TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1205/13-Jan-2014

今年も Consumer Electronics Show の会場から、Jeff Porten が現地報告をたっぷりお届けする。CES らしくギーク感満載の奇妙な組み合わせは、ロボットたち、仮想の母親、良い魔女と、手つかずのサラダ、といった具合だ。もっと実際的な方向に目を向ければ、Gmail ユーザーが他人の Google+ アカウントあてにそのアカウントの持ち主の電子メールアドレスを知らずに電子メールを送信できるという Gmail の新機能をオフにする方法を Adam Engst が説明し、Josh Centers は複数の電子メールアドレスを持つ人が Google Docs 共有で不満を回避できる便利な方法を紹介するとともに、彼自身がポッドキャスト制作のために使っているセットアップと手順を詳しく語る。また今週も Josh の "Take Control of Apple TV" の最新の章が TidBITS 会員用に出され、今回は Apple TV を経由したプレゼンテーションを扱う。Adam は四六時中仕事漬けでないことを実証しようと、彼の初めての FunBITS 記事として iOS 用の You Are Your Own Gym アプリで新年を機会にシェイプアップを始めた体験を語る。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Default Folder X 4.6.2、Dropbox 2.6.2、1Password 4.1.3 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Google Docs 共有の不満を解消

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

たった一つのメールアドレスしか持っていなかった時の人生はもっと単純だった。それが今では三つもある:一つはオンラインアカウント管理用、個人用のやり取りに一つ、そして仕事用メールのための TidBITS メールエイリアスである。

メール自体の管理は何も難しくないが、TidBITS 寄稿者が Google Docs にホストされた記事草稿を私の TidBITS メールエイリアス経由で共有しようとすると途端に話は難しくなる。これは私の TidBITS メールエイリアスが Google アカウントではなく、恐ろしげな "You need permission" エラーを受け取ることとなり、その書類にアクセス出来ない結果となるからである。

image

幸いに、あなたの Google Account に複数のメールアドレスを関連付ける簡単な方法,があるので、一旦設定してしまえば、書類はどの関連アドレスからでも共有出来るようになる。あなたの Google アカウントに対する Email & Phone 設定ページに行き (パスワードの入力が必要)、それから "Other Emails" の下で Edit リンクをクリックする。

こうすると Manage Account Information ページに案内され、一番下にテキストフィールドがあるので、そこに代替のメールドレスを入力出来る。アドレスを入力して Save をクリックすると、Google はそのアドレスに確認用のメールを送付する。そのメッセージにあるリンクをクリックすると、そのメールアドレスはあなたの Google アカウントに関連付けられ、誰かが Google Doc を共有する時にも対応出来る。もし関連付けたメールアドレスを削除したい場合は、Manage Account Information ページに戻って、削除したいメールアドレスの左に位置する X をクリックする。

image

残念ながら、一つのメールアドレスは一度に一つの Google アカウントとしか関連付けられない。一つの Gmail アドレスは一つの Google アカウントに直接マップされているので、それを別の Google アカウントに関連付けることは出来ない。そして、Apple ID と同様、現在複数の Google アカウントを統合する術は与えられていない。(いい加減にしてよ、昔複数のアカウントを許したり或は強制したりして混乱の元を作ったのはそちらなんだから、統合させてよ!)

この様にして、主たる Google アカウントに代替メールアドレスを関連付けることで、複数のメールアカウントを使う煩わしさの一部を取り除くことが出来るが、他にも小さな恩典がある。例えば、この代替メールアドレスを使って Google サービスにサインインすることが出来 (大抵の場合は - しかし主たるアドレスが使われなければならない場面に遭遇したこともある)、そして緊急の場合、こちらから自分のパスワードを回復させることも可能である。

コメントリンク14413 この記事について | Tweet リンク14413


"Take Control of Apple TV" の Chapter 9、入手可に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple TV をただ単に娯楽のためのものだと切り捨ててしまうのは簡単である - Netflix から映画を観る、iTunes Radio から音楽を聴く、或は Flickr から休暇の写真を写すといった類である。しかし、しばし一歩下がって Apple TV は AirPlay の出力先として働けるという事実を考えてみて欲しい。これを使うと、iPad や iPhone の画面を大画面 TV、プロジェクター、或は教室の SMART Board に映すことが出来る。もしよく旅に出てプレゼンをする機会が多いのであれば、小さな Apple TV を鞄に放り込んでおくことで、自分の iPad の周りに皆に集まってもらうのではなく、機種を選ばずにそこにあるプロジェクターに接続することが可能になるという違いが出てくる。

"Take Control of Apple TV" の Chapter 9, "Present with Apple TV" で、Josh Centers はあなたが遭遇するディスプレイがどんなものであれ Apple TV を接続できるようにするアダプターやケーブルがどんなものであるかを説明する。それから Keynote プレゼンテーションをあなたの iOS 機器に載せるやり方、紙や物体を iOS 機器のカメラを使って大画面に映すやり方 (そのためのアプリがある)、そして遠隔プレゼンターに連携させるやり方に対するヒントを提供する。Josh はまた Apple TV の Conference Room Display モードがどの様に働くのかも説明する - この機能の目的は、共通会議室に設置された Apple TV にどの様に接続するのかをどんな人でも見当がつけられるよう手助けをすることである。

いつもの様に、Chapter 1, "Introducing Apple TV" は "Take Control of Apple TV" が何を取り上げようとしているのかを知って貰うため、誰にでも読んで貰える。あと数週間で、この本は PDF, EPUB, そして Mobipocket (Kindle) フォーマットで入手可となり、そして TidBITS 会員はこの本に限らず全ての Take Control タイトルが 30% 引きで入手出来る。それまでの間、TidBITS 会員は以下の章を読みそしてコメント出来る:

我々は TidBITS 会員がこの "Take Control of Apple TV" の早見を楽しんで来られたことを願うと同時に、もし皆さんがまだ TidBITS 会員プログラムに参加していないのであれば、これは我々が皆さんの支援に感謝する数多くの特典の一つに過ぎないことを申し上げておきたい。我々はメディア大企業の様に金持ちではなく、読者からの支援が我々の財源の大部分を占めそして我々が TidBITS を毎週皆さんのもとにお届けするのを可能にしている。 TidBITS 会員プログラムが我々にとって何を意味するのかを感じ取って頂くためにも、"2014 年の TidBITS を TidBITS 会員プログラムを通して支援して" (9 December 2013) を見て頂きたい。

コメントリンク14423 この記事について | Tweet リンク14423


CES 2014: Pepcom 体験と空飛ぶ猿

  文: Jeff Porten: jporten@gmail.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Mirage ホテルの Pepcom Experience イベントの会場からこんにちは。ここには飲み物がたっぷりあり、デザートは素晴らしく、良い魔女 Glenda は「誰もサラダなんか好きじゃないわ」と独り言を言う。

今の最後の一言にはたぶん注釈が必要だろう。"The Gizmos of Oz" (オズの魔法仕掛け) というのが今回のイベントのテーマで、ちょっぴり奇妙なことに、彼らはわざわざ俳優たちを雇ってオズの魔法使いの登場人物たちの完璧な扮装をさせ、会場を歩き回らせた。私は Dorothy にも、悪い魔女にも、良い魔女 Glenda にも、Scarecrow (かかし) にも、Tin Man (ブリキの木こり) にも出会った。けれども Jack Pumpkinhead (カボチャ頭のジャック) の姿はどこにも見当たらなかった。まあ、それで良かったのだと思う。目の前にカボチャ頭を見たら相当怖いだろうから。良い魔女 Glenda は取り尽くされたビュッフェテーブルの一隅、そこだけ綺麗に手を付けられず残っているサラダのコーナーの横を通り過ぎながら、さきほどの一言をつぶやいた。

