TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1375/03-Jul-2017

Mac アプリ購読サービス Setapp が発足して5ヵ月が過ぎた。そこで Adam Engst が Setapp の現状と、開発者たちに現金収入をもたらしているかどうかを調べる。お金の話が続くが、Mike Matthews が「iPhone は財布の代わりになるか?」という疑問を探る。Glenn Fleishman は Apple のオペレーティングシステムに登場予定の新しい画像フォーマット HEVC と HEIF について詳しく調べ、これらのお陰でビデオのストリーミングと画像のストレージに非常に大きな変化が起きると説明する。それから、Jamf を再び TidBITS スポンサーとして迎えることができて嬉しい! 今週注目すべきソフトウェアリリースは Transmit 4.4.13、Moneydance 2017.3、それに MoneyWiz 2.6 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Jamf Now が TidBITS スポンサーに

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私たちの最新の TidBITS 長期スポンサーとして Jamf Now を心から歓迎したい。以前は Bushel と呼ばれていた Jamf Now は、仕事場の Apple デバイスのためのクラウドベースのモバイルデバイス管理 (MDM) ソリューションだ。

MDM とは何か? 簡単に言えば、iPhone や iPad や Mac の標準的なセットアップとメンテナンスの作業を自動化して、会社が新しいデバイスを購入する際にも電子メールの設定やアプリの配布、必要なセキュリティ設定などを手作業でせずに済むようにすることだ。

小規模ないし中規模の組織であって、手作業による設定からは脱却したけれどもまだ MDM 用に大企業レベルの Jamf Pro を使うほどでもない、というところを念頭に置いて Jamf Now はデザインされている。主たる違いは機能と価格で、Jamf Now は Jamf Pro の核心機能の一部しか装備していない一方、価格は 1 デバイスあたり月額 $2 というずっと手頃なものだ。また、最大 3 台のデバイスまでならば Jamf Now を無料で試用できる。

二年ほど前に Julio Ojeda-Zapata が記事“ITbits: Bushel が小さな会社の Apple デバイス管理を援助”(2015 年 3 月 31 日) で、当時 Bushel と呼ばれていた Jamf Now をレビューした。その記事での彼の結論は:「これはシンプルで、理解しやすく、安価だ。それこそ、パートタイムの IT 管理者が自分の他の仕事に戻れることを意味する、絶妙の組み合わせではないか。」

だからこそ、Jamf Now が今回 TidBITS スポンサーとして復帰してくれたことが私にはとても嬉しい。今の時代にはソーシャルメディアとかチャットアプリとかゲームとかの話がたくさん行き交うけれども、私はやはり生産的な仕事に Apple デバイスを使う人たちのために TidBITS が助けになればと思っている。もしも Julio の記事に登場した仮想の IT 管理者が記事を読んで、Jamf Now のお陰ですべてのデバイス管理を年間 $25 以下で合理化できたと上司に報告することができたなら、私としてはそれに優る喜びはない。

TidBITS と、Apple コミュニティーへの貢献に対し、Jamf に感謝の気持ちを捧げたい!

コメントリンク17322 この記事について | Tweet リンク17322


5 ヶ月目の Setapp: ユーザー 10,000 人で、アプリを見つけるのが容易に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

2017 年の初頭、私は Setapp について書いた。これは、興味をそそる購読サービスで、月額 9.99 ドルの料金で、注意深く集められた数多くの Macアプリへのアクセスが提供される。("Setapp、一つの月額料金で数多くの Mac アプリを提供" 2017 年 1 月 25 日参照) Netflix がビデオで、Apple Music が歌でやっているのとちょうど同じように、Setapp の売り文句は、月 9.99 ドル (年間 120 ドル) は、アプリを個別に買って、アップグレードするのに支払う額よりも安いであろうということだ。

Setapp に関する数字 -- Setapp の初年度もほぼ半ばとなって、Setappがどうなっているかを見てみる時だ。最も顕著なのは、会員が利用可能なアプリの数が、60 から 77 (69 の開発者から) に増えたということだ。そして、品質を犠牲にしたり、ほとんど同じようなアプリを数多く提供したりすることなく、ユーザーにもっと多くの機能性を提供している。もちろん、誰だってこうしたアプリを全て買うことはないであろうが、仮にそうするとしたら、その価格は 2,437 ドルになる。

MacPaw の Julia Petryk は、Setapp には、10,000 人の有料会員がいて、さらに、30 日間の無料お試し状態で使っている 200,000 人がいること、そして、こうしたユーザー数は、友人に登録を促すことで拡大が可能だと、私に語っている。もちろん、これらのユーザー数は、Apple に肩を並べる数字ではないが、ほんの数ヶ月にしては、かなりのものだ。

私は、Setapp に参画している二, 三の開発者に、聞き取り調査を行なった。全ての開発者が Setapp の将来性について楽観的であったが、Setapp は、いずれの開発者の利益に対しても、まだ、それほど貢献していない。Econ Technologies の Joe Japes は、ChronoSync Express を Setapp に含めたことによる利益の増加は、1% 未満であると見積った。Hog Bay Software の Jesse Grosjean は、TaskPaper を Setapp に加えたことは、「良かったが、比較的小さな売り上げアップ」であった (月々の売り上げの 5% アップをもたらした) と私に語った。

プラスの側面について、Grosjean は、Setapp からの収入は伸びていると言った。そして、Japes は、「私たちにとって重要なことは、Setapp の将来性だ」と述べた。Dejal Systems の David Sinclair は、Setapp には非常に満足しており、Setapp は、「新しい Dejal Simon のユーザーのかなりの部分を占める」と述べた。彼はまた、「Simon は、99 ドルで、高級なアプリであり、したがって、これだけのために、安価な購読という選択肢を提供することは、Simon のユーザーにとって大いに意味があり、さらに、彼らユーザーは、ボーナスとして、その他全てのアプリを手に入れることになる。」と指摘した。

Sinclair は、さらに詳しく述べてくれた。「Setapp が始まって以来、私は、以前よりも多くの収入を得ていると感じている。中には、Simon を Setapp で入手する代わりに、直接購入した人もいたかもしれないが、以前よりももっと多くの人が Setapp で、Simon を見付けている。私は、何人かの人に、Setappで Simon を見つけてはもらうものの、Setapp を継続する代わりに、Simon を直接購入することを選んでもらうようにしてきた。けれども、多くの人は、講読の方を好むようだ。両方の選択肢があることは良いことだ。私は、直接販売して数年ごとに有料のアップグレードを行うのと、Setapp の講読とを比べると、いずれ、収入は、ほぼ同じになるはずだと思う。」

