TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1373/19-Jun-2017

Apple は今年の WWDC キーノートで Apple TV についてあまり語らなかったが、実際 tvOS 11 は間もなく登場するはずだ。"Take Control of Apple TV" の著者 Josh Centers が、今年後半に登場する tvOS 11 に何を期待すべきか語る。Josh はまた、Elgato の Eve Room をレビューする。HomeKit 互換のセンサーで、室温、相対湿度、エアクオリティを監視するものだが、彼はこれを使って除湿機を自動運転する方法を説明する。同じやり方で扇風機やヒーターなど他の電気器具も制御できるはずだ。Adam Engst は、自動車の自律運転システムを Apple が開発中と Tim Cook が最近明かしたことを伝え、それが自動車の世界に何を意味するか、以前から噂されてきた Apple Car はどうかと論じる。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Tinderbox 7.1、Microsoft Office 2016 15.35 と Office 2011 14.7.5、OmniFocus 2.10、BBEdit 11.6.7、PopChar X 8.0 と、Mac 用 Pages 6.2, Numbers 4.2, Keynote 7.2 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


tvOS 11 の中身

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

"Take Control of Apple TV" の著者として、Apple が 2017 WWDC キーノートを Apple TV で始めた時、私は興奮した。そして Tim Cook が Amazon Prime Video が Apple TV にも来ることを約束した時にはもっと興奮した ("Apple TV、Amazon Prime Video 等々を 2017 年末に" 5 June 2017 参照)。でも、その後は... 何も無しで、今年後半にはもっと多くのことが発表されると言うに留まった。

Apple が、何故これ程少ししか言わなかったのかは定かでない、と言うのも tvOS 11 は実際にリリースが予定されており、時期は恐らく同社の他のオペレーティングシステムのアップデート合わせてで、そしてベータは現在 Apple 開発者に対して入手可となっているからである。

いずれにしろ、余り興奮しないように。tvOS 11 は、少なくとも Apple がこれ迄明らかにしたものからすると、この上なく落胆させられるアップデートである。ベータからの目につくものを挙げてみると:

これらに加えて、Apple は第四世代 Apple TV は AirPlay 2 受信機として動作するであろうこと、そして人気のストリーミングサービス Vudu も Apple TV 用のアプリを開発中であることを認めた。

残りの改善の多くは開発者向けで、そしてこれらすらもとても興味深いとは言い難い。今年の WWDC での "What窶冱 New in tvOS" セッションは、私が参列したことがある葬儀の方が活気があったとさえ言えるものであった。

どうなっているのか? 一つの可能性は、この第四世代 Apple TV は失敗作で、Apple はこれの優先度を下げたと言うものである。Apple TV のぱっとしない販売数字がこの説を裏付けている。

より楽観的に言えば、Apple は今年後半に向けて Apple TV 用の真の改善策を用意しているのかも知れない。可能性は、第五世代 Apple TV で、4K 解像度対応やその他にも色々良いものが用意されているのかも知れない。ひょっとすると Apple の来るべき HomePod スピーカーと Apple TV の間に興味を引く繋がりが図られると言うのもあるのかも知れない ("Apple、12 月に HomePod でスマートスピーカー市場に参入" 5 June 2017 参照)。

新しいハードウェア無しでも、既存の第四世代 Apple TV に対する容易に解決出来る問題が幾つもある。

Apple TV に必要なもの -- Apple TV のファンであるのは、フラストレーションが溜まるものである。この機器には可能性が沢山あるのに、Apple はそれを利用する気がないらしい。Apple が余り手をかけずに Apple TV を実際に改善出来る分野を5つ挙げてみる:

これらに共通する寂しい所は、どれも易しいものばかりだと言うことである。どれも、我々が長年待ち望んで来た次世代のメディア機器に Apple TV を変える様なものではない。私の友人で、Hollywood の視覚効果技師でもある Joe Rosensteel は、色々なアイディアを盛り込んだ Apple TV 願い事リストを現在も維持しており、そこには、ライブ TV のための双方向のプログラミングガイドや Siri の答えを Apple TV の付属画面上に表示するサポートが含まれる。

Apple TV が直面するその他の問題 -- ここ迄、色々と言って来たが、私はコンテンツ配信契約の問題には未だ言及していない。実際に、この問題は Apple TV が最優先すべき事項である。Apple に公正を期して言うならば、この様な契約は交渉は一筋縄では行かない。しかしながら、私は Apple が Netflix を TV アプリに載せるためのあらゆる努力をしていることを願いたい - Citigroup アナリストの Jim Suva は、買収も有りえない話ではないと言っているが、私はその考えには余り賛成ではない。

