TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#709/11-Dec-03

いよいよ年末祝日シーズンです!そして我々の恒例のダブルサイズ TidBITS ギフト特集の時期が今年も来ました。今年も TidBITS の仲間からの年末ギフトの提案でぎっしりいっぱいです。もし友人や親戚のための完全なギフトを求めてまだ探し続けているのであれば、ハードウェア、ソフトウェア、それにその他のアイディアについて読み進めて欲しい。どんな人でも、例えその人が Macintosh を使っていなくとも、その人にぴったりのものが見つかること請け合いです。("iPod はいい。iPod グッズをもっと買おう。") 自分用のリストにいくつか追加するのも忘れないで!

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


GiftBITS/11-Dec-03

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@earthlink.net>

我々の伝統の年末ギフト特集にようこそ。読者から寄せられた数多くの提案についてお伝えする。これらはあなたの愛する人への贈り物、或いはまた自分用のリストに加えるものを決めるのにお役に立てるであろう。この特集について自分で気に入っているのは、これらの提案が単に誰に何を上げるかを考える助けになるだけでなく、どうしてそれを選択するのかについても考える手助けになってくれるからである。物そのものは、昔物が無かった時代ほどにはありがた味がなくなってきているが、心を込めて選ばれたものは多くのことを語ってくれる。例えば、去年のクリスマスに、私の家族は我々に小さな果樹園を贈ってくれた。父は家族のメンバーが選んだ果実の木を注文してくれ、鹿よけの囲いを作ってくれ、そして私がこれらの木を植え、手入れの要る最初の一年間の世話をする手助けをしてくれた。果物ならばスーパーでいつでも買えるが、この果樹園は私にとっては完全なギフトであった。それは、私の家族が、私は美しくて長持ちする実用的なものを作るのが好きであるが、趣味を持ったり、長い時間に渡っていつも気を配っていかなければならない自分のプロジェクトを始める時間が無くてイライラしているのに理解を示してくれていることを物語ってくれたからである。

それでは提案の方へどうぞ。そして、我々 TidBITS の全員から - Adam Engst, Tonya Engst, Geoff Duncan, Jeff Carlson, Mark Anbinder, Matt Neuburg, そして Glenn Fleishman - 皆さんの望みがかないますように!


2003 年末ギフト提案:ハードウエア

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@earthlink.net>

この休日シーズンにかっこいい新品の PowerBook, iBook, iMac, あるいは Power Mac G5 を貰うのは困るという人はいるだろうか?勿論我々の中にはいないが、読者の中にはもっとつつましくて値段も手頃なものをとお思いの方も居られるであろう。その様な人のために、ハードドライブ、マウス、そして今年はレーザープリンタについても章を割いて取り上げる。この他にもこれまでに取り上げているハードウェアギフトについても目を通されることをお勧めする;去年のリストに上がったものでも Mac ユーザーの多くにとっては嬉しいものばかりであろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1249>
(日本語)2001年末ギフト提案: ハードウェア (日本語)2002 年末ギフト提案 : ハードウエア
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=866+1240+1534+1804+2123>

寝静まったイブ、マウス一匹現れず -- TidBITS のギフト特集で Kensington のポインティングデバイスを何か一つ取り上げないと収まらないというものである。それで今年は、Lorin Rivers が彼のお勧めとして Kensington Optical Elite マウスを出してきた。これは五つボタン、スクロールホイール、出来のいいドライバ (評判の MouseWorks ソフトウェア)、それに伝説の電話サポートを売りとしている (もっとも Mark McKean は後で自分の経験から言えば Kensington のオンラインサポートは電話サポートの質に比べると足元にも及ばないと言っている)。

<http://www.kensington.com/html/1212.html>

ハバ ハバ! TidBITS のスポンサーの Dr. Bott はその USB ハブのお陰でお得意様を作ったようだ。Michael Tardiff はこう書いてきた、"今年を振り返ってみると自分の 12インチ PowerBook 用に色々なものを買ったが、一番役に立ってそれに一番使われたもの、という見方をすると図抜けて一番に挙げられるものがある:それは Dr. Bott T3Hub Portable 3-port USB ハブである。小型で、どの Mac にも合うよう三色が用意されており、また持ち運びにも便利である。小ささの他に一番気に入っているのは、電源を必要としないにも拘らず USB LED キーボードの照明も働くし USB ワイヤレストラックボールも同時に使える、それだけでなく私の経験からすれば私の試した限りの機器はどんな組み合わせでも働いた。これまで安価なハブでは散々な目に遭ってきたが、これは素晴らしい。PC のユーザーにも一つあげた事があるが私と同じように気に入っている。強迫観念的な話をすれば、これには三つの穴用の小さなプラスチック製の栓とオスのプラグがついてくる。これらのプラグは失くしやすいが、細かいところにまでの気配りをしている印とも言える。

<http://www.drbott.com/prod/db.lasso?code=3105-T3IB>

Mike Cohen もその仲間の一人である。"Dr. Bott の T7Hub を私は大変気に入っている。私の見た中では一番小さくかつかっこいい 7ポートハブだし、何を接続するかによるが外部電源あり・なしのどちらでも動作する。少なくとも私の持っている機器とはすべて満足に動作する、Canon N650U スキャナはその一つである。Asante 8ポートハブとでは VueScan はこれを認識しなかったが T7Hub とだと認識する。

<http://www.drbott.com/prod/db.lasso?code=3122-T7UW>

ハードプレゼント -- Joseph Jobes はちょっと実用的過ぎるかも(とはいっても、雑草抜き機よりはロマンチックだよ!)という進言をしている。いとしい人に外部ハードドライブにいいバックアッププログラムを付けて贈るのである。我々は Retrospect をお薦めするが、他にもいい仕事をするものはある。Maxtor OneTouch シリーズのドライブには Retrospect Express が付いてきて賢い OneTouch ボタンがバックアップを起動する。そして、CMS ABSplus ドライブ(ポータブルとデスクトップのバージョンがある)には独自のバックアップソフトウェアが付いてきて接続すると同時にバックアップを開始する。勿論、これらの一つを自分用のリストに加えるのもいい考えである。なぜならば、Joseph が言っているように、"失ったり、傷ついたり、あるいは破損したりしたファイルを回復できた時の喜びは何にも勝る!"

<http://www.maxtor.com/en/products/external/onetouch/>
<http://www.cmsproducts.com/products_backup.htm>

Christopher Schmidt はハード機器の選択でもうちょっと具体的だ。 "私は SmartDisk FireWire ドライブが好きだ。なぜならば私のフラットパネル iMac と同じくらい静かで居間での使用にも耐えるからだ。私のは旧型の FireWire 専用モデルだが、最近は二インターフェースモデルもありそれも同じ頑丈な筐体を使っている。最も $230 の値段では、手軽なプレゼントというわけにはいかないが。"

<http://www.smalldog.com/product/43485/tb/>

Jim Foster は多少違う方向から来ている。彼は 3.5インチドライブ用の Macally FireWire/USB 2.0 (PHR-100AC) External Hard Drive Enclosure を推薦している。彼は言う、"これは実に素晴らしい。この間、私の古い Bondi Blue iMac が死んでしまった。これには数年前にインストールした 60 GB の内蔵ハードドライブが付いており、そこにあるファイルにアクセスする必要があった。このドライブを取り出す作業は多少煩雑ではあったが、それを Macally の筐体に挿入するのは数分の手間である。それで、それを持って女房のフラットパネル iMac の所に行きつなぎ込めば彼女のデスクトップには私の二つのパーティションが表示されたのである。更に、私が今使っている 500 MHz iBook のみならず女房のフラットパネル iMac でもこれを起動ボリュームとして使うことが出来た。要は、もし家庭内に余分の Mac があって、FireWire ドライブの筐体を持っていれば、例え一台の Mac がダメになったとしてもすぐに現状復帰が可能になるということである。"