Setapp とアプリを見付けること -- Setapp が当初直面した最大の問題(単に、新しいコンセプトであるということは別にして) は、アプリを見つけるという問題だった。初めは 60 のアプリで、今は、77 となり、個々の問題を解決するのに、どのアプリを使えばいいのか、いったいどうやって見当が付けられるのだろうか? 私の紹介記事では、Setapp のWeb サイト上でリストに挙げられているアプリを、通しでブラウジングする方が、Finder で、各アプリを順番に開くよりも容易だと述べた。もはや、そうではない。

この問題における MacPaw の最初の改善は、数ヶ月前にやって来た。そして、Setapp は、カタログのようなインターフェースを得て、全てのアプリをカテゴリー別に分けて、既にインストールしたことがあるアプリは別にまとめた。それぞれのアプリに、簡潔な概要と詳しい説明が付けられ、スクリーンショットも付けられた。

これは良い手段ではあったが、適切なアプリを見出すには、依然として努力が必要であった。そこで、MacPaw は、最初の段階に戻ってやり直し、お勧めシステムを開発した。これは、今、ユーザーに対して、本格展開中である。このシステムでは、アプリのカテゴリーの上に、My Dashboard という入口が提供されている。そして、そこで、あなたが試してみたいと思うようなアプリが勧められる。このお勧めシステムのエンジンは、あなたが使ったことがあるSetapp のアプリを、他の Setapp ユーザーが使ったアプリと比較することによって、また、あなたが既に使ったアプリと同様のアプリを見つけ出すことによって機能する。たとえ、このシステムが、Setapp の生態系内のデータしか見ないとしても、システムが最初に私に示した 4 つのアプリは、いい推測だった。

image

また、My Dashboard の画面には、新しくやってきたアプリとアップデートがある。これは、Setapp のコレクションが、徐々に、どのように拡大しているか、そして、改良されているかについて、気付くのを助けてくれる。

ユーザーと開発者にとっての Setapp -- Setapp は、ユーザーにとって意味があるだろうか? たとえ、そのアプリの多くを日常的にルーチンで使用しないとしても、Setapp は、多くのアプリを試しに使ってみる非常に良い方法だ。実際、Setapp の価値の多くは、ごくたまにしか使う必要はなく、従って買うつもりはないアプリにあると、私は言いたい。MacPaw のJulia Petryk は、Setapp の平均的なユーザーは、10 ないし 12 のアプリをインストールしていると述べた。

例えば、私が年中使っている Setapp の唯一のアプリは、iStat Menus だ。なぜなら、私は、このメニュー・バー・パフォーマンス・グラフが好きだからだ。だが、私は、ファイルの重複を除去するために、Gemini を数回使ったことがあるし、ビデオのファイルを他のフォーマットに変換するためにPermute を使ったこともある。ある会議では、別の講演者の Keynote のプレゼンテーションに埋め込むことができるように、YouTube のクリップをダウンロードするのに Downie を使って、私は、彼の苦境を救った。iPhone から、SMS のテキスト・メッセージのやり取りや、ボイスメールを抽出することに関する読者の質問に答えるために、私は、iMazing を持ち出した。私は、SQLPro Studio も試したが、私が必要とするもののためには、オープン・ソースの phpMyAdmin が良いという結論になった。

Setapp の良いところは、選択が完全に自由だというところだ。なので、あなたが支払う 月 9.99 ドルが、充分な価値を提供していると感じるのであれば、Setapp を試していただきたい。そして、講読が好きでないのであれば、必要なアプリを個別に購入することにこだわれば良い。

もし、あなたが開発者であれば、あなたのアプリを Setapp に入れようとしてみるべきであろうか? これは、より難しい問題だ。Joe Japes が私に語ったように、Setapp への参画が、売り上げを共食いすることにならないことを確認するために、Setapp の利点と欠点とを天秤にかけなければいけない。Simon の場合のように高額なアプリにとっては、講読は、価格をユーザーが支払う気になるところまで引き下げるため、直接的な売り上げの喪失を埋め合わせるのに充分な新規ユーザーをもたらすかもしれない。そして、Setapp は、自分で技術を展開することなく、講読という選択肢を追加できる一つのやり方だ。

だが、MacPaw は、コレクションを選んでいるということを忘れないでいただきたい。David Sinclair は、「私は、他の開発者に、Setapp への参画を検討することを、是非ともお勧めしたいと思う。だが、MacPaw は、受け入れるアプリについて、非常に好みがうるさい。これは、ユーザーにとってはとても良いことだが、開発者にとっては苛立たしいかもしれない。」と述べた。

売り上げの伸びが同様に低い、他の Setapp の開発者は、MacPaw が、人の心をつかむアプリを Setapp に加えていくにつれて、ユーザーごとの支払いが、もっと多くの開発者に分配されざるを得ないであろうと、懸念を表明した。

よって、そうなると、緊張関係が生じることになる。ユーザーの視点からは、できるだけ多くのアプリを利用して、購読から最大の価値を引き出していることを確実にしたいと思う。しかし、Setapp に参画している各開発者にとっては、売り上げが、ごく少数の開発者の間で分配されるように、ユーザーが当の開発者のアプリを使用し、そして、他の開発者のアプリはできるだけ使わない方が好ましい。そして、MacPaw は中間にいて、より多くのアプリを加えることによって、ユーザーが認識する Setapp の価値を高めることと、売り上げを伸ばすことによって、開発者を幸せにし続けることの両者を望んでいる。

ビジネスモデル全体を見直すことは容易であろうとは、誰も言わなかった。

コメントリンク17315 この記事について | Tweet リンク17315


iPhone で財布は置き換えられるか?

  文: Mike Matthews: mamatthews@mac.com, @mamatthews
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

TV 番組 "Seinfeld" のファンなら George Costanza の詰め込み過ぎの財布を覚えておられるかもしれない。それは "オーガナイザー、秘書、そして友人" と呼ばれ、メモ、レシート、アメ玉、Sweet'N Low の袋、そして時には現金も詰め込まれていた。1990 年代には、小物用バッグ、或いは Jerry Seinfeld の言い方を借りれば "ヨーロッパ風旅行鞄" を携帯しなければ、財布は、いざという時に必要となるかもしれない George の アイルランドの紙幣の様な様々な物の収納庫となりがちであった。

iPhone の登場で、お尻のポケットの左右のバランスを取るために反対側のポケットに紙ナプキンを詰め込まなければならない程に膨れ上がった財布は必要なくなった。iPhone には、メモ、写真、そしてレシートすらも入れられる。そして、Apple は Apple Pay を使った更に大きな野望を持っている。

Apple Pay を主導する Apple VP Jennifer Bailey は、2016 年の Recode Code Commerce Series イベントで、"あなたが財布に入れる物全てを考えている" と言っていたが、恐らく Sweet'N Low の袋までは想像していなかったであろう。しかし、私も人工甘味料を持ち歩くために財布を使ったりはしないが、何処かで必要になるかもしれない種々雑多なカードを持ち歩く必要がなく時が来るのを待ち望んでいる。

でも、我々はその日にどれほど近づいているのであろうか?

