TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1313/21-Mar-2016

Apple は今日、多数の製品を発表した。新型の 4 インチ iPhone SE、9.7 インチ iPad Pro、数多くの新しいアクセサリーもある。けれどもたぶんもっと重要なのは、Apple がそのすべてのメジャーなオペレーションシステムをアップデートして、新しい機能や重要なセキュリティ修正を追加したことだ。Adam Engst が説明する通り、それらはすべて Apple が顧客の懸念に対する反応を強化していることを反映している。BeLight Software の Get Backup Pro 3 が賞品の DealBITS 抽選は終わったが、当選しなかった人もこのバックアップ用ユーティリティを 50 パーセント割引で購入できる。それから、TidBITS 会員は Glenn Fleishman の "Take Control of Slack Basics" の第 3 章を読める。この章で Glenn はあなたをこのメッセージングサービスのインターフェイスを巡る旅に誘う。今週注目すべきソフトウェアリリースは iTunes 12.3.3、それに Lightroom CC 2015.5 と Lightroom 6.5 だ。今日が Take Control セールの最終日であることもお忘れなく!

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


DealBITS 値引き: Get Backup Pro 3 が 50% 安くなる

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週の DealBITS 抽選で当選し、BeLight Software のバックアップアプリ Get Backup Pro 3 を受け取ったのは、gmail.com の Andrew Eisen、tidewater.net の Kenneth Cotton、gmail.com の Loren Celentano、gmail.com の Roger Galli、それに gmail.com の Tom Burk の 5 名だ。おめでとう!

手頃な価格のバックアップ用ツールが欲しかったのに当選しなかった皆さんもがっかりすることはない。BeLight Software では、2016 年 3 月 31 日までの期間中に限り、TidBITS 読者のために 50 パーセント割引で提供しているからだ。つまり、Get Backup Pro 3 が定価 $19.99 のところ $9.95 となる。

今回の DealBITS 抽選に応募して下さった 346 名の皆さんに感謝したい。また今後の DealBITS 抽選もお楽しみに!

コメントリンク16331 この記事について | Tweet リンク16331


"Take Control of Slack Basics" の Chapter 3、入手可に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Glenn Fleishman が連載中の "Take Control of Slack Basics" が、新たな章に入る時となった。グループメッセージングサービス Slack は、OS X、iOS、Windows、Android、Linux のいずれにもネイティブなアプリを提供しており、それに加えてどんなプラットフォームの上でも使えるウェブアプリとしても存在する。デスクトップ用とモバイル用のアプリは互いによく似ているが、すべての機能が両者同じやり方でアクセスできる訳ではないし、モバイル用アプリでは全く利用できないインターフェイス要素もある。何がどこにあるかを理解することで(また iOS 用アプリに隠されたスワイプを学ぶことで!)もっと滑らかにあなたのグループの中でナビゲートできるようになるだろう。

Chapter 3 の "Master the Interface" で、Glenn はまずインターフェイスの個々の部分を注意深く調べてから、Slack のスラッシュコマンドやキーボードショートカットにアクセスする方法を説明する。すべての人が同じ知識を備えているようにするため、Glenn は章の終わりにメッセージングを巡る FAQ を手早くいくつか示す。そして、忘れないで頂きたいが、皆さんもどうぞ Slack について書いてあることを読むだけに止めないで、私たちの公開 SlackBITS グループに参加して頂きたい。現在のところ参加者は 100 名近くいて、Slack について、あるいは Mac、iOS、Apple TV について、ここで議論を交わしている。参加の方法は Chapter 1 の "Introducing Slack" に説明がある。

Chapter 1 だけでなく Chapter 2 の "Get Started with Slack" も、誰でも読めるようになっている。けれども Chapter 3 は TidBITS 会員限定なので、まだ TidBITS 会員になっておられない方にはどうぞこれを機会に会員になって頂きたい! TidBITS 会員には他にもたくさん特典があるけれども、何より大切なのは TidBITS 会員プログラムのお陰でここ数年間の TidBITS が続けてこられたということだ。皆さんのサポートこそ、私たちにとって本当に何物にも代え難い。既に TidBITS 会員になって下さっている方は、どうぞ会員登録の際の電子メールアドレスを使って TidBITS サイトにログインし、連載チャプティクルを読んで、コメントを書き込んで頂きたい。

完成版の電子ブック "Take Control of Slack Basics" は、完成し次第 PDF、EPUB、Mobipocket (Kindle) の各フォーマットでどなたでも購入して頂ける。

コメントリンク16344 この記事について | Tweet リンク16344


Apple、サイズを縮めた iPhone と iPad を最新リリース

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今日の 3 月イベントで Apple は小さな発表を二つした。4 インチ iPhone SE と、9.7 インチ iPad Pro だ。いずれも 2016 年 3 月 24 日に予約注文の受け付けが始まり、出荷は 2016 年 3 月 31 日からとなる。また、Apple はいくつかの新しいアクセサリーも発表した。新しい iPad Pro に合わせて小さくなった Smart Keyboard と、Lightning to USB 3 Camera Adapter、それから新しい Lightning to USB-C Cable、このケーブルを MacBook の 29W USB-C Power Adapter に接続すれば高速の充電ができる。

iPhone SE -- Apple の製品を見回しても小型のスマートフォンがない、と不満に思ってきた人たちに朗報だ! 新型 4 インチ iPhone SE は iPhone 6s の持つパワーのほとんどすべてを小さくなったフォームファクターの中に詰め込んでおり、びっくりするようなこともいくつか組み込んでいる。

image

仕様を見ればこの iPhone SE は iPhone 5s の筐体と同じで、横幅 2.31 インチ (58.6 mm)、長さ 4.87 インチ (123.8 mm)、厚さ 0.30 インチ (7.6 mm)、重量は 3.99 オンス (113 grams) だが、その中に iPhone 6s と同じ A9 プロセッサと M9 モーションコプロセッサが入っている。iPhone SE の 4 インチ Retina スクリーンは 1136 × 640 の解像度でインチあたり 326 ピクセル、これは iPhone 6s と同じピクセル密度だ。iPhone 5 用のケースはそのままでこの iPhone SE にも使えるのだろうと私たちは予想している。

この iPhone SE の背面カメラは、12 メガピクセルの静止画像、4K ビデオ、Live Photos の撮影ができ、dual-LED True Tone フラッシュを装備する。けれども前面カメラは iPhone 6s のものほどシャープでなく、たった 1.2 メガピクセルの写真を開口部 f/2.4 で撮影できるのみだ。一方 iPhone 6s の前面カメラは 5 メガピクセル、開口部 f/2.2 だ。

iPhone SE には iPhone 6s の重要な機能の二つが欠落している。3D Touch と Taptic Engine だ。またワイヤレスの速度も iPhone 6s より遅く、19 の LTE バンド、LTE 上のスループット 150 Mbps、Wi-Fi 上のスループット 433 Mbps となる。これに比べて iPhone 6s は、23 のバンド、 LTE 上のスループット 300 Mbps、Wi-Fi 上のスループット 866 Mbps に対応している。

iPhone SE の価格は、16 GB モデルでは契約なしで $399 からだ。契約付きの場合本体は無料で、キャリアの分割払いを選べば月額 $17 (24ヵ月) となる。64 GB モデルもあって、こちらは契約なしで $499 だ。カラーは四色あり、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドから選べる。

9.7 インチ iPad Pro -- Apple はまた、小型モデルの iPad Pro も発表した。この 9.7 インチモデルには、実際これまでの大きなモデルより進歩した仕様も含まれる。

image

小型になったこの iPad Pro は従来の iPad Pro と同じ A9X チップを搭載し、機能も同じだが、サイズが小さくなって、横幅 6.6 インチ (169.5 mm)、長さ 9.4 インチ (240 mm)、厚さ 0.24 インチ (6.1mm) だ。大きな iPad Pro とは違い、この 9.7 インチモデルの重量は 1 ポンド未満 (Wi-Fi のみのモデルで 437 g、Wi-Fi + Cellular モデルで 444 g) だ。大きさは iPad Air 2 と全く同じなので、iPad Air 用のケースが使えるだろう。

この 9.7 インチ iPad Pro のディスプレイは解像度 2048 × 1536、インチあたり 264 ピクセル (12.9 インチ iPad Pro と同じピクセル密度) だが、大きな iPad Pro に比べて進化したところもある。より幅広い色域を表示できるようになったことと、Apple が "True Tone ディスプレイ" と呼ぶ新テクノロジーだ。この新テクノロジーは環境光センサーを使って、スクリーン上のカラーを周囲の環境にマッチしたものにする。例えば暖かい光の下ではスクリーンのホワイトバランスを調整して暖かく見えるようにし、違う色の光の下ではそれに応じた調整をする。

小型になったこの iPad Pro ではカメラも進化している。12 メガピクセルの背面カメラ (従来は 8 メガピクセル)、開口部 f/2.2 (従来は f/2.4) だ。大きな iPad Pro にはなかった機能だが、iPhone 6s と同様にこの 9.7 インチ iPad Pro は Live Photos の撮影ができ、dual-LED True Tone フラッシュを装備する。また 4K ビデオも撮影可能 (大きな iPad Pro は 1080p まで) だ。前面カメラも進化して 5 メガピクセルのセンサーを備え、スクリーンにフラッシュの働きをさせる Retina Flash が動作する。(12.9 インチ iPad Pro の前面カメラはたった 1.2 メガピクセル、Retina Flash なしだ。)

スクリーンサイズを除けば、この 9.7 インチ iPad Pro は 12.9 インチモデルよりも優れているように見える。ハンズフリーで "Hey Siri" と呼びかける Siri アクティベーション機能さえ備えている。その上価格も安い。32 GB モデルが $599 だ。128 GB モデルの価格は $749、それからこれは iOS では初めてのことだが 256 GB モデルもあって価格は $899 だ。iPad Air 2 は値下がりして 16 GB モデルが $399 となり、古い iPad mini 2 はたった $269 となる。奇妙なことに iPad mini 4 の価格が iPad Air 2 と同じになってしまったが、これはおかしい気がする。今回 Apple は新たに 256 GB モデルの 12.9 インチ iPad Pro も $1,229 で発売した。9.7 インチ iPad Pro のカラーは四色あり、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドから選べる。

もちろん、この小さい iPad Pro は $99 の Apple Pencil とも互換で、Apple はこれにマッチする Smart Keyboard を $149 で販売する。公式のケースも出ていて、ポリウレタン製が $49、シリコーン製が $69 だ。

新しい iOS アクセサリー -- Apple はまた、iPad Pro シリーズ向けにいくつかの Lightning アクセサリーも発表したが、これらはあらゆる Lightning 対応 iOS デバイスと互換なはずだ。

最も心躍るアクセサリーは、$39 の Lightning to USB 3 Camera Adapter だ。これで、標準の USB ポートがデバイスに追加される。このドングルは表向きにはカメラを iPad に同期させるためのものとなっているが、Apple はこれが Ethernet アダプタ、オーディオインターフェイス、カードリーダー、USB マイクロフォンといった USB 周辺機器を接続するためにも使えると発表している。既存の Lighting to USB Camera Adapter と違い、この新しいアダプタには Lightning のパススルーがあるので、アクセサリーを接続したまま充電もできる。私たちにとって非常にありがたいものとなるだろう。

また、新しい Lightning to USB-C ケーブルも出ている。価格は $35 だ。これを使って iOS デバイスを直接 2015 年型 MacBook に接続したり、MacBook の 29W USB-C Power Adapter と一緒に使って 12.9 インチ iPad Pro の高速充電機能を活かしたりすることもできる。

一つのサイズで誰にでも合うことはない -- iPhone SE と 9.7 インチ iPad Pro のことを、これはマイナーなリリースに過ぎず iOS デバイスの世界の状況を前進させるようなものではないと考えてしまいがちかもしれないが、それは的外れな考え方だ。iPhone 6 と 6 Plus のフォームファクターを構成する大きなスクリーンが大好きな人も多い一方で、それらのデバイスの大き過ぎる物理的サイズには閉口しつつ、もっと小型の iPhone を持ちたいというだけのためにパワーの劣る iPhone 5s で我慢するのは嫌だと思う人たちも多かった。今回の iPhone SE は、Apple が顧客の声を聞いているということだ。同じことが 9.7 インチ iPad Pro にも言える。人々が大き過ぎると感じるデバイスを強制することなく、12.9 インチ iPad Pro の機能をすべて組み込んでいるのだから。

誰も、Apple が手当り次第に新しいフォームファクターをでたらめにリリースせよと言っている訳ではない。でも、人々の声が、人々の必要が、さまざまの異なるサイズでやって来ることを Apple が認めているというのは素晴らしいことではないだろうか。

コメントリンク16352 この記事について | Tweet リンク16352


OS X 10.11.4 が Notes、iBooks、Live Photo 対応を改善

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst, Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple が OS X El Capitan 10.11.4 をリリースした。主たる新機能は Notes アプリの改良で、データのパスワード保護、メモの並べ替え、Evernote やテキストファイルからの読み込みなどの機能が追加された。今回のアップデートではまた、iBooks がデバイス間の共有のために PDF を iCloud に保存できるようにするとともに、AirDrop や Messages を経由して iOS と OS X の間で Live Photos を共有できるようにしている。Software Update 経由で 1.44 GB のアップデートをインストールできるが、独立のダウンロード版も Apple の Support Downloads ページに近日中に現われるだろうと思う。

iOS 9.3 (2016 年 3 月 21 日の記事“iOS 9.3、Night Shift を採用、Notes を保護、等々”参照) と同様、Notes アプリの中でメモの保護ができるようになった。それにはまず、Notes > Set Password を選ぶ。パスワードを入力すると、パスワードの確認とパスワードのヒントを求められる。その後、メモをロックするには、メモを開くか選ぶかしてから File > Lock Note を選べばよい。忘れてならないのは、いったんメモにパスワードを設定すれば、iOS でそのメモを見るにはそのデバイスが iOS 9.3 かそれ以降を走らせていなければならないことだ。

image

Notes アプリでパスワードを設定すれば、あなたがパスワード保護するすべてのメモで、そのパスワードが使われる。Notes メニューには、他にもいくつか新しいコマンドがある:

今回からファイルを Notes アプリに読み込めるようになった。File > Import Notes を使えばよい。プレインテキスト書類やリッチテキスト書類、あるいはそれらの書類を含んだフォルダも読み込むことができ、また Evernote からメモを書き出すこともできる。

iBooks で PDF の iCloud 経由の同期をするには、iCloud Drive が有効になっていることを System Preferences > iCloud で確認してから、iCloud Drive の隣にある Options をクリックし、iBooks が選ばれていることを確認する。それから iBooks に戻って、開いたダイアログで Use iCloud をクリックする。もしも本が現われなければ、iBooks のメインウィンドウの Sort By ポップアップメニューをクリックして Show iCloud Books を選べばよい。iOS 9.3 では、iBooks を初めて起動した際、求められるに応じて Use iCloud をタップするだけでよい。たぶん、無効にしたければ Settings > iCloud > iCloud Drive でできるのだろうと思われる。

image

OS X 10.11.4 ではまた、iPhone 6s や iPhone 6s Plus で撮影された Live Photos への対応が改善された。従来は、AirDrop や Mac 用 Messages アプリが Live Photos からビデオ部分を削除してしまっていたが、もはやそのようなことはなくなる。Messages アプリでは、Live Photos は添付画像の左上隅に同心円のマークを付けて示される。写真をクリックすれば別のウィンドウで開き、そこで Live Photo ボタンをクリックすれば埋め込まれたビデオが再生される。

10.11.4 アップデートでは数多くのバグも修正された。主なものを挙げれば:

また、企業向け機能の問題点にもいくつか対処が施された。例えば:

OS X 10.11.4 には、38 件のセキュリティ修正も組み込まれている。Johns Hopkins 大学のセキュリティ研究者たちが発見した Messages の脆弱性への修正もその一つで、今日の The Washington Post の記事に取り上げられている。

いつも通りに、私たちと同じようにこのアップデートにすぐに飛び付くことは、お勧めしない。早期導入者たちが何か懸念すべきことに遭遇していないかどうかが判明するまで、待つ価値はあると思う。でも、一・二週間を超えて長く待つのは良くない。このアップデートには重要なセキュリティ修正も含まれていて、すべての人が Mac エコシステムの集団免疫を高めなければならないのがあるべき姿だからだ。アップデートを待つべき具体的な理由が判明した場合は、すぐ皆さんにお知らせするつもりだ。

コメントリンク16341 この記事について | Tweet リンク16341


iOS 9.3、Night Shift を採用、Notes を保護、等々

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  : 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は iOS 9.3 を幾つかの新機能と共にリリースした。例を挙げれば、Night Shift (これは時刻に応じて色温度を変化させる), Notes に対する Touch ID とパスワード保護、Verizon 顧客に対する Wi-Fi 通話、iPad に対する新しい教育機能、そして新しい 3D Touch アクション (対応する機器に対して) がある。

iOS 9.3 は Settings > General > Software Update 経由で機器に直接インストールするのが恐らく最も簡単であろうが、iTunes 経由でインストールしても何ら問題無い。いずれにしろ、アップデートする前にバックアップが完了していることを確認するように。

最初に、警告を一つ:iPhone 6 を使っていて無線でアップデートしていた TidBITS スタッフの 2 人は、設定アシスタントの iCloud パスワード画面の所でこのアップデートが止まってしまったように見える経験をした。これは数分間そのままにしておくことで回復したという。この問題は一般的に起こっている訳ではないが、同様の動きを報告しているユーザーは他にもいる。

Verizon 向けの Wi-Fi 通話 -- もし Verizon 顧客の一人で、自宅でのセルラー電波が弱いというのであれば、iOS 9.3 を今すぐインストールした方が良い。何故ならば、これは Wi-Fi 通話を有効にし、あなたの音声通話をセルラー接続の代わりにあなたの Wi-Fi ルーターを通して送るからである ("iOS 9 で Wi-Fi Calling をオンにする" 28 October 2015 参照)。これは音声通話の音質を、とりわけセルサービスが怪しげな場合は、改善する。これをするには、Settings > Phone > Wi-Fi Calling に行き、そして Wi-Fi Calling on This Phone を有効にする。それから Verizon の 911 記録のためにあなたの住所を入力しなければならない。

image

Night Shift -- 全ての iOS 9.3 ユーザーのための目玉機能は Night Shift である。これは、基本的にはデスクトップコンピュータ用の有名な f.lux アプリのクローンである。Night Shift (そして f.lux) がすることは、画面の色温度を一日を通して調整することで、眠りを良くするために夜間に放射されるブルーライトの量を減らしてくれる。Apple 曰く、"多くの研究が、夜間に明るいブルーライトに晒されると体内時計に影響を与え、眠りにつくのがより困難になることを示している。" これは本当にある問題である。

Night Shift を有効にするには、Control Center にある新しいボタンをタップするか、或いは Settings > Display & Brightness > Night Shift に行く。そこで手動で Manually Enable Until Tomorrow をオンにすることで Night Shift をすぐに有効に出来る。また、決まった時間に Night Shift をオンオフするようにすることも可能である。Night Shift は画面を少々奇妙に見えるようにもするが、もし夜間に自分の機器を沢山使う人は試してみる価値はある。しかし、Night Shift を有効にして撮ったスクリーンショットはより暖かい色温度を反映していない。

image

Notes -- もう一つの有用な追加機能は Notes アプリをパスワード又は Touch ID で保護するオプションである。これをやるには、Settings > Notes > Password に行き、自分のパスワードを入力し確認する。希望するならば、パスワードのヒントも入力出来るし、あなたの機器がサポートするならば Touch ID も有効化出来る (もう既に、有効にされていない場合)。

image

メモをロックするには、もう満杯でパンクしそうな感がある Share ボタンを、そして Lock Note をタップする。それから、Notes パスワードを入力するか、或いは Touch ID を使って指紋認証をさせなければならない。ロックが施された後でも、再起動するか、或いはメモのリストの一番下にある Lock Now ラベルをタップするまではそのメモを読むことが出来る。ロックされたメモには閉じた鍵のアイコンが表示される。ロックされたメモを読むには、それをタップし、View Note をタップ、それから自分の指紋をスキャンするか、或いはパスワードを入力する。これでロックは解錠されるが、全てのロックされたメモが解錠される。

image

image

image

更に Notes は、新たな並べ替えオプション、新たなスケッチを作成するためのジェスチャーとボタン、リストをもっと簡単に作成出来るようにするそれぞれのメモの最後のチェックリストボタン、そしてメモの中の画像や添付書類をサムネイルとして表示する能力を提供する。また Settings > Notes には新しい設定がある:Save Media to Photos で、これは Notes アプリの中で撮られた写真やビデオを自動的に Photos アプリに保存する。

その他のアプリ -- Notes アプリは iOS 9.3 で最大の変更を受けたのは間違いないが、何らかの愛情を注がれた他のアプリも沢山ある:

その他の改善 -- 重要なことだが、適切な二要素認証が全ての iCloud アカウントに使えると報じられているが、我々はそれが真実かそしてそれがどの様に働くのかを未だ解明出来ていない。

Live Photos は iOS 9.3 で更に使い易く、共有しやすくなる:ミニ動画を AirDrop や Messages 経由で OS X と共有出来、そして Live Photo から静止画を Duplicate コマンド経由で取り出せる。

CarPlay を使える数少ない人々に対して、iOS 9.3 は幾つかの新機能を提供している:Music の Apple Music の For You ペーンと Maps の新しい Nearby 機能は、給油所、駐車場、レストラン、等々を提示する。CarPlay でのオーディオ音量は今や音源を切り替えた時に自動的に調整され、CarPlay 内の Siri も今やメッセージをより簡潔に読み出す。CarPlay の更なる情報は "b" (18 January 2016) を参照のこと。

最後に、個人別のユーザープロファイルが iPad 上で見られる - 但し、教育機関に限定される。残念ながら、我々の殆どがこの様な機能を見る機会は全くないであろうが、Apple は教育者用に幾つかの素晴らしい機能を追加した。例を挙げると、先生が自分のクラスを管理するのを手助けするための新しい管理ツール、管理された Apple ID、そして Classroom アプリが挙げられる。先生は Classroom を使って、生徒の画面を見たり、アプリを立ち上げそしてロックしたり、AirPlay を使って生徒の画面を Apple TV に送ったり、そしてパスワードをリセットしたり出来る。これら全ては素晴らしい機能であり、中には教育界以外でも使えたら嬉しいものもあるが、予算の乏しい学校で安価な Chromebook から乗り換えさせるだけの魅力があるとは思えない。

image

iOS 9.3 にはまた数多くのセキュリティ修正も含まれている。その内、最も目に付くのは Johns Hopkins University の研究者が発見した iMessage 経由で送られた写真やビデオを攻撃者が補足出来る脆弱性に対するものである。

iOS 9 の製品サイクルのこれだけ終盤になった所で、Apple が新機能を追加するというのは驚きである。通常、Apple は iOS だけの注目に値する機能は、年に一回、9 月か 10 月のメジャーリリースの中で追加する。ひょっとすると、iOS 9.3 は Apple がソフトウェアリリースをどう計画するかの、重要なアップデートの間隔をより長くする、変更の兆しなのかもしれない。或いは、ひょっとすると、これは、我々が身を置く業界でのハムスターの回し車は制御不能な状態で回転していると時折感じる人間の希望的観測だけなのかもしれない!

コメントリンク16329 この記事について | Tweet リンク16329


watchOS 2.2、Maps を改良、複数の時計もペアリング

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は watchOS 2.2 を全てのモデルの Apple Watch 向けにリリースした。これは Maps アプリを改良し、そして複数の時計を一台の iPhone にペアリングするのを許す。この 120 MB のアップデートは iPhone の Watch アプリで My Watch > General > Software Update から見つけられる。アップデートするには、Apple Watch が iPhone の到達範囲にあり、充電器に接続されていて、少なくとも 50% は充電されている必要がある。この全過程は何やかやで 30-45 分かかるので、十分時間がある時にやること。

一番大きな変更は Maps アプリで、デザインが見直され、Google Maps アプリに更に似るようになった。今や、現在の場所の地図を示すだけでなく、Home, Work, Search, そして Nearby 場所への手早いショートカットも提供する。これでこのアプリは Apple Watch 上でももう少し使い易くなるであろう。

image

もう一つの新機能は、watchOS 2.2 と iOS 9.3 を使うことで、一つ以上の Apple Watch を iPhone にペアリングすることが出来ることである。時計間の切り替えは自動的になされる - 一つの時計を iPhone に対して有効にするには、そのロックを解除し持ち上げるだけで良い。これを必要とする人がそれ程大勢いるとは思えないが、イエローゴールドとローズゴールドの Apple Watch Edition の間で服装に合わせるために選ばなければいけない場合だってあるかもしれない...

この watchOS 2.2 アップデートには、他に 18 のセキュリティアップデートが含まれる。

コメントリンク16342 この記事について | Tweet リンク16342


Apple の 3 月イベントが顧客への反応の強化を反映

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple の今日のスペシャルイベントは "Let us loop you in" という謎めいた言葉で宣伝された。多くの人たちはこれを見て何か Apple Watch に関係したことだろうと解釈した。確かに Apple Watch 用の新しいバンドは登場したが、私に言わせればこのキャッチフレーズはむしろ、これまでなかったほどに顧客のために働く立場に Apple を置こうとする姿勢を表わすものだと考えられる。もう少し具体的に説明しよう。

今回のようなイベントは、長らく Apple を肯定的な観点で見ることのできるような統計数字を発表するために使われてきた。けれども今回、Tim Cook は売り上げとか業績といったものを前面に出さず、代わりに顧客のプライバシー、環境、健康といったものに集中する方法を選んだ。最初に顧客のプライバシーを保護するための Apple の FBI との論争について述べ直した後で、Cook は Apple の環境・社会政策・社会戦略担当副社長の Lisa Jackson を紹介して、環境に関する Apple の目標について述べさせた。Apple は電力の 100 パーセントを再生可能エネルギーから得るという 2 年計画の目標に少し届いておらず、現時点で同社の使う電力の 93 パーセントしかその種のエネルギーから来ていない。それでも、Apple は中国においては 100 パーセントを達成しており、これは四川省のヤクの群れに囲まれた 40 メガワットのソーラーファームのお陰だ。またシンガポールでも同様で、こちらは 800 以上の建物の屋上にある太陽光パネルのお陰だ。それに加えて、Apple のデータセンターはすべてクリーンな電源エネルギーで働いている。

image

Jackson はまた、リユースとリサイクルに対する Apple の取り組みについても報告して、"Liam" と呼ばれるロボットシステムについて述べた。このシステムは iPhone を構成部品に分解し、リサイクル可能な材料をはるかに簡単に取り出せるようにするというものだ。彼女はまた、Apple Renew プログラムについても語った。これは顧客がどんな Apple リテール店でも、あるいは郵送手段をオンラインで請求することでも、Apple デバイスのリサイクルができるというものだ。

image

次に登壇したのが Apple COO の Jeff Williams で、彼は数多くの研究機関が医学的データ収集のためのアプリを作ることを可能にしてきたオープンソースの ResearchKit フレームワークの成功について語った。ResearchKit ベースのアプリは、遺伝子検査会社 23andMe によるモジュールや、診察室での医学的検査用のいくつかのモジュールが加わったお陰で、遺伝子データを組み込むこともできるようになっている。

もう一つ新しく Apple から出るのが CareKit だ。これもオープンソースのフレームワークで 2016 年 4 月に登場する予定になっており、ユーザーが自分自身の病状を管理できるようなアプリを開発者たちが作成できるようにすることを狙っている。CareKit は、ResearchKit アプリを使っていたユーザーがアプリが示すデータのお陰で自分の行動様式が変わり始めたと感想を述べたことをきっかけにして生まれた。開発者たちは既に CareKit モジュールをアプリに組み込み始めており、パーキンソン病の患者用、手術後のケアとモニター用、家庭での健康管理用、糖尿病管理用、メンタルヘルス管理用、母子健康管理用などへの応用を実現しつつある。Williams は注意深く、プライバシーが鍵だと言い添えた。CareKit アプリでは常に、誰とデータを共有するかをユーザーが決められるようになっている。

いったいなぜこれらの発表を最初に持ってきたのか? FBI との事件において、政府はこれまで Apple がビジネスに関心を向けるあまりテロや犯罪と闘う気が全くない無感情の企業モンスターであるというイメージを植え付けようとしてきた。Apple が環境に焦点を当て、医学研究や日々の健康の問題に積極的に取り組んでいると示すことで、この会社への違ったイメージが呈示され、地球の未来とそこに住む人々の健康と幸せとを深く考えている姿が描き出されるからだ。世論を味方に付けようとする戦いの最中、Apple は単なる営利マシンとは違うものとして見られる必要がある。

このイベントのより伝統的な発表の部分でさえ、Apple が顧客の望みと必要に敏感に反応したものになりつつある。Apple Watch 用のバンドが登場して、スポーツバンドにもレザーバンドにも新色が加わり、新しい「スペースブラック」色の Milanese Loop バンドも、布のような肌触りで四層構造を持ち伝統的なバックルと留め具を使った新しい $49 のウーブンナイロン (7 色ある) シリーズのバンドも発表された。確かにマイナーな変更には違いないが、Apple が個人の嗜好を尊重している証拠ではある。Apple によれば、Apple Watch オーナーのおよそ 30 パーセントはいつもバンドを交換して使っているという。

一つのサイズで誰にでも合うことはないと認めるというのは、Steve Jobs 時代の Apple に比べれば大きな変化だ。それをさらにもっと強く証拠立てたのが、4 インチ iPhone SE と 9.7 インチ iPad Pro のリリースだ。詳しくは記事“Apple、サイズを縮めた iPhone と iPad を最新リリース”(2016 年 3 月 21 日) を見て頂きたいが、ついに Apple が人気のあったフォームファクターを完全機能の新製品に復活させてリリースし、旧モデルに頼ることをしなかったというのは注目すべき点だ。iPhone SE は、iPhone 5s の工業デザインの中に iPhone 6s のスペックを組み込んでいる。そして Apple は、iOS, iPad, iPhone 製品マーケティング担当副社長 Greg "Joz" Joswiak の口を借りて、その第一の理由が「小さなスマートフォンを愛する人たちもいる」からだ、と明確に語った。それにまた、小型の iPhone を好む人たちがかなりの割合で初めて iPhone を買う人たちだということもある。とりわけ中国でそれが言える。つまり、小さくて安価な iPhone はより気軽な iPhone 世界への入り口となるということだ。2015 年においては 3 千万台の 4 インチ iPhone が売れたことを考えれば、妥協なしの iPhone SE をシリーズに加えることは大いに道理にかなっている。

9.7 インチ iPad Pro も、それと同じデザイン誘因によるものだと考えられる。Apple の Worldwide Marketing 担当上級副社長 Phil Schiller は、12.9 インチ iPad Pro の販売実績の数字には触れなかったが、Apple が iPad Pro のスペックと能力を iPad の最も人気あるフォームファクターとすることを望んでいると述べた。現時点で Apple は 2 億台以上の 9.7 インチ iPad を販売してきた。ここでも、決断をさらに支持した点として、iPad Pro を買う人の大多数は Windows の世界から来ているという驚くべき事実があった。報道によれば、Windows の世界では 5 年以上使い続けられている PC が 6 億台以上もあるという。そのような古い PC を使い続けている人たちはおそらく新しいハードウェアにお金を出したくないからそうしているのだろうという点に目をつぶるとすれば、乗り換えの選択肢を Apple が新たに出すのはやはり賢明なことだと言えるのではなかろうか。

今回の発表が Apple にとって大きな心境の変化だとまで言い切るつもりはないが、これが会社としての考え方の進化の証拠となるとは言えると思う。顧客ベースが成長するにつれて同社の製品構成に合わないけれども至極正当な必要や意見を持ち合わせた人々が非常に多くなっていると、そしてそういう人たちのために Apple にできることがまだまだあると、Apple は認識しつつあるのではなかろうか。それと同時に Apple は米国政府との対決がたとえ成功裏に終わったとしてもリスクをはらむものであることを理解しており、できる限りの公衆の支持を必要としていると知っているのだ。それらすべてを合わせれば、今後の Apple は今よりもっと人々の声に耳を傾け、すべての人の必要に応える製品を作り出すことに積極的になると期待してよいのではないだろうか。

コメントリンク16353 この記事について | Tweet リンク16353


ExtraBITS、2016 年 3 月 21 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週のニュース速報として、司法省が Apple 対 FBI の暗号化論争で Apple に屈服したかもしれず、古い Kindle をお持ちの方は直ちにアップデートする必要がある! その他の ExtraBITS としては、Bloomberg が Apple 対 FBI の戦いが iOS 8 のリリースより前から始まっていたことを明かし、Apple が連邦法規により FBI の手から守られている可能性があり、新たな iOS トロージャンが jailbreak していない iPhone にも感染することができ、Game Center が iOS 9 でまだ壊れたままで、John Oliver が暗号化論争について解説し、いわゆる "typosquatter" が Mac ユーザーに狙いを付けつつある。

司法省、iPhone の法廷聴聞会を延期 -- ニュース速報だ。米国司法省は、2016 年 3 月 22 日に予定されていた聴聞会を「なしにする」ことを求め、その理由として「外部の第三者」が San Bernardino テロ事件関係の iPhone のロックを外せる可能性のある方法を実証し、それが成功すれば Apple からの助力が不要になるからだと述べたという。この延期申請は、何らかのテクノロジー上の発見というより、むしろ法律的な駆け引きのように思われる。これで問題が終了することにはならないかもしれないが、これはバックドアと同等のものを作成するよう Apple に強制すれば長期的にはマイナスの結果を生むと FBI が感じ、メンツを保てる解決法を探っている兆候なのかもしれない。

コメントリンク: 16355

古い Kindle は今夜アップデートしよう -- しばらく使っていなかった、あるいはアップデートしていなかった古い Kindle をお持ちなら、すぐに埃を払って今夜のうちにアップデートしておこう。そうしないと Kindle Store に接続したり Amazon のサーバと同期したりができなくなる、と Amazon が警告している。単に Kindle の電源を入れて、メインメニューの Sync and Check for Items を選ぶだけでよい。間に合ううちに警告に気付かなくても世界の終わりではない。2016 年 3 月 21 日以後でも、USB 経由で Kindle をアップデートすれば Amazon 母艦ともう一度接続できるようになる。

コメントリンク: 16356

Bloomberg、Apple 対 FBI の戦いの積み重なりを図解 -- Apple と FBI の衝突は iOS 8 のリリースより前から積み重なってきたもので、Bloomberg は今回、FBI が争いを公にするに至った内幕の情報を出版した。数十人の政府職員、テクノロジー業界の重役、弁護士たちへのインタビューに基づいて、この記事は双方の側を動かしている考え方への手掛かりを提供する。この問題に関心のある人には必読だ。

コメントリンク: 16350

Apple の弁護を CALEA が支持 -- Apple は、FBI との争いで意外なところから支持を得たのかもしれない。それは、電子通信基盤に対する一定のアクセス権力を法執行機関に与えるために作られた連邦法規だ。Harvard Law School の教授であり、2009 年には Barack Obama 大統領の Special Assistant for Science, Technology, and Innovation Policy として働いたことのある Susan Crawford が、Communications Assistance for Law Enforcement Act (CALEA) Section 1002 にある Backchannel 条項が政府機関に対し電話機のメーカーに「装備、設備、サービス、機能、システム構成などの具体的なデザインを要求」することを明確に禁じていると指摘した。この CALEA のような特定的な法規は、All Writs Act のような一般的な法規より優先して適用されるので、FBI としては CALEA で許されるものを再解釈したければ議会にまで立ち戻らざるを得ないと Crawford は考える。

コメントリンク: 16349

AceDeceiver: Apple FairPlay DRM を攻撃する初の iOS トロージャン -- セキュリティ会社 Palo Alto Networks が、jailbreak していないデバイスにも感染できる新しいタイプの iOS マルウェアを発見した。"AceDeceiver" と呼ばれるこのマルウェアは、現時点では iOS デバイスを持つほとんどの Mac ユーザーにとって心配すべきものではない。この攻撃は既に特定の方法で感染した Windows マシンに依存するからだ。(それに、悪意ある挙動が出現するのはユーザーが中国の国内にいる場合のみだ。)この攻撃手法が新しいのは、Apple の FairPlay デジタル著作権管理にある欠陥と、iTunes に見せ掛けたマルウェアとに依存して、ユーザーに隠れてアプリをインストールする点だ。当初 Apple のコード審査はこのマルウェアをキャッチすることができなかったが、同社は既に App Store から AceDeceiver を削除している。