<http://www.macally.com/spec/firewire/storage/phr250cc.html>

安価なレーザー -- 驚くほど多くの人が、いとしい人に安価なレーザープリンタを買ってあげるのを薦めている。トナーを融かす匂いほど "Happy Holidays" にふさわしいものはない。Kevin van Haaren は、リベート後で $100 で買った Samsung ml-1710 が、彼のインクジェットより早いし、ページ当たりのコストも低く、かつほとんど全てのメジャーなオペレーティングシステムをサポートしていることに満足している。とは言っても彼の家族全員に気に入られたわけではない:"欠点はといえば、私の猫がインクジェットの方が好きだということ。インクジェットだと彼は紙が引き込まれ出てくるのを眺めていられるが、レーザープリンタのペーパートレイは紙を隠してしまうのである。" 猫の中にはレーザープリンタの方を好むものもいる、と言うのも眠るのにちょうどいい暖かさを提供してくれるから。

<http://www.samsungusa.com/cgi-bin/nabc/product/b2c_product_detail.jsp?prod_id=ML-1710%252fXAA>

Tomoharu Nishino は Kevin のアイディアに同意である。彼は、HP LaserJet 1012 を推薦している。これは毎分15ページの印刷速度で、瞬間オン機能付きで10秒で立ち上がり、600 dpi (擬似モードで 1200 dpi) で印刷、USB 2.0 で接続、そして箱から出した状態で Mac OS 9 と Mac OS X をサポートしている。彼は更に続けて、"これは小型で(私の Epson のインクジェットとほぼ同じサイズ)かつ軽い。月 5,000ページの負荷率も大抵の家庭用途には十分であろう。そして、これは HP なのでトナーカートリッジも広く入手できる。強いて欠点を挙げれば、印刷時に多少うるさいことと、USB なので押入れの中に設置するのは難しいことであるが、$200 の値段を考えればあまり文句は言えない。"

<http://h10010.www1.hp.com/wwpc/us/en/en/WF05a/18972-236251-236263-14638-236263-377934.html>

Curtis Wilcox も同調者の一人だ。"昨年、私のフィアンセが Brother HL-1440 (現在の価格約 $180) を買った。物理的には LaserJet 1012 よりずっと大きく重いが、1012 のインクジェットスタイルのペーパートレイ(Kevin の猫は好きであろうが)ではなく普通のペーパーカセット式である。たったの 2 MB の RAM しか付いてこないが、90年代によく使われた安い 72ピン SIMM でのアップグレード (最大 34 MB) が可能である。自分でも LaserJet 1012 の音を昨日聞いてみたが、印刷時の音は Brother HL-1440 と大して変わらないと感じた。Mac OS X との相性もいいし、印刷の出来も上等である。同じような価格帯では、Lexmark E220 もいい選択であろう。"

<http://www.brother.com/usa/printer/info/hl1440/hl1440_ove.html>
<http://www.lexmark.com/US/products/overview/0,1224,MzU5M3wx,00.html>


2003 年末ギフト提案:ソフトウエア

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: 佐藤浩一 <koichis@anet.ne.jp>

私たちは最初、ソフトウエアを提案する時は毎日とても役に立つようなユーティリティを推奨しようと思っていた。だが、ソフトウエアと一口に言ってもいろいろな種類があるので、今年はユーティリティの他に少し変わったものも入れている。昨年のソフトウエアのお勧めも是非見て欲しい。多くのソフトウエアに加え Mac そのものの息が長いので、去年のソフトでも充分通用することだろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1250>
(日本語)2001年末ギフト提案: ソフトウェア (日本語)2002 年末ギフト提案: ソフトウェア
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=867+1241+1536+1802+2122>

ウェブの情報を必要なときに -- TidBITS のライター兼編集者である Matt Neuburg は、安価なシェアウエアを提案した。Alco Blom 氏のペアのユーティリティ、URL Manager Pro と Web Confidentialである。

<http://www.url-manager.com/>
<http://www.web-confidential.com/>

「どちらも常に動作しているし、いつでも使っている。URL Manager は私の URLを記録してくれるし、まとめたりメモを付けたりするのはブラウザよりもはるかに良い。加えてこれはブラウザのより好みをしないので、どのブラウザを使おうと自由なのだ。Web Confidential はウェブのパスワード (私はパスワードで保護されているページそれぞれに別々のものを設定しているのだ) を覚えていてくれるし、ソフトウエアの登録番号も格納されている。Panther へアップグレードしてもその中身を忘れてしまうことはなく、簡単に素早くソフトウエアを動作させることができた。」

何でも整理整頓 -- Eric Durbrow 氏のお勧めはこれだ。「私は、Circus Ponies NoteBook 1.2 がプレゼントに良いと思う。理由は 2 つ。まず、どのような状況にも対応でき、写真や家系図、書き物、そして趣味など何かを整理する必要がある人のために上品に設計されたアプリケーションだからだ。さらに、簡単に使うことができ、基本を覚えるのに時間もかからず、フォーラムや開発者からの反応も極めて良い。これは、贈った人があなたにいちいちどうすればよいか質問をする確率が低いということだ。手がかからない贈り物と呼べるだろう。」

<http://www.circusponies.com/>

よーく考えよう -- 同じような考えから、Andy Affleck 氏は覚え書きを取れるアプリケーションを記憶のバックアップとして推奨している:「私にとって、今年一番買って良かったと思うのは DEVONthink PE だ。私は、ウェブデザイナー、プロジェクトマネージャー、そしてユーザー補助/標準の専門家として、多くの情報を見る必要がある。さまざまな異なる分野のウェブログ、記事、ハウツーなどを読むのだ。さらに、メールもたくさん送受信する。その上、私の会社は高度に分散しているため、連絡と取り合うために社の IRC サーバのチャンネルをプロジェクトごとに使う。有用な情報を持つこれら電子メール、IRC ログ、ウェブサイトはすべて DEVONthink データベースに格納され、必要になったとき必要な情報が簡単に手に入る。私は何年ものあいだ、巷にある情報管理ツールを片っ端から試してきた。TidBITS Talk リストの推薦に基づき見つけた DEVONthink が、実際に役に立ち私の日常の作業を助けてくれた最初のものだ。これにアウトラインを作成できるテキストエディタが付いていれば、直接覚え書きを書き込むことができたのだが。」

<http://www.devon-technologies.com/products/devonthink.php>

贈り物をなくすな -- Johann Beda 氏は、欲しいと思った時にはすでに遅すぎるようなものを贈るのが良いと言っている。「私は、贈り物にバックアップソフトを贈ることに決めたんだ。家族に Retrospect を買い、『利用者』ディレクトリ以下を自動的にバックアップするように設定するつもりだよ。この夏私のハードディスクが壊れた時は、とても大変だった。バックアップをまめにしていなかったから、コンピュータに入っていた半年分の写真や電子メール、そして仕事の成果を失ってしまった。他の人には同じ目に会って欲しくないからね。」

<http://www.dantz.com/>

遠方から操作 -- 離れた家族が定期的にバックアップされるよう設定したら、次はどこからでもその Mac をチェックしたり問題解決ができるようにしたい。そうすれば、電話でどのような問題が起きたのか説明するという難題を背負い込まなくてもいいからだ。Lorin Rivers 氏のお勧めは、Netopia 社のTimbuktu を 2 組である。「一つは技術サポート担当のあなたに、そしてもう一つを相手に贈ろう。私の母にもこのようにしたのは、ある程度自分のためでもある。なぜなら、わざわざ車で出かける手間が省けるからだ。」

<http://www.netopia.com/software/products/tb2/>

GREPを入手せよ -- この提案から察すると、LuKreme 氏はきっとサンタクロースのマニア向け贈り物リストを覗き見したに違いない。「自分がクリスマスに買って欲しいのは、ある種の Mac マニア向けの贈り物なら、BBEdit である。テキストエディタに Bare Bones 社が付けた値段だけの価値があるということを説明するのは難しいが、単純に BBEdit はその道で右に出るものがいないということなのだ。」

<http://www.barebones.com/products/bbedit/>

お腹が膨らむギフト -- Sarah Delancey 氏は、一年中贈り物を作るのに役立つものを考え出した。「Mac OS X 用の調理法プログラムをくまなく探していたんだけど、お店に会ったのは PC 用か Mac OS X では動かないものばかり。だから、Google でちょっと検索して見つけたのが Computer Cuisine Deluxeというわけ。とても気に入っているのよ。もうレシピを 800 以上追加できたし、もう最高。どうして全部の Mac に付属していないのかしら? これはちょっとした素晴らしいプログラムだし、私の Mac 友達にはこれを贈るつもりよ。」

