TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1254/12-Jan-2015

今週最大のニュースは概念実証型攻撃 Thunderstrike、これは Mac がハードウェアレベルでの攻撃を受ける可能性を持つことを示している。セキュリティ担当編集者 Rich Mogull が、これは深刻な脅威だがおそらくあなたには影響しないと説明する。AT&T がデータ繰り越しを提供するようになったのは素晴らしいが、同社の最近のもう一つの動きはそれほど喜ばしいことではないと Glenn Fleishman が説明する。Workflow は新登場のパワフルな iOS 自動化アプリだが、これを使って何ができるかを編集主幹 Josh Centers が詳しく述べる。今週は Mariva H. Aviram が、視覚障害のある人のためのコンピューティングに関するシリーズ記事の第 1 部を寄稿してくれた。Mariva は彼女自身の一時的な視覚障害での体験を述べるとともに、彼女の知人の何人かが直面したそれぞれの問題についても語る。最後にもう一つ、今週の FunBITS 記事では Josh が Trivia Crack に取り組み、苛立たしいところも多いこのゲームになぜこれほど人気があるのかを解説する。今週注目すべきソフトウェアリリースは Little Snitch 3.5.1 と ChronoAgent 1.5 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Thunderstrike 概念実証攻撃は深刻だが、限定的

  文: Rich Mogull: rich@tidbits.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

研究者でありそして趣味人でもある Trammell Hudson は、Mac に対する極めて深刻な、そして驚くべきハードウェア攻撃を実演して見せた。Thunderstrike と名付けられた Thunderbolt ベースの攻撃であるが、攻撃が可能になるのは攻撃者が物理的に Mac へのアクセスが可能で、そして再起動とファームウェアのインストールのサイクルをこなすだけの時間的余裕がある場合に限られる。Apple は最近リリースしたハードウェア (iMac Retina 5K ディスプレイモデルと新しい Mac mini) ではこの脆弱性に部分的に対応しているが、それより前のハードウェアに対しても今後修正を加えていくとみられる。

Thunderstrike 概念実証型攻撃をとりわけ深刻にしている側面が二つある。一つはそして最も明白なのは、殆ど全ての Mac が脆弱性を持ち、そして Thunderstrike はオペレーティングシステムを完全に迂回するので、如何なる反ウィルスソフトウェアも効かない事である。二つ目は、万が一悪意のコードをインストールするために Thunderstrike が使われると、システムの中のユーザーにはアクセス出来ない部分に隠れてしまい (ブート ROM で、実際には書き換え可能な EEPROM チップである)、ブートドライブが取り替えられても残ってしまう事である。

良い点を挙げれば、Thunderstrike は現時点では概念実証なだけである - デモは攻撃が可能である事を示してはいるが、ブート ROM を悪意を持ったものに変えてはいない。加えて、これは現在特定の Mac に限られている。しかし、Hudson が言っているように、兵器化するのと他の Mac を狙うのは、本気の攻撃者なら手の届く範囲内にある。それが Apple が何故 Thunderstrike を真剣に受け止めているかの理由でもある。

*Thunderstrike はどの様に働くのか -- Thunderstrike 攻撃の奥深い細部は極めて複雑であるが、私は表面的なことだけに留める。 Mac には、全てのコンピュータがそうである様に、ファームウェアがあり、電源ボタンを押すと動き出し、コンピュータを立ち上げ、オペレーティングシステムを読み込み、ハードウェアを初期化し、そして他の機能を果たす。FireWire や Thunderbolt と言った技術は、このファームウェアと極めて低いレベルでやり取りをするが、それは Mac OS X 自身よりも低く、機能と性能がその理由である。

Thunderstrike 概念実証は、この信頼を利用し Mac のブート ROM の内容を攻撃者自身のコードで置き換え、それを Mac のハードウェアへ効率的に埋め込み、そして通常の手段では取り除けない様にする。この攻撃は、Apple がファームウェアが有効である事を確認するためにソフトウェアに依存しており、そして Hudson がこれらのチェックを回避する技術を開発したゆえに (そして暗号化鍵まで置き換えてしまった) 機能する。

Mac を乗っ取るには、攻撃者は物理的なアクセスが必要である。彼は次に Thunderstrike 可能とするハードウェア - デモで使ったのは改造した Thunderbolt-to-Ethernet ドングル - を差し込み、そして Mac を再起動してファームウェアを悪意のコードで置き換えるプロセスの引き金を引く。それだけである。

この様なハードウェア攻撃は何も新しいものではない。コンピュータを感染させるため物理的なハードウェアアクセスを利用する方法は実際に幾つもある。例えば、FireWire は Direct Memory Access (DMA) と呼ばれるものに対応しており、過去には、攻撃者が FireWire ポートに差し込んでメモリを直接読み取りそして操作するのを許した事例がある (この事実は 10 数年前の MacHack での有名な FireStarter ハックに使われた - "MacHack の 2002 年度ベスト・ハック・コンテスト" 1 July 2002 参照)。私も昔自分の Commodore 128 を、外付けフロッピーディスクドライブ上でファームウェアを再プログラムして攻撃する事をやって見たことがあるが、当時 14 才だった私にはそれを動かせるだけの技術がなかったようで、この世は安泰のままであった。

この種のハードウェア攻撃は、ブートファームウェアではなく、メモリやオペレーティングシステムを改変するという意味で、限定的である。でもブートファームウェアとなると話は違う、何故ならばそれはコンピュータの中で最も修正が難しい部分の一つだからである。ファームウェアのマルウェアは一般的ではないかもしれないが、その深刻度は大変なものなので、私の企業顧客の中には、ある種の国への出張には使い捨てのハードウェアしか持たせないという所もある。

Thunderstrike は興味深い。何故ならば、Hudson の技術は革新的であり、そしてこの攻撃の基本からすると、他の技術と組み合わせることで Apple の現時点での修正策も回避出来る可能性を持つからである。

Thunderstrike の影響を受けやすいのは誰か -- 技術的に言えば、全ての Mac は Thunderstrike 攻撃に脆弱ではあるが、TidBITS の読者が差し迫ったリスクに晒されることはまずない。攻撃者は絞られる - あなたの Mac に物理的にアクセス出来、そしてそれを再起動しそのファームウェアを再インストールするだけの時間がある誰かである。それに、誰もが悪意を持って改変された Thunderbolt ドングルを手にして歩き回っているわけでもない。焦点を当てるべきは次の三つである:

小売り用のハードウェアに対して、流通のどこかの段階で攻撃が仕掛けられる機会というのは常に存在する。デジタル写真フレームにマルウェアが仕掛けられたという事例は我々も見ているが、Apple はその脆弱性は既に塞いでいるので、そのリスクは低いであろう。