Apple の Wallet アプリ (これは iOS 6 で Passbook として登場した;"Passbook の本当の価値はまだ先(恐らく)" 20 September 2012 参照) の登場前ですら、私は、全ての物を財布に入れて持ち歩くのは止めていた。止めたのは、ホテルのメンバーカード、航空会社のマイレージカード等である。

当時、私はホテルや航空会社のアカウント番号を一枚のカードにまとめて記しラミネートして持ち歩いていた。それはそれで役に立ったが、他にも残った物は山程あった。

何処に行くにも iPhone を持ち歩いている今、私の財布に残っているものは何か? 私のラミネートした自作カードは、パスワード管理アプリ、そしてホテルと航空会社に対する iPhone アプリに置き換わり、役目を終えた ("iOS の 5 つの旅行マネジメント・アプリを比較する" 11 April 2017 参照)。

それでも、残ったものは沢山あり、その中身はきっと皆さんのものと余り変わらないであろう。では、カテゴリ毎に、将来 iPhone アプリに置き換わる可能性はどの程度か見てみよう。

現金 -- 今日この頃 Apple はお金を印刷しているのではないかとすら思えるが、勿論、比喩的な意味ででしかないが。しかし、もしお金を持ち歩かずに、仮想的な支払い方法でほぼ何でも支払いたいと願うのであれば、やってやれない話ではなさそうに思える。

PayPal, Circle, Square Cash, そして Venmo と言ったアプリを使えば、物に対する支払いやお互いに送金し合うことも可能である - Glenn Fleishman はこれについて昨年 "Circle、Square、そして Venmo: 支払いアプリから iMessage 経由で支払い" (3 October 2016) で書いている。

最近のニュースでは、WWDC で Apple Pay に個人間の支払い機能を加えることで Apple 自身がこの支払いゲームに参入すると発表した。やり取りは iMessage アプリを通してなされ、数ヶ月後に出荷される iOS 11 で使える様になる Apple Pay キャッシュカードを使うことになる ("iOS 11、多くの細かな点で賢くなる" 5 June 2017 参照)。この変化は大きい、ひょっとすると George の財布よりも大きいかもしれない。機器にネイティブなアプリの執拗さを過小評価してはいけない。

クレジットカード -- Apple Pay には、もしあなたのクレジットカードの発給者が参加しており、そしてあなたが買い物をするのは大体大きなチェーン店だというのであれば、クレジットカードを家に置いておいても良いという可能性がある。加えて、店によっては、自らのアプリ経由で支払わせてくれるというのもある (Walmart Pay の様な - "Walmart Pay、想像以上に悪くない" 18 July 2016 参照)。

image

ボーナスとして、Apple Pay や同様のアプリは、財布を一杯にする紙のレシートを避ける手助けとなる。アプリの中に保存するか、或はメール経由で送ってくれる。

残念ながら、Apple Pay を受け入れる支払い端末を持たない小売業者もまだ沢山あり、クレジットカードは当分の間財布の中に入っている必要がある。しかし、私の経験だと、エンボスで盛り上がった数字の上の銀色のペイントはこれまでの様にすぐにすり減っては行かない。と言うのも、クレジットカードが私の財布から出る機会は大幅に減っているからである。

余談になるが、Apple Pay の様なデジタル財布技術の台頭で、単一複数アカウントカードの初期段階にあった市場は実質的には消滅してしまった。その様なカードは Coin, Plastc, そして Swyp と言った瀕死の或いは休眠会社によって提供されていた - これらのカードは、クレジットカード、デビットカード、ギフトカード、そしてその他のポイントカードとして使うことが出来た。

デビット/ATM カード -- Apple Pay は、多くのデビットと ATM カードを、クレジットカードと同じ様に、サポートしている。Apple Pay を使ってデビットカード支払いをするのは、概してクレジットカードで Apple Pay 経由で支払いをするのと同じ様に働くが、違いは、販売端末で PIN を入力しなければならないことである。

ATM で現金を引き出すのは少々話が異なる。多くの銀行はその ATM を更新して非接触のカードリーダーを搭載する様になっている。この様な ATM では、Wallet アプリに追加された ATM やデビットカードが使える。

ATM で Apple Pay を使う副次効果はセキュリティがより安全になることである。と言うのも、カードスキマー - 盗人が ATM カードデータを読み取るために一般的に使っている - は非接触のカードリーダーからはデータを盗めないからである。

ATM であなたのデビット/ATM カードを使うには、最初に Home ボタンを2回押して Apple Pay を呼び出す (これは Touch ID が認識しない指でやった方が良い)。また、Wallet アプリを開いて、デビット/ATM カードをタップすることでも出来る。次に、iPhone を非接触リーダーの印に近づけ、そして Home ボタンに認識する指を当てて Touch ID を始動する。もし Apple Watch を持っているならば、それも使える - 時計の横のボタンを2回押しして Apple Pay を呼び出す。最後に、ATM のキーパッドを使って PIN を入力する。

残念ながら、全ての ATM に非接触カードリーダーが付いているわけではない。付いているものでも、取引の種類によっては、例えば預け入れの様な、実物のカードを必要とするものがある。ATM がこれらの課題全てを解決する迄、私の ATM カードは財布の中に入っている必要がある。

交通パス -- あなたの住んでいる所が恵まれた所であれば、例えば New York City, London, 或いは日本の様な、公共交通機関に乗るのに Apple Pay を使える (Steve McCabe が "Apple Pay と共に世界一周" 13 May 2015 を書いて以来、物事は大きく変わった)。交通機関の支払いに対する Apple Pay サポートは、乗客の時間を節約する手助けとなる、とりわけ一つのサービスから他のへと乗り換える時には;乗客が改札を通る時間の短縮にも寄与出来る;交通機関側もある程度のコスト削減が期待出来る。