<http://home.pacbell.net/inaka/cuisine/>

ボイジャーの景観ジェネレータ -- Peter Miller 氏は、地平線の向こうにあるクリスマスギフトに狙いを付けている。「私は、たびたび U&I Software社の魅力的なアプリケーションをクリスマスプレゼントとして勧めてきたが、今年は本当にすごいものがある。Voyager は、ユニークな 3 次元景観ジェネレータだ (Bryce をもっとパワフルにしたようなものだ)。これは、ほとんど現実のような (そして超現実的な) 景観を作り出し、ほとんどの解像度でQuickTime ムービーを作ることが可能である。Voyager には 4 つの仮想世界が付属し、それぞれ広さが約 6 万キロ四方で地球の 3 倍もの大きさだ。さらに、やる気があれば U&I の非凡なイメージシンセサイザーである ArtMatic を使ってあなた自身の世界を作ることも可能だ。」

<http://www.uisoftware.com/Voyager/>
<http://www.uisoftware.com/Voyager/VYGallery.html>

Mac の中の修道院 -- Matt Neuburg が、記憶を思い起こさせる推薦の言葉と共にまた話し始めた。「これは何と言えば良いのだろう。ソフトウエア? それともゲーム、マルチメディアの体験、本、あるいは懐古なのだろうか。それは“If Monks Had Macs (もし修道士が Mac を持ってたら)”と言い、私が HyperCardを知らなかった頃からあった HyperCard スタックだ。これが今では Voyagerマルチメディア CD となり、Runtime Revolution のおかげで他のプラットフォームでも動作するようになっている。“If Monks”(こう呼ぶことにする)を説明するのは不可能だ。これは、音楽、芸術、ゲーム、そして活動の、真に先見的なハイパーリンクしたコレクションであり、さらにハイパーリンクしている日記を書いたり Project Gutenberg のファイルやその他の無料オンラインブックを扱える電子本テキストリーダなど、別途使えるいくつかのアプリケーションも付属している。これは、マルチディメンションで思いもよらない視点による本物の新しいメディアだ。もしあなたが Chesterton のブラウン神父シリーズ、闇の奥、シューベルト、 Thoreau、そしてケネディー大統領の暗殺の間にいったいどんな関係があるのかと悩んでいたのなら (思わない人がいるのだろうか?)、答えを探す良い機会になるだろう。一番最初のバージョンの“If Monks”は本当に温かい懐かしさの記憶と結び付いている。なので、この新しいバージョンはまだ見たことがないが私の欲しいもののリストに入っている。

<http://www.rivertext.com/monks.html>
<http://members.aol.com/hcheaven/interviews/thomas/thomas1.html>

ビートの効いている贈り物 -- Paul Atroshenko 氏は、私たちのような音楽好きへのお勧めを書いてくれた。「私が使った (そして大好きになった) アプリケーションの一つに、オーストリアの会社で Mac ソフトウエアを専門とする Ergonis 社の Easy Beat と呼ばれる音楽生成プログラムがある。残念ながら、Easy Beat は Mac OS X に対応しておらず、Mac OS 9.2 で一番良く動作する。PC を使って作曲している友人に聞くと、この Easy Beat のようなソフトは PC では無いらしい。友人は、とてもうらやましいようだ。90 ドルで販売されている Easy Beat のデモ版は 2.4 MB のダウンロードとして提供されている。Paul が East Beat を使って書いた曲が彼のウェブサイトのアニメーションのいくつかに埋め込まれている。

<http://www.macility.com/>
<http://www.atroshenko.com/>


2003 年末ギフト提案: ゲーム

by TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

プロジェクトの期限が迫った、財政的圧力が強まった、とトラブルは世界中のあらゆる方面から押し寄せてくる。そういう時、ほんの数分間だけすべてから逃れたいと思うことはあるものだ。それこそ、ゲームの出番だろう。今年のゲームの提案には伝統的なファンタジーとアドベンチャーのどちらももちろん登場するが、新しいタイプのもの、例えばカメラの前のあなたの動きによってコントロールするようなゲームもある。

ゲームの市場自体は猛烈な速度で前進を続けているが、何が何でも最新最先端でなければならないという人以外は、過ぎし年のゲームも忘れないで欲しい。グラフィックスやサウンドの品質は時とともに変わったかもしれないが、ゲームプレイそのものを見れば古いゲームの中にも素晴しいものはたくさんある。そのような過去からのヒットの数々は、どうぞ去年以前の提案記事で見て頂きたい。また、あなたの目に留まったゲームがもはや出版元から販売されていない場合には、eBay やソフトウェアディスカウントサイトなどで探してみるのがよいだろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1251>
(日本語)2001年末ギフト提案: ゲーム (日本語)2002 年末ギフト提案: ゲーム
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=868+1242+1533+1801+2120>

ネバーランドの寒い冬の夜は -- LuKreme いわく、「今年の Macintosh 用新作ゲームのベスト1は、たぶん BioWare のコンピュータ・ロールプレイングゲーム、Neverwinter Nights だろう。見た目の素晴しさや洗練されたインターフェイス、マルチプレイヤーのサポート、などに加えてこのゲームの傑出した点は、何千ものモジュールや拡張があってゲームの状況を劇的に変化させられることだ。たいていのロールプレイングゲームの「切って切って切りまくる」性格に耐えられないという人には、物語を重視したり、ロールプレイングそのものや、社会的相互作用に力点を置いたゲームに性格を変えてくれるモジュールやサーバもある。」

<http://nwn.bioware.com/>

非現実に戻れ -- Karl Kornel からはもう一つのロールプレイングゲームで、一人称視点、見た物すべてを撃て! のタイプの代表格、MacSoft の Unreal Tournament 2003 が紹介された。彼いわく、「Unreal Tournament のグラフィックスは驚異的だ。サウンドも(私のささやかな2スピーカー+サブのシステムでも)劇場さながら、それにモードもいろいろあってたとえ時間が 30 分しかない時でも存分にプレイできる。ごく最近アップデートも出ていて、Unreal Tournament 2003 の Panther との互換性など数多くの問題点が修正され、また動作速度も 25% 以上向上しているという。」

<http://www.macsoftgames.com/products/ut2k3/MacSoft-UT2K3-Page.html>
<http://www.macsoftgames.com/products/ut2k3/support/MacSoft-UT2K3-Support.html>

独りの時のゲーム -- Andy Affleck は何年も前からの定番、Semicolon Software の Solitaire Till Dawn を推薦してくれた。これは現在 classic Mac OS と Mac OS X それぞれに別々のバージョンが出ている。「今では私はゲームで遊ぶ暇はほとんど無いが、これだけは今でも時間を見つけては遊んでいる。というか、私はほんの短い時間でプレイできるゲームだけを選んで、必要な時にサッと遊べるように用意しているのだ。Mac 用のソリテアゲームはいろいろ試したけれど、やはりこれが一番だ。インターフェイスはシンプルでエレガント、とにかくしっくりとプレイできるのだ。グラフィックスは豪華でも何でもないが、これで充分満足だ。(私はカードの裏には自分の息子の写真を使っている。)それに、これはきらびやかなスプラッシュ画面とか、勝利を祝う派手な画面など、無駄なものは避けていて、あなたはただトランプゲームを楽しむ、それだけ、そしてそれこそが私の望みなのだから。」

<http://www.semicolon.com/STDX.html>
<http://www.semicolon.com/STD.html>

Nik Friedman からは別の提案が届いた。Freeverse の Burning Monkey Solitaire(別名 Burning Monkey Mahjong Solitaire)だ。「とても楽しいカードゲーム、最高の暇つぶしになる。ゲームおたくではないけれどもちょっとコンピュータで遊びたい、という人にぴったりだ。」