ファームウェアアップデートが出た時に Mac をアップデートする時は別にして、あなたの最善の防御は自分のコンピュータを常に自分の管理下に置くことである。これは行き過ぎと聞こえるかもしれないが、私の場合、国境を越える時やられてしまう恐れ故に、自分の Mac は持っていかない様な場所だってある。再度言うが、この記事を読んでいる人でリスクに晒されている人は殆どいない。

ファームウェア攻撃は何年もの間存在してきたし、もし最近のセキュリティカンファレンスの題目が何らかの兆候だとするならば、今後この種の攻撃は増えるであろう。幸いにも、物理的なアクセスの必要性がその機会を自ら制限しているが、リスクに直面する人達は、強い関心を持ち続ける必要がある。

コメントリンク15331 この記事について | Tweet リンク15331


AT&T、データ繰り越しを提供するも、帯域制限は堅持

  文: Glenn Fleishman: glenn@glennf.com, @glennf
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

AT&T はモバイルデータについて多くの奇妙な考えを持っている。同社は競争を避けようとする一方で、同時に、既得権のある無制限データユーザーに絞りをかけ、そしてネットワーク中立性の概念に反するかもしれないような方法で業界の手つかずの片隅から利益をひねり出そうとしている。

Mobile Share Value に Rollover Data が加わる -- まず朗報から始めよう。約 5 千万の AT&T の Mobile Share Value プランに加入しているモバイルユーザーは、ある月の未使用のデータが翌月のプールに自動的に加算される。この Rollover Data 機能は有効化する必要はない。データは 25 January 2015 以降、アカウントの締め日に繰り越され始める。この対象にならない顧客は約 7 千万人おり、そこには昔からの Mobile Share 顧客やプリペイドの加入者が含まれる。

AT&T はその Mobile Share Value プランでの超過使用に対して、300 MB プランに対しては $20 を 300 MB 毎に、1 GB プランに対しては $20 を 500 MB 毎に、そして 3 GB 及びそれ以上のプランに対しては $15 を 1 GB 毎に課している。プランには 300 MB から 100 GB 迄あり、料金はデータと機器から構成されている。1 GB プランは月額 $25 で、それに助成金無しのスマートフォンに対しての $25 か、或いは 2 年契約のスマートフォンに対する $40 が加わる (これには無制限の通話時間とテキストメッセージが含まれる)。10 GB プランで電話が 2 台の場合、$100 プラス電話一台当たり $15 で、総額は税前で月額 $130 となる。

前月から繰り越された未使用データは、その月の末日に期限切れとなる。これは昔時間制限のある通話プランに付いていた繰り越し通話時間が働いたやり方 ー 1 年間有効 ー とは異なる (今でも、そうなっているものもある)。時折制限を超過する事のある人に対しては、Rollover Data は馬鹿にならない金額の節約となりうる。

例えば、10 GB プランに入っていて 11 月に 5 GB、12 月に 12 GB、そして 1 月に 3 GB 使ったとしよう。11 月に余った 5 GB は 12 月に繰り越され、そして $30 の超過料金は発生しないが、12 月から 1 月に繰り越されるデータは無い。しかしながら、1 月の未使用分 7 GB は 2 月に繰り越され、超過料金無しで 17 GB が使えるようになる。

この様に時折超過料金を支払うことで、支払総額が劇的に上昇することが見て貰えると思う。従って、昔のプランに入っているユーザーは Rollover Data 付きの Mobile Share Value プランに移行する方が得である、繰り越しデータは翌月限りという制限付きではあっても。

December 2014 に発表された 同様の T-Mobile アップグレードは未使用のデータを最大 1 年間繰り越す。T-Mobile は超過料金は課さない;その代わり、契約上限に達すると、その月の終わりまでデータ速度を 64 Kbps か 128 Kbps に制限する。帯域制限に関してはこの後でもふれる。

私の家族は、既得権のある昔風のデータ契約は持たないのでアップグレードした。お陰で AT&T の Mobile Share Value プランは月額 $10 少ない料金となり、我々のデータ上限も 3 GB から 10 GB へと増えた。我々は、この契約上限に近づくことは殆ど無いので、今後データの上限を 6 GB に落とすことも考えてみたいと思っている。その場合、電話機当たりの料金の気まぐれから、我々の月額料金は更に $15 の節約となる。

キャリアよ、帯域制限に逆戻りなのか -- あまり愉快でない話をすれば、AT&T は既得権のある無制限データプランの帯域制限の正当性を主張し、一方で企業には、皆さんの月々のデータプールを利用するのを避けるため AT&T へ直接支払う事を許すプログラムを拡大している。T-Mobile もまた最近、帯域制限の度合いと条件を開示していないことを FCC に指摘された。

もう覚えていない人のために言っておくと、2007 年に Apple が iPhone を出した時、AT&T の (そして後に Verizon Wireless も) 元々のデータプランは無制限であった。しかし iPhone が爆発的に売れ始め時、彼らのネットワーク拡大は期待に追いつけず、この無制限データプランはキャリアにとって頭痛の種となった。

2010 年に AT&T は無制限データプランを新規顧客には提供しなくなり、そして他のキャリアもすぐに追随した。(AT&T はこれに関して とてもおかしな "同情を請う" サイトを開設している。) しかしながら、元々のプランのまま電話の機種変更をしてきた人達は、契約に基づき無制限データの継続を許された。キャリアは、人々にこれらのプランを諦めそして上限と超過料金を有する料金別プランに移行するよう促す色々な奨励策を試みてきた。

2012 年に AT&T は無制限プランのユーザーに圧力をかける事を決定し、"上位 5% のユーザー" と称する人達に対して帯域制限をかけ始めた。これは月に数ギガバイト超過するだけという人達も対象となることを意味した。もっと最近になって AT&T は、使っているネットワークタイプに拘わらず、3G 又は "4G" (実際には 3G+) ネットワーク上では 3 GB を超えるデータ使用に対して、4G LTE 電話上では 5 GB を超えるデータ使用に対してデータ速度を制限する規則を制定した。

October 2014 に FTC はこれを反則だとし、帯域制限は "欺瞞" であり "不公平" であるとして AT&T を訴えた。その根拠として FTC は二つのテストを用いている。これは 2007 年の Verizon が New York State と和解した事例と同様であり、同社が帯域制限のあるモバイルデータプランを "無制限" として宣伝していた事に対する調査を受けたものであった。Verizon はまた 4G LTE 顧客に帯域制限をかける計画も取り下げた。

注目して欲しいのは、この訴訟は Federal Trade Commission からなされている事である。ここは消費者問題を扱う所で、通信とその関連する業界に対する規制と適合性を扱う Federal Communications Commission とは異なる。FTC は FCC と緊密に連携していると言っている。この FTC 訴訟の棄却を求める申し立ての中で、AT&T は 8 January 2015 に、FCC は別に同じ問題での訴訟を考えており、それに FTC にはそもそもその様な権限はないと主張している。

