアップを加えるために使える。例えば、ある画像の一部分の色の量を減ずるため彩度減ブラシを使ってスワイプ出来るし、増加させるには彩度ブラシを使えばよい。その他のブラシには、明るくする、暗くする、柔らかくする、シャープにする、赤目、そして修復ブラシが含まれる。

iPhoto for iOS は、プリント、カード、或いはブックを注文する機能は提供していないようだが、オンスクリーンの写真ジャーナルは作成出来、選択した写真を魅力的に並べたり、またキャプション、マップ、そして天気情報すらも加えることが出来る。これらのジャーナル (個々の写真ではない) は、家族や友人と共有するため Web ページとして iCloud に公開出来る。写真はまた Twitter, Facebook, そして Flickr に直接公開出来るし、AirPlay 経由で Apple TV 又は同等の機器に対して送ることも出来る。更に、iCloud の Photo Stream は使わない、或いは使いたくないという人のためには、或いは iPhone で撮った写真を iPad 上のより大きな画面で編集したい場合は、写真を他の iOS 機器に対して Bluetooth 又は Wi-Fi 経由で飛ばすことも出来る。

がっかりしたことに、iPhoto iOS アプリと Mac 上のあなたの iPhoto 全ライブラリの間では、あなたの Photo Stream に現れる写真を除いては、直接の同期はない様である。これは残念である、何故ならば多くの人は、複数の機器から作業をしたいであろう相当な数の既存の写真ライブラリを持っているであろうからである。Mac からは新しい写真しか Photo Stream に現れない;iCloud を使い始める前にあなたのライブラリにあった写真はどれも対象外とされている様に見えるし、あなたの Photo Stream から落ちてしまった古い写真もそうである。とは言っても、Mac 上の iPhoto は iOS 機器とは iTunes 経由で写真を同期することは出来る。

GarageBand と iMovie -- 他の二つの iLife for iOS アップス, GarageBand と iMovie もまた Apple の愛を分かつことが出来た。(その他の二つの伝統的な Mac のための iLife アップス, iWeb と iDVD, は、驚く人は誰もいないと思うが、iOS パーティには招待されなかった。これらはもう過去の人となったと思って間違いないであろう。)GarageBand は幾つかの新しい機能を獲得し、音符編集とそして同じアプリが走る近くの iOS 機器と Wi-Fi 又は Bluetooth 経由でジャムセッションをする能力が含まれる。スマート楽器はよりスマートになり、Smart Strings, Smart Bass, そして Custom Chords が加えられた。GarageBand の録音を編集する能力もより賢くなった。

GarageBand は今や iCloud と統合され、ユーザーは自分の作品に手元のどの機器からでもアクセス出来る:対象となるのは iPad, iPhone 4 或いはその後、又は 第三世代かそれ以降の iPod touch である。完成した曲は Facebook, YouTube, そして SoundCloud とインターネット経由で共有出来る。曲はまた、コンピュータ上の iTunes を使って或いはメール経由で、最新版の iMovie を持った機器と共有することも出来る。

iMovie for iOS は一つの大事な新機能を獲得した:そのデスクトップ版の様に、iMovie for iOS は今やユーザーに映画の予告編を作成させてくれる。加えて、再生ヘッドを下から上へとスワイプすることでビデオから静止フレームを作成出来る。

iMovie 或いは GarageBand for iOS を既に持っている人に対しては、新しいバージョンへのアップデートは無料である。iOS 上の iLife の世界に初めて入る人に対しては、この三つのアップスはそれぞれ $4.99 である。

Apple の他の iOS アップス -- Apple はまた iWork スイートのアップスをアップデートした:KeynotePages、そしてNumbers (それぞれ $9.99) である。三つのアップスでの追加のチャートに対するサポートと Keynote でのアニメーションのアップデート以外で一番のアップデートは、第三世代 iPad のあの新しい、より高精細度の Retina ディスプレイに対するサポートである。

Apple の無料アップス - Find My FriendsFind My iPhoneiBooks、そして Remote - もまた Retina ディスプレイに対する改良グラフィックスを得たが、他にも詳細不明のバグ修正と安定性向上がなされている。iBooks 2.1 も今やあるタイトルでは印刷版に対応したページ数を見る、一回のタップで特定のページにジャンプするためのページ数検索、テキスト上をスワイプする時指をハイライターとして使う、等々が可能になっている。Remote アプリもまた Apple TV 上の iTunes Match に対するサポートを含んでいる。

