TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1277/22-Jun-2015

Apple は、一部の 27 インチ iMac の 3 TB ハードドライブに対する交換プログラムを開始するとともに、Apple Watch を一部の Apple リテール店の店頭で受け取れるようにした。これは実際完璧なタイミングだった。私たちはちょうど、Jeff Carlson の本 "Apple Watch: A Take Control Crash Course" の完成版をリリースしたばかりだからだ。開発者 Vemedio は人気ある同社のポッドキャストクライアント Instacast から撤退することにしたが、Josh Centers がそれに代わることのできる製品をいくつか紹介する。Adam Engst は iCloud Photo Library がセルラーデータの過剰使用を起こす可能性があると警告するとともに、Photos ライブラリの修復をするとまたもや大量のアップロードが起こるかもしれないと指摘する。Michael Cohen は Dropbox 用の Revisions アプリを検討する。Dropbox ファイルの復旧のために、より良いインターフェイスを提供するものだ。最後にもう一つ、Josh が皆さんを Pandoland カンファレンスへのツアーにお連れする。Nashville の町にシリコンバレーを再現しようというものだ。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Lightroom CC 2015.1 と Lightroom 6.1、Default Folder X 4.7.2、ChronoSync 4.6.2 と ChronoAgent 1.5.3、Audio Hijack 3.1.1、それに Mellel 3.4 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple、一部の 27 インチ iMac の 3 TB ハードドライブを交換

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple が 2012 年 12 月から 2013 年 9 月までの間に販売された 27 インチ iMac の一部の 3 TB ハードドライブに対する交換プログラムを開設した。これらのドライブには特定の状況下で故障する可能性がある。このプログラムは 2015 年 12 月 19 日まで、またはその iMac の最初の小売販売日から 3 年間(いずれか期間の長い方)対象となる iMac に適用される。

あなたの iMac のシリアル番号を Apple のサポートサイトで入力すれば、このプログラムの対象となっているかどうかが分かる。対象となっている場合は、Apple 直営リテール店にて、あるいは Apple 正規サービスプロバイダにて、無料で交換してもらえる。Apple は、既に修理や交換を有償で済ませた人には返金すると言っている。

あなたの iMac を修理サービスに出す前に、必ずデータのバックアップを取っておく必要がある。できれば二回バックアップしておこう! どこから始めればよいか分からないという人には、Joe Kissell の新刊書 "Backing Up Your Mac: A Joe On Tech Guide" をお薦めする。これは単なる警告ではない。ハードドライブの交換を受けた iMac があなたの手許に戻ったら、あなたは自分ですべてをインストールし、バックアップからデータをリストアしなければならないのだから。

コメントリンク15744 この記事について | Tweet リンク15744


"Apple Watch: A Take Control Crash Course" をどうぞ

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple Watch を考えていますか? 或いは、もう既に腕に着けている新しもの好きの一人? いずれにしても、Apple Watch について Web コンテンツで学ぶのは、結構当たり外れがあった。とりわけそうなのが、リリース前の推測と、実際の使用に基づく記事の違いを見つける時である。と言う訳で、我々は Jeff Carlson の "Apple Watch: A Take Control Crash Course" を皆さんにお届け出来ることをとりわけ嬉しく思う。これは、Apple Watch に関する総合的で、独立の、そして実際の経験に基づいた最初の書き物ではないかと思っている。この 69 頁の本はたったの $10 である。

我々の画像豊かな、情報の詰まった Crash Course フォーマットを使って、Jeff は Apple Watch を隠喩的な朝から夜までカバーする。最初に、それがあなたに何が出来るかを理解し、そして自分に合ったモデルを選ぶ手助けをする。次に、二つの章を使って、それとどうやり取りをするのかと盤面をどうカスタマイズするのかを説明した後、Jeff は、グランス、アプリ、そして通知の使い方を手順を追って説明する。それから、彼はこの時計が手助け出来る具体的なことに注意を向ける。そこには、友人と通信する、道案内を受ける、イベントやリマインダーを使う、写真を見たり記録したりする、iTunes や Apple TV を制御する、Apple Pay や Passbook を使う、そして運動することが含まれる。最後の二章では、どんな設定やカスタマイズがあるか、そして自分の時計の世話をどの様にするか、ここには充電、再起動、再設定、そして復元が含まれる、をあなたが十分に理解するのを手助けする。

