TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1384/04-Sep-2017

いよいよ公式に発表された。Apple が 2017 年 9 月 12 日にスペシャルイベントを開催する。次期 iPhone の発表が予想されるし、他にもいくつかサプライズ発表があるだろう。macOS 10.13 High Sierra と iOS 11 も間違いなく発表されるだろうが、これらの Apple オペレーティングシステムの新しい時代に備えるため三冊の新刊 Take Control ブックが出た。Dropbox が旧オペレーティングシステム対応を廃止しようとしており、Mac OS X 10.6 Snow Leopard から 10.8 Mountain Lion までが非対応となる。Houston を覆い尽くした水は引きつつあるが、テクノロジーのコミュニティーが今回の洪水にどう対応したかを見てみた。それから、Adam Engst が Spotify から Apple Music へ乗り換える動機となった驚くべき制限事項を説明する。今週注目すべきソフトウェアリリースは Evernote 6.12、Tinderbox 7.2、BusyCal 3.2 と BusyContacts 1.2.1、TextExpander 6.2.2、Boom 3D 1.1 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple スペシャルイベントの開催日は 2017 年 9 月 12 日

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今年もその季節が巡って来た。Apple がキーノートのプレゼンテーションで、最新リリースのお披露目をするのだ。今年の Apple Special Event は新しい Apple 本社キャンパス内に建設された Steve Jobs Theater で初めて開催される。ただし、このイベントをウェブ放送のライブ配信で視聴する人にとっては開催場所などどうでもいいことだろうが。イベントの開始時刻は 10 AM PDT (日本時間の 9 月 13 日午前 2 時) で、Mac 上や iOS デバイス上の Safari で、または Apple TV で視聴できる。Windows マシンしか持っていない人も、Apple によれば Windows 10 の Microsoft Edge で視聴可能だという。

image

今回のイベントで、Apple は少なくとも一つの新しい iPhone モデルを発表すると予想される。おそらくは複数通りのモデルが出るだろう。また、Apple が 2017 年 12 月に発売することを約束した HomePod (2017 年 6 月 5 日の記事“Apple、12 月に HomePod でスマートスピーカー市場に参入”参照) についても詳しいことが語られるかもしれないし、もうそろそろハードウェア更新されてもよいはずの Apple TV についても何か明かされるかもしれない。単独でセルラー接続可能な Apple Watch が出るという噂もある。また、オペレーティングシステムのアップデート、つまり iOS 11、watchOS 4、tvOS 11 の更新についても発表があることは確実で、少なくとも iOS 11 と watchOS 4 はイベントのすぐ後に出荷される可能性が高い。過去の実績を見ても、Apple はイベントの数週間後、遅くとも一ヵ月後に macOS アップデートを出荷してきた。

キーノートの最中、私たちは SlackBITS グループの中で TidBITS 読者の皆さんとチャットする予定だ。グループに参加するには slackbits.herokuapp.com に行き、あなたの電子メールアドレスを入力し、行動規範に同意して頂きたい。そうすれば、直ちに Slack 招待状が電子メールで送られる。

コメントリンク17434 この記事について | Tweet リンク17434


Dropbox、旧オペレーティングシステム対応を廃止

  文: Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com, @lymond
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Dropbox が同社のサービスのユーザーに連絡して、2018 年 1 月 16 日をもって一部の古いオペレーティングシステムの走るコンピュータを自動的にサインアウトすると通知し始めた。該当する Mac システムは Mac OS X 10.6 Snow Leopard から 10.8 Mountain Lion までで、Windows Vista システムのユーザーも同じ日にデスクトップのサポートを失うことになる。大したことでないかもしれないが、2017 年 11 月 3 日以後はそれらのシステム上に Dropbox デスクトップアプリをダウンロードしたりインストールしたりできなくなる。

圧倒的大多数の Mac ユーザーが既に Mac をもっと新しいバージョンの OS X や macOS にアップデートしているのは事実だが、古いバージョンを走らせ続けている人たちもいる。その多くは多分、私と同様、PowerPC ベースのアプリケーションを走らせる目的で Snow Leopard システムを動かし続けているのだろう。Snow Leopard は Rosetta をサポートする最後の Mac OS で、PowerPC エミュレータの Rosetta は Intel ベースの Mac 上でその種のアプリを走らせるために必要であった。(2011 年 5 月 23 日の記事“Rosetta と Lion: あきらめるのか?”参照。)