コメントリンク12844 この記事について | Tweet リンク12844


テキストの達人のための新刊電子ブック "Take Control of BBEdit"

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ライターとしての私たちは、自分たちの使うツールについて深く気にかけている。確かに、私たちは TextEdit (テキストエディット) を使って文章を書くこともできるし、私たちが Take Control 電子ブックを作成するのは Pages で作業をするが、私たちの実際の執筆作業の圧倒的大部分は BBEdit の中で進んでいる。人によっては奇妙なことだと思われるかもしれない。BBEdit はもともとプログラマー向けのエディタとして生まれたからだ。けれども、その後長年にわたって Bare Bones Software 社は BBEdit をさまざまに拡張し続け、私たちのように散文を書き HTML で仕事をする人たちにとっても高度に効果的なツールへと進化させてくれた。今や BBEdit は、私たちが TidBITS のために構築した自動化された出版システムの重要な一部であり(これが私たちに代わって自動的に記事を書いてくれるようになりさえすればいいのに!)あえて名前を挙げることはしないが、他の多くの第一線の Mac ライターたちや、有名どころの出版社にも使われている。

躊躇せず断言できるが、BBEdit には生産性を高めてくれる機能がたっぷりと備わっているので、それらをフルに利用できる人は、たとえ長年のユーザーであろうとそう多くはいないだろう。これはそれほどに深いプログラムなので、今回 Glenn Fleishman が執筆を担当し Bare Bones Software にいる私たちの友人たちの協力を得て出来上がった私たちの最新刊の電子ブック、199 ページから成る "Take Control of BBEdit" を皆さんにお届けできることがとても嬉しい。今回は特別サービスとして、2012 年 4 月 9 日までに限り $5 の特別価格で販売することにした。その期間が過ぎれば $10 の通常価格になる。

"Take Control of BBEdit" の中で、Glenn は BBEdit 10 を使って現実世界での仕事をこれまでになかったほど効率的に達成するための方法を説明する。特に焦点を当てるのが三つの分野における使用法だ。すべての BBEdit ユーザーに当てはまる基本的なテキスト処理の機能、個々のタグのレベルからダイナミックなウェブサイトの構築まであらゆるレベルでの HTML の作業、それから複数リソースのプロジェクトの運営管理だ。

Bare Bones Software の創設者であり CEO でもある Rich Siegel はこう語った:「Glenn Fleishman は BBEdit のパワフルな諸機能を面白く、教育的に、しかも親しみやすい表現を使って紹介するという素晴らしい仕事をしてくれた。'Take Control of BBEdit' はどんなマニュアルよりも先まで、BBEdit の使い方の実際的な手引きという側面を示し、時間を節約する (save time) ためにも、また人を窮地から救う (save your bacon) ためにも、役立ってくれる。ベテランにも、また BBEdit が初めてという人にも、これはお薦めだ。」

余談ながら、$49.99 という値段だが、これがもたらしてくれるパワーに比べれば BBEdit は安い。けれども、今はまだ使っていないが、それだけのお金を出さずにどんなことができるかの感じだけを掴みたいと思っている人は、こちらも Bare Bones Software から出ている無料の TextWrangler を試してみるとよい。TextWrangler には BBEdit の HTML ツールやクリッピングツール、text factory、テキスト補完、プロジェクト関係の機能がないが、基本的なインターフェイスや骨組みとなる編集や検索の機能は同じだ。この電子ブックは TextWrangler と BBEdit の違いを具体的に記述してはいないが、内容の多くの部分は両方のアプリともに当てはまる。

コメントリンク12853 この記事について | Tweet リンク12853


リンクを辿る: 著作権侵害と巨大メディア

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

「すべては深く互いに絡み合って (intertwingled) いる」というのは、Ted Nelson が 1974 年の作品 "Computer Lib/Dream Machines" の中に書き記した名言だ。ネットワーク化されたハイパーテキストシステムがどのように働くべきかに関する Nelson のアイデアの多く(例えば自動的な双方向リンク、バイト単位でのオーナー権、断片として分配される印税、その他)は一度も実を結ぶことがなかったけれども、時折、すべてが互いに絡み合っている という彼の言葉が際立って真理を突いているという感覚を伴って聞こえてくることがある。[訳者注: Adam Engst は大学生時代、ハイパーテキスト小説の研究を専門分野としていました。]