<http://www.freeverse.com/bms3.mgi>
<http://www.freeverse.com/bmmj.mgi>

フィジカルに行こう! -- Les Carter のアイデアはちょっとユニークで、FireWire ビデオカメラを持っていてちょっと体力の余っている人のための提案だ。「私は凄い新作ゲームをベータテストしていたのだが、これが家族向けのクリスマスプレゼントにぴったりだ。もしもプレゼントを贈る相手が Mac と iSight(あるいは FireWire ウェブカムか DV カムコーダなら何でも)を持っているならば、ぜひ ToySight を検討してもらいたい。これは Mac のちょっとした素敵なゲームを集めてパックにしたもので、どのゲームもプレイする人がカメラの前で身振りをすることでコントロールするようになっている。正直に告白すると、私はゲームなんかでこんなに楽しい思いをしたのは何年振りかのことで、その上ついでにかなりのエクササイズにもなったのだから!」

<http://www.toysight.com/>

データセンターからブレイク・アウト -- digital.forest の Chuck Goolsbee も、ゲームで遊ぶ暇はあまり無いというさきほどの Andy のコメントと同意見だった。そこで、TidBITS のサーバを全世界からアクセス可能に保ってくれている digital.forest のネットワークを彼が監視しなくてよい時に、Chuck は DX-Ball でサッと遊ぶのだ。「私のちょっとした時間つぶしは DX-Ball、これはシェアウェアの Breakout スタイルのゲームで、とてもよく出来ている。短いセッションで素早く遊ぶことも、または、技術さえあれば一晩中遊ぶこともできる。これで $10 とは安い。」

<http://www.ctspgames.com/dxball.htm>

Breakout スタイルのゲームはどうやら復興期を迎えているようだ。iPod にも1つ内蔵されるようになったし、また LuKreme からはさらに別のものが紹介された。「$16 のシェアウェア、Colibricks は私が Mac OS X でプレイした最初のゲームだが、やはりこれが最高だと思う。Breakout スタイルのゲームというか、より正確に言えば Arkanoid スタイルと言うべきだろう。(アーケード版の Breakout を覚えている方がいらっしゃればの話だが。)私は Colibricks に使われている物理モデルがとても気に入った。それに“ランダムレベル”のオプションで時々遊べる、驚異的に難しいレベルも気に入っている。突破不可能な高レベルの感覚を味見するために6時間も続けてプレイする必要はない。また、ゲームの保存もできるので、調子の良い時に保存しておいて、30 秒でボールを3つも失うような馬鹿をした時には前に戻ることもできる。」

<http://www.colibricks.com/>

キング(とクイーン)のゲーム -- Kirk McElhearn はもっと知性に訴えるゲームが好みだ。「私は最近またチェスに凝るようになってきた。それで、最高にお買い得なのが Sigma Chess だ。これには2つのバージョンがある。無料の基本バージョンでも、当分の間は私を楽々と負かすだけの実力がある。$15 の pro バージョンの方には、本格派のプレイヤーのための追加機能がある。このプログラムは高速で魅力的、そして強い。」

<http://www.sigmachess.com/>

これは謎だ -- Christopher Ungeheier と Nik Friedman の二人とも、Pangea の 3-D パズルゲーム、Enigmo を推薦してくれた。Nik はこれをリラックスできる楽しいゲームで難しいけれども難し過ぎず、全体としてとにかく素晴しいゲームだ、と評した。Chris も同じような意見だったが、それに加えて、「Pangea のウェブサイトから追加レベルをダウンロードすることもでき、難し過ぎると思う人には、レベルエディタも付いているので自分の楽しみに合わせて自由にレベルを作ることもできる。」

<http://www.pangeasoft.net/enigmo/>

バーチャルなGを感じて -- 最後はちょっと珍しいアイデアだ。Tomoharu Nishino が私たちの注目を Mad-Data 製の NoLimitsSimulator に向けてくれた。「これは結構リアルなジェットコースターのシミュレーションだ。もちろん実際のジェットコースターに乗ってGの力を感じるのに勝るものはないが、それでも NoLimitsSimulator ではそれに迫る体験ができる。およそ 50 個ほどのトラックが内蔵されていて、世界中のあらゆる有名なジェットコースターが味わえる。また、自分でトラックを作ってそれでシミュレーションを楽しむこともできる。この作成作業は堅牢だがかなり複雑だ。というわけでこのプログラムはゲームというよりもむしろ CAD プログラムに近い。当然ながら、このタイプのシミュレーション用アプリケーションの常として、NoLimitsSimulator も高速なコンピュータに高速なグラフィックスカードを装備してあれば違いが出る。新型 Power Mac G5 ならば断然ゴージャスの一言に尽きるが、ちょっと古びた 800 MHz の PowerBook G4 でもまだまだかなりの結果が得られる。値段も $25 と手頃なので、NoLimitsSimulator はジェットコースター狂いの人や、技術者タイプの人にも完璧だろう。」

<http://www.mad-data.com/>


2003 年末ギフト提案: その他

by TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

このカテゴリーに属する提案を TidBITS Talk で募る時、私たちは通常ありとあらゆる種類の細々とした付属品や気の利いた機器など、コンピュータの使用をちょっと楽しくしてくれる、バラエティに富んだ提案が殺到することを予測するものだ。けれども今年は様子が違っていた。今年は、ほとんどすべての人が iPod 熱にうかされているようで、どの提案もこの提案も、iPod 用スピーカーに iPod ヘッドフォン、iPod ケース、果ては iPod 床磨きワックスといったありさまだった。あんまりこれがひどかったので、私たちはひょっとしたら Apple が iPod に仕掛けをして、流れる音楽に超高音の暗示メッセージでも組み込んだのではないかという気がしたくらいだった。「iPod は良いぞ」「もっと iPod 用品を買おう」と誘惑する声が隠されているかも、という妄想さえ浮かんだのだ。(そんな謀略の妄想が浮かんだ人は、どうかその iPod を私たちに送って欲しい。そうすれば、私たちがその iPod を、もっと正常な精神を宿した健全な家庭に回して差し上げよう。)

ただ1つ、問題があった。実は、Dan Frakes が既に iPod 関連製品について長い2部作の記事を書いており、その上彼は去年書いたヘッドフォンの記事の続編も仕上げつつあったのだ。(この双方の記事については来週号をご覧頂きたい。)そこで、彼の記事との重複を避ける意味からも、また今週号が長くなり過ぎるのを防ぐためにも、今回は iPod とヘッドフォンの話題は Dan に任せて、ここではそれ以外の品物のみに焦点を絞ることにした。でもどうか忘れないで欲しい。あなたの大切な人に贈るものを思いつかないなら... iPod は素敵だし、もっと iPod 関連品を買うのも良い。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=865+1239+1535+1800+2119>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07464>(日本語)iPod 用ギフトの提案、Part 1

そうそう、もちろん、去年までの記事を見れば、他にも素晴しい提案の数々があるのがわかるだろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1252>
(日本語)2001年末ギフト提案: その他雑貨 (日本語)2002 年末ギフト提案: その他

ぴったりのTシャツが見つからない? -- Mac ユーザーが素敵なTシャツを見つけられないなんてあり得ない。(もちろん、いつも TidBITS Tシャツがあることを忘れてはいけない。当然、仕立てのエレガントさも最高だから。)でも、もしも今引出しに入っているTシャツにぴったりのものが無かったなら、Greg Potts のアイデアが使えるかもしれない。それが、インクジェットプリンタで使うアイロン熱転写用紙だ。「インクジェットプリンタとアイロンさえあれば、誰でもカスタムTシャツが作れる。あるいは、自分で買い込んで大量に生産し、友達や大切な人のために特製のアイテムを作ってもよい。あなたのプリンタ用に作られた紙を買うことで、仕上がりがぐっと良くなる。メーカーの違う用紙を使う(例えば HP の用紙を Epson で使う)のはお勧めできない。汎用の用紙(例えば下記のリンクのもの)は値段が安いが、仕上がりの品質を重視するならばプリンタ製造元の作っている用紙を使うことをお勧めする。もう一つ、画像をTシャツに印刷するには、プリンタにかける前にあらかじめ鏡像にしておかないと転写後に読めなくなるので、あなたのプリンタドライバがこの機能を備えているのを確認するか、または印刷前にソフトウェア内で画像を反転させておくかする必要がある。」