T-Mobile もまた昨年帯域制限に関して苦境に陥った。August 2014 に同社は無制限データ顧客に対して 帯域制限は課さないと言ったが、漏洩したメモでは、サービス契約に違反した顧客には絞りをかけると言っていた - これには "ヘビー" データユーザーが含まれるとしていたが、何がヘビーかは定義されていなかった。T-Mobile は現に全ての顧客に対して帯域制限をかける権利を有しているが、November 2014 に FTC にその限界を明確にするよう求められていた - 顧客は、加入しているプランに応じて、64 Kbps か 128 Kbps の速度に落とされる。しかしながら、同社は未だその無制限プランを撤回するまでには至っていない。

一方で、AT&T は幾つかの企業に対して "奨励金付き" サービスを売り始め、その数は 今では 10 社にのぼる。これらの会社は AT&T の顧客に月毎のデータ使用量に計上されることなくデータを提供出来る。これらの会社は極めて小さいもので、如何なる有名な消費者、ビジネス、或いはメディアブランドも含まれていない。このプログラムはネットワーク中立性に反していると解釈される可能性を秘めている。と言うのも、これは特定の企業に対して、言ってみれば、有料のより高速の道ではなく、料金を別にすれば他社には提供されないチャネルを提供することになるからである。

状況を見守る -- AT&T や他のキャリアがこの状況にどう対処するかにまつわる難しさの原因は、極めて合理的な問題かもしれないことを、サービス条項を変え、そして英語の言葉を再定義することで紛らわそうとしようとしている事にある。これらの法的な戦術は彼らの評判を落とし、そして消費者にサービス会社の変更を促す。

皆さんは 2011 年に AT&T が T-Mobile を買収したいと思っていたが、FCC と Department of Justice からの激しい反対で潰されてしまった事を覚えておられるかもしれない。政府側の論点は、その様な合併を許せば、アメリカには二つの巨大ネットワーク (AT&T/T-Mobile と Verizon) そして一つの中規模のもの (Sprint) しか残らなくなってしまうというものであった。この合併取り消しの後の T-Mobile の動きを見れば、それが正しかったことが分かる:もし T-Mobile が買収されていたら、我々全てがより少ないサービスにより多く支払う事になっていたであろう。

AT&T からの Rollover Data プランは、我々がこれから益々目にするようになるものであろう:これは帯域制限に基づいた鞭ではなく、飴である。もし AT&T が既得権のある無制限ユーザーにそのプランを諦めて欲しいと願うのであれば、同社は何か同等のものを提供し、そのコストは先行投資として負担すべきである。例えば、彼ら全員に月 100 GB のプランと無料の iPhone を与えるべきである - 何か損失を補うに値するものを。そうすれば、AT&T はもっと予測可能なネットワークの使用が期待出来、そしてこの情け容赦のない一連の卑劣なそして後ろ向きの行動も無用になる。

コメントリンク15334 この記事について | Tweet リンク15334


Workflow は iOS 自動化への次の一歩

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Mac OS X 10.4 Tiger が 2005 年にリリースされて以来、Mac ユーザーたちは自動化のためのシンプルな内蔵ユーティリティ、Automator が使えた。サードパーティの開発者たちは、Automator の持つパワーとシンプルさを iOS 上で再現しようと長年かけて試みてきた。

もしもあなたが創作のためというよりむしろ単なる消費のためだけに iOS を使っているなら、いったい何のために iOS を自動化したいのかと怪訝に思うかもしれない。iOS は簡単に使えるけれども、よく考えてみれば、おそらくよくある作業のいくつかは複数のアクションを一つに繋ぎ合わせることでさらにもっと簡単に使えるようになるだろう。例えば、Dock アイコンをタップするだけであなたの大切な人に電話がかけられたら素敵ではないか? あるいは、カスタムサービスを使って URL を短縮化しそれを Twitter に投稿できたらいいのでは? ひょっとするとあなたは赤ちゃんの写真をたくさん撮るかもしれないが、最新の写真を手早く祖父母に送信できたらどうだろう? あるいは、パーティーで飲み過ぎた場合に Uber などのサービスで車を呼んで家まで乗せて行ってもらうのがタップ一・二回でできたらどうか? そういったことすべてが、iOS 上で自動化できる。Mac での自動化と全く同様に、ほんの少し考えるだけでよく使う作業を自動化するアイデアをたくさん思い付くことだろう。

x-callback-urlは、サードパーティによる iOS 自動化の開発の中で最も注目すべきものだ。その場しのぎという意見もあるかもしれないが、かなり巧妙な自動化標準で、Agile Tortoise の Greg Pierce が開発した。Extensibility が iOS 8 で登場するより以前には、アプリたちが iOS のサンドボックスの壁を越えて情報をやり取りし互いにコミュニケーションするための主要な手段は x-callback-url であった。

そのお陰で、iOS 自動化に向けた興味深い実験がいくつか登場した。Agile Tortoise 自身が作った Draftsアプリはいろいろなことができるが、中でも手軽にメモを書き留めてそれを他のアプリやサービスと共有できる。 Launch Center Pro というアプリは一つの場所から複数のアプリを起動することができ、またそれらのアプリのいくつかで特定のアクションを自動的に実行することもできる。それからまた Editorialというアプリもあって、これはパワフルなテキストエディタでプログラミング言語 Python でカスタマイズしたり、x-callback-url を利用して他のアプリのテキストを処理したりもできる。

そういうものは皆試してみるのが楽しいし、一部の人たちにとっては実際便利に使えるだろう(例えば MacStories の Federico Viticci は iOS 自動化の実験をいろいろ試みて、それらについて詳しく記事に書いている)が、平均的なユーザーにとっては難し過ぎる。実際に何かをやり遂げるためには、馴染みのないシンタックスを覚えるか、あるいは iOS の多くの制約を回避する技を覚えるかしなければならないからだ。

けれどもそのような懸念は、DeskConnect の Workflow (App Store で $2.99) のお陰で今や過去のものとなったかもしれない。これはまさに、Automator のパワフルなシンプルさに最も近いものを iOS 上で実現したと言える。

従来の iOS 自動化の努力と Workflow が大きく違っているのは、ワークフローをビジュアルに作成でき、従来型のプログラミングが要求されないところだ。このアプリのデザインは見た目に華やかで分かりやすく、そのお陰でプログラミングの基礎を学んだり教えたりする目的にも理想的だ。

Workflow の長所は、プログラマーでなくても利用できる点だ。このアプリには便利なワークフローがいくつも内蔵されており、それ以外にもダウンロード可能な他のワークフローのギャラリーが提供される。ユーザーたちがウェブ上でワークフローを共有することもできる。

image

では、それらのワークフローでどんなことができるのか? いくつか例を挙げてみよう:

ワークフローをホーム画面上にアイコンとして置くことができるし、あるいは Safari の中でアクション拡張として使うこともできる。Workflow を Safari の内部で使うには、まず次のようにする:

1. ツールバーの Share ボタンをタップする。2. 一番下のアクション行を右へスクロールし、More をタップする。3. Run Workflow スイッチを切り替える。

Safari からワークフローを呼び出すには、Share をタップしてから、その次に Run Workflow をタップする。するとアクション拡張に指定しておいたワークフローの一覧と、アプリのギャラリーにある使えそうな拡張のリストが出る。

image

私に言わせれば、Workflow は誰もが Safari の機能を拡張するために使えるという点だけでも料金を払っただけの価値があると思う。ギャラリーからいくつかダウンロードすれば、ウェブページを丸ごと Dropbox に保存したり、ウェブページを PDF として書き出したり、そのウェブページの中のすべての画像を抽出したり、ウェブページのソースコードを見たり、そのウェブサイトを検索したり、さらにはあの Wayback Machine 上でそのウェブページの古いバージョンを見ることさえできる。Federico Viticci は現在のウェブページのタイトルと URL を Evernote ノートの末尾に付加するカスタムワークフローを作ったが、私は ExtraBITS 記事の候補を集める際に彼のワークフローをとても便利に使っている。

ワークフローを作成するやり方は面白い。まず Workflow 表示から始めるが、ここにはいくつかインストール済みの実例がある。My Workflows 表示から、Create Workflow をクリックする。ワークフローにアクションを追加するには Actions 枠に切り替えるが、ここにはいくつか異なるカテゴリーに分けてアクションがリストされている。何をしたいかはっきりしている場合には、特定のアクションを探せばよい。面白いアクションを見つけたら、それをタップして説明を見たり、それをワークフローの中へドラッグしたりできる。Play ボタンをタップすればいつでもワークフローを走らせてテストできる。Workflow 表示からは、ワークフローを Normal と設定することも、Action Extension と設定することもできる。前者は独立動作のワークフローとして働き、後者は他のアプリの Share メニューから呼び出して使う。

image

ワークフローのプログラミングは完全に直線的で、アクションが一つ一つ、上のものから下のものへと、順番に実行される。その点は Automator と似ている。入力を受け入れるアクションは、先行したアクションから入力を受ける。それからこれも Automator と同様に、Set Variable アクションを使って先行したアクションの出力を保存し、あとで Get Variable アクションを使ってその出力を呼び戻すこともできる。たいていのプログラマーたちが慣れ親しんだやり方とはちょっと違っているが、Automator に慣れた人ならばすぐに考え方を理解できるだろう。

これは最初のリリースなので驚くには当たらないが、Workflow にはいくつか粗削りなところもある。ギャラリーはブラウズすることしかできず、ここは是が非でも検索機能が欲しいところだ。新たなワークフローを探すための私が知る限りベストな方法は、Tweetbot を検索するワークフローを使って他のワークフローを探すことだが、これでは完璧には程遠い。

もう一つの苛立たしい点は、ワークフローを走らせる度にその個々のステップを Workflow が処理する様子を見ていなければならないことだ。これはホーム画面から呼び出したワークフローでもそうなる。他の普通のアプリと同様に、ワークフロー内部のアクションを隠すことができれば素敵だろうにと思う。ただし、これは iOS の制約から来るものなのかもしれない。複雑なワークフローを走らせるとどんな風に見えるかの実例として、Workflow を使って TidBITS の Amazon アフィリエイトリンクを作成する様子をビデオにしてみた。

私はまだ 上記のようなワークフローをいくつか作って試してみている段階だが、それでも既に一つだけイライラする制約に遭遇した。たいていのプログラミングインターフェイスと同様に、Workflow でも IF 構文を使って一つの条件が真か偽かを判定しその結果に応じて挙動することができる。けれども残念なことに、判定できるのは文字列のみで、先行したアクションの結果が成功か失敗かを判定することができない。私が作りたいワークフローは、ある Evernote 書類が存在するかどうかをチェックして、もし存在すればその中にメモを書き加え、もし存在しなければ新規に書類を作成するというものだが、現在のところ Workflow でそれをすることはできない。

でも、さきほども言ったように Workflow を活用するためにプログラマーである必要はない。既にギャラリーの中には便利なワークフローがたくさんあるし、今後も間違いなくもっといろいろなものが増える。$2.99 で手に入るし、あなたの iOS デバイス上に置いておけばきっと便利に使えるだろう。すべての人が自動化を必要としている訳ではないけれども、ぜひあなたもご自分がいつもデバイス上で繰り返し使っている作業はないかどうか考えを巡らせて、そういう作業に Workflow を試してみて頂きたい。そうすれば、思った以上に時間の節約になるかもしれない!

コメントリンク15304 この記事について | Tweet リンク15304


視覚障害のある人のためのコンピューティング、その 1

  文: Mariva H. Aviram: mail@mariva.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

もしもあなたの目が完璧に機能しているのなら、どうか思考実験をして頂きたい。もし目がそれほど完璧でなかったならば、あなたの生活はどうなっていただろうかと。あなたはどうやって生計を立て、家庭を維持し、個人衛生を保ち、愛する人たちの世話をし、自らをある場所から別の場所へと運ぶことができるだろうかと。

さて、ここでその思考実験を生活の中のたった一つだけの大きな側面、つまりデジタルデータのみに絞って考えてみよう。あなたはどうやって人々とコミュニケーションし、自分の個人情報にアクセスし、請求書の支払いをし、家計をやり繰りし、仕事の成果を提出するだろうか? 仕事にコンピュータを使わない人たちでさえ(そういう人たちはますます稀になりつつあるが)生活の中に電子的画面やデジタルデータがますます多く登場するようになっている。一方「知識労働者」たちにとっては、仕事、個人の身元、創造性、人との繋がりなど、最も重要なものごとの中にコンピュータが深く組み込まれている。

ウイルス性結膜炎と、私のどうしようもない、恐ろしい、最低の数週間 -- 2014 年の春、私の左目は極めて深刻なウイルス性結膜炎の症状を見せ始めた。それから 36 時間のうちに、目のまわりがゴルフボール大に腫れ上がった。その後 12 時間以上経ってやっとまぶたがほんの少しだけ開けられるようになると、 でこぼこに腫れ上がった結膜 (目の強膜つまり白目の部分の上を覆う透明の薄膜)がけばけばしい虹色に見え、激しい痛みと絶えずぼやけて見える視界とが私を震え上がらせた。

(この Lovecraft 風の恐怖についてもっと詳しくは "epiphora" (流涙症、たくさんの資料が見つかる) と "purulent exudate" (膿状の滲出物、ただし検索の Google Images 結果をブラウズすることはお勧め しない) を検索してみて頂きたい。ありがたいことに私は幸運に恵まれて、結膜の上に新たな皮膜が生じることはなく、そのお陰で症状がさらに悪化することは避けられた。)