私が最も最近にそのような体験をしたのは、初めはニューヨーク州 Brooklyn 在住のウェブデザイナー David Sleight のブログ記事を読んだことがきっかけとなった。実はその記事は、人々がなぜ BitTorrent を使って映画やテレビ番組の無許可コピーをダウンロードしているのかという辛辣な指摘に対する、数多くの反応の一つであった。ここは一つ、私にハイパーテキストを通り抜ける道を再構築させて頂いて、皆さんにもぜひ無許可コピーと巨大メディア会社の役割について私の思索が通った道を辿り直してみて頂きたいと思う。

すべては Oatmeal で始まる -- 少なくとも私に関する限り、すべての始まりは漫画サイト Oatmeal に載った一つの漫画だった。作者は Matthew Inman だ。見たことのない人たちのために言い添えておくと、Oatmeal サイトの漫画は時として素晴らしく面白いし、インターネットが始まる前には決して存在し得なかったフォーマットで描かれた漫画の良い一例ともなっている。今回紹介したいこの特定の漫画の中で、Oatmeal の主人公は、George R. R. Martin の未完のファンタジー小説シリーズ "A Song of Ice and Fire" (氷と炎の歌) の第1部、"A Game of Thrones" (七王国の玉座) をたった今読み終えたばかりであった。

この漫画の主人公は、その小説を原作にした HBO のテレビドラマシリーズ "Game of Thrones" を観たいと思い、それを探し始める。MacBook Pro を使って、最初に Netflix を調べてみる。Netflix で「DVD や Blu-ray の発売日未定」と出たのを見て、彼の肩に乗っている小さな赤い悪魔が、海賊版をコピーしろとささやく。すると彼のもう片方の肩の上に小さな青い天使が現われて、海賊行為はいけないよと説き聞かせる。そこで主人公は正しいことをしようとして、商業的サービスを通して観ようと試みる。最初は iTunes、次に Amazon、その次に Hulu Plus、どこを探してもない。ドラマが HBO のウェブサイトから視聴可能であることは分かったけれど、それが観られるのは HBO のケーブルテレビをフル契約している顧客だけだ。このドラマのみを観ることはできない。そして彼は結局、ドラマを BitTorrent からダウンロードしてしまうのだ。(この漫画が描かれたのは数週間前のことであって、現在 "Game of Thrones" は iTunes Store からも Amazon からも入手可能となっている。)

要点はこうだ。巨大メディア会社が顧客を失っているのは、ビデオが販売されているやり方と、人々がそれを消費したいと思っているやり方との間に、基本的な市場の断絶があるからだ。そのことは、きちんとした商業的取引が行なわれるべきだという事実が合意されていたとしても、やはり現実的に成り立つ。

Andy Ihnatko と、大人の事実と、番組録画 -- 我らが比類なき友人の Andy Ihnatko もこれと同じ意識の地点に到達したのだが、彼はまたこの機会を利用して、ある「シンプルな、大人の事実」に光を当てることにした。すなわち、もしも何かのものが何らかの理由で入手できないという理由であなたがそれを torrent するとしても(そう、テレビ局も映画制作会社も、そうした理由を現にたくさん作り出している)それでもそのものが後日入手可能となれば、あなたはそれを何らかの形で購入するべきなのだ。そうしなければ「あなたは見つかりさえしなければ盗む方がいいじゃないかと考える連中と同じになってしまう」と彼は説明する。

ちょっと厳しい言葉に聞こえるかもしれないが、時間に基づいて人工的に生じた欠乏状態を利用するビジネスモデルに対して我々がどう関わるべきかという問題について、Andy の主張は興味深い疑問を提起している。"Game of Thrones" が iTunes、Amazon Instant Video、あるいは DVD などのどこかで購入できるようになり次第あなたがそれを購入するのならば、それが出る二週間前にあなたがそれを torrent するのは容認され得るのだろうか? あるいは、ケーブルテレビで最初の数回を見逃したテレビ番組が、オンラインの購読サービスからは入手できなかった場合はどうか? 放送済みの番組の第2シーズンが、いずれはあなたが持っている Netflix 購読で観られるようになるだろうけれども、まだそうなっていない場合はどうか?

こういった疑問を考えれば考えるほど、私の脳裏には 1984 年のあの影響力の大きかった「ベータマックス訴訟 (Betamax case)」(Sony Corp. of America 対 Universal City Studios, Inc. の裁判事件) のことが浮かんでくる。長年にわたる激しい裁判の結果、米国連邦最高裁判所は、あとで観る目的のためにテレビ番組を個人が個別に録画することは公正使用に当たり著作権侵害の適用からは除外されるという判決を下した。この裁判の及ぼした影響については、さまざまのデバイスやサービスとの関係で、著作権侵害の使用をするものについても侵害しない使用をするものについても、その後大きな論議を呼んだが、私がより興味深いと思うのはその判決がテレビ番組の録画が公正使用であると明確に定めている点だ:

従って問題は、Betamax が商業的に重大であり著作権侵害に当たらない使用をできる能力があるかどうかという点にある。Betamax の潜在的使用法の一つは、どのように理解されようとも、明白にこの基準を満たす。すなわち、プライベートな、商業的でない家庭内での番組録画だ。その理由は、(A) 他の著作権保持者がその者たちのプログラムのために権利を付与することを妨げる権利を被告が持っていないからであり、また (B) 連邦地方裁判所の事実認定によれば被告のプログラムの許可されていない家庭内の番組録画でさえも合法的な公正使用に当たるからである。

また次の個所もある:

著作権を取得したオーディオビジュアルな作品をテレビ放送することの特質を考察するとき、また番組録画をすることは視聴者が完全に無料でそれを観るよう招かれた作品をただ単に観られるようにしているのみであることを考慮するとき、作品が丸ごと複製されたという事実は公正使用であるかどうかの判断に対して通常と同等の影響を及ぼさなくなる。

だから問題は、ほとんどあらゆるものがいずれかの時点では入手可能となり、かつコピーの作成がビデオ録画機にプログラムを組むよりもはるかに簡単にできるようになった現在のデジタル世界において、「番組録画」が何を意味するのか、という点に行き着く。私はまだその答を出せてはいないが、これはとても興味深い一連の思考の脈略であると思う。あなたがケーブルテレビの契約をしていれば、それは、あなたが料金を支払った契約期間の間に一度でも放送された番組ことごとくすべてを、いつでも好きな時に、観る権利を与えてくれているのだろうか? Netflix の購読契約ならば、確かにあなたが料金を払っている期間中 Netflix が揃えているすべてのものをあなたは観ることができる。

正しいことと、実際的なこと -- Instapaper で有名な Marco Arment が、Andy の「シンプルな、大人の事実」に反応しつつ、次に話に入って来た。面白い例え話として、彼はトイレのデザインが悪かったためにペーパータオルが部屋の反対側にあるゴミ箱の中でなくドアの近くの床一面に投げ散らかされてしまう様子から語り始めた。Marco は、Andy の言うことが正しいのは認めた。つまり、観たいビデオコンテンツが正規に入手できるようになるまで待つか、または入手できるようになり次第その料金を支払うかするのが「正しい」ことであるのは間違いない。

けれども、理屈より現実を重視する実用主義者たる Marco は、「正しい」ことをいくら指摘しても人々がテレビ番組や映画の無許可コピーをダウンロードする問題の解決にはならないと考える。彼はあからさまに言わないけれども、その理由は、現に今までそうなっていないからだ。人工的な欠乏状態を消し去ることのできるツールがあまりにも簡単に入手できる以上、人工的な欠乏状態に基づいたビジネスモデルに社会全体が順応することなどあり得ないだろう。

Marco が感覚的に捉えている唯一の解決策は、人々が欲しがるものを、人々が欲しがる時に、公正な価格で、合法的に、人々が手に入れられるための方策を用意することだ。それは大体において、音楽の世界で実際に起こったことだ。それは当初は iTunes Store によるところが大きく、現在では Pandora や Spotify などそれに似た代替方法も登場しているからだ。確かに今でも音楽のコピーは行なわれているけれども、合法的なアウトレットと同等に、あるいはよりよく知られた Napster 風のサービスは今はもうない。

広告とは、番組の中断のようなものか? -- ビジネスモデルの話のついでに、広告についても考えておこう。ウェブデザイナーの Jeremy Keith が、広告もまた過去に機能したモデルの一つだと素早く指摘した。過去には、人々は選択の余地を持たなかった。テレビ番組では、広告を見ざるを得なかった。広告をスキップしたり、その他広告を見ないで済む方法がなかったからだ。けれども今日のインターネットでは、広告をまるでネットワークの中断であるかのように見なすこともできるようになり、BitTorrent を利用して完全に広告なしで済ますことさえできるようになった。

私の子供時代は電波で放送されるテレビの時代だったので、私はケーブルテレビにも広告があるのが不思議でならなかった。結局のところ、ケーブルテレビはサービスに料金を払って観ているのではないのか? それと同じ混乱が今また再現したのは、今や私たちは iTunes、Netflix、Amazon Instant Video などで、料金を払って、広告なしでテレビ番組を観られるからだ。ケーブルテレビの料金は Netflix よりもずっと高い。それなのに私たちはそのサービスと、広告を見せられている私たちの時間の双方のために料金を払わなければならない。確かに、Netflix には最新の番組や、スポーツ、ニュースなどはない。でも、私はケーブルテレビを使っていた頃にも結局そういう番組は全然見なかった。だから、私はずっと安い料金を Netflix に払って しかも 広告なしで済む方がずっと好きだ。

これを読んでいる皆さんはきっと、広告の持つ商業的得失について理解しておられるだろう。けれどもここで紹介したい Patrick Rhone の素晴らしい逸話は、このインターネットビデオの時代に広告というものがいかに人工的かつ強制されたものに感じられるかを見事に浮き彫りにしている。彼の家族は私の家族に似ている。つまり、観るものはすべて、Netflix あるいはその他のストリーミングサービスからオンラインで観ているのだ。けれども彼には 4 歳になる娘がいて、彼が語るのは旅行先で初めてケーブルテレビで映画を観た際に生まれて初めて広告に遭遇した娘がどれだけ混乱したか(「ねえパパ、テレビが壊れたの?」)というものだ。また、ホテルの中で映画館のみで観られる映画の商業広告を目にした際にも彼は娘の混乱の目撃者となった。彼の解決策は? iPad 上の Netflix アプリで、ホテルの無料 Wi-Fi 経由のストリーミングを使ったのだった。

要するに、世界は変わりつつある。その中で育った者たちは、ものごとの働きについて異なった期待を持っている。そのこと自体は、別に今に始まったことではない。その昔の 1995 年、エコノミスト Brad De Long は 5 歳と 2 歳の二人の子供たちを連れてカリフォルニア大学古生物学博物館を訪れ、オンラインの博物館の方が実際の博物館よりもずっと素晴らしいことを発見した体験を見事な記事にまとめている。(1995 年 8 月 21 日の記事“存在論の崩壊、あるいはヘルプ・システムごっこ”参照。)(同じことが現在も言えるかどうかは分からない。ここは研究目的の博物館であって、一般に開放されたものではないからだ。)

22 歳となった Brad の息子が、現実と仮想の間の障壁がますます曖昧になりつつあるこの世界で成長した今、どんな方法で世界を見ているのであろうか、と私は思わずにいられない。次なる大きな変化、コンシューマたちの挙動が、ますます根拠の薄弱となる人工的な欠乏状態の上に築かれたビジネスモデルによって阻まれる、そういう動きはすでに大きく進行中だ。巨大メディア会社たちは、Patrick Rhone の娘が 22 歳となる時までに彼女を顧客に取り込みたいと思うのならば、もはやこの新しい現実に自らを順応させるほかない。そうしなければ、彼女は別のルートを辿ってその現実に手を届かせようとするだろう。

巨大メディア会社に戻ると -- そしてそれこそが、私をこの思索の道へと導いたそもそもの出発点の記事、映画やテレビ番組の無許可コピーをダウンロードしている人たちは基本的に順番を待ちくたびれた顧客であって、問題のコンテンツを欲しいという意思を表明した人々にほかならないのだ、という David Sleight によるコメントへと立ち戻らせる。