我々の他の Crash Course の様に、"Apple Watch: A Take Control Crash Course" も内容は簡潔で、手早く読める。全ては現代的な雑誌風のレイアウトの PDF に収められ、EPUB や Mobipocket にも変身出来るフレキシブル性を備えている。それぞれの章には、最後に討論と共有のボタンが付いているので、質問をしたり、章を Facebook 友人、Twitter フォロワー、等々と共有し易くなっている (遠慮なくどうぞ!)。

コメントリンク15750 この記事について | Tweet リンク15750


Apple Watch の各モデルが一部の小売店にて店頭販売へ

  文: Jeff Carlson: jeff@necoffee.com, @jeffcarlson
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple Watch をもっと衝動買いしやすいものにしようと、現在多くの Apple リテール店が Apple Watch 各モデルの在庫を揃えつつある。従来は、ウォッチの注文はオンラインでしかできず、ウォッチを郵送してもらうしかなかった。現在もまだ注文はまずオンラインでしなければならないが、購入したいモデルを予約しておいて、もしも在庫があれば、その日に店頭でウォッチを受け取ることができる。ウォッチ用のバンドの多くもやはり店頭でその場で購入できる。[訳者注: この記事の内容は米国におけるものです。]

オンラインの Apple Store でも、あるいは iOS デバイスで Apple Store アプリ を使っても、欲しいモデルを選び、住んでいる地域にある Apple Store で予約できるかどうかをチェックできる。(州とストアの場所とを選ぶポップアップにはあなたが選んだモデルを在庫に持っている店舗のみが現われる。)

image

もしも入手が可能ならば、あなたがカスタムコードをテキストメッセージで送らなければならない。すると、30 分間だけ有効な登録コードが送られてくるので、それで登録を確認し、受け取る時間を選んでから、あなたは店へ向かう。ややこしい手順だと思うかもしれないが、これは店頭で商品を買ったその足で灰色市場の業者に転売する人たちの数を減らすためにデザインされたものだ。予約は現地時間の朝 8 時からでき、予約した当日中にウォッチを受け取らなければならない。また、一人が購入できるのは一台のみという制限もある。

お察しの通り、すべてのモデルがすべての店で入手できる訳ではない。けれども少なくともこれで、昼休みにちょいと立ち寄って 42mm Apple Watch Edition (18-Karat ゴールド、$15,000) を購入できる Apple Store がどこにあるかが分かるようになった。(予約した時間が来るまで待つ間、このウォッチについて重要なことをすべて網羅しバージョン 1.1 にアップデートされたばかりの私の本 "Apple Watch: A Take Control Crash Course" はいかがだろうか!)

コメントリンク15740 この記事について | Tweet リンク15740


さらば Instacast よ

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iOS 用と Mac 用に人気のあったポッドキャストクライアント Instacast は、もうない。資金が尽きたという理由で、開発者 Vemedio は店を閉じることにし、 その声明文を有料購読者たちに送った。Vemedio によれば、サーバは可能な限り動かし続けて、既存の機能は保つようにするつもりだという。私たちは Instacast の iOS 版を記事“Apple の Podcasts アプリに代わる五つの製品”(2012 年 12 月 22 日) で取り上げ、その後出された Mac 版を記事“Mac 版 Instacast デスクトップポッドキャッチャーの欠陥を埋める”(2013 年 5 月 13 日) で取り上げた。

ありがたいことに、この種のアプリは Instacast だけではない。考慮すべき代替製品としては次のようなものがある:

最近 Julio Ojeda-Zapata が書いたまとめ記事“Mac 用ポッドキャストクライアント対決: ネイティブ対ウェブアプリ”(2015 年 1 月 5 日) が上記の多くを比較しているので、どうぞご一読あれ。

コメントリンク15735 この記事について | Tweet リンク15735


iCloud Photo Library アップロードに更に問題が

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Photos と iCloud Photo Library の多くのところが不透明な組合せは、収拾が付かなくなっている。私は、これらの問題が全員に当て嵌まるのかどうか保証は出来ないが、あなたは警告は受けたと思って欲しい。

私は最近 iCloud Photo Library を有効にすると、Photos があなたの写真を iCloud にアップロードするのにどの様にあなたのインターネット接続を独占してしまうかについて書き、そしてその頭痛の種を和らげる方法を提供した ("iCloud Photo Library のアップロードを絞る方法" 20 May 2015 参照)。私の 27,000+ に及ぶ写真をアップロードするのに一週間以上もかかったのである。使ったのは昇り 5 Mbps のインターネット接続だが、速度制限がかかると 3.5 Mbps に押さえられる。