<http://www.tidbits.com/store/>
<http://www.misterinkjet.com/tshirt-transfers.htm>

あなたのラップトップにもおしゃれを -- ここではファッションについて語ろうと思うのだが、その際忘れてならないのは、あなたの PowerBook や iBook にあなたの衣装に似合った装いをさせるにしても、常にそれを外界の力から保護するようにしなければならないことだ。Doug Brown のホリデー用ギフトのリストに載ったのは、新品の彼の 15 インチ PowerBook に似合う Booq PowerSleeve 15 だった。「これはメッセンジャーバッグ風の格好良いスタイルだし、取り出しやすい上に薄さ・軽さも Apple のエレガントなデザインとマッチしている。それに、$50 ならば誰も破産しないし。」

<http://www.booqbags.com/Detail.bok?no=19>

Marilyn Matty はもっと想像力を膨らませた提案をしてくれた。「超ヒップな人で、同時にファッションにも Macintosh にも興味のある人限定のギフトと言えば、Acme Made の Slim Bag、これしかないでしょ。私、つい最近、ファッション技術研究所でこれを見かけたのよ。“Sex In The City”でいつも PowerBook を持ってる Carrie も、きっと同じ意見だと思うけど、もしもあの Manolo Blahniks が、自分のラップトップを持ち歩いてワードローブと一体になるように、専用のコンピュータバッグ・ケースを特製デザインしたとしたら、断然こんな感じになると思うの。でも彼女ならきっと、いろいろな衣装にコーディネートさせるために、何種類か持ちたいでしょうね。値段も、他のものとそう変わらないし。そんなにヒップな値段とも言えないけどね。私? 私はサンタさんに、Cadet Stripes のを頼んだの。でもあんまり気に入ったので、もしもサンタさんが来てくれなくても、たぶん自分で買ってしまうと思うの。」

<http://www.acmemade.com/bags.html>

Kevin van Haaren は Timbuk2 製のラップトップ・メッセンジャーバッグがお気に入りだ。彼いわく、「いろんなバックパックやラップトップケースを試したけれど、これが一番だと思う。ただ、私が購入した時より後に、Timbuk2 は製品ラインを変更してしまった。(私は、一つ一つのパネルの色まで自分で選んで、バッグ全体のカスタム注文までできた。今は、いくつか提供されているラップトップバッグの仕様のうちから選ぶことしかできない。)このバッグにはたくさんの内部ポケットがあってアクセサリ類が収納でき、その上大きな物入れも付いていて他の機器までしまっておける。一番素晴しいのはラップトップを本当に素早く取り出せることだ。ジッパーを開いたりする必要もなく、ただ蓋を広げてラップトップをつかみ出すだけだ。空港のセキュリティーチェックなどを素早く通り抜ける時にありがたい。普段、私はわざわざ外側のクリップを閉じたりしないが、でも空港に入ったらちゃんと蓋を閉じてしっかりとクリップで締める。そうすれば誰も私に気付かれずにバッグを開けることはできないから。」

<http://www.timbuk2.com/products/commute.html>

「それから、Timbuk2 からはショルダーストラップに取り付けるタイプの iPod/PDA アダプタも出ている。でも、これからは、iPod はバッグの中に入れておき、ショルダーストラップにはリモコンを取り付けて操作できるようなものを作って欲しい。」

<http://www.timbuk2.com/products/ipod.html>

Michael Tardiff からはまた別の提案が届き、Tomoharu Nishino もそれに賛成した。Michael いわく、「私の 12 インチ PowerBook 自体よりももっと話題を集めるのが、RadTech 製の PowerSleevz だ。これは PowerBook 専用にカスタム縫製されたスリップケースで、ラップトップのスクリーンをキーボードのあのイヤな油などから守ってくれる ScreensavRz と同じマイクロファイバーの布を、もう少し厚くしたような材質からできている。この PowerSleevz はまるで手袋をはめるように私の PowerBook にフィットし、サイズはいろいろな iBook や PowerBook に合うものが用意されている。みんなは私のを見て、この格好良いカバーは PowerBook に付いてたのか、と尋ねてくる。ケースを引っ掻き傷から守ってくれるし、ScreensavRz を持っていない時にはスクリーンの汚れを拭き取るのにも使える。落として壊すような衝撃からは守ってくれないが、オフィス内で、あるいは家で、またどこへ旅行する時でも、いつも私の PowerBook を掻き傷や汚れから守ってくれる。本当に軽いし。」

<http://www.radtech.us/powersleevz.html>

ホットなのがお好き -- あなたの FireWire ポートの高速動作を保つために、Alan Charlesworth は FireWire Depot から $24 で出ている FireWire port isolator を推薦してくれた。これは長さ 12 フィート (3.6 m) の片側オス 6-ピン、片側メス 6-ピンの FireWire ケーブルで、電源ピンは接続されていない。他の FireWire ケーブルをこれに繋げば、普通なら電源付き機器から迷い込んでしまう電源電流からあなたの FireWire ポートを保護してくれる。

<http://fwdepot.com/thestore/product_info.php/products_id/356>

それ自身の電源アダプタを持っていない(従ってバス電源を用いる)FireWire ドライブを使う必要がある場合は、電源付きの FireWire ハブを使うか、または $30 の FireCABLE FireWire 電源アダプタ(これは 6-ピンケーブルで電源を供給する)を使うことを Alan は勧めている。

<http://fwdepot.com/thestore/product_info.php/products_id/372>

テレビの進化 -- いったい何が起こったのだろうか、少なくとも 1984 年以来、毎年確実に TiVo を勧め続けてきた Andrew Laurence が、今年はそれをしなかった。Pioneer から、番組録画用の DVD レコーダを内蔵した画期的な新型の TiVo も出ているというのに。

<http://www.pioneerburner.com/>

それでも、他の人たちからはいろいろなテレビ関係の機器の提案が届いた。Francis Pressland いわく、「私のはもう決まっている。新型の EyeTV 300 Digital Satellite box で、FireWire で接続するタイプのだ。英国で放送される無料チャンネルの番組に加えて、私の契約している衛星放送の番組を録画してくれる限り(発表されているデータからはそこがまだはっきりしないのだが)私はこれを自分へのクリスマスプレゼントにするつもりだ!」

<http://www.elgato.com/eyeTV/eyetv300.html>

Ray Davison も、たくさんのリモコンを使い分けなければならない問題を解消する方法を見つけたようだ。「TidBITS の記事を読んですぐに、私は Harmony SST-768 ユニバーサルリモコンを買ってきた。これまでに試したユニバーサルタイプのリモコンのうちで、うちの家族の全員が何の問題もなく使い方がわかったのはこれが初めてだった。(わが家では、DVD、CD、Macintosh、ケーブルボックスなどがサラウンド・サウンド・レシーバで接続されて、結構複雑な設定になっている。)その動作は、まずすべての設定をウェブページに入力しておいて、それからリモコンをコンピュータ (PC または Mac) に接続してプログラムする。新型の SST-659 は使い方がさらに簡単になっているようだし、価格も安くなっている。」

<http://www.harmonyremote.com/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07280>(日本語)Macworld Expo New York 2003 での優れもの

「質問をしたい時も、Harmony 社の親切なスタッフは充分な説明で素早く答えてくれた。その上、わが家に空き巣が入って私の PowerBook が横に置いてあったいろいろなケーブルと一緒に盗まれてしまった時も、その中に Harmony のリモコンの USB ケーブルがあったので Harmony に電子メールで新しいケーブルが買えないか尋ねてみたところ、何と彼らは無料で新しいケーブルを送ってくれたのだった。」