Poppy 3D -- 私が最初に見た魔法の仕掛けは(煙でなく)鏡を使って不思議な技を成し遂げる。Hack Things の Poppy は、iPhone 4 かそれ以降(または第五世代 iPod touch)を 3D 立体画像カメラ兼ビューワーに変える。iPhone を Poppy に差し込んでから、Poppy の外側部分を 180 度回転させれば、見え方のほんの少し異なる二枚の写真またはビデオを横に並べたものが撮影できる。それからまた元の向きに回転させれば、今度はカメラがビューワーとなり、3D でビデオを鑑賞できる。子供のころ View-Master に馴染んで育った人は(驚くなかれ発売されて 70 年経った今も View-Master は健在だ!)Poppy を使うと何とも言えない郷愁を感じるだろう。Poppy は Hack Things から $59 で販売中だ。

image

Binatone Brick -- これも懐かしい思い出の部類に属するが、1980 年代のファッション哲学を呼び戻すかのような Binatone Brick は、2G GSM SIM カードを差し込むだけで、iPhone 用の Bluetooth ハンドセットか、または独立動作の携帯電話として使える。(これを持つことでユーザーにどのような哲学が備わるのかは読者への宿題としておこう。)Agent 86[訳者注: アメリカのテレビドラマ「それ行けスマート」の主人公]が使う靴の電話機よりほんの少し小さい程度のこの Brick は、肩と耳の間でしっかりと挟んで使えるハンドセットが好みの人のためにデザインされている。大きな本体サイズの利点として、この $69.99 の Brick は何と 14 時間の連続通話ができ、microSD カードや FM ラジオからの音楽をスピーカーを通して再生でき、LED 懐中電灯機能もあり、余裕たっぷりのバッテリから他のもっとモダンなデバイスを充電できる機能さえある。

image

Seagate Backup Plus と LaCie Sphere ドライブ -- Seagate と LaCie は両社とも、新型のハードドライブで私を振り向かせた。Seagate は二種類の極めて実用的な、びっくりするほど小さな、携帯用ドライブを Backup Plus ポータブルドライブシリーズの新機種として展示していた。4 TB の Backup Plus Fast モデル (117 × 83 mm、307 グラム) の価格は $269.99 で、2 TB の Backup Plus Slim モデル (114 × 76 mm、150 グラム) の方はその半分の重さで価格は $149 だ。いずれも USB 3.0 を利用する。一方、Seagate の子会社 LaCie は、銀色の Sphere ドライブを展示していた。銀製品で定評のある Christofle のデザインによるこの 1 TB のドライブは、とうてい実用向けとは言えない $490 という値札を付けつつ、あなたのデスクの上で芸術品の輝きを放つ。

image

Autographer -- 目にするものを何でもかんでもカメラや携帯電話のスクリーンを通して見ようとしたがる旅行者たちを、私は全く理解できない。(おそらくとても残念な社名の)OMG Life 製の Autographer カメラは、自動的にスナップ写真を撮るという概念に興味深い切り口を提案する。あなたの衣服にこのカメラを取り付けておくだけで、カメラがあなたのために勝手に写真を撮ってくれるのだ。Autographer には広角のレンズと知的な発見アルゴリズムが搭載されていて、いつ写真を撮るべきかを判断しつつ、さまざまのセンサーを用いて写真の構図を見出せるようになっている。一時間あたり 50 枚、100 枚、または 200 枚の写真を撮るよう設定でき、5 メガピクセルのセンサーと 8 GB のメモリを備えている。撮影が済めば、写真を iPhone か Mac にダウンロードしてから、どの写真を残すかをあなたが判断することになるのだろう。この Autographer は $399 で発売中で、写真をブラウズしたりデバイスに接続したりするために使う無料のアプリが iOS App Store から入手できる。

image

Looxcie -- もう一社、ウェアラブルなカメラを展示していたのが Looxcie で、$99.99 の Looxcie 3 を出していた。Looxcie 3 はボタンを押せば静止画像を撮れるが、iPhone または Android デバイスと共に使えば 720p HD ビデオを直接 Facebook または他の携帯電話へライブでストリーミングできる。また、ビデオを YouTube や iCloud へ即座にアップロードしたり、電子メールで送ったりもできる。さらに microSD スロットも付いていて、最大 64 GB のローカルストレージができる。

image

Ozobot -- 今年の CES には可愛らしいロボットが付き物のようで、 Ozobot はもう間違いなくキュートだった。大きさ 1 インチほどの動き回るこのロボットはまるで Weeble の上半分のような感じがする。Ozobot は iPhone や iPad の上に描かれた道筋を辿って動き、道筋にある色や点などに応じて動く速度や向きを変える。Sphero 2B (2014 年 1 月 6 日の記事“CES 2014: CES Unveiled と Startup Debut から”で私が紹介したもの) と同様、このおもちゃが今後どの程度人の心を掴むようになるかは分からないが、それでも Ozobot が iPad の表面をくるくる動き回るのを見るのは楽しい。Ozobot には 2014 年 1 月 15 日付けで Kickstarter プロジェクトが始まっており、今年の年末までに店頭に出回ることを目指している。

AirDrop ゲーム用 HipShotDot -- 最後に、とっておきのものを一つ。私がたまたま見つけたゲーマー用のシンプルなデバイスは、一目見ただけでその裏にある天才的発想が見て取れる。HipShotDot は USB に電源を得た LED 電球だが、これをゲームのスクリーンの前に貼り付けておけば、一人称視点シューティングゲームのディスプレイの真ん中に明るい赤い点が表示される。これで、濃い煙の中で Nazi 残党のゾンビたちを銃で狙う際にも照準の十字線を見失うことがなくなる。たったの $29.99 を投資するだけで、あなたは友人、家族、あるいはどこの誰とも知らないインターネット上の対戦相手に対して、的中率に大きく差をつけることができる。

image

コメントリンク14411 この記事について | Tweet リンク14411


CES 2014: ShowStoppers でもロボット大戦が続く

  文: Jeff Porten: jporten@gmail.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

International CES の第一日と、Wynn ホテルの ShowStoppers イベントの会場からこんにちは。ここでは今年も 依然として Wi-Fi が一時間あたり $10 もするが、食事は素晴らしい。CES で毎年経験する問題、つまり展示ホールを歩き回り過ぎてくたくたに疲れるという問題が今回も既に猛烈に私を苦しめつつあるので、余計な前置きは抜きにして、皆さんが知りたくてたまらないさまざまの仕掛けの類いの話にすぐに入ろうと思う。

さらなる転がるロボットたち -- どうやら転がるロボットが、今年の大きなトレンドのようだ。Wowwee は MiP を実演していた。これは $119 のロボットで、音楽に合わせてダンスし、あなたの手のジェスチャーに従い、iOS デバイスからコントロールできる。また、プラスチックのトレイに乗せて物を運ぶことができるし、そのバランス感覚を極限まで試そうとするならば、少々意地悪なバージョンの Jenga までできる。 こちらの短いビデオをご覧あれ。

どうやら私はあの reality distortion field (現実歪曲フィールド) に陥ったらしく、 Double Roboticsのブースを出ながらこのロボットは実際に便利に使えるかもしれないと思い始めていた。このロボット Double は The Colbert Reportで実演され(そして少々馬鹿にもされ)ていたのをご覧になったかもしれないが、47-60 インチ (119-152 cm) の高さに iPad を乗せて運び、インターネット上のどこからでも別の iPad から操縦できる。乗っている iPad の画面に遠隔の iPad からの画像を表示するので、あなたの顔が乗ったロボットがオフィスの中を走り回るところを想像して頂きたい。Double の宣伝担当者が指摘した通り、Double を使えば会話しながらいろいろな人と顔を突き合わせることができ、ミーティングに参加したり、オフィスの中を歩き回ったりできる。けれども (iPad の価格は含まず) $2,499 と高価なので、テレプレゼンスを実現するにもお金がかかるということだ。