彼のコメントは巨大メディア会社の内部で時を過ごした彼自身の体験に基づいている。彼は、メディア会社がすべてを既存の内部的システムの中へと押し込もうとするのを止め、デバイスの種類やアクセスの形式などによる「サイロの中」へ顧客たちを切り分けようという考えを捨て、見かけ倒しの前提に基づく海賊行為の件数を騒ぎ立てることを控え、広告ではなくもっとコンテンツに基づいた収益モデルを構築するようにするべきだ、と提言する。幸いにも、彼によればメディア会社の重役たちの多くが個人的に彼の提言に賛意を表明しているという。だから、運が良ければ、今後その方向に動き出す会社も多くなるかもしれない。

そうなれば、私たちもインターネット上で興味深い議論を読んだり、自らの修辞学的技術を磨いたりするのを止めて、テレビでぐうたらと時間を過ごすことができるようになるだろう。おいおいちょっと待てよ!

コメントリンク12846 この記事について | Tweet リンク12846


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2012 年 3 月 12 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Safari 5.1.4 -- Apple が Mac OS X 10.7 Lion 用と 10.6 Snow Leopard 用に Safari 5.1.4をリリースした。数多くのメンテナンス項目に対処が施されたが、新機能は追加されていない。いずれのバージョンにおいても、今回のアップデートはネットワーク構成変更後に検索フィールドに入力したときのレスポンスを改善し、Safari ウインドウを切り替えたときにウェブページが白く点滅する問題に対処し、USPS (米国郵政公社) 送付ラベルおよび埋め込み PDF をプリントできない問題に対処し、ウェブページから保存した PDF 内のリンクを保持し、HTML5 ビデオの視聴時に画面が暗くなる問題を修正し、通常プラウズ時に設定されたクッキーがプライベートブラウズ使用中にも使用可能となるようにし、「すべての Web サイトデータを削除」ボタンを押した後に一部のデータが残る問題を修正している。さらに、いずれのバージョンも「安定性、互換性、および拡張を使用中の起動時間を改善」しており、数多くのセキュリティの修正も含んでいる。Lion バージョンについては、JavaScript のパフォーマンス改善を約束するとともに、ジェスチャーによる拡大・縮小の使用後に生じた Flash コンテンツの表示の問題を修正している。Snow Leopard バージョンは、PDF であるウェブページ上のコンテクストメニューを修正している。Snow Leopard バージョンはインストール後に再起動を必要とするが、Lion 下のアップデートの後には再起動は必要でない。(ソフトウェア・アップデート経由で無料、Lion 用は 44.7 MB、Snow Leopard 用は 47.5 MB)

Safari 5.1.4 へのコメントリンク:

iTunes 10.6 -- 新型 Apple TV に追加された 1080p の高解像度機能を反映して(2012 年 3 月 7 日の記事“第三世代 Apple TV、1080p ビデオに対応”参照)Apple はiTunes をバージョン 10.6 に上げ、iTunes Store から入手した 1080p の映画やテレビ番組を再生できるようにした。今回のリリースではまた iTunes Match のいくつかの側面を機能向上させている。具体的には、曲のマッチング機能、アルバムアートワークのダウンロードと表示、iCloud からの再生時に曲がスキップされる問題の解決などだ。最後にもう一つ、AppleInsider によれば iTunes 10.6 では iOS デバイスからコピーしてきたオーディオをダウンコンバートする際のビットレートが選べるようになったという。(無料、新規ダウンロードは 126 MB、ソフトウェア・アップデートからならば 81.4 MB)

iTunes 10.6 へのコメントリンク:

iBooks Author 1.1 -- Apple が iBooks Author 1.1をリリースした。もうすぐ登場する第3世代 iPad に備えた準備として、新しい Retina ディスプレイを活用できる電子ブックを作成する機能に対応した。(2012 年 3 月 7 日の記事“Apple、第3世代の iPad を発表”参照。)今回のリリースには、詳細は不明だがパフォーマンスおよび安定性の改善も含まれている。(Mac App Store から無料、184 MB)

iBooks Author 1.1 へのコメントリンク:

GarageBand '11 6.0.5 -- リリースされたばかりの iOS 用 GarageBand アプリのアップデートにあわせ(2012 年 3 月 7 日の記事“iPhoto が iLife for iOS に加わり、他の Apple アップスもアップデート”参照)Apple は、Mac 用の GarageBand '11 をバージョン 6.0.5 にアップデートした。iOS 用の GarageBand プロジェクトとの互換性をアップデートしたほか、GarageBand Lesson プレビュービデオの再生の問題を解決し、一部のソフトウェア音源で音符が正しくなくなったりまたは動かなくなったりする問題点を修正している。それに加えて、このアップデートでは一般的な互換性や、全体的な安定性とパフォーマンスを改善すると約束している。(Mac App Store からの新規購入は $14.99、ソフトウェア・アップデートまたは Mac App Store から無料アップデート、47.61 MB)

GarageBand '11 6.0.5 へのコメントリンク:

iPhoto '11 9.2.2 -- 提供される変更点はたった一つだけれども、Apple がアップデートした iPhoto '11 9.2.2 は、多くの人たちにとって歓迎すべきリリースだろう。今回のアップデートではあなたの iCloud フォトストリームから個々の写真を削除できるようになった。これで、あなたが iPhone や iPad で誤って撮影してしまった写真(あるいは幼児が Photos アプリに保存してしまった大量のスクリーンショット)を選り分けて取り除く役に立つだろう。これまで、フォトストリームから写真を削除するための唯一の方法は、iCloud のオンラインアカウントの設定をリセットすることによってすべてを iCloud から消すことであった。(Mac App Store から新規購入は $14.99、ソフトウェア・アップデートまたは Mac App Store から無料アップデート、256.9 MB)

iPhoto '11 9.2.2 へのコメントリンク:

DEVONagent Lite, Express, Pro 3.1.2 -- DEVONtechnologies が、同社の調査サポートツール DEVONagent の三つの版 (Lite, Express, Pro) をアップデートした。いずれも、複数の検索エンジンから来た検索結果を抽出し管理するために使える。三つの版はすべて、SEC (U.S. Securities and Exchange Commission, 米国証券取引委員会) プラグインを備えてアップデートされ、フランス語ローカライズを改善し、いくつかのマイナーなインターフェイスの問題点を修正している。Express 版では Thumbnail Gallery スキャナと、サムネイル画像を Thumbshots.com 経由で生成する機能、それにマーケティング用のデフォルトの検索セット(これは 200 以上の Mac 関係およびテクノロジー関係のニュースサイトを網羅する)の改善を追加した。Pro 版では今述べた改善点に加えて、Google Chrome ブックマークへの対応とスクリプトを Toolbar サブフォルダから検索およびブラウザウィンドウのツールバーへ加える機能も追加している。また、電子メールの送信に失敗した場合の代替として Apple Mail を使うことを止め、Support Assistant を改良し、いくつかのマイナーなバグ修正も施している。機能追加、修正点、改善点の完全なリストについては、 Pro 版のリリースノートを見れば三つの版すべてに関するものが載っている。Pro 版は DEVONtechnologies からも Mac App Store からも 入手できるが、 Lite 版Express 版は Mac App Store からのみ入手できる。($49.99/$4.99/無料、無料アップデート、3.2 MB から 26.3 MB)

DEVONagent Lite, Express, Pro 3.1.2 へのコメントリンク:

Adobe Lightroom 4.0 -- 比較的短かった公開ベータ期間を終えて(2012 年 1 月 16 日の記事“Adobe Photoshop Lightroom 4 Public Beta”参照)Adobe が Photoshop Lightroom 4.0 をリリースした。価格が $149 と従来の半額になったプロフェッショナル用写真カタログ・編集アプリケーションの今回のメジャーな新バージョンでは、内蔵のテンプレートを用いてフォトブックを作成する機能を盛り込むとともに、基本的な編集ツールを備えたビデオファイルのネイティブ対応を提供し、Flickr や Facebook にビデオを直接アップロードできるようにしている。その他の新機能としては、ハイライトとシャドウの復元の際にダイナミックレンジを最大化できるようにしたコントロールの調整や、ジオタグ付きの写真がどこで撮影されたかがビジュアルに概観できるマップモジュールなどがある。公開ベータ版以後に施された変更もいくつかあり、主なものとしてはマップモジュールにおける逆ジオコーディング、フォトブックの最大ページ数を 240 ページに拡大、静止画とビデオ双方で Develop ツールのプリセットをアップデート、800 件以上のバグ修正、などがある。(新規購入 $149、アップグレード $79、学生向けおよび教師向けは $79、384 MB、リリースノート)