悲しいかな、Apple Pay をサポートする交通機関はあまりに少ない。例えば、Apple の地元である San Francisco Bay Area ですら、通勤客は1枚の Clipper Card で 20 を超える別個の交通機関の間を行き来出来るが、Apple Pay は使えない。このカードを Wallet アプリに収まる仮想カードで置き換えられたら素晴らしいと思うが、まだ現実はそこ迄行っていない。

ポイント/ギフト/会員 カード -- デパート、ドラッグストア、そしてレストランは、自分のアプリ、或いは Apple の Wallet に、ポイントを付与する価値を認識し始めている。中には Wallet アプリに特別クーポンを付与している所さえある。これにより、顧客は出かける時に忘れたくないものが1つ減り、そして衝動的に買ってしまう機会が増える。

StocardKey Ring の様なアプリは、あなたのポイントカードの類を一つのアプリに入れ、そして広告やセールの情報も提供してくれる機会を提供する。これらのアプリは、バーコード入りの会員カードも扱える場合がある。例えば、TidBITS 出版者 Adam Engst は彼の Tompkins County Public Library カードや他のものを Key Ring に追加することで、財布を軽くすることが出来た。

image

医療保険/緊急 ID -- 誰もがこの種の情報は身につけておくべきである。何故ならば、いつ何時、医学的な緊急事態 (例えば、バスとか) があなたを襲うかもしれないからである。痛っ!

幸いにして、大手のヘルスケア提供者はアプリを提供しており、多くの場合、そこにはアカウントの詳細や保険会員カードのオンスクリーン複製もが含まれている。あなたの保険提供者がその様なアプリを提供しているかどうかは、そこの Web サイトを調べてみて欲しい。

加えて、Apple の Health アプリには Medical ID があり、そこに自分の年齢、血液型、身長、体重、そして臓器提供意思、そして緊急時連絡先を入力することが出来る。

image

万が一事故にあった場合、緊急対応要員はこの情報に iPhone の Emergency 画面 (Passcode 画面上で Emergency をタップ) から、或いは Apple Watch の側面ボタンを押し続けることでアクセス出来る。

image

あなたの友人で iPhone や Apple Watch を使っている人には、この iPhone の Medical ID の話をしておくのを忘れないように。と言うのも、そこに有用な情報があり、そして人々がそれにアクセスする方法を知っていて初めてそれが役に立つからである。

政府 ID -- 自分の運転免許証を写真に撮り、それを iPhone にしまっておくことは出来るが、バーに入る時に、空港で TSA を通る時に、或いは警官に停車させられた時には、それでは殆ど役には立たない。

そうではあるが、Alabama は今やデジタル運転免許証を提供しており、かなりの他の米州でも - そして、他の国でも - その可能性が検討されている

しかしながら、パスポートや運転免許証を置き換えると言う考えには、セキュリティやプライバシーの懸念が付きまとっている。デジタル ID は、当面の間、従来のプラスチックや紙製の認証書に対する補完的なものとして提供されていくものと思われる。

例えば、Mobile Passport アプリは U.S. Customs and Border Protection によって認められているが、パスポートの必要性が無くなるわけではない;これは単に米国とカナダの国民に、その入国審査と関税申告の情報を iPhone や iPad 経由で提供し (紙の書式に記入する代わりに)、そして米国に入国する時に幾つかの空港や港では通常の行列をパイパスすることを可能にしている。

我々は、身元、プライバシー、そしてセキュリティにまつわるこれらのより大きな緊張状態を解決するのには程遠い所におり、当面は物理的な財布を携帯することに甘んじなければならないであろう。

現時点では、もしこれらのオプション全てを働かせることが出来れば、財布に入れるのは、少々の現金、運転免許証、クレジットカード1枚、ATM カード1枚、そして交通カード1枚にダウンサイズ出来るであろう。

これだけあれば、必要なものは全て揃う。勿論、アメ玉は別だが。

コメントリンク17318 この記事について | Tweet リンク17318


HEVC と HEIF でビデオと写真がもっと効率的に

  文: Glenn Fleishman: glenn@glennf.com, @glennf
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

略語が多過ぎて困った経験がまだない人のために、Apple が新たに二つ略語を追加した。HEVC (High Efficiency Video Coding) と HEIF (High Efficiency Image File Format - うむ、なぜだか知らないが F が一個足りない) だ。これら二つの新しいフォーマットは、Apple が今年後半にリリースする iOS 11 と macOS 10.13 High Sierra で使われる。

HEVC や HEIF なんて聞いたことがないという人たちのために言い添えると、これらはそれぞれ(前者はビデオ、後者は静止画像に関係する)一連の問題点を解決するための試みとして作られたものだ。多くの人々がますます高解像度、高画質の写真やビデオを撮影するようになってきているので、ストレージ容量やバンド幅が深刻な制約になりつつある。あらゆるものがより安くより高速になってきた今日でさえ、同期やストリーミングの際にストレージ容量の消費やバンド幅の要求が少なければ少ないに越したことはない。

現在の状況 -- 私たちのように以前からこの分野に結構出入りしている人なら、たくさんの画像フォーマットが登場しては消えて行ったのを目にしてきたことだろう。ある時には、Kodak が押し進めた FlashPix フォーマットが根付くかもしれないと私は思った。解像度の異なる複数個の画像を階層構造として一つのファイルに収めることで、高速の取り込みができるようになると思えたからだ。でも、そうはならなかった。

JPEG と GIF に並んで広範にサポートされ十分に定着した画像フォーマットとして 1990 年代以後に加わったものはたった一つ、 PNG (Portable Network Graphics) (Portable Network Graphics) のみだ。(長らく定着してきた TIFF フォーマットはウェブ上では使われていないが出版業界のワークフローの中で重要な位置を占めている。)

画像フォーマットをタイプで分ける際に最も重要な区別要因は、それがロスレス(可逆)かロッシー(非可逆)かだ。ロスレス なフォーマットはピクセルごとの詳細情報と色調を厳密に保持するが、その代償としてファイルサイズが大きくなる。ロスレスなフォーマットにおけるファイルの圧縮は、詳細情報を捨てずに余剰の情報のみを取り去ってストレージ量を減らす。これに対して ロッシー なフォーマットは画像内の領域ごとに詳細情報や色調を近似するアルゴリズムを使って働き、多くの場合ファイルサイズがずっと小さくなる。