また、ハードウェアに関する問題に深入りする積もりもないが、こちらにも色々と欠陥がある。Siri Remote は、細すぎて滑りやすいとして一般的に嫌われている。市場に出てから数年過ぎた今でも、Apple TV は同等の製品に比べて最も高価なストリーミングボックスであり、その上 4K コンテンツに対するサポートすらない。現時点でも、$149 から始まるが、4K 対応の Amazon Fire TVRoku 4 等は $90 前後しかしない。

私が Apple TV について何かを書く度に少なくとも一人の読者が、2012 年に出た第三世代モデルについて質問してくることには、それなりの重みがあると思える。その比較的に高い値段が多くの人がアップグレードしない理由の一つであると私は考えるが、これが全体のエコシステムに萎縮効果をもたらしている。tvOS に早くから資源を費やし、そして火傷を負った開発者を私は何人か知っている - ユーザー数が少なければ、市場そのものに行き渡るお金は少ない ("半年経った tvOS: アプリはいったいどこにある?" 4 May 2016 参照)。

一方で、これらのビデオストリーミングボックス全てが、テレビセットそのものからの競争に晒されている。今日では、どんなテレビを買っても、望むと望まざるとに拘らず、それは "スマート" であり、Netflix, Amazon Prime Video, HBO, そして Hulu の様な人気のストリーミングサービスの多くに対して結構間に合うアクセスを提供している。

Apple TV は死のスパイラルに入り込んでいるとするのは言い過ぎであろうが、未だすき間商品であることには変わりなく、Apple は未だそこからどうやって脱却するかを見つけられていない。アプリだけで十分でないのは明らかで、より強固なゲームが鍵なのかも知れない。Sony の PlayStation 4 が November 2013 の発売以来 60 百万台近くを売れたことからも、居間での娯楽ボックスに対する市場は、結構高い値段でも、あることがうかがえる。しかし、Apple がその市場に参入しようと思うのなら、考え方を大きく変える必要がある。

その間、Apple TV ファンよ、私も Apple が今年後半に出してくるものを期待しながら、イライラ心であなたと一緒に待ちたいと思う。

コメントリンク17292 この記事について | Tweet リンク17292


大草原の HomeKit のお伴: Elgato の Eve Room

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

大草原の HomeKit のお伴”シリーズのこれまでの記事で、いろいろのことをしてくれる HomeKit ハードウェア、例えばスマートコンセントやスマート電球といったものに焦点を当ててきた。しかしながら、HomeKit ハードウェアを構成するのはそういうものたちだけではない。HomeKit は各種のセンサーにも対応していて、家の中を監視してデータを報告したり、また探知したデータに基づいてアクションを起こしたりするために使える。

(日本語)スマート電球 Philips Hue を使ってみる | 大草原の HomeKit のお伴: 中心となる概念 | 大草原の HomeKit のお伴: Accessory と Room を設定する | 大草原の HomeKit のお伴: Accessory をコントロール | 大草原の HomeKit のお伴: あなたの家を自動化する | 大草原の HomeKit のお伴: 他の "Home" アプリで微調整する | Philips Hue 照明をハリケーンや竜巻警報に使う | 大草原の HomeKit のお伴: スマートコンセント2つ | 大草原の HomeKit のお伴: Elgato の Eve Room

おそらく最もよく知られた HomeKit センサーは Elgato の Eve Room だろう。これは、室温、相対湿度、エアクオリティを監視する。見た目は小さな箱で、三個の AAA (単4) 電池で動作し、価格は $79.95 だ。

image

(もしも温度と湿度だけを監視したいならば、Elgato の新製品 Eve Degree が魅力的なディスプレイと履歴データも提供するので一見に値する。私はまだこれをテストしていない。)

Eve Room は小さくて電池で動作するので、邪魔にならず、部屋から部屋へと手軽に持ち運びできる。私の経験では電池は三ヵ月間くらい交換の必要なしに保つが、再充電可能な電池を使った方が良いかもしれない。

Apple の Home アプリは Eve Room を三つの別々の Accessory として表示する。室温、相対湿度、エアクオリティの三つだ。Home アプリは Eve Room の室温データを摂氏または華氏の温度で示し、湿度は空気中の水蒸気のパーセンテージで示し、エアクオリティについては Poor から Excellent までの間の口頭式評価(これについてはすぐ後で述べる)で示す。三つの Accessory のどれかを 3D Touch または長押ししてから Details をタップすれば詳しい情報が表示され、そこには Eve Room のバッテリー残量も示される。

image

Elgato は Eve Room のエアクオリティ評価の方法を説明した PDF 書類を出している。Eve Room は二酸化炭素濃度を探知し、いろいろの揮発性有機化合物、例えば家具から発生する気体、塗料の臭い、煙、といったものの ppm 単位での表示もする。口頭式評価の各段階はそれぞれ以下の通りだ:

実際の ppm 表示が欲しい場合は、Matthias Hochgatterer の Home アプリを使うとよい。これは私が記事“大草原の HomeKit のお伴: 他の "Home" アプリで微調整する”(2017 年 2 月 21 日) でレビューを書いた。

残念ながら、Apple の Home アプリは Eve Room の機能をフルに活用することはできず、それをするには Hochgatterer の Home アプリを買う必要がある。

iOS 用の Elgato Eve アプリならばもっと多くの情報を提供できる。フル機能の HomeKit コントロールアプリであることに加えて、例えば時間経過に応じたエアクオリティの変化のグラフも提供する。私は普段 Apple の Home アプリでたいていのことを済ませているが、Eve Room に依存する Automation をセットアップしたい場合には Eve アプリが必要となる。

image

あらかじめ警告しておくが、この記事には HomeKit 用語が次々と登場するので、先に進む前にシリーズの他の記事で用語の復習をして下さるよう願いたい。

Eve Room に Eve Energy を加える -- 私はもう数ヵ月間も Eve Room のレビュー用ユニットを持っていたが、初めのうちは現実的な利用法がなかった。ただ、可能性は見えていた。エアクオリティが指定した値を割り込むと、それを感知した HomeKit がスマートコンセントをオンに切り替えて空気清浄機を動かすようにすればよいのだ。

けれども、Eve Room を使おうという気になったのは、環境があまり良くない部屋がある家に引っ越してからであった。この部屋ではカビが発生するのを防ぐために除湿機を使う必要があるが、この除湿機が うるさい のだ。私たちはこの部屋でテレビを観るので、除湿機の騒音がとりわけ厄介だ。この除湿機はコンプレッサーの調整はできるが、連続的に回るファンの調整はできない。

こういう状況がまさに、例えば Elgato Eve Energy のようなスマートコンセント(2017 年 5 月 1 日の記事“大草原の HomeKit のお伴: スマートコンセント2つ”参照)を Eve Room に組み合わせて使うのに適している。さきほど書いたように Apple の Home アプリは Eve Room のデータを表示するのみで、そのデータに基づいてアクションを起こすことはできないので、私は Elgato の Eve アプリを使うことにした。

Eve 用の Scene を作成 -- Eve アプリの見た目は魅力的だが、どうすればこれを使って Automation が作成できるのかが一見して明らかではない。このアプリは Automation のことを "rule" と呼ぶ。まず第一に、Eve の rule は HomeKit の Scene (これが一連のアクションを一つのセットにまとめる) でしか働かないことに注意しよう。だから、どんなアクションを使いたい場合にも、まず Scene を作成しておかなければならない。手順は次の通りだ:

  1. Scenes タブに行き、Edit をタップし、Add Scene をタップする。

  2. その Scene の中で、Add Actions をタップし、コントロールしようと思う Accessory を有効にする。部屋によって、あるいは Accessory のタイプによって Accessory をフィルター付けできる。

  3. その Accessory でのアクションを選ぶ。スマートコンセント Eve Energy の場合、On か Off かの選択しかない。

  4. Done をタップしてから、Next をタップし、その Scene に名前を付けて、アイコンを選ぶ。

image

私は Scene を二つ作った。Dehumidifier Off と、Dehumidifier On だ。いずれも、私が Dehumidifier (除湿機) と名付けたわが家のテレビ部屋で、スマートコンセント Eve Energy に作用する。

思い出して頂きたいが、Apple の Home アプリで Scene を作成することもできる。(2017 年 1 月 16 日の記事“大草原の HomeKit のお伴: Accessory をコントロール”参照。)このアプリも、Eve アプリと同じ HomeKit データで動作するからだ。普段は Home アプリを使い、rule の作成をしようという時にのみ Eve アプリを開くようにすればよい。では、Eve アプリで rule を作成する手順に移ろう。

Eve の中に Rule を作る -- Scene が作れたら、Scenes タブから、Rules サブタブをタップする。ここには既存の rule が (もしあれば) 並び、新規の ruleを作成することもできる。

ここからは、特にプログラマーでない者にとって、ものごとが少々ややこしくなる。アプリが説明を表示する通り、一つの rule には少なくとも一つのトリガーと、そのトリガーが呼び出す一つの Scene が必要だ。また、そのトリガーに条件を付加することもできる (おそらくそうすべきだ)。何を言っているのか分からない方のために、一つ具体例を挙げておこう:

  1. Add Rule をタップして、説明画面を通り抜けたら、Trigger 画面が開く。

  2. Value Trigger と Location Trigger のどちらかを選ぶ。私の場合は部屋の湿度に応じて除湿機をコントロールしたいので Value Trigger を選んだ。

  3. Value Trigger 画面で、トリガーに使う Accessory を、部屋またはタイプにより選ぶ。さきほど書いたように Eve Room は三つの Accessory として扱われるので、私は Humidity (湿度) を選んだ。

  4. Humidity 画面で、Eve Room のスイッチをオンに切り替え、Specific を選んだ。条件を設定するには、湿度のしきい値を選んで、トリガーが働く条件としてその値より大きい時、等しい時、小さい時のいずれかを選ぶ。

    image

  5. 次に開くのが Triggers 画面だ。上の方の、Triggers と書かれた下に、トリガーが表示される。右側の矢印をタップすればそのトリガーの内容を見たり編集したりできるが、そのまま Next をタップして Conditions ページに進もう。既に設定済みではあるが、湿度のしきい値をここで編集することもできる。

  6. Next をタップして Scenes ページに進む。ここで、Trigger が起こった場合に呼び出すべき Scene を選ぶ。最後にこの rule に名前を付ける。

    image

既存の rule を見るには、Scenes タブに行き、それから Rules サブタブに行く。そこで rule の一つをタップすればその詳細が見られる。

それをする際に、少し当惑してしまうかもしれない。例えば私の "Humidity Below 50 Percent" という rule の場合、トリガーは Humidity で、条件は Humidity の数値が 50 パーセント未満、Scene は Dehumidifier Off と設定されている。これを分かりやすい言葉で言い直せば、この設定により湿度の数値が変わる度にこの rule が呼び出され、もしも Eve Room が探知した湿度が 50 パーセント未満ならば、除湿機を止めるということだ。

image

複数個の条件を設定したい場合はどうか? Eve はそれもできる。条件をどれでもタップすれば、別の Value または Time の条件を追加できる。これはなかなか便利で、あとでまた触れる。

image

ここで一つ、HomeKit の奇妙な点がある。Apple の Home アプリではこれらの rule の作成はできないが、Automation タブから rule を見ることはでき、その上そこで rule の有効・無効を切り替えることもできる。さらには有効となっている Scene や Accessory を調整することさえできるのだが、それは設定のうち一部に限られる。その理由は、Apple の Home アプリは HomeKit データを読み取ってはいるのだが、そのすべてとやり取りできる訳ではないからだ。要するに、Apple の Home アプリは、Apple 自身が作った HomeKit フレームワークにできることすべてに対応している訳ではない。

最適な Rule を見つけ出す -- Eve アプリで rule を作成するのはそれほど難しいことではないが、難しいのはどのような rule にすべきかを見極めるところだ。このシリーズ記事の中で何度も触れてきたように、ホームオートメーションで難しい点は、意味のあるオートメーションを実現するにはどのように設定すべきかを考え抜く部分にある。

私が最初に思い付いたのは、湿度が 60 パーセントになれば除湿機をオンにして、50 パーセントまで落ちればオフにするという設定だった。けれどもそれは無慈悲な女王のごとき設定であることが分かった。テレビを観ている最中に除湿機が動き出しても、止めることができないからだ! いや、一時的には止められるけれども、湿度が変わればまた動き出してしまう。

余談だが、家庭内でどの程度の湿度が健康的かという点についてはいろいろと議論がある。EPA (米国環境保護庁) は 30 から 50 パーセントを推奨するが、多くの専門家たちは 50 パーセント前後を推奨した上でカビの成長を防ぐために 70 パーセントは超えないようにと言っている。私が鼻の中が乾燥する症状がある上に除湿機の水を抜く作業にうんざりしているので、50 から 60 パーセントの間に設定することにした。

さて、やり方をいろいろと再検討した結果、二つの rule を使う方法に落ち着いた。一つ目の rule は相対湿度が 50 パーセント未満であれば除湿機を止め、二つ目の rule は湿度が 60 パーセントを超えれば除湿機を動かすけれども、ただし時刻が 6 PM 以前である場合に限る、というものだ。こうすれば、私たちがテレビを観ている間に除湿機が動き出すことはない。

テレビを観終わった後に除湿機が働くようにするため、私はもう一つ rule を作って、湿度の値にかかわらず 3 AM に除湿機を動かすようにした。その時刻には誰もテレビを観ていないからだ。

Eve アプリで rule に時刻の条件を設定するのはちょっと奇妙な具合だ。それをするには Scenes > Timers を使う。時刻設定のある Automation の作成は、Home アプリのやり方の方が私は好きだ。この点は記事“大草原の HomeKit のお伴: あなたの家を自動化する”(2017 年 2 月 10 日) で説明しておいた。

これらの rule にはもっと細かな調整を加えることもできるだろうが、それはもっと時間をかけて、新しいわが家にもっと慣れるに応じて解決して行こうと思っている。それに、もっとずっと良い新たな方法が見つかるかもしれない。例えば、動作感知装置の Eve Motion を組み合わせて使うことで、部屋に誰もいない間は除湿機を動かしておくこともできるかもしれない。でも、それはまた今後のお楽しみだ。