最初の数日間は身体的にも感情的にもトラウマに苦しめられた私は、やり残した仕事や雑用が増え続けるのを見て不安にかられた。そのうちに今度は目を閉じたままでいるとただただ退屈が私の心を埋め尽くすようになった。聴きたい一連のポッドキャストを設定しようとする際にさえ、私の良い方の目は酷使された。一週間ほど経って、私はコンピュータを、または何かのスクリーンを、どうやって使うべきか見極めなければならないという恐ろしげな挑戦に直面することとなった。目というものがどんなに重要か、それでいてどんなに脆弱なものであるのかを、それまで私はきちんと理解したことがなかった。

視覚に関するさまざまのフラストレーションに対処するため、私はできる限りの工夫をした。例えば、度の付いた眼鏡をかけるのを止めた。iPad を使う際には視力を矯正しない方が見やすいことに気付いたからだ。でも MacBook Pro ではそうとも言えなかった。良い方の目が弱った目を補う必要があり、結局は片目で両目分の働きをするようになった。けれども、良い方の目がスクリーン上をあちこち飛び回る間、悪い方の目をずっと閉じたままにしているとすぐに目が疲れてしまった。

iPad のスクリーンは最も暗い設定にしてもまだ明る過ぎるように見えた。それに、従来型のコンピュータと違って iPad にはあまり多くのスクリーン調整用ユーティリティがない。(後になって私は Dimmer を見つけたが、これには良いレビューと悪いレビューの両方があるようだ。またスクリーン減光機能の付いたサードパーティのウェブブラウザがいくつかあることにも気付いた。)極端な光恐怖症により、私は最大限に減光したコンピュータのスクリーンを見る際にも濃い色のサングラスをかけるようになった。さらに悪いことに、サングラスの偏光レンズは視覚に余計な支障を加えた。

視覚障害に関する統計 -- 私の心に一つの疑問が浮かんだ。他の人たちは、いったいどうやって 対処 しているのだろうか? 視覚に障害があっても仕事をやり遂げなければならないコンピュータユーザーは、決して私一人だけではないはずだ。

American Foundation for the Blind が紹介した 2012 年の CDC 調査によれば、成人のアメリカ人のうち 2,060 万人が視力低下を経験しているという。これは米国にいる成人のおよそ 9 パーセントにあたる。そのうち実際に視覚障害を持っている成人はおよそ 600 万人だ。その率は 高齢になるほど急激に増加する。全世界では 2 億 8 千 5 百万人が視覚に障害があると推定される。現代の生活においてはデジタルスクリーンの使用がもはや欠くことのできない部分となっているので、これらの統計数字はテクノロジー開発者やその他の集中的コンピュータユーザーにとって大きな意味を持つものとなる。

視覚障害というものが、より一般に感覚欠損というものが、個人個人によって大きく違い得るという事実を理解するのは重要なことだ。一人の人の片方の目ともう一方の目でさえ感覚が大きく違うこともある。製品開発の観点から言えば、さまざまの異なる必要に適合できるようにインターフェイスをうまくデザインするのは難しい。とりわけ、個々のユーザーがそれぞれに独特の解決法と順応法を持っている場合には困難の度が増す。

私自身の機能障害は、良い目が片方だけというもので、光恐怖症と眼精疲労もそこに伴っており、これはこれで独特の一連の難問を突き付けた。では次に、他の三人の人たちの事例を紹介しよう。

髄膜炎由来の視神経損傷 -- 私の兄はシニアソフトウェアエンジニアだが、20 年ほど前に一時的に髄膜炎を患って両目の視神経に損傷を受けた。その結果、それぞれの目ごとに異なる部分に視野欠損がある。これらの欠損領域は完全に見えない訳ではないが、彼の場合その部分の視力が弱く、文字を読んだり明確に輪郭を認識したりすることができない。ただ、片目の中央部のごく狭い領域のみがはっきりと見え、文字を読んだり、マウスポインタを見つけたり、その他細かくものが見えることを必要とする作業を実行するにはその部分だけに依存している。 Massachusetts Eye and Ear Infirmary (マサチューセッツ眼科耳科病院) の Vision Rehabilitation Center の勧めに従って、彼はスクリーンのバックライトを非常に明るいレベルに設定することで詳細を読み識別しやすいようにしている。

一度に読み取れる分量のテキストを兄の目のその貴重な狭い領域に収めるため、文字はできる限り小さく、かつシャープに見えなければならない。(この目的には、よくある拡大鏡の反対の「縮小鏡」が理想的だろう。)大きな画像を、彼は周辺視野を使って見ている。この不一致の結果として、図表のように画像の中に注釈の文字が入っているようなものを見るのが特に厄介だ。

このように互いに矛盾した制約があるので、彼はコンピュータのスクリーン上でさまざまのフラストレーションと出会うことになる。もしも、時間的制約のせいで(例えばプレゼンテーションをしている最中に)ポインタのサイズを大きくできなければ、彼は単純にマウスを左上隅まで動かしてポインタを見つけ、その動作をポインタを「見失う」度に繰り返す。フォーカスを当てている地点から別の場所へ視線を動かしてまた元の地点へ戻すのは、元の地点を見つけるのが困難なのでとりわけ辛い。もう一つ、ウェブフォームを見渡してフィールドを見つけたり提出ボタンを押したりする動作も時間の浪費が大きい。多くの場合、キーボードショートカットがあればこのような問題が避けられ、さらにありがたいことに手順を簡素化することができる。

普段出会わないような状況でとりわけ厄介な問題が生じることもある。例えば、Windows のマウス軌跡表示機能は便利なこともあるけれども、使えるのはネイティブに Windows を動かしている場合のみだ。VMware Fusion で Windows を動かしている場合はリフレッシュ速度が遅過ぎ、マウス軌跡はかえって目を迷わせ注意をそらすものとなってしまう。領域の中でマウスカーソルがあちこち点滅するように見え、いつも通りの正確な位置決めが失われてしまうからだ。

最後にもう一つ、問題を一つ解決してもそれが新たな問題を生じさせてしまうこともある。例えば、文字を読みやすくするためにカラーを反転させると、画像のカラーも反転されて人々の写真が「幽霊や悪霊」みたいに見え、デスクトップの壁紙が不快な色合いになり、多くの図表が読めなくなってしまう。また、マウスポインタのサイズを大きくすると、一番読みたい部分のテキストやアイコンがマウスポインタに隠れて見えなくなる。そのフラストレーションは想像に難くないだろう。

萎縮型黄斑変性が過敏症を起こす -- 見やすくするために明るいディスプレイを必要とする私の兄とは対照的に、私の友人の一人は初期の萎縮型黄斑変性があるため LCD スクリーンの明るさとコントラストに極めて敏感だ。モニタを真正面から見るとき、彼はそれを「眉毛の間を通して見上げる」と形容する。つまり、まぶたで瞳を部分的に覆うことによってピンホール効果を作り出しているのだ。彼はスクリーンの大半を覆い、一行か二行のテキストのみに集中し、それからまた下の方を見る。

明る過ぎることへの彼の対処法は、無料のユーティリティ Shades を使ってスクリーンを暗くすることだ。このユーティリティは優秀で、複数のモニタもうまく処理できる。また、彼はモニタを上の方から見る。これで、目の中に入る光量が減る。それでもやはり彼にはいろいろなアーチファクトが見え、それが気を散らすことになる。特に、Twitter やメールクライアントなどメッセージの状況を示すために微妙な背景色を使っているものは見にくいし、青いリンクで示されたウェブページのテキストはページ上のいたる所に黄色のもやもやを投げ掛けるように見えるし、暗い背景色の上に明るい色のテキストがあれば行の残像が幽霊のように生まれてしまう。

視覚について、この友人は厳しい選択を迫られるのだという。何をするのかのみならず、何に注意を払うかについても、さらに言えばいつ目を開いて、どのくらい長く開いたままにするかについても、意識的に選択しなければならない。「何を見ようとするかを 選択する 必要があるんだ」と彼は力説する。

色のない世界に生きる -- もう一人の知人は、元ソフトウェアエンジニアでここでは "Roy" と呼ぶことにするが(彼の専門は、事もあろうに、情報可視化と複雑データのグラフィカル表示だ)不完全色覚異常 あるいは色弱 と呼ばれる稀な目の病気のためかなり重度の色覚異常を持っている。中程度またはそれより暗めの室内照明の下では、すべてがグレイスケールに見える。照明の明るさを増せば、色スペクトラムの赤と青の両極端なら見分けられるようになる。けれども照明を明るくすると細かい部分が見えにくくなる。色褪せたものや、パステルカラーは、どんな条件下でも見分けられない。彼は「標準的な色覚テストはすべて惨めに不合格となる」という。

Roy の視力は弱い。普通の照明条件で、たとえ眼鏡をかけていても、彼は法定盲人と見なされる。その上、彼は光に非常に敏感だ。つまり、直射日光の下では特殊な側面シールド付きの暗いサングラスをかけていないとほとんど何も見えない。彼はまた、上方からの光の漏れを防ぐため常に帽子かバイザーを着用している。こうした症状その他はすべて不完全色覚異常に典型的なものだ。

(色覚異常の治療法や矯正法の開発に特化した基金を集めている現在唯一の団体が AchromaCorp だ。慎重ながら楽観的なことを言えば、医療研究グループ AGTCが色覚異常やその他の眼疾患に対する有効な遺伝子治療の人体治験を今後二年以内に開始する予定だという。)

コンピュータの使用に関しては、多くの低視力のユーザーたちと同様、Roy も手持ちのもので間に合わせている。彼のメインのオペレーティングシステムは Windows XP だ。これを Windows Classic スタイルに設定している。彼には、青と緑の Luna ビジュアルスタイルは「見栄えがゴタゴタして分かりにくい」のだという。

多くの Windows ユーザーにとっての悩みの種は Microsoft Outlook だ。それは Roy にとっても同じことで、とりわけ Microsoft が Outlook の重要な設計特性の一つを変更したのが厄介だ。従来のバージョンでは、未読の電子メールはボールド体(太字)で示されていた。ところが現在は既読と未読のメールがカラースキームで区別されるようになり、彼の目には「グレイの濃度がほんの少し違うのみ、フォントも文字サイズも太さも全く同じ」に見える。そのため彼にとってメッセージの種類を見分けるのが以前よりはるかに困難になってしまった。

同じように、Outlook カレンダーでは Today ボックスを見分けるためのカラーが予約長方形のカラーとほとんど同じ明るさで、色覚異常の人にとっては両者を見分けるのが困難だ。

Roy は、従来はシンプルなテキストやその他のグラフィカルな約束事を使って伝達されていたものが、ますますカラーコーディング情報を使って伝達されるようになってきていることに気付いた。それに対処するための彼の戦略は、彼にとって視覚情報の僅かな違いにしか見えないものを、以前より時間をかけて見分けるように努めることだ。

けれども、最近のグラフィックデザインには嬉しい傾向が一つある。それは、アイコンやボタン、その他の要素が「平坦化」されたことだ。これは iOS 8 と OS X 10.10 Yosemite で特にはっきり見られるルック&フィールの変化だ。これにより、3D 縁取りやカラーグラデーションなど機能的に無意味な要素が減って、より明快な画像とより大きなテキストのために多くのスクリーン面積が使われるようになったからだ。

ウェブサイトを見る際、Roy は単純にブラウザ上のテキストを必要に応じて拡大する。けれどもウェブサイトの中には色覚異常のユーザーがアクセスできなくなるようなカラースキームを選んでいるところもある。(具合の悪いカラーパレットとしては、緑の背景の上に青いテキスト、青い背景の上に黄色のテキスト、黒い背景の上に赤いテキストがある。また、細かな模様の入った背景の上のテキストはどんなものでも見にくい。)Roy がそのようなウェブサイトを見たい場合は、いちいちテキストをハイライト表示にしなければならない。

光に敏感なので、Roy はバックライトの輝度を最低の設定まで下げている。ただし、コントラストは最強に設定している。でもそれは自己矛盾だ。なぜなら、コントラストが高ければ輝度も上がるからだ。つまり、すべては妥協の産物だ。彼はまた、スクリーンの解像度を 1024 × 768 と低く設定している。こうすればテキストが拡大されて彼にも読みやすくなるからだ。

Roy には特に好みのフォントはないけれども、フォントサイズはとても重要だ。文章を書く際、彼はフォントサイズを 20 ポイント前後 (Arial) にしている。これが、彼にとって楽に使える最小限度だ。長い書類、たとえば電子ブックを読む際には、彼はフォントサイズを 36 ポイントくらいかそれ以上にしている。

この話題について私と話し合った際に、Roy は最近のデザイン傾向の問題点について「コンピューティングが私たちのような人にとってますまず困難になっているのは、ますます小さなスクリーンを使ってユーザーがますます多くのことをすると期待されるようになったからだ」とまとめてくれた。

そもそも小さなスクリーンを使わないという選択肢は、実現の難しいものとなりつつある。極小のフォントサイズと、小さくて非常に細かなアイコン、カラーコーディング、見た目の混雑、そう言ったものに依存するデバイスが、ますます従来型の、よりアクセスしやすいメディア(印刷された地図、名刺、固定電話など)に取って代わり、結果として視力の弱い人たちが不利な立場に取り残される。ズーム機能やスクロール機能のあるアプリでさえ、扱いにくくて時間を食うものとなる。

「これらの製品は高齢者や、例えば色覚異常や周囲光障害など何らかの視力障害を持った人の手でデザインされていないし、そういう人たちのためにデザインされてもいない」と彼は嘆く。なので、彼は携帯電話を持っていない。

