TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1154/17-Dec-2012

これが 2012 年の最終号となるので、今週はホリデーの贈り物としてたくさんの読み物をお届けしたい。これから三週間、どうぞこれらを読みつつ知識を得たり楽しんだりして頂きたい。既に何でも持っている Mac ユーザーへのギフトを間際になって探している方には、たぶんその人も昔懐かしのビデオゲームの Mac 互換版が GOG.com から出たことをご存じないだろう、と Jeff Porten が語る。Josh Centers は、Mac のカメラを利用して iTunes ギフトカードを使う方法を説明する。また、私たちスタッフの最新の円卓会議で iTunes 11 について、およびアンチウイルス用アプリの正確度について議論したものの録画(オーディオおよびビデオ)がある。iOS 世界の話題としては、Adam Engst が新しく登場した Google Maps アプリを Apple の Maps アプリと比較し、Glenn Fleishman が iOS 用 1Password 4 をレビューし、Josh Centers が新しい Dropbox iOS アプリを手早く概観し、Michael Cohen が iBooks 3 において電子ブックのアップデートがどう扱われるかを解説する。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Dropbox 1.6.5、Lightroom 4.3、iTunes 11.0.1、Sandvox 2.7.3、TextExpander 4.0.4、TinkerTool 4.95、Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.7 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


TidBITS 2012 ホリデー休暇

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今年もここニューヨーク州北部はとても暖かい 12 月だったので、外が寒くて真っ白にならないうちはホリデーシーズンが迫った気がしない。その上私たちはこのところ休みなしで働き続けて、TidBITS の記事を書き綴ったり、TidBITS 会員諸氏の一年目の更新が間違いなく進むよう目を配ったり(2012 年 12 月 17 日の記事“2013 年も TidBITS に皆さんの援助を: あなたも TidBITS 会員に”参照)Take Control Live のオンラインビデオ実験をスタートさせたり(2012 年 11 月 29 日の記事“""Take Control Live: Working with Your iPad" をご紹介”参照)で忙しかった。それでもホリデーを祝う時期は近づき、年の終わりも目前に迫ったので、今週号が TidBITS の 2012 年最終号となる。

全体的に見て、2012 年は私たちにとって良い年であった。数千人の TidBITS 会員の皆さんの援助に支えられて、コミュニティーに支えられたコンテンツという考えが小規模出版でも本当に実現可能だということが皆さんのお陰で実証できた。それにもちろん、長年にわたって私たちの財源の核となる部分を提供して下さっている企業スポンサー、特に現在の長期スポンサーである Bare Bones SoftwareCrashPlanSmile, and ScanSnap の各社には、特に大きな感謝を申し上げたい。

Tonya と私は Glenn Fleishman、Jeff Carlson、Joe Kissell、Matt Neuburg、Michael Cohen、Agen Schmitz、Rich Mogull、Mark Anbinder、それから多くの Take Control 著者たちや編集者たちの非常に有能かつ好意に満ちた尽力にも心から感謝している。電子メールや iMessage のテキストのみの会話や、Skype の通話に加えて、今年は定期的に Google+ に集まって語り合うことができるようになったのも良かった。1 月後半の Macworld/iWorld では皆で集まれるのを楽しみにしている。

それから、一年を通して TidBITS に記事を寄稿して下さったライター諸氏や、オランダ語日本語で TidBITS を利用できるようにして下さる疲れ知らずのボランティアの翻訳者の皆さん、記事にコメントを書いたり TidBITS Talk に投稿したりして下さる方々、そして貴重な時間を費やして私たちの文章を読んで下さる読者の皆さんにも、大きな大きな感謝を捧げたい。

ありがとう、皆さん、そして、お一人お一人の願いがすべて叶いますように。

私たちの慣習通り、年の最後の二週間は電子メール版の号を休刊とさせて頂く。その間、私たちスタッフの面々は家族や友人と時間を共にしたり、過ぎた一年を思い返したり、少し体を休めたり、Apple やその他のテクノロジー業界が 2013 年にはどんな興奮を私たちのために用意してくれるのか楽しみにしたりして過ごしたい。

私たちの多くはこれからの数週間の大部分をオフラインで過ごすことになるだろうけれども、ぜひとも時々は TidBITS ウェブサイトを訪れたり、あなたの iOS デバイス上の無料の TidBITS News アプリ で記事を読んだり、あるいは RSSTwitter、または Facebook のフィードを購読してニュースや ExtraBITS リンク、監視リスト項目、その他私たちが休暇の間もポストしたい誘惑に勝てない記事に目を通したりして頂きたい。TidBITS Talk の議論も続けるが、いつもよりはゆったりとしたペースになるだろう。次号の電子メール版 TidBITS は 2013 年 1 月 7 日に発行の予定だ。その時まで、ごきげんよう!

コメントリンク13469 この記事について | Tweet リンク13469


Apple、ホリデー用に iTunes ギフトカードの扱いを改善

  文: Josh Centers: josh@joshcenters.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple ファンなら誰でも、iTunes ギフトカードは素晴らしいクリスマスプレゼントになるだろう。これは iTunes Store で音楽やビデオを買うためにも、App Store や Mac App Store でアプリを買うためにも、また iBookstore で本を買うためにも使えるからだ。今回、ちょうどホリデーシーズンに合わせて、Apple はこのギフトカードに関する二つの改善を施してくれた。[訳者注: この記事の内容は米国におけるものです。]

まず第一に、これはもはやスクラッチカードではない。シールを剥がせばそこに隠れていた引き換えコードが見えるようになる。もう、コードを見るためだけに小銭を探す必要はなくなった。

image

第二に、シールを剥がすようになったのはありがたいことだが、iTunes 11 と、カメラを内蔵した Mac がある場合は、もはや手でコードを入力する必要さえなくなった。iTunes 11 で、右上にある iTunes Store ボタンをクリックし、必要ならば家の絵のボタンをクリックして iTunes Store のメインスクリーンに行き、Quick Links の下にある Redeem をクリックし、iTunes アカウントにサインインして、Use Camera ボタンをクリックすればよい。(iTunes は Adam Engst の Mac Pro ではこのボタンを表示しなかったという。おそらく、彼の Logitech C910 のようなサードパーティ製のカメラは認識されないのだろう。)そしてカメラの前にカードの引き換えコードを示せば、iTunes がすぐにコードを認識するはずだ。

image

これがうまく行くところを見るためだけに iTunes ギフトカードを購入してもいいと思えるくらいだ。これは小さな変更だけれども、長い文字列を手でタイプせずに済むので、ギフトカードの換金の体験をものすごく快適にしてくれるのだから。

image

コメントリンク13449 この記事について | Tweet リンク13449


VidBITS: iTunes 11、アンチウイルスアプリの比較

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iTunes 11 が引き続き私たちの思索の多くの部分を占めている。それは、皆さんから寄せられた多くのコメントや電子メールによるところが大きい。そこで、私たちは今回の 45 分間のスタッフ円卓会議 の話題として、そもそもどうしてこれほど iTunes 11 が重要なのかの議論をすることにした。Michael Cohen が、iTunes 11 は実際ある種のメタ・オペレーティングシステムであるという的を得た意見を述べ、そのためこれがユーザーインターフェイスの実験(および失敗!)の豊かな場となっていると論じた。Matt Neuburg は、iTunes 11 のインターフェイスが iOS 用の新しい Remote アプリとほとんど同一だと指摘してから、Apple がすべてのインターフェイスを iOS に近づけようとしているのだと述べてちょっとした口論のきっかけを作った。その他話題になった論点としては、クラシック音楽のファンが直面するいくつかの問題、どこにいても音楽に戻れる Command-1 と Command-L のトリック、View Options を使って Albums 表示を並べ替える方法、楽曲のセットを家族の中で共有するための明快なやり方が依然として欠落していること、などがある。