いずれにしても、実験することを恐れてはならない! オートメーションの微調整をすること自体、楽しみの一部分なのだし、ローマは一日にして成らずと言うではないか。ただ、あなたやあなたの家族が扱い切れないほど多数のものを作らないように気を付けておきさえすれば大丈夫だ。

Eve Room と Eve Energy で自宅を自動化する -- Eve Room と Eve Energy のお陰で、私たちのテレビ部屋は湿度が 50 から 60 パーセントの間に保たれ、カビの発生が抑えられるとともに、いつもテレビを観ている時間帯に除湿機の騒音に悩まされることがなくなった。いつもと違う時間にテレビを観ていて除湿機が動き出せば、ソファに座ったまま iPhone を使って簡単に止めることができる。

Eve アプリを使えば、Eve Room を Eve Energy のようなスマートコンセントと組み合わせてさまざまなことができる。扇風機やヒーター、空気清浄機などをコントロールするようにすれば、生活環境を改善できるだけでなく、電気代の節約にもなるだろう。

コメントリンク17290 この記事について | Tweet リンク17290


Apple、自律運転システムに注力

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

これは予想外であった。これまで一度も説明されたことのない Apple の自動車に関する計画について触れた Bloomberg Technology のインタビュー(説明の全容を見るためには、7:55 から見始めること) の中で、Apple の CEOである Tim Cook は、次のように述べた

「そこには、大きな断絶があることがぼんやり見えている。自動運転車だけでなく、電化という要素にとっても。もし、あなたが電気自動車を運転したことがあるなら、それは素晴らしい体験だ。そして、ガソリンスタンドで停まる必要がないというのは、素晴らしい体験だ。さらに、これに加えて、ライド・シェアリングもある。したがって、一般的に、同じ時間の枠の中で、三つの変化のベクトルが起こりつつあるということだ。」

「私たちは、自律システムに注力している。明らかに、自律システムの一つの目的は、自動運転車だ。他にもある。私たちは、これが、あらゆる AIプロジェクトの母体だと見ている。私たちは、実は、自分たちが将来何をするかという製品の観点から述べているわけではない。だが、私たちは、率直に、これがコア技術であると思っているし、このコア技術は非常に重要であると私たちは見ている。」

将来の方向性について、これほど率直なのは Apple らしくない。

Apple がこれまで歩んできた道 -- 当初、Apple は、同社独自の車を作ることを計画し、この計画は、2014 年にスタートした。これを受けて、同社は、Project Titan というコードネームで呼ばれたプロジェクトに取り組むため、1,000 人を超えるエンジニアを採用した。

だが、2016 年までに、Project Titan は、激しく揺れ動いたと噂されている。そして、Apple は、チームを率いるために、Bob Mansfield を迎い入れた。以前、Mansfield は、Mac Hardware Engineering の Senior VicePresident として働いており、つかの間のリタイアを経て、Technologies部門の Senior Vice President として復帰し、9 ヶ月間働いた後、「CEOTim Cook の下で、特別なプロジェクトに取り組むため」に、その地位を離れていた。

報じられるところによれば、Mansfield は、Project Titan から、何百人ものエンジニアを削減し、Apple が注力すべき焦点を、同社独自の車を作ることから、自律運転システムを作ることに変更した。2017 年 4 月に、Apple は、California Department of Motor Vehicles から、3 台の自動運転 SUV をテストするための認可を受けた

Apple が 2014 年に作られた Project Titan よりも前に、自動運転車に取り組んでいたと仮定したとしても、依然として、Apple は、Google の Waymo に、遅れを取っている可能性が大きい。Waymo は、2009 年に立ち上げられ、Phoenix で、自動運転車のための早期試乗プログラムを開始した。そして、車を呼び止めて拾うサービスの Lyft と提携している

Lyft の競合である Uber も、この分野にかなり注力してきた。Pittsburgh でPittsburgh で自動運転の乗車を提供し、自動運転のスタートアップである Otto を買収している。この買収は、Waymo との訴訟につながった。と言うのは、Otto の共同創始者である Anthony Levandowski は、Google の自動車チームの創始も手伝っていたからだ。今では、Uber は Levandowski を解雇しているが、訴訟は継続している。

(自動運転車に関する私のお気に入りの情報源は、Brad Templeton だ。彼は、Usenet のニュースグループ rec.humor.funny を作り、ClariNet (これは、Internet に基づく最初のビジネスだ) を創始した。そして、ElectronicFrontier Foundation の Chairman として働いていた。)

将来を占う -- Tim Cook は、今なぜ、Apple の方向性を明らかにすることを選んだのだろうか? そして、Apple ユーザーとしての私たちにとって、それは何を意味するのであろうか? 私は、Cook のお告げは、魅力的であると同時に、混乱を招くものでもあることが分かった。