現在人気あるフォーマットであらゆる必要を満たしているものは一つもない。JPEG はロッシーなので、普通の写真には最適だがスクリーンショットには使い物にならない。また、透明度を表現するための (GIF や PNG にある) アルファチャンネルが備わっていない。GIF はロスレスだが、制約の付いたカラーパレットに依存しているので、特定の種類の図画には最適だが写真の再現には向いていない。(カラーディスプレイの色深度が浅くバンド幅もごく限られていた時代には、制約付きのカラーパレットを使うことが重要な意味を持っていた。)一般的な JPEG や PNG の実装とは違って、GIF はアニメーションにも対応している。PNG にはロッシーなものもロスレスなものもあるが、特にスクリーンショットに適しており、当時は GIF を使用する際の足枷となっていた特許の妨げを回避する目的でデザインされたものだ。ウェブサイトのおよそ 74 パーセントが PNG と JPEG の両方を使っており、36 パーセントのサイトで今も GIF が使われている。PNG は GIF を駆逐することに成功しなかったが、かなりの程度に根付くことができた。

新しい HEIF は、PNG と JPEG と GIF それぞれの最も良いところを組み合わせようと試みつつ圧縮率を劇的に高め、さらには連続写真を保存したりといった新しい機能も追加する。

ビデオフォーマットの方はもっと困難な道を辿ってきた。それらの多くがより新しい特許に巻き込まれ、そのことが広く採用される際の妨げとなったからだ。もちろん画像フォーマットも特許に対処しなければならなかったが、LZW 圧縮のように既にウェブがまだ若かった時代に特許が切れかけていたり、あるいは Photoshop から Internet Explorer まで、画像を作成・表示するさまざまのツールのメーカー自身が既にあらゆる細々としたものにライセンスを得ていたりしたため、それほど問題にはならなかった。

ウェブサイトにとって、こうしたビデオの特許の問題はいろいろなことがらを複雑化させた。閲覧される度にサイトが特許使用料を払わなければならないのかという問題が語られ、フリーソフトウェアグループは阻害された規格の使用に関する議論を提起し、そして、ビデオ配布用のクロス・プラットフォームのパッケージとして Flash が人気を得た。それは、必要となるバックエンドのライセンスや表示の問題をすべて Adobe が丸ごと引き受けたお陰であった。

結局のところ、MP4 ファミリーの規格とその H.264 コーデック (エンコーダ/デコーダ) が勝利を得て、現在ウェブ上で利用できるビデオの圧倒的大多数がそのフォーマットを使っている。(H.264 のための特許をプールしたグループは、インターネットを通じて無料で配布されるビデオに対しては 特許使用料を徴収しない と述べている。ハードウェア加速利用のエンコーディングやデコーディングもそれに続いた。こうして、彼らは競争相手の帆から風を奪った。)

では、これらの新しいフォーマットによって、現実的にどのような利点が得られるのか? まず HEVC について、次に HEIF について、順々に見て行こう。

HEVC: 過去を圧縮し未来を包み込む -- 夕方のインターネットトラフィックの 70 パーセント以上を今やビデオのストリーミングが占めるようになってきており、ネットワーク管理会社 Sandvine の推定によれば 3 年以内に 80 パーセントに達するという。だから、ストリーミングビデオの会社も、ISP も、月ごとの上限や超過料金を気にする視聴者たちも、少ない通信量で多くの内容を得たいという猛烈な望みに誰もが駆り立てられている。そして、HEVC がその答だ。Google による 4K 対応の VP9 コーデックを除けば、大多数のストリーミングサービスが 4K の Ultra-High Definition (UHD) ビデオをモバイルデバイスに手頃な価格で実用的に供給することが可能な方法として妥当なものは HEVC のみだ。(VP9 は、バージョン 5.0 Lollipop 以降の Android に内蔵されている。)

HEVC とは H.265 規格の別名であり、解像度が 1080p またはそれ以下の場合は H.264 と同等画質のストリーミングやダウンロードを実現するためのデータ量が 50 パーセント少なくて済むと宣伝されている。上で触れた米国内ゴールデンタイムのデータ使用量のほぼ半分を占める Netflix によれば、実際に 50 パーセントの節約が達成されたという。(Google の VP9 も同じく 50 パーセントを達成している。)Netflix は現在 HD ビデオには 5 Mbps を推奨しており、これで 150 時間のコンテンツが 340 GB 程度になる。

4K UHD ビデオになると、HEVC が使用するデータは 40 パーセントほど減る。ただ、それでもやはり非常に効率的だ。Netflix が 4K のストリーミングをするのは、2014 年以後に発売されたテレビで初期バージョンの HEVC ハードウェアデコーダを搭載したものに限られる。このストリーミング会社は現在、4K コンテンツのストリーミングには常時 25 Mbps またはそれ以上のレートがあることを推奨しており、150 時間のコンテンツを観るには 1.7 TB ほどになる。H.264 の圧縮率に換算すれば 40 Mbps 以上にもなる。

いったいどうやって HEVC は画質を犠牲にすることなくそのように大幅な圧縮率の向上を達成できたのだろうか? MPEG2 から H.264 へのジャンプの場合と同様に、そこにはエンコーディング側でのハードウェア加速が関与している。それ専門に特化した計算を実行できるチップがあれば、ビデオをより集中的に分析して圧縮可能な余地を見つけ出すアルゴリズムが実行可能となる。HEVC がエンコードの際に要求する計算量は、同じビットレートのものを H.264 でエンコードする場合に比べて 10 倍以上になるという!

けれどもこれは非対称的だ。分かりやすい言葉で言い直すなら、ビデオ制作時に専用のチップを使ってエンコードができる非常にパワフルなコンピュータが比較的安価に購入できる一方で、そうやって出来上がった高度に圧縮されたストリーミングやダウンロードを非常に小型のモバイルデバイスでさえも素早く簡単にデコードできるからこそ、HEVC が存在し得るのだ。制作者はファイルに多くの作業を施し、視聴者はバンド幅の利得を享受する。

H.264 と HEVC はいずれも、ビデオの中のすべてのフレームをその画像の色調値に基づいて長方形に(たいていの場合正方形に)切り分け、似た色調をグループ分けすることでより大きな圧縮率を得ようとする。例えば、青い空が大きく広がり、一面の砂漠の中を小さな人影が歩いているようなフレームでは、歩いている人々の部分を空や砂漠の部分から切り離した方がより良い圧縮ができるのは当然だろう。HEVC はより大きな領域を一度にエンコードできるので、結果として詳細の分化が少ない場合にも高い圧縮率が得られる。

また、フレームの中のさまざまな要素が次のフレームへ行くとどう変化するか、それらの要素がどの方向に移動するかを「予測」する機能においては HEVC の方が遥かに優れている。機能の詳細を説明しても眠気を催すだけなので一言で要約するなら、個々のフレーム内とフレーム間の双方で圧縮効率が上がる結果として HEVC は 40 から 50 パーセントのサイズ削減を達成する。

ファイルサイズが小さくなり、ストリーミングの際の毎秒転送量の要求が減るのは、もちろん Netflix にとっては素晴らしいことだ。けれども、個人ユーザーや、あるいは個々の企業がワークフローの一部として iPhone で撮影したビデオを利用しているような場合に、それは利点となり得るだろうか? 答はイエスだ。ビットがひとつ節約されれば、そのビットを転送する必要がなくなり、そのビットを保存する必要がなくなるからだ。

手始めに、もしもビデオが今と同じ画質で半分のストレージ量になったとしたら、あなたの iPhone の貴重なストレージが実質二倍になり、わざわざビデオを同期したりアンロードしたりせずに済むだろう。

平均的なユーザーを想定して考えると、もしも iCloud ストレージの購読で無料の 5 GB 分を超える容量が必要な場合、現状のメディア要求で 200 GB 上限を選んでいても、それを超えたとたんに 200 GB の月額料金 $2.99 が 2 TB の月額 $9.99 に跳ね上がる。けれどもストレージ量が半分になれば、その料金の違いを心配する必要がなくなるだろう。比較的小規模のビデオ制作会社でさえ、大量のビデオを保存していれば、ローカルな SSD または RAID ストレージについても、クラウドストレージについても全く同じことが言えるだろうし、年間経費にすれば何万ドルもの違いが出る結果になるかもしれない。

同じように、セルラーデータ通信を通じてビデオを送信したり受信したりしているなら、通信速度を絞られたり超過料金を取られたりする心配なしに一段階安いデータプランに乗り換えることができるかもしれない。さらに企業ユーザーにとっては、クラウドストレージに送るデータ量が減ったり低いビットレートでストリーミングできるようになったりすれば経費が大幅に削減できることもあるだろう。Amazon S3 や Google Cloud を使えばストレージも転送も安く済むかもしれないが、それでも積み重なれば大きな金額になる。半額は半額だ!

視聴者としての私たちは、iOS デバイスや Mac で、また第四世代 Apple TV (tvOS 11 から HEVC デコード機能が加わる予定、2017 年 6 月 15 日の記事“tvOS 11 の中身”参照) で、テレビ番組や映画のストリーミングがより良い画質でより安定して楽しめるようになるはずだ。ブロードバンドの回線容量が低い人たちも、同じデータ量でずっとくっきりした画像を楽しめるようになる可能性がある。高バンド幅の接続を持っている人たちは、データ消費量を半分にしつつ従来と同じ結果を得られるようになる。

HEVC について核心となる疑問は、さまざまなデバイス上でそれをキャプチャし、編集し、再生するのがどの程度簡単なのか困難なのかという点だ。Apple は互換デバイスの具体的リストをまだ公表していないが、開発者向けのプレゼンテーションの中でハードウェアおよびソフトウェアのサポート状況を明確に要約している。(ビデオの 22:00 のところを視て聴いて頂きたい。)

簡単に言えば、来たるべきリリースを走らせることのできる Mac や iOS デバイスはすべて、少なくともソフトウェアにおいて HEVC をデコードできるはずだ。けれどもハードウェアのデコード機能については、iOS デバイスは A9 またはそれ以降、Mac は Intel Skylake または Kaby Lake プロセッサ (第六世代または第七世代 Intel Core) が必要だ。iOS 側で具体的に言えば、つまり iPhone SE、iPhone 6s またはそれ以降、すべての iPad Pro、それに第五世代 iPad ということになる。2016 年型 MacBook Pro モデルは Skylake プロセッサ搭載、2017 年型 iMac と MacBook Pro は Kaby Lake チップ搭載だ。

ファイルのサイズやその他の要因に応じて、HEVC のソフトウェアデコードが不安定になったり、H.264 よりもバッテリ寿命を食ったりすることがあり得る。賢いウェブサイトならばデバイスの年式をチェックできるだろうし、iOS アプリならばサポート対象のビデオフォーマットを記述した新しい開発者クエリーを利用できる。そうして得られた結果をもとに、もしも HEVC がソフトウェアデコードの際に不具合を起こしそうならば代わりに H.264 のフィードを使うことも可能だろう。もちろん、そうすることで技術的には HEVC を処理できる古いハードウェアがバンド幅の利点をフルに利用することが妨げられる結果になるけれども、そのようなオーナーたちも H.264 の持つバッテリへの優しさ、ファンの騒音の低さ、よりスムーズなビデオをむしろ気に入るかもしれない。

HEVC で編集したりエンコードしたりしたい人にとっては、デコードの際と同じ問題が存在するが、そもそもかなり新型の Mac でなければその種の作業は実際的でないと考えた方がよいのかもしれない。

(色の深度を気にする人たちのために、一つ技術的な余談を付け加えておこう。H.264 と HEVC の双方とも 10-bit (約 10 億 7374 色) カラーを許容し、これは 8-bit (約 1677 万色) よりも豊かな色調の分化を提供できる。4K および 5K の iMac、それに Mac Pro も 10-bit カラー対応で、2016 年型以降の MacBook Pro や、その他 2015 年型やそれ以降の Mac の一部に付属する外付けモニタも同様だ。ただし 2016 年型 MacBook Pro のうち Skylake チップ搭載のモデルは 8-bit の HEVC ハードウェアエンコードしか提供しない。Kaby Lake モデルは 10-bit を処理できる。)

すべてのデバイスが HEVC ビデオを表示できる訳ではないので、ビデオの書き出しはソーシャルメディアやその他の共有のために複数個の互換フォーマットを作成するようになるだろう。この点は、現在の Photos、iMovie、その他のアプリがしていることと同様だ。

さて、ビデオの話はこれくらいにして、静止画像の話に移ろう。これまでの話と比較すると、HEIF はぐっと単純なものに見える。

単なるファイルフォーマットではなく画像のコンテナとなる -- 画像フォーマットと呼ばれてはいるけれども、HEIF は実際には コンテナ であって、今日の複雑な世界の中で画像フォーマットがどんなものであるべきかを考え直している。一つの HEIF ファイルはその内部にテキスト、ビデオ、静止画像、さらには連続写真やアニメーション用の一連のフレームさえも含むことができ、私たちが何をしようとしているかに応じてソフトウェアがその中から適切な情報を抽出して表示することになる。

HEIF は ISO 規格に組み込まれており(これは素晴らしいことだ!)Moving Picture Experts Group (MPEG) の手でフル仕様の形に発展させられたものだ。Apple はその実装をさらにもっとフルに実現したバージョンの仕様に基づくものとし、その仕様を間もなく公開すると WWDC で述べた。また、Apple はこの HEIF という略語を「ヒーフ」(牛肉の「ビーフ」と韻を踏む)と発音するとしている。(徹底的に細かいところまで知る必要はないという人たちに向けて、Apple の開発者向けプレゼンテーションがかなりの情報を提供している。)

さきほどと同様に、HEIF においても圧縮の良さがおそらく最も重要な利点だ。ごく単純化して言えば、HEIF は HEVC 圧縮を利用できる。これは、HEVC 圧縮の方が JPEG よりも効率的であるからだが、また Apple としては連続写真やアニメーション (Live Photos を考えてみるとよい) を保存するために HEIF を使えるからでもある。いずれも、HEVC のフレーム間圧縮の恩恵を受ける。

その他にも、見逃してしまいがちな利点がある。まず、透明度の表現や画像のマスキングに使われるアルファチャンネルへの対応が向上する。また、色深度が深くなることもあり、これは Apple がここ数年間自社のハードウェアに積極的に取り入れてきたものだ。HEIF はまた、画像を長方形の領域に切り分けて、編集や表示を担うソフトウェアがファイル全体をロードせず必要な個所とそれに隣接した部分のみを素早く取り込めるようにしている。それから、元の画像とそこから派生した画像の両方を保存できる。例えば Lightroom のようなアプリが、基本の画像を保存した上でそれに変換を加えた一連の画像も保存するのと似ている。

ブラケット画像(同じシーンを露出を変えるなどしながら連続撮影した一連の写真)を保存するために HEIF を使ってソフトウェアが高ダイナミックレンジ (HDR、超高階調) 出力を作り出すようにすることも可能だが、Apple はその代わりに iOS デバイスが内蔵する画像信号プロセッサ内で直接 HDR 画像を生成する方法を選んだ。けれどもサードパーティのソフトウェアが Apple のハードウェアを回避してこの目的で HEIF を使うことも可能だ。一例を挙げれば、ProCamera は独自の HDR モードを備えている。

けれども二つのカメラを備えた iPhone では(現行モデルは iPhone 7 Plus のみだが)Apple は Portrait モードの写真から抽出した深度マップを HEIF ファイルの中に保存する。深度マップは、前面からの距離によっていくつかの平面をグループ分けして識別する。この情報によって Apple は写真の中の人物を分離し、背景部分を美的にぼかし、いわゆる「ボケ」効果を実現できる。(2016 年 9 月 24 日の記事“iPhone 7 Plus の Portrait モードの舞台裏 ”参照。)でも、深度マップはそれ以外にも開発者の手によってさまざまの興味深い効果を生み出すために使われるかもしれない。開発者たちはカメラの操作中にも、また保存された HEIF 画像の中からも、iOS 11 の深度マップにアクセスできるようになる。Apple はその実例として、前面にいる人物をフルカラーに、背景を白黒にする様子を示した。前面にある要素を人工的な背景に嵌め込んで組み合わせることも簡単にできるようになる。

ストレージにおける利点について繰り返し言う必要はないだろう。ビデオに言えることは、そのまま写真にも言えるからだ。私は数十ギガバイトのビデオと数百ギガバイトの写真を持っているので、HEVC ビデオよりも HEIF から得られる容量の節約の方が大きいだろう。

HEVC と全く同様に、HEIF もハードウェアデコードのために新しいハードウェアに依存する。iOS デバイスでは A9 またはそれ以降のプロセッサが必要で、Mac については先ほどと同様に Skylake や Kaby Lake のモデルが必要だ。それに該当しない iOS デバイスや Mac で iOS 11 や High Sierra を走らせているものはすべて、ソフトウェアデコードに依存することになる。

HEIF はコンテナのフォーマットなので、その中に何を入れるかは Apple をはじめ個々の実装者に大きな柔軟性が与えられる。そのことによって HEIF ファイルを他のプラットフォームへ動かした際に互換性の問題が起こらないことを願いたい。いずれは他のプラットフォームでも HEIF がネイティブなファイルフォーマットとしてサポートされるだろうからだ。現時点では、Apple のベータ版ソフトウェア以外に HEIF ファイルを読めるものはない。もしかしたら、Adobe Photoshop やその他のソフトウェアがサポートを加えるかもしれない。

ウェブブラウザは当初 HEIF をサポートしないだろうし、HEIF は本来ウェブに適したものでもない。HEIF ファイルは、どんなものであれ、あらゆる種類の余剰データを含み得るからだ。おそらく、Apple または他の誰かが、例えばアニメーション GIF の代わりになる、JPEG よりも高い圧縮率を提供できる、といった点でウェブでの利用に適した種類の HEIF を定義することになるのではなかろうか。ウェブのサーバは既にブラウザのバージョンに基づいて異なる種類の画像やビデオを提供しているので、HEIF が加わってもただその機能がもう一歩拡張されるだけのことだろう。ただ、Apple はこういったことについてまだ何も語っていない。

Apple は開発者向けツールを作って、共有や表示のため、あるいは書き出しや供給のため、画像のどのフォーマットを含めるべきかをアプリが必要に応じて判定できるようにしている。iOS、macOS、Apple 製のアプリ、それに独立のアプリは、たくさんの変換を実行し、さまざまの書き出しオプションを提供することにより、エコシステム内部で HEIF を保持しやり取りして使い続けられるようにして行くだろう。

HEVC と HEIF はメディアにおける USB-C ではないか? -- 今になってもまだ、USB 3.1 や Thunderbolt 3 で USB-C コネクタを使う際の問題を抱えている人たちは多い。アダプタが必要だし、同一のコネクタの間で互換性の問題が起こるし、どれとどれを組み合わせれば使えるのか分からないという全般的な不安が付きまとうからだ。(私自身は USB-C が大好きだ。12 インチ MacBook と 2017 年型 iMac を持っていることが、それを実証しているだろう。でも、不満を言う人たちの気持ちは理解できる。)

HEVC と HEIF は、USB-C で悩みの種となっているような種類の混乱に苦しむことはないはずだ。Apple がそのサポートを構築する際に、Apple のエコシステム内部にあるデバイスのみがネイティブにこのフォーマットをサポートするという考え方を軸としたからだ。Apple のエコシステムの外へ進出する際にはたいてい(特に当初のうちは)コード変換や書き出しが必要となるだろうが、ほぼ間違いなくその種の変換は人々が気付きもしないところで起こるだろう。Apple は、開発者たちもこのやり方を心に留めておくようにと促している。

皆さんが遭遇するかもしれない弱点の一つは、すべてのデバイスを iOS 11 と High Sierra へ同時にアップグレードするのでない場合、またはアップグレード不可能な古いハードウェアを持っている場合に起こる。例えば、新旧二つのデバイスから同一の iCloud アカウントを使って iCloud Photo Library にアクセスする場合だ。その際に HEIF/HEVC 以前のプラットフォームはこれらの画像をどう扱うのだろうか。Apple はまだその点について何も言っていない。

Apple がまだ答えていないもう一つの疑問点は、High Sierra にアップグレードした際に既存の JPEG 写真や H.264 ビデオがどう扱われるのかという点だ。Photos アプリが自動的にライブラリ全体を変換するのだろうか? Photos アプリの外にある写真はどうなるのか?

いずれにしても、HEVC と HEIF に長所があることは明白で、持っているものすべてを一度に前進させる限り、移行の際の障害は少ないはずだ。それでも、もちろん、万一に備えてしっかりしたバックアップは取っておこう。

コメントリンク17310 この記事について | Tweet リンク17310


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 7 月 3 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Transmit 4.4.13 -- Panic が Transmit 4.4.13 をリリースして、廃止となった Dropbox API への対応を同期のお気に入り設定から削除した。現在開発中の Transmit 5 では Panic Sync と呼ばれる独自の同期サービスを提供すると Panic は約束している。Transmit 4.4.13 でのその他の変更点としては、新規にカスタム Amazon S3 Upload Header を追加する際の挙動を改善し、自動アップデート処理でのセキュリティを強化している。(Panic からも Mac App Store からも新規購入 $34、無料アップデート、30.2 MB、リリースノート、10.9+)

Transmit 4.4.13 へのコメントリンク:

Moneydance 2017.3 -- The Infinite Kind が Moneydance 2017.3 をリリースして、コンピュータからコンピュータへの同期を改良し、同期先コンピュータのセットアップを容易にした。この個人用財務マネージャに新たに装備されたテキストファイル読み込み機能は CSV、タブ区切り、その他自動デリミターを持つ各種フォーマット、フィールドタイプ、各種日付フォーマット、さらには重複の探知と除去、自動カテゴリー推測、説明のクリーンアップを処理できる。今回のアップデートではまた、ダウンロードした取引の自動合併機能を改良し、Dropbox v2 API に移行し、過去の暗号化パスフレーズの痕跡をすべて取り除くことによりセキュリティを高め、配当の再投資が通常配当として表示されたバグを修正し、Python によるスクリプティングを改良し、信頼できる証明書のリストを更新してより多くの銀行に接続できるようにしている。(The Infinite Kind から新規購入 $49.99、TidBITS 会員には 40 パーセント割引、Moneydance 2015 またはそれ以前のバージョンからのアップグレード $24.99、96.8 MB、リリースノート、10.7+)

Moneydance 2017.3 へのコメントリンク:

MoneyWiz 2.6 -- SilverWiz がバージョン 2.6 の MoneyWiz をリリースして、投資アカウントに機能を追加して 3700 以上の機関に対応するようにした。MoneyWiz は自動的にあなたの資産価値を一時間ごとに再計算し、株・債券・オプション・ETF・貴金属その他商品取引にも対応し、退職年金 (IRA, 401k) 口座や自己管理口座を含むあらゆるタイプの投資および証券取引口座を処理できる。投資口座への対応には新しいデータベース構造が必要なので、使い続けるには iOS 用の MoneyWiz をバージョン 2.6 にアップデートする必要がある。

この個人用財務マネージャはまた、新たにダウンロードした取引の取引状況フラグに "new" を付けて示すようになり、予算作成の際に繰越額の計算が正しくなくなることのあったバグを修正し、4K Retina ディスプレイモデル iMac のフルスクリーンモードに関係した拡大縮小の問題を解消し、自動バックアップが有効の場合に終了時にアプリがフリーズしたバグに対処している。(年間購読 $59.99、無料アップデート、26.3 MB、リリースノート、10.8+)

MoneyWiz 2.6 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2017 年 7 月 3 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS には、引き続き iPhone 10 周年関係のニュースがある。Joanna Stern が一日だけ初代 iPhone を使った生活を試し、iPhone を生み出した人たちの何人かがその社会に与える影響を危惧する。

初代 iPhone を使った生活を 2017 年に試す -- The Wall Street Journal の Joanna Stern が、一週間だけ初代の iPhone を持って生活してみようと宣言したが、たった 12 時間で彼女の決心は挫けた。その様子をまとめたビデオが面白い。初代の iPhone には前面カメラも、ビデオキャプチャも、Siri もないし、パフォーマンスもバッテリ寿命も大きく見劣りする。一番困るのは、ほとんどのアプリも、ウェブサイトも、もはや動かないことだ。ヘッドフォンジャックはあったけれども、Apple 製でないヘッドフォンを使うにはドングルが必要だ。2007 年以来テクノロジーが大きく進歩したと言うのは容易いが、問題点の多くが後方互換性の欠如から来ていたことも、また明白だ。ビデオはぜひ最後まで観て、Stern のヘルメットカメラを見届けて頂きたい! 記事は購読者専用だが、ビデオは誰でも観られる。

コメントリンク: 17323

10 年が経ち、iPhone 創作者がスマートフォン依存症を危惧 -- デザイン企業 IDEO で開催された公開討論会で、三人の元 Apple 従業員たちが 10 年経った iPhone の影響を議論した。三人とも、社会がスマートフォンに依存していることに対する懸念を述べた。Apple のヒューマン・インターフェイス・チームを率いた Greg Christie は「気が散らされることについては、良い気はしない。確かにこれは、予期せぬ結果だ」と語った。iPhone のマルチタッチ・インターフェイスの大半をデザインした Bas Ording は「良い面を言えば、使いやすいので、多くの人たちが使える。けれどもその反面、あまりにも多くの人たちがスマートフォンを見詰めている。たぶん私もそうしている」と述べた。そして、iPhone のタッチスクリーン開発にも力を貸した入力エンジニア Brian Huppi はスマートフォン使用に関係する自動車事故が多い点に触れて「運転中にスマートフォンを見ている人たちが起こした交通事故があまりにも多いことは、もはや否定しようもない」と述べた。けれども他方、三人の一致した意見として、ラジオやテレビ、そしてインターネットが私たちの生活に変化をもたらしたのと同様に、iPhone も変化をもたらしつつあるのであって、私たちはいずれこれに順応して行くだろうという考えも語られた。

コメントリンク: 17317


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2017 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

日本語版最終更新: 2017年 07月 07日 金曜日 , S. HOSOKAWA