また、障害を持つ人たちは正常な体の(また正常な視力の)人たちに比べて はるかに高い確率で犯罪被害者となりやすい 。Roy によれば、路上犯罪に遭いやすいのが特に怖く、視力が弱いことと暗いサングラスのせいで周囲視野が狭いことがその大きな原因だという。特に人口が集中した都会では高価なモバイルデバイスが普及したために窃盗やそれに関係する犯罪が深刻で、低視力やその他の障害を持つ人たちが特に高い確率で被害を受けている。

視覚障害に備えて -- このような人たちのために何らかの助けがなければならないと私は思うし、実際、ある程度は助けはある。もちろん、振り返って考えれば、それらの選択肢について知ることのできる最良のタイミングは、自分が障害を持つよりも以前 だ。

視力低下に備えることは、災害対策のようなものだ。大多数の人たちは、そんなことを考えたいとも思わない。自分がそんな状況に陥らないようにと誰もが願うけれども、もしも自分がそうなれば、少なくとも何らかの準備作業をしておいたことをきっと嬉しく思うだろう。アクセシビリティの環境設定や、サードパーティのユーティリティに十分馴染んでおくことは、品質の良い消火器と煙探知器を自宅に設置して定期的に検査してもらうことに似ている。

自分自身の苦痛に対処しながら、私は他の人たちの視力障害の体験をもっとよく知りたい、私のような人たちのための救済策や支援テクノロジーも知りたいと思うようになった。このシリーズ記事の次回では、さまざまの種類の眼疾患について調べるとともに、視覚ケアの専門家たちのアドバイスも紹介したい。

コメントリンク15330 この記事について | Tweet リンク15330


FunBITS: Trivia Crack は魅了しつつ同時に反発を生む

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ホリデー期間中、わが家には多くの人たちがあちこち座って、それぞれの携帯電話をじっと見つめ、てんでばらばらな質問を口走るのが見られた。その理由は何かって? それは Trivia Crack という、新手の iPhone ゲームだ。このゲームは App Store チャートの第一位まで登り詰めた。それに、わが家のゲストたちは全員一斉にこのゲームをプレイしていた(そこにいる他の人たちに助けを求めていた)けれども、実際にゲームを戦っていた相手はそれぞれ遠くにいる友人だった。

Trivia Crack には広告付きの無料バージョンと $2.99 の有料バージョンがある。無料バージョンが気に入ったら、多くのうっとうしいビデオ広告をなくすために有料バージョンを購入する価値は十分ある。

Trivia Crack は、古典的なボードゲーム Trivial Pursuit をもとにしている。ゲームの核心は雑学クイズ (trivia) に答えることだが、二つの異なるゲームモードがある。Challenge と Classic だ。Challenge モードでは最大 10 名の他のプレイヤーたちと競い合い、クイズの集中砲火に答え、最も多くの正解を出した人が勝つ。

image

一対一で戦う Classic モードはもう少し複雑だ。ボードゲームの Trivial Pursuit と同様、キャラクターと呼ばれる一連の色付きピースを集めることを目指す。個々の色がそれぞれ話題を表わす。オレンジ色はスポーツ問題、黄色は歴史問題、緑は科学問題、青は地理問題、赤は芸術問題、紫は芸能問題だ。これら六つのキャラクターを先に全部集めたプレイヤーが勝つ。

あなたの順になれば、ホイールをスピンする。すると、六つのカテゴリーのどれか、または王冠のうちからランダムに一つが選ばれる。カテゴリーが選ばれれば、そのカテゴリーのクイズが出題される。クイズ 3 問に答えれば、あるいはホイールが王冠で止まれば、好きなキャラクターを選んでプレイするか、または対戦相手にチャレンジするかを選べる。キャラクターを選ぶ場合には、残っているカテゴリーの中から選ぶことができる。対戦相手にチャレンジする場合は、相手の持っているキャラクターの一つを盗むことを宣言するが、その際に自分の持っているキャラクターの一つを賭け金として出す必要がある。それから、二人とも一連のクイズに答え、多く正解を出した方がキャラクターを両方とも手にする。

image

もちろん、Trivia Crack もヘルパー項目の購入なしに現代の iPhone ゲームと称することはできない。追加スピン 3 回は無料で与えられていて、選ばれたカテゴリーが気に入らない場合にもう一度スピンするために使う。さらなる追加スピンと、コインを、アプリ内購入で入手できる。コインはゲームに勝った際にも手に入るが、誤答 2 個を消すことのできる爆弾や、クイズに答える制限時間の延長や、クイズの答を書き直すことのできるダブルチャンスや、次のクイズをスキップできるオプションが、コインを使って購入できる。

どれだけ長くプレイできるかは、あなたが life をどれだけ持っているかに依存する。ゲームをスタートする度に、life が一つ減る。life が一つ再生成されるには丸一時間かかり、再生成は 3 回までとなっている。アプリ内購入よりもさらにもっと煩わしいことに、追加の life を入手するには Facebook 上の友だちにお願いしてクリックして life を送ってもらわなければならない。どうかお願いだから、こんなやり方は止めて欲しい。ありがたいことに、これはそれほど大きな制約とはならない。一つのゲームをプレイするには何時間も、ひょっとすると何日もかかり、既存のゲームに life は影響しないからだ。

面白いことに、Trivia Crack で出題されるクイズはプレイヤーたちの手で作成され吟味される。Question Factory で、あなたも独自のクイズを提案したり、他の人が提案したクイズを評価したり、クイズを他の言語に翻訳したりできる。お察しの通り、プレイヤーが作ったクイズはあまり信用できない、あるいはあまり良くない表現の質問になりがちだ。例えば、物理学で最も著名な人物は誰かという質問があって、Isaac Newton も Albert Einstein も選択肢の中にあった。私は Newton だろうと推測したところそれが正解だったが、いったいなぜ Einstein が不正解なのか私は理解に苦しむ。

image

アルゼンチン人の開発者 Etermax が作ったこのビジネスモデルは、少々ひねくれているが、なかなか見事だ。ユーザーたちは、アプリの購入に $2.99 を支払うか、それとも無料版で数え切れないほどのビデオ広告に悩まされるか、どちらかを選ぶ。ユーザーたち自身がゲームのコンテンツを作成したり承認したりする。そして、一部のユーザーたちは他のプレイヤーたちより有利な立場を得るために追加料金を支払う。

Trivia Crack にはちょっと疑わしいやり方が多く見受けられるので、これをお薦めするのは少々気が引ける。Trivia Crack の持つ機能には、まさに私が iPhone ゲームで大嫌いなことばかりが集まっているからだ。「お金を払えば勝てる」という構造、ユーザーにソーシャルメディアでお願いさせるやり方、ずさんな内容になりがちなユーザー作成のコンテンツ、といったことだ。他方、Trivia Crack の良い面はそのネットワーク効果だ。私の友人たちのほとんど全員がこれをプレイしていて、しかもそのゲームプレイは人の心を引き付ける。いろいろと苛立たしいところはあるけれども、友人たちと一緒にちょっと時間をつぶす楽しい方法ではあるし、広告に耐えて有料版の購入を我慢できさえすれば無料で遊べる。でも、$2.99 を払って広告をなくせばはるかにもっと快適になる。そして、技術的に言えば対戦する相手がアプリ内購入を使って勝利を手に入れることは可能なのだが、私自身はアプリ内購入を一切使わずかなりの対戦を勝つことができている。ありがたいことに、私の友人には倹約家が多いようだ。

コメントリンク15327 この記事について | Tweet リンク15327


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2015 年 1 月 12 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Little Snitch 3.5.1 -- Objective Development が Little Snitch 3.5.1 をリリースし、環境設定のユーザーインターフェイスに見栄え上の改良を施して OS X 10.10 Yosemite の見栄えにより良くマッチするようにした。このネットワーク監視ユーティリティではまた、初めてインストールした後でコンピュータを再起動しようとするとアプリがハングすることのあった稀な問題点を修正し、バージョン 3.5 で発生したバグにより Until Quit ルールがプロセス終了後も有効のままになっていたのを修正し、Xcode Server との互換性を改善し、Network Monitor の問題点により送り先が "0 Servers" と表示されてしまっていたのを修正した。(新規購入 $34.95、無料アップデート、21.2 MB、リリースノート、10.8+)

Little Snitch 3.5.1 へのコメントリンク:

ChronoAgent 1.5 -- Econ Technologies が ChronoAgent 1.5 をリリースした。Econ の ChronoSync アプリと共に働いて遠隔の Mac との間に直接接続を提供する同期・バックアップ用ユーティリティだ。今回のアップデートでは、新設の WAN Access パネルを使ってインターネット経由のバックアップや同期ができる機能を追加し、ChronoAgent が自動的にルータのポートマッピング機能を設定できるようになった。また ChronoAgent 1.5 にはいくつかの人気のサービスに接続するための Dynamic DNS クライアントが内蔵された。さらに、アイコンや補助的画像が Retina ディスプレイ用に最適化され、Notification Center 対応が追加され、ChronoAgent によるファイルへのアクセスを特定のボリュームのみを許す形で制限できるようになった。バージョン 1.5 ではユーザーインターフェイスもデザインし直され、今回から 64-bit Intel プロセッサと OS X 10.8 Mountain Lion かそれ以降を要する。Econ Technologies は 今後数週間以内に ChronoSync アプリもバージョン 4.6 にアップデートすると約束している。(新規購入 $15、無料アップデート、9.0 MB、 リリースノート、10.8+)

ChronoAgent 1.5 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2015 年 1 月 12 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週はたっぷりと ExtraBITS がある。銀行持ち株会社 Capital One が予算管理アプリ Level One を買収し、多くの機器がスマートフォンの存在に適応せざるを得ない状況を考えさせられ、メーカー各社は Apple のホームオートメーション用フレームワーク HomeKit がまだ満足できない状況にあることを見せつける。また Six Colors では Philip Michaels が CES をからかい、ブロガーの David Sparks は Family Sharing を使うのを止めた理由を語り、iMore の Peter Cohen は無料で Windows 10 を試すことができる方法を説明する。

Level Money、Capital One に買収される -- 銀行持ち株会社 Capital One が予算管理アプリ Level One (2013 年 10 月 18 日の記事“Level Money、家計管理を単純化”参照) を買収した。既存のチームは引き続き Level Money の開発にあたるが、これは独立動作のアプリとなる。契約内容の詳細は明かされていないが、Level Money の発表によればこれまで 700,000 人のユーザーに対して 120 億ドル以上に相当する取引を扱ってきたという。

コメントリンク: 15336

スマートフォン時代の機器たち -- スマートフォンによって多くの機器たちが全部丸ごと時代遅れとなった。カメラや、音楽プレイヤー、ハンドヘルドのゲームコンソールといった機器だ。では、それらの機器のメーカーはこれから何をすればよいのか? New York Times の記事で Farhad Manjoo が説明する通り、その答はソフトウェアにある。具体的に言えば、ユーザーと共に成長しスマートフォンと統合される、そんな柔軟なプラットフォームを作り出すためのソフトウェアに依存して動作する機器だ。ただし忘れてならないのは、このようなやり方が必ずしもオープンに接続されたシステムを保証するものではないという点だ。今日のテクノロジーの巨大企業においては、壁で区切られた庭の中に独自仕様を囲い込むのが大流行だから。

コメントリンク: 15333

HomeKit の現状 -- iOS 8 の目玉機能の一つは HomeKit だ。これは、ホームオートメーション機器を一元管理し、すべて Siri でコントロールできるようにするのが謳い文句だ。しかしながら、今年の Consumer Electronics Show が始まるまでは、メーカー各社がどんな機器を開発中なのか私たちには分からなかった。そして今、状況はあまり芳しくない。The Verge の記事によれば、CES で目にした多くの機器はまだ動作が不安定で、メーカー各社の係員は口をそろえて Apple にはまだまだやるべきことが多く残っていると言った。一つ、面白い情報がある。Apple TV が HomeKit のためのブリッジとして働くようになり、外出中に Siri を使ってそれをコントロールできるようになるという。

コメントリンク: 15332

CES 2015 について知っているべきなのはこれだけ -- Philip Michaels が Six Colors に記事で、CES 2015 についてのとてもおかしなガイドを書き上げ、あなたが見るべきものすべてをまとめた。Michaels によれば、Sony が北朝鮮に対して公式の謝罪を述べ、Tim Cook がストリップクラブのすぐ外でお忍びの記者会見をし、俳優 Michael Chiklis (最近の映画 Fantastic Four で The Thing を演じた) が下手くそな Internet of Things ジョークを飛ばすのが期待できるという。もちろん、会場にはいつも通りに、人々の熱望をかき立てるけれども結局日の目を見ないさまざまの製品が並ぶことだろう。

コメントリンク: 15328

David Sparks が Family Sharing を止める理由 -- 弁護士であり、作家であり、ポッドキャスターでもある David Sparks は、Apple の新しい Family Sharing (ファミリー共有) 機能を使うのを止めた。Sparks がその決断に至ったいくつかの理由を説明する。Family Sharing にはアプリ内購入や iTunes Match が含まれないこと、一部のアプリがアップデートを拒否するようになること、彼の家族が Family Sharing を有効にしているとプレイリストが消えてしまうのを体験したこと、などが理由だ。

コメントリンク: 15326

Mac 上で Windows 10 を無料でテストする方法 -- Microsoft の来たるべき Windows 10 に興味がある人たちのために、iMore の Peter Cohen があなたの Mac 上に仮想化ソフトウェア VirtualBox を使って Windows 10 Technical Preview を無料でインストールする方法を詳しく語る。Cohen によれば、Boot Camp の下で Windows 10 をインストールするのはまだお勧めできないという。まだ公式にサポートされていないからだ。

コメントリンク: 15325