会社として、Apple は、製品を人々の手の中に送り届けることが全てだ。そう考えると、Apple が自律システムに注力しているという Cook の発言は驚きだ。Apple が自社製品を他社の製品に埋め込んでいる数少ない状況(CarPlay が最も明らかだ) において、Apple は、大きな成功を収めてはいない。読者の方は、CarPlay を主要なセールスポイントとして宣伝している自動車会社を目にしたことはないし、いずれにせよ、私たちのテストにおいて、これはあまりうまく動作しなかった。("CarPlay による iPhone/自動車統合、限定的で誤作動もある" 2016 年 1 月 18 日参照) Apple が、自律運転技術を BMW や Ford のような会社に売って、幸せになるところを想像するのは難しい。

もしかしたら、自律システム技術は、Apple の自前の車に至る途上の、一つのステップにすぎないのかもしれない。Apple は、仮に欲しいと思えば、ほぼどんな自動車メーカーであろうと、買収するだけのお金を持っている。だが、そんなことをしたら、同社にとって巨大な転換となるであろうし、合併した企業内で、大規模な文化衝突がおそらく引き起こされることになるだろう。さらに、そうした買収をしたなら、Apple は、自分が何も知らないビジネスに参入して行くことになるであろう。

Apple ブランドの車を作ることを視野に入れて、Apple が、海外の現金のうち、いくらかを、Nissan や Hyundai のような、もう少し規模の小さい自動車メーカーの一つに対する投資に使うというのは、もっとありそうなことだと思われる。Apple ブランドの車は、自動車会社の専門知識を車の製造に活用するものの、ある程度の工業デザインと内部システム制御はApple に委ねるであろう。

こうした協業は、市場の寵児である Tesla との間で起こる可能性さえある。同社の株価は最近急上昇し、時価総額で世界第 4 位に Tesla を押し上げた。すなわち、Toyota、Daimler AG、そして、Volkswagen AG に次ぐが、BMW、GM、そして Ford よりは上位にあるということだ。Tesla は、2016 年に、76,000 台の車を出荷して、売り上げ 70 億ドルで、8 億ドルの損失を出したという事実にも関わらずである。これに比べて、GM は、1,000 万台の車を販売し、売り上げ 1,644 億ドルと、利益 94 億ドルを得た。もちろん、株価は、将来の潜在能力が全てだ。だが、それにしても...

なぜ Cook が、今が Apple の一般的な方向性を明らかにする時だと感じたのかということに関する私の最良の推測は、彼が、世界に対して、Apple のもっと大きな野心に気付いて欲しいと思っているということだ。これは、純粋に感覚に関わるもので、もしかしたら、Apple が、Waymo や Uber のような会社と並んで言及されることを確実にするということもあるかもしれない。これは、時期尚早の発表を用いる昔のコンピュータ業界のテクニックの今日的バージョンであり、結果として、FUD、すなわち、恐れ (fear)、不確実性 (uncertainty)、そして、疑い (doubt) が生じるのだと考えていただきたい。

とは言え、Apple が近い将来、何らかの重要な自動車関連製品を発表すると想像するのは困難だ。そして、そうであってもかまわない。ある意味で、自動車分野は急速に動いているが、この世界が自動車とどのように関わるかについて転換が起こるには、何十年もかかるであろう。Cook が述べたように、車の電動化が未来だ。つまり、私たちは完全に電気で動く Nissan Leafを所有するということだ。そして、私たちがこれまで所有してきたガソリンを燃やすいかなる自動車よりも、Nissan Leaf は、運転するのがずっと楽しい。また、Nissan Leaf は、もっとずっと経済的で、環境に優しい。なぜなら、私たちは、自分自身の太陽電池パネルからパワーを得るからだ。

Brad Templeton は、論点を明確にして、自動運転車の利点は、結局のところ、個人的な車の所有を過去の物にする点にあるかもしれないと言っている。どこでも行きたいところに連れて行ってくれるロボタクシーを呼ぶのに iPhone アプリを使うことができる時に、90% もの時間、使用されずにいる車に、なぜ、数万ドルも支払うのか? こうしたことが起きたなら、個人に対する車の販売には、急激な低下が起こるであろうし、多くの自動車メーカーの終わりを意味することになるかもしれない。また、もちろん、そうしたことが起これば、Uber や Lyft における難題から、人間のドライバーというコストがなくなることになるであろう。これが、両社がこの技術に、これほどまで関心を抱いている理由でもある。

したがって、Apple は、もしかしたら意図的にゆっくりと動いているのかもしれない。と言うのは、自前の電動自動運転車の製造における巨大な投資をApple が回収できるようになる前に、Cook の三つの変化のベクトルは組み合わさって、自動車業界全体の様相を変えてしまうかもしれないからだ。だが、気持ちとしては、私は依然として Apple Car が欲しいし、たとえ、Apple が、私に、長期評価用の一台を提供してくれないとしても、少なくとも、それは、必要経費となるであろう。