その次に、最近さまざまのメディアで取り上げられた、アンチウイルスアプリにより正確度がまちまちであるという報告を受けて、いろいろのアプリがウイルスを判定するために違ったテクニックを使っていることについて、そのためウイルスの判定が良かったり悪かったりする理由について、Rich Mogull が私たちに解説をしてくれた。現在でもまだ、Mac 上では Windows 上ほど大問題ではない。Rich によれば、Windows 上では毎日 65,000 の新しいウイルスが登場しているという報告もあるという。けれども最も興味深かったのは、サイバー犯罪の暗い世界に対する Rich の洞察だ。かの裏世界では、いくつもの会社がウイルス作成ツールキットを提供して毎日 24 時間のサポートをするとともに、新たなウイルスをリリース前にすべての既存のアンチウイルスプログラムでテストできるサイトも提供しているという。Rich はまた、自ら「マネー・ミュール」と偽って求人に応募して潜入し、最後は DEF CON セキュリティ・カンファレンスの壇上から彼の雇い主に電話をかけるに至った体験も語った。

ビデオを観なければ分からないビジュアルな冗談もいくつかあるが、基本的にオーディオのみのバージョンを聴けば重要な点を見逃すことはない。(英語版ウェブページの)一番上にある Listen リンクをクリックすればオーディオ版が聴けるし、 TidBITS ポッドキャストを購読すれば通勤中やエクササイズをしながらゆっくり聴くこともできる。

コメントリンク13468 この記事について | Tweet リンク13468


iOS 用 Dropbox、写真映えが向上

  文: Josh Centers: josh@joshcenters.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Dropbox は、フリーミアムの(無料で、追加サービスには課金する)クラウドストレージおよび同期のサービスだが、無料の iOS 用 Dropbox アプリのバージョン 2.0 をリリースして、フレッシュな新デザイン、より手軽な写真のブラウズ、特定のフォルダにファイルをアップロードする機能などを組み込んだ。新しいデザインとなったこのアプリには、新しい最小主義的なアイコンと洗練されたインターフェイスが盛り込まれている。

image

今回最も目立つ新機能は Photos タブだ。このタブではあなたが Dropbox に保存しているすべての写真を一覧したり、フルスクリーンモードでフリックして次々に見たりでき、いろいろなフォルダを探し回る必要は一切無い。もしもあなたの iOS デバイス上のストレージ容量が窮屈なら、この機能がとりわけありがたいだろう。あなたの写真ライブラリの少なくとも一部分をクラウド上に置いておくことが、この機能を使えばずっと楽になるからだ。

image

コメントリンク13460 この記事について | Tweet リンク13460


2013 年も TidBITS に皆さんの援助を: あなたも TidBITS 会員に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

過去 22 年以上にわたって、読者の皆さんは TidBITS を巡るコミュニティーを築く力となって下さった。そのお陰で、私たちはテクノロジー業界の浮き沈みを乗り越えて今日まで生き長らえ、連続的に運営し続けている最も古いインターネットのみの出版となることができた。(これは本当だ! 以前記録保持者であった Irish Emigrant News の善き人たちは、2012 年 2 月に引退された。)TidBITS がこれだけ長い間続くことができたとしても、それは必ずしも今後もずっと継続可能なレールの上に乗っているわけではなかった。そこで私たちは去年、TidBITS 会員プログラム というものを新たに始めて、読者の皆さん、つまり TidBITS コミュニティーのメンバーたる皆さんが、直接私たちを財政的に支えて下さることのできる仕組みを作った。(2011 年 12 月 12 日の記事“TidBITS 会員になって TidBITS をサポートしよう”参照。)

単刀直入に感謝を述べてしまうと、この TidBITS 会員プログラム は 2012 年の一年間を通じて私たちがウェブサイトに新たな記事を出しあなたのメールボックスに毎週の号をお届けできるための非常に大きな助けとなった。多くのテクノロジー系出版と異なり、私たちの場合は大会社が背後から支えてくれるということがないので、会員プログラムを通じて寄せられた1ドル1ドルが、私たちにとって実際に大きな力となった。ウェブサイトをオンラインに保ち続け、スタッフのライターたちにお金を払い、外部の声を取り入れ、毎週の号を作成し、個々の読者を助けるために多くの時間を費やすこともできた。

でも、祝ってばかりはいられない。この一年間は会員からの収入でやって行くことができたけれども、さらに多くのものを執筆したりサイトの開発を進めたり、さらには TidBITS Presentsなど新たな試みも実現させたりするためには、私たちがこの道を今後も進んで行けるための継続的な財源が必要となる。昨年の 12 月に会員となって下さった初期からの支持者の皆さんの許には、更新をお願いする電子メールがそろそろ届き始めているはずだし、手動の更新を選んだ人や、確認付きの自動更新を選んだ人には eSellerate からお知らせのメールも届いていることと思う。更新してさらにあと一年会員となって下さる方々には、引き続きの援助に厚く御礼申し上げたい!(もっと後の 2012 年になってから会員になって下さった方々にも、御礼申し上げたい。そういう皆さんは今すぐには何もして下さる必要はない。一年の更新の時期が来れば、その時にお知らせさせて頂くことになる。)

この一年間はまだ TidBITS 会員に加わっていないという皆さんには、どうかあなたがたの援助もお願いしたい。現在のところ、会員プログラムは力になっているとはいえ、人数は毎週電子メールで TidBITS を受け取っている人数の 10 パーセントにも満たない。もちろんそこには私たちのウェブサイトで記事を読んでいる大勢の方々は勘定に入っていない。100 パーセントの方々が参加して下さるとは思っていないが、愛読して下さる方々の中でお金を出してもよいと思われる方が 10 パーセントよりは多くてもよいのではないかという気がする。会員には、数々の特典がある。主なものを挙げれば:

サポートのレベルは五つの異なったものから選べる: $20, $50, $100, $250, そして $1000 だ。最初の四つのレベルはデフォルトで手動の更新となるが、自動更新のオプションを選ぶこともできる。$1000 のレベルは終身会員資格であって、サンフランシスコの Macworld/iWorld で出席しているスタッフたちと、または Ithaca においでの場合は私と Tonya と一緒に、素敵なディナーが一回付いてくる。本当の話だ。伝統の皮切りとして、昨年私たちは終身会員の一人と素晴らしいディナーの時を楽しんだ。

あなたががそう望んだ場合、あなたが会員であることを私たちのサイトの TidBITS Members リストに載せ、あなたのコメントの横にクールな林檎アイコンを付けることができる。あなたの Account Info ページで、リストに載せるかどうか、あなたの名前、オプションで URL、を指定できる。

そういうわけで、もしもあなたが TidBITS を価値あるものと思って下さるなら、あるいはもしもあなたが私たちのスタッフメンバーの誰かに尋ねて個人的に助けを得たことがあるならば、どうかあなたも TidBITS 会員になって、私たちが今後も出版を続け、あなたが毎週読むのに慣れ親しんだ種類の記事を引き続きお届けできるための援助をして下さるようにお願いしたい。不滅の感謝の念をお送りしたいし、それよりもっと大切なこととして、あなたが読んだ記事のすべてが、その一部をあなた自身の寛大さによって支えられているという実感を持って頂けるようになるだろう。どうかよろしくお願いします!