Adobe Lightroom 4.0 へのコメントリンク:

Parallels Desktop 7.0.15055 -- 数字だけを見ればメジャーなリリースではないけれども、バージョン 7.0.15055 の Parallels Desktop 仮想化ソフトウェアは 2012 年のメジャーなオペレーティングシステムリリースのうち二つを探索できる準備を整えてくれる。このアップデートでは OS X 10.8 Mountain Lion Developer Preview への対応が実験的にもたらされ、これをホストとしてもゲストとしても使えるようになる。また Microsoft's Windows 8 Consumer Preview にも対応した。それから、Parallels Consumer Tech Blog によれば 、このリリースにおいては Parallels Wizard を用いて Windows 8 Consumer Preview をダウンロードしインストールすることもできるようになり、さらに Parallels Mobile を用いて遠隔から Windows 8 仮想マシンにアクセスしコントロールできるようにもなった。(新規購入 $79.99、アップグレード $49.99、学生用エディション $39.99、無料アップデート、304 MB)

Parallels Desktop 7.0.15055 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2012 年 3 月 12 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週の iPad 発表に関係したいろいろな記事を、今週の ExtraBITS ではお薦めすることにしたい。まず MacJury と Tech Night Owl Live のポッドキャストがある。それから新しい iPhoto アプリを使って iOS デバイス間で写真を転送するためのヒントがある。Glenn Fleishman は 4G LTE が何を意味するかを説明する。さて、トラブルに関係したニュースとしては、どうやらクレジットカード各社が PayPal に圧力をかけて、みだらな電子ブックを販売していると目される出版社から支払いサービスを引き上げさせようとしているらしい。

TidBITS スタッフが MacJury で新しい iPad を議論 -- Apple の製品発表の最中も私たちはたいていオンラインでチャットを続けているし、最近発表された第3世代の iPad についても例外ではなかった。けれども今回は、私たちの多くが事後に Chuck Joiner の司会する MacJury ポッドキャストに再集結して、iPad 3 で新しくなった Retina ディスプレイ、新しいカメラ、音声認識、その他の機能のもたらすインパクトについて話し合った。そしてもちろん、私たちの意見が全員一致することはないので、どうぞこれを聴いて、個々人の議論や意見に耳を傾けて頂きたい。

コメントリンク: 12855

Adam、Tech Night Owl Live で iPad 3 を議論 -- これもまた引き続き第3世代の iPad に関するもので、Adam が Gene Steinberg の司会する Tech Night Owl Live ポッドキャストにゲスト出演した。Adam と Gene はこの新しいデバイスの技術仕様についてかなり議論したが、それでも新しい iPad のこの名前(というより新しい名前でないこと)がやはり何度も話題に上った。

コメントリンク: 12862

BiPhoto を使って iOS デバイス間で写真を転送 -- Steve Sande が TUAW にて、Apple の新しい iPhoto アプリを使って iOS デバイスどうしの間で写真を送り合う方法を説明する。これは素敵な機能だけれど、接続の両側ともに iPhoto が存在していることが必須となる。いったいなぜ Apple はこの機能を iOS 内蔵の Photos (写真) アプリに組み込んで誰でも使えるようにしなかったのだろうか?

コメントリンク: 12854

4G LTE はより良いサービスのより高速での提供を意味する -- Macworld にて、Glenn Fleishman が第3世代 iPad で使えるようになる 4G LTE モバイルブロードバンドサービスの裏表について説明する。LTE は確かに以前より高速だが、それと同時にまた首尾一貫し信頼できるインターネット接続を提供するという面においても以前より良くなる。

コメントリンク: 12847

クレジットカード会社が電子ブック出版社を検閲するよう PayPal に圧力 -- TechDirt から、最近のインターネット検閲に関するしっかりした記事が出た。クレジットカード各社が PayPal に圧力をかけて、そのテーマがみだらなものと見られるかもしれないタイトルを販売中の電子ブック出版社 Smashwords に販売を止めさせようとしているという。簡単に言えば、こういうやり方は間違っている。どのような言論が容認可能であるかの決定者として、いったい誰がクレジットカード会社を選任したというのだ?

コメントリンク: 12838


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2012 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2012年 3月 16日 金曜日, S. HOSOKAWA