コメントリンク17298 この記事について | Tweet リンク17298


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 6 月 19 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Tinderbox 7.1 -- Eastgate Systems が Tinderbox 7.1 をリリースして、DEVONthink からスタイル付きテキストを読み込めるようにした (DEVONthink Pro Office 2.9.11 またはそれ以降が必要)。このノート取りアシスタントはパフォーマンスを改善し、テキスト枠を完全に折り畳めるようにし、XY プロットのスケーリングを改良してグラフの右端に沿って正しく点を描画できるようにし、Quicklinks で複数文字のキューへの対応を追加し、属性ブラウザのカラムにある URL ボタンが対応するリンクを開けなかったバグを修正している。(新規購入 $249、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、アップグレード $98、30.4 MB、10.10+)

Tinderbox 7.1 へのコメントリンク: about Tinderbox 7.1.

Microsoft Office 2016 15.35 と Office 2011 14.7.5 -- Microsoft が、Office 2016 アプリケーションスイートのバージョン 15.35 を出して、電子メールのテンプレートを Outlook で作成できる機能を追加した。この電子メールクライアントでは開封確認や配信通知が要求できるようになり、Exchange や Gmail のアカウントを追加する際のセットアップの手順が改善された。

この Office 2016 も、また Office 2011 のバージョン 14.7.5 もセキュリティのアップデートを受け、Microsoft Office がメモり内のファイルを扱うやり方を修正することにより遠隔コード実行の脆弱性 (CVE-2017-8509 および CVE-2017-8511) を解消している。(一回限りの購入ならば $149.99、Microsoft AutoUpdate 経由で無料アップデート、リリースノート、10.10+)

Microsoft Office 2016 15.35 と Office 2011 14.7.5 へのコメントリンク:

OmniFocus 2.10 -- The Omni Group が OmniFocus 2.10 をリリースして、Projects サイドバーに Inbox を表示するオプションを Organization 環境設定枠に追加するとともに、iOS 版と同じく URL の /add および /paste への対応 (さらには /inbox, /projects, /forecast のようなナビゲーションリンク) に対応した。このタスク管理アプリはまた、Google Chrome 用の内蔵クリッピングハンドラを改訂して "Google Chrome" という名前のアプリケーションが複数個ある状況(例えば Parallels Desktop を走らせている場合など)での問題を修正し、プロジェクトの中で inbox 項目やトップレベルのタスクをアウトデント表示する挙動を一貫したものにし、Finder が作成したキーチェーン項目を OmniFocus が使った場合に暗号化パスフレーズが空白文字列にセットされてしまうことのあったバグを解消している。(Omni Group ウェブサイトでの新規購入は Standard 版が $39.99、Pro 版が $79.99、Mac App Store では Standard 版が $39.99、アプリ内購入で Pro 版にアップグレード可能、30.6 MB、リリースノート、10.10+)

OmniFocus 2.10 へのコメントリンク:

BBEdit 11.6.7 -- Bare Bones Software が BBEdit 11.6.7 をリリースして、少数のバグを修正した。Perl のシンタックスカラーリング用スキャナがバックスラッシュによる参照で混乱してしまったバグと、Text Options ダイアログボックスが Soft Wrap Text 用の文字幅の変更を受け入れなかったバグが修正された。今回のアップデートではまた、二件のクラッシュが解消された。マルチファイルの Differences 結果ウィンドウを閉じた際のクラッシュと、マルチファイル Differences でファイルとファイルを急速に何度も切り替えた際のクラッシュだ。

さらに、プレリリース版の macOS 10.13 High Sierra (2017 年 6 月 5 日の記事“macOS 10.13 High Sierra にトリップする”参照) を走らせている場合、この古参のテキストエディタはもはや内蔵の Consolas for BBEdit フォントを使おうとしない。オペレーティングシステムがフォントのロードを拒否するからだ。($49.99、無料アップデート、14.0 MB、リリースノート、10.9.5+)

BBEdit 11.6.7 へのコメントリンク:

PopChar X 8.0 -- 登場してから三十年 (!) が経ち、Ergonis Software が PopChar X 8.0 をリリースした。この文字発見ユーティリティへのメジャーなアップデートで、カスタムレイアウトを作成してフォントを好きなレイアウトにリンクする (例えば Apple Color Emoji フォントを新たに内蔵された Emoji レイアウトにリンクする) ことができるようになった。PopChar X 8.0 では、フォントの中で利用できる合字を検索して表示し、最近使った文字を文字表の一番上にある専用グループに表示し、PopChar About ウィンドウに現在インストールされているフォントとフォントファミリーの個数を表示し、絵文字シーケンスの「ゼロ幅接合子」の肌色変種に対応し、一部の文字が Favorites グループから削除できなかったバグを修正している。

PopChar X 8.0 は、2016 年 9 月 1 日またはそれ以後に PopChar X 7 のライセンスを購入した人には無料アップグレードで、もっと古いライセンスを持っている人にも各種アップグレード価格がある。(Ergonis ウェブサイトでライセンスキーを入力すればアップグレード価格が分かる。)(新規購入 29.99 ユーロ、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、無料アップデート、5.0 MB、リリースノート、10.6+)

PopChar X 8.0 へのコメントリンク:

Mac 用 Pages 6.2, Numbers 4.2, Keynote 7.2 -- Apple が Mac 用の三つの iWork アプリへのアップデートをリリースした。Pages 6.2Numbers 4.2Keynote 7.2 だ。いずれのアプリもコメントへの返信機能を装備し、スレッドの中の個々の人がそれぞれ別の色を割り当てられて誰が書いたか分かるようにしている。また、いずれのアプリもプロの手で書かれた 500 個以上の図形がオブジェクト、自然、交通、アートその他のカテゴリーに分けて用意されたライブラリを備えている。さらに、これら三つの iWork アプリそれぞれが新しい Auto-Correction 枠の中でテキスト置換をセットアップでき、ヘブライ語やアラビア語への対応を拡張し、Stock と Currency 関数を改良して前日終値を返せるようにした。

Pages はテキストボックスのリンク付け機能を復活させ (バージョン 5.0 リリース以来この機能が消えていた、Michael Cohen が Take Control Blog で触れている)、また書類を固定レイアウトの EPUB ブックに書き出す機能にも対応してデスクトップ出版のパワーを増した。Numbers は共同作業のスプレッドシートにプレビュー印刷機能への対応を追加した。Keynote は新しいパンとズームのオプションでどこにでも簡単にスクロールでき、また Light Table 表示でスライドの表示中に発表者ノートを編集できるようにしている。Apple は iOS 版の 、PagesNumbersKeynote もそれぞれバージョン 3.2 にアップデートして Mac 版と同じ追加機能や改善を加えている。(すべて無料、Pages 237 MB、Numbers 237 MB、Keynote 474 MB、三つのいずれも 10.12+ 必要)

Mac 用 Pages 6.2, Numbers 4.2, Keynote 7.2 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2017 年 6 月 19 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple Music に従来より安価な年間購読が導入され、Ars Technica が macOS 10.13 High Sierra の基盤を調べ、Jeff Bezos が Whole Foods で誰も太刀打ちできないほど高額の買い物をした。

Apple Music に $99 の年間購読オプションを追加 -- Apple Music の個人購読は月額 $9.99 (年間に換算すれば $119.88) だが、Apple が新しく出した $99 の年間購読ならば 20 パーセントほど節約できる。人によっては、毎月クレジットカードに課金されなくなることでさらに得になることもあるだろう。Apple はこの新しいオプションを少々見つけにくい形で提供しているが、見つける方法を 9to5Mac が説明している。残念ながら、Apple はまだファミリープランや学生プランには年間購読オプションを設けていない。

コメントリンク: 17301

High Sierra の内部では -- 改良を主としたアップデートの macOS 10.13 High Sierra は、見た目は 10.12 Sierra とそれほど大きく変わらないものの、表面下ではたくさんのことが変わる。Ars Technica の Andrew Cunningham が、High Sierra で登場する基礎部分の改良に詳しく切り込み、APFS ファイルシステム、HEVC ビデオと HEIF 画像の各フォーマット、Metal 2 グラフィックス API について調べる。大多数のユーザーはこれらのテクノロジーが使われていることすら気付かないかもしれないが、これらのお陰で Mac が以前より高速でより効率的に働くようになるはずだ。

コメントリンク: 17300

Amazon、137 億ドルで Whole Foods を買収 -- Amazon が高級志向の食料雑貨店チェーン Whole Foods を 137 億ドルという目を見張るような価格で買収すると発表して、金融界とテクノロジー界に衝撃を与えた。Amazon がレジのないコンビニエンス・ストア自動化をテストしていることは既に知られていたが、この会社はもっと大きな野心を持っていたとみえる。どうやら、Amazon の Whole Foods 買収は同社の持つ 431ヵ所の優秀な小売配送センターにアクセスを得るためという意味もあるらしい。インターネット上には Jeff Bezos が Amazon Echo と会話していたところ言葉が混乱して意図せず Whole Foods を買ってしまったのだが、まあそれも良かろうということで乗ったのだという冗談が行き交っている。

コメントリンク: 17299


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2017 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

日本語版最終更新: 2017年 06月 23日 金曜日 , S. HOSOKAWA