家族に家族を贈ろう -- Marilyn Matty から、テクノロジーの助けで創造的なアートを易しく作ろう、という提案があった。「楽しくて教育的な、アートやクラフトのプロジェクトはいかが? 私の甥は学校のプロジェクトで家系の調査をしていて、自分で作った家系図を綺麗に仕上げて自分のインクジェットプリンタで印刷し、それを家族にホリデーギフトとして渡したいんだ、と私に相談をもちかけてきた。調べてみたら、いくつか有料や無料のリソースが見つかった。イラスト制作やページレイアウト作業、あるいはベクター機能付きのフォト編集アプリケーションに慣れている人なら誰でも、こうしたリソースを利用して可愛いデザインなんかを寄せ集め、有料のフォーマットのものと大差ない作品を仕上げることができるだろう。デザインソフトウェアに慣れていない人でも、ワードプロセッサやスプレッドシートで美しいボックスフォーマットを構成するのは難しくないだろう。」

「私が一番気に入ったレイアウトは Martha Stewart のサイトのもので、ここには PDF でのファンのテンプレートで無料のものもある。このレイアウトが私は本当に大好きで、手書き文字用、と明記されているけれども、私の感じではその場所にテキストを配置するのも簡単そうに見えるし、インクジェットでもレーザーでもカラー用紙に印刷できると思う。それから、Wendy Peck の Production Graphics サイトにはとてもよく出来た無料のチュートリアルがあり、Illustrator を使ってする作業のやり方を解説してくれる。これはデザインが苦手の人でもわかりやすく、またどんなアプリケーションにも応用がきく解説になっている。

<http://www.marthastewart.com/page.jhtml?type=content&id=channel1558>
<http://www.marthastewart.com/page.jhtml?&type=content&id=channel172118&page=1>
<http://www.webreference.com/graphics/column39/2.html>
<http://www.misbach.org/pdfcharts/>

ラップトップのお役立ち小物 -- iPod は別にして (「iPod は良いぞ、もっと iPod 用品を買おう」)、あなたの大事な人がいつもラップトップを携帯する人ならば、その人の靴下に詰め込むべきなのは PowerBook や iBook 用の小物類だ。Paul Durrant の提案はこうだ。「iBook(貝殻型より後)や PowerBook を持っている人に、Wildeepz はどうだろうか。これは小型のフォーム素材のスペイサーで、ラップトップの蓋を閉じた時にガタガタいうのを防いでくれる。私はこれを注文したばかりなので、まだ具体的な推薦を書くことはできないが、蓋を閉じた時にガタガタいう私の iBook には理想的だろうと思う。」

<http://www.radtech.us/wildeepz.html>

Tomoharu Nishino も PowerBook や iBook のオーナー用にいくつかギフトの提案をしてくれた。まずは Torx ドライバーのセット、これは受け取る相手がラップトップの中を開けても壊してしまう心配の無い人である場合の話だ。私たちは Wiha tools をお勧めする。

<http://www.wiha.com/>

彼は続けて新品の(交換用)ラップトップ・バッテリを推薦してくれた。例えば Newer Technology から高容量バージョンが出ている。「バッテリの消耗については最近いろいろと議論があったが、(私も含めて)たいていの人は充電電池の経年消耗を抑えるために必要な配慮をしていない。そこで、1年程度以上経った PowerBook のオーナーがいたら、その人のバッテリ容量は新品当時の半分程度に減っているかもしれないのだ。私も、1年半経った私の古い PowerBook でバッテリを新品の高容量バッテリに取り替えてみたところ、使用可能時間が2倍近くになったのは嬉しい驚きだった。」

<http://www.newertech.com/newer_bats.html>

またまたラップトップ用品 -- Christopher Ungeheier は新型の iBook を便利な付属品でドレスアップしてみた。「掲示板で読んだのを参考に、私は Griffin Technology の iCurve で iBook を持ち上げて支え、それから Kensington の Fly Fan で iBook の底面に風を吹き付けてみた。これが見事にうまく行き、私の iBook はいつもクールに適温を保っている。」彼はまた、iBook の寂しい外面にもドレスアップを施した。「MacSkinz は、iBook スクリーンの背面にぴったりのシャレたカバーだ。(私は、バイオハザードのデザインを選んでみた。)」

<http://www.griffintechnology.com/products/icurve/>
<http://www.kensington.com/html/1265.html>
<http://www.macskinz.com/>

チーズおろし金を静かに -- Alan Charlesworth は、彼の Power Mac G5 のアルミ製ケースが振動してやかましい音を立てるのを防ぐ、原始的な方法を発見した。オープンセルのフォーム素材を 8×12×2 インチ立方 (20×30×5 cm立方) に切り、G5 をその上に乗せるのだ。こうすればそのフォーム素材はちょうど底部のハンドルの間に収まる。振動音に悩まされている人には最適の贈り物になるだろう。

低価格の小オフィス用補助プリンタ -- John Slavin は、マシンのうち一台に二倍の働きをさせる方法を発見した。「これは、コピー機のある小さなオフィスを持っている人のための提案だが、コピー機用のネットワーク接続カードを検討してはいかがだろうか。うちではリース後の Ricoh コピー機を買取りした。モデル 450 だ。その店には何台か置いてあったが、そのうちの1つがネットワークカード付きだったのだ。店員の話ではこのカードは Mac では動かないということだったが、Gimp-Print ドライバを使ってみると問題なく動作した。ということで今うちのネットワークには、HP 6MP に加えて、新しくバックアップ用に毎分 45 ページ印刷できるプリンタが増えたわけだ。プリントジョブを開始する際に少し時間差があるのが難点だが、テキスト中心のアプリケーションで、特に長い書類を印刷するには、いったん印刷を始めさえすれば本当に快速に仕事をこなしてくれる。」

ラジオ用の TiVo? -- Christopher Ungeheier は Griffin の RadioSHARK にも期待をかけている。「ラジオを聴くのは大好きだけれど、聴きたい番組の時間にいつもラジオのそばにいる訳にはいかないという人には最適のアイデアだ。ただ1つの問題は、これがまだ発売されていないということだ。」

<http://www.griffintechnology.com/products/radioshark/>

Curtis Wilcox によれば、その代わりになるかもしれないものがある。それが PoGo! Products 製の Radio YourWay だ。「これはポータブルの MP3 プレイヤーで、AM/FM チューナも付いており、ラジオ放送を録音することができる。(内蔵マイクも使える。)録音可能な FM チューナの付いた MP3 プレイヤーは他にも驚くほどたくさん出ているが、これが他と一線を画するのは、予約録音ができるという点だ。$150 の機種はたった 32 MB の録音容量しかない(これで4時間のラジオ放送を録音できると公称している)が、MMC または SD のフラッシュカードで拡張することもできる。」

<http://www.pogoproducts.com/radio_yourway.html>

「何か欠点は無いのかって? それが、今のところ、これは Mac と互換でないらしいのだ。MP3 ファイルをアップロード・ダウンロードするプログラムは Windows 用しか提供されていない。また、録音は独自の .RFV フォーマットでなされ、後で Windows プログラムを使って WAV に変換することになる。MP3 プレイヤーにファームウェアアップデートが出て USB Mass Storage (UMS) デバイスに、従って Mac でマウント可能に変わることは珍しいことではないが、今のところ Radio YourWay にはまだ .RFV ファイルを Mac で再生可能なものに変換しなければならないという障害が残っている。それでも、独立の機器としては充分だと言えるかもしれない。録音したものを時折保存し直したいだけならば、この機器のヘッドフォンジャックを Mac のマイクロフォンジャックに接続して、オーディオを再録音するという方法もある。」

ちょいとメモリを詰め込もう -- 大物のギフトは選び終えたけれど、あともう少し小さなものをストッキングの隙間に詰め込みたいと思っていませんか? Marilyn Matty は、最近値段が下がり始めたのを機会に、持ち運び可能なメモリデバイスをいくつか買い込んだ。「値段の安いポータブル USB ドライブを、ペンやらキーホルダーやらに取り付けて贈り物にすることにしました。贈り物としてちょっと捻りを利かせるために、ホリデーカードを作ってそれをそのドライブの中に保存しておくのも良い。ストッキングの詰め物としても、手頃な値段のギフトとしても、ただのキーホルダーだけよりはずっとましで目新らしいものになるだろう。TidBITS スポンサーの Small Dog も、いくつかおもしろい機種を良い値段で売り出している。」

<http://www.smalldog.com/category/x/x/storage/storage/wag405>


2003 年末ギフト提案: Macintosh 指向の人向け

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: 倉石毅雄 <takeo.kuraishi@attglobal.net>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