image

新たな次元を描く -- 三次元のペンと言えば言葉の矛盾のように聞こえるかもしれないので、この WobbleWorks 3Doodlerを言い表わすにはプラスチック用のホットな接着剤発射銃とでも言う方が分かりやすいだろうか。3Doodler に色の付いたプラスチックのカートリッジを挿入してから、ペン(と言うよりむしろ巨大な葉巻に似ている)の下部にある二つのボタンのどちらかを押す。高温ボタンを押せばプラスチックが溶けて、2D 平面の上に描くことができる。低温ボタンを使えば、その平面を土台として鉛直方向の線を描くことができる。3Doodler で使うプラスチック材料として PLA (ポリ乳酸) と ABS 樹脂の二種類を同社は提供しており、それぞれの特性を比較した表も示している。今回の CES で新たに発表されたのは、プラスチックをさまざまのサイズで描けるようにする 3Doodler Nozzle Set、作業中に安全に 3Doodler を置いておくための DoodleStand ホルダー、それから 3Doodler 用のテンプレートとして使う鋳型 DoodleBlocks だ。現在 WobbleWorks は 成功した Kickstarter キャンペーンのお陰で注文に応えつつあり、 ウェブサイト上で $99 の予約注文を受付中だ。

image

母親も見過ごす -- Sen.se が、新製品 Sense Mother に面白いアイデアを盛り込んでいる。この Mother は(私の実際の母親より、むしろ漫画に出てくる shmoo に似ている)可愛らしい受信機で、Motion Cookie と呼ばれる小さなウェアラブルデバイスからの信号を受信する。Mother 用の一連のアプリがあって、それぞれがどのように個々の Cookie を監視するかを定める。例えば一つの Cookie を薬瓶に割り当てたとすると、これが動かされなかった場合に Mother があなたに電子メールを送って薬を飲むようにと言ってくれる。(あるいは誰か他の人に薬を飲みなさいと言うようにと知らせてくれる。Mother の宣伝資料には育児や介護のことが強調されている。)現在そのようなアプリが 12 種類ほど出ている。「子供が歯を磨いたか?」とか「冷蔵庫が開けっ放しでないか?」といったものだ。でも私としては、Sen.se がまた来年も参加して、その際には何百種類も同種の新しい仕掛けを提供してくれることを期待したい。Mother は 2014 年の第2四半期に $222 で出荷される予定で、4 個の Motion Cookie が付属する。追加の Cookie も 4 個パックが $99 で購入できるようだ。

image

太陽光と風力(みたいなもの)から来た灯り -- 私は膨らませて使うランタン(携帯用灯火)というアイデアが気に入った。Luci Aura は、折り畳むと平らになり、膨らませると卓上ランタンとなって、さまざまの色を循環するようにも、一つの色だけで光るようにもできる。さらに素晴らしいことにこれは太陽光エネルギーで動作し、毎日 8 時間太陽光充電すれば 12 時間光り続ける。Mpowered は今後二ヵ月以内に同社のウェブサイトにて $24.99 で Luci Aura を発売する予定で、配電網に接続できない開発途上国のコミュニティーに顧客が Luci Aura を寄付することもできるようにするという。光に色が付かない先行製品、$14.99 の Luci は現在既に入手可能だ。

image

そんなことをするアプリがあるのか? -- 誰か他の人にアプリとして実現して欲しいと思うアイデアがあるって? ならば、それこそまさに Dandy な (飛び切り素敵な) アイデアかもしれない。 Dandy というのはクラウドソース化されたプラットフォームで、アプリにすべき素晴らしいアイデアと、アプリケーションの開発者とを結び付けることを目的とする。あなたのアイデアを Dandy に投稿してみよう。(あるいは Dandy にログインして既存のアイデアのリストをブラウズしてもよい。)するとあなたのアカウントにはあなたがそのアイデアに寄与した活動の量に応じてクレジットが与えられる。Dandy に参加している開発者が、または Dandy が育成したいと考えているクラウドソースの付いた開発者たちのコミュニティーが、もしもそれを本物のアプリへと転化させることができた暁には、そのアプリの売り上げによる収益の中から相応分があなたにも分け与えられる。そうそう、Dandy には特別にボーナス点を差し上げたい。Dandy の宣伝ビデオの中で、魔法の View-Master (2014 年 1 月 8 日の記事“CES 2014: Pepcom 体験と空飛ぶ猿”で、View-Master に触発された Poppy を私は紹介した) を大きく扱っているので。View-Master の復活だ!

本当に高速の高速充電 -- 他にも何十種類も外部充電器が展示されている中で、外付けバッテリ Anker Astro が他のものとどう違うのか、私にはよく分からなかった。ある同僚が「これは凄い、こいつはたった 20 分で僕の電話機を 40% まで充電したよ」と言うまでは。この Anker 🎁 は、PowerIQ と呼ばれるシステムを使っていて、それに接続された電話機またはデバイスがどの種類のものかを識別し、そのデバイスに対して最大速度で充電できる電力を正確に判定して送り込むのだという。Anker バッテリはさまざまの大きさや容量のものが出ており、同社はデスクトップ用の USB 充電器も販売している。

image

未来はこんなにも明るい -- Computer Vision Syndrome (コンピュータ視覚症候群) で苦しんでいる? これは American Optometric Association (米国オプトメトリック協会) が使っている用語で、バックライト付きのスクリーンを長時間見つめ過ぎることにより起こる一時的な目の疲れのことを言う。一説によれば、私たちの 80 パーセントが時々これを経験しているという。

とは言うものの、これらのスクリーンを使うことで私たちに何か長期的なダメージが残るという意見には私は懐疑的だ。でも、その私の考えに真っ向から反論するのがスペインの会社 Reticare の人たちで、彼らはコンピュータの使用が網膜細胞に与える実際の影響を測定した。彼らの製品、iPhone と iPad 用のスクリーンプロテクターは、LED の光のうち特定の波長のものをブロックすることにより「網膜細胞の生存率を 83 パーセント改善する」という。これは統計数字を表現するやり方としては恐ろしげな言葉遣いだし、通常の条件下における網膜細胞の測定結果を示さなければあまり意味を成さないとも言える。けれども彼らが大規模な調査の結果に基づいてこうした主張をしているのは事実なので、もしも心配になったなら、しっかりとまぶたを開いて彼らが米国内で販売開始する時期と価格を見逃さないようにしよう。現在のところ、彼らが発表している価格は携帯電話用の 12.95 ユーロからデスクトップコンピュータ用の 49.90 ユーロまでの間だ。

image

オタク風だが、それが誇りだ -- 最後にもう一つ、その昔には、Newton MessagePad を持ち運ぶために肩掛けホルスターを持っているような人はごく 特殊な 種類のオタクだと思われたものだった。実用性をちょっぴり重んじ 過ぎて いる人だというわけだ。でも、38 平方マイルもある CES のショウルームのフロアをバックパックを背負って歩き回るという苦行を続けた私は、声を大にして言いたい。iPad やその他の機器類を自分の体の側面に平らに沿わせて持ち運ぶことのできる $64.95 の TechSling は、とてもいいアイデアだと思う。今回のショウで新登場したのは TechSling Sport、こちらは $70 程度の価格で販売されているが、通気性のある軽量の黒い布地で出来ている。TechSling と同じく、片側のホルスターには iPad または iPad mini が収納でき、もう片側のホルスターには iPhone が入るのに加えて、その他さまざまの小物が入るポケットも付いている。

image

コメントリンク14415 この記事について | Tweet リンク14415


Google+ の Gmail 統合にはプライバシーに注意が必要

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Google は Google+ をあらゆるものに統合させて Facebook と張り合おうとする努力を続けているが、その一環として今回 Google は、 Google+ ユーザーが自分のサークル内にいる他のユーザーに宛てて受取り人の電子メールアドレスを知らなくても電子メールを送ることができるようになったと発表した。当然ながらこの発表はインターネット上のいたる所に当惑の声を引き起こした。ただし事実を言えば、一般的に言って誰かの電子メールアドレスを知ることは今や多くの場合(Google 検索を使うなどして)簡単にでき、同じメッセージを Google+ 自体から送ることならばもともと可能であり、この機能を制限または無効にできるコントロールも Google は提供している。いや、実際的な問題点は、もっと微妙なところにある。