だからと言って、それらの古いシステムが Dropbox ファイルへのアクセスから完全に遮断された訳ではない。Dropbox によれば、古いシステムであっても「サポート対象のブラウザ」を走らせれば引き続き Dropbox ウェブサイトを通じてファイルにアクセスできるという。ただし、ウェブブラウザがいつまでそれらの古いオペレーティングシステムと互換であり続けるかは分からない。Dropbox のヘルプセンターに、古いシステムでのデスクトップサポートの終了について詳しい情報が書かれている。

私がさきほど Snow Leopard について書いた実例以外にも、古いバージョンの Mac オペレーティングシステムを使い続けたいとユーザーが考える理由は疑いなく数多くあるだろう。古い諺「開拓者は背中に刺さった矢の数でそれと分かる」が思い浮かぶ。それでもなお、コンピュータのオペレーティングシステムというものは、日の光の下にあるあらゆるものと同様(そして太陽そのものとも同様)有限の寿命しか持たないので、今や行動の遅い人たちは開拓者たちと同じ運命に見舞われる結果となる。

Adam Engst が記事“何故アップグレードすべきか (自らの基準で)”(2015 年 9 月 4 日) に記したアドバイス「待ちたいなら待つべきだが、あまり待ちすぎないように」は、今の状況にも当てはまる。Dropbox から届いた最新の知らせは、まさにあなたが待ちすぎてはいけない理由の、良い例となっている。

コメントリンク17433 この記事について | Tweet リンク17433


High Sierra と iOS 11 を扱った Take Control 新刊本

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple がスペシャルイベントを 2017 年 9 月 12 日に開催することは分かっているし、その中で新しい iPhone とともに iOS 11 を発表するであろうこともほぼ間違いない。(2017 年 8 月 31 日の記事“Apple スペシャルイベントの開催日は 2017 年 9 月 12 日”参照。) もしも Apple の行動がいつも通りなら、その後間もなく macOS 10.13 High Sierra もリリースされるはずだ。

"Take Control of Upgrading to High Sierra" ($10) の著者 Joe Kissell、"Take Control of High Sierra" ($15) の著者 Scholle McFarland、それから "Take Control of iOS 11" ($15) の著者 Josh Centers、彼ら三人の粘り強い努力のお陰で、皆さんは High Sierra と iOS 11 の新機能のすべてに今すぐ慣れ親しむことができる。これらの新刊書は個別に購入することもできるし、三冊セットで $14 引きの $26 で購入することもできる。

image

今は Joe が Take Control Books を所有し運営しているので (2017 年 5 月 1 日の記事“Take Control Books、Joe Kissell が買収”参照)、Tonya と私は大体においてまわりから見守るだけの立場になったけれども、Take Control 著者たちの多くは Slack 上で議論しながら High Sierra や iOS 11 の新機能がどのように働くのか(あるいは働かないか!)を見定めようとしている。まさにここでの議論こそが、これらの本の内容を Apple のマーケティング用の文章を遥かに超えたものとし、これらの本を際立ったものとしているのだ。

Joe が施した変更が一つある。私たちが従来 Scholle や Josh の本で使っていた Crash Course レイアウトの代わりに、本来の Take Control のやり方ですべてを統一するようにしたことだ。その意味するところは、非常に簡潔な説明を掲げていた Crash Course のページでは実現できなかった深いところまで切り込んだ内容の本になり得るということだ。今になって振り返ると、これは執筆と制作の作業を簡略化する意味からも、また読者により多くの情報を届けられるという意味からも、良い決断であったと思う。

私が思うに、"Take Control of Upgrading to High Sierra" には二つの最も重要な側面がある。一つは APFS がアップグレードにどのような影響を持つかについての議論 (あなたの Mac がどんな種類のドライブを持っているかに大きく依存する)、もう一つはアップグレードの全体的な過程を意識させてくれるところだ。難しいことではない。まずハードウェアの互換性をチェックし、バックアップを作成し、不要なものを一掃し、インストールの方法を選択し、それから書き換えインストール、またはクリーンインストールをすればよい。けれども、医者のコミュニティーの共通認識として手術チェックリストを作っておくことで馬鹿げたミスを減らし命を救うことができると分かっているのと同じで、Joe の手順を参照しながら進むことで、アップグレードの際の悪夢を避ける助けになるものだ。