TidBITS の関心は Macintosh に集中しているのは確かだが、メンバーの皆の他の分野における広く深い知識には常に感心させられる。それを考えれば、多くの人達が Mac やコンピュータとすら全く関係ないギフトの提案を寄せるのも驚くことではないだろう。一味違ったギフトをもと考えているのなら昨年までのアイデアも当然チェックするべきだろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1253>
(日本語)2001年末ギフト提案: Macintosh 指向の人向け (日本語)2002 年末ギフト提案: Macintosh 指向の人向け
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=869+1243+1537+1803+2121>

ワイアレス音楽 -- Geoff Bronner 曰く「私の提案は、昨年自分自身のために買った Sony の SPIAR Wireless Speaker System (SPIAR は "Sound Playing In Any Room" の略) です。なぜこれが Mac 愛好家に向いているのかというと、これは色々といじる必要無しにちゃんと働いて、格好良いからです。システムは送信機とスピーカの二つで構成されており、それぞれに電源アダプタがついて来ます。スピーカは充電池をも内蔵しているので、部屋のどこへでも動かして三、四時間使用できます。送信機はあまり大きくなく、RCA コネクタか、ステレオのヘッドフォンプラグで入力できます。我が家ではホームシアターシステムにつないでステレオキャビネットの上においてあります。スピーカは単体で、Sony TiVo とマッチした青い光を出すプラスチックの反射板がついています。しかし、この単体で部屋中を充満するステレオ音楽を出力できます。我が家ではこれを使用して家の別の場所やベランダで音楽を聞いたりします。これは同じに家の違う場所で二人がテレビを見たい場合の問題の解決策にもなりました。テレビの音量を上げる代わりに、 SPIAR スピーカを使用して双方で快適な音量にできます。」

「それだけでなく、同じ送信機を使用するスピーカを追加購入することもできます。また、Sony はこの送信機と互換性があるワイアレスのヘッドフォンも販売しています。このシステムは 900 MHz 帯を使用しているので、我が家で常に使用中の 802.11b ワイアレスネットワークとぶつかることもありません。我が家で使用している 900 MHz のコードレス電話とも共存でき、干渉があるようであれば周波数の変更もできます。Sony は市場で一番安いメーカとは言えません。送信機とスピーカのセットで定価は $180 ですが、値段相応の価値があります。Mac と同様、同じ価格帯で購入できるものの中では一番でした。」

<http://www.sonystyle.com/is-bin/INTERSHOP.enfinity/eCS/Store/en/-/USD/SY_BrowseCatalog-Start;?CategoryName=pr_p_wireless_pa>

クリスマス向けの音楽 -- ではワイアレススピーカでどんな音楽をかけるのか?以下の Andrew Laurence の提案を読んで私達は非常に喜んだ。Andrew 曰く「では、良くて、甘すぎず、ありきたりでない年末の音楽はどうでしょうか?毎年、私達は店やショッピングセンターで最悪な定番の曲の垂れ流しを聞かされます。ですが、多くの人達はリズムと乗りが良くて楽しい年末向けの音楽があることを知りません。そこで、私が毎年かける音楽をいくつか挙げてみました。」

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000002W8O/tidbitselectro00/ref=nosim/>

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000033DR/tidbitselectro00/ref=nosim/>

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000032QP/tidbitselectro00/ref=nosim/>

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000034CL/tidbitselectro00/ref=nosim/>

John Haffner、Paul Brians、そして LuKreme からは以下の推薦があった。

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000000XDJ/tidbitselectro00/ref=nosim/>

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B0000AM6NX/tidbitselectro00/ref=nosim/>

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000008E97/tidbitselectro00/ref=nosim/>

はい、お母さん -- 聴いて楽しむものといえば、Marilyn Matty がおそらく誰も思いつかなかったようなものを答えてくれた。彼女曰く、「広告のコピーライターから喜劇役者に転向した Amy Borkowsky が、大当りをとった彼女の CD と本のセット“Amy's Answering Machine”に続編の CD を最近出しています。オリジナルを聴いたことがない人、まだ買っていない人には、どちらもとてもお勧めです。この CD はどちらも、世話焼き過ぎる彼女のお母さんが実際に彼女の留守電に残した伝言からそのまま選んでまとめたもので、彼女の喜劇でも人気のある台詞は大抵これが元になっています。」

<http://www.sendamy.com/cdinfo.htm>

「コンピュータを持つことの謎について、Amy のお母さんの最初のメッセージを聞いた時、その通り、これは最高、と相槌を打ったものです... ただ、最高だったのは2番目のメッセージを聞くまでの間だけでしたが:

『ねえ、ちょっと思ったんだけど... ラップトップコンピュータって、いったい何で必要なの? もしも、あんたがあんまりお腹がぺこぺこで、思わず晩ご飯のテーブルにコンピュータを置き忘れちゃったらどうするの? それって、まるで月見バーガー1個に3千ドルのチップを置いてくようなもんじゃない?』

『ねえ Amila、私ね、あんたが買ったあの手のひらサイズのコンピュータについて、言っときたいことがあるのよ。あれって、もしも飲み込んじゃったら、おお恐い、窒息するじゃないの。新聞で読んだんだけど、小さな携帯電話を失くした人がいて、自分の番号に電話してみたら、飼ってる犬のお腹の中から電話が鳴ってたんですって。』

ニューヨーク訛りのお喋りの中に、子供を持った人なら誰にでもある、愛情と気遣いに溢れた、献身的な心が潜んでいます。だからこそ、この CD と本は最高のギフトにもなり、パーティーを盛り上げるきっかけにもなるのです。35 歳以上で独身、ニューヨーク在住、という条件を満たしていないあなたにも、きっと Amy のお母さんのアドバイスは心に響くでしょう。」

インターネットラジオの購読 -- Amy Borkowsky の CD を一年中聴いている訳にもいかないだろうが、Tomoharu Nishino からの次の提案は一年間ずっと聴いて楽しめるものだ。「私がお勧めするのは Audible.com の“Wait, wait, don't tell me...”の年間購読のプレゼントです。NPR でやっているこの番組を私は大好きなのですが、番組の時間にラジオを聴いていられることはめったにありません。ウェブサイトで聴くこともできるけれど、それもコンピュータに付きっきりでないと聴けません。Audible.com の購読料は 12 ヵ月で $45(1ヵ月で $10)と決して安くはないけれど、これで手軽に iPod へ番組をダウンロードしてどこにでも持って行けます。もちろん、贈る相手の好みに合わせて他の番組、例えば“Car Talk”などを選ぶのもいいでしょう。」

<http://www.audible.com/>

当然ながら、1回だけの支払いで済む違ったアプローチの方法も他にある。ラジオ番組(インターネットにしろ AM/FM ラジオにしろ)をあなたの Mac に録音できる機器については、この号の前の方にある“ギフト提案: その他”の記事を参照のこと。

アメリカを本で見よう -- Adam です。私は、確かに写真を見るのは好きだけれど、コーヒーテーブルで大きな写真集などを広げて見ていても、じきに飽きてしまう。でも、最近出た Rick Smolan と David Elliot Cohen の新刊書、America 24/7 は違っていた。これは、プロのカメラマンとアマチュアの写真家が共に参加してある一週間のうちに撮られた 1,200 以上もの写真を集めたものだ。(最初の発表については TidBITS-679 の記事“America 24/7 デジタル・フォト・プロジェクト”を参照。)25,000 人の人々から百万枚以上の写真が投稿され、この本にはそのうちから選りすぐりのものを集めてある。私が興味を引かれたのは、それらの写真の多様性に魅せられたからだと思う。時々私はこの本を手に取って眺め、また数ページずつめくって、写真の添え書きを読んだり、ここに写っている人たちの生活はどんなだろうかと想像を巡らしたりするのだ。本の定価は $50 だが、現在 Amazon では 40% 引きセール中なので、$30 に値下げされている。フルカラー大型版 300 ページの本の値段としては、これ以上のお買い得はないだろう。

<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0789499754/tidbitselectro00/ref=nosim/>