(これを Facebook と比較するとどうなるかを見てみると、Facebook 上の友だちの電子メールアドレスやその他の連絡先情報を見つけるのは可能なことが多いけれども、Facebook 上で「友だち」関係を作るには必ずあなたがそれを承認しなければならないことを考えれば、どのコミュニケーションが電子メールに漏れ出す可能性があるかについて自分の手でより多くの制御ができると言える。また、Facebook 上では友だちでない人にあてて直接メッセージを送ることもできる。)

具体的に言えば、もしもあなたがデスクトップ版の Gmail を使っているならば(少なくとも現在のところモバイル版の Gmail では働かない)新規のメッセージを作成し、名前をタイプし始めれば、メニュー上にあなたの Google+ サークルに既に属している人たちの名前が受取り人の候補として表示されるので、その中から誰かを選べばそのメッセージが送られる。この方法で電子メールを送ればあなたの電子メールアドレスが受取り人に知られることになるが、相手が返信を送ってこない限り相手の電子メールアドレスはあなたに明かされない。(まだこの機能が見えていない人もいるかもしれない。Gmail の全ユーザーが使えることを目指してまだ展開中の段階だからだ。)

Google+ の仕組みを知っている人は、きっとこう考えているだろう。「ちょっと待てよ、誰でも私を その人の サークルに追加することができるのだから、誰でも私に電子メールを送れるということじゃないか?」そう、まさにその通り。少なくとも、デフォルトの設定が有効になっているならばそうなる。けれども、もしも あなたの サークルに属していない人からこの方法であなたに電子メールが届けば、そのメッセージに返信するか、または Add to Circles をクリックするだけであなたはその人から今後メッセージを受け取ってよいという意思表示をしたことになる。もしも知らない人ならば、あるいは今後その人からメッセージを受け取りたくないならば、そのメッセージをただ無視して今後のメッセージがその最初のものに対する返信のみに限定されるようにするか、またはそのメッセージの中にある Report Spam か Abuse リンクをクリックすることで今後その人からの連絡をすべてブロックすることもできる。

ここで一つ注意しておくべきことがある。Gmail でデフォルトのタブ付き受信トレイスタイルを使っていれば(その場合メッセージは Primary、Promotions、Social、Updates、および Forums の各タブに自動的に振り分けられる)サークル外のユーザーから届いたメッセージは Social タブに現われ、サークル内のユーザーから届いたメッセージは Primary タブに現われる。受信トレイのスタイルを Google に任せている人にとってこれは便利な切り分け方かもしれないが、Priority Inbox やその他の受信トレイスタイルを Gmail で使っている人や、Apple Mail などの IMAP クライアントから Gmail に接続している人にとっては、あまり意味ある切り分けとはならないだろう。

個人的な感想を言えば、私は Google+ ユーザーたちから電子メールが届いても別に心配だとは思わない。私の電子メールアドレスは十分以上に公開されているし、私の経験上ほとんどの人たちは私に電子メールを送ることができるという事実を乱用しないよう十分に心配りをして下さっているからだ。(もちろん迷惑メールは全く別の話だが、Gmail は以前から私が使ったことのあるどのサービスにもひけを取らないほどうまく迷惑メールをフィルタ分けしている。)それに、人々が Facebook、Twitter、LinkedIn、そして Google+ といったものを通じて意図的に自らを連絡可能にしたがっているこの時代に、今回の変更に対して感情的に反対する人もそういないだろう。記事を書くために私は以前ならば連絡先が分からなくて困ったことも多かったが、今回の新機能のお陰でその困難が多少なりとも緩和されるのではないかと思う。

そうは言っても、今回の発表に即座に拒否反応を示す人の気持ちも私は十分に理解できる。Gmail に Google+ が統合されることで届く電子メールの数が増えようとそうでなかろうと、きっとあなたにはアドレスを交換したことのない人に連絡したいと思って困る機会よりも、望まない電子メールをかき分け処理するために余分の時間がかかって困ることの方が多いのだろう。Google は私たちの Google+ サークルに属する人たちの数を増やそうとする試みとしてこれをしているようだが、そんなことはあなたの気休めにもならないのだろう。

誰がこの方法であなたに電子メールを送ることができるかをコントロールするためには、まずウェブ上の Gmail の中で General (全般) 設定タブを開く。(右上の歯車アイコンをクリックして、ポップアップメニューから Settings (設定) を選ぶ。)Email via Google+ (Google+ 経由でのメール送信) セクションまでスクロールし、ポップアップメニューで Anyone on Google+ (Google+ のすべてのユーザー)、Extended Circles (友だちの友だちサークル)、Circles (サークル)、No One (誰にも許可しない) のいずれかを選ぶ。この機能そのものが心配だと思えば、No One を選ぼう。そうでなければ、この機能をどこまでの範囲の人にオープンにすれば役に立つかを考えて選べばよい。例えば、あなたが何らかの公的地位にいれば、知らない人でもあなたに連絡できるようにしておく意味があるかもしれない。

image

今のところ、私は Anyone on Google+ (Google+ のすべてのユーザー) の設定にして、この機能がどの程度使われるのか、あるいは乱用されるのかを見極められるようにしたいと思っている。実際に頻繁に使われていると分かれば、またそれについて報告したいと思う。正直言ってそれほど大きなインパクトは生まないのではないかという気もするが、スパム発信者たちが Google の予防手段をかいくぐり、過去に Facebook や Twitter でしたのと同様の迷惑メール送信をするようになるのかどうかも気になる。

私の見るところ、もっと懸念される点が今回の変更点には二つある。まず第一に、あなたのサークルに属さない誰かからメッセージを受け取った際、そのメッセージで Report Spam リンクや Abuse リンクをクリックできるという事実を、私は不安に思う。そうすることが適切である状況は多いかもしれないが、送信者が完全に正当な理由で送信したとしても受け取った人がそれらのリンクをクリックすれば、送信者の評判に傷が付くのではないだろうか? 別の言葉で言えば、誰かがこの機能を使って TidBITS に関する完璧に正当な電子メールを私に送ったとして、もしも私が何の理由もなく Report Spam または Abuse のリンクをクリックしたとすると、Google は、何らかのやり方で、その送信者をブラックリストに載せるのではないか? 実際に何をするかを Google が明かすことは未来永劫あり得ないだろうと私は思う。

第二に、さきほども触れたように私たちの Google+ サークルにもっと多くの人々を加え続けさせたいというその圧力そのものに、私は問題があると思う。Facebook、Twitter、LinkedIn なども皆それをしているので、人々が流されるままにもっと大きなオンラインネットワークを作ることに一生懸命になるのもありがちなことだろう。まるで、最も多くの「友だち」を獲得した人が優勝すると言わんばかりに。インターネットには現在既に、あらゆる実用的な目的のために無限に多くのものが存在しており、高度に管理されたソーシャルネットワークの魅力的な側面の一つは、無限にあるコンテンツの中からフィルター分けして欲しい一部だけを取り出せることだ。確かに、ビッグデータがすべてだというのはその通りだろうし、人と繋がることで学べるものも多いのだから、ソーシャルネットワークには私たちがより多くの人たちと繋がりたいと思える誘因が存在している。でも、それにそのまま流されるのは危険だと私は思う。一つの理由はそうすることで私たちのソーシャルネットワークが知りもしない人たちで希薄化されるからであり、もう一つの理由はソーシャルネットワーク各社が一生懸命に集めようとしているデータが汚染されてしまうからだ。

コメントリンク14426 この記事について | Tweet リンク14426


ポッドキャスト録音用のハードウェアとソフトウェアを選ぶ

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私が初めての TidBITS 記事を書き上げると、出版者 Adam Engst は変化球を私に投げてきた。その記事を、TidBITS ポッドキャストフィードのために録音しなければならないというのだ。特別の装備も持たず、どうしてよいのかも全然分からなかったので、仕方なく私は GarageBand と、自分の Apple EarPods に内蔵のマイクロフォンとを、慣れない手つきでいじくり回したあげく、どう見ても不出来としか言いようのないものを作った。