私にとって "Take Control of High Sierra" と "Take Control of iOS 11" が重要なのは新機能の説明があるからというところが大きい。この二冊の本に書かれている説明は、誰にとってもありがたいことだろう。High Sierra にはかなり微妙な変更点が多いからこそ、反対に iOS 11 ではあまりにも広範囲に及ぶ変更が多いからこそ、本の説明が大いに役に立つ。けれどもこれらの本は両方とも、Crash Course という名前がなくなった新しいやり方に応えようと一生懸命に努めて、皆さんがフルに使いこなすことはないかもしれないような中核機能の多くもカバーしている。

これら三冊の本はいずれも、先週出版された時点で最新の公開ベータ版の内容を正確に反映しているが、Joe はそれぞれのオペレーティングシステムの最終リリースが出され次第バージョン 1.1 の本への無料アップデートを出すことを約束している。最終リリースに Apple が滑り込ませた変更点が何であれ、バージョン 1.1 の本に反映される。

だから、Apple を待つ必要はない。今すぐこれらの本を手に入れておこう。今から準備を始めれば、High Sierra と iOS 11 が出た時にはあなたもすっかり準備万端整っているだろうから。

コメントリンク17441 この記事について | Tweet リンク17441


ハリケーン Harvey に対するテクノロジー・コミュニティの反応

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

Houston とその周辺地域にとって、ハリケーン Harvey からの復旧は、始まったばかりであり、テクノロジー・コミュニティが、支援のために集まってきている。

初めに、私たちは、Houston Area Apple Users Group の友人に、"Hi!" と言いたい。そして、そこにいるみんなの無事を祈りたい。この一週間というもの、私たちは、間違いなく彼らのことをずっと気にかけていた。

Apple CEO の Tim Cook は、従業員への手紙の中で、ハリケーンに対するApple の救援の取り組みについて、詳しく述べている。

ご存知のように、ハリケーン Harvey は、Texas と Louisiana に壊滅的な打撃を与えている。私たちの思いは、暴風雨圏内の私たちの従業員と、雨、風、そして、洪水によって、生活が破壊されてしまった何百万人の人たちと共にある。私は、Apple が支援のために行っているいくつかのこと、そして、みなさんが関与可能なやり方について、最新の情報をお伝えしたいと思う。

現場では、Texas の洪水で、直接的に影響を受けた私たちの従業員を支援するために、Apple のグローバル危機管理チームが働いている。このチームは、Houston エリアの Apple の従業員と緊密なコンタクトを取っていて、支援のために彼らができることの全てを積極的に行っている。そうした活動の中には、従業員やその家族を避難させることも含まれている。Houston エリアの Apple の従業員は、自分たちの家をチームのメンバーやその家族に開放することによって、洪水で退去を余儀なくされた人たちを寛大な心で助けている。そして、場合によっては、救援活動の手助けも行っている。位置座標の検索と救援チームを手助けするためのiPad を特別に装備した、およそ 20 機の U.S. Coast Guard のヘリコプターと共に、USCG が、こうした取り組みにおいて、Apple の製品を使っていることを、私たちは誇りにも思う。

Harvey が上陸しようとしていたので、私たちは、危機に際しての寄付プログラムを開始した。Apple は、App Store、iTunes、そして、apple.comを通じて、顧客が、直接 American Red Cross に容易に寄付できるようにしている。そして、私たちは、従業員からの寄付 1 に対して、2 倍の寄付を行っている。みなさんの、そして私たちのユーザーの寛大さのおかげで、Apple は、この数日だけで、百万ドルを超える金額を集めるのに役立った。この寄付金は、Apple が約束した 2 百万ドルと合わせて、週末にかけて Red Cross に送られる。

本日、Houston エリアの私たちの店は、まだ閉店中だが、嵐によって打撃を受けた人たちのお役に立てるよう、できるだけ多くの店が明日開店できるように、私たちは頑張っているところだ。私たちのチームは、大きなものであろうと小さなものであろうと、喜んで問題の解決を支援する。そして、彼らは、それを必要としている人が、このエリアには大勢いることを知っている。

私は、Harvey が上陸する前日に、Austin にいた。そして、チームは、嵐と長期にわたる復旧に、既に備えていた。本日、その作業は続いている。私たちの Austin のキャンパスでは、Central Texas Food Bank およびCaffe Macs と協力して、食料、オムツや個人用衛生用品、この規模の嵐の直後において決定的に重要なもの全てを集めるため、寄付を促進する活動を立ち上げているところだ。

Texas は、8,700 名を超える私たちの同僚の故郷であり、嵐の打撃は、私たち全員に感じられるものだ。やらなければならないことが、まだたくさんあり、Apple は支援を約束する。

Apple は、過去によくやっているように、iTunes 内で Red Cross への寄付を集めているが、これは、常に容易に見つかるわけではない。Mac の iTunesでは、任意のカテゴリー (Music, Movie, App Store など) で、Store(あるいは App Store) のタブから寄付が可能だ。iOS 向けの iTunes では、Featured タブの下で、Music、Movies、そして、TV Show の画面の中に、寄付へのリンクを見つけることができる。

image

単に、90999 に REDCROSS とテキスト・メッセージを送って、Red Cross に寄付する方が手軽かもしれない。これによって、自動的に 10 ドルが送られ、自分の電話料金に課金されることになる。

もし、あなたが Red Cross の有効性に懸念を抱いているのであれば(あなたは一人ではない)、YouCaring 上で Houston Texans のディフェンシブ・エンドの J.J. Watt がやっている記録破りのクラウドファンディング・キャンペーンに興味を持つかもしれない。このクラウドファンディングは、Houston のために、1,500 万ドルを超える金額を集めた。このキャンペーンは、当初は、20 万ドルを集めることを望んでいたのだが。

データ復旧会社の DriveSavers も、2017 年 9 月 15 日まで、ハリケーンHarvey の被災者に対して、無料のデータ復旧を提供することによって、支援に加わっている。彼らは、ブログで、データの無事に関するいくつかの有用な助言も提供している。(プロの助言: 水に浸ったデバイスを乾いたお米の中に入れるのは、あなたが思うほど万能の解決策ではない。)

残念ながら、Houston は、洪水の被害にあっている唯一の場所ではない。地球の反対側では、4,100 万人を超える人たちが、南アジアで、モンスーンによって引き起こされた洪水に遭っていて、この洪水により、1,000 人を超える人たちが命を失った。そして、別のハリケーンも、アメリカに目をつけているかもしれない。と言うのは、ハリケーン Irma が Florida に向かう途上にあるからだ。

気象災害に遭いやすい地域の人たちのために、Apple は、iOS App Store に、有用なアプリのリストをまとめて示しているが、アプリは、緊急時に手元に置いておくものとしては、最良ではないかもしれない。代わりに、私たちは、みなさんを Sweethome の、緊急時に備えるための最良の必需品リストにご案内したいと思う。素晴らしいのは、Sweethome が、ハリケーン Harveyに対する救援の取り組みを支援するため、9 月, 10 月向けのそのガイドからの収入を全て寄付していることだ。なので、みなさんは自分の家族のために備えることができ、同時に、Houston の人たちを助けることができる。

Houston の人たちが無事であらんことを。

コメントリンク17435 この記事について | Tweet リンク17435


10,000 曲の制限:私が Spotify から Apple Music に乗換えた理由

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

皆さんは購読サービスの氾濫について色々ご意見をお持ちだと思うが、私はストリーミングの音楽サービスを購読するのを好んでいる。その理由は、ある特定の曲を買うかどうか決める必要に迫られることなく好みの曲探しが出来るからである。私が最初に使ったサービスは、とても惜しまれる Rdio であった。無料お試し期間の Apple Music を試して見たこともあるが、優美なインターフェースに魅せられて私は Rdio を使い続けた ("Rdio に戻る: 私はなぜ Apple Music を止めたか" 7 October 2015 参照)。Rdio が破綻した時、私は Apple Music ではなく Spotify に乗り換えた。その理由は、Spotify のインターフェースは曲を見つけそして再生することにより焦点を当てていたからである。これに対して、iTunes は Apple のインターフェース実験の中でもとりわけ出来が悪い時期にいた。また、Spotify が歌詞を表示するやり方も気に入っていたし、それにこの機能は当時の iTunes には無かった。

