TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#727/26-Apr-04

再開号の今週は NAB からのニュースと TCP のトラブルに関するニュースがある。Jeff Carlson は Apple の新しい動画作成アプリケーション、Motion を検討する。果たしてこれは After Effects に打ち勝つことができるだろうか? Jeff はまた、Apple から出たビデオ関係のその他の発表についても触れる。別のニュースとしては、Glenn Fleishman が TCP ネットワーキングに発見された重大な欠陥について詳しく述べる。また、新型の PowerBook、iBook、eMac のリリース、Apple の四半期業績が好調だったこと、それに AirPort(日本では AirMac)のアップデートについてもお伝えする。それから、先週で TidBITS は 14 歳になった! これを記念して、今週に限りすべての Take Control 電子ブックの注文価格が 50% 引きとなる!

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/26-Apr-04

TidBITS 14 周年を記念して Take Control 50% 割引セール -- 私たちが先週妹の結婚式のためハワイに滞在していた間に、TidBITS は出版を続けること 14 周年の記念日を迎えた。両親が留守の間にまだティーンエイジャーの電子出版が盛大なパーティーを勝手にやっているなんて、誰が予想できただろうか? まあ、それはさておき、私たちはこれを機会に公式記念行事として Mac OS X 10.3 Panther に関する私たちの Take Control 電子ブックの半額セールを実施することにした。まだ Jaguar からアップデートするかどうか迷っている人、思い通りに使いこなせるよう Panther をカスタマイズしたい人、Mac OS X におけるユーザやアカウントについて頭を悩ませている人、あるいはファイル共有の最良かつ最も安全な方法を使っていたいと思う人は、私たちの電子ブックさえあれば今すぐ役立つ情報が読めるだけでなく、今後マイナーなアップデートが出た場合にはそれも無料で入手できる。セール期間中に限り、クーポンコード CPN40426TB14 を使えば、1冊だけでも4冊全部でも、あなたの注文すべてに対して 50% 割引の価格が適用される。セール期間は当初 2004 年 4 月 30 日の金曜日までの予定だったが、日本の読者の便宜のために週末明けまで延長することにした。[訳注: Adam が大急ぎで期間延長してくれたためセール期間がいつまで有効かは不明確ですが、日本時間の 2004 年 5 月 4 日の昼過ぎ頃まで有効であることは確実のようです。どうぞ購入ページで、クーポンコード CPN40426TB14 をお使い下さい。][ACE](永田)

<http://www.tidbits.com/takecontrol/>

Apple がより高速の iBook と PowerBook をリリース -- Apple は先週、性能の向上した iBook と PowerBook をリリースして全ラップトップ製品のラインアップを一新した。入門レベルの 12 インチ iBook は $1,100 で、1 GHz の PowerPC G4 プロセッサ、1 GHz で動作する 512K の L2 キャッシュ、256 MB の RAM、それに 30 GB のハードドライブを搭載している。14 インチのモデルは $1,300 で、ハードドライブが 40 GB(それにもちろん大きなスクリーン)という点を除けば 12 インチモデルと同じ仕様だ。ハイエンドの 14 インチ iBook の方は $1,500 で、1.2 GHz の PowerPC G4 プロセッサと 60 GB のハードドライブ、それに AirPort Extreme(日本では AirMac Extreme)を内蔵している。(他の2機種の iBook では、AirPort Extreme はオプションとして追加できる。)どの機種の iBook も、32 MB ビデオメモリ付きの ATI Mobility Radeon 9200 グラフィックスプロセッサを使用し、コンボドライブ(DVD-ROM/CD-RW 両用)を装備している。2つの 14 インチモデルでは、工場出荷オプションとして 4 倍速で走る SuperDrive(DVD-R/CD-RW 両用)も選べる。(これまでのラップトップ用 SuperDrive は 2 倍速だった。)また、今回の iBook では、RAM 容量がこれまでの世代での 768 MB 制限ではなく最大 1.2 GB までに増設できるようになった。

<http://www.apple.com/ibook/>(日本語)アップル - iBook G4

PowerBook の各機種の方も以前の世代より格段に高速化が進み、2つの 12 インチモデルと 15 インチモデルのうち1つでは 1.33 GHz の PowerPC G4 プロセッサを、もう1つの 15 インチモデルとやはり巨大な 17 インチモデルとでは 1.5 GHz のプロセッサを採用している。$1,600 で始まる価格の 12 インチ PowerBook には 256 MB の RAM、60 GB のハードドライブとコンボドライブが付く。$200 高いもう1つの 12 インチモデルには 4 倍速の SuperDrive が付く。いずれの機種も 64 MB ビデオメモリ付きの Nvidia GeForce FX Go5200 グラフィックスプロセッサを使用し、FireWire 400 ポートを標準装備している。15 インチのコンボドライブモデルは $2,000 となり、FireWire 800 ポートと 64 MB ビデオメモリ付きの ATI Mobility Radeon 9700 グラフィックスプロセッサ、それに 4 倍速の SuperDrive が付く。15 インチモデルの最高峰となる $2,500 の機種の方は、512 MB の RAM と 80 GB のハードドライブ、それに今や話題のバックライトキーボードも装備する。さらにあと $300 出せば 17 インチモデルが買え、この最上級 15 インチモデルと同じ各種装備の上にあのプラズマテレビなんか何のそのの美しい 17 インチスクリーンが楽しめる。どの機種の PowerBook も、AirPort Extreme(日本では AirMac Extreme)と Bluetooth を内蔵、512K の L2 キャッシュを装備し、333 MHz PC2700 の高速 DDR メモリを標準搭載している。[JLC](永田)

