TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1298/16-Nov-2015

今週私たちの四人目の従業員となった Lauri Reinhardt を歓迎して頂きたい。彼女にはこれから顧客サービスを担当してもらうことになる。Comcast が以前より多くの領域にデータ量上限を適用しようとしているので、Josh Centers がその対策としてできることを紹介する。さて、Apple はデザインの面で悪化しているのか? Apple でかつてユーザー体験を担当していた二人のベテランデザイナーはそう考えている、と Adam Engst が説明する。NetNewsWire はかつては Apple ニュースリーダーの王様と呼ばれており、今回 Apple のすべてのプラットフォーム上で復活したのだが、Julio Ojeda-Zapata はかつてファンであった者としてあまり乗り気でない。最後にもう一つ、"Star Wars: The Force Awakens" のリリース日が近づいたので、Apple デバイスで Star Wars を楽しめるあらゆる方法を Josh がとことん追求する。今週注目すべきソフトウェアリリースは、OmniOutliner 4.4、Type2Phone 3.0、Mactracker 7.5、DEVONagent Lite, Express, Pro 3.9.3、Quicken 2015 for Mac 2.8、BBEdit 11.1.4、それに Pages 5.6.1, Numbers 3.6.1, Keynote 6.6.1 for Mac だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Lauri Reinhardt をよろしく!

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

遡って 2007 年に、我々が TidBITS Publishing を会社化した時、従業員は Tonya と私だけであった。我々の間で、全てのサポートメールに個人的に応答し、そして我々の Web サイトを改良しそして説明を明快にすることで問題を減らそうと常々努力はしていたが、どうしても時間がかかった。2013 年に、我々は Josh Centers を TidBITS の編集長として雇い、彼の執筆と編集のお陰で自由時間も少しは生まれた。しかしそれでも、管理上のそしてサポートの細々とした負荷が膨れあがるにつれ、パスワードを忘れた人や間違って二重に注文した人の面倒を見ながら、新しいコンテンツを、とりわけ Take Control 側で出版していく時間を持つというのはもう出来ない相談だということに気づいた。

そこで、我々は友人の Lauri Reinhardt に目を向けた。彼女には数年前に出会ったのだが、当時彼女は我々の買い物カートプロバイダーである eSellerate で完璧なサポートを我々に提供してくれていた。その後彼女はその職を離れ、パートの仕事を探していた。それよりもっと重要なのは、我々が彼女に連絡を取ってくる人全てを友人のように扱って欲しいと言った時、彼女は我々の意味する所を理解してくれたことである - これは単にマナーが良いと言うだけでなく、皆さんの多くは我々の友人として数えられてもいる。ここ二年ほどの間に、Take Control サポートアドレスに連絡を取ったことがあるのであれば、それは恐らく Lauri によって対応された可能性が高い。

image

我々は、Lauri が TidBITS Publishing に 4 番目の従業員として加わったことをここに謹んでお知らせする。彼女の肩書きは Director of Customer Service だが、その他諸々のことでも手助けをしてくれるであろう。Lauri は今年の前半に Take Control Web サイトのデザインを変えた時のテストで重要な役割を担ってくれた。彼女は又、iBooks Store との、そして我々の出版パートナーである O'Reilly Media との連絡役も務める。我々には、この他にも Lauri にやって貰いたいと思っているプロジェクトが沢山ある。皆さんは彼女の名前を TidBITS の中でしょっちゅう見ることは無いかもしれないが、例えばの話だが、もし管理上の問題で私に連絡をくれるとすると、Lauri から回答を貰う可能性が高いであろう (そして、恐らく私が応答出来るよりも早く)。

Lauri は我々の知る最も素敵で、親身になれる人の一人であり、それが彼女が何故顧客サポートに向いているかの理由でもある。恐らく、それは彼女が中西部の出身であるせいかもしれないし (Lincoln, Nebraska の出身)、或いはまた生まれつき親切なのかもしれないが、いずれにしろ、我々は Lauri と共に働くのをとても楽しんできた。もし皆さんが今後彼女と接する機会があったら、同じ様な印象を持たれることを望みたい。そしてメールではお伝え出来ないが、我々の彼女とのビデオ通話はいつも後ろでさえずるインコ達で彩られている。

Lauri が扱う管理とサポートの仕事が増えていけば、Tonya と私は、我々の技量と経験を最大限に生かせるプロジェクトにもっと時間がとれるようになる。年がら年中サポートメールへの対応が遅れたことへの言い訳をすること無しに、時間と集中を必要とする我々の大局的なアイディアをより多く実現出来るようになることを望みたい。

コメントリンク16092 この記事について | Tweet リンク16092


Comcast がデータ上限設定を拡張:どう対処出来るか

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

私が "ネット中立性が米国ブロードバンドの苦悩に影を落とす" (19 February 2015) で警告した Comcast のデータ上限設定が広がっている。Comcast は、現在次の州の一部でデータ上限を設定しているか、或いは設定する計画である:Alabama, Arizona, Arkansas, Florida, Georgia, Illinois, Indiana, Kentucky, Louisiana, Maine, Mississippi, South Carolina, Tennessee, Texas, そして Virginia である。Comcast は、このデータ上限設定が何処でなされているか、或いは計画されているかの全リストを公開している。

不幸なことに、私は殆どの Comcast 顧客よりも何年も前にこれらのデータ上限に晒されてきた。その仕組みはこうである:毎月 300 GB 迄のデータ使用が認められ、それ以上は 50 GB が使用される毎に追加の $10 が課金される。(何らかの理由で、 この上限は Tucson 地区では、加入プランにもよるが最大で 600 GB である。) Comcast は、課金を始める前に 3 回だけ この上限を超過させてくれる。

但し、この上限は Extreme 505 や Gigabit Pro プラン、或いは Comcast Business の顧客には 適用されない。私は、この理由から Comcast Business アカウントに切り替えた。

Comcast は何故こんなことをやっているのか? それは、漏洩した Comcast 書類が暴いているように、ネットワーク管理が理由ではない。公式な理由は、"公平性と我々の顧客へより柔軟な指針を提供するため" である。現実には、Comcast はオンラインビデオの使用を阻止しようとしている様に見え、そしてデータ上限設定は FCC のネット中立性規則では規制されていない ("ネット中立性が通過、ブロードバンド制限の撲滅へ" 26 February 2015 参照)。

オンラインビデオはどれ程のデータを消費するのか? Netflix は HD コンテンツなら毎時 3 GB、Ultra HD コンテンツなら毎時 7 GB 程度と見込んでいる 。もし HD コンテンツを Apple TV 上でストリームすると、およそ 100 時間で 300 GB の上限を使い切ってしまう。これは結構な量に見えるかもしれないが、一日当たり 3 時間強にしか当たらず、それにこれはインターネット接続を通してやるその他のこと全てに加えての話である。

皆さんの家庭での帯域の使用状況を監視するには幾つもの方法があるが、例えば Rubbernet の様な ("細いパイプと高額の請求書: バンド幅の使用量を抑えるために" 23 July 2012 参照)、課金に意味のある唯一のものは Comcast 自身の 使用メーターアプリケーションである。Comcast は、皆さんの毎月の上限に対して 90, 100, 110, そして 125 パーセントに達した時に、ブラウザやメール通知を通して警告してくる。

ではこのデータ上限について皆さんは何が出来るのであろうか? FCC に苦情を言う以外は、あまりない。皆さんのオプションは次の様なものである:

  1. もし毎月の使用量が 300 GB より遙かに少ないのであれば、何もする必要は無い。

  2. 300 GB を越えるのはたまにしか無いのであれば、その時は超過料金を払えば良いという選択肢もあり得る。

  3. Comcast に追加の $30-$35 を毎月支払い (基本のケーブル加入料とほぼ同じ額)、Unlimited Data Option にする。

  4. Comcast Business に切り替える。こちらにはデータ上限はない。

  5. もしあればの話だが、競合する ISP に乗り換える。興味深い話だが、Comcast は、上限のないギガビットインターネットのある地区、例えば Chattanooga の様な、にもデータ上限設定を拡張している。

  6. 帯域を食うアプリケーションの使用を制限する、例えば、ストリーミング音楽、ストリーミングビデオ、オンラインゲーム、クラウドストレージ、そしてオンラインバックアップの様な。

残念ながら、もし最後のオプションを選ぶようなら、それは自分の家族を 2005 年当時に送り戻しているようなものである。私は、Comcast Business への切り替えの選択をした。そのためには営業担当者とやりとりしたり、2 年契約にサインしたりしなければならなかったが、もうデータ上限を心配する必要は無くなった。知っておくべきことは、Comcast Business は家庭向け Comcast とは別会社の様に扱われていて、Comcast Business と家庭向け TV パッケージとをバンドル出来ないことである。私はこれをボーナスだと捉えている。何故ならば、インターネットサービスを危険にさらすことなく TV サービスの交渉を出来るからである。

もし突然これらのデータ上限が自分にも課せられていることに気づいたなら、そのことを真剣に受け止め、そして自らの使い方と毎月の請求書に細心の風位を払うよう私は懇願する。私には、Comcast Business に切り替える前、ケーブル料金が $200 を越えてびっくりした経験がある。

Comcast がほぼ独占状態にある市場は多くあり、同社は、顧客流出など余り恐れることなく、これらのデータ上限設定を実施していける環境にある。法規制者や競争相手が行く手を阻むまでは、この様なデータ上限設定は、多くの家庭インターネットアクセスが米国で行き着く所なのであろう。

コメントリンク16074 この記事について | Tweet リンク16074


Apple の元デザイン教祖、Apple の現在のデザインを批判

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

iOS よりも前の時代には、Apple の Human Interface Guidelines は、開発者の間では俗語的に "the HIG" として知られていたが、金科玉条であった。この HIG は、1978 年に Bruce "Tog" Tognazzini によって作成されたもので、Macintosh アプリケーションはどの様に見えるべきかもある程度は規定していたが、それらがどの様に働くか、とりわけ、ユーザーはアプリとどの様にやりとりするかを記述していた。特に、それは発生期の human-computer interaction (HCI、人間とコンピュータの相互作用) 社会から出現した基本的な原則を奨励した:見つけやすさ (如何なる機能も隠れているべきではない)、フィードバック (何か行動をとったら何が起こったかを分かるようにする)、そして回復 (如何なる動作も取り消せる能力) 等である。もっと具体的に言うと、HIG は University of California, San Diego の Don Norman と彼の生徒達によってなされた成果に大きく依拠している。その後 Norman もまた Apple で Tognazzini に合流することとなる。

これは多くの Mac アプリケーションに反映され極めて似通ったインターフェースを提供するようにはなったが、例外もある。目に付くのは Kai の Power Tools で、これは今日の iPad 上でも場違いには見えないであろう。いずれにしろ、大抵の場合、インターフェースが似ているのは良いことである。何故ならば、一つのアプリで学んだことは他のものへも持ち越せるかもしれないからである - 例えば、File メニューには共通のコマンド New, Save, そして Quit が常に含まれる。

今日、Apple の初期のインターフェースデザイン統率に関わった人達の内の二人、Norman と Tognazzini は共同して Apple の現在のデザインの流れを批判している。その兆候は、今日のOS X 及び iOS のための Human Interface Guidelines に示されており、そして同社自身のアプリにも現れているとしている。彼ら曰く、"製品自体は前にも増して美しくなっているが、その美しさは大きな犠牲の上に成り立っている。無くなってしまったのは、良いデザインの基本理念である。" 彼らの記事は Fast Company で公にされており、今日のアプリでのインターフェースの見つけやすさ問題、そしていかに美意識がしばしば使いやすさより優先されてしまっているかに悩まされている人達にとっては読んでみる価値がある。(Norman と Tognazzini は Jakob Nielsen と共に、ユーザー経験企業Nielsen Norman Group のプリンシパルである。)

この記事は欠陥を痛烈に批判する告訴状であり、ユーザー経験分野における先導的な声の一部からのものとして発せられており、そしてはっきり言えば、これは Apple が批判にも耳を傾ける一番の可能性を有している。(勿論、これらの指摘は何も新しいものではない - 遡って 2010 年には、Don Norman と Jakob Nielsen は ACM CHI マガジン Interactions に ジェスチャーインターフェースについてもっと一般的な批判を載せている。) この状況は、はだかの王様と似ている - もっとも Apple 社会の多くの人が Apple の最近のソフトウェアでのインターフェース問題を指摘しているが ( iTunes )、一般の人が受ける印象は、Apple の経営陣は、お金の流れ込む絶え間ない音のせいで如何なる批判的な声も聞きとれないというものである。残念ながら、現在使いやすさが企業収益によって定義されている状況は、1990 年代に Microsoft がコンピュータ業界を支配している時と何ら変っていない。

これらのインターエース問題は単なる学術的な苦情の話ではない - 日常ユーザーのための TidBITS 記事と Take Control 本を執筆し編集している中で、我々は Apple のアプリの中で記述するのが困難な問題に何時も遭遇している。何故ならば、それらは名前のない何層にも亘るコンテキストと視覚制御の両方に依存しているからである - インターフェース用語無しで、インターフェースに ついて 会話するのは、指差しと単音節のうめきでしかやれない:"そこをクリックする!" とか "それをタップする!" とかである。そして、あまり技術的でない友人や親戚の問題解決を手助けする時、我々は "俺にやらせて" を使うことが多くなってしまう。何故ならば、電話越しに誰かに一連の手順を踏んで貰おうとするのはとてもじゃないからである。

この Fast Company 記事で欠けているのは、指摘された問題の殆どに対する具体的な解法である。大画面 Mac 上の iTunes の様なものに対する改善策は比較的易しいと思われる、と言うのもデスクトップソフトウェアの在来技法が、そのアプリをインターフェース泥沼から救い出すのに使える可能性があるからである。しかし、ジェスチャー型の iOS、そしてとりわけ iPhone の様な小さな画面上では、これらのインターフェース目標はほぼ実現不可能かもしれないと私には思える。その様な助言を求めている人達のために、Tognazzini は、彼の 2014 Web 記事 "First Principles of Interaction Design" でもっと多くの例を提供しており、そして Nielsen Norman Group の Raluca Budiu は丁度 "Basic Patterns for Mobile Navigation: A Primer" を出した所である。

いずれにしろ、もし人間とコンピュータの相互作用の分野、そして我々全員が毎日依存しているインターフェースの使いやすさに興味をお持ちなら、ここにリンクを張った色々な記事は役に立つ思考の糧になると確信する。

コメントリンク16078 この記事について | Tweet リンク16078


NetNewsWire アップデートは堅実だが印象は薄い

  文: Julio Ojeda-Zapata: julio@ojezap.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

あまりにも多くの情報オタクたちと同様に私もまた、最新のオンラインニュース見出しや各種発表を最大限の速度で吸い上げるシステムに磨きをかけようとしつつ何十年も費やしてきた。

ずっと昔には、ウェブサイトからウェブサイトへとナビゲートしてニュースや情報を探し求めていた。けれどもそんなやり方は退屈でもはや続けられないものとなった。そこで私はお気に入りのサイトの更新をすべて一ヵ所に集約して、より効率的に読めるようにしようとした。専用のソフトウェアを用いればお気に入りのサイトの「フィード」を購読することができ、そうしておけばそれらすべてのサイトからの最新のニュースをたった一つの見やすい流れとして一覧できるようになった。

それができたのは RSS のお陰であった。RSS は、サイトのコンテンツを標準化されたやり方でフォーマット付けして、特別の「ニュースリーダー」アプリが個々の記事を別々に区分けし、それぞれをカスタムインターフェイスの中に表示できるようにするというものだ。サイトがいったん RSS フィードを提供するようになれば、ユーザーは好きなニュースリーダーでそのフィードを購読できる。そうすれば、その後は自動的に新しいコンテンツがそのアプリに流れ込むようになる。

ニュースリーダーにはウェブアプリの形のものも、ネイティブなアプリの形のものもある。ウェブベースの Google Reader がウェブで圧倒的優位を保っていたこともあったが、これは 2013 年に廃止され、間もなくその後釜を巡って熾烈な争いが繰り広げられた。(2013 年 6 月 27 日の記事“Google Reader 代替製品の現況”参照。)

ネイティブなアプリの部門では、いくつかの異なる RSS リーダーがそれぞれ長年にわたって卓越した地位を得た。

Mac 用 NetNewsWire は、そのスタートは 2002 年にまで遡るが、一時はあらゆるプラットフォーム上で最も人気ある RSS リーダーという定評を得た。けれどもその後 NewsGator (現在は Sitrion) に買収され、その後また Sitrion), and later by Black Pixelに買収されて、衰えるままに長い間放置された。

最近になって、Reeder アプリが Mac 用 ($9.99) と iOS 用 ($4.99) のいずれも有名になった。人気の高いアプリがもう一つ、無料の Feedly は Apple と Android のモバイルデバイス上のネイティブなアプリと、それからウェブアプリもあってこちらを Google Reader の正当なる継承者だと言う人もいる。

そして今、Black Pixel は NetNewsWire を返り咲きさせようとしている。長い沈黙を破って、同社は 2015 年 9 月にアップデートされた Mac 版のアプリを $19.99 でリリースするとともに、新しい iOS 版を $7.99 で出した。当初は iPhone のみの対応であったが、2015 年 10 月になって同社は iPad でも動作するユニバーサル版の iOS 用アプリにアップデートした。

NetNewsWire には新しい Apple TV で働くバージョンさえある。このアプリはまだかなり機能が限定的だが、非常に興味深い進展ではある。

私はこれらすべての変種の NetNewsWire を使ってみた。それは主として感傷的な理由からであったのだが。けれども詳しくテストしてみると、いずれも私のデフォルトのリーダーとして使えるものではないと分かった。現状ではまだ Reeder や Feedly といったものが一歩抜きん出ており、NetNewsWire はそれに追い付こうと図っているところだ。また、これら各種の NetNewsWire アプリはいずれも、私のテストで誤作動を起こしがちだった。ただ、Black Pixel はこれらの問題点を修正しようと現在開発作業中のようだ。

Mac 用 NetNewsWire -- 私は自分の iMac 上で一番多くニュースを読んでいるので、改訂された Mac 版の NetNewsWire に特に興味があった。この iMac 上では長年 Reeder を使ってきたし、時には Chrome を開いて Feedly でウェブの探索をすることもあった。Leaf を使ったこともある。これももう一つの洗練された Mac 用ニュースリーダーだ。

新しい Mac 用 NetNewsWire は、大まかに言って Reeder や Leaf と似ている。フィードは、私が長年かけてせっせと作り上げてきたカスタマイズされたカテゴリーに分類されて、左側のカラムに並ぶ。そのカテゴリーに属する個々の記事は独自の領域の中にリストされ、現在の記事が大きな枠の中に表示される。

image

このアプリには、革新的とは言い難いが便利な機能がいくつかある。例えばお気に入りのフィードを指定したり、個々の記事をブックマークしたり、フィードのストリームを未読の記事のみに限定したり、その日に投稿された記事のみに限定したりできるオプションがある。

image

でも、NetNewsWire は、何と言うか... パッとしない。デザインは単調で、独特な点がない。例えば Reeder には高度にカスタマイズ可能なインターフェイス要素とページの見栄えへの注意深い配慮が見えるので、比べれば差は歴然だ。

NetNewsWire の記事リストが、まさにその典型例だ。記事リストの表示には、二つの選択肢がある。真ん中のカラムにサムネイル画像とテキスト断片を表示して左側にフィードのリスト、右側に記事を読む枠を置くか、それとも記事を読む枠の上側に記事見出しのリスト(画像なし)を置くかのいずれかだ。どちらを選択しても、Retina スクリーンの特定の解像度では項目が読み取りにくい。文字サイズを調整するオプションがないからだ。(Reeder ではそのオプションが提供される。)

image

他方、記事を読む枠の中のタイトルや本文テキストについては調整が可能だ。NetNewsWire は、プルダウンメニューによって七つの文字書体から選べるようにしている。選択肢は Avenir、Bitter、Georgia、Gill Sans、Helvetica Neue、Palatino、それに Times Roman だ。

image

NetNewsWire には、例えば Reeder にある高度なジェスチャー対応などの革新的機能は見られない。Reeder のジェスチャー対応は、新しい Magic Trackpad を使っている人にも旧来の Apple トラックパッドを使っている人にも便利な機能だ。

フィードを NetNewsWire に読み込むのは少々面倒だ。まず別のニュースリーダーからフィードを OPML ファイルフォーマットで書き出してから、そのファイルを NetNewsWire へ読み込まねばならなかった。

その昔は必須の手順であったのだが、今ではこれはもう必要でない。ユーザーはある種のオンラインサービス上に RSS フィードをホストさせることができ、自分の好きなデスクトップリーダーを使ってそのサービスにログインすればよいからだ。例えば、Reeder からログインできる選択肢としてはさきほど述べた Feedly の他、 FeedbinFeed WranglerFeedHQNewsBlur などがある。けれども NetNewsWire はこれらのサービスを一切サポートしていない。

NetNewsWire は独自の CloudSync サービスを提供しているが、これは複数の Apple デバイス上の NetNewsWire クライアント同士の間で同期するためのものであって、他のクラウドサービスからフィードを取り寄せるためのものではない。他方、CloudSync は無料で使えるので、NetNewsWire を使い続けるために定期的に料金を支払う必要はない。

このアプリにはいくつか素敵な点もある。例えば、半透明の暗色テーマ(これは他のリーダーにもある)や、複数個の開いた記事を追跡するために右端に設けられているページサムネイルによるタブシステムなどだ。

けれども全体的に見て、NetNewsWire には RSS を読むための最先端を示すようなところがない。私は NetNewsWire Lite と呼ばれていた NetNewsWire のはるか昔の変種をダウンロードしてみて、その事実を確信した。私の Mac App Store ライブラリの中では最も古い項目の一つであるにもかかわらず、現行の NetNewsWire アプリと比較して見栄えも機能性も大して変わらないからだ。

安定性について一言触れておこう。私が NetNewsWire のテストを始めた当初、このアプリは驚くほど頻繁にクラッシュした。けれどもその後 Black Pixel はこれらの問題を解消したようだ。

iPad 用 NetNewsWire -- 新しく iPad 用に形を変えた NetNewsWire は、かなり魅力的で読みやすい。このアプリは、お馴染みのリストのカラムを左側に、記事を読む枠を右側に提供するが、さまざまの便利なやり方でニュースの整理を行なう:

残念ながら、NetNewsWire の Sites モードは Tech、Geeky、Coffee、Comics など私がカスタマイズしたフィードのカテゴリーをすべて表示するけれども、それらのフォルダから記事をストリームすることができず、個々のフィードを一つ一つクリックして行かなければ記事が見られない。だから、私がフィードを個々に選ぶまでの間、記事を読む枠は空っぽのままだし、フィードからフィードへ移るにも不必要に手間がかかる。このようなインターフェイスの失態は私にとっては決定的な不具合に見える。

NetNewsWire は iPad の Split View に対応しており、読書モードを昼用 (明るい) と夜用 (暗い) で切り替えられる。私は夜用モードの方が好きだ。

image

記事を読む枠の文字サイズを調整できる。Mac 用アプリと同様に、文字書体も七つのうちから選べる。Avenir、Bitter、Georgia、Gill Sans、Helvetica Neue、Palatino、それに Times Roman だ。

iPad 用 NetNewsWire を試しながら、私は Mac 用 NetNewsWire を一緒に購入しようと思わない人にとって重大かもしれない一つの問題に気付いた。既存のフィードコレクションから読み込むための直接的な方法がないのだ。

NetNewsWire も、他の RSS リーダーと同様に、特殊な URL の形でフィードの情報を入力することでユーザーがサイトを購読するようになっている。また、人気のあるフィードをさまざまのカテゴリーに分けたディレクトリも提供しているので、その中からタップ一つで購読できる。

でも、ずっと以前から自分のフィード購読を丁寧に組み上げてきて、既に何百ものそういうフィードを購読している。そんな熱狂的 RSS ファンにとっては、手軽にそれを読み込める機能がないのは大問題だ。こんなにたくさんの項目をすべて手動で入力し直すなんて到底考えられない。

この障害を回避するために、私は CloudSync を使って私のフィードを Mac 用 NetNewsWire から同期させたのだが、やはり Black Pixel は iOS 版のみを使うユーザーたちのためにシンプルな読み込み手段を提供すべきだろう。

Black Pixel は NetNewsWire の Twitter アカウント上に回避策のヒントのみを書いているが、それ以上詳しい説明は同社のサイトにもない。

image

私はいろいろやってみたが、Twitter に書かれているその "few more steps" という謎めいた言葉がいったい何を意味するのか、どうしても分からなかった。Mac 版を利用する私の回避策は問題なく働くので Mac 版と iOS 版の両方を持っている人は安心だが、iOS 版のみを使うユーザーは困ることだろう。

私がテストした限りでは、iPad 用 NetNewsWire の動作はのろのろしていて、時にはアプリが全く使い物にならないと感じられることさえあった。ハードウェアに問題が起こっているのではないかという気がして他の RSS リーダーに切り替えて確認しなければならないほど酷いこともあった。いや、ハードウェアの問題ではなかった。他の NetNewsWire ユーザーに尋ねてみたところ、そのようなのろのろした動作を経験したことはないとのことだったので、ひょっとするとこのアプリは私のフィードリストの中の何かにつまずいていただけかもしれない。

私はこの iPad 用 NetNewsWire が好きだが、デフォルトのニュースリーダーにしたいという気持ちには到底なれない。Mac 上でと同様に、Reeder の方がデザインでも機能性でも一歩抜きん出ている。でも、しばらく前から私にとって iPad 上での一番の選択は Feedly だ。このアプリには見出し表示から豊かにビジュアルなリストまでさまざまの読書モードがあり、その上カード表示や雑誌表示を使えば超高速でページからページへとナビゲートできる機能が組み込まれている。私の好みを言えば、Reeder も NetNewsWire も、流麗さと魅力で Feedly に及ばない。

iPhone 用 NetNewsWire -- iPhone 用のアプリは、 iPad 版と同じアプリだ。これは一つの、ユニバーサルなアプリだが、小さなスクリーンに合わせてフォーマットし直されている。

縦長の向きでは、NetNewsWire のインターフェイスは単なる記事のストリームとなり、各種の表示モードへ切り替えるためのボタンが一番下に並ぶ。

image

iPhone 6 Plus か 6s Plus で横長の向きにすると、iPad 用インターフェイスのミニチュア版に切り替わる。記事リストが左側、記事を読む枠が右側だ。

ここでも、NetNewsWire は私の第一選択とならない。(理由の一つは私のフィードリストでののろのろした挙動だ。)iPhone 上でも、Feedly が一番だ。

Apple TV 用 NetNewsWire Today -- 新型 Apple TV 用にアプリを提供したことは、賞賛すべきであり、Black Pixel がライバルたちに一線を画すところだ。(少なくとも今のところは。)ただ、Mac 版や iOS 版の NetNewsWire と比べれば、この Apple TV 用のアプリは基本的なことしかできない。

一つの画面の中に、記事のストリームが左側に、記事を読む枠が右側に、それぞれ表示される。

image

記事を一つ選べば、枠がポップアップする。選んだ記事は選ぶ前よりもスクリーンの少し広い領域を占める。

image

それだけだ。

さらなる制約もある。このアプリは、記事の著者が RSS フィードに含めただけの量の記事情報を、そのままの形で表示するのみだ。フィードの中に記事を丸ごと全部含める人もいれば、要約を含めておいて記事そのものへのリンクを添えるだけの人もいる。

ところが、Apple TV 用 NetNewsWire では、リンクをクリックしてフルの記事を開くという機能そのものが存在していない。なぜなら、tvOS には WebKit 機能が何も提供されないからだ。だから、フィードに記事の要約しか含まれていなければ、あなたのテレビの画面で読めるのは、それが全部だ。その先を読める手段はない。

その上、この Apple TV 用アプリは RSS フィード記事の中に埋め込まれたビデオを再生するという単純なことすらできない。実際、そのような記事は酷く表示が崩れてしまうことが多い。

厄介なことに、NetNewsWire は私の目の前でフリーズしたことも二度あって、いずれも Apple TV を再起動する羽目になった。

このアプリには一つだけ、極めて便利な機能がある。(ただし、Mac 版または iOS 版の NetNewsWire も使っていることが前提だが。)リモコンのクリック一つで、スクリーン上の記事をブックマークできるのだ。いったんそうしておけば、そのブックマークは他のアプリにも現われる。しかしながらテレビ画面上で新たなフィードを追加することはできない。

このアプリのインターフェイスは、最小主義的に魅力的だ。文字は非常に読みやすく、フィードの元サイトのサムネイルはカラフルにレンダリングされる。だから実際私はこのアプリが大好きだが、これだけに頼ることがあるとは思えない。あまりにも機能に制約が多いからだ。

NotNewsWire -- その昔の NetNewsWire が私にとって最新ニュースを追跡するための神経中枢であったのを思い出しつつ、私は今回の Black Pixel の NetNewsWire アプリの一つ一つを大いなる興奮を持って試した。

でも、今や NetNewsWire がライバルたちに大きく後れをとっていることを知って、私はがっかりした。それでも、完全にレースから離脱した訳ではない。ただ、Black Pixel が素早く行動してデザインの過ちに対処し、私が体験したような安定性とパフォーマンスの問題点を解消したならばの話だ。

結局のところ、RSS の長い歴史を通じて、さまざまな時代にさまざまの RSS リーダーが市場を支配した。NetNewsWire は当初の時代をリードしたが、その後 Google Reader が RSS の巨人となった。Google Reader を廃止するという Google の決断は、災い転じて福となるものであったのかもしれない。なぜなら、そのお陰で Feedly のような珠玉の製品が登場して、異論もあろうが今は絶頂期を迎えているのだから。

でも、今から 5 年後にこの分野がどうなっているのかは誰にも分からない。ひょっとすると Black Pixel が何か素晴らしい革新を考え付き、NetNewsWire が再び RSS 世界の寵児となるかもしれない。NetNewsWire を懐かしく思っているお仲間の皆さん、そうなったらすごいのにと思いませんか?

コメントリンク16077 この記事について | Tweet リンク16077


FunBITS: "Star Wars: The Force Awakens" に備えて

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

岩の下で眠りこけてでもいない限り、十年ぶりの新しい Star Wars 映画がもうすぐ公開になることを、あなたもきっとお聞きになったろう。"Star Wars: The Force Awakens" (この記事では省略して TFA と記すことにする) は米国では 2015 年 12 月 18 日に公開されるが、封切り前上映がその前夜に予定されている。現在は Disney がフランチャイズ権を持っており、新たなクリエイティブ・チームがこのシリーズに昔の栄光を取り戻してくれるのではないかとファンたちは皆期待している。[訳者注: 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は日本でも 2015 年 12 月 18 日に公開されますが、以下に紹介されている各種メディアは日本では入手できないものが多いようです。]

それでもまだ何の騒ぎか分からないとおっしゃるのなら、Apple の iOS 用アプリ iTunes Movie Trailers で TFA の予告編をご覧あれ。TFA の予告編はいろいろあるが、私は Science vs. Cinema の "SuperDuperCut" をお薦めする。

前回の 2005 年の映画 "Star Wars Episode III: Revenge of the Sith" (邦題: スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐) 以後、iPhone と iPad が登場し、また Apple TV も加わって、世の中は変わった。Star Wars のことを知りたくてうずうずしているなら、Apple のエコシステムがそのための数多くの方法を提供してくれる。

もちろん、これから紹介するものなど何もなくても映画は楽しめるが、それでも(Hunter S. Thompson の名言を言い換えるなら)Star Wars にハマったならば、もう行き着くところまで行かなけりゃ済まないではないか。

映画 -- 今年になって六つの Star Wars 映画が全部 iTunes で利用できるようになった。映画一つずつで $19.99、 bundle すれば $99.99 だ。良いニュースは、すべてが 1080p で美しくリマスターされたことだ。悪いニュースは、これらがすべて "special" 版であり、ファンたちを怒らせる変更が多数施されていることだ。

iTunes から映画を購入すれば、最初の "Star Wars (Episode IV: A New Hope)" だけを例外として、他のどの映画も Disney Movies Anywhere が働くのが嬉しい。(2015 年 10 月 27 日の記事“Disney Movies Anywhere で Disney 映画をどんな機器上でも見られる”参照。)だから、購入した映画を Amazon Video や Vudu など他のビデオサービスに転送して楽しむこともできる。残念ながら、その最初の Star Wars 映画については依然として Fox が権利を持っているので Disney のビデオサービスは利用できない。

Star Wars 純粋主義者なら、最初の三部作の "Despecialized Editions" の、合法的にグレイの映像の方が気に入るかもしれない。これらは複数の情報源から映像を取り込んで元の映画を高解像度で復元したものだ。これらの映画を見つけたい方々には、残念ながらご自分の創意工夫によって見つけて頂きたいと申し上げるしかない。(あなたのフィーリングを検索しよう - "feelings" とは、そう、つまり Google のことだ。)

もうすぐ出る映画について言えば、チケットが先月売り出された。映画のチケットを二ヵ月も前に買うなんて馬鹿げている気もしないではないが、既に売り切れが出ている上映館も多いのだという! だから、封切りされる週末に TFA を見たいなら、iOS 用アプリ Fandango を使ってみよう。このアプリでチケットを購入したり、買ったチケットを Wallet アプリに保存したり、さらにはそのチケットを Apple Watch に表示したりもできる。

テレビ -- Disney と Netflix は提携関係にあり、Disney 映画のいくつかは Netflix でも利用できるが、Star Wars 映画は含まれていない。(いずれは利用できるようになるという噂はあるが。)

それでも、多くの Star Wars コンテンツを Netflix 上で "The Clone Wars" の形で観ることはできる。これはアニメ映画とそれに続くテレビシリーズで、内容は Episode II と Episode III の間に位置付けられる。

この "The Clone Wars" をフォローしようとしても混乱してしまうかもしれない。個々のエピソードも入門編の映画も、年代順には並んでいないからだ。幸いにも 公式の年代順エピソードガイドがあるので、順序を辿る役に立つ。

注意しておくが、この "The Clone Wars" は子供向けのシリーズであって、酷評されることの多い過去編三部作に結び付いている。けれども中には素晴らしい物語も含まれているし、過去編の映画ほど子供っぽくないエピソードが多い。また、この "The Clone Wars" では Star Wars 伝説の中に登場するなかなか興味深い二人の人物が登場する。暗黒側の暗殺者 Asaj Ventress と、Anakin Skywalker の Jedi での弟子となる Ahsoka Tano だ。

もう一つのアニメシリーズ "Star Wars Rebels" は Empire に対抗する反乱者たちの物語を中心にしている。悲しいことにこれはまだ Netflix では利用できないが、メジャーなケーブルテレビまたは衛星テレビのプロバイダを通じて Disney XD を購読していれば、iOS や Apple TV 用の Disney XD アプリで最近のエピソードを観ることができる。他の方法として、iTunes 上で短い映画 "Spark of Rebellion" から始まるシリーズを購入することもできる。

本と正典 -- 年月を経て Star Wars の宇宙は小説やショートストーリー、コミックなどにも広がり、それら全体が Expanded Universe (EU) と呼ばれるようになった。そして、その項目の一つ一つがそれぞれに、さまざまのレベルの「正典」性を持つようになった。(正典 ("canon") とは、この架空の宇宙の中に起こったと公式に認められたものを意味する。)Star Wars 小説はすべて iBooks Store または Kindle Store にある。(Kindle ブックを iOS 版の Kindle アプリで購入することはできないが、Safari の中で購入すればその本が直接 Kindle アプリの中へ配送される。)

EU の中へ飛び込むのは抵抗があると感じられるかもしれない。そこで Disney はフランチャイズ化の際にものごとを単純化するため EU のほとんどすべては正典でないと宣言した。このことは特に Timothy Zahn の Thrawn trilogyなどの作品のファンたちを怒らせたが、映画製作会社が新しい映画にクリエイティブな自由を持ち込むことができる道を開いたとも言える。それに正直言って、EU の中には酷い内容のものも多かった。

Star Wars 物語でもはや正典と認められていないものはすべて、"Legends" のバナーの下に置かれる。公式に正典と認められたものは以下の通りだ:

Wookiepedia は Star Wars 専用の wiki だが、現行の Star Wars 正典をすべて網羅したタイムラインを載せている。

正典でない Star Wars 小説の中で読む価値のあるものはどれか知りたいなら、Del Rey 出版から無料の選集が二冊出ている。一つは 2014 年のタイトルを集めたもの ( AmazoniBooks Store から入手可)、もう一つは 2015 年のタイトルを集めたもの (AmazoniBooks Store) で、選ぶ参考になるだろう。これらの小説は Star Wars タイムラインの中のさまざまな時点に当てはまる。例えば、"Dark Disciple" は過去編の時代に相当し (そのためにはたぶんアニメシリーズ "The Clone Wars" をあらかじめ観ておく方が良いだろう)、"Tarkin" や "Lords of the Sith" は過去編の時代と最初の三部作の時代の中間に相当 (私は最近 "Lords of the Sith" を読み終えたが、これはなかなか良かった)、"Lost Stars" は最初の三部作の時代とその後に相当する。

これらの選集に載っていない Star Wars 小説の一つとして、Chuck Wendig の "Aftermath: Journey to The Force Awakens" (AmazoniBooks Store) がある。これは最初の映画三部作より完全に後の時代を扱った初めての小説として特記すべきだ。ただ、これも Amazon で酷評を浴びている。Wendig の文体にむらがあって、時制の食い違いや細部の取り違えが目立つからだ。筋金入りの Star Wars ファンならば(Empire が崩壊した後に銀河に起こった出来事を示すありきたりの筋書きの中でもキラリと光る)いろいろの幕間劇を興味深く読めるだろうが、お金を払ってまで読む価値があるかどうかは疑問だと思う。

コミック本 -- Disney は Marvel Comics も Star Wars も所有しているので、Marvel Unlimited を購読しさえすれば 1970 年代後半にまで遡ってこれまでに製作された Star Wars コミック本のほとんどすべてが読める。当然ながら、大多数は今や Legends のラベルが付いているが、だからと言って面白くない訳ではない。

私は記事“FunBITS: Marvel Unlimited アプリは体重 44 キロのやせっぽち”(2013 年 5 月 24 日) で Marvel Unlimited はまあまあ中くらいのものだという意見を述べたが、私がそのレビューを書いた後の二年間でこのサービスは劇的に良くなった。アプリは高速で安定して動作し、コミック本の中で読んでいた場所を記憶し、コミック本の選択肢も劇的に増えた。コミック本のファンなら、十分に月額 $9.99 以上の価値があると思うだろう。$69 の年間購読もさらにお得だ。(今後も変わらないことを祈ろう。)

Marvel Unlimited には Star Wars 歴史家が興味を引かれるであろうコミック本のシリーズが二つある。一つは "Splinter of the Mind's Eye" で、これは 1978 年の小説を劇画化したものだが、この小説自体が映画が失敗に終わった場合に備えて Star Wars の続編として企画されたものであった。もう一つの "The Star Wars" は George Lucas の初期の草稿を劇画化したもので、その絵は Ralph McQuarrie によるコンセプトアートに基づいている。後者は最終的な映画と似たところが多いけれども、1977 年に映画館のスクリーンに上映されたものとは筋書きが大きく異なっている。いずれも、どんなことが起こり得たかを魅惑的に私たちに感じさせるものとなっている。(また、編集者による改訂の重要さを示す証拠ともなる。)いずれも Legends のバナーの下にあり、正典ではない。

新しい Star Wars 正典をフォローしたいと思うなら、Marvel Unlimited で入手できる比較的新しい三冊、"Star Wars"、"Darth Vader"、"Princess Leia" をお薦めする。いずれも Episode IV と Episode V の間の時代に相当する。また、"Kanan: The Last Padawan" もある。これは "Star Wars Rebels" の過去編と言える。それから Marvel Unlimited には Disney 以前のコミック本のミニシリーズでなぜか Disney による正典からの追放を免れたものが一つある。"Star Wars: Darth Maul: Son of Dathomir" だ。これは "The Clone Wars" シリーズの後の時代に相当する。

Marvel Unlimited は六ヵ月以上古くなったコミック本のみを提供しているので、例えば "Chewbacca" や "Lando" のような新刊を読みたい場合には iOS 用の Marvel Comics アプリをダウンロードするとよい。このアプリから、それらの新刊本を購入することができる。購入は素晴らしい ComiXology エンジンによっているが、メインの ComiXology アプリと違って、まだアプリ内購入でしかできない。

記事“ComiXology のアプリ内購入騒動を解説”(2014 年 5 月 3 日) で議論した通り、Amazon が去年 ComiXology を買収し、アプリ内購入の機能を削除してしまった。けれども、Marvel や DC などの出版社のブランドで出されている ComiXology アプリならば今もアプリ内購入に対応しているので、最新の号 (issue) でも、うむ、そう、何の問題 (issue) もなく買える。好都合にも、Marvel のアプリはあなたの ComiXology アカウントと連動するので、あなたが以前に購入した本もこの ComiXology アプリで利用できる。

もうすぐ TFA が観られると楽しみにしているなら、Marvel Comics アプリで四部作シリーズ "Star Wars: Shattered Empire" をチェックしてみよう。これは "Return of the Jedi" の後の時代に相当し、TFA の主要登場人物の一人 Poe Dameron にまつわる裏話が描かれる。残念ながら Marvel Unlimited アプリは少なくとも六ヵ月以上古い題材しか提供しないので、"Shattered Empire" シリーズが実際にアプリの中に出現するのは映画の封切り後になると思う。

ゲームとアプリ -- iOS のアプリストアにはあなたがライトセーバー(光サーベル)を振るうことができるよりも多くの Star Wars ゲームがあるが、私が心からお薦めできるのはただ一つ、Aspyr が移植した $9.99 の "Knights of the Old Republic" だ。私がレビューを書いて以後(2013 年 12 月 6 日の記事“FunBITS: iPad 用ゲーム Star Wars: Knights of the Old Republic”参照)Aspyr は iPhone 対応と、クラウドへの保存、それに MFi コントローラを追加した。これは、史上最良の Star Wars ゲームであるのみならず、文句無しに後にも先にも史上最良のゲームの一つだ。

けれども、Disney 公式の iOS 用 Star Wars アプリも、無料でダウンロードする価値はある。Star Wars のニュース、絵文字、天気予報、サウンドボード、その他がある。また、素敵な Force Trainer という拡張現実ゲームも内蔵している。iPhone をライトセーバーとして使って、トレーニング用ドロイドのブラスター攻撃をかわすゲームだ。

image

クリエイティブなタイプのファンは、Action Movie FX の最新版アップデートが大好きになるだろう。今回から Star Wars 効果が内蔵され、ビデオの中に取り込めるようになったからだ。このアプリでは一つの Star Wars 効果ならば無料で、追加の効果はアプリ内購入で利用できる。例として、BB-8 ドロイドが私のピックアップトラックを攻撃しているビデオをどうぞ。

また、こちらはわが家の前庭で戦闘が繰り広げられるところだ。

Aspyr は Mac 用に数多くの古典的 Star Wars ゲームを提供している。さきほど述べた "Knights of the Old Republic" にも Mac 版がある。他に、Aspyr ゲームで私が好きなものには一人称視点シューティングゲームの "Star Wars: Jedi Knight II: Jedi Outcast" と "Star Wars: Jedi Knight: Jedi Academy" がある。

Mac ユーザーは GOG が古典的な PC 用宇宙シミュレータ "Star Wars: X-Wing Special Edition" と "Star Wars: TIE Fighter Special Edition" の Mac 版を提供していると聞けば嬉しいだろう。まだ私は Mac 用に移植されたものを試していないが、TIE Fighter は私の大のお気に入りの Star Wars ゲームの一つだ。1997 年に "Star Wars: X-Wing Vs. TIE Fighter" が出されて以後、ちゃんとした Star Wars 宇宙シミュレータが出ていないのは残念なことだ。

BB-8 -- "The Force Awakens" では新しいアンドロイド、BB-8 が登場する。このキャラクターは従来の Star Wars ドロイドたちと違って、足や車輪やキャタピラで移動するのでなく、ボールの上でコロコロ転がって動き回る。そして今、ロボット工学の会社 Sphero のお陰で、あなたも自分の BB-8 を手に入れることができる。AmazonApple Store から $149.95 で購入でき[訳者注: 日本での価格は 21,384 円ほどのようです]これは間違いなく今年のホリデーシーズンの最もホットな玩具に違いない。(オンラインでは入荷待ちとなりがちだが、私は実店舗の Apple Store で何度か現物を見たことがある。)

いったいなぜ Apple が玩具のロボットなんか売っているのか? それは、BB-8 が iOS アプリで操作するロボットだからだ。アプリを使って、BB-8 を手動で舵取りしたり、音声コマンドを命じたり、自動パトロールモードに切り替えたり、「ホログラフィック」なビデオメッセージを録画したり再生したりできる。iMore に、Serenity Caldwell が BB-8 を概観したビデオを公開している。

確かに、この BB-8 の玩具にはいくつか期待外れのところもある。ソフトボールくらいの大きさで、映画に登場する BB-8 に比べればずっと小さい。また、iOS アプリに完全に依存しているのでアプリが動いていなければほとんど何もできない。それでも、これは史上最もクールな Star Wars 玩具だ。

アプリは、あなたとともに -- さきほども言ったように、こういったものが何もなくても映画は楽しめる。でも、何世代にもわたるファンたちにとって、Star Wars は単なる映画をはるかに超える存在だ。これまで 38 年間の存在を通じて、Star Wars の神話は Tolkien の Middle Earth にも、さらには古代の神々の殿堂にも匹敵するものへと成長しようという勢いだ。Apple のテクノロジーのお陰で、Star Wars ファンになるために今ほど良い時はない。

コメントリンク16062 この記事について | Tweet リンク16062


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2015 年 11 月 16 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

OmniOutliner 4.4 -- The Omni Group が OmniOutliner 4.4をリリースして、テンプレートの保存場所として Mac 上のどこにあるフォルダでも使える機能を追加した。今回のアップデートではまた Resource Browser の Recents グループに Documents フォルダを追加し、HTML および HTML (Dynamic) 書き出しにアンカータグの使用を通じて行リンク対応を追加し、サイドバーのカラーを書類のカラーに基づいたものに変え、Microsoft Word の .docxフォーマットに書き出す際に行リンクをブックマークに変換するようにし、フルスクリーンモードでサイドバーを示したり隠したりしてもアウトライン表示がスクリーン上端より上へずれて行かないようにしている。(標準版の新規購入 (Mac App Store) $49.99、Pro 版の新規購入 (Mac App Store) $99.99、無料アップデート、23.9 MB、 リリースノート、10.10+)

OmniOutliner 4.4 へのコメントリンク:

Type2Phone 3.0 -- Houdah Software が Type2Phone をバージョン 3.0 にアップデートし、iOS 9 や OS X 10.11 El Capitan に合う新しいユーザーインターフェイスを装備した。Type2Phone ユーティリティは、Bluetooth 経由で Mac から iOS へタイプできるようにするものだが (2013 年 4 月 10 日の記事“Type2Phone: Mac を iOS 機器に対するキーボードとして使う”参照)、今回のアップデートでは Return を使ってテキストを iOS 9 の Messages アプリに送る機能に対応し (Option-Return で新規の行を追加する)、iOS 9 のキーボードショートカットのために Special メニュー項目を追加し、全般的にキーボードショートカットへの対応を改善し、国際キーボードレイアウトに改善を加えている。(Mac App Store から新規購入 $9.99、0.6 MB、10.6.6+)

Type2Phone 3.0 へのコメントリンク:

Mactracker 7.5 -- Ian Page が Mactracker 7.5 をリリースして、最近の二ヵ月間にリリースされたメジャーな Apple ハードウェアの詳細情報を追加した。iMac 各モデル、第四世代 Apple TV、iPad mini 4、それに iPhone 6s および iPhone 6s Plus がこれに含まれる。また、最近の Apple オペレーションシステムのアップデートに関する情報もあり、OS X 10.11 El Capitan (および OS X Server 5.0)、iOS 9、watchOS 2 がこれに含まれる。この人気の Apple 製品百科事典はまた、Mac mini、iMac、Mac Pro 各モデルの電力消費についての情報を追加し、Apple の Vintage および Obsolete 製品の Support Status を最新情報で更新し、一部モデルの現行価格をユーロ、英ポンド、米ドルで概算する機能も加えている。(Mactracker ウェブサイトからも Mac App Store からも無料、37.7 MB、リリースノート、10.7+)

Mactracker 7.5 へのコメントリンク:

DEVONagent Lite, Express, および Pro 3.9.3 -- DEVONtechnologies が、同社のリサーチ用ソフトウェア DEVONagent の三つの版すべて (Lite、Express および Pro) をバージョン 3.9.3 にアップデートして、特に DEVONagent Pro に多数の変更を施した。三つの版のいずれも Stack Overflow および EUR-Lex の各プラグインをアップデートし、VoiceOver 対応を改良し、Mac OS X 10.7 Lion およびそれ以前への対応を削除している。Express および Pro 版は App Transport Security への対応を追加し、さらに Pro 版では 10.11 El Capitan への互換性を改善、中でも起動および進行状況パネルが現われなかった問題と、Twitter アクセスの問題、それに Plugins パネルの不具合を修正している。(いずれもアップデートは無料。DEVONagent Lite は無料、リリースノート。DEVONagent Express は新規購入 $4.95、リリースノート。DEVONagent Pro は新規購入 $49.95、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、TidBITS members, リリースノート。10.7.5+)

DEVONagent Lite, Express, Pro 3.9.3 へのコメントリンク:

Quicken 2015 for Mac 2.8 -- Intuit が Quicken 2015 for Mac のバージョン 2.8 をリリースして、Last Downloaded フィルターが Quicken Connect 取引を表示しなかった問題、マッチしない取引をダウンロードした後で重複が起こっていた問題、それにアカウントの重複を探知した場合アカウントの追加ができなくなっていた問題を修正した。それに加えて、このこの個人用財務管理ソフトウェアは今回から最小限バージョン 2.7 でなければ取引、残高、相場のダウンロードなどの Connected Services にアクセスできなくなった。複数要素認証 (Intuit が Secure Login と呼ぶもの) が追加されたからだ。

Intuit はまた、Quicken 2015 for Mac のアップデートを Mac App Store から配布するのを止めた。Mac App Store から購入した人は Quicken Utility をダウンロードする必要がある。これで、App Store を使わずアップデートを取り寄せることのできるバージョンの Quicken 2015 for Mac がインストールされる。詳しい情報と、ダウンロードのリンクが Intuit のサポートページにある。(新規購入 $74.99、無料アップデート、リリースノート、10.7+)

Quicken 2015 for Mac 2.8 へのコメントリンク:

BBEdit 11.1.4 -- Bare Bones Software が BBEdit 11.1.4 をリリースし、Printing 環境設定のフォントオプションを再配置して明瞭度を改善した。この古参のテキストエディタは、今回から FullScreenWindowsHogScreen 設定をデフォルトでオンとして「それが良いことであろうとあるまいとウィンドウがディスプレイ全部を占める」ようにした。また、このアップデートで Window メニューの Arrange コマンドを使う際に結果ウィンドウ、ディスクブラウザ、Text Factory ウィンドウも対象に含めるようにし、File Path ファイルフィルタ用語が正しく働かなかったバグを修正し、Insert Clipping を使う際に起こることのあったクラッシュを修正し、状況バー項目 Magnification が書類の拡大設定を正しく反映しなかった先祖返りのバグを修正している。($49.99、無料アップデート、11.6 MB、 リリースノート、10.8.5+)

BBEdit 11.1.4 へのコメントリンク:

Mac 用 Pages 5.6.1, Numbers 3.6.1, Keynote 6.6.1 -- Apple が Mac 用 iWork アプリ三つにメンテナンスアップデートをリリースした。Pages 5.6.1Numbers 3.6.1Keynote 6.6.1 だ。今回のリリースでは Microsoft Office 書類が開けなくなった Pages と Numbers のバグを修正し、リスト内の単語について Look Up を使用できないことのあった Pages の問題点を解消し、またマスタースライドにリンクがある Keynote プレゼンテーションにおける問題点を解決している。三つのアプリのいずれにも、いつも通りにその他詳細不明のバグ修正と、安定性の改善が盛り込まれている。(新規購入 Pages $19.99、224 MB、Numbers $19.99、166 MB、Keynote $19.99、456 MB、10.10.4+ 必要)

Pages 5.6.1, Numbers 3.6.1, Keynote 6.6.1 for Mac へのコメントリンク:


ExtraBITS、2015 年 11 月 16 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

外国旅行をする人に嬉しいニュースだ。今週 Verizon は新たにより良い国際オプションの提供を始める。Comcast は Boston 地域で新しいストリーミングビデオサービスをテスト中で、T-Mobile は一部のビデオサービスで LTE ネットワークの上限を外しつつあり、Mac App Store は文字通りアプリを壊している最中で、Apple Music は Android の世界に着陸し、最近お喋りの多い Tim Cook は暗号化と、PC の衰退、それに医療用デバイスにおける Apple の将来について考えを語る。

Verizon Wireless、より良い国際オプションを提供 -- Verizon Wireless の顧客は、もはや海外旅行の際に別途高額なプランを購入しなくてもよくなる。TravelPass があれば、Verizon の顧客は一日ごとの定額料金を払うだけで既存の通話、メッセージング、およびデータプランを使い続けることができる。一日あたりの価格はカナダとメキシコで $2、それ以外の対象国では $10 だ。驚くべき進歩とまでは言えないが、以前より良くなったことは確かだ。

コメントリンク: 16086

Comcast、Boston 地域で新しいストリーミング TV サービスをテスト中 -- Comcast は Stream TV と呼ぶ新しい月額 $15 のストリーミングテレビサービスをテストしているところだが、現時点では Boston 地域に在住の Xfinity Internet 顧客のみが対象だ。メジャーなテレビ局の放送すべてと、HBO その他も含まれる。最初の一ヵ月間は無料で、契約義務もない。Comcast によれば 2016 年の内にこのサービスを同社のカバー地域すべてに拡げる予定だという。Boston 地域に在住で、これを試してみられたことのある方は、どうぞ感想をお聞かせ願いたい!

コメントリンク: 16085

T-Mobile、一部のストリーミングビデオサービスで LTE の制限を除外 -- T-Mobile が新しい Binge On サービスを発表した。一部のプロバイダ、例えば HBO、Hulu、Netflix、Vudu などで、データ量無制限の DVD 品質ビデオを同社の LTE ネットワークを通してストリーミングするというものだ。iTunes や YouTube はまだ含まれない。対象となるプランを持つ Simple Choice 購読者全員が、追加料金なしでこのサービスを利用できる。これは、一部のプロバイダのみが T-Mobile の LTE データ量上限を回避できるという点で、U.S. Federal Communication Commission のネット中立性ルールに抵触するおそれがあるのではなかろうか。

コメントリンク: 16082

Mac App Store がアプリを壊す -- Mac App Store から出されている人気のアプリの多くでセキュリティ証明書が期限切れとなり、それらのアプリが起動できなくなっている。影響を受けたアプリには 1Password、Acorn、Byword、DaisyDisk、Tweetbot などがある。修正を提供できるのは Apple だけだが、再起動で問題が解決すると報告したユーザーたちもいる。

コメントリンク: 16081

Apple Music が Android に到来 -- Android デバイスでも Apple Music が聴きたいと思っていたあなたに、今こそその時が来た。Apple が、Apple Music アプリを Google Play ストアにリリースしたのだ。無料のこの 29 MB のアプリから、あなたの For You 推薦曲、プレイリスト、iCloud Music Library コレクションにアクセスできる。

コメントリンク: 16076

Tim Cook、新しい英国監視法案に反対意見を述べる -- Apple CEO の Tim Cook が、英国政府が顧客の暗号化保護を回避できるようにすることを Apple その他の会社に義務付けようとする調査権法案に対して強く反対意見を述べた。この法案はまた、コンピュータにハッキングしたり電話を盗聴したりできる明確な権利を英国の警察に与えようとしている。Cook はこの法案について次のように述べた。「どのようなバックドアであっても、あらゆる人のためのバックドアとなる。誰もがテロリストを厳しく取り締まるべきだと思っているし、誰もがセキュアでありたいと望んでいる。問題はどうやってそれをするかだ。バックドアを開いてしまえば、極めて悲惨な結果が起こりかねない。」

コメントリンク: 16075

Tim Cook、PC の衰退、Apple の医療用デバイスを語る -- The Telegraph のインタビューで、Apple CEO の Tim Cook は新しい iPad Pro が PC に置き換わることになると宣言した。「これを使い始めれば、人々は他のものを何も使う必要がないと結論するに至るだろう。ただし携帯電話を除いて」と彼は述べた。さらに Cook は、Apple が今後医療用のアプリや医療用のデバイスをリリースするかもしれないと示唆した。ただ、Apple Watch 自体を医療用デバイスとして使うことは考えていないと Cook は述べた。U.S. Food and Drug Administration (食品医薬品局) の許可を得るのに時間がかかり過ぎるからだ。

コメントリンク: 16073


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2014 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2015年 11月 20日 金曜日, S. HOSOKAWA