TidBITS 2012 年のデータ -- TidBITS 会員プログラムがそのスタート以来私たちに何を実現させてきたかの感じを掴んで頂くため、加えて会員の特典でどんな数字が出ているかの実例もいくつか添えて、TidBITS 2012 年の(更新が始まる直前に撮ったスナップショットに基づく)データを列記してみよう!

コメントリンク13467 この記事について | Tweet リンク13467


版の更新は iBooks 3 ではどの様に働くのか

  文: Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com
  6 comments
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

数か月前に Apple が iBooks 3 をリリースした時 ("Apple、iBooks 3.0 と iBooks Author 2.0 をリリース" 24 October 2012 参照)、Apple が取り入れたと言っていた新機能の一つは、iBookstore から購入した本が新しいコンテンツにアップデートされた時の無料の本のアップデートであった。その当時、我々にはこれがどの様に働くのか良く分からなかったが (そして事実 iBookstore のバックエンドが対応する様アップデートされたのは iBooks 3 が現れてから数週間後であった)、今ではこれが実際に働くのを見ることが出来る様になった。

あなたの iOS 機器上の iBooks ライブラリにある購入済みの本に対するアップデートが出されると、このアプリの本棚にある Store ボタンにバッジが現れる。

image

このボタンをタップすると、いつもの様に、iBookstore のあなたが前回見たストアのページへと連れて行かれる。しかしながら、画面の一番下の Purchased ボタンに重なる様に、入手可能なアップデートの数を示すもう一つのバッジが表示される。

image

そのボタンをタップすると、あなたが購入した本の全リストが表示される (これには iBookstore からの無料の本も含まれる)。その画面の一番上に新しいボタンが現れる:Updates である。

image

最後に、この Updates ボタンをタップすると入手可能なアップデートがある本のリストがそれぞれのアップデートに何が含まれるのかの簡単な説明と共に表示される。アップデートしたい本の側にある Update ボタンをタップするか、或いは、もし一つ以上のアップデートがある場合は Update All ボタンをタップすると、iBooks は該当するアップデートをあなたの iOS 機器にダウンロードする。

image

単純明快であり、iOS 機器上でのアプリアップデートとそう変わらない。しかしながら、必要なタップの回数は思いのほか多い。加えて、プロセスの中にはまだ修正すべき点がいくつか残っている。

最初に、本へのアップデートは iBooks アプリ自身の中でしか得られない。あなたの iOS 機器上に直接、或いは iTunes 内から入手可能であるアプリアップデートと違って、Apple は本をアップデートに対して iTunes オプションは提供していない。本は iTunes の中の iBookstore から買えるのにも拘らずである。

次に、そして我々 Take Control Books にとっては最も重要なのだが、iBookstore にある大多数の本はこの様なやり方でのアップデートを使えないのである。Take Control 本を Apple に提出して iBookstore との折衝で地獄を見てきた Adam Engst の報告によると、アップデートできる本は iBooks Author によって作成されたか、或いは EPUB3 フォーマットを使った本に限定されるというのである。iBookstore にある大多数の本は EPUB2 フォーマットで出来ており、iBooks のアップデートの仕組みを使ってのアップデートは出来ない。ところで、この制限には Take Control の EPUB も含まれる。これらの本は Apple の Pages からエクスポートされたものである - そう、Apple 自身の EPUB エクスポーターが EPUB2 しか生成できないのである。

本をアップデートすると言うのは電子本にとっては歓迎すべき機能であるが、現在その恩恵を受けられるのは極めて限定された範囲であると言うのは恥ずべきことである。現状では、我々 Take Control で我々のタイトルの一つを新しい情報を盛り込んでアップデートすると、そのアップデートを我々は iBookstore に提出することは可能だが、読者がそれを手にすることが出来る唯一の方法は手動で再ダウンロードするしかなく、しかも我々が彼らに直接 (何故ならば彼らは Apple の顧客であって、我々のではない) 或いは iBooks 自身から知らせる手段は無いのである (Apple が EPUB3 に集中しているせいで)。幸いにして、Take Control の読者は何時でも無料のアップデートを Take Control サイトから直接入手することが出来る - そしてそれのメールでの通知も。これが直接我々から買うようお勧めする理由の一つなのである。(Take Control の読者で iBookstore から購入した人でも、手作業にはなるが、我々のサイトに登録して貰えば、アップデートの通知を受け取ることが出来ることを覚えておいて欲しい:Take Control 登録ページを参照のこと。)

コメントリンク13448 この記事について | Tweet リンク13448


古き良きゲームが(あまり良くないものも)Mac に出現

  文: Jeff Porten: jporten@gmail.com
  1 comment
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

現実を率直に認めよう。MacBook や iPad の人気が急上昇したにもかかわらず、未だに Gil Amelio のいた 1997 年の時代に戻りたいと思っている Mac ユーザーたちのコミュニティーが一つある。それは、哀れなる Mac ゲームファンたちだ。そんな彼らが(この記事を書いている時点で)Mac App Store の有料ゲームランキングのトップに押し出したのが、 RollerCoasterTycoon 3 の新規リリースだ。新規といっても、Mac ユーザーにとって新しいだけのことだ。Windows 使いの同胞たちがこのゲームにクリック指を染めたのは、ちょっと待って... そう、2004 年のことだった。Batman: Arkham City? をプレイしてみたい? それならば、Xbox を買うか、あるいは MacBook を Boot Camp 送りにするかする必要がある。なぜなら、Batman ファンなら誰でも知っているように、 奈落の底を覗き込めば、その一番どん底に Mac ユーザーがいるからだ。少なくとも、「ノラ猫」キャットウーマンが私たちを救いに来てくれるまでは。[編集者注: Feral Interactive から Batman: Arkham City が出た。-Adam]

でも、それと同時に、私たち特定の年齢層のゲーマーは、その昔のゲームで遊んでノスタルジアに浸ることのできる最初の大きな波を大歓迎している。今やいつでもその気になれば、iPod touch で Atari's Greatest Hits を起動して、1978 年から 1985 年頃の自分がほとんどの時間を過ごした場所を再び訪れることができる。私の脳の中には、Transmolecular Dot を見つけ出すため専用の神経単位がまだ 5 百万個は生き残っている。それを私の頭から取り除くには、脳外科手術でもしなければ無理だろう。そう、あれは史上初のイースターエッグであり、コンピュータの歴史の一部とも言える。でも、私が人並みはずれて大容量の頭脳を持っている訳ではない。

image

つまり私たち Mac ユーザーも、どれでも好きなゲームをプレイできるようになったらしい。少なくとも、共和党の大統領の政権時代に出されたゲームである限りは。1981 年から 1992 年頃のゲームをプレイしてみたいって? 簡単だ。Bush 大統領の時代のものは? たぶん移植されているだろう。Obama 時代? うむ... それは、彼の 第二期 のうちには出るかも。

今や GOG.com が、そうしたギャップの一つを埋めようとしている。「90 年代を覚えてるかい? あれはいい時代だった」というのが同社のメッセージだ。GOG は元来、"Good Old Games" の略語であった。(いや、ひょっとしたらあの姿の見えない Spider-Man の敵のことかもしれない。)実際、同社のライブラリには古き良きゲームがぎっしりと詰まっている。Mac App Store や Steam と同じように、GOG にもあなたが Mac 用のゲームをダウンロードできる場所が用意されている。ただし、Mac 用のものはまだライブラリ全体の中のほんの一部分に過ぎないが。けれども他の二つとは違って、GOG のゲームのかなり多くの部分はシカゴで投票できる程度に古いものだ。その副作用として、従来 Windows でしかプレイできなかったものが、初めて Mac 用にも手に入るようになった。

同社がどうやってこれを達成したのか、技術的に興味深い。古い Windows ゲームが動作するためには、あらゆる種類の補助物、例えば DirectX、さまざまの DLL プラグイン、それまで持っていたものより常に少しだけ高価なハードウェア、といったものが必要であった。それを回避するために、GOG は Mac のアプリケーションパッケージのシステムを利用して、ゲームに必要なものをすべて .app バンドルの中に包み込んだ。事実上、古めのゲームの GOG アプリの一つ一つは、そのゲーム専用に書かれた非常に小型の旧式 Windows エミュレータだ。同じ方法でどんな Windows アプリケーションでも「ワインボトル」の中に包み込もうとする WINE をいじくった経験から、私は GOG のゲームがそのままでスムーズに動くことに強い感銘を受けた。

次のことは知っておいて頂きたい。古いゲームは、安い。例えば Ultima IV など、無料のものさえある。GOG が出している古いゲームのタイトルの大多数は $5.99 かそれ以下で、そのうちいくつかは実際複数個のゲームを一つのパッケージにまとめたものだ。あなたはひょっとして、1981 年から 1983 年までは Reagan 支持のビラ配りに忙しくて Ultima I, II, III を手に入れ損ねたのでは? あるいはその時代にまだ生まれていなかったのでは? そういうあなたのために、これら三つのゲーム が一つのゲームパックにまとめて $5.99 で売り出されている。(現在は一つ $2.99 での個別売りもしている。)

他方、古いゲームといえばマシンのスペックが博物館品質であることを意味した。ビデオゲームにとって、それは 良い ことではない。1997 年頃のゲーム Postal は Windows 95 か NT (実際は良くない)、16 MB の RAM、90 MHz の CPU、それに 256 色表示可能な 640×480 のディスプレイを要した。言い替えれば、Power Nap から目覚めたばかりのあなたの Mac にとっては相当のストレッチ運動になるということだ。残念ながら、あなたの Mac が 1987 年の IBM PC に比べて億万倍高速だったとしても、だからと言ってゲームのプレイが必ずしも超高速になる訳ではない。それは、そのゲームが現代のハードウェアを最大限に使いこなす方法を「知らない」からだ。

私が試した GOG ゲームはすべて、独立動作の Mac 用アプリだ。インストーラなどない。ただ Applications フォルダの中へドラッグするだけ、その際おそらくそのサイズがたった数メガバイトしかないことに唖然として手が止まることだろう。多くのゲームには付属物も付いている。少なくとも PDF のマニュアルは付いているものが多い。また、補助的書類や図柄などが付属するものもある。(GOG の新作ゲームで私が試したのは Witcher 2 だけだったが、これは親会社の CD Projekt RED が開発したもので価格もちょっと新しい $30 となり、これには完全に場違いな "Playboy 写真集" と、ゲームの女主人公の写真(これは NSFW、つまり職場で開くとまずい代物)とが付属していた。ああ、私が記事を書くと非常に奇妙な具合に Playboy と TidBITS が結び付けられてしまうのはなぜだろうか。)

古めのゲームですぐ気付く(あるいは思い出す)ことがある。当時は「気軽にゲームする」などという概念はなかったのだ。まずはキャラクターを動かすための複雑なキーボードレイアウトを、頭に叩き込まなければならない、そんなゲームをプレイする習慣を私はすっかり失ってしまったが、これらのゲームのほとんどがそういうタイプだ。これらのゲームにマニュアルが付属しているのは、大体において、説明を読まなければプレイできないからだ。私が試したゲームはすべて左クリックと右クリックのアクションを使っているので、MacBook でゲームする場合はマウスを使うか、あるいはトラックパッド上に右クリックを設定しておく必要がある。Control-クリックは働かないし、私は二本指のクリックを器用にこなすには年を取り過ぎている。もちろん本格的なゲーマーや熱心な子供ならあっという間に身に付けてしまうだろうけれど、限られた時間の中で昔懐かしのゲームを試してみたいというのならば、一度に十個も買い込むことは避けた方が良いだろう。

そこで、64 キロバイトの質問だ。古いゲームって楽しいのか?

私の答は、はっきりと両方に分かれている。(しかも高度に主観的なものだ。)640×480 に劣る唯一のものは 640×480 を 1440×900 の 13 インチスクリーンに無理矢理拡大したもの、という問題を回避するのは不可能だ。(実際これは過酷な仕打ちだと思えるし、Retina ディスプレイ上でするのはあり得ないコンピュータ刑罰とさえ言える。)三人称視点のゲーム、例えば FalloutBeneath a Steel Sky などは、見栄えはゴツゴツするけれどもなんとか使える。 SimCity 2000 は、けばけばしいレトロ調の効果を生んでいる。まるで MacBook の中に隠された Mac IIfx イースターエッグを見つけたかのような感じだ。けれども Populous、これは私がずっと以前からプレイしたいと思っていたゲームだが、始めたとたんに私の目は血走り始めた。その一方で、Ultima IV の 320×200 のグラフィックスは昔懐かしいというよりも単に古ぼけて見えた。

image

image

そうは言っても、私は SSD 上のたった 1.5 GB のスペースに八個のゲームを入れている。時々それらをちょいちょいと試してみて、どれかにハマることができるかやってみる、という贅沢ができるからだ。以前私が大好きだった二つのゲーム、Dungeon KeeperSyndicate は、あまりにも古臭い気がして今回は止めておこうと思った。今回私がたちまち夢中になって長い長い時間をかけてプレイしてしまったゲームはたった一つ、Postal だ。これで自分が悪人になったことに、私はかなり確信がある。

コメントリンク13452 この記事について | Tweet リンク13452


1Password 4 for iOS:見直され、改善された

  文: Glenn Fleishman: glenn@tidbits.com, @glennf
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

TidBITS 編集者たちは、パスワードを安全に作成し保存するために色々な方法を使っているが、AgileBits の 1Password は長年に亘って我々の一番のお勧め品の一つであり、私も至る所でこれに頼っている。このプログラムで私が経験した唯一の失望は、これの iOS バージョンは強固さと機能においてデスクトップ版には及ばない事であった。例えば iPad 版は、その最初のリリース以来、発生させたパスワードを呼び出す方法を持ち合わせていなかった。私はこれについて何年も前から文句を言ってきた。そしてバージョンも三つに分かれていた:二つのバージョンは 1Password と呼ばれているが、iPhone/iPod touch 用と iPad 用は別物であり、そして 1Password Pro と呼ばれるものは何にでも使えるがより高額となっている。

AgileBits の 1Password 4 for iOS は私の苦情に対処し、そのモバイル経験を私が Mac の上でこの会社に期待するレベルにまで引き上げている。AgileBits はまた三つあった 1Password バージョンを一つのユニバーサルアプリに纏め、値段は $17.99 となるはずであった。しかしながら、App Store はアップグレードに対して課金することを許していないので、AgileBits はこの新しい 1Password アプリを $7.99 に割引き、既存のユーザーに報いるとともに、新しいユーザーも惹きつけようとしている。

1Password を使っていない人達のために、これの簡単な紹介をしたいと思う。このアプリは、パスワード、ノート、そして Web のログインを保持する安全なデータ保管庫を提供する。更に、"個人情報" (名前、住所、等々)、クレジットカードやその他の口座に基づいた情報、そしてソフトウェアのシリアル番号も保管する。パスワード発生器は、あなたが使用しているサイトに対応できる調整可能なパラメーターで強いパスワードを生成する:英文字と番号だけを使う、14 文字のパスワードを生成する、或いは意味を持たない言葉だが音に出して読めるものを作るなどである。

この新しい iOS バージョンは、iOS 6 を必要とし、デスクトップソフトウェアにより似たものとなっているが、同時に Mac と Windows バージョンが 3 から 4 へと改訂された時どの様になるのかも示唆している。項目の型ごとのタブに代えて (パスワード、個人情報、等々)、このアプリはこれらのカテゴリを一つのリストビューに纏めている。一つのカテゴリを、例えば Secure Notes の様な、タップし、そして項目に目を通していく、或いはそこに蓄えられているテキストを検索することも出来るが、最新版では、All Items オプションをタップして、全てのカテゴリを通して一度に項目に目を通したり、或いは検索したりも出来る。これは大きな改善で、デスクトップソフトウェアの一般検索フィールドに相当する。新しい Favorites ビューには、より手早い参照のためによく使う項目を入れておくことが出来る。このアプリでは、別のビューで、項目をフォルダに整理した形でも見せてくれ、より高いレベルでのソートをさせてくれるオプションとなっている。

image

新しいバージョンの 1Password が一番輝いていると思えるのは、アップデートされた統合 Web ブラウザである。1Password をデスクトップ上で使う時は、パスワードを生成するのも書き込むのも継ぎ目のない一つのプロセスである。サイト上で新しいアカウントを生成する時、私は 1Password を使ってパスワードを生成する。1Password は、パスワードとパスワードの再入力と確認のためのフィールドと推測する所にそれを書き込むことも出来る。私がサイトの Create Account ボタンをクリックすると、1Password はフォームの全ての情報を捕捉しそして私に新しい入力を生成するよう促す。(既存の入力をアップデートする、促されることなく入力を生成する、或いは 1Password がサイトのためのデータを保存することについて二度と尋ねないようにすることも出来る。) この後は、サイトを再度訪れる時、私は 1Password ツールバーアイコンをタップするか、或いはキーボードショートカットを使って 1Password にログインフィールドに自動的に記入させることが出来る。この一連の流れは素晴らしい。

iOS バージョンの 1Password は Safari プラグインを提供できない、何故ならば Apple はブラウザの拡張を許さないからで、1Password は常にサイトにログインするのに使える Web ブラウザを内蔵していたが、それがログインを扱うやり方は弱かった:まずそのサイトの情報が示され、情報の一つ一つを (アカウント名の様な) 個別にコピーするためにタップしなければならず、その上で関連する HTML フォームフィールドをタップ、タップ、そして Paste を選択する。

1Password 4 ではこの要件は排除されている。代わりに、サイトを訪れるためにアプリ内のブラウザを開くか、或いはあなたの Web ログインの一つと共に保存された URL をタップすると、そのサイトに対するログイン、クレジットカードと他のアカウント、そして個人情報を表示するボタンが現れる。その後は、デスクトップバージョンの 1Password でやる様に、これらの項目のどれでもタップすることで使うことが出来る。(このアプリで何もない状態からの Web ログインもさせてくれるが、それらを取り込むことは出来ない。)

image

1Password 4 for iOS はマスターパスワードでデータを保護しており、そのデータは三つのやり方で機器やデスクトップと同期させることが出来る。Dropbox サポートは前からあったが、AgileBits はこれに iCloud と iTunes File Sharing を加えた。そして Dropbox 接続は改善された:Dropbox も iCloud もあなたのデータをあなたのクラウドアカウントに接続するために直接認証のプロセスを使う。(以前の Wi-Fi Sync オプションは取り除かれた。こちらはローカルネットワーク上でデスクトップとモバイルバージョンの間での同期を許可するのに Bonjour を使っていた。)

image

データをクラウドに保存するのは心配だと思われるかもしれないが、1Password の保護は良いパスワードさえ使えば強固さは十分であり (例を挙げれば、12 文字かそれ以上の長さを持ち、辞書に出てくる言葉に似ていないもの)、たとえ Dropbox や iCloud の全体的なセキュリティが破られても、そのファイルを解読する方法は基本的には無い。(もしその様な方法がこの世に存在しているなら、殆どのパスワードで保護されたシステムは危ないということになる。) 勿論、あなたの 1Password パスワードを他の如何なるアプリやサイトで再使用してはいけない! これが何故良くない事かについての更なる詳細については、"Watch TidBITS Presents "Protecting Your Digital Life"" (22 August 2012) を見てほしい。(我々はこのプレゼンテーションに音声のみのオプションも加えた;Listen リンクをクリックすればビデオを見る必要なく音声部分のみを聞くことが出来る。)

これでも確信が持てないと言うのであれば、iTunes File Sharing がクラウド蓄積を補完する代替手段である。このオプションを有効にすると、1Password はそのデータファイルを Apps タブをクリックして File Sharing の部を見て選択した機器で iTunes 経由でアクセス出来るようになる方法で保存する。最新状態にアップデートしておくために、データファイルはデスクトップとモバイルバージョンの間でドラッグして出し入れ出来る。このやり方には人手での介入が必要となるが、データがクラウド保管に同期されることを防ぐことが出来る。(更なる詳細についてはアップデートされた FAQ の iTunes の部を読んで欲しい。)

1Password のデータファイルを iOS バックアップの一部としてバックアップするため File Sharing に頼るのも良い考えである。iOS 機器のバックアップにローカルの iTunes を使っているのであれば、この暗号化された 1Password の保管が如何なる時点でもクラウドに行き着くことは無い。しかしながら、iCloud に依存した iOS バックアップを使っている場合は、このファイルは暗号化された形で iCloud にコピーされる。(Settings > iCloud > Storage & Backup > Manage Storage > あなたの機器を訪問すれば - そして、アプリのリストが短い場合は Show All Apps が必要になる場合も有る - 1Password の iCloud へのバックアップを有効にしたり無効にしたり出来る。)

他にも幾つかのより小さな改善が盛り込まれている。例を挙げれば、パスワードを生成した時に自動的にコピーする、ノートと一緒に保存された添付書類を見る、そして同じ機器を使うかもしれない他人に後で見られないよう一定時間後に iOS クリップボードを消去するなどである。

このプログラムの共有を促進する面白い動きとして、1Password には選択可能なデモモードが含まれていて、Settings ビューの Advanced 項目からこれをオンに出来る。Demo Mode を On に設定して、"demo" をマスターパスワードとして入力すると偽のデータセットが現れ、1Password のユーザーは自分のパスワードを危険に晒すことなくこのアプリを試すことが出来る。

私は 1Password 4 が実質的な改善を手にしたと見ている。以前のリリースでは、やりたいことが出来ることは分かっているがそのために必要なステップの数は多すぎたし、時には回り道を取らねばならず、結構イライラさせられた。この最新のリリースは摩擦を減らし、そしてこのアプリは私のセキュリティワークフローの曖昧さが減ったそしてより滑らかな一部となった。

コメントリンク13451 この記事について | Tweet リンク13451


Apple の Maps と Google Maps を比較する

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

まるで二人の相撲の力士のように、Apple と Google は iOS 用地図サービスの土俵の上で対峙している。まずは Google が上手を取って、Apple の最初の Maps アプリの基盤となる地図データベースを掌握した。けれども非常に大胆な動きで、それは費用が高くつくとともに結局は少々恥ずかしいものとなったのだが、Apple は Google が掴んだ手をかいくぐり、新しい Maps アプリと、その基となる独自の地図用基盤構造を作り上げ、Google Maps をウェブブラウザのウィンドウの中へ追いやってみせた。そして今回、Apple が初代の Maps に盛り込めなかったと公表した機能をすべて提供できる新しい Google Maps アプリを引っ提げて、Google が土俵に戻って来た。

このような関係性の断絶を誰がどのようにして引き起こしたのかを私たちが知ることはおそらくないだろうが、それはさておき現在の iOS ユーザーたちは Apple の Maps アプリと Google Maps アプリのどちらでも好きな方を選べるようになった。それ以外にも GPS ナビゲーションアプリは NavigonMotionXGarmin StreetPilotCoPilotTomTom など多数ある。私が気の毒だと思うのはむしろこれらの各社だ。なぜなら、Apple は Maps を最初から組み込んでいるし、Google Maps は無料なので、両者以外の商用アプリを売り込むには高い障壁がある。有料アプリ(私が一番馴染みがあるのは Navigon だ)の私から見て最も大きな利点は、オフラインの状態でも保存された地図にアクセスできること(Apple の Maps も Google Maps も、地図や道案内の情報を取り寄せるためにセルラーデータ接続に依存している)と、インターフェイスの素敵な点(例えばポッドキャストの再生を無視して重ねてしゃべり出さずポッドキャストを一時停止させたり、暗い背景に明るい文字の夜間モードを提供したりといったこと)だ。

iOS 用の Google Maps はまだ登場したばかりなので、これが実用上のナビゲーションで何か微妙な問題点を持っているかどうか判断するのは早過ぎる。ただ、ウェブブラウザや Android アプリでの Google Maps の挙動と大きく違っているとは考えにくい。Google Maps の背後にあるデータも完璧ではないだろうが、Google はこれまで何年もかけてそのデータに磨きをかけてきた。Apple の方はその地図データベースの品質について初期の批判をさんざん浴びたし、最近になって国立公園の中で誤った道案内のせいで遭難した六人の運転者たちを救助しなければならなかったオーストラリアの警察がこのアプリを使わないようにという警告 を出す事態にまで至っている。(興味深いことに、 同警察はその後 Google のデータベースに関しても同様の警告を出すこととなった。)けれども現実的には、Maps アプリはその利用実例の大多数において十分うまく動作したと考えてよいであろうし、Apple もユーザーたちから報告のあった誤り(例えばそのオーストラリアの大問題)を絶えず修正し、Google がしているのと同様にモニタリングを通じてそのデータに磨きをかけ続けている。

Apple の Maps と Google Maps の見た目がどう違うかを比べる前に、重要な相違点をいくつか挙げておこう。[訳者注: この記事の内容は米国におけるものです。]

さて、ここからは Maps と Google Maps のスクリーンがどう違うかを比較しよう。目的地を探したり、道順を選んだり、指示を受けたり、といった日常的なアクションについて、両者を比べたい。写真の中で左が Maps、右が Google Maps だ。

まず初めに、見つかった店の表示方法だ。デフォルトで Maps は Google Maps より深くズームインするので、その近所の詳しいことがよく見えるが、その代わりに周囲の情報が分からないのでその場所が実際どのあたりにあるかという感覚を掴める便利さが減る。ピンに焦点を当てる点では Apple の方がうまくやっていて、ピンの指す位置が見分けやすくより細かな情報が分かる表示を提供している。ただ、このスクリーンショットでは分からないが、Google Maps ではピンをタップすると一番下のバーが少し跳ね、そこから上へスワイプするとより詳しい情報が表示される。ちょっと微妙で少々発見しにくいと言えるが、同じくらい効果的な機能だ。Google Maps がまだ道順を尋ねていない時点から既に車での所要時間の予測を出してくれるところも私は気に入っている。

image

いずれのアプリも、衛星写真を提供するとともに渋滞状況も表示できるが、Google Maps の方が渋滞の程度を細かく(緑や黄色のマーカーも)表示できる。ただ、これらの色分けは必ずしも実際の渋滞状況と合致しているとは限らないようだ。(そもそも、Ithaca のような田舎町では「渋滞」と言ってもそれほど大したものにはならない。)

image

詳細表示に移ろう。両者の主な違いはグラフィカルな印象だ。Apple は iOS 標準の流儀を踏襲していて、データは「タイル」の上にラベルとして記される。一方 Google Maps は Google 流の(最近アップデートされた Gmail アプリと同様の)新しい見栄えを用いている。表示されるデータそのものはほぼ同じだが、Google が独自のデータを表示する一方、Apple は Yelp のデータに依存している。道案内に進む方法は Apple の方が分かりやすい。Google Maps の方では、右上隅の自動車ボタンをタップしなければならない。これでは Apple の Directions To Here ボタンほど分かりやすいとは言えない。

image

道順をセットアップするためのインターフェイスはどうだろうか。いずれのアプリも、そのために二つのスクリーンを必要とする。下に二つとも並べてみた。どちらも、左が Maps で右が Google Maps だ。Apple の第一スクリーンでは位置情報と交通手段(自動車、徒歩、または公共交通機関を扱えるアプリへの手渡し)を入力するが、これが少々分かりにくい。End フィールドには、あなたがたった今、不器用な指でタップした場所のアドレスが表示されるからだ。けれどもいったん Route ボタンをタップすれば、第二スクリーンに移って候補のルートの中から一つ選んでタップするだけだ。一方 Google Maps の方ではあなたが選んだ目的地の名前が表示されるので分かりやすく、さまざまの選択肢にも説明が提供される。渋滞の程度によって選択肢の各項目が色分けされる。聞いた話ではこのスクリーンの表示する公共交通機関の情報はなかなか良いという。ただ、Google Maps はここ Ithaca のバスの運行経路については何も知らないらしい。第一スクリーンでルートを一つタップすれば第二スクリーンに移り、ここにルートがグラフィカルに表示されるとともに別ルートをタップすることもできる。私はまだあまり使った経験が多くないが、可能なルートの選択は Google Maps の方が Apple の Maps よりも素早いようだ。

image

image

いったん実際の道順を進み出せば、Apple はとても奇妙な色分けを使い始める。いったい何のために緑色に塗られているのか、私にはさっぱり分からない。小さな緑色の道路名表示さえ出る。その点 Google Maps は色分けなどせず、道路自体の上に直接名前を表示している。Apple は到着時刻やその他のボタンをすべて隠してスクリーンをどこでもタップすれば表示されるようにしているが、Google Maps はキャンセル (X) ボタン、予想所要時間、それから右下の隅には交差点ごとのリストを表示し音声案内をミュートにできるウィジェット、を表示する。分かりやすさでは Google の方が優っていると言えるだろう。もちろんスクリーンの好きな場所をタップするのは簡単だが、それをすれば Apple の追加情報やコントロールが見えるようになることを示す手掛かりが何もないからだ。

image

交差点ごとの道案内について言えば、両者はそれぞれ良いところも悪いところもあって引き分けという感じだ。Apple はスクリーンの中により多くの交差点を一度に、詰めたレイアウトで表示するが、Google Maps は本質的に不必要な道案内を組み合わせて一つのステップにしている。どちらの道案内でも十分使えるが、昔から GPS/地図情報のサービスによくあるタイプの間違いで地元の人たちがあきれて首を振るようなものが結構多い。不自然なところで交差点を曲がったり、道路の名前として聞いたことのないような名前を表示したり、駐車場の入り口が店の入り口とは違う道路に面しているために「道を間違える」羽目になったり、といったことだ。Google Maps には「シェイクしてフィードバックを送る」という面白い設定項目がある。アプリが間違いをしでかせば、イライラして iPhone を揺すぶるのは私がごく自然にすることだ。また、この設定には修正が施され次第通知が届くようにするオプションもある。音声は両者でそれほど大きく違うとは思えなかったが、Google の音声の方が好きだという人もいるようだ。個人的に、私はきちんとしたオーストラリア訛りがあればそれが一番良いと思う。オーストラリア訛りならば、アメリカ人の私の耳には合成音声がより自然に聞こえるからだ。

image

結びに、私の見るところでは Google Maps が Apple の Maps に比べて本当に優れているのは公共交通機関の案内だが、田舎町に住む私にこの機能のテストはできない。ただ、New York Times の David Pogue 、Ars Technica の Jacqui Cheng、Macworld の Dan Moren、Chicago Sun-Times の Andy Ihnatko など、多くの都市居住者たちが Google Maps のこの機能を称賛している。それ以外の点では、どちらのアプリも、十分にきちんとしたインターフェイスを使って、まともな仕事をしている。全体的に見て、Apple の方の地図データの品質が Google のものほど良いものでないことは間違いないが、私にはその結果それほど重大な違いが生まれるとも思えない。何より今では、さきほど説明した "via transit" の技のお陰で、両方のアプリの道順を比較することが簡単にできる。もちろん、結果としてどちらのアプリの推奨する道順を選ぶべきか迷うことも起こるだろうが。

コメントリンク13459 この記事について | Tweet リンク13459


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2012 年 12 月 17 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Dropbox 1.6.5 -- Mac OS X 10.6 Snow Leopard かそれ以前を走らせている Dropbox ユーザーは、通知機能が抜けていることが気になっていたかもしれない。幸いにも、Dropbox 1.6.5 がその問題を修正した。また、アップデート後に Dropbox フォルダの中でアイコンが重なる問題を修正した後に Dropbox が間違いなく自動起動するようになった。あなたが今走らせている Dropbox のバージョンが分からない場合は、メニューバー上の Dropbox アイコンの上にポインタをかざせばツールチップの中にバージョン番号が表示される。また、メインの Dropbox ダウンロードリンクから古いバージョンがダウンロードされてしまう場合は、Dropbox フォーラムのページから最新バージョンが入手できる。(無料、23.1 MB、リリースノート)

Dropbox 1.6.5 へのコメントリンク:

Lightroom 4.3 -- Adobe がLightroom 4.3 をリリースし、20 機種のカメラと 42 のレンズプロファイル (iPhone 5 を含む) に対応するとともに、さまざまのバグを修正した。主な修正点を挙げれば、このプロフェッショナル用写真カタログ・編集アプリケーションは Flickr へのアップロードの際ファイル名にアポストロフィが含まる場合の問題を解消し、Photoshop Elements 11 から取り込んだ Catalog がきちんとアップデートされるようにし、AVCHD ビデオを正しく読み込むようになり、TIFF 画像が色調のずれを起こすことのあった問題を修正し、iPhone 4 で作成したビデオがちらつく問題を修正している。さらに、Lightroom 4.3 は Library または Develop モジュールを使用する際に Retina ディスプレイに対応するようになった。(新規購入 $149、無料アップデート、419 MB、 リリースノート)

Lightroom 4.3 へのコメントリンク:

iTunes 11.0.1 -- iTunes 11.0.1 のリリースによって、Apple は当初のリリースにあった大きな欠落を正した。つまり、重複している項目を表示する機能を装備した。(2012 年 12 月 4 日の記事“iTunes 11: Apple が削除した機能と、代替製品と”に記された機能欠落のうちのたった一つだが。)以前は File メニューにあったけれども、新しい Show Duplicate Items コマンドは今回 View メニューに移された。iTunes 11 でもう一つ多かった苦情、特に大きな音楽ライブラリを持っている人たちを苦しめたのは、苛々するほど遅い検索速度であった。(41,000 曲以上を含むライブラリで、検索フィールドに検索したい単語の最初の一文字をタイプした瞬間、Mac OS X の回転ビーチボールが現われて 5 秒か 6 秒ほどの間何もできなくなっていた。)Apple によれば iTunes 11.0.1 では大きなライブラリを検索するときのレスポンスが改善されているとのことで、私たちが少しテストしてみた限りでは実際改善が見られるようだ。このアップデートではまた二件のバグも修正された。一つは新規に iCloud で購入したものが iTunes Match がオンの場合にライブラリに表示されない問題、もう一つは AirPlay ボタンが正常に表示されない問題だった。また、私たちはサイドバーが表示されている場合にいくつかの状況下でカラムブラウザを表示できることに気付いた。11.0 では、これが必ずしもいつも可能ではなかった。この新リリースは (Mountain Lion の場合) Mac App Store から、(Lion および Snow Leopard の場合) ソフトウェア・アップデートから、あるいは直接ダウンロードでも入手できる。(無料、198 MB)

iTunes 11.0.1 へのコメントリンク:

Sandvox 2.7.3 -- Karelia が Sandvox 2.7.3 をリリースした。このウェブ出版ツールに、出版およびホスティング関係の拡張をいくつか追加している。今回のアップデートでは、簡略化したローカルホスティングのセットアップを追加して自分の Mac のどの場所にでもサイトを出版できるようにし、FTPS 対応を Preferences ウィンドウから追加できるようにし、自分のサイトが(自分の Mac からだけでなく)インターネットからアクセスできることのテストを追加している。このリリースではまたバグも二件解消していて、サイトへのコメントのプロバイダとして Facebook を選択した場合に余計な角括弧が紛れ込むことがあったのも修正している。全体的な安定性も向上しており、中でも Sandvox 1 書類を読み込む際の安定性が増した。(Karelia からも Mac App Store からも新規購入 $79.99、無料アップデート、31.3 MB)

Sandvox 2.7.3 へのコメントリンク:

TextExpander 4.0.4 -- Smile が TextExpander 4.0.4 をリリースし、スニペットリストの項目をカット・コピー・ペーストできる機能を追加した。このアップデートではまた、スニペットの略語の衝突を解消する助けとなるポップオーバーを追加し、重複したスニペットを青く表示(衝突したスニペットはオレンジ色表示)するようになり、AppleScript 用の展開コマンドに expand abbreviation '<abbreviation>' シンタックスを追加し、%j day-of-year マクロのサポートを復活させ、その他多数のマイナーなバグも修正している。必ず同社のウェブサイトから最新バージョンをダウンロードするようにしよう。今回のアップデートで、アプリ内の自動アップデートメカニズムが正しく働いていなかった問題も修正されているからだ。(新規購入 $34.95、 TidBITS 会員には 20 パーセント割引、アップグレード $15 (ただし 2012 年 1 月 15 日以後に購入の場合は無料)、無料アップデート、8.9 MB、 リリースノート)

TextExpander 4.0.4 へのコメントリンク:

TinkerTool 4.95 -- Marcel Bresink が TinkerTool 4.95 をリリースした。内部動作をカスタマイズするシステムユーティリティの、小さなアップデートだ。今回からこのアプリには、Disk Utility と Mac OS X 10.7 Lion かそれ以降の App Store アプリケーションにデバッグメニューを有効にする設定が提供される。10.8 Mountain Lion ユーザーのために、スムージングをコントロールする設定と、対応するアプリ(例えば iWork、TextEdit、Preview など)で新規の書類を iCloud に保存するかどうか尋ねるデフォルト挙動を無効にする設定とが今回のリリースで追加されている。また、Mountain Lion で個々のアプリケーションについての Resume 挙動をコントロールするための新しいパネルも追加された。(無料、3.9 MB、リリースノート)

TinkerTool 4.95 へのコメントリンク:

Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.7 -- Apple が Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.7 をリリースした。最近リリースされた Mac mini モデル(2012 年 10 月 23 日の記事“Apple、新型 iMac、13 インチ MacBook Pro、Mac mini をリリース”参照)の HDMI ポートが引き起こしたビデオのちらつきという具体的な問題に対処している。このアップデートは OS X 10.8.2 Mountain Lion を要する。ファームウェアアップデートではいつものことだが、お持ちの機種に適した正しいファームウェアアップデートを得るため、App Store に入手を任せることをお勧めする。また、アップデート作業を途中で中断しないように注意しなければならない。(無料、4.53 MB)

Mac mini EFI Firmware Update 1.7 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2012 年 12 月 17 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS リンクには、過去、現在、そして未来のことが集まった。まず近未来のこととして、CES に参加する人は MacTech Insight イベントにサインアップして Apple 関係のセッションが一杯詰まった一日を得ることができる。それから Glenn Fleishman が、シアトル市がある私企業と提携してギガビットインターネットを提供することについて語る。現在のこととしては、Adam Engst が Apple 製テレビの噂について Tech Night Owl Live でホストの Gene Steinberg と対談し、iTunes 11.0.1 が 11.0 における検索の問題点を解決する。それから昔を回顧するのが好きな人には、巧みなアートプロジェクトが Google の旧式なインターフェイスを呈示する。つまり、パンチカードとラインプリンターを使ったインターフェイスだ!

CES では MacTech Insight で Apple に集中しよう -- CES (Consumer Electronics Show) に参加したいけれども Apple ユーザーにとってはあまり面白くないかもしれないと心配な方々のために、CES は MacTech に依頼して Apple に焦点を当てた丸一日をホストさせるようにした。テクノロジーに興味ある聴衆のために、クラウドへの取り組み、家庭内オートメーション、iOS アプリ、モバイルデバイスの管理、データの保護、その他についてのセッションが開催される。登録料金は 2013 年 1 月 2 日までに限り $350、オンサイトでは $500 だが、TidBITS 読者はクーポンコード MT25P を使えば 25 パーセント割引が受けられる。この新しい MacTech Insight イベントがもし MacTech Conference や MacTech Boot Camp などのイベントと同レベルのものとすれば、その内容は極めて価値の高いものとなるだろう。ただし今回は技術的に専門でないプロたちを対象としたものとなるが。

コメントリンク: 13471

Adam Engst、Tech Night Owl Live で Apple 製テレビの噂を語る -- Gene Steinberg がホストする Tech Night Owl Live のこの番組で、Adam と Gene が Apple 製テレビの噂について語り合う。また、iTunes Match アカウントの有効期限が切れた後も 90 日間はダウンロードができる件や、iOS 6 における Apple の Maps アプリの基盤データの品質も話題になる。

コメントリンク: 13470

過去に向けて前進 -- パンチカードとラインプリンターの時代に Google 検索があればどのようになっていただろうか、と masswerk.at が「ユーザーインターフェイスのデザインにおける間隙と勇壮とを探索するアートプロジェクト」を提供する。サウンド効果と、美しく描画された異質なインターフェイスとが相まって、きっとあなたも床をパンチ穿孔くずの掃き掃除している気持ちになるだろう。

コメントリンク: 13450

Gigabit Internet が Seattle にあと少し届かない -- シアトル市当局が、ある私企業および Washington 大学と提携して、いくつかの地区において毎秒ギガビットのファイバー接続インターネットサービスの提供を開始するという。ただし、シアトル在住の TidBITS スタッフは誰も該当地区には住んでいない。残念!

コメントリンク: 13458

iTunes 11.0.1、iTunes 11.0 の検索の当たり外れを大部分修正 -- iTunes 11.0 のウィンドウ右上隅の検索フィールドは、ライブラリ全体を検索しようとすると訳の分からない挙動をした。iTunes 11.0.1 にアップデートすることで、あなたも正気を取り戻すことができる。

コメントリンク: 13445


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2012 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2012年 12月 22日 土曜日, S. HOSOKAWA