その後、いくつもの TidBITS 記事を書きながら、私は少しずつ録音のためのセットアップをアップグレードして、今では出来上がったオーディオの品質に一応満足できるところまで到達できた気がする。これからポッドキャスト制作を始めてみようと思っている人は、私が使っているものでやってみるのも悪くないと思う。

Blue の Yeti マイクロフォン -- Blue の Yeti マイクロフォン ($90-$100) は、手頃な価格でポッドキャスト録音をするための定番だ。大きくて、細かい調整ができ、オーディオをモニターするためのヘッドフォンジャックも内蔵され、標準的な USB 接続を使う。

image

The Wirecutter にいる友人たちも Yeti が優れているという点で私と同意見で、Blue から出ているポッドキャスト専用の Nessie や、広く使われている Rode Podcasterでなく、この Yeti を選んでいる。

一つ注意が必要なのは Yeti の micro-USB コネクタが壊れやすいことだ。スタッフの一員 Glenn Fleishman が発見したように、ねじる力を加えると壊れることがある。なので、私は使わない間は Yeti の差し込みを外している。

設定について言えば、私は Gain と Volume をどちらもほぼ中央に設定している。Pattern つまみは Cardioid つまりマイクロフォンが一方向からの音のみを録音する設定にして、私の声のみを拾うようにしている。

私は Yeti を付属のスタンドで使っているけれども、このマイクには他社製のスタンドでも使えるように切り込みが入っている。いずれ私ももっと楽に位置取りができるようにアームスタンドを使いたいとは思っているけれども、今のところはこのセットアップで十分満足している。

Sony MDR-V6 ヘッドフォン -- はるか昔、私がずっと若くて愚かだったころ、何かに反抗した私は自分の eDimensional AudioFX フォースフィードバック・ヘッドセットを壁に叩き付けて壊してしまった。それを教訓として自分がしっかりしなけりゃと心すると同時に、音質も良く頑丈に出来ているヘッドフォンを手に入れようと思った。AudioFX のフォースフィードバック機能は素敵だったが、全体的に見れば音質はそれほど良くなかった。

いろいろと調べたあげく、私は Sony MDR-V6 ($85-$100) を選んだ。このヘッドフォンは 1980 年代以来プロフェッショナルのスタンダードであり、私がしたテクノロジー関係の投資の中でも最高のものの一つとなった。二年ほどしてヘッドフォンジャックを交換しなければならなかったことと、耳当ての部分が多少くたびれてきたことを除けば、素晴らしく機能している。耳当ては交換可能だが、履き慣れた靴と同じようなものだと思って使い続けている。

image

プロフェッショナルな作業でこの MDR-V6 が素晴らしいのは、頑丈なだけでなく、非常にフラットで正確なサウンドを提供できるからだ。音楽愛好家で低音や高音を強調したい人は不満かもしれないが、プロフェッショナルの作業においてはフラットさこそが重要だ。私は音楽を聴いたりゲームをしたりするのにもこの MDR-V6 を使っているが、それらの目的にも素晴らしいと思う。私は自分のオーディオに変な操作を加えたりせずありのままに聞こえるのが好みだ。

Sony MDR-7506 も検討に値すると思う。今ではこちらもほぼ同程度の価格だし、 The Wirecutter の記事にはこちらの方がさらに音質が良いと書いてある。

Audio Hijack Pro -- Rogue Amoeba 社の開発者たちは皆 Mac オーディオの達人で、Audio Hijack Pro ($32) もその例外ではない。これはほとんどどんなアプリからでもサウンドを録音することができるが、私は普段 Yeti から直接オーディオを録音するために使っている。

image

なぜ無料の GarageBand でなく Audio Hijack Pro を使うのかって? その主な理由は、GarageBand と違って Audio Hijack Pro はスクリーン全体を占領したりしないからだ。TidBITS 記事を朗読する際には絶対必要なことだ。

また、モニタリング機能も内蔵しているので、その機能を持たないマイクロフォンを使っていても Audio Hijack Pro がその代わりをしてくれる。私は Yeti マイクロフォン内蔵のモニタリング機能より Audio Hijack Pro のものの方を使うのが好みだ。ソフトウェアが録音しているそのものを聞きたいからだ。

最後にもう一つ、Audio Hijack Pro が断然優れているのは、内蔵のエフェクトだ。Andy Affleck の "Take Control of Podcasting on the Mac, Second Edition" を読むまで私はこの機能に気付かなかった。この本はもう何年もアップデートされていないが、そこに記されているアドバイスの多くは今でもとても有益だ。ありがとう Andy、私はこの本で Audio Hijack Pro のエフェクトの使い方を学び、そのお陰で私の録音は劇的な改善を遂げた。

Andy は以下のエフェクトを推奨している。Reverb (非常に低いレベルにセットする - 私の場合 Wet/Dry Mix で 0.035、Room Size で 0.005、Damping で 0.020 としている)、AUMultibandCompressor、それから私にとって最も重要なのが 10-Band EQ だ。録音すると私と同じく背景にハム音が入ってしまうなら、EQ がそれを除去してくれる。(Andy は他にもいくつかのエフェクト、例えば大き過ぎるサウンドを標準化する Declipper を推奨しているが、その目的に私は他の解決法を使っている。この件についてはあとでまた述べる。)

私の設定を具体的にここに書いても意味はないだろう。録音環境により設定は違ってくるからだ。けれどもこの EQ については、個々の設定をいろいろ試して、音声を歪ませない範囲内でできるだけ「家庭内雑音」を除去できる設定値を見つける努力をすべきだ。Reverb については、あまり大袈裟なエコーを付けずほんのちょっぴり音声に肉付けする程度が良い。ほんの少し調整を加えるだけで、録音した結果はずっとプロフェッショナル風に聞こえるものだ。

Fission -- 以前の私は Audio Hijack Pro で録音し、GarageBand で新規のトラックを作成して、録音を GarageBand へドラッグしてから編集していた。

そのような手順を踏んだ理由は GarageBand が雑音除去機能を内蔵しているからで、それを使って私は背景の雑音を除去していた。けれども Audio Hijack Pro のエフェクトを知ってからは、そちらの方がずっと効果的だと分かったので、もはや GarageBand を使う必要がなくなり、私は喜んで Rogue Amoeba の Fission ($32) に乗り換えた。

Fission の利点は何かって? 最も重要なのは、編集のワークフローがずっと速いことだ。いくつものループをいじくり回したり、AIFF に書き出したりする必要はない。ただ単に Audio Hijack Pro の Recording Bin で Editor ボタンをクリックしてファイルを Fission で開き、オーディオ波形から要らない部分を選択してそれを削除し、追加のクリップを加え、スプリットをクリアし、保存すれば、それで出来上がりだ。(私のワークフローについてはすぐあとでまた述べる。)

image

GarageBand とは違って、Fission はエフェクトを提供しない。これは Audio Hijack Pro と一緒に使うことを念頭に置いて作られているからだ。なので、Rogue Amoeba から両者を同時購入すれば($64 から $50 へ) 値引きされるTidBITS 会員なら、さらに 20 パーセント割引になるので合計価格が $40 となる!