<http://www.apple.com/powerbook/index12.html>
<http://www.apple.com/powerbook/index15.html>
<http://www.apple.com/powerbook/index17.html>
(日本語)アップル - PowerBook G4(日本語)新しいPowerBook G4シリーズを発表

eMac の速度が上がり、価格が下がる -- 先週、Apple Computer は最も廉価版の Macintosh コンピュータである eMac についても新しい機種を出した。この eMac はこれまでと同じ白いオールインワンのデザインで、17 インチ CRT ベースのディスプレイは最大 1280×960 ピクセルの解像度を持つ。(フラットスクリーンばかりの Apple のラインアップの中で唯一のチューブ型の機種となった。)けれども Apple が今回力を入れたのは内部の強化だ。eMac は、今や 1.25 GHz の G4 プロセッサ、333 MHz の PC2700 RAM、32 MB ビデオメモリ付きの ATI Radeon 9200 graphics コントローラ、3個の USB 2.0 ポート、それに 40 GB のハードドライブと 32 倍速コンボドライブ(DVD-ROM/CD-RW 両用)か、または 80 GB のハードドライブと 8 倍速 SuperDrive(DVD-R/CD-RW 両用)のどちらか、という強力な装備になった。これらの新機種の eMac は現在すでに入手可能で、コンボドライブモデルは $800、SuperDrive 装備のモデルは $999 という価格構成だ。また、米国およびカナダ国内の教育関係顧客向けの割引価格が Apple の Store for Education で利用可能となり、ここでは光学ドライブ無しの最低価格モデルも扱われている。工場出荷オプションとしては AirPort Extreme(日本では AirMac Extreme)ワイヤレスネットワーキング、内蔵 Bluetooth モジュール、最大 1 GB の RAM、より大容量のハードドライブ、などが選べる。eMac の各機種には Apple のデジタルメディアアプリケーションを集めた iLife '04 をはじめ、AppleWorks、 Quicken 2004、WorldBook Encyclopedia、それに Tony Hawk の Pro Skater 4 なども付属している。[GD](永田)

<http://www.apple.com/emac/>(日本語)アップル - eMac
<http://www.apple.com/education/store>
<http://www.apple.com/ilife/>(日本語)アップル - iLife

Apple が第2四半期純利益 4,600万ドルの業績を発表 -- Apple Computer は 2004 年度第2四半期の業績を発表し、4,600万ドルの純利益があったとした。売上高は 19億ドルで、750,000 台近い Mac と 800,000 台以上の iPod を出荷した。四半期の売上に占める米国市場以外の売上比率は 43% で、売上総利益率は依然として健全な 27.8% という数字だった。この四半期の業績には、税引き後の事業再編に伴う費用の 700万ドルが含まれている。Apple はおそらく次の四半期にも事業再編費用を組み込むことになるだろう。カリフォルニア州サクラメントの製造工場を閉鎖してその分の生産を南カリフォルニアに移行させるなど、会社としてのさらなる合理化計画を発表しているからだ。それでも、Apple は依然として良い経営状態を保っており、3四半期連続で前年同期比2桁増の利益をあげ、手持ちのキャッシュ 46億ドル、借入金はゼロ、という成績を続けている。[GD](永田)

<http://www.apple.com/pr/library/2004/apr/14results.html>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07553>


新しい AirPort ベースステーションとワイヤレスソフトウェア

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週は新しい iBook、PowerBook、それに eMac の各機種のリリース(今週号の別記事を参照)が Apple 関係で最も注目を集めたニュースだったが、同社のワイヤレスネットワーク関係の製品にもソフトウェア・ハードウェアの双方でいくつかの重要なアップデートがあり、こちらも見逃してはならないニュースだった。

Power over Ethernet のベースステーション -- Apple は、AirPort Extreme ベースステーション(日本では AirMac Extreme ベースステーション)の第三の機種を静かにリリースした。この機種 (M9397LL/A) は学校や企業関係の市場向けに開発されたもので、Power over Ethernet (PoE)、つまり別途の AC 電源ケーブル無しにベースステーションに電源を供給するというものだ。Apple 代理人の説明によれば、PoE は「まさに学校関係者が待ち焦がれていたもので、キャンパスに溢れる電線を整理し、ベースステーションを天井付近に設置することもできる」という。このユニットは Plenum レーティングにも適合しており、火災時に有毒ガスの発生量を減らすという建築基準に対応している。

<http://www.apple.com/airport/specs.html>(日本語)アップル - AirMac Extreme - 仕様

Power over Ethernet は IEEE 802.3af としても知られているが、これがあればベースステーションの電源がすべて Ethernet ケーブルