TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1201/25-Nov-2013

Apple は iWork アプリの改訂版で欠けていた機能を復活させると約束したが、今週 Pages、Keynote、Numbers にアップデートを出してその約束を果たし始めた。Apple TV にも新たに歓迎すべき二つのチャンネル、PBS と Yahoo が加わった。Apple TV といえば、Josh Centers の "Take Control of Apple TV" の最新の章が TidBITS 会員専用に出され、AirPlay の表と裏をくまなく解説している。Alicia Katz-Pollock の寄稿記事では Mavericks の Contacts (連絡先) アプリで何ができるかが詳しく語られ、また今週の FunBITS 記事では Josh が iPhone でも利用できるようになった Google Play Music を調べる。今週注目すべきソフトウェアリリースは、ChronoSync 4.4.3 と ChronoAgent 1.4.4、Evernote 5.4.3、AirPort Base Station Firmware Update 7.7.2、CloudPull 2.5.3、Mactracker 7.2.1、iMovie 10.0.1、1Password 4.0.9、Mailplane 3.1、それに Microsoft Office 2011 14.3.9 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Pages、Keynote、Numbers にマイナーなアップデート

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

2013 年 10 月にリリースされた Pages 5Keynote 6、および Numbers 3 で、Apple はその iWork スイートを根本的に改訂した。(2013 年 10 月 22 日の記事“無料の新 iLife、iWork アプリはデバイスとプラットフォームを横断”参照。)けれどもこれらのメジャーなアップデートはそれほど改善とはならなかった。なぜなら、これらの Mac 用アプリを、それぞれの iOS 版や、新しいベータ版の iWork for iCloud とも足並みを揃えて働くものに 書き換え なければならなかったからだ。

image

従来は、Mac 版と iOS 版の間で書類を共有することは可能であったけれども、書類を移す際に書類のさまざまの側面が失われてしまうことがあった。今回の書き換えで、Apple はその問題に正面から取り組んだ。今では、iWork 書類を Mac OS X、iOS、および iCloud のどこへでも自由に行き来させても、何の問題も起こらない。なぜなら、Apple は基盤となるファイルフォーマットを変更して、これらのアプリの Mac 版から問題を起こす機能をすべて取り去ってしまったからだ。

この戦略が明るみに出るやいなや、欠落した機能にこれまで依存して使ってきたユーザーたちの間に悲鳴にも似た怒りの声が巻き起こった。(Apple の名誉のために言えば、Apple は iWork '09 版のアプリを新しいアプリですっかり置き換えることはしなかったので、人々は必要ならば機能の多い従来のバージョンを使い続けることができた。)その数週間後、Apple は(Apple らしからぬ)説明ページを公開して、機能の欠落を認めるとともに、いくつかの機能を今後復活させて行くことを約束した。

この再設計に伴い、iWork '09 の一部の機能がこの初回リリースには含まれていませんが、次回以降のリリースで何回かに分けて再導入していく予定です。また、まったく新しい機能も引き続き追加していく予定です。

でも、あまり手放しで喜ぶこともできない。この説明ページは単なるサポート書類に過ぎず、Tim Cook からの謝罪文書ではない。その上、Apple は人々からの批判に反応したのであって、自ら積極的に懸念に対処した訳でもない。また、Apple の約束自体も、これまでのような沈黙よりは良いことだが、基本的に現状を述べ直したに過ぎない。どんな開発者が作ったどんなプログラムでも、いずれ新しい機能を加えていくものだ。ソフトウェアのビジネスとはそういうものだ。ということで、今回私たちが新たに見ているのは、従来の機能の一部を復活させ始める第一歩となるアップデートだ。

では、今回は何が新しくなったのか? Pages 5.0.1、Keynote 6.0.1、および Number 3.0.1 での主要な変更点は、ツールバーをカスタマイズして、よく使うツールを入れておけるようになったことだ。(この点は上記のサポート書類で最初にリストされていた。はたして Apple はこのサポート書類をアップデートするのだろうか。)Pages 5.0.1 ではまた、中央および端のガイドがデフォルトでオンになった。Keynote 6.0.1 では七つのトランジションと七つのビルドが追加された。(そのうちいくつかは墓場から蘇ったが、完全に新しいものもいくつかあるようだ。)そして Numbers 3.0.1 では再びウィンドウのサイズや場所を記憶するようになるとともに、環境設定でデフォルトのズームを設定できるようになった。いずれも Number 2.3 では問題なく動作していたけれども抜け落ちていた基本的な見過ごしだ。

これらのアップデートのすべてで、いつも通り「安定性の改善とバグ修正」が約束されている。三つのアップデートのいずれも、ソフトウェア・アップデートから入手可能だ。さらに新たなアップデートが早く出ることを期待したい。

コメントリンク14319 この記事について | Tweet リンク14319


PBS と Yahoo、Apple TV に登場

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

PBS と Yahoo Screen が Apple TV ラインアップに加わり、米国の視聴者に対し Apple のストリームコンテンツ機器に更に多くのコンテンツが追加された。どちらのアプリも Apple TV の主メニューに自動的に現れるはずであり、そして無料である。

image

Yahoo Screen では、Saturday Night Live, Daily Show, Colbert Report, ABC News, The Onion, そして Yahoo オリジナル番組からの映像が提供される。最初の三つの番組の映像はもう既に Hulu アプリから見られるが、最後の三つは新しく加えられたものである。私は Onion が Apple TV で見られることにとりわけ興奮している。

image

image

PBS アプリは、その iOS 版と同様に、放送番組を放送終了後数時間で提供する。残念なのは、HBO, Disney, そして ESPN アプリの様に、PBS を見るには面倒な有効化の手続きを踏まなければならない。

image

PBS アプリを有効化するには、主メニューから開いて Activate Your Apple TV を選択する。そうすると有効化コードが与えられるので、それを http://pbs.org/activateに入力しなければならない。

image

その Web ページで、ポップアップメニューから Apple TV を選択、あなたの有効化コードを入力、そして Continue をクリックする。次に、PBS アカウントを作るか、或は Facebook 又は Google+ でサインインしなければならない。そうすると、あなたのメールアドレスは地元の PBS 局とも共有されると言ってくるが、これは PBS が "あなたの様な視聴者!" に大きく依存していることを考えると驚くには値しないであろう。ただ、この PBS アプリが募金番組まで放送する可能性は低いと思う。

image

最後に、地元の PBS 局を選択しなければならない。本来は一つの局が自動的に表示されるべきだが、PBS のサーバーはどうも閉じられているらしく、私の場合何も現れなかった。この様な場合、More Stations をクリックし、自分の ZIP コードを入力して地元の局はどこかを見つける。この選択はあなたが Apple TV アプリでどのコンテンツを見られるかに影響するが、異なった番組を見るため違う場所を PBS アプリに提供するとどうなるのかは明らかではない。

image

私が自分の Apple TV を設定した時、私の有効化は失敗したと言われたが、アプリを再起動した後は問題なく動いた。但し、接続は安定していないが、どうもこれは需要が集中しているためらしい。

"Downton Abbey" は見られるの? -- では Apple TV で "Downton Abbey" を見られるのか知りたくてうずうずしている様子が私には良く見える。現在、Amazon がこの人気の時代劇をストリームする独占権を有していて、Apple TV 上でこれを見ることが出来る様になったのはつい最近のことである。それは Amazon が AirPlay サポートをその Instant Video iOS アプリに追加したためである ("Amazon Instant Video、AirPlay 経由で Apple TV に" 18 September 2013 参照)。

幸いにして、これには抜け道がある:PBS は現在放送しているエピソードはストリーム出来る。これを書いている時点では、それはたった一つのエピソードに過ぎないが、 All Things D によると PBS は 12 月には第二と第三シーズンを再放送し、1 月には第四シーズンが予定されているという。但し、これらのエピソードが見られるのは、放送の後の限られた時間だけだというから、予定表に書き込んでおいて Apple TV から目を離さない様に!

所で、私のストリーム本 "Take Control of Apple TV" にも目を通して欲しい。これは TidBITS 会員であることの利点の一つである (もっと知りたい人は "'Take Control of Apple TV' Streaming in TidBITS," 4 November 2013 参照)。当然のことだが、これらの重要な新しい Apple TV アプリを盛り込むため Chapter 4, "Discover What's on Offer" をアップデートすることになるであろう。

コメントリンク14307 この記事について | Tweet リンク14307


"Take Control of Apple TV" の Chapter 5、入手可に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

通常 AirPlay は大きな注目を浴びることは無いが、Apple の機器エコシステムにおける核となる技術の一つで、あなたの Mac, iPhone や iPad, と Apple TV を結びつける糊の役目をする。Mac や iOS 機器上で見られるものなら何でも AirPlay 経由であなたの Apple TV に送ることが出来る。それは Mac 上の iTunes からのオーディオやビデオ、iPhone からのビデオ、或は iPad の全画面を占領するゲーム、何でも良い。もっと言えば、AirPlay を使ってオーディオをあなたの Apple TV から AirPlay 対応のスピーカーへと送ることも出来る - 洒落たホームシアターシステムなどいらない!

"Take Control of Apple TV" の Chapter 5, "Master AirPlay" で、Josh Centers は AirPlay の使い方を、Mac から、iOS 機器から、そして Apple TV 自身からと場面ごとに説明する。更に Safari で見ている HTML5 ビデオを、全画面をミラーすること無しに AirPlay を使って Apple TV に送る特別のやり方にも触れる。Josh はまたあなたの Apple TV を AirPlay ジョーカーから保護する方法も説明する。これは、あなたの隣人が不適切なタイミングで不適切なビデオであなたにいたずらを仕掛ける様な万が一に備えての話である。

Chapter 4, "Discover What's on Offer"、Chapter 3, "Control Your Apple TV" そして Chapter 2, "Set Up Your Apple TV" と同様、この AirPlay の章も無料で入手可だが、それは TidBITS 会員に限られる:但し Chapter 1, "Introducing Apple TV" は Josh が何を書こうとしているのかを知って貰うため、皆さん全員に見て頂きたい。どうかコメントも残して欲しい - 我々は読者が尋ねた質問に基づいた微調整を既に計画している。本が完成した暁には、誰もがこの電子本を PDF, EPUB, そして Mobipocket (Kindle) フォーマットで購入出来る。TidBITS 会員は、この本だけではなく他の Take Control タイトルも 30% 引きで買える。

この電子本をそっくりそのまま書かれたそばから TidBITS 会員に提供するのは、TidBITS 会員のサポートに対する我々からの感謝の印である。また、注意深く検討され、職業的に書かれそして編集された記事を我々が毎週 TidBITS を長年無料で読んでこられた方々にもお届けするのを今後も継続出来るよう援助の手を差し伸べて下さることをお願いしたい (更なる詳細は "22013 年も TidBITS に皆さんの援助を: あなたも TidBITS 会員に" 17 December 2012 参照)。

コメントリンク14329 この記事について | Tweet リンク14329


Mavericks の Contacts を最大限に使いこなす

  文: Alicia Katz Pollock: alicia@royalwise.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Mac OS X の Contacts (連絡先) アプリケーションは、従来 Address Book という名前で知られていたものだが、あまりにも単純化され過ぎてしまったという批判が多く寄せられている。一見するとこの批判は当たっているように見えるが、実はこのプログラムをよく調べてみると、そこに驚くほどの深みがあることを発見でき、しかも Apple エコシステムの中へ緊密に統合されていることに気付かされる。

この記事では、Contacts のインターフェイスを自分の好みに合わせて変更する方法、連絡先を管理する方法、連絡先情報を処理する方法、また、このアプリケーションの欠点を補うために使えるユーティリティ、などについて順々に調べてみよう。

テンプレートをカスタマイズする -- まず第一にすべきことは、Contacts が連絡先カードで提供しているフィールドのうちどれを利用するかのカスタマイズだ。デフォルトでは、連絡先を編集しようとするとほんの少数のフィールドしか表示されない。個々のカードにフィールドを簡単に追加できるとはいえ、頻繁に使うフィールドを Contacts のテンプレートに追加しておけば、それがあなたのすべての連絡先カードで使えるようになる。

連絡先カードすべてでそのフィールドが使えるようにするには、Contacts > Preferences を選んで Template 環境設定枠を開き、Template をクリックする。すると、新規の連絡先カードに現在デフォルトで表示されるフィールドが分かる。Add Field ドロップダウンから、あなたのワークフローで便利に使えると思えるフィールドを選んで追加しよう。

また、いくつかのフィールド名から選ぶようになっているフィールドもある。例えば、Contacts では Related Names タイプのフィールドが提供されていて、デフォルトのフィールド名は "mother" となっている。そこをクリックすれば、Related Names タイプのフィールド名として家族、知人、肩書きなど長いリストが出る。私は Related Names フィールドとして "spouse" (配偶者名) と "child" (子供の名前) をすべての連絡先カードに追加し、人々の家族の名前も覚えられるようにしている。

image

ほどんどすべてのフィールドに、カスタマイズしたフィールド名を作成できるオプションが提供されている。例えば、どこかの会社のカードを編集する際には料金支払用の電話番号とサポート用の電話番号を区別できるようにしたいので、私はそれぞれの目的ごとにカスタムフィールドを作っている。具体的には次のようにすればよい。電話番号のフィールド名をクリックすれば代替用ラベルをリストしたメニューが出る。そのメニューの一番下に Custom という項目があるのでそれを選ぶと、自分で好きな名前を入力できるようになる。テンプレートでフィールド名を変更すれば、すべてのカードでその変更が適用される。個々の連絡先カードでフィールド名を編集すれば、その変更はそのカードのみに適用される。

さらなる柔軟性のために、デフォルトで一つのフィールドを複数個に増やすこともできるようになっている。私の連絡先に登場する相手の大多数は複数個の電話番号を持っているので、テンプレートを編集して複数の電話番号フィールドを提供できるようにした。同じフィールドをもう一個増やすには、フィールドの横にある緑色の + ボタンをクリックしてから、新しいフィールドの名前のところをクリックして好きな名前を選べばよい。

Contacts のいろいろなフィールドのうちいくつかは他の Mac 用アプリケーションと統合されている。例えば、Birthday および Date のフィールドは、対応するカレンダー項目を Calendar アプリの中に追加する。それだけでなく、iPhoto の中で Calendar プロジェクトを作成すれば、そのカレンダーの中に連絡先の誕生日や記念日を表示させることができる。ただし OS X 10.7 Lion またはそれ以前では、Birthday や Date のフィールドで年も明記しておかないとカレンダー上ではデフォルトの 2000 年と解釈されてしまい、連絡先の相手が 13 歳の誕生日などという馬鹿げた表示になってしまう。10.8 Mountain Lion や 10.9 Mavericks では、年を指定する必要がなく、正しくない誕生日の表示で年を削除することもできる。

Contacts のデータは iOS 上では Siri にも利用される。Nickname フィールドをテンプレートに追加しておけば、そのフィールドに記されたニックネームを使って音声で iPhone に電話を命じることができる。例えば、伯父の連絡先カードには "Uncle Bob"、弟の連絡先カードには "Brother" とそれぞれフルネームの下にニックネームも書いておけば、Siri に "call Uncle Bob" とか "call my brother" とか言えばよく、フルネームを告げる必要はない。

Contacts からコマンドを発する -- Contacts の中で連絡先情報を検索するのはきっと皆さんも慣れておられると思うが、Contacts の中から Mac を検索したり、地図サービスにアクセスしたり、テキストメッセージを送信したりもできることをご存じだったろうか? 連絡先カードのいろいろなフィールド名のところをクリックすることにより、さまざまのコマンドを見つけて呼び出すことができる。

例えば、電子メール名をクリックすれば、電子メールを送信、FaceTime 通話、メッセージを送信、My Card を送信、Spotlight 検索、などのアクションが並んだメニューが出る。この最後の Spotlight 検索コマンドはあなたの電子メールに限らずあなたの Mac の中全体を検索し、そのアドレスを含んだ書類を探し出す。

また、住所名をクリックすれば、Mavericks に新しく含まれた Maps アプリが開いて(以前のバージョンの Mac OS X では Google Maps が開く)その住所をクリップボードに入れたり、Maps において(同様に以前のバージョンでは Google Maps において)その場所を示す URL をコピーしたりできる。

電話番号をクリックすれば、その番号をスクリーン上に非常に大きな文字で表示したり、FaceTime 通話を始めたり、Messages 経由でその番号にテキストメッセージを送ったり、あるいは Skype など互換アプリを使って電話をかけたりすることさえできる。

重複の問題を解決する -- 時として Contacts に重複したカードがあるのに気付くことがあるが、重複はさまざまの理由で起こり得る。例えば、あなたの連絡先カードがすべて二重あるいは三重に重複していれば、おそらくそれは複数の場所、例えば iCloud と iTunes から (Mavericks では Sync Services がなくなっているので Mountain Lion のみで起こることだが) 連絡先を同期させた結果だろう。Lion や Mountain Lion で iCloud を使っているなら、iTunes の中で連絡先の同期をオフにしておけば重複がなくなるはずだ。

また、一人の人に複数のカードができて、片方のカードが古い情報のままだったり、片方には電子メールアドレスだけ、もう片方には電話番号だけが記載されたりすることもある。この種の重複が起こるのは、例えば時間を空けて別々の情報源から連絡先情報を追加した場合、例えば古い電話機から連絡先情報を転送して、その後別の Mac からも読み込んだような場合だ。

この問題を解決するには、複数のカードを一つに統合 (merge) すればよい。そのやり方はケース・バイ・ケースだ。まず、統合したい複数のカードを Command-クリックしてから、Card > Merge Selected Cards を選ぶ。データがクリーンに統合されるように、それぞれのカードで Home と Work のラベルが正しく割り当てられていることを確認しておく。もしも二つの違った電話番号の両方ともに Work が割り当てられていれば、Contacts は勝手にどちらかを捨ててしまうかもしれない。

その種の重複が多数あっても、すべて一挙に統合 (merge) することもできる。それには Cards > Look for Duplicates を選ぶ。すると Contacts は何個の重複があったかを報告しつつ、それらをすべて統合してよいかどうか尋ねる。けれども、それを許可してしまえばもはやあなたがその処理を制御することはできず、同じ名前の人の連絡先カードはすべて、たとえそれが同姓同名の別人のものであったとしても、一枚のカードに統合されてしまう。(John Smith さん、申し訳ない!) だから、このやり方を実行するのならば、あらかじめ必ず File > Export > Contacts Archive でバックアップを作成しておこう。

ごちゃごちゃになった連絡先データベースを修正するために、Contacts を使う以外の方法もある。名前の重複や、情報の欠落したカード、あるいは誤った入力(例えば名前の欄に会社名があるなど)が多数あるなら、Spanning Sync の Contacts Cleaner($4.99) が使えるかもしれない。このツールには、何十ものフォーマッティングエラーや複雑な重複状況を解決できる機能がある。

スマートグループを作成する -- Contacts の機能であまり使われていないものの一つが、スマートグループだ。連絡先グループを手で作る(File > New Group を選んでから好きな連絡先をそのグループへドラッグする)こともできるけれども、それとは別にスマートグループを作ることもできる。iTunes のスマートプレイリストや iPhoto のスマートアルバムと同じように、連絡先のリストが動的にアップデートされるものだ。スマートグループは一つのフィールドの内容を基準にすることも、またそのカード自体の状況、例えばカードがいつアップデートされたかといったような条件を基準にすることもできる。

私は、関係しているビジネスの一つの全従業員を集めたスマートグループを使っている。その会社のいろいろ異なる部門に属する連絡先が 12 人いて、彼らのカードを会社名でなく氏名の順に並べている。スマートグループを作ることで、その会社の従業員全員のリストがいつも一つの場所で見られ、いちいち会社名で検索したり、新しい連絡先をいちいち手で追加したりする必要がない。

初めてのスマートグループを作るには、File > New Smart Group (Command-Option-N) を選ぶ。二度目以後は、サイドバーの Smart Groups 見出しの上にポインタをかざしてから、出てきた小さな + ボタンをクリックしてもよい。いずれの場合も、ダイアログが現われるので、そこでスマートグループの名前を付け、カードがそのグループに属するための条件を指定する。さきほど例に挙げた会社名によるスマートグループでは、最初のメニューで Company を選び、第二のメニューで "is" を選び、それから会社名を入力する。複数の判定条件が必要ならば、右にある + ボタンをクリックすればさらなる判定条件が追加できる。

image

連絡先カードがあなたの指定した条件に合えば、自動的にそのスマートグループに登場する。そのカードが条件に合わなくなれば、自動的にそのスマートグループから消える。

ソーシャルメディアを利用する -- Mavericks では、あなたの連絡先が持っているさまざまのソーシャルメディアハンドルをあなたが記録しておけるフィールドを Contacts が提供するようになった。システム環境設定の Internet Accounts 枠を使ってあなたが Facebook、Twitter、あるいは (Mavericks で新設された) LinkedIn アカウントを追加しておけば、連絡先のそれぞれの人のそれらのソーシャルメディアにおけるアカウントハンドルが、Contacts の中の対応するカードに追加される。

Facebook と LinkedIn については、Internet Accounts 環境設定枠の Get Profile Photos ボタンをクリックすれば、あなたの友人たちのプロフィール写真がカード上に表示されるようになる。

image

さらにもう一歩踏み込むには、Internet Accounts 枠の Contacts オプションにチェックを入れておく。すると、あなたが Facebook や LinkedIn で繋がっている人たち全員が一つの新しいグループとして読み込まれ、プロフィール情報もすべて読み込まれる。さらに素晴らしいことに、あなたが繋がっている相手がそれぞれの連絡先情報を追加したり変更したりしてもその都度情報が更新される。でも...

たいていの人たちがそれぞれのサービスで作っているごちゃまぜの「友だち関係」を考えれば、あなたがほとんど知りもしない何百人もの人たちを全部あなたの Contacts の項目として追加するのは、とんでもないことのように思える。仮にあなたが Facebook と LinkedIn の情報を追加したとして、あとになってそれを止めようと思い、Internet Accounts 環境設定枠の Contacts チェックボックスのチェックを外せば、その情報をあなたの Mac から削除するか、それとも既存の情報はそのままにして今後の更新をしないようにするか、いずれかを選ぶことができる。どちらの選択肢も、完全に満足のゆくものではない。多くの人たちにとって理想的なのは、既に Contacts に入れている人たちについてのみ、今後も情報の更新を継続するという挙動ではないだろうか。

けれども時には、この程度のレベルのソーシャルメディア統合でも不十分だと思えることもある。 Cobook (Mac 用は $9.99、iOS 用は無料) は Facebook、Twitter、LinkedIn、Xing を統合して、あなたの Friends および Followers のリストを、タグとして読み込む。iPhone 用の Cobook アプリでは、個々の連絡先が最近ソーシャルメディアに投稿したものまで読める。

Cobook におけるタグ付けは、Contacts のグループにさらなる柔軟性を提供できる。クリスマス用のリストや、招待者リスト、その他あなたが連絡先をフィルタ分けしたい場合に、それ専用のグループを作ったりする必要なしにタグを作成して、該当する人をマーク付けすることができる。

Cobook で私が気に入っている機能の一つは、Mac のメニューバーにあるアイコンから手早く連絡先にアクセスできることだ。また、Cobook の iOS アプリで個々の連絡先にその人のローカルな現在時刻が表示されるのも素敵だ。外国で短期留学中の娘を思わぬ時刻に起こしてしまったり、国内の会社なのに営業時間外に電話してしまったりということはもう起こらない。

郵送ラベルを印刷し Mail Merge を使う -- Contacts から標準的なフォーマットを使って Avery や Dymo で郵送ラベルや封筒を印刷できること、さらには自分でレイアウトを作成してカスタマイズしたラベルを作ったりもできることを知れば、たいていの人は驚く。Apple はこの機能を大々的に宣伝したりせず、その代わりに Print ダイアログの奥深くに隠したままにしている。

ラベルや封筒を印刷するには、まずプリントジョブに含めたい連絡先を選択しておく。それから File > Print を選び、Show Details をクリックする。次に Style ドロップダウンからスタイルを選ぶ。選択肢は Envelopes、Mailing Labels、Lists、Pocket Address Book だ。スタイルを選んだら、Print ダイアログの Layout 枠と Label 枠を使って郵送ラベルまたは封筒のレイアウトと内容を詳しく指定する。Layout 枠では、さまざまの標準サイズから選んでラベルの大きさを設定できる。Label 枠では、ロゴやその他の画像を指定したり、フォントを選んだりできる。

ただし、バーコードやその他複雑なグラフィックスをラベルに含めたい場合には、他のアプリケーションを使う必要がある。例えば、BeLight Software の Labels & Addresses ($49.95) には印刷の際の柔軟性がずっと多く、例えば個人用と企業用それぞれのテンプレートがあったり、独創的ないろいろのフォントや、何百もの画像、葉書印刷機能もあり、さまざまのラベルの形にも対応している。さらにボーナスとして、このソフトウェアはページの途中から郵送ラベルを印刷することもできるので、使いかけのラベル用紙を利用することまで可能になる。

また、Labels & Addresses は複数の連絡先が一つの住所を共有している場合、例えば結婚した夫婦などについて、一枚の郵送ラベルを作成したいという難問にも解決を与えてくれる。これはホリデー用のカードの郵送ラベルを印刷したいときに、私たちがしばしば直面する問題だ。この点についての詳しいことは、Jeff Carlson の記事“Labels & Addresses でホリデーカードに正気を取り戻す”(2008 年 12 月 12 日) をご覧頂きたい。

ラベル専用のプリンタ、例えば Dymo 製の LabelWriter や Seiko 製の Smart Label Printer などは、長い帯の用紙にラベルを印刷するので、用紙の下の部分が大量に無駄遣いされることがない。これらのプリンタはさまざまのラベルサイズに対応しており、独自のソフトウェアが付属してはいるけれども、たいていの場合 Labels & Addresses を使った方が良い結果が得られる。

もしも、ラベルを使わずに直接封筒に印刷することが多いならば、Ambrosia Software の EasyEnvelopes ($9.99) をお薦めしたい。これも Contacts と統合されている。

郵送ラベルや封筒、住所録などをお好きなワードプロセッサの中で作成することもできる。Pages '09 も Microsoft Word も、メールマージ機能のデータ源として Contacts を認識する。ただし残念なことに、リリースされたばかりの Pages 5 はメールマージ機能をサポートしなくなってしまった。連絡先カードのどのフィールドも、フォームレターや電話番号帳に含めることができる。

クラウドの中の Contacts -- iCloud を使えば手軽に Contacts をあなたの iPhone や iPad に同期させることができるが、Android ベースのスマートフォンやタブレットを持っている場合はどうだろうか?

最も一般的なクロスプラットフォームの解決策は Google Contacts を使う方法だ。あなたの Mac も iPhone も iPad も、自動的に Google アカウントに接続することができる(Internet Accounts 環境設定枠で Google アカウントを追加し、その中で Contacts チェックボックスをチェックしておけばよい)ので、Google Contacts にある連絡先はすべてあなたの Apple デバイス上の Contacts アプリに持ち込むことができる。Internet Accounts 枠にリストされた他のどのサービスでも、連絡先に対応しているものならば同じやり方で Contacts にデータを持ち込める。

プラットフォーム横断で連絡先を共有する他の方法として、 Fruux などウェブベースのサービスを使うこともできる。Fruux はあなたの連絡先を保存し、どのようなアプリやオペレーティングシステムやデバイスであっても CardDAV プロトコルを理解するものならば何からでも利用できるようにする。例えば Thunderbird や、Android および Nokia スマートフォンも使える。(Fruux はまた CalDAV プロトコル経由のカレンダー共有にも対応している。)この種のサービスでは連絡先情報を他の人たちと共有することもできて、友人でも、家族でも、同僚でも、あなたが招待したい人を誰でもあなたの Fruux アドレスブックに招待して、その人たちに読み出し専用または読み書き可能のアクセス権を与えることができる。Fruux は二件の共有と二台のデバイスまでならば無料で使えるが、デバイス最大 10 台までで共有件数無制限で使えるようにするには Pro アカウント (月額 4 ユーロまたは年額 40 ユーロ) が必要となる。

Plaxo もまた、人気あるクラウドベースの同期サービスだ。Plaxo Platinum Sync サービス (月額 $5 または年額 $59.99) を使えばあなたの連絡先情報を Contacts、Outlook、Gmail、iPhone/iPad、Blackberry、Windows Mobile の間で共有できる。また、これらのプラットフォームの間でカレンダーイベントの共有もできる。

アドレスブックを書き出す -- 時には、連絡先情報を他のアプリケーションへ簡単に提供できることもある。何かのプログラムが単にその許可を求めて、それを許せばシームレスに情報が転送されることもある。けれども、連絡先情報を他へ読み込ませる前にあらかじめ書き出しておかねばならないこともある。

Contacts は二種類の書き出しフォーマットを提供できる。vCard フォーマットと、Contacts Archive だ。vCard は、さまざまのプラットフォーム上の多くのプログラムへ読み込ませるのに便利だ。一方 Contacts Archive は、あなたの連絡先情報を他の Mac でやはり Contacts を走らせているものへ転送する際にのみ使われる。

送り先のアプリがもしも vCard フォーマットを理解せずテキストファイルを要求した場合はどうするのか? 残念なことに、Contacts には単純なテキスト書き出しオプションがなく、連絡先情報をよくあるタブ区切りまたはコンマ区切りのテキストフォーマットで書き出すことはできない。幸いにも、他のユーティリティで、あなたの連絡先リストを読み込んでそれをコンマ区切りやタブ区切りのテキストファイルに書き出せるものがある。そのようなテキストファイルは Excel、FileMaker、Outlook、Salesforce.com といったプログラムに読み込ませるのに適している。その種のユーティリティの一つに、Subclassed の Export Address Book ($3.99) がある。小さくて素敵なこのアプリは、書き出すテキストファイルの中に、作成日付や変更日付など隠されたフィールドさえも含めてくれる。

Contacts を超えて -- Contacts のさまざまの機能をさらに拡張する他のアプリもいくつか市場に出回っている。

グループを色分けするための別インターフェイスとしては、iLifeTouch の Contact Book ($5) がお薦めだ。グループとグループの間で簡単に切り替えができ、連絡先情報にソーシャルメディアの情報を追加し、スライドショーを含む三種類の方法で検索ができるようにする。

機密情報を Contacts に保存したいけれどもそれが悪人の手に落ちないようにしたいと思うなら、Tension Software の Private Contact ($7) はどうだろうか。これは独立の連絡先マネージャでそのデータを暗号化するけれども、あなたの Mac 上の他のものと統合されておらず、秘密の詳細情報はセキュアなままに保つ。Contacts から読み込むことができ、色分けやカテゴリ分けもでき、その他のことも基本的に Contacts と同様に使えるように作られている。

全般的にもっと大幅にパワーが欲しいと思うなら、Chronos の SOHO Organizer ($99.99) を考慮してもよいかもしれない。階層的スマートグループ、iCloud 同期、オフライン対応、連絡先への添付ファイル送付、より賢い重複処理など、数々の強力な機能がある。本格機能の顧客関係管理ツールを探しているなら、Marketcircle の Daylite ($279.95) を調べてみるとよい。これはあなたが連絡先との間でするすべてのことを記録し、人々の間の関係性をあなたが定義できるようにし、しばらくの間やり取りをしなかった人たちをリストから外し、フォローアップを自動化し、その他さまざまのことができる。

最後の連絡 -- 確かに Contacts は家庭ユーザーを対象として作られているけれども、その広範なカスタマイズ機能のお陰で、実際はたいていの人が想像するよりずっと本格的な使用目的にむしろ向いている。他の Apple 製アプリとも独立のソフトウェアとも深く統合されているので、あなたの連絡先データをさまざまなやり方で使いこなすための基盤を提供するものともなっている。そしてもちろん、実際の Contacts アプリの使い勝手をあなたがどう思おうと、これは連絡先情報をあなたの iOS デバイスとの間でシームレスに同期するための中核となって働いている。

しかしながら、もしもあなたが Contacts が提供する以上のレベルのより堅牢な連絡先および関係性管理を求めているのならば、上で述べてきたようなユーティリティのいくつかを使えば、Contacts をあなたの望む働きができるツールへと変えることができるかもしれないし、それでも駄目ならば、Contacts を完全に置き換えるものとしてそちらを使うことができるかもしれない。

コメントリンク14299 この記事について | Tweet リンク14299


FunBITS: Google Play Music を検討する

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今日では、オンラインで音楽を聴くための合法的な選択肢が数限りなくあるように見える。まずは Spotify があって、デスクトップ上では無料でストリーミングが提供され、有料版を使えばモバイルアクセスもできる。そして Rdio もある。こちらは Spotify に洗練を加えた親戚のようなものだ。もちろん、Apple の iTunes Match もある。これはストリーミングサービスというよりもむしろ楽曲保存庫およびアップグレードサービスという性格が強く、その点は Amazon の Cloud Player と似ている。(大体において、この記事では Google Play Music を iTunes RadioPandora と比較するつもりはない。iTunes Radio や Pandora はステーションで聴かせるものを関連ある楽曲に限定しており、あなたが聴きたい曲を自分で指定できるようなものではないからだ。)

今挙げた四つのサービスは、基本的に二つのカテゴリに分類される。購読ベースのストリーミングサービスと、あなたの音楽をオンラインに保管する保存庫だ。Rdio と Spotify はあなたの個人的な音楽コレクションを保存することはできず、彼らがライセンスを保持していない楽曲を再生することはできない。一方 Apple と Amazon のやり方は、あなたが既に所有している楽曲をバックアップしてどこからでもそれを聴けるようにすればうまく働くが、購読タイプのもののように発見の喜びを提供できるものではない。

Google Play Music は、これら二つのやり方の橋渡しをする。あなたが持っている楽曲を 20,000 曲まで Google のクラウドに保存できる無料レベル(これに対して iTunes Match は 25,000 曲まで)があり、月額 $9.99 を払って有料の All Access レベルにすれば、あなた独自のライブラリにアップロードまたはマッチしたトラックを無制限にストリーミング鑑賞できるようになる。私の体験では、楽曲の取り揃えは Rdio と同じくらい良いと思うが、Rdio を超えるとまでは言い難い。Google Play Music には、Rdio のいたる所に転がっている「サンプル」トラックはない。料金は、Spotify の Premium plan とも Rdio のシングルユーザー Unlimited プランとも同額だ。[訳者注: 現在のところ、日本ではまだ Google Play Music が開始されていません。]

このサービスは長らく Apple ユーザーたちに無視されてきたが、最近になって iPhone 用に無料の Google Play Music アプリがリリースされて、二つの意味で調べてみる価値が生まれた。第一には、これが自分の音楽をクラウドに保存しバックアップするためのまたもう一つの手段であるからであり、第二には Rdio や Spotify と違って Google がライセンスを持たないため提供できない部分を自分自身が持っているコレクションで埋めることが可能となるからだ。例えば、Rdio も Spotify も Beatles や Led Zeppelin を持っていない。Google Play Music の All Access もやはり持っていないけれども、他のものたちとは違って、あなたが持っている Beatles や Led Zeppelin の楽曲をそのライブラリに加えることができる。(デスクトップ版の Spotify アプリはローカルに保存された楽曲を再生できるが、モバイルデバイスへの同期は USB 経由でしかできない。)

Apple ユーザーにとって、Google Play Music は三つのコンポーネントから成る。デスクトップで動く Music Manager アプリと、ウェブクライアントと、それから iPhone 用アプリだ。(それ以外に Android 用アプリもある。)以下で、それぞれを見て行こう。

Music Manager -- Music Manager はシンプルな Mac 用アプリケーションで、これを使ってあなたの楽曲を Google Music にアップロードする。これは音楽プレイヤーではない。初めて起動すると、音楽の保存場所を iTunes にするか、あなたのアカウントの Music フォルダにするか、それとも別のフォルダにするかと尋ねてくる。それから、あなたの音楽をすべてアップロードするか、それとも特定のプレイリスト一つだけをアップロードするか選ぶよう求められる。最後に、新しい楽曲を自動的にアップロードしたいか、ポッドキャストもアップロードしたいかという質問に答えなければならない。iTunes Match と同様、Google も楽曲を自社のデータベースと照合して可能な限りアップロードせずに済ませ、時間とバンド幅を節約しようとする。

セットアップが終われば、Music Manager はあなたのメニューバーに常駐し、何がアップロードされたかを追跡するとともに、ウェブベースの音楽プレイヤーを開いたり、環境設定にアクセスしたりできるようにする。環境設定はシステム環境設定に新設される Music Manager 枠の中で設定する。最初にあなたのコレクションをすべてアップロードしたのでない場合にも、あとでそうすることもできるし、別のプレイリストをアップロードしたり、楽曲をダウンロードしたりもできる。

image

これは驚くほどのことでもないが、Music Manager は DRM の付いたトラックをアップロードできないので、いまだに DRM 付きで購入した楽曲を持っているのなら、それを Google Play Music に加えることはできない。

ウェブ上の Google Play Music -- Google Play Music の核心はウェブクライアントにある。これが、あなたのコレクションを管理するための主要なインターフェイスとなる。

始める前に、強くお勧めしておきたい二つの設定項目がある。右上の歯車アイコンをクリックし、ポップアップメニューで Music Labs を選んで、Desktop Notifications と HTML5 Audio を両方とも有効にしておくのだ。前者は楽曲が変更された際に Chrome の中に簡潔な通知を表示するもの、後者は Google Play Music が Adobe Flash でなく HTML5 を使うようにするものだ。あなたがシステムレベルで Flash を削除していて、かつ (独自の Flash プレイヤーを内蔵する) Google Chrome でないブラウザを使っているなら、後者の設定がとりわけ重要となる。(この設定と関係なく、Google Play Music は依然として別のことのために Flash を必要とする。公平を期して言えば Rdio のウェブクライアントもやはり Flash を使っている。)

image

さて、Google Play Music ウェブクライアントのメインのインターフェイスに戻ろう。サイドバーにある選択肢は一目瞭然でほとんど説明を要しないだろう。Listen Now にはあなたが最近聴いたり、購入したり、アップロードしたりしたものが集まっていて、何を聴きたいか心が決まっていない場合には良い出発点として使えるだろう。Google はあなたが好きそうに思える音楽を推測して推薦してくれるが、あなたは個々のトラックで thumbs up か thumbs down を押すことで Google の推測をトレーニングできる。

image

My Library にはあなたがアップロードしたり購入したりした音楽が集まっていて、Artists、Albums、Songs、Genres の各タブにグループ分けされている。画像は個々に自動的に追加される。たいていの画像はアルバムの表紙からのものだが、Google がそのアーティストの良い画像を持っている場合はそちらが使われ、時には意外な感じになることもある。(Billy Joel が禿げているなんて私のイメージに合わない!)

image

Albums、Songs、Genres の各タブはすべてあなたの音楽を単純に集めたものだが、あなたが All Access の料金を払っていると Artists タブがものすごいことになりかねない。アーティスト名をクリックすると、略歴の情報が読め、ラジオステーションを開始することができ、あなたのライブラリから曲を再生でき、Google Play から入手可能な曲を一覧でき、関連するアーティストも見られる。大量の情報には違いないが、いったん慣れれば素晴らしい発見ツールとして使える。略歴情報はとても詳しくて興味深い。

image

私が Google Play Music で気に入っているものの一つは、クラウドにあるトラックやアルバムのメタデータを編集できる機能だ。私は自分の iTunes ライブラリの中ではメタデータを修正済みだったけれども、iTunes Match は頑固にも古いメタデータに固執し続け、私がいったんすべてを削除して初めからやり直してもその点は変わらなかった。その一方で、Google Play Music を使えば、トラックやアルバムの横にある(三つの箱が積み上げられたような形の)オプションボタンをクリックしてから Edit Info を選ぶとメタデータの更新ができる。Google はメタデータを埋めるよう推奨さえしている。

image

これは All Access 購読者のみに使える機能だが、Radio 機能は Pandora や iTunes Radio、あるいは Spotify や Rdio にある類似の機能とよく似ている。特定のアーティスト、アルバム、またはジャンルに基づいて、カスタマイズされたラジオ局を作ることができる。ジャンルに基づいた多数のステーションが内蔵されているし、New Station をクリックしてあなた自身のステーションを作ることもできる。また、インターフェイスの他のあちこちの場所からもステーションを作成できるので、これはまず見逃しようのない機能だ。Listen Now 枠には "I'm feeling lucky radio" というステーションもあって、ここでは Google があなたが好きだと推測したトラックがランダムに再生される。(All Access を購読していない場合は Radio の代わりに "mixes" と表示され、あなたがアップロードしたトラックの中から選んで再生される。)