究極の旅行用マグカップ -- 今年の Andrew Laurence は、私たちの多くが気付きもしないうちに抱え込んでいる問題にも解決の方法を示唆してくれた。高品質の旅行用マグカップの必要性を説いてくれたのだ。「実は、正直に言うと私は旅行用・保温タイプのコーヒーマグカップに異常なほどのこだわりを持っています。究極のマグはないものかと、いつも探し回っているのです。蓋は密閉式でなければいけないし、ちゃんと漏れ・コボレを防止する工夫がなされていなければなりません。私の Miata で急カーブをグイッと回っても、おっと、コーヒーがこぼれないようにね。抱いている赤ん坊が突然あばれ出して、カップをとり落としてしまっても、その衝撃で蓋が外れて大事なコーヒーがあたり一面に飛び散り、ピクニックが台無しになるようでは困りますからね。」

「何年もの間、私は引き金式の飲み口の付いた理想の保温マグを夢見てきました。マグ蓋の本来の状態とは密閉状態であり、大切な中身を飲む時だけ引き金を引くのです。一時は、Closer 蓋の付いた Traveler マグでこの理想が具現化したと思った時期もありました。でも、この蓋は洗おうとして取り外すとすぐに壊れてしまいました。それに、蓋だけの別売がなくて、蓋だけ壊れても全部をセットで買い直さなければならないのです。」

<http://www.rushimprint.com/product.asp?productid=361&daycode=3>

「その後、Brookstone や Sharper Image、その他いろいろなコーヒーショップなどで Thermos/Nissan タンブラーが売り出されているのを見て、これはいいかもしれないという気はしました。けれどもこれが1個 $30 もするので、なかなか手を出せないでいました。ところが昨日の晩、妻が Costco で、その JMH402 マグの2個パックがたったの $20 でセール販売されているのを見つけたのです。これは凄い! その値段なら理想の旅行用タンブラーでしょう。たっぷり 14 オンスもの秘液を入れても大丈夫、蓋はネジ込み式できっちりと閉まります。蓋に取り付けられた引き金はレバーアクションで開き、飲む時に漏れたりすることもありません。内部も外部も美しいステンレス・スチールです。Thermos によれば、熱い飲み物は3時間、冷たい飲み物は6時間の保温性があるという... ううむ、コーヒーが欲しくなってきました...」

<http://www.thermos.com/thermos/cfm/prodDetail.cfm?pg=2&id=669&z=z>

どんな仕事にもぴったりのツール -- 目の前の仕事に適したツールを選ぶのが重要なのは言うまでもないが、時にはどんな仕事が来ても大丈夫なツールがあった方が嬉しいこともある、という意見が Tomoharu Nishino から届いた。「私がいつもブリーフケースに入れているものが2つあります。Leatherman Juice XE6 マルチツールと、ポケットサイズの Maglite 懐中電灯です。実は私はマルチツールに凝っていて、いろいろのものを試してきました。(もちろん Swiss Army ナイフもいくつか試しました。)でも、この Leatherman は全体のサイズ、ツールの豊富さ、安全性、それに使い勝手の上で一番バランスが取れていると思います。Leatherman と Maglite のどちらも、いつも持っているだけで信じられないほど役に立ちます。普通のビルの中に、どれほど暗い物陰や照明の届かない暗がりがあるかは、信じられないほどです。一度など、私は口にくわえた Leatherman で照らしながら Power Mac G4 の中を開けて、緊急ハードディスクアップグレードをしたこともあります。(決して、そんなことを皆さんにお勧めしている訳ではありません。このコンピュータは盗難防止器具で机の下にがっちりと固定されていたのです。)あとは、Leatherman が Torx ドライバーも2・3個加えてくれさえしたらいいのに。」

<http://www.leatherman.com/>
<http://www.maglite.com/productline.asp>

Johann Beda も似た意見だった。「今時は、LED 懐中電灯でキマリでしょう。光も感じがいいし、バッテリも LED も信じられないほど寿命が長い。楽しいのはと言えば、クリヤの磁気駆動 LED 懐中電灯が(明るさはそれほどでもないが)ピカイチです。筒を振ると、中の磁石がシャフトの中を往復運動し、それがコイルを通過する際にキャパシタの蓄電されます。それからスイッチを弾けば、キャパシタから電気が放たれて数分間電灯が灯ります。他にクランク駆動の LED 懐中電灯もあって、こちらは便利ですが、あまり格好良いものではありません。」

<http://www.uwgb.edu/nevermab/led.htm>
<http://www.thinkgeek.com/gadgets/lights/5a9f/>

Curtis Wilcox からは警告付きの意見が届いた。「私も磁気駆動 LED 懐中電灯を車の中に常備しています。ただ、この光は本当に弱い(LED だから、という訳ではないと思います)ので、電池交換が不要だからこその最後の手段と考えるべきです。それに、電磁石なので絶対に財布と一緒にポケットに入れてはいけません。」

私は今どこにいる? -- John Slavin からは、ちょっとシャレの利いた案が届いた。「GPS 機器はどうだろうか? Route 66 から、Route USA 2004 の Mac OS X 版が出ています。これは地図・旅行経路計画用のソフトウェアです。これがあれば、次に欲しくなるのはそれと組み合わせて使える GPS でしょう。もちろん、フル装備の GPS 受信機を接続して使うこともできますが、私がいいと思うのはあの MacProf の記事に載った方法で、Haicom 製の PC カードベースの GPS が Route USA 2004 で使えるというものです。Haicom 社からは他にもいくつか良さそうなハイブリッドモデルも出ています。」

<http://www.66.com/route66/products.php?cid=US&sec=1&ssec=0&prodid=716>
<http://www.macitynet.it/macprof/archivio/test/haicomcfe.shtml>
<http://www.pocketgps.co.uk/haicom303mmf.php>

私たちもこの提案に同意見だ。最近ボストンに旅した時のこと、この町の込み入ったハイウェイシステムはまるで牛が設計したようなもので道路標識も点字で書いてあるようなものなのだが、Garmin eTrex Legend GPS と地図の組み合わせのお陰で「いったい今どこにいるんだ?」とか「約束の場所はこの地図のどこにあるんだ?」とか叫んでいた私にも、答えがちゃんと提供されてたいへんに役に立った。(ちなみに、それぞれの質問の答えは、「この矢印の指している所ですよ」と「Andy Ihnatko と、“ミスター BBEdit”こと Rich Siegel と一緒に Brookline の Zaftigs レストランでディナーですよ」というものだった。)その上、私たちは遅刻することさえしなかった。もっとも、これはボストンだからということであらかじめ 45 分の余裕を見てあったことが大きかったのだが。

<http://www.garmin.com/products/etrexLegend/>
<http://www.zaftigs.com/>

行動はローカルに、思考はグローバルに -- 最後に、今年は読者の皆さんから寄付に関する提案は無かった。きっとこれは 2003 年を通しての経済の落ち込みを反映しているのだろう。けれども、私たちはやはり皆さんに他の人たちのことも心に留めて頂きたいと思う。合衆国政府のお金が他所に振り向けられるに従って、皆さんがお住まいの州、郡、あるいは市の予算も削減され、その影響が意義あるプログラムにも影を落としている。そこで今年は、どうか皆さんがお住まいの地域で、皆さんの時間や贈り物、あるいはお金を寄付できるような組織を探して、あなたの周りのコミュニティーが誰にでも住みやすい場所になるようにと、何かを寄付してみてはいかがだろうか?

そして、私たちは皆同じ世界に住んでいるのであり、あなたの真心をもっと世界へ、さらに厳しい試練にさらされている外国の人々へも拡げたいと思って下さるならば、そういうあなたには Heifer International をお勧めしたい。これは、援助を必要としている第三世界の家族に家畜を贈り物するためにあなたの寄付を直接結び付けてくれるグループだ。家畜はその家族に収入と食物を、そして子孫を与えてくれ、Heifer International はこれを受け取った家族に、その家畜の子供をさらに別の家族へと贈るように依頼している。何しろ、あなたが誰かに水牛を贈ることができるなんて、他に方法があるだろうか?

<http://www.heifer.org/holidaygifts/>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA