TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1397/11-Dec-2017

Apple は先週、 macOS 10.13.2 High Sierra、watchOS 4.2、それに tvOS 11.2 のリリースで再びニュースを賑わせた。でも、ニュースのトップ見出しをこれらと競ったのは Apple TV 用 Amazon Prime Video の到来と、Apple Pay Cash のデビューであった。Apple Pay Cash は、Apple Pay と iMessage を使って家族や友人との間でお金をやり取りできるというものだ。それから、BeLight Software の Swift Publisher 5 が当たる抽選もお見逃しなく! 今週注目すべきソフトウェアリリースは MarsEdit 4.0.1、Firefox 57.01、それに Slack for Mac 3.0 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


macOS 10.13.2、あまり目立たないバグとセキュリティ脆弱性を修正

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

前回のセキュリティアップデート 2017-001 は Apple が恥ずかしいバグを修正するために出した緊急アップデートであったが (2017 年 11 月 30 日の記事“Apple、root 脆弱性バグを阻止するアップデートを次々と出す”参照)、その後にすぐ続いて Apple は macOS High Sierra 10.13.2 をリリースした。どうやら今回は単なるマイナーなメンテナンス・アップデートのようだ。この 1.66 GB のアップデートは Software Update 経由でインストールできる。また、Apple は 10.13.1 の走る Mac 用の独立動作のアップデータ (2.08 GB) と、どのバージョンの High Sierra にも使える統合アップデータ (3.02 GB) も提供している。

先週の緊急アップデートをした後なので、今回の 10.13.2 ではリリースノートが簡潔なことを見るだけでホッとする:

また、このアップデートでは以下のような法人向けの修正や改善も施された:

macOS 10.13.2 にはその他に 20 件のセキュリティ修正も含まれており、そのうちいくつかはある程度重要なもののようだ。

どのタイミングで macOS 10.13.2 にアップデートすべきだろうか? 機能性の観点からは、たいていの人にとって今すぐ急いでインストールする必要がある程ではないだろうし、最近の Apple の品質管理のつまずきを考えれば、たとえこのリリースにシステムを壊すようなバグが隠れていたとしてももはや衝撃的なニュースとは言えないのかもしれない。けれども、常に言えることだが、このリリースには誰もが受けるべきセキュリティ修正がいくつか含まれているので、数日間だけ待って早期採用者が何か良くない結果を報告しないか確かめてから、その後でアップデートするのが賢明だろう。それはそれとして、私たちがインストールした限りでは見たところ何の問題もなく働いているようだ。

コメントリンク17669 この記事について | Tweet リンク17669


watchOS 4.2、Apple Pay Cash を加え、HomeKit に水回りを追加

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は、幾つかの注目すべき機能を追加して watchOS 4.2 をリリースした。最も重要なものは、Apple の個人間での支払いシステムである Apple Pay Cash に対するサポートである。これは Apple Watch 上の Messages アプリ経由で (下記のスクリーンショットの 1-3)、或いは Apple Watch 上の Siri を使って (スクリーンショット 4-5) 出来る。("ヘイ Siri, Adam Engst に1ドル送って" 冗談です!)

image

watchOS 4.2 はまた Home アプリ内の HomeKit スプリンクラーと蛇口もサポートするので、水回りの自動化が計れる。自動化と蛇口を組み合わせるなんて予期せぬ問題に悩まされるだけと私には思えるが、遠隔で止める選択肢を持つのは心配性の人には歓迎されるかもしれない。

冬季スポーツに熱中している人は、もうすぐ Apple Watch Series 3 でダウンヒルスキーやスノーボードの詳細を追跡出来るようになるかもしれない。これは watchOS 4.2 が、サードパーティのアプリが使える運動形式にダウンヒルのスノースポーツを付け加えたためである。残念ながら、Apple はクロスカントリースキーに対するサポートについては何も言っていないが、私は HealthKit API のリストの中にこれが定数の一つとして載っているのには気づいた。それが何を意味しているのかは全く定かでない。そのページに載っている他の運動のことを考えれば尚更である (カーリングもそのひとつ!)。

watchOS 4.2 はまた、Apple が明らかにしても良いと思っている少なくとも3つのバグを修正している:

watchOS 4.2 には、7つのセキュリティ脆弱性対策が含まれている。

これ迄の所、我々が気づいた watchOS 4.2 に関する問題は何もないが、数日待ってインストールしても失うものは何もない。とりわけ、最近の Apple の品質管理問題を考えれば尚更である。

watchOS 4.2 は 144 MB のダウンロードで、iPhone 上の Watch アプリ経由でインストールする (Watch > Settings > General > Software Update で)。Apple Watch は充電器につながれ、電池残量は少なくとも 50% あり、そして iPhone の到達範囲にあり、そしてその iPhone 自身は Wi-Fi 上になければならない。1時間かそこらで時計を使おうと思っているのであれば、インストールの作業を始めないこと - watchOS アップデートは遅い。夜間にやるのが一番である。

コメントリンク17668 この記事について | Tweet リンク17668


tvOS 11.2、スポーツを TV アプリに、Apple TV 4K には詳細設定を追加

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は tvOS 11.2 を第四世代 Apple TV と Apple TV 4K に対してリリースした。もし、自動アップデートが未だなされていなければ、Settings > System Software Updates に行くことで Apple TV をアップッデート出来る。

Apple TV 4K を持っているホームシアター熱狂者にとっては、このモデル用の新しいダイナミックレンジとフレームレート設定を Settings > Video and Audio > Match Content で提供しているのは嬉しいであろう。Match Dynamic Range 或いは Match Frame Rate を有効にすると、Apple TV 4K は視聴しているコンテンツの元々のダイナミックレンジやフレームレートに合わせるようになる。これを有効にしていない場合は、コンテンツをあなたのテレビがサポートする最大のものに持ち上げる。

もし Apple TV 4K をお持ちなら、これらの設定を有効にしておくことをお勧めする。私は HDR カラーに持ち上げられたコンテンツがどう違って見えるのかを知らないが、24 frames-per-second のコンテンツが 60 fps に持ち上げられた時にどうなるかは見たことがある。綺麗なものではない。視聴するもの全てが昼メロみたいに見えてしまうことを想像してみてほしい。

他の大きな呼び物は、少なくとも米国のスポーツファンにとっては、TV アプリに対する Sports 画面の追加である。この Sports 画面は、スポーツの広い世界を追跡し、今何が見られるかとその日の残りのスケジュールを表示する。これは本当に世界中のスポーツを追跡する - 私が最初にこれを開いた時、European サッカー、American 大学バスケットボール、American 高校バスケットボール、NBA, そして Canadian カーリングが並んでいた。

image

その中の一つを開くと、もしその試合が進行中であれば、対応するアプリ経由で見る選択肢が与えられる。しかし、ライブの試合を見るには、多くの場合対応するスポーツチャネルに加入しなければならないし、そしてあなたの TV プロバイダーもそのアプリプロバイダーとの契約を持っていなければならない。もしあなたの TV プロバイダーが Apple の単一サインオン機能をサポートしていれば、tvOS がそのアプリを認可する手順を案内してくれる。単一サインオンは Settings > Accounts > TV Provider で設定出来る。幸いなことに、Apple は以前に比べればはるかに多くのプロバイダーをサポートしている。

ゲームのリストの中で、ゲームを Up Next リストに追加して後で見られるように出来る。そのゲームがオンになると、それは Watch Now 画面に現れるはずであり、そして始まる時には通知を受け取るはずである。

image

Sports 画面の一番下にはバナーがあり、自分のお気に入りのチームをクリックして選択出来る。お気に入りのチームは色々なメジャースポーツリーグから選択出来る:MLB, NBA, NHL, 大学、等々である。お気に入りチームを設定すると、tvOS はそれらの試合を Up Next リストに追加し、Sports 画面の目立つ場所に置き、そしてそれらのチームが試合している時には通知もしてくる。

image

image

お気に入りからチームを取り除くには、TV を開いて Sports 画面に行き、下にスクロールして Your Favorite Teams をクリック、お気に入りリストに行き、そのチームをクリック、そして Remove を選択する。

私が失望し、そして少々不可解だと感じたのは、Apple は Sports 画面の網羅範囲がどれ程完全かを示すために格段の努力をしていることを示そうとしている様に見えるのに (カーリングすらある!)、幾つかの人気のスポーツのことを完全に忘れている。例えば、自動車レース、ボクシング、フィギュアスケート、陸上競技、そして総合格闘技 (MMA) と言ったものである。とりわけ MMA の欠如は不可解である。と言うのも Ultimate Fighting Championship は tvOS アプリとなっているからである。

この新しいスポーツ機能は印象的だし、そして私の知る限りでは、他の競合するプラットフォームの追随を許さない。しかし、これらはあなたが伝統的なテレビプロバイダーとアプリを認可することに大きく依存しているので、コードカッター (ケーブルテレビの契約をしない人) 達には殆ど役に立たない。そして、コンテンツのフレームレートに合わせるというオプションは歓迎だが、これは Apple TV 4K でしか使えない。(第四世代 Apple TV は High Dynamic Range カラーをサポートしないので、ダイナミックレンジ設定を合わせると言うこと自体意味をなさない。)

また tvOS 11.2 には7つのセキュリティ修正が含まれる。そのうちの一つは、追加の Wi-Fi KRACK 攻撃に対するものである。この攻撃に対して Apple は tvOS 11.1 アップデートでパッチを開始していた ("tvOS 11.1、Apple TV を KRACK に対してパッチする" 1 November 2017 参照)。

"Take Control of Apple TV" の著者として、Apple TV を推薦しにくい状況下に置かれていることに悲しみを覚える。Apple TV 4K の高価さ、停滞する App Store、そして Movies Anywhere サービスを使えば iTunes 購入の映画の大部分はクロスプラットフォームとなることを考えると ("Movies Anywhere、あなたの映画をプラットフォームの壁から開放" 14 October 2017 参照)、Apple TV の世界で興奮を覚えることなど殆ど何もない。

最近、私の義理の親が新しいテレビを買うのを手伝った時、この厳しい現実を見て私は考え込まされてしまった。税込で $333 の値段で、彼らは Roku ソフトウェアが内蔵された TCL 製の 55-inch 4K テレビを手に出来たのである (それは Target の一日限りの売出しではあったが、このテレビがこの様な値段で安売りされるのは今回限りではないであろう)。画質は優良で、内蔵のソフトウェアは反応も良く、使いやすく、そして親切である。リモコンは単純でありながら、人間工学的である。それは Apple TV より単に価値が高いと言うだけではなく、コンテンツを見ると言う本来の役割でもより良い仕事をしている。義父達は、彼らの古いテレビ用に私が買ってやった $50 の Roku ボックスをとても喜んでいた - Roku ボックスは、価格は低いが、議論はあるかもしれないが $180 の Apple TV 4K よりも能力が高いと言える。

Apple TV の特長は、Apple エコシステムとの統合であるが、はるかに安い競合品や、統合されたスマートテレビの能力に直面した時、Apple TV の価格を正当化するには十分ではないと多くの人が感じるかもしれない。新しいスポーツ機能を別にすれば、Apple はもっとレベルアップする必要がある。

コメントリンク17665 この記事について | Tweet リンク17665


DealBITS 抽選: Swift Publisher 5 が当たる

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple コンサルタント、再販業者、IT 管理者などの人たちと話していて私が意外にも学んだことは、印刷がまだまだ消滅には程遠いということであった。ソーシャルメディアがいくら注目を集めたとしても、葉書や、手渡しの資料や、卓上の案内札の方が、大きな効果を持つものだ。

幸いにも、印刷すべきものは互いによく似ていることが多い。パンフレット、チラシ、カタログ、ニュースレター、メニュー、ドアの取っ手に吊り下げる札、絵葉書、カレンダー、証明書などのプロジェクトだ。例えば三枚折りのパンフレットを作りたい場合、もちろん Adobe InDesign のようなツールには十分以上のパワーが備わっているけれども、それでは実際のコンテンツを考えるために費やす時間よりカラムのサイズ計測やガイドの設定などに費やす時間の方が多くなってしまうだろう。

そこで魅力を発揮するのが BeLight Software の Swift Publisher だ。単なる空白のページを示したり、ほんの数個だけサンプルのテンプレートを用意したりするだけに止まらず、Swift Publisher はすべての処理をあなたが作りたいと思うもののタイプに合わせて実行するため、プロフェッショナルにデザインされた 300 個以上のテンプレートを提供する。印刷による出力が主となっているものの、Swift Publisher のテンプレートには Social Media カテゴリーもあって、ここにはさまざまの Facebook 表紙や Twitter ヘッダーのためのテンプレートが揃っている。

いったんテンプレートを選べば、Swift Publisher がしっかりしたレイアウト用ツールを提供する。マスターページを持ち、枚数無制限のレイヤーに対応し (内蔵の背景および最前景レイヤーもある)、標準的なグラフィックとテキスト機能を備えている。当然ながら、カレンダーのような特殊なプロジェクトにはそれぞれ独自のコントロールが提供される。

image

BeLight は 2000 個以上のクリップアート写真やイラストをここに含めており、$9.99 の Extras Pack を購入すればさらに 40,000 個が加わる。(Extras Pack には 100 個のフォントも含まれる。) Photos アプリの中の写真にアクセスしたり、このアプリの中から直接インターネット上の画像を検索したりすることもできる。あなたのプロジェクトが満足できる状態に達すれば、このアプリの中から直接印刷することもできるが、その際には数多くの枚数を印刷したり、標準的でないストックを印刷したりといったことも前提に含められる。Swift Publisher から PDF、TIFF、EPS、PNG、JPEG に書き出して印刷業者に送ったりその他の目的に使うこともできる。

最新バージョンの Swift Publisher 5 では、MacBook Pro の Touch Bar に対応し、パフォーマンスを大幅に改善し、見開き表示モードを提供し、テキストボックスのリンク付けやレイヤー管理も改良している。

一つ腕試しにカレンダーをデザインしてホリデーの贈り物にしようという人、あるいは他の何か印刷物を作ってみようという人は、2017 年 12 月 17 日の真夜中までに DealBITS ページで応募して頂けば[訳者注: 応募期間は日本時間で 12 月 18 日(月曜日)午後 5 時頃までです]定価 $19.99 の Swift Publisher 5 本のうち 1 本が当たるかもしれない。寄せられた情報はすべて TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。

コメントリンク17671 この記事について | Tweet リンク17671


Amazon Prime Video が Apple TV に登場

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

そうだよ Virginia ちゃん、Apple TV 用にも Amazon Prime Video アプリがあるよ。まだ本当に出たばかりで、どこにも大きく取り上げられていないから、App Store で探すといいよ。

image

いつもの私なら、ここで何か不機嫌な言葉を差し挟むところだ。第三世代の Apple TV 用にはアプリが出ておらず、今後も出る見込みはないといった感じの不平が、思わず口から出かかった。ところが驚いたことに、今回 Amazon は Amazon Prime Video を第三世代 Apple TV 用にもリリースした。Doug Miller が Twitter で、そう証言している! どれほど長い間 Amazon がこのアプリを温めてきたかが、これで分かろうというものだ。

Amazon Prime Video にサインインする -- このアプリを Apple TV にインストールしたら、ログインしないままでもブラウズできるが、何かを視聴するには Amazon アカウントにサインインする必要がある。サインインは Apple TV 上で直接にも、あるいはオンラインでアプリを登録することによってもできる。後者の方法を選んだ場合は、特別の Amazon ウェブサイトに行って、アカウントにログインし、スクリーン上のコードを入力する。

直接ログインで二段階認証が動作するのは珍しいが、嬉しいことにいずれのログイン方法でも二段階認証が働く。多くのプラットフォーム上では、二段階認証を有効にしている場合、そのデバイスをあらかじめオンラインで登録しておく必要がある。(Amazon アカウントでは二段階認証を使うことをお勧めしたい。有効に切り替えるやり方を Amazon が説明している。)

悲しいことに、Apple TV 上で直接にサインインする手順は、二段階認証を有効にしている場合あまり快適とは言えない。オンラインでの有効化を使う気がなければ、Apple TV 上でアカウントにサインインする際の賢明なやり方とは、Apple TV Remote アプリ (または Control Center ウィジェット) を使って、ユーザ名とパスワードを 1Password などのパスワードマネージャからコピーしそれを Remote アプリの中にペーストするという手順だろうと思う。ところが、残念ながら Amazon は二段階認証のコードを入力する際にキーボードによる入力を許さず、スクリーン上でカーソルを動かして入力せざるを得ないので、ペーストすることができない。それだけでもフラストレーションが溜まるが、さらに悪いことに、入力がたった数秒遅れただけでコードが変わってしまう。

image

理想を言えば、二段階認証のコードを Apple TV Remote アプリのキーボードで入力することを Amazon が許してくれればよいのにと思う。でも今のところは、私はオンラインでの登録の方をお勧めしたい。

Amazon Prime Video を使う -- サインインが済めば、Amazon Prime Video アプリは大体予想される通りの見栄えになる。一番上にリンクのセットが並ぶ。最も目立つのは Search で、その後にメインの Home 画面へのリンクがある。その後にはさまざまのコンテンツのコレクション (Originals、Movies、TV、Kids) が並び、それから購入した項目を集めた Video Library、あとで見るとマークした項目を集めた Watchlist、そして最後に Settings がある。

image

別のプラットフォーム上で Amazon から購入したコンテンツへのアクセスも提供されるが、この Apple TV アプリの中で直接 Amazon からコンテンツを購入することはできない。

個々の番組はさまざまのカテゴリーに分けられ、それぞれが水平方向にスクロールするリストとして示される。この点は Netflix アプリと似ている。項目をクリックすればその番組についての詳しい情報が表示され、そこから再生することもできる。

image

気に入ったタイトルを Watchlist に追加する手順は必ずしも分かりやすくない。映画の場合は、上のスクリーンショットにあるように Add to Watchlist ボタンがあるので簡単だ。けれどもテレビ番組の場合は、まずシーズンリストにナビゲートしてから、タッチパッドを押して押さえ続けることでそのシーズンが Watchlist に追加される。どうしてボタンを一つ追加してくれないのか?

image

Amazon Prime Video はシステムワイドの検索と TV アプリの両方ともに対応していて、メジャーなストリーミングサービスでまだそれを実現できていない Netflix を取り残す結果となったが、バグはある。Amazon Prime Video アプリは Prime 購読の際に無料で付属していたコンテンツと、あなたが Amazon から購入したコンテンツの双方に対応しているので、結果的に Apple のコンテンツ管理フレームワークが混乱に陥ってしまうのだ。

例えば、映画 "My Cousin Vinny" を検索して、Open In ボタンをクリックし、それから Open in Prime Video を選ぶと、Apple TV は何の役にも立たないリストを示す。この映画は Prime からは入手できず、Apple TV 上での購入もできないからだ。また、監督名は Fox, Fox, Fox, Fox (無限に続く) らしい。

image

まだ粗削りなこれらの点は、Apple と Amazon があまりにも長い間角突き合わせてきたことのあらわれだ。(Prime 購読者向けの) 無料コンテンツと有料のビデオを混ぜて扱う Amazon のやり方は、購入するすべてのデジタル製品から 30 パーセントの取り分を徴収する Apple のやり方と衝突する。他のプラットフォームでは、他のあらゆる Amazon のやり方と同様に、Amazon Prime Video アプリはあなたが Amazon からもっと多くのものを購入するよう仕向けるためにデザインされている。けれども Apple TV 上では、Amazon は Apple に分け前を取られずに何かを売ることができない。こうして、検索によってあなたが購入できる映画やテレビ番組が見つかっても、このアプリの中からは購入できず、ウェブブラウザに切り替わってから購入することになる。

ユーザーの観点からは、Amazon がこのアプリをデザインする際に購入可能な映画やテレビ番組を無視して Prime ビデオと購入済みのタイトルのみを表示するようにしてくれたら良かったのにと思う。けれども Amazon の観点からは、他の場所で購入可能なタイトルをも表示することで、たとえそれが Apple TV から直接入手できないコンテンツなので効率が多少落ちるとしても、売上げの促進にはなり得るだろう。

いずれにしても、やっとのことで Amazon Prime Video が Apple TV 上に実現したのは嬉しい。これで、Apple TV が以前より大幅に完備の度合いが上がったプラットフォームになったと感じられる。

コメントリンク17667 この記事について | Tweet リンク17667


個人間決済用 Apple Pay Cash の使い方

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst, Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

Apple Pay Cash が、iOS 11.2 のアップデートの数日後に、米国でついに使えるようになった。技術的には、Apple Pay Cash は、iOS 11.2 のアップデートに含まれていた。当初、Apple は、遡ること 6 月の今年のWWDC で、iOS 11 用の機能としてこれを発表した。("iOS 11、多くの細かな点で賢くなる" 2017 年 6 月 5 日参照)

Apple Pay Cash は、個人間の Apple Pay 機能に対する公式名称であり、WWDC ではまだ名付けられていなかった。Square Cash、Venmo、そして、その他のサービス同様、これを使うと、他人に送金が可能となる。これは、送金相手が iOS 11.2 を使用していることが前提だ。これは、他のiOS ユーザーとお金をやり取りする最も簡単な方法で、現金、金、そして、鶏 (*) をお払い箱にするものだ。流行りの Apple を使わずに、友人や家族とお金をやり取りするには、Glenn Fleishman が、"Circle、Square、そして Venmo: 支払いアプリから iMessage 経由で支払い" (2016 年 10 月 3 日)で説明した他の決済サービスのうち、どれか一つについて調べていただきたい。(* 訳者注: 2010 年 4 月 19 日、共和党の Sue Lowden 候補は、Nevada 州の上院議員選における医療費削減問題にからんで、「昔は(病院代として) 医者に鶏を持って行ったものだ」と発言した。彼女の政策は、"chicken-based healthcare plan" と呼ばれており、ここでchickens が出てくるのは、これらに由来しているものと思われる。)

Apple Pay Casn の設定 -- Apple Pay Cash が使えるようにするには、初めに Apple Pay を設定しなければならない。もしその設定が必要なら、iOS 11.2 のアップデート・プロセスの後で、おそらくそうするように促されたであろう。その時、指示を無視した場合は、Settings > Wallet & Apple Pay > Add Credit or Debit Card をタップすること。これは分かりやすいプロセスだが、ひょっとすると、例外的に、銀行による Apple Pay の認証が分かりにくいかもしれない。これは、銀行ごとに異なっている可能性がある。Chase では自動的に設定がなされるが、Ally の場合、Apple Pay の認証のため、Josh は、モバイル決済のための特別な部署に電話しなければならなかった。

また、Apple ID は、2 ファクタ認証も有効化しておかなければならない。iOS 10.3 以降では、Settings > あなたの名前 > Password & Securityで、これを行う。Apple Pay Cash を使うつもりがあろうが無かろうが、私たちは、2 ファクタ認証をオンにすることをお勧めする。これによって、あなたのセキュリティは、格段に強化される。

いったん Apple Pay を設定したら、Settings > Wallet & Apple Pay で、Apple Pay Cash のスイッチを有効にして、指示に従うだけだ。何らかの理由でこのスイッチが現れない場合は、Settings > General > Shut Downに行って iPhone の再起動を試みてほしい。それから、Sleep/Wake またはサイドボタンを押して、iPhone を再度オンにする。

Apple Pay Cash をオンにすると、Wallet アプリ内に、Apple Pay Cash と呼ばれる新しいカードが作成される。このバーチャルなカードに、Apple Pay Cash で受け取ったお金が貯まる。また、自分の Apple Pay Cashカードに、お金を追加することもできる。だが、利息はいっさいつかない点に注意すること。Apple Pay Cash は、ちょうど、他のデビットカードと同様に機能し、Apple Pay での購入や、他の Apple Pay Cash ユーザーへの送金に使うことができる。

興味深いことに、Settings > Wallet & Apple Pay > Apple Pay Cash に行って、Network のリストまで下にスクロールすると、リストにDiscover Debit があるのに気付くだろう。その通り、Apple Pay Cashカードは、実際には、バーチャル Discover カードなのだ。つまり、Apple Pay Cash カードは、Discover と NFC による支払いを受け付ける店でしか使えないということだ。(Wallet で Apple Pay Cash カードをタップし、それから、右下隅の丸に囲まれた小さな "i" をタップして、自分の Apple Pay Cash カードの設定を見ることもできる。)

Apple Pay Cash のその画面に、あなたが、まだいないのであれば、設定のためのいくつかのタスクを完了するために、そこに行くこと。差し当たり、Balance の下にあるものはとばして、Accepting Payments のヘッダを見てほしい。デフォルトでは支払いを自動的に受け取ることになっていて、お金を自分のために自動的に受け取ると、厄介な状況になる可能性が考えられる (政治家の方、ご注意を!) のでなければ、おそらくそれで良いだろう。

下にスクロールし、Billing Address の設定をチェックし、それが正しいことを確認すること。また、Verify Identity の設定も探すこと。これは重要だ。私たちの iPhone では、「Apple Pay Cash を継続的に使い続けるために、アイデンティティの照合を完了すること。」と書かれていた。

image

Verify Identity をタップすると、法律上の氏名、住所、Social Securityナンバーの下 4 桁、そして生年月日を入力するよう指示される。

自分のアイデンティティを照合しない場合は、Green Dot Bank(Apple Pay Cash に関して Apple が運営している銀行) が、あなたの口座を閉じて、口座に入っているお金しか使えないようにし、あるいは、口座は使えるものの、決済について制限が付けられたりするかもしれない。詳細については、契約条件の全文を見てほしい。こうした要請は、テロに対する財政支援やマネー・ロンダリング活動と闘うために、連邦法によって定められている。

お金のやり取り -- Apple Pay Cash の画面を離れる前に、もう一つ指摘しておきたい。画面の最上部付近にある Add Money オプションをタップすると、Apple Pay で紐付けされたデビットカードか、または、プリペイドカードから、自分の Apple Pay Cash カードにお金を追加することができる。金額を入力する画面では、キーパッドが提供されるが、利便性のために、10 ドル、20 ドル、そして、50 ドルのクイック・ボタンもある。

自分の Apple Pay Cash 口座にお金を追加したいと思うのに、どんな理由が考えられるだろうか? 誰かに送金するのだが、自分の口座にお金がじゅうぶん無い場合、Apple Pay Cash は、紐付けされたカードからお金を引き出す。もし、自分のデビットカードの口座で、Apple Pay Cash の少額の決済を数多く見たいと思わない場合は、Apple Pay Cash カードに予めお金を充当しておけば、その効果が得られることになる。

Apple Pay Cash でお金を送る、または、お金を請求するには、Apple Pay Cash の Messages アプリを使う。このアプリは、Apple Pay Cashを有効化すると、自動的にインストールされる。お金をやり取りしたい相手との iMessage のスレッドで、アプリの抽出しが示されていることを確認し(必要なら、アプリのボタンをタップすること)、それから、抽出しの中のApple Pay ボタンをタップすること。

お金を受け取る人が、iOS 11.2、または、watchOS 4.2 以降を走らせていない場合は、エラーメッセージを受け取ることになるのに注意していただきたい。Apple は、Apple Pay Cash による決済を妨げる可能性のある事柄について、あらゆる種類をリストに掲げている

image

あなたからお金を受け取る人が Apple Pay Cash を使えるのなら、プラスとマイナスのボタン、1 ドルの金額、そして、Request と Pay のボタンがついたパネルを目にすることになる。

image

最初に、1 ドルの金額を入力する。デフォルトは 1 ドルだが、プラスとマイナスのボタンで、金額を増やしたり減らしたり、あるいは、Show Keypad をタップして、金額を直接入力することができる。ドルとセントを含む金額を入力するには、キーパッドを使うこと。入力が終わったら、Request または Pay をタップし、然るべきお金のやり取りをメッセージに挿入する。

image

不測の送信については、心配しないでいただきたい。なぜなら、他のMessages アプリとちょうど同じように、お金やリクエストは、送信ボタンをタップするまでは、送信されないからだ。気が変わったら、右上隅の小さな x をタップして、Apple Pay Cash の添付を消去することができる。他の Messages の添付と同様に、添付の下にコメントを加えることもできる。興味深いことに、メッセージの吹き出しは黒で、あなたの友人の一人が Apple Pay Cash の支払いを送信しようとしている場合は、そのために、特別な進行中の吹き出しが出てくる。

image

送金の際には、通常の Apple Pay のプロンプトで、決済を確認する最後のチャンスが一度ある。Touch ID デバイスでは、指紋を促されるだろう。iPhone X では、代わりにサイドボタンをダブルクリックし、Face ID で認証することが求められるであろう。

Apple Pay Cash の口座残高が決済をカバーする十分な金額であれば、Apple Pay Cash が利用可能な唯一の支払い手段だ。だが、残高が十分でない場合は、画面の最下部に、Apple Pay のデフォルトの支払い手段がリストアップされているのを目にするであろう。複数の支払い手段が設定されている場合は、支払い手段をタップして変更することができる。

ここで注意! その決済に、デビットカードや「使用可能なプリペイドカード」ではなく、クレジットカードによる支払いを選んだ場合には、3% の決済手数料が課されるのだ。これは大した金額ではないが、Apple Pay Cashを頻繁に使うつもりなら、デビットカードを紐付けする方が合理的だ。

image

誰かがあなたにお金を請求する場合、あなたは、Pay ボタンのついたメッセージを受け取り、そのボタンをタップして支払いを始めることになる。同様に、支払いを受け取るのに、マニュアルでの承認が設定で必要になっている場合は、メッセージの添付に現れる Accept ボタンをタップする必要がある。

image

誰かがお金を請求することを可能にする別のやり方は、メッセージで、単にドルの金額を言うだけだ。すると今や、メッセージ中のドルの金額はリンクになり、それをタップすると、その金額が挿入されて Apple Pay Cash が起ち上がるか、あるいは、画面上で金額の変更になる。また、QuickTypeバー上に、Apple Pay ボタンがあるのも目にするであろう。それをタップすると、事前に金額が入力された Apple Pay Cash が起ち上がる。

image

お金を受け取ると、デフォルトでは、そのお金は Apple Pay Cash カードにとどまる。だが、それは、紐付けされた銀行口座に引き出すことができる。

送金に Siri を使うこともできる。「お母さんに、1 ドル送ってくれ。」といったようなことを Siri に言ってみるがよい。Siri を通じて支払いを開始することができるアプリが複数あるのなら、どれか一つを選ぶように言われるだろう。

image

私たちがこれまで使ったところでは、Apple Pay Cash は使いやすく、完璧に機能した。

Apple Watch 上の Apple Pay Cash -- Apple Pay Cash は、Apple Watchを watchOS 4.2 にアップデートしていれば、自分の Apple Watch でも使うことができる。"watchOS 4.2、Apple Pay Cash を加え、HomeKit に水回りを追加 " (2017 年 12 月 6 日)

iOS で Apple Pay Cash を設定した後に、Watch のアプリで Apple Pay Cashを設定しなければならないかもしれない。iPhone の Watch アプリで、My Watch の画面で、Wallet & Apple Pay > Apple Pay Cash に行き、Continue をタップして設定すること。

他の人たちは、する必要はなかったのだが、Josh は、Apple Watch を再起動しなければならなかった。再起動するには、Power Off スイッチが現れるまでサイドボタンを長押しし、それから、Power Off ボタンを右にスワイプする。そして、Josh は、サイドボタンを再び押して、Apple Watch を元に戻した。

Apple Watch の Meesages アプリで送金が可能だ (下記のスクリーンショット1-3)。あるいは、Apple Watch の Siri を使って、送金や請求が可能だ(スクリーンショット 4-5)。(「ヘイ、Siri、私の姉に、1 ドル頼んでくれ。」) 送金の際、Apple Watch の Meesages では、デフォルトのカードが使用されるが、そのカードをタップして、別のカードを選ぶことができる。あなたが、Apple Pay 用にはクレジットカードの方が好きだが、Apple Pay Cash 用にはデビットカードを使いたいのであれば、そうしたいと思うかもしれない。

image

とにかく、Apple Watch の Messages アプリで、Send をタップすると、決済確認のため、サイドボタンをダブルクリックするよう、もう一度促される。こうすることで、必要なら取り消しが容易になる。

現金化 -- Apple Pay Cash カード上のお金は、定期的に Apple Pay Cashで他人にお金を払ったり、定期的に Apple Pay で買い物したりするのでなければ、あまり役に立たないであろう。もし、そうしたことをあまりしないのであれば、Settings > Wallet & Apple Pay > Apple Pay Cash > Transfer to Bank に行って、そのお金を引き出して、銀行口座に入れることができる。

以前にお金を移したことがないのであれば、Add Bank Account をタップして、設定を行わなければならないであろう。銀行の口座番号と支店番号を手元に準備すること。一番難しいのは、これらの番号を見つけるところだ。Apple は、手助けのために、便利な図を提供している。

image

お金を引き出す段になると、そのプロセスは、他の Apple Pay Cash の決済と同様の動作となる。金額を入力し、それから、パスコード、Touch ID、または Face ID で、本人であることを証明する。

多くの金融取引と同様に、Apple Pay のお金が、自分の銀行口座に入金されるのに 1 日から 3 日かかる。Apple は、お金を自動的に引き出す方法は提供していない。だが、Apple Pay Cash は、単に個人間決済用であって、スモールビジネスの決済用ではないので、このことは、それほど大きな苛立ちの元にはならないはずだ。

私たちは、ユーザーが Apple Pay Cash に貯めるお金の全てから、Apple が利息をどのくらい稼ぐことになるのか、ぜひとも知りたい。たとえ、一人あたり 20 ドル未満だとしても、それでもなお、Apple が稼ぐ利息は、最終的には数百万ドルになる可能性がある。

みなさんは、Apple Pay Cash を使うと思いますか? コメントで、私たちに教えていただきたい。

コメントリンク17670 この記事について | Tweet リンク17670


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 12 月 11 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

MarsEdit 4.0.1 -- Red Sweater Software が MarsEdit 4.0 をリリースした。もう 7 年間も開発が続けられているこのブログ用エディタへの、大幅なアップグレードだ。(TidBITS が最後にこのアプリを取り上げたのは 2011 年だ。2011 年 12 月 2 日の記事“MarsEdit 3.4.1”参照。) 新しい MarsEdit では見栄えが一新され、WordPress 対応を拡張し (投稿に見出し画像を設定したり Post Format を選択したりできる)、Rich Text エディタによく使う編集変更やライブ画像のサイズ編集などができる視覚的なボタンの付いたエディタを組み込み、プレビューテンプレートの自動生成、Markdown, MultiMarkdown, Convert Line Breaks に対するネイティブなプレビューフィルター、また投稿を Mac にバックアップするためのブログ・アーカイブ機能の拡張などを盛り込んでいる。

バージョン 4 のリリース後、Red Sweater Software はバージョン 4.0.1 を素早く出して、アプリ内購入が無視されることのあった問題を修正し、HTTP ベースの URL で HTTPS を必要とするサイトを設定する際の問題点を解消し、ツールバー上のアイコンがぼやけてしまった見栄え上の問題を修正した。

MarsEdit 4.0 にはフルに機能する 14 日間無料試用版があり、Red Sweater Software ウェブサイトからも Mac App Store からも入手できる。期間が過ぎればアプリの価格が $49.95 となる。MarsEdit 3 のライセンスを持っている人は $24.95 でバージョン 4 にアップグレードでき、2017 年 6 月 1 日以降に MarsEdit 3 を購入した場合には無料アップグレードを受けられる。(Red Sweater Software からも Mac App Store からも新規購入 $49.95、アップグレード $24.95、14.5 MB、リリースノート、10.12+)

MarsEdit 4.0.1 へのコメントリンク:

Firefox 57.01 -- Mozilla が次々とマイナーな Firefox リリースにメジャーなバージョン番号を付けて出し続けているので、ここ一年間ほど Firefox をこの TidBITS 監視リストで取り上げることはしていなかった。(2016 年 9 月 22 日の記事“Firefox 49.0”参照。) けれども、Firefox Quantum と名付けられた今回の Firefox 57 は、その高速化、ユーザーインターフェイスの一新、メモリ使用法の改良などの点で特筆に値する。Mozilla は Firefox Quantum のコアを新しい CSS エンジンを使って完全に刷新し、低電力消費のために最適化されたマルチコアのプロセッサをこのエンジンがより良く活用する。今回の新バージョンでは、あなたが見ているタブに他のタブより大きな優先度を与えてシステムのリソースをより良く使えるようにし、ビデオを再生しているタブが背面へ送られた際やビデオがスクリーン上に見えなくなった際に動画のデコーディングを停止するようにした。この新リリースではまた、アドレスバーと検索バーを統合し、改良された新しいタブページに最も頻繁に訪れているサイトを含め、環境設定セクションを拡張してすべてのサイト設定を管理できるようにしている。(無料、52.5 MB、リリースノート、10.9+)

Firefox 57.01 へのコメントリンク:

Slack for Mac 3.0 -- Slack が Mac 用デスクトップクライアントのバージョン 3.0 をリリースした。このグループメッセージングシステムおよび生産性ツールへの大幅なアップデートで、たくさんのワークスペースがある場合でもメモリ使用量を大幅に削減してより高速に起動するようにしている。今回このアプリはワークスペース間の切り替えをより素早くし、現在サインインしていないワークスペースを錠前バッジで示すようにし、ドラッグ&ドロップ時のリロードの速度を改善し、ビデオをフル画面表示する時にはサイドバーを非表示にし、macOS 10.13 High Sierra で起こったいくつかのクラッシュを修正し、メッセージのスクロール中のちらつきを解消している。(Slack からも Mac App Store からも無料、71 MB リリースノート、10.9+)

Slack for Mac 3.0 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2017 年 12 月 11 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS では、Apple がオーディオ識別アプリ Shazam を買収しようとし、iOS および Android 用の Ai.Type キーボードが 3,100 万人以上のユーザーのデータを漏洩させ、Apple によるアプリテンプレートの禁止が小企業に悪影響を与えつつあり、Apple が HomeKit の脆弱性をパッチし、新しいジェスチャーに依存する iPhone X が複雑な問題であることが判明する。

Apple、オーディオ識別アプリ Shazam を買収 -- Apple が、楽曲・テレビ番組・映画・広告などをオーディオ特徴により識別する人気のアプリ Shazam を買収するつもりであることを認めた。報道によれば Apple は 4 億ドル程度を支払ったとのことで、Shazam に「エキサイティングなプランを用意している」という。現在既に Siri に向かって "What's playing?" と尋ねればオーディオを Shazam が識別するようになっているので、Apple がさらなる統合をどのような形で考えているのかははっきりしない。

コメントリンク: 17679

iOS および Android 用 Ai.Type キーボードがユーザーデータ漏洩 -- サードパーティのキーボード会社 Ai.Type が、3,100 万人以上の iOS と Android ユーザーのデータをうっかり漏洩させ、ユーザーの名前、電話番号、ソーシャルメディアプロファイルに付随した情報などが流出した。不幸なことにサードパーティのキーボードの多くはユーザーのデータにフルにアクセスする必要があるので、どれかのキーボードがハックされたり、あるいは今回のように不注意でユーザー情報を漏らしたりすることがあっても驚くには当たらない。もしもあなたが Ai.Type を使っているなら、今すぐそれを取り除くのがよいかもしれないし、他のサードパーティキーボードのどれかに依存して使っていてそれにフルアクセスを認めているなら、そのキーボードからもデータが漏洩する可能性があることを考えておくのもよいだろう。

コメントリンク: 17678

Apple によるアプリテンプレート禁止が小企業に悪影響 -- 2017 年 7 月に、Apple は App Store のルールを改定して、テンプレート化されたアプリやテンプレートを使って生成されたアプリを禁止した。これは、スパム目的のアプリを減らすことを狙っての措置のようだ。けれども今や、Apple はレストランやフィットネススタジオその他の小企業のためにアプリのテンプレートを作っているメーカーに警告を発して、2018 年 1 月 1 日以降はそれらのアプリを受け付けないと告げている。アプリのテンプレートや生成ツールは、一から独自にアプリを開発するための資源を持たない小規模のビジネスによって利用されている。不幸なことに、Apple によるこのルール変更の結果として、それらのアプリメーカーの中には既に閉店せざるを得なかったところもある。Apple のこの行動は下院議員 Ted Lieu (民主党、カリフォルニア州) の注目を得て、同議員は Apple に考え直すよう訴えた。

コメントリンク: 17677

HomeKit に脆弱性発見、既にパッチ済み -- 9to5Mac の Zac Hall が Apple のホームオートメーション用フレームワーク HomeKit の脆弱性を発見した。結果としてスマート鍵やガレージのドア開閉器などのアクセサリーを権限のない人がコントロールできてしまう可能性が生じた。良いニュースは、Apple が既にサーバ側でこのセキュリティホールを閉じたので、あなたのデバイスはもはや脆弱でないことだ。不幸なことに、Apple がサーバ側で修正を加えたことにより、あなたが共有ユーザーに遠隔アクセスの権限を与えることができなくなってしまった。将来の iOS アップデートで、この脆弱性が取り除かれるとともにフル機能性が復活するはずだ。[訳者注: この脆弱性と遠隔アクセスの問題を解決した iOS 11.2.1 と tvOS 11.2.1 がリリースされました。]

コメントリンク: 17673

iPhone X、ジェスチャーの長所と短所を暴露する -- iPhone X における最も極端なインターフェイス変更は、お馴染みだった Home ボタンがなくなったことだ。このため広いスペースが空き、より大きなディスプレイが実現した。けれども Home ボタンが失われたことで、Apple はその機能をさまざまの新しいジェスチャーで置き換えなければならなかった。Nielsen Norman Group の Raluca Budiu が、ジェスチャーの直面するインターフェイスの難問を探求する。見つけやすさ、覚えやすさ、スワイプの曖昧さなどが問題となる。Budiu は Apple の iPhone X でのやり方がつまずくところをいくつか具体的に挙げるが、彼女は iPhone X の新しいジェスチャーの必要性を思い出させるものとして画面上の Home 線を称賛する。iPhone X を持っている人も、これから手に入れようとする人も、ぜひともこの記事を読んで、iPhone のユーザー体験がどのように変わったのかを理解して頂きたい。

コメントリンク: 17664


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2017 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

日本語版最終更新: 2017年 12月 16日 土曜日 , S. HOSOKAWA