幸いにして、多くの人とは違って、私の Time Warner インターネット接続にはデータ量に上限はないので、その点に関しては問題はなかったが、あなたの場合は問題になるかもしれない。私が問題に直面したのは、私の iPhone に関してであった。iPhone 上では、私は転送と保存のデータ量を減らすために Optimize iPhone Storage オプションを使っている。Tonya, Tristan,そして私は、我々の家族プラン上で 2 GB のデータを共有している。先月以前には、我々の使用量がそれに近づくことなど全くなかった、と言うのも、我々はそれぞれが 250 MB しか持てないことに慣れていたからである。従って、私が iCloud Photo Library を有効にした後すぐに AT&T が私の 2 GB の限度に近づいているとテキストしてきた時の私の驚きは想像して貰えるであろう。私は Settings > Cellular のセルラーデータ使用の画面に目をやり、そして Dataman Pro で、アプリ別の情報を精査したが、分かったのは大量のデータが System Services の Documents & Sync カテゴリで使われたということだけであった。

iCloud Photo Library がセルラー上では働かないようにする設定はないし、Photos アプリに対するセルラーデータを不能にしてみても、変化は見られなかった。セルラーデータ全般をオフにする事は可能だが (私も、一、二度はやったことがあるが、出かける度にこれを忘れないようにするのは難しい)、料金請求期間の終わりまでに AT&T は $30 の超過料金を課してきたが、これは $15 の 1 GB の追加データ 2 つ分である。

これは Apple 側でのビックリするほどお粗末な設計であり、iOS 9 では修正されることを切に願うものである。iCloud Photo Library そのものが巨大な量の画像データを転送することであり、 iCloud Photo Library がセルラーデータを食いつぶしてしまうのを防ぐスイッチを Apple が提供していないのは非礼極まりない。

いずれにしても、私はこの $30 を、もう二度と起こらないであろうという想定の下、一度限りの費用として落とした。しかし、iCloud Photo Library は、それがアップロードしている間にかかる手間の事は言うに及ばず、費用が再度発生する可能性を持っている。その理由を次に述べる。

一つの質問が最近 Jason Snell のすごい人気の "Photos for Mac: A Take Control Crash Course" の iCloud の章に対する討論頁に投稿された。その質問は、もし Photos ライブラリを修繕すると (立ち上げ時に Command-Option を押し続けることで) 全てが iCloud Photo Library に再度アップロードされるかというものであった。

私にはそんなことになるはずがないという思いがあり、最初は、私の修繕試験が終了するのを待つ間に、私の答えとしてそう言った。そして最初に Photos の設定ウィンドウの iCloud ペーンを見た時、目に付く動きはなかった。しかしながら数分後に、再度見てみると、27,552 の項目をアップロードしていると言っていた。これはまずい。しかしながら、アプリの中には、CrashPlan の様に、実際にやっている事以上のことをやっていると報告するものもある。それはそのデータを、アップロードしているのではなく、解析しているためであり、最終的には新たにアップロードする必要のあるデータは存在しないと言うことになる;私は、その時は、その様な状況なのではないかと願った。

残念ながら、Activity Monitor の Network ビューを見たら、NSURLSession 化されたプロセスが明らかに始まっていて、大量のデータを送信し始めていた。そして、Console を使って幾つかの探索をしてみたら、以下のログ記録が出てきた:

6/19/15 11:06:56.470 AM cloudphotosd[29598]: Reset Sync Requested! Reason: Database was rebuilt

image

最初私は、Photos が私の全ライブラリを再度アップロードし、そして iCloud Photo Library はその全てを iPhone にダウンロードして、再び追加料金が発生するのではないかと恐れたが、今では事態はそれ程悪くはないように見える。

数日間の間に、Photos はアップロードすべきとして最初の 27,552 項目からカウントダウンしていった。私のインターネット性能は、Network Link Conditioner を使って速度制限をかけるまで、確かに影響を受けたが、そうではあっても、今回のアップロードは、最初に iCloud Photo Library に移していくよりもずっと速く動いた。結果的には、NSURLSession 化されたプロセスは 7.67 GB のデータを送り、そしてさらに cloudd と呼ばれるプロセスが関連あるかもしれない数ギガバイトをアップロードしたが、これらは私の全 Photos ライブラリの 111 GB に及ぶ大きさに較べれば、無いのと同然である。もっと良い話は、私の知る限り、私の iPhone は気づく様な量のデータをダウンロードしなければならない事態には陥っていないことである。他の人も私と同じ経験をされることを望みたい。

しかしながら、Spotlight (mds プロセスの形で) は、このアップロードの後、私の Mac 上で何時間にも亘って気が狂った様であった。それが何をしていたのかを実際に知る術はないが、この記事へコメントした人の一人はまた、彼が自分の Mac を Time Machine バックアップから復元した後で、Photos は沢山のデータを iCloud Photo Library にアップロードしていた事を記している。Spotlight のインデックスデータは Time Machine によってバックアップされないので、これは iCloud Photo Library が何らか基本的な所で Spotlight に依存していることを示唆している。

舞台裏で何が起こっているかに拘わらず、ここでの結論は、ある種の行動は、Photos ライブラリの修繕やバックアップからの復元の様な、かなりの、全部ではなくとも、iCloud Photo Library アップロードの引き金になり得ることである。これらの行動はしばしば逃れられないことがあるが、iCloud Photo Library を有効にしておくと、それらには更なる影響がある事を覚えておいて欲しい。

コメントリンク15745 この記事について | Tweet リンク15745


Revisions が Dropbox ファイルの世話をする

  文: Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com, @lymond
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

クラウドベースのファイル共有サービスDropbox を使っている方は、手を挙げて頂きたい。その Dropbox が、あなたがそこに保存したすべてのファイルのさまざまなバージョンを保存していて、既に消去してしまったファイルも、また変更を施したファイルの古いバージョンも、いつでも取り戻せることをご存じの方は、そのまま手を挙げ続けて頂きたい。さて、Dropbox のウェブサービスを使ってファイルの復旧を一度でもしたことがある方は、手を挙げ続けて頂きたい。私の質問のどれかに手を挙げた方なら、きっと Bayesbits Ltd の製品 Revisions に興味を持って下さることだろう。

Revisions は、あなたの Dropbox フォルダを監視して、そこで何が起こっているかの経過を記録する Mac 用ユーティリティだ。Revisions のメニューバーアイコンをクリックすれば、Dropbox の中で起こったすべての活動がタイムライン形式で表示される。最も新しいものが一番上に来る。ウィンドウの一番上にある Select a Folder セクションのメニューで、特定の Dropbox フォルダやそのサブフォルダの中にある変化だけを見ることもできる。また、Select a Folder セクションのすぐ下の Filter by Date セクションで、タイムラインがカバーする期間を指定することもできる。

image

タイムライン自体は上から三番目の View Activity セクションに表示される。タイムライン内の個々の項目は、それぞれ Dropbox で一つのファイルに施された一つの変更 ("edit" と呼ばれる) を示す。デフォルトで、Revisions は、便宜のためにいくつかの edit を一時的な集まりにまとめてそれを "group" と呼ぶ。タイムラインの上にある Group Threshold スライダーで、group がカバーする時間帯の幅を設定できる。最も狭くすれば group 分けがなくなり、最も広くすれば 5 日間の edit が一つの group にまとめられる。スライダーの真ん中に設定すれば、10 分間の活動をまとめた group が作られる。

それらの group の中にリストされる edit は、created、modified、deleted、temporary という四つのカテゴリーに分けられる。そのうち temporary 以外の edit はすべて、ファイル名の右側に並んだアイコンをクリックすることで、その時点で存在していたファイルとして表示させたり、ダウンロードしたり、その edit が示す変更を取り消したりできる。さらに modified のファイルについては、Dropbox に保存されている次のバージョンのものと比較することもできる。それぞれのアイコンが何をするかを思い出せなければ、ポインタをアイコンの上にかざすだけでその機能を示したヘルプタグが見られる。ちなみに、これらのアイコンが薄いグレイで示されているのを見て、長い伝統を持つ Mac の慣習通りこれらが無効となっていると思う人もいるかもしれないが、そうではない - アイコンがグレイなのは、単に目障りにならないようにという配慮からに過ぎない。アイコンに対応する機能が無効になっている場合は、単純にそのアイコンが Revisions のタイムラインに現われなくなる。

image

個々の edit へのアクションに加えて、個々の group にもその右上隅に取り消し (undo) アイコンがある。このアイコンをクリックすれば、その group に含まれるすべての変更が一挙に取り消される。うっかりクリックしてしまってすべてを駄目にしてしまうのではないかと恐れる必要はない。個々の edit に対しても group 丸ごとに対しても、すべての変更に際して必ずダイアログが表示されて、何が起ころうとしているかを説明するとともに、本当に変更したいかの確認をあなたに求めてくる。

image

では、temporary edit とは何か? これは、その group の時間帯内部で起こったファイルへの変更を表わす、純粋に情報を示すためだけのものだ。タイムラインの中で、temporary edit の横にアイコンは現われない。しかしながら、もしもそれらの中間的な edit のどれかに作業をする必要があるならば、その group を選択して Ungroup ボタンをクリックすれば、個々の edit がそれぞれ独立にタイムラインに並ぶようになり、そうなればどれにでも作業ができるようになる。

隣り合った二つの group の間にポインタを動かすと、タイムラインの間が開いてそこに二つのアイコンが見えるようになる。その一つは現在表示されている Dropbox フォルダとそのサブフォルダを、新たな変更の group (つまりそのアイコンのすぐ上に表示された group) が適用される直前の状態であなたの Mac 上にダウンロードするためのものだ。そしてもう一つのアイコンは、現在選択されているフォルダをそのすぐ上の group に示された edit が施される直前の状態に復帰させるためのものだ。

image

無料版の Revisions で、ここまで説明してきたことのすべてができる。けれどもアプリ内アップグレードで $9.99 を支払って Premium 版を購入すれば、さらに追加の機能性が得られる。Premium 版では、タイムラインに表示されるファイルを名前でフィルター分けする機能が追加される。例えば .html ファイルに関する edit のみを表示するようにしたり、あるいは "TextExpander" をファイル名の一部に含むものに関する edit のみにしたりもできる。また、共有フォルダを使っている場合には(そう、私たちは Take Control Books の作業でどれほど共有フォルダに依存していることか!)Premium 版ならばフォルダを共有するどのユーザーがその特定の edit を実行したかも表示される。

もちろん、Dropbox サイトへ行って、そこでファイル復旧アクションを実行すれば、ファイルへの変更を取り消したり、以前のバージョンに戻したりすることは可能だ。けれども、そのような作業に Revisions ははるかにナビゲートし易いインターフェイスを提供してくれるし、個々の edit についてより詳しい情報を表示してくれる。そこに魔法は何もない。Revisions は、その機能を提供するために Dropbox が保持する情報そのものだけを利用して働く。このアプリはただ、Dropbox が提供する情報をもっと柔軟な、使いやすいやり方で表示しているだけだ。

もしあなたが普段から Dropbox を使っていて、ファイルに施した変更を手軽に復旧させる方法が欲しいと思ったり、または単に Dropbox の中で何をしてきたかを見たいと思ったりしたならば、無料版の Revisions だけであなたの希望が叶えられるかもしれない。そして、もしあなたが共有 Dropbox フォルダを使っていて、その中で誰が何をしているのかを知りたいと思ったならば、アプリ内アップグレードで Premium 版にするのもクリック一つでできる。

コメントリンク15726 この記事について | Tweet リンク15726


Pandoland 訪問記: Silicon Valley が Music City と出会う場所

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私はこれまでの人生のほとんどすべてを中部テネシー州で過ごしてきた。そして長年かけて、このあたりがカントリー・ミュージックのみで有名な、取るに足りない単なる田舎町から、本当に素敵な大都会へと進化する様を見てきた。ここナッシュビルの再興を象徴するものとして、おそらく Pandoland に勝るものはないだろう。これは、テネシー生まれで元 TechCrunch コラムニストの Sarah Lacy が創立した Pando Daily社の手で開催される、テクノロジー系のカンファレンスだ。

私の妻はこのカンファレンスと 州政府の間にトラブルがあった というニュースを聞いて(Pando Daily 社は去年、Southland カンファレンスの開催を目指して州政府と話し合ってきたが、その提携は結局うまく行かなかった)カンファレンスへの支援を示したいと思った。$699 のチケットが彼女に無料で提供されたことも、彼女の後押しをした。(2015 年 6 月 12 日の記事“Pandoland Conference Offers Free Admission for Women”参照。)このカンファレンスは丸二日間開催されたが、私たちが出席できたのは初日のみであった。

Pandoland の会場は Marathon Music Works、ここは、長らく打ち捨てられていた Marathon Motor Car 工場跡地に 2011 年に開かれたものだ。新しいナッシュビルのシンボルとして、放置されていた土地がいわゆるヒップスターたちの手で再利用され、新しいビジネスが生まれた形となった。

Pandoland は、私がこれまで参加したどんなカンファレンスとも違っていた。たいていのカンファレンスは殺風景なオフィス風の環境の中で開催され、閉め切った部屋の中でさまざまのイベントが行なわれる。けれども Pandoland はたった一つの開放的な空間の中で開催され、明るく光る文字で PANDOLAND と書かれた一つのステージが、空間を支配していた。ありとあらゆる酒を揃えた三つのバーが飲み物をふんだんに提供し、まるでカンファレンスの会場にいるのでなくロックコンサートの会場にいるような気分にさせられた。

image

ビュッフェスタイルの朝食をたっぷり堪能した後に(真の南部の流儀に従って、ここ Pandoland でお腹を空かせるなどあり得ない)私たちは朝のイベントに腰を落ち着けた。

基調講演を語ったのは Andy Sparks だ。彼は他の新興企業を調査する新興企業 Mattermark の共同創立者であり COO だ。正直言って、彼の話は私の耳に入らなかったし、聞いていてちょっと憂鬱になった。彼がランク付けした新興都市にナッシュビルの名前が挙がりさえしなかったからだ。 Pando Daily が、彼の基調講演の要約を載せている。

この基調講演の中で私の興味をそそったものの一つは、昨年 Apple が買収した新興企業のリストだ。App Store を検索する OttoCat、キーボードアプリを開発する Dryft、小型カメラを作る会社 LinX Imaging、GPS 会社の Coherent Navigation、それに拡張現実ソフトウェアを専門に扱う Metaio だ。

基調講演の後は、Sarah Lacy がステージに立ってゲストたちにインタビューした。ある意味、Johnny Carson の番組 "The Tonight Show" のテクノロジー版のような感じであった。ブラスバンドがゲストたちを歓迎し、Lacy は自信に満ちた様子でウィスキーをちびちび飲んだ。(朝の 9 時から酒を飲むのは私にはちょっと早過ぎるが、別に非難しようとは思わない。)彼らはステージ上で悪態をつくことさえ奨励した。デジタルな "swear jar" 瓶の中に向かい、一回 $10 で悪態をつくのだ。集まったお金はすべて St. Jude's Children's Research Hospital に寄付される。

最初のインタビューは元 Twitter にいた Michael Sippey と Rdio の Marc Ruxin が相手で、話題の中心は Apple Music であった。人々が音楽にお金を払うようにするにはどうすべきか、というのが議論の主たる要点となった。

「私はコンテンツが大切だと思う」と Sippey は言い、彼自身が Netflix を購読しているのは "Orange Is the New Black" のためであり、HBO を購読しているのは "Game of Thrones" のためだと説明した。サービスの側が独占的なコンテンツによって他との違いを際立たせる必要がある、と彼は述べた。

Ruxin はそれに反論して、Spotify が 2013 年に Led Zeppelin カタログの独占ストリーミングを 12ヵ月間ライセンス契約したのに Led Zeppelin カタログ全曲を合わせても再生回数は Ed Sheeran のたった一曲にも及ばなかったと述べた。おやおや。

「もっと大きな問題は、3 千 5 百万も楽曲があっても聴くべきものが何もないという点だ」と Ruxin は言い、音楽購読サービスにおいてはキュレーションこそが鍵となるだろうと述べた。もしもそれが本当なら、Apple と Beats によって人の手で作られたプレイリストとライブのラジオ放送が組み合わさればまさにそれが Apple Music の天国への階段となるかもしれない。(失礼!)[訳者注: Stairway to Heaven は Led Zeppelin の代表曲です。]

インタビューは他にもいくつかあったが、最も私の興味を引いたのは Blue Bottle Coffee (以前 TidBITS スポンサーであった Tonx を買収した会社) の創立者 James Freeman とミュージシャンの Annie Bosko が相手のもので、カントリー・ミュージックにおける性差別が話題となった。

途中で、私は Braintree がスポンサーとなった仮設のカフェに行ってコーヒーを飲んだ。Braintree は小売店が PayPal、Bitcoin、Apple Pay などさまざまの形での支払を受けられるようにする支払サービスだ。奇妙なことに、ここは支払サービスを宣伝するためのものなのに、コーヒーは無料だった。カフェの看板を見ると「A Swipe of Coffee - クレジットカードとデビットカードのクラシックなブレンド」とか「Cryptocino - クリーミーな Bitcoin の泡の下にエスプレッソが」とかいった飲み物の名前が並んでいた。これはまさに HBO の番組、あの Mike Judge の風刺に富んだ "Silicon Valley" の一場面ではないか。でもコーヒーの味はなかなか良かった。

image

新興企業の競技会 -- Pandoland の大きなイベントに、新興企業の競技会がある。新興企業 10 社が、審査員たちからの投資額を競うのだ。テレビ番組の "Shark Tank" とよく似ている。

最初のラウンドで私たちが目にしたのは次の 5 社だ:

私たちが見た中では、 最初のラウンドの 5 社のベストは Haven だったという Southern Alpha の Kelley Boothe の意見に私も賛成だった。けれども 最終的に優勝したのは第二ラウンドの会社、恵まれない子供たちがデザインした衣服を作る Umano だった。この会社は審査員たちから $100,000 の投資を集めた。

残念ながら、私たちは初日の新興企業競技会が終わった後で会場を出なければならなかったので、その後にあったさまざまの討論セッション、例えば「シリコンバレーの VC (ベンチャー・キャピタル) は正気を失ったのか」「マリファナが合法となったら何が起こるか」「さあ取り組もう: 男性優位のビジネスにおいて女性が競争するためのハック」といった話題の議論に参加することはできなかった。ただ、出発の前に Hattie B のチキンを賞味する時間はあった。

谷を越えて -- 全体的に見て、Pandoland はテクノロジービジネスの裏側を覗くことのできた素晴らしい機会であった。ほとんどのテネシー州民は、そういうものに触れる機会はなかったろう。これをナッシュビルで開催してくれた Pando Daily の人たちには感謝したいし、州政府の厄介な態度にもかかわらずまたここで開催してくれることを願いたい。当然ながら、このようなイベントをサンフランシスコ湾岸地域で開催する方がずっと容易ではあろう(しかも収益もおそらく多いであろう)けれども。

しかしながら、私はシリコンバレー (Silicon Valley) が谷 (The Valley) の中にいつまで留まっていられるかは疑問だと思う。不動産価格の上昇は多くの居住者を外へ追いやり、新来者が影響を及ぼすことをほとんど不可能にしつつある。ひょっとすると未来はまさにここテネシーにあるのではないか? 家賃は安いし、税金も安いし、水もたっぷりある。そして Pandoland の出席者が証言してくれる通り、食べ物もなかなか良いからだ。

コメントリンク15741 この記事について | Tweet リンク15741


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2015 年 6 月 22 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Lightroom CC 2015.1 と Lightroom 6.1 -- Adobe が同社のプロフェッショナル向け写真カタログ・編集アプリケーションの二つの版にアップデートを出した。Lightroom CC 2015.1 (Adobe の Creative Cloud Photography プランの一部として入手可能、2015 年 5 月 11 日の記事“Lightroom CC と Photos for OS X で、写真を何処でも”参照) と、独立動作の Lightroom 6.1 だ。Lightroom CC 2015.1 には、写真からぼやけや霧状のものを取り除く(または逆にぼやけを写真に追加する)ための Dehaze 機能が追加された。Lightroom CC 2015.1 ではまた Gradient Filter、Radial Filter、およびローカル調整ブラシツールにローカルな白黒調整スライダーが装備され、写真の中の最も明るい部分や最も暗い部分の近くでより細かな色調の補正ができるようになった。Lightroom 6.1 には新機能の追加はないが、Lightroom CC 2015.1 と同じバグ修正がいくつか施されており、特に起動が遅くていくらアプリの中でクリックしてもいつまでも青い円板が回転し続けるだけという問題が解消されている。今回のリリースのダウンロードは、Lightroom CC 2015 については Creative Cloud アプリケーションを使い、Lightroom 6 については Check for Updates メニュー項目を使う。(月額 $9.99 の購読、または $149 の独立動作アプリ、リリースノート、10.8+)

Lightroom CC 2015.1 と Lightroom 6.1 へのコメントリンク:

Default Folder X 4.7.2 -- St. Clair Software が Default Folder X 4.7.2 をリリースし、OS X 10.10.3 Yosemite における Photoshop と Illustrator での問題、すなわちモーダルダイアログでボタンをクリックして呼び出した場合に Yosemite のファイルダイアログがだんだん大きくなる問題を修正した。Open および Save のダイアログを拡張するこのユーティリティはまた、お気に入りまたは最近使ったフォルダの中で Default Folder X が壊れたエイリアスファイルに遭遇した場合に起こったハングを修正し、Save As ダイアログでファイル名を変更した後に Save ボタンが機能しなくなったバグを修正し、システム環境設定でお気に入りまたはデフォルトのフォルダを変更した際に再起動なしで Default Folder X がその変更を受け入れるようになり、フランス語、ドイツ語、日本語およびデンマーク語のローカライズ版で Get Info が正しく動作するようにしている。(新規購入 $34.95、TidBITS 会員には $10 値引、無料アップデート、11.0 MB、 リリースノート、10.6+)

Default Folder X 4.7.2 へのコメントリンク:

ChronoSync 4.6.2 と ChronoAgent 1.5.3 -- Econ Technologies が ChronoSync 4.6.2ChronoAgent 1.5.3 をリリースし、これらの同期およびバックアップ用アプリに多彩な改善を施した。ChronoSync と ChronoAgent はいずれもパッケージファイルをコピーしている最中の進行状況報告を改良し、HFS で圧縮されたパッケージの中のファイルに統合でなくフルコピーを実行してしまっていたバグを修正し、Synchronizer Document がタスク実行中で開いていた場合にボリュームが同期後に自動イジェクトされなかった問題を解消し、またファイルパスの最大長に関係した内部的制約を緩めている。それに加えて ChronoSync 4.6.2 では、複数のルートが存在する場合にホストへのすべてのルートを探るオプションを追加し、Delete、Rename、Duplicate の各機能で Container Document が開いていた場合にクラッシュを起こすことのあったバグを修正し、いくつかのマイナーなメモリリークをパッチし、NAS デバイスの同期/バックアップのタスクが誤ったファイルシステム情報の報告により中止されてしまった問題点を修正している。(いずれのアプリも無料アップデート。ChronoSync は新規購入 $49.99、 TidBITS 会員には 20 パーセント割引あり、28.4 MB、リリースノート、10.8+。ChronoAgent は新規購入 $14.99、10.3 MB、リリースノート、10.8+)

ChronoSync 4.6.2 と ChronoAgent 1.5.3 へのコメントリンク:

Audio Hijack 3.1.1 -- Rogue Amoeba が Audio Hijack 3.1.1 をリリースして、いくつかの調整とバグ修正をこの人気のオーディオ録音ユーティリティに施した。今回のリリースでは Instant On コンポーネントをいくつかバグ修正のあるバージョン 8.0.8 にアップデートした。とりわけ、高いサンプルレートでデバイスを走らせた場合に起こったノイズを除去している。Audio Hijack 3.1.1 ではまたキーボードショートカットが期待通りに働くようにし、非常に多数の Timer を使っている際のパフォーマンスを改善し、VoiceOver で Home ウィンドウのタブ順を修正し、Intermission との互換性の問題を解消した。(新規購入 $49、TidBITS 会員には 20 パーセント割引あり、バージョン 3.0 のライセンスがあれば無料アップデート、旧バージョンからのアップグレード $25、15.4 MB、 リリースノート、10.9+)

Audio Hijack 3.1.1 へのコメントリンク:

Mellel 3.4 -- RedleX が Mellel 3.4 をリリースし、アウトラインや注釈を PDF に書き出す機能を追加するとともに、言語処理にいくつか改善を加えた。今回から Quick Look および Spotlight プラグインを備えた 64/32-bit ユニバーサルバイナリとなったこのワードプロセッサは、画像のリサイズをする際の応答を改善し、ページ外部でのクリックの探知と処理を改善して選択の挙動を良くし、Document および Find Set ウィンドウのデザインに手を入れて OS X 10.10 Yosemite にマッチするようにし、欠落フォントの代替機能を改良し、ルーラの上に来た際にカーソルを正しく調整するようにし、「コンテンツをノートとして書き出す」際に Mellel が不完全な OPML を作成していた問題を修正している。(RedleX からも Mac App Store からも新規購入 $39、無料アップデート、93.4 MB、 リリースノート、10.6+)

Mellel 3.4 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2015 年 6 月 22 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週お届けする読み物リンクは一つだけだ。Electronic Frontier Foundation の "Who Has your Back?" 報告書で Apple が首位を守り Google も Microsoft も順位を落とした。

Apple、EFF の "Who Has Your Back?" 報告書で首位を守る -- これで二年連続となるが、Apple は Electronic Frontier Foundation の "Who Has Your Back?" 年次報告書で最高の評価を得た。政府からの情報開示要求にどう応じたか、どのようにユーザーのプライバシーを保護する姿勢を見せたかという観点から五つの項目を査定し会社をランク付けしたものだ。Apple と共に最高の評価を得たのは Adobe、Credo Mobile、Dropbox、Wikimedia、WordPress.com、Yahoo であった。Google と Microsoft は昨年は最高の評価を得たが、今年は星三つにランクを下げた。しかしながら、今年のランク付けと昨年のランク付けを単純に比較することはできない。EFF は今回、パラメータを変更するとともに最高評価を星六つから星五つに減らしたからだ。

コメントリンク: 15739


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2014 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2015年 6月 25日 木曜日, S. HOSOKAWA