コメントリンク: 16348

Game Center、iOS 9 になって 6ヵ月経ってもまだ壊れたまま -- ライターの Craig Grannell が、iOS 9 のリリース以後 Game Center がずっと壊れたままだと指摘する。Game Center は特に人気あるアプリでもないのでマイナーな問題に見えるかもしれないが、マルチプレイヤーのターン制ゲームの多くは Game Center に依存して機能しているので、今やその多くの挙動が一貫しないものとなっている。残念ながら、これは Apple のソフトウェア品質の低下を示すさらなる証拠ともなる。

コメントリンク: 16340

John Oliver、暗号化論争を解説 -- iPhone 暗号化を巡る Apple 対 FBI の戦いを理解しようと頭を抱えていませんか? あるいは、テクノロジーに詳しくない友人に説明しようとして苦労していませんか? この 18 分間のビデオの中で、HBO の John Oliver がこの問題全体を説明し、何が問題なのかを詳しく解説する。見事なのは、この解説がすべてをテクノロジーのレベルで正しく解釈し、その上で双方の側の立場のニュアンスまで捉えている点だ。同時にまた、これはかなり愉快な仕上がりだ。ただ、何度か Oliver が乱暴な言葉遣いをするのを覚悟しよう。(どっちみちこれは HBO なのだから。)最後に出てくる、偽の Apple コマーシャルも見逃せない!

コメントリンク: 16338

"Typosquatter" が Mac ユーザーを狙う -- Threatpost の記事によれば、いわゆる "typosquatter"、つまり有名なドメイン名によく似たドメイン名を不正な目的で購入する人々のことだが、彼らが Mac ユーザーを騙して Adobe Flash アップデートに見せ掛けたマルウェアをインストールさせようと狙っているという。私たちのテストでは Threatpost が言及した ".om" ドメインのいずれもそのようなことを試みなかったけれども、いずれにしても見知らぬサイトからソフトウェアアップデートをしてはいけない。たとえそれが知っているサイトだったとしても、まず URL をよく見てそれが本物であることを確認しよう! さらに言えば、そもそも Adobe Flash をインストールすべきではない。Flash を使う必要があるならば、自動的にアップデートされる Flash を内蔵した Google Chrome ウェブブラウザを使おう。

コメントリンク: 16337


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2016 年 3 月 21 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iTunes 12.3.3 -- Apple が iTunes 12.3.3 をリリースして、来たるべき iPhone SE と 9.7 インチ iPad Pro (記事“Apple、サイズを縮めた iPhone と iPad を最新リリース”参照) に対するサポートを追加した。しかしながら、私たちの友人 Kirk McElhearn が発見したように、Apple は簡潔なリリースノートでは触れていないいくつかの新たな調整も施している。General 環境設定での新しいオプションとして Apple Music の楽曲をプレイリストに追加した際に My Music にも追加することができるようになり、役に立たない Limit Ad Tracking 設定が削除され、制限のところで Apple Music をブロックできるようになった。また Info ウィンドウに Show Composer in All Views タグが新設され、特にクラシック音楽のファンに歓迎されるはずだ。それから、トラックにコンテクストメニューで "love" を付けることができ、Purchased 枠からオーディオブックを再ダウンロードできるようになった。(無料、直接ダウンロードまたは Software Update 経由で 122 MB、10.8.5+)

iTunes 12.3.3 へのコメントリンク:

Lightroom CC 2015.5 と Lightroom 6.5 -- Adobe が独立動作の Lightroom 6.5 と Lightroom CC 2015.5 (Adobe の Creative Cloud Photography プランの一部として入手可能) をリリースして、多数のバグ修正を施すとともに、新たにレンズのプロファイルをサポートした。これら二つのプロフェッショナル向け写真カタログ・編集アプリケーションは Panorama Merge を改良し、一つの画像でセンサーの埃の跡を削除すればそれをパノラマ画像に組み込めるようにし、また Boundary Warp 機能 (2016 年 1 月 29 日の記事“Lightroom CC 2015.4 と Lightroom 6.4”参照) のバグをいくつか解消し、"auto" 映写オプションを削除している。今回のアップデートではまた、RAW+JPEG の組み合わせを別の場所にコピーすると改名がうまく行かなくなったバグを修正し、ビデオキャッシュが Preferences で設定された上限に正しく制限されるようにし、iOS や Android アプリとの同期を改良し、Canon カメラ (5dm3, 5ds, 1dsm3) に関係して起こっていたクラッシュを修正している。Lightroom CC 2015.5 と Lightroom 6.5 はいずれも Help > Check for Updates からダウンロードできる。(月額 $9.99 の購読、または $149 の独立動作アプリ、無料アップデート、リリースノート、Lightroom CC 2015.5 は 10.8+、独立動作の Lightroom 6.5 は 10.9+)

Lightroom CC 2015.5 と Lightroom 6.5 へのコメントリンク:


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2016 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新: 2016年 3月 25日 金曜日 , S. HOSOKAWA