暫くの間 Spotify は私にとってはうまく行っていたが、May 2016 に、この歌詞機能は消えてしまった。Spotify は歌詞については Musixmatch と組んでいたのだが、当時次の様に言っていた

注意喚起として受け取って欲しいのだが、我々のデスクトップ上の Lyrics 機能は現在使えない状態になっている。その理由は、この機能に対する大幅な改善を図っているからである。更なる詳細については、間も無く発表出来ると思っている。そして、我々の Musixmatch との提携関係は終了しようとしていることも本当である。この提携関係は素晴らしいものであり、そして相互の信頼関係も両社間にはあったが、事業戦略の違いから、両社ははそれぞれの道を行くこととなった。

残念ながら、Spotify がその歌詞機能を取り戻すことはなかった。Musixmatch は独立の Mac 及び iOS アプリを提供しており、これにより現在再生中の曲の歌詞を示すことは可能だが、私の経験からすると、これを使うのは多くの場合一筋縄ではいかない。

歌詞を失うのは残念だが、我慢の限界を超えさせたのは、私が Spotify の 10,000 曲という制限に頭からぶち当たってしまったことである。その通り、読み間違えではない - Spotify は 30 百万を超える曲を持つストリーミングサービスではあるが、自分の収集に 10,000 を超える曲を加えることは出来ない。この全く独断的な制限はとても納得いくものでは無い。

image

この制限は新しいものではないが、私が Spotify に申し込んだ時には知らなかった。2014 年に、ユーザーの takingbackbenny がこの制限に特化した Spotify Community 討論グループを立ち上げ、この様な制限を設けるサービスがあることに衝撃を受けた Spotify のユーザーから 4500 票を超える投票と 300 にのぼるコメントを集めた。その後数年経ってから、Spotify のスタッフは次の様に言った:

現時点で、Your Music の制限を緩める計画はない。その理由は、この限度に達しているユーザーは 1% に満たないからである。現在の制限のお陰で 99% のユーザーに偉大な経験を提供することが出来ている。我々は 100% のユーザーに "そこそこの" 経験を提供したいとは思っていない。

Spotify は、コードの独断的な数字を 10,000 から 50,000 (Google Play Music の限度) 或いは 100,000 (Apple Music の限度) にすると、それ程沢山の曲を保存しようとは思わない人達の経験が何故損なわれてしまうのかを説明していない。Spotify の音楽収集は単なる曲のリストに過ぎないので、そのリストが 10,000 を超えることを許すことで問題が起こるとは考え難い。いずれにしろ、この討論グループ (そして多くの他のスレッド) に属する多くの人が、この制限こそが Spotify を離れる理由であると言っており、そして、私が音楽に対して Spotify ではなく Apple に支払いをすることになった一つの鍵となった理由でもある。

私は、関連する或いはお薦めの曲を手掛かりにして、これまで知らなかったアーティストから新しい曲を探すのが好きである。好きな新しい曲を見つけると、私はそれを自分のライブラリに入れて後でスクロールして見つけ出しやすくするので、それが更にアルゴリズムに基づくお薦めを出してくることとなる。これを続けていると 10,000 曲に到達するのにそれ程の時間はいらない。

幸いに、私の Spotify 収集をテキストファイル (そして、単純な Panorama データベース) にエクスポートすることが出来たので、それを無くしてしまうことはなくなったが、これらの曲を私の Apple Music ライブラリに追加する自動化した方法は見つけられなかった。 (コメントを通して、幾つかの iOS アプリを紹介して貰ったが、未だ試してみる機会が持てていない。) でも、これは余り気になってはいない。と言うのも、これをきっかけに私の収集に手動で向き合う機会が出来たからである。私はアルバムを個別に追加出来るし、それに時間がある時には、関連した曲をもっと探すことが出来る。これは効率の問題ではない;これは世界最大のレコード店を探索し歩く話である。私は、CD からリップした曲の収集もインポートすらしていないが、これらの曲全部を Apple Music で探し出せると思っているからである。と言うことで、作業は定型とは程遠い感じなのだ。