Fission を発見して以来、私のポッドキャスト録音作業にかかる時間は大幅に短縮された。

私の録音手順 -- これで私が使っているツールを紹介し終えたので、ここからは私が毎週月曜日に記事を録音している実際の手順を紹介しよう。

私は午前中に記事の編集を終えて午後に録音するようにしている。けれどもポッドキャストの準備には丸一日かかる。まず、自分が何を食べ何を飲むかに注意しなければならない。炭酸飲料を飲んだり、録音の直前に食事をしたりすれば、間違いなく段落の途中で大きなげっぷをする羽目になるだろう。するとそれを編集するのに余分な時間がかかる。だから、ポッドキャストを録音する日に私は飲み物を水とジュースだけにし、昼食を早めにするようにしている。

口の中が乾燥すれば、また別の問題が起こる。そのために私が見つけた最良の解決策は、手を加えないアップルジュースだ。唾液の生成を促すに十分なだけの酸っぱさを持っているが、声帯に痛みを生じさせるほどの強い酸味はない。さらに、糖分のお陰で喉がコーティングされる。私は午前中は水とコーヒーを飲み、録音の前にコップ一杯のアップルジュースを飲んでいる。

録音を始める前に、私の MacBook Pro と iPhone で Do No Disturb をオンにしておく。録音の途中に邪魔されたくないからだ。また、Mac の音量を上げておく。自分の音声が大きく明瞭に聞こえるようにするためだ。ちゃんと録音されていると安心でき、正しい音量レベルでの録音になっていると分かり、さらには自分がマイクロフォンを使うテクニックを改善できるように、私はいつも自分自身の声をモニターするようにしている。

準備ができれば、Audio Hijack Pro を開き、Hijack ボタンをクリックして自分自身の声が聞こえるようにし、それからマイクロフォンをテストして最良の位置を見つける。私はたいてい一旦ハイジャックをオフにしてからオンにし直さなければならない。なぜなら、最初にオンにした時点では少々の遅延が存在し、オフにしてオンにすればそれが直るからだ。

最初に録音するのは結びの部分、つまり "This is TidBITS, brought to you by..." というところだ。一度にいくつかのポッドキャストを録音するので、同じ結びの部分を再利用できれば時間の節約になるからだ。Fission の中で、この部分を個々の録音の最後の箇所にドラッグすればよい。急いでいる場合は、スポンサーが変わっていないことを確かめた上で、前週の結びの部分を再利用することもある。

あとで編集することを意識しながらしゃべる術を私は身に付けた。文の途中で間違えたら、そのまま数秒間待ち、それから段落の初めに戻って録音し直す。しくじった文の個所は、あとで Fission の中で削除すればよい。(数秒間の沈黙は Fission のオーディオ波形でよく目立つので見つけやすい。)こうすれば、ポッドキャストが編集されていることも気付かれにくい。また、文と文、段落と段落の間にも短い空白を入れるようにして、あとで編集が必要になった場合に備えておく。けれどもあまり長い空白を入れてはいけない。そんなことをすると全体が不自然に聞こえ、iPhone で聞く人たちが電話で話を聞いているように感じてしまうだろう。

私はポッドキャストすべてを一気に録音してから、Fission で全部まとめて編集している。録音の最初と最後にある沈黙部分は、Crop ツールで切り取るのが便利だ。その次に全体を聴き直し、必要に応じて不要な部分を選択して削除する。それから、タイムラインの末尾に結びの部分をドロップして、Edit > Clear All Splits を選ぶ。一つのオーディオファイルを別のオーディオファイルに追加すれば "split" が生じ、Fission は個々の split をそれぞれ別のファイルとして保存したがる。そこで Clear All Splits コマンドを選べば、Fission がそれらのファイルを一つの原本にまとめる。

それが終われば、私は一つ一つのポッドキャストを Audio Hijack Pro の Recording Bin で選択し、Reveal ボタンをクリックしてそのファイルを見つけ、それを PodBOT にドロップする。PodBOT は私たちが作ったロボット的なポッドキャストアップロードツールで、メタデータやその他のことを処理してくれる。(2012 年 5 月 7 日の記事“PodBOT でオーディオ版 TidBITS が改善”参照。)PodBOT はその処理の一つとして、The Levelator を走らせてトラックの音量を均一化してくれる。The Levelator は、無料のツールでありながらプロフェッショナルたちの厚い信頼を得ているのだが、残念ながらもはや開発が続けられていない。

自分のセットアップの中でまだまだ改善したいと思うところはあるけれども、今のところ、現状の機器と、ワークフロー、そして出来上がる結果に、私は満足している。私が録音したものは以前よりずっとプロフェッショナルらしく聞こえるようになった。だから、もしもあなたがポッドキャストの世界にこれから踏み込もうというのなら、どうぞ私のアドバイスを参考にして、時間の無駄と困惑を省いて頂きたい。「皆さん、良いオーディオは重要です」と、The Mid Roll の Lex Friedman も言っている。あなたがリスナーを得たいと思うなら、一流のオーディオを届けるべきだ。もしもあなたのポッドキャストがブリキ缶の中で録音したように聞こえたなら、内容がどんなに立派なものであろうと、誰も聞きたいと思わないだろう。

コメントリンク14395 この記事について | Tweet リンク14395


FunBITS: You Are Your Own Gym (自分をジムに)

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

"The Girl Is Mine" の Michael Jackson を言い換えると、私は走者であって、ボディビルダーではない。ではあるが、昨年足裏の不具合症状が出て好みの野道や道路から遠ざかっていたので、私は Elliptigo (圧倒的にカッコいいトレーニング用自転車) を使った夏の運動から、この冬はウェートを挙げることへと切り替えた。これには iPhone アプリの世話になっている。(お察しの通り、ウェートは "単数" であり "複数" ではなく、詳細は後述。) もしもっと強くなりたいとお思いなら、それがあるスポーツでの上達のため、或は健康全般の理由であれ、或は新年の誓いを実行するための助けを求めているかに拘わらず、私には皆さんにお勧めのアプリがある:You Are Your Own Gym である。

ジムは私には向かない。巨人伝説に出てくる様なフットボール選手やレスリング選手 (彼らはどう贔屓目に見ても長距離走者ではない) が住み着いているジメジメした高校のウェートトレーニング室の時代から、そして砲丸投げをする魅力的な友人の妹が私より重たいベンチプレスを軽々こなしている様な場所では、自分で挙げられるウェートの重さ、そして自分の体重の無さの両方の意味から、私はジムは嫌いだった。最近のジムは明るいし風通しも良いこと、そして補助的な目的でやることも歓迎しているのは承知しているが、私が住んでいる所では、会員料金は法外だし、それにワークアウトする時間の他に 30 分も運転に費やさなければならない。という訳で、暫く前に友人が Mark Lauren の体重利用の本 "You Are Your Own Gym" (Amazon で約 $12) を貸してくれた時、最低限の器具で家庭でもより強くなれるのだという考え方に興味をそそられた。

image

Mark Lauren は前軍人で、後に U.S. Special Operations 部隊を訓練した。彼の本は男らしさの強調が目立つが (彼は潜水長距離水泳で軍記録を立て、気を失いプールから引っ張り上げられる迄 133 米も泳いだ)、彼の優れている所は、現状の強さに拘わらず 誰にでも 役立つ体重利用の運動を提唱していることである。例えば、腕立て伏せを一回も出来ないとご心配なら、その必要はない。Lauren は、台所カウンターを使った腕立て伏せをすれば角度が変わりどの様にやり易くなるかを説明している。殆どの運動が必要とするのは自分の身体だけであるが、何かを必要とする場合でも、買いに行く必要は無い。皆さんの家にあるドア、テーブル、椅子、タオル、そして本で十分である。彼はまた、ワークアウトに沢山の時間を費やすことすら期待しておらず、せいぜい週に 4 回、一回当たり 16-36 分である。ここには好ましいことが山盛りである。

しかし、前述したように、私がお伝えしたいのは本ではなく、アプリである。私も友人の本に目を通した後、Lauren の本を自分のために買ったが、この本には、他の本に共通する幾つかの弱点がある。まず、これは向上心に訴えるスポーツ本のカテゴリにぴったり嵌る。 著者は約束する "ただ単に私の苦労して得た助言に従うだけで"、"あなたはより強く、速く、痩身... になれる"。そして言外に言われているのは "そして勝者にも!" - これらは、結局のところ、スポーツ本である。そう言うのはジョークだが、これ式の話が余りに世の中に溢れすぎている。著者はまず自分の地位を誇示し、本で明かされる彼が到達した本質の閃きにどの様に彼が到達したかを話し、そして彼のやり方であなたは実際に最善の結果が得られると思い込ませる科学を順序立てて明らかにしていく。この本ではようやく後半になって、技術を学び、そして走る、泳ぐ、ウェートを挙げる等々の世界を征服するためにあなたがやるべき運動が説明される。最近、私は後半にだけ集中している - 私がこの本を買ったという事実は、この著者は私に何かを教えられる熟練者であることに私が同意していることを意味する。

この種の本にまつわる他の問題は、これらは通常身体的技能を教えていることで、紙の上でのテキストや画は、動きを学ぶには余り適していない。ビデオの方が良いし、実際にこれらの本の多くには付随する DVD がある ("You Are Your Own Gym" にも 3 枚組の DVD セット がある - 約 $25 で Amazon から手に入る)。私はこの点に関しては尋常とは言えないと自覚しているが、DVD は私には役立たない - 私は TV から学ぶことなどこれまで一度も考えたことがない、それに、思い切って白状すれば、私は Mac 以外の DVD プレーヤーを持ったことがない。

iPhone や iPad を持っている人にとっての解は明白である。アプリであれば、ビデオ指導を何処でも、何時でも自分の思う時に受けられし、それに、登場モデルは何時でも完璧に演ずるので、やってはいけないことに関する助言を描写的なテキストで読むことも可能である。アプリには、本の背景や説得力ある題材全ては含まれていないかもしれないが、もしそのアプリ作者の専門知識を受け入れる用意があるのであれば、何故わざわざ繰り返す必要があるのか? 最近 "You Are Your Own Gym" の本に触ることは全くないが、今では You Are Your Own Gym iOS アプリ には毎週数回接している。値段は $2.99 だが、バーゲンである。

このアプリは、一般的には短く YAYOG と呼ばれているが、本にある 125 の運動のビデオを提供するだけでなく、それらの正しいやり方を提供している。Lauren の全般的な技術への鍵は五つの異なる型のワークアウトであり、特定のやり方で幾つかの運動を教えてくれる。インターバルワークアウトは 4 つの運動に対してそれぞれに 12 回の繰り返しを 3 セットやるが、終了後及び運動の間では休みを取る。或は、Tabata ワークアウトは 4 つの運動のそれぞれを 20 秒全力でやり 10 秒休むを 8 回繰り返す。ワークアウトの多くは筋肉の衰弱を目的としているので、運動を正しくやる方に注意を払っていると、繰り返し回数、時間、そして休みをどれだけやったのかを追いきれなくなってしまう。

image

私が最初にこの本を使い始めた時、全過程が極めてじれったいと感じたし、また Lauren の 10 週フィットネスプログラムについて行くためには何をしたかを紙の上に書き残していかなければならなかった。この本は読者にワークアウトに好みの運動を入れ込むよう奨励しているが、とても頭に詰め込んでおけるようなものではなく、既成のプログラム通りをやることとなった。もっと厳密に言えば、私はこれを続けているうちに圧倒される様に感じ、そして全くやらなくなってしまった。

この YAYOG アプリは天の恵みであり、私がこの本で好きになれなかったこと全てに対処している。これには本のフィットネスプログラムが取り込まれているが、私はその中の Workout Builder を使っていて、これだと自分でワークアウトの型を選ぶことが出来、そしてそれに好みの運動を当て嵌め、繰り返し回数をカスタマイズさせてくれる。(私の場合、踵の痛みを悪化させる恐れのある立ち上がりとジャンプの運動を避ける様にしており、その日その日の調子に合わせて何をするかを調整している。) もし何をしていいか分からないし時間もないというのであれば、このアプリはどの程度の難度が適しているかと使える時間を考慮して Tabata ワークアウトを作成してくれる。

image

YAYOG の運動ブラウザにはこの本の全ての運動が含まれ、Legs, Push, Pull, Core, そして Whole Body にカテゴリ分けされ、それぞれに数多くの変形が組み込まれている。個々の運動はビデオで示され、テキストでも簡単に説明され (使われる筋肉のリストと共に)、そして難度のラベルが付く。一つのワークアウトを始めると、Lauren の声が (彼のだと私は思っている) それぞれのセットで何回繰り返すかを絶えず教えてくれ、そして、もしタイマーがあれば、運動のビデオと共にそれを画面上に表示する。私はこのアプリが何をするかを正確に言ってくれるので、実際の運動に集中できるところが気に入っている。

image

image

それぞれのセットの終りには、実際にやった繰り返し数を入力、休むよう言われ、そしてこの過程が繰り返される。ワークアウトが終わると、Lauren からの快活な "Great work!" 或は "Well done!" という声で褒められ、そしてそのワークアウトを保存する機会が与えられる。保存することが鍵である、何故ならば YAYOG アプリはあなたがやった全てのワークアウトを記憶し、例えば過去一か月で何日ワークアウトをしたかとか、時間と共にどれぐらい進歩したかを示してくれる。この見返せることが達成感を刺激し、ワークアウトを続ける動機を高めてくれる。機能的に重要なのは、保存したワークアウトを再生できることで、とりわけ気に入ったものを簡単に再現出来る。またどのワークアウトでもお気に入りとして保存出来るので、検索再生がよりやり易くなる。

image

各種の設定が可能で、ワークアウトをする通知を設定、運動をしながら音楽を聴く (私の好みは別の iPad 上で Netflix の TV 番組を見ること)、そして環境によっては音を全部消すことも可能である。もっとビデオ指導が見たいなら、アプリ内からワークアウト毎に $2.99 でプレミアムワークアウトビデオを購入出来る。私はこちらの方はまだ見ていない、と言うのも私はこのアプリが私の動作に対応する様子の方が、画面上のインストラクターについて行くことよりも好きだからである。

私の実際の唯一の不満は、ワークアウトを作成している間、静止画だけで運動の説明やビデオが見られないことである。つまり、もし間違って易しすぎるか或は難しすぎるものを選んでしまった場合、これを変えるには最初からやり直さなければならない。これは大きな問題ではないが、私はこれに度々引っかかってしまう。他にもう一つ気になるのは、ビデオはどんなものでもそうだが、アプリは必然的に大きくなることで、この場合 343 MB で、時折アップデート時に私の iPhone 上の空間を空けてやらないとトラブってしまうことがある。もし私が機能を進言するとしたら、それはユーザーが自分自身の運動とワークアウトの型を追加するのを許可する事である。これが可能になれば、私の理学療法運動を休息期間に組み込んだり、或は 2 分間オン/2 分間オフの自転車ワークアウトで声で指示してくれたりするようにも出来るであろう。

しかし、これらはあら捜しと言うものであろう。この YAYOG アプリはこれまで進化し続け "You Are Your Own Gym" 本をほぼ完璧にアプリ化している。もし、理由が何であれ、もっと強くなりたいと思うなら、Mark Lauren の iOS 経由の助言を選択すれは間違いはないであろう。もしそれでも確信が持てないのなら、"You Are Your Own Gym" の本を買って Lauren の背景や説明材料が載った 54 頁を読むとよい。いずれにしても、You Are Your Own Gym が今後一年間どの様に役立つかを知らせて欲しい!

コメントリンク14412 この記事について | Tweet リンク14412


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2014 年 1 月 13 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Default Folder X 4.6.2 -- Open および Save のダイアログを拡張するこのユーティリティにさらに磨きをかけて、St. Clair Software が Default Folder X 4.6.2 をリリースし、いくつかのバグや互換性の問題点を修正した。今回のアップデートではタイミングのバグのせいでリバウンド機能やデフォルトのフォルダへの切替が時々働かなくなっていた問題を解消し、アプリがフォルダの選択を求めているのにファイルを選択してしまっていたバグを修正し、アプリのウィンドウアニメーションやトランジションの最中にグラフィックプロセッサにかかる負担を減らし、FileMaker Pro 13 との互換性の問題を修正している。(新規購入 $34.95、TidBITS 会員には $10 値引、無料アップデート、11.2 MB、リリースノート)

Default Folder X 4.6.2 へのコメントリンク:

Dropbox 2.6.2 -- Dropbox が、同名のファイル同期アプリの小さなメンテナンス・アップデートとしてバージョン 2.6.2 をリリースした。しばらく前から自分がどのバージョンの Dropbox を走らせているのかチェックしていなかったという人は、これを機会に自動アップデート機能が正しく働いているかどうか確認してみるとよいだろう。現在走っている Dropbox のバージョンを調べるには、メニューバー上の Dropbox アイコンの上にマウスをかざして、ポップアップの中に表示されるバージョン番号を見ればよい。時として自動アップデート機能が動き出すまでに数日かかることもあるが、すぐにアップデートしたい場合には(あるいは私たちのように知らずにずっと古いバージョンを使い続けていた場合には)いつでも手動でダウンロードできる。

Dropbox 2.6.2 では Mac OS X 10.6 Snow Leopard を走らせている人のために Growl 通知を修正するとともに、将来のビルドからバージョン 2.6 へダウングレードした場合にもリンクが切れないように対策を講じた。さらに、Pause Syncing コマンドがトレイポップアップから呼び出せるようになり、Selective Sync の UI の反応性が大幅に改善された。(無料、32.1 MB、リリースノート)

Dropbox 2.6.2 へのコメントリンク:

1Password 4.1.3 -- AgileBits が 1Password 4.1.3 をリリースし、新たなセキュリティオプションとして高速ユーザ切替でアカウントを切り替える際にアプリをロックできるようにした。今回のアップデートではまた新規に作成された項目を(サイドバータグが選択されていれば)サイドバータグでタグ付けし、Sync Preferences を表示する際に(もし複数のヴォールトがあれば)現在のヴォールトの名前を表示し、詳細表示画面にパスワード生成ボタンを追加し、カタロニア語のローカライズ版を追加している。また、View > Item List Layout > Top を使うと誤った項目がゴミ箱に送られてしまったバグを修正し、Mac クライアントから iOS クライアントへ Wi-Fi 経由で同期するとフォルダ名が変わってしまった問題を修正し、リロードや消去の際にスマートフォルダが更新されなかった問題を解消している。Mac App Store 版にも上記と同じ変更が提供されているにもかかわらず、バージョン番号は 4.1.2 となっている。(新規購入 $49.99、AgileBits から購入した場合 TidBITS 会員には 25 パーセント割引、無料アップデート、37.9 MB、 リリースノート)

1Password 4.1.3 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2014 年 1 月 13 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS では Josh Centers と Kirk McElhearn が The Tech Night Owl Live で Consumer Electronics Show について議論し、価格が $999.99 もする iOS アプリがある理由が判明し、T-Mobile が乗り換える人たちのために期限前契約解除手数料の負担を始めると発表し、AT&T はスポンサー付きのデータ契約を開始する。また、CES と、Mac ゲーム開発の実際のビジネスの内幕が伝えられるとともに、Apple の新しい小売部門責任者 Angela Ahrendts の詳しい経歴も語られる。それからもう一つ、図書館で電子ブックが印刷版の書籍の代わりとなるべきでない理由を Glenn Fleishman が論じる。

Josh Centers と Kirk McElhearn が The Tech Night Owl で CES を論じる -- TidBITS 編集主任 Josh Centers と Take Control 著者 Kirk McElhearn が The Tech Night Owl Live ポッドキャストの最新の回に出演し、二人して今年の Consumer Electronics Show について、ホストの Gene Steinberg とともに語り合う。

コメントリンク: 14427

$999.99 の iPhone 用アプリの裏話 -- App Store でアプリに付けることのできる最高価格は $999.99 だ。そして実際、その価格を付けているアプリも存在する。TUAW の記事で、それらの高価なアプリのいくつかは App Store でのランク付けを不正操作するための巧妙な詐欺行為である、と Mike Wehner が明かす。まず初めにアプリの価格を $999.99 まで上げておいて、別人に数個を購入させればそのアプリが Top Grossing list の上位に来るので、そうやって注目を惹いた上でアプリの価格を妥当な額まで引き下げて、売り上げを伸ばそうという手口だ。けれどもそうではない開発者もいる。例えば Sergiy Grachov が Fleas ゲームを $999.99 で売っているのは、それでもユーザーが買い続けているからだ。

コメントリンク: 14425

T-Mobile があなたの期限前契約解除手数料を負担 -- T-Mobile に乗り換えようと思っているけれども、既存の携帯電話契約に縛られている? マゼンタ色のこのキャリアは、そういう人がサインアップする際に期限前契約解除手数料として $350 を負担する上に、あなたが現在持っているデバイスの下取り料として最大 $300 も払ってくれる。今は T-Mobile も iPhone 5s を提供しており革新的なサービスプランも提供しているので、これは乗り換えをする良いチャンスかもしれない。ただし、あなたの住んでいる地域で同社の電波状態が良いならば、という条件付きだが。

コメントリンク: 14424

CES のビジネスの実際 -- 多くの人たちが考える Consumer Electronics Show のイメージは、Jeff Porten がここ TidBITS で紹介しているような類いの面白い機器や装置類の展示の場だろう。けれども毎年参加している人たちの多くにとって、CES とは実際のやり取りの大部分が閉じたドアの裏で交わされる取り引きの場だ。The Verge の Russell Brandom が、奇妙な電子機器類専門の小売店 Grand St. のバイヤー Lukas Thoms とともに、CES における実際のビジネスの姿を魅力的に描き出す。

コメントリンク: 14419

移植専門会社の目から見た Mac ゲーミング -- Eurogamer.net の Richard Moss が、(TidBITS スポンサーでもある) Aspyr Media 社を紹介しつつ、Mac 上のゲーミングの歴史を概観して、Mac ゲーム出版者の直面する諸困難、例えば App Store 用と Steam 用に別バージョンを作成しなければならないといった点について語る。それは Aspyr 社にとって長く困難な道であったが、今日に至っても Apple が Mac ゲーミングを本気で考えているのかどうかは誰にも分からない。

コメントリンク: 14418

図書館における印刷版の書籍について論じよう -- テキサス州 Bexar 郡は 230 万ドルを投じて図書館を建設したが、ここには物理的な書籍は一冊もない。すべての本はデジタル版として BiblioTech から入手できるのだが、「気難しい老人」と自称する Glenn Fleishman は、彼自身数多くの Take Control 電子ブックの著者であり The Magazine の出版者でもあるのだが、この図書館を気に入らない。Fleishman は図書館の電子ブックが印刷版と比べて持ついくつかの問題点を概観する。例えば貧しい人たちからのアクセス可能性、破壊的な DRM、制限の強いライセンス契約、古くて無名の本がデジタルフォーマットで存在しないこと、といった点だ。

コメントリンク: 14417

AT&T がスポンサー付きデータ契約を発表 -- CES の会場で、AT&T が新しい Sponsored Data プログラムを発表した。モバイルデータのコストの一部をコンテンツのプロバイダに負担させようというものだ。このプログラムは次のように働く。例えば Netflix のような会社が AT&T に費用を支払い、その代わりに AT&T 顧客が Netflix を利用してもそのモバイルデータはその顧客のデータ上限の計算から除外される。多くの人たちが懸念するのは、結局このようなプランは資金力のある会社に実質的な優先権を与えることになり、長い目で見ればインターネットの中立性に悪影響を与えるのではないかという点だ。

コメントリンク: 14416

新しい Apple 小売部門責任者 Angela Ahrendts のプロフィール -- Fast Company の記事で、Apple 小売部門責任者に就任予定の Angela Ahrendts の経歴を Jeff Chu が紹介する。彼女が直面するプレッシャーは相当なものだが、Burberry の CEO の職を去ろうとしているこの人物は Apple Store を未来へと導く能力を備えているようだ。Burberry での在任中、彼女は会社の収益を三倍にし、店舗テクノロジーのアップグレードを通じて Burberry の革新の評判を取り戻し、従業員たちを熱狂的なブランド大使へと変えてみせた。Chu の描き出す彼女の経歴は、今は亡き Apple CEO の Steve Jobs と相通ずるものを彼女が多く持ち合わせていることを浮き彫りにする。馬鹿げた質問にも気の利いた返答ができる能力もその一つだ。

コメントリンク: 14414


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2013 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2014年 1月 20日 月曜日, S. HOSOKAWA