Pandora、iTunes Radio、Spotify、Rdio といったものと比較して、Google のラジオ機能は、広告もなくスキップも無制限であるにもかかわらず、私には退屈に思えた。個々の楽曲に thumbs up または thumbs down を入れられるが、それ以外に何のカスタマイズ機能もない。毎月 $9.99 も払っているのだから、やはりこれではまずいだろう。無料レベルの iTunes Radio でさえ、ステーションにアーティストを追加したり、アーティストを除外したり、ヒット曲優先または無名トラック優先でステーションを調整したりもできる。ラジオサービスがいろいろある中で私が一番好きなのは Rdio で、上記のことがすべて設定できるのみならず、私の選んだアーティスト のみ をステーションが再生するようにもできる。Google もそのようなオプションを追加してくれればいいのにと思う。

Google のラジオで利用できるオプションとしては、露骨な歌詞のあるラジオトラックをブロックしたり含めたりできる。右上の歯車アイコンをクリックし、Music Settings を選び、"Block explicit songs in radio" のチェックを入れたり外したりすればよい。デフォルトでは、露骨な曲はオフになっている。

image

Explore 枠は All Access を購読している場合にのみ見えるようになるが、新たな音楽を発見する助けになる。数多くの特集プレイリストや、トップアルバム、トップヒット曲が紹介される。

image

では、実際の音楽の再生はどうだろうか? 大体においてはきちんと動作するし、まさに予想通りのレベルと言える。ただ一つ問題があって、これは私も Adam Engst もテストしながら気付いたことだが、時折、音楽が再生されている最中に 1 秒間ほどブーンという音がするのだ。とても不快で、Google には早く直して欲しいと思う。

再生コントロールはページの一番下のところに出る。ほとんどがお馴染みのもので一目瞭然だが、分かりにくいものもいくつかある。ここでもやはり、三つの箱が積み上げられたような形のアイコンが、いろいろのオプションを含んだポップアップメニューを呼び出す。オプションとしては、曲に基づいたラジオステーションを開始、その曲をあなたのライブラリまたはプレイリストに追加、Google+ でその曲を共有、といったものがある。ウェブページとして当然予想できる通り、どの表示の中でもアーティスト名やアルバム名ならほとんどどれでもクリックすれば、それに付随したトラックのリストが見られる。この点は Rdio や Spotify でも同じだが、iTunes ではそうなっていない。

image

Google Play Music で曲のランク付けをするデフォルトの手段は、thumbs up と thumbs down のアイコンだ。星いくつのランク付けにするか悩むよりも、この二つのアイコンから選ぶ方がずっとシンプルなので私は好きだ。星の数によるランク付けの方が好きならば、そちらを使うオプションが Music Labs の中にある。

四分音符の横に三本の線があるアイコンは、あなたの現在のキューを呼び出す。それはプレイリストであっても、ラジオステーションであっても、アルバムであっても構わない。キューの中で曲をドラッグ&ドロップすれば並べ替えができる。一つの曲の上にポインタをかざせば、さきほどと同じ三つの箱が積み上げられたオプションボタンと、thumbs up と thumbs down のボタンが出る。

最後にもう一つ、コントロールの一番左に、小さなアルバムアートのアイコンが見える。これをクリックすれば、そのアルバムアートがブラウザウィンドウ一杯に広がる。残念ながら、これはお粗末なデザインの実例だ。Google は中くらいのサイズの、低解像度のアルバム写真を採用して、それをブラウザウィンドウ一杯になるまで拡大するので、非常に雑な見栄えとなる。音楽の再生中にはこの写真が動き回り、そのことはとても素敵なのだが、画像がぼやけてしまっているのでいずれにしても気を散らされる結果となる。

image

これを、Rdio がアルバムアートを表示する方法と、意図されているサイズのままで、比べてみよう。こちらも、背景の中で、やはりアルバムアートが拡大されているけれども、ちょっとそれらしく見せるために、かなりぼやかされている。Rdio ではトラックリストやその他の便利な情報も表示されるので、これは単なる見栄えのためだけのものではない。

image

もちろん、この小さなアルバムアートのボタンなんて見逃されがちだし、こんなことは問題にもならないかもしれないが、でもこういうことこそまさに、エンドユーザーに大きな喜びを与えるかもしれないちょっとした細々とした点をいかに Google が無視してしまっているかの実例と言える。解決が困難な問題でもないので、どうか、Google Play Music 開発チームの皆さん、何か手を打って頂きたい。

もう一つの頭痛の種は、デスクトップ上での Google Play Music がブラウザベースなので、統一的なキーボードショートカットがないことだ。確かに、そのウィンドウにフォーカスがあれば、スペースバーを押して再生と一時停止ができ、左矢印キーををしてスキップして戻り、右矢印キーを押して先へスキップすることができる。でも、それだけでは十分でない。妻が部屋に入ってきて私に話しかける度に、音楽を一時停止させるためにブラウザのタブを探し回らなければならないのは困る。

Google にはやはり Mac OS X 用のクライアントを作って欲しいが、彼らが Chrome、iOS、Android に焦点を当てている現状では、実現は難しいのだろう。でも少なくとも、この機能を追加するための Chrome 拡張くらいは作れるはずだ。また、Google Play Music 専用のサイト特定ブラウザ版の Chrome ができれば、ブラウザの中の一つのタブでなく独立の Mac アプリケーションとして使えるだろう。 Bracken King がブログに書いた解説記事の終わりのところでリンクされている AppleScript を試してみることもできる。

幸いにも、私は Keyboard Maestro を使って独自の解決を得ることができた。私は 三つのマクロを使っている。一つは再生と一時停止、一つは後方スキップ、もう一つは前方スキップに使う。それぞれ、Control-Space、Fn-Control-左矢印、Fn-Control-右矢印で呼び出す。このマクロはまず Chrome の第二のタブに切り替えてから、適切なキーボードショートカットを呼び出し、それから元のタブに戻しておいて、それまで使っていたアプリケーションに戻す。結果としてこれはうまく機能するが、ただし、そのためには Google Play Music が常に第二のタブになければならない。でも、いずれにしてもそこをピン留めしておく必要はある。(タブを Control-クリックすればピン留めされる。)お使いの際には、Keyboard Maestro のマクロエディタを使ってあなたの好みのショートカットとタブに置き換えて頂きたい。

最後に、プレイリストについても触れておこう。サイドバーの Playlists 見出しの隣にある + ボタンを使って、公開用または個人用のプレイリストを作成できる。また、iTunes からプレイリストを読み込めば自動的に Google プレイリストに変換される。そこにトラックを追加するには、曲をサイドバー上のプレイリストの上にドラッグ&ドロップしてもよいし、曲のオプションボタンをクリックして Add to Playlist 階層メニューから選んでもよい。

image

Google Play Music は自動的に作成されるプレイリストもいくつか提供する。私はこれが大好きだ。なぜなら、プレイリストの作成は面倒だからだ。あなたのキューは自動的にプレイリストとなり、あなたが thumbs up とした曲はすべて一つのプレイリストに追加される。その他のプレイリストでは、最近あなたのコレクションに加わった音楽、購入したトラック、あるいは Google+ におけるあなたの友だちが共有した音楽、などがカプセル化される。

Google Play Music のソーシャルな側面は興味深い。Rdio ではソーシャルがすべてで、このサービスに友人たちを追加すれば、その後は彼らが聴いているものすべてをあなたも見ることができる。Google はそこまで立ち入ったことはしない。共有機能は明示的に指定したものに限られるからだ。Google の欠点はそれが Google+ のみに依存していることで、これが好みのソーシャルネットワークでない人たちもいる。もちろん、ソーシャルと音楽は必ずしもうまくフィットしないことも多い。あなたが誰かと(実世界にせよオンラインにせよ)友だちだからといって、その人と音楽の趣味が合うとは限らない。

iPhone 上の Google Play Music -- iPhone 用の Google Play Music アプリは、インターフェイスの面でも機能の面でもウェブクライアントと似ているので、ここでは細かい点を繰り返すことはしない。でも、おそらくあなたはいくつか質問をお持ちだろう。そうでしょう?

まずはあなたの最初の質問に答えよう。その通り、あなたの iPhone に音楽をダウンロードすることができる。あなたがアップロードしたトラックも、All Access にあるトラックもできる。アルバムまたはプレイリストを選び、下向き矢印のアイコンをタップすれば、その中の曲がダウンロードされる。ストレージ容量を空けたければ、サイドのメニューを呼び出し、歯車アイコンをタップし、"Remove all downloaded music" をタップすればよい。

image

奇妙なことに、この iPhone アプリにはあなたの Auto Playlists が含まれない。これが単なる見落としであって、近々追加されると願いたい。けれども、Android 版のアプリでさえも、"Last added" と "Free and purchased" しか含めていない。

さて、あなたの二つ目の質問に答えれば、Google Play Music には iPhone 用のアプリしかない。iPad 用に最適化されたバージョンはまだない。ただし幸いにも、この iPhone 用アプリは iPad 上でも使える。実際、iPad 上ではまるで Android タブレットのアプリみたいに見える。なぜなら、Android アプリの大多数は大きなスクリーン用の最適化を受けずただ拡大されただけのものだからだ。

嬉しいことに、この Google Play Music アプリではバンド幅使用のコントロールができる。設定画面で、Wi-Fi 経由のみでのストリーミングを選べる。もしもそれでは制限が過ぎると思うのならば、"Mobile networks stream quality" をタップして、セルラー接続しかない場合の接続品質を Low、Normal、High のうちから選ぶことができる。

このアプリは AirPlay もサポートしているが、それだけでなく Chromecast もサポートしている。これは Google 製の $35 用の TV ドングルで、切実にコンテンツの不足に悩んでいる。(2013 年 7 月 30 日の記事“Apple ユーザーのために Google の Chromecast をテストする”参照。)Chromecast ボタンをタップし、デバイスを選べば、あなたの音楽がテレビから流れる。残念ながら、実装にはバグが多いようだ。Chromecast の接続を切った後も、依然として Google Play Music はテレビ画面に出たまま残る。これを修正するには、例えば YouTube など他のアプリからいったん何かをキャストし、その後そのアプリからキャストを止めればよい。

image

最後にもう一曲 -- 全体として、私は Google Play Music の All Access レベルは魅力あるサービスだと思った。私はかなり以前から Rdio を購読していて、その Mac 用クライアントと全体的なデザインの方が優れているとは思うけれども、Google Play Music はファミリープランに追加の出費をせずとも複数のデバイスへ音楽をストリーミングできるという点と、自分自身の音楽も保管して再生できるという点で、断然 Rdio に優っている。

Rdio の話のついでに、最近同社は人員削減を発表したが、あなたがもし Rdio を使っていてかつ皮肉屋の性格を持っているなら、今こそ別のものに乗り換えることを考えるべきタイミングかもしれない。

とはいえ、Google Play Music にもいくつか問題点があって、ぜひ対処してもらいたいと私は思っている。いずれも致命的というほどのものではないが、いずれも Google ほどの技術力のある会社ならば比較的簡単に対処できるものに違いないと思う。

こうして書いてみるといずれもマイナーなあら探しに違いないし、無視できるものや回避できるものもある。だから、もしもあなたが自分自身が持っている音楽とまだ持っていない 2 千万曲の音楽との両方にアクセスできるサービスを探しているのなら、Google Play Music を使ってみれば間違いないだろう。

コメントリンク14318 この記事について | Tweet リンク14318


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2013 年 11 月 25 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

ChronoSync 4.4.3 及び ChronoAgent 1.4.4 -- Econ Technologies は ChronoSync 4.4.3 と ChronoAgent 1.4.4 をリリースし、OS X 10.9 Mavericks を走らせている人のためのバグ修正を行った。 ChronoSync 4.4.3 及び ChronoAgent 1.4.4 の両方とも、スキャンしたフォルダが読み取り許可を持たない場合に致命的なエラーとなるバグ、そして頭に波形文字を持つ一時ファイルを処理する時のクラッシュを引き起こすバグに対する修正を提供している。また ChronoSync 同期/バックアップアプリは、ファイルを目的のアーカイブに移動する時に発生する問題を解決、アプリが例外を報告しようとした時にクラッシュする幾つかの事例を修正、そして Unicode のファイル名の処理をより効率的に行えるようになる。 ChronoSync 及び ChronoAgent に対する完全なリリースノートも出ている。(新規購入の ChronoSync $40、新規の ChronoAgent $10;無料アップデート; 27.1 MB, 10.6 MB)

ChronoSync 4.4.3 と ChronoAgent 1.4.4 に対するコメントリンク:

Evernote 5.4.3 -- 会社名を製品名としたこの情報管理アプリをバージョン 5.4.3 にアップデートして、Evernote は OS X 10.9 Mavericks 及び ScanSnap Evernote Edition スキャナーへのサポートを改善している。このアップデートで、PDF から頁の向きを変えたり或は削除したり、注釈付の PDF にマークアップ要約頁を加えたり、複数の頁を反転させたり、向きを変えたり出来る様になる。Evernote 5.4.3 はまた画像を Web ブラウザからアプリにドラッグすることに対するサポートを改善している。この最新リリースに関して既に分かっている問題は、Mavericks を走らせている時 Evernote 内に作られたノートを Spotlight がインデックス出来ないことだが、修正すると約束している。(Evernote 或は Mac App Store から無料、50.6 MB)

Evernote 5.4.3 に対するコメントリンク:

AirPort Base Station Firmware Update 7.7.2 -- Apple は今年早くにリリースされた 802.11ac 付きの AirPort Extreme 及び AirPort Time Capsule ベースステーションに対する AirPort Base Station Firmware Update 7.7.2 をリリースした ("Apple 動作時間のより長い MacBook Air、より高速の AirPort をリリース" 10 June 2013 参照)。このアップデートは、AirPort Extreme に接続された USB ハードドライブが Time Machine に対して使用可能ディスクとして認識されないバグを修正、WAN 接続での間欠的な接続不良を起こす問題を解決、そしてネットワークループを引き起こす可能性のある問題に対処している。AirPort ベースステーションのアップデートは、Mac 又は iOS 機器で無料の AirPort Utility がインストールされた状態でその AirPort Utility を使って行わなければならない (Apple Support Web ページ経由のダウンロードはない)。

AirPort Base Station Firmware Update 7.7.2 に対するコメントリンク:

CloudPull 2.5.3 -- Golden Hill Software は CloudPull 2.5.3 をリリースし、数多くの改良とバグ修正を盛り込んだ。この Google データバックアップアプリケーションは、あなたの受信メールフォルダが "INBOX" と名付けられていなくとも見つかることを確実にし、Gmail メッセージがダウンロードされる許容時間を延長、Gmail メッセージをダウンロードしている時のエラー処理の改善を追加、Google Calendar がバックアップされない問題を回避するためカレンダーイベントの新しいリストを復元、メールメッセージがラベル付けされていないと誤って表示される問題を修正、そして毎回のバックアップサイクルの始めにバックアップ収納場所に以前のバックアップファイル全てが存在していることを確認する。(新規購入 $24.99、TidBIT会員は 20% 引き、無料アップデート。9.7 MB, リリースノート)

CloudPull 2.5.3 に対するコメントリンク:

Mactracker 7.2.1 -- Ian Page は Mactracker 7.2 をリリースし、盛り沢山の最近の Mac と iOS リリースをその人気の Apple 製品百科事典に追加した。2013 年後半のハードウェアリリース (MacBook Pro, iMac, iPad Air, iPad mini, iPhone 5s, そして iPhone 5c が含まれる) に加えて、Mactracker は OS X 10.9 Mavericks, OS X Server 3.0, そして iOS 7 のリリースからの詳細も追加している。このアップデートは、Mavericks に対応し、数多くの初期の Mac モデルにケース色の詳細を追加;MacBook, MacBook Pro, そして MacBook Air モデルに対し Maximum Battery Cycle Count 情報を提供;そして iPhone と iPad モデルに対して Intelligent Assistant 及び Processor Architecture 情報を追加している。バージョン 7.2 がリリースされてすぐに、Mactracker はバージョン 7.2.1 へとアップデートし、最新の iOS リリースやその他の小規模な変更と追加の詳細を載せた。この記事を書いている時点では、Mac App Store バージョンは未だバージョン 7.2.1 にはなっていない。(無料、32.7 MB, リリースノート)

Mactracker 7.2.1 に対するコメントリンク:

iMovie 10.0.1 -- Apple は iMovie 10.0.1 をリリースした。これにより以前のプロセシングカードを持つ Mac の幾つかにもこのビデオ編集アプリがインストール出来る。最近リリースされた iMovie 10.0 ("無料の新 iLife、iWork アプリはデバイスとプラットフォームを横断" 22 October 2013 参照) ではリリース時点で OpenCL 対応のビデオカードが必要であった。iMovie 10.0.1 ではその要件を改訂し幾つかの旧型のビデオカードも含まれるようになった - しかし Apple はどのビデオカードが対応しているのかを明らかにしていない。このアップデートではまた以前のバージョンの iMovie からプロジェクトやイベントをアップデートする時に iMovie が突然終了したり反応しなくなるバグを修正している。(Mac App Store からの新規購入 $14.99、無料アップデート、1.94 GB)

iMovie 10.0.1 に対するコメントリンク:

1Password 4.0.9 -- AgileBits は 1Password 4.0.8 をリリースして、ソフトウェアライセンスを追加したりアップデートするのに簡単な新しい方法を提供している - アプリを 1Password のドックアイコン上にドラッグ&ドロップするだけでいい。このアップデートではまた Windows ベースの .1pif ファイルを Finder でダブルクリックすることでインポート出来る様になり、データベースファイルが毀損し最新のバックアップが復元されねばならない時に教えてくれ (1Password mini 経由で)、そして同期する性能が向上した。バージョン 4.0.8 のリリースのすぐ後に、AgileBits は 1Password 4.0.9 をリリースし、幾つかのクラッシュ事例を修正した。事例に含まれるのは、OS X 10.9 Mavericks のアイテムを編集しようとする時、そして現在のヴォールトを同時に編集そして変更しようとする時である。これを書いている時点では、Mac App Store バージョンはバージョン 4.0.8 で止まったままである。(新規購入 $49.99、無料アップデート、35.5 MB, リリースノート)

1Password 4.0.9 に対するコメントリンク:

Mailplane 3.1 -- Uncomplex は Mailplane 3.1 をリリースし、この Gmail 専用のメールクライアントに対する数多くの改良を加えた。このアップデートで、無制限の数の Gmail アカウント間での切り替えが出来る様になり (これまでは Mailplane は 10 アカウント迄に制限していた)、メニューバーと Dock での未読メッセージ通知を出さないようにするオプションを追加 (至る所であなたを嘲る未読メッセージ数を見る必要がなければ)、メッセージを印刷する時 Gmail ヘッダーを自動的に隠す、OS X 10.9 Mavericks での Office 書類の Quick Look プレビューを修正、そして Google の最近アップデートされたサインインインターフェースに関するバグを修正している。(新規購入 $24.95、無料アップデート、17.2 MB, リリースノート)

Mailplane 3.1 に対するコメントリンク:

Microsoft Office 2011 14.3.9 -- Microsoft は Office 2011 をバージョン 14.3.9 にアップデートし、幾つかの改良を Outlook に加えた。このリリースでは、新しく構成された Yahoo Mail と Outlook.com アカウントをデフォルトでは POP ではなく IMAP として扱い、求められた時受領済証を送るかどうかを決めるオプションを追加、会話スレッドを改善、そしてある種のプロキシサーバーが使われた時 Outlook が Exchange に接続できないバグを修正している。更に、OS X 10.9 Mavericks 上で Word 2011 の Polish 現地化を開く時クラッシュするのを修正している。(Office for Mac Web サイト経由か Microsoft AutoUpdate から無料アップデート、113 MB, リリースノート)

Microsoft Office 2011 14.3.9 に対するコメントリンク:


ExtraBITS、2013 年 11 月 25 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS では祝うべきことがたくさんある。Adam と Tonya Engst 夫妻が MacVoices ポッドキャストで Take Control の十周年について Chuck Joiner と語り合い、Google が "Doctor Who" の 50 周年を記念して特別号の Doodle を出し、Joe Kissell は Panel ポッドキャストで Thanksgiving のために七面鳥料理を語った。また、iPhone 5s を従来の機種と比較したテストや、Snapchat の目的に関する考察、Apple が水に浸ったデバイスにも対価を支払うようになったこと、それから Google による自動運転の自動車もある。

Adam と Tonya Engst 夫妻が MacVoices で Take Control の十周年を語る -- 今回の MacVoices ポッドキャストでは、Adam と Tonya Engst 夫妻がホストの Chuck Joiner とともに Take Control 電子ブックの十年間について語る。けれどもこれは単なる昔話の焼き直しとはならず、話題は思いがけない方向に向かった。"Take Control" という名前がいったいどこから来たのか、なぜ「シリーズ」というのが重要な概念であるか、Take Control の制作プロセスが長年にわたってどのように、そしてなぜ、変化してきたか、それからプロフェッショナルの出版をするとは何を意味するか、といったことが語られた。出版の世界に少しでも興味があれば、聴いてみる価値は十分あるだろう。

コメントリンク: 14327

Google Doodle で Doctor Who の 50 周年を祝おう -- 英国のSFシリーズ "Doctor Who" の 50 周年を記念して、Google が精巧な "doodle" (いたずら書き) を作り上げた。これは実際レトロ調の Doctor Who ゲームになっている。11 人いる Doctor の誰かを選んで、Dalek、Cybermen、Weeping Angel などを避けながら、時空を横切る旅ができる。特に素敵なのは、あなたの Doctor が死ぬと、次の生まれ変わりとなって生き返るところだ。

コメントリンク: 14326

Joe Kissell、Panel で七面鳥料理を語る -- 私たちスタッフの一員 Joe Kissell が "Take Control of Thanksgiving Dinner" のグルメの著者という立場で Panel ポッドキャストに出演し、Thanksgiving (感謝祭) のディナーについて語り合った。共演したのはホストの Benjamin Alexander と、Food Safety Talk ポッドキャストのホスト Ben Chapman と Don Schaffner という面々だ。七面鳥の料理に最適な温度計はどのタイプかという話題も出たし、食の安全に関する熱を帯びた議論もあり、パンプキンパイ(カボチャのパイ)で死ぬことがあるかという議論も出た。

コメントリンク: 143

すべての iPhone モデルにわたる素晴らしき速度比較 -- iPhone 5s に搭載された A7 チップが iPhone を輝かせるプロセッサのうち最高速のものであることに疑問の余地はないが、実際そのパフォーマンスは過去の世代の iPhone に載っていたものと比較してどの程度なのか? この興味深い YouTube ビデオの中で、EverythingApplePro というユーザーが八つの iPhone モデルを取り揃え、電源のオン・オフにかかる時間、およびいくつかのウェブサイトのロードにかかる時間を比較してみせている。

コメントリンク: 14317

Snapchat 騒ぎに当惑しているって? -- 私たちも当惑している。知らない人のために言っておくと、Snapchat というサービスを使って写真を撮ったり注釈を書き加えたりし、それを友人たちに送ることができ、閲覧されたらしばらくすると写真が「消える」ようにできる。(ただし、消える前に写真を受け取った人がスナップショットを撮ることができるので、短命な写真という概念そのものの意味が失われているが。)この会社は、特に 13 歳から 23 歳までという層に圧倒的な人気を得ており、やり取りされる写真の枚数は一日当たり 3 億 5 千万枚に達していて、何の収入またはビジネスモデルもないにもかかわらず最近 Facebook からの 3 千億ドルの買収の申し出を断わったことで話題になった。詳しい解説と分析が Roy Murdock の素晴らしい記事で読める。そして、記事のタイトルが彼の結論をそのまま示している:「私の頭がおかしいのか? Snapchat は本質的に無価値だ。」

コメントリンク: 14316

Apple、今は浸水したデバイスにも対価を支払う -- Apple の Reuse and Recycling Program プログラムが、水没したデバイスを Apple Store ギフトカードに交換してくれるようになった。従来は、Apple の下取りプログラムに水没した iPhone、iPad、または Mac を出すことはできなかったが、CNET の記事によれば、Apple は水没した iPhone でも 32 GB Verizon iPhone 5 でまだ動作するものならば $235 分と引き換えてくれるという。水没していないものならば $265 だ。動作しなくなったデバイスならば $35 の価値となるが、それでもないよりはましだろう。

コメントリンク: 14309

自動運転自動車の過去・現在・未来 -- Google が世の中に最も大きなインパクトを与えたのは、その検索エンジンではなくて、同社が自動運転の自動車に注ぎ込んだ開発力ではないのか? その答は今後何年も、ひょっとすると何十年も経たなければ判明しないだろうが、Burkhard Bilger によるこの New Yorker 記事を読めば、テクノロジーはもはや障害となる要素ではないという。その代わりに法律と、法的責任負担、および社会の変化の問題が中心となる。

コメントリンク: 14388


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2013 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2013年 11月 29日 金曜日, S. HOSOKAWA