Apple Music は Spotify の曲数の限度を 10 倍に拡げてくれるが、これで全て解決という話ではない。Spotify は再生する曲を常時変わる選択で提供するという観点でより優れている。それは、私の収集からと関連したお薦めの曲を合わせた6つのジャンルからなる Daily Mix プレイリストを提供してくれたし、その Discover Weekly プレイリストは常に新しい曲を探し出すのには聞く価値のあるものであった。

image

image

これに比べて、Apple Music の My Favorites Mix と My Chill Mix プレイリストは、週に一回しかアップデートされないし、含まれる曲は 25 曲しかなく、弱い感じがする。Apple Music はまた幾つかの自ら収集したプレイリストやお薦めのアルバムも提供しているが、再生する曲のことを余り考えずにただ音楽をかけたい時には、Spotify の Daily Mixes はほぼぴったりであった。Apple Music はもっと考えることを必要とする。

image

iTunes 12.6 のインターフェースは落ち着いてきたとはいえ、未だ入り組んでおり、雑然としている。これは、あなたのライブラリ (そこには手元の曲も含まれる場合もある)、Apple Music, そして iTunes Store がぎこちなく分けられているからである。iOS Music アプリもまた時間と共に進化してきたが、シャッフルの切り方を理解するのに結構時間がかかったこともある。確かに操作盤は私の iPhone 画面からは隠れているのは分かるが、スクロールすることが必要だという印は何も無い。

image

私は Apple Music を永久に使うとは言えないが、Spotify が制限の拡大と歌詞を提供することに興味がなさそうに見える現状では、Apple の方がより良い機能を提供している。更に HomePod と一緒に試してみることにはとても興味がある。それにもし Spotify がその行動を正す時が来れば、その時に切り替えれば良い話である。

コメントリンク17430 この記事について | Tweet リンク17430


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 9 月 4 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Evernote 6.12 -- Evernote が 社名と同じ名前の情報管理アプリにバージョン 6.12 をリリースして、表を改善し、マルチタスキングを拡張し、また新たに画像ギャラリーを追加した。しかしながら、Evernote Mac フォーラムでリリースノートに対して寄せられたコメントにはクラッシュや同期の問題などが数多く報告されているので、しばらくアップデートせずに待つ方がよいかもしれない。バージョン 6.12 における Evernote の主たる目標は表関係の機能の改善で、行やカラムを丸ごとドラッグ&ドロップしたり、クリック一つで行やカラムを追加したり、隣のカラムの幅を変えずに一つのカラムの幅だけを調節したり、複数個のセルをコピー・ペーストしたりできるようになる。今回のリリースではまた、コンテンツを整理するために役立つタブ (File > New Tab を選ぶ) 機能を導入し、一つのノートの中ですべての画像をブラウズできる画像ギャラリーを追加している。(Evernote からMac App Store からも無料、55.1 MB、リリースノート、10.10+)

Evernote 6.12 へのコメントリンク:

Tinderbox 7.2 -- Eastgate Systems が Tinderbox 7.1 をリリースして、Markdown やその他のマークアップ言語への対応を追加するとともに、フォーマット付けされたテキストをプレビューできるようにした。このノート取りアシスタントおよび情報マネージャはまた、DEVONthink Pro Office からのデータ読み込みを改良し、Bookends や BibDesk からの参照文献データ読み込みを改良し、OmniFocus へのネイティブ対応を追加し、Safari からテキストをドラッグした際に自動的に情報元を記憶するようになった、今回のアップデートではまた、ノートをドラッグしてタッチするまで待つことで手軽に複合ノートを作成でき、他のノートと一緒にきちんと配列して表示できるようにしている。(新規購入 $249、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、アップグレード $98、32.1 MB、リリースノート,10.10+)

Tinderbox 7.2 へのコメントリンク:

BusyCal 3.2 と BusyContacts 1.2.1 -- BusyMac が BusyCal 3.2BusyContacts 1.2.11 をリリースして、いずれのアプリでも Google Login エラーと Exchange 2016 の自動発見に関する問題点を修正した。カレンダーアプリの BusyCal はまた、ペーストしたばかりの URL をクリックした際のクラッシュを修正し、Go to Date シートが 1000 年より前の年を無視していたバグを解消している。BusyContacts は、新規カードを作成した際の自動リンク機能でのクラッシュを修正し、カードを複製または編集した際に自動リンク機能を一時停止するようにしている。(BusyCal は BusyMac からも Mac App Store からも新規購入 $49.99、無料アップデート、11.3 MB、リリースノート、10.11+。BusyContacts は BusyMac からも Mac App Store からも新規購入 $49.99、無料アップデート、5.4 MB、リリースノート、10.9+)

BusyCal 3.2 と BusyContacts 1.2.1 へのコメントリンク:

TextExpander 6.2.2 -- macOS 10.13 High Sierra 互換性の下準備のため、Smile が TextExpander 6.2.2 をリリースした。このテキスト展開ユーティリティはまた、新しい "expand string" スクリプティングコマンドを追加して文字列の展開を自動化できるようにし (詳しくは Smile ブログ記事を参照)、グループ接頭辞とグループ接頭辞無効化機能での空白の処理を改良し (グループごとのスニペット接頭辞について詳しくは別の Smile ブログ記事を参照)、過剰にあった相反するスニペットグループを解消し、サーバの反応が遅い場合にデータ喪失が起こることがあった問題に対処している。TextExpander 6 は月額または年額払いの購読により利用できるが、独立動作の TextExpander 5 も Smile は引き続き $44.95 で販売している。(TidBITS 会員が 20 パーセントの割引を受けられるのはバージョン 5 の購入のみだ。)(購読料金年額 $40、6.4 MB、リリースノート、10.10+)

TextExpander 6.2.2 へのコメントリンク:

Boom 3D 1.1 -- Global Delight が Boom 3D 1.1 を発表した。低音ブースター付きヘッドフォンで 3D サウンドを使っている人には低音を減らすようにしている。また、この 3D 仮想サラウンド・オーディオ・ユーティリティは今回から Boom Player に shuffle と repeat のオプションを追加し、Boom 2 からどんなプリセットでも読み込めるようにし、Boom プレイリストに複数個のトラックを追加できるようになった。iOS 用の Boom Remote アプリもこの Boom 3D 1.1 とフル互換にアップデートされている。このアプリは音量の調節とイコライザー・プリセットの選択を制御できるのに加えて、選択された Mac アプリ (例えば iTunes、Spotify、QuickTime、VLC、およびこの Boom Player) のワイヤレスな再生制御もできる。

Boom 3D の価格は $16.99 だが、Boom 2 または Global Delight のスクリーン・キャプチャ・ユーティリティ Capto の既存のライセンスを持っていれば Global Delight 店舗で 60 パーセント割引が受けられる。Mac App Store から Boom 2 を購入した人は、購入レシートを添えて Global Delight サポートに連絡すればアップグレード割引が受けられる。(Global Delight からも Mac App Store からも新規購入 $16.99、アップグレード $6.80、26.6 MB、10.10.3+)

Boom 3D 1.1 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2017 年 9 月 4 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ハリケーン Harvey があり、また Apple イベントの直前でもあるので、今週はテクノロジー関係ニュースの空白期のようだ。お知らせすべき ExtraBIT はたった一つ、Amazon Echo デバイスが複数の部屋でのオーディオに対応した。

Amazon Echo、複数部屋オーディオ機能に対応 -- Amazon Echo、Echo Dot、Echo Show などの Amazon Echo デバイスを複数個持っている人は、それらを互いにリンクさせて家中で同時に音楽を再生することができる。現在のところこのシステムは Amazon Music、TuneIn、iHeartRadio、Pandora に対応しており、近日中に Spotify と SiriusXM にも対応する予定だ。Alexa アプリを使って、それらの Echo デバイスを例えば "upstairs" と "downstairs" のようなグループに分けることができる。今回の機能追加により、Echo のオーディオ機能が Apple が出す予定の HomePod とも、また Sonos スピーカーシステムとも肩を並べられるものに近づいた。

コメントリンク: 17429


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2017 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

日本語版最終更新: 2017年 09月 08日 金曜日 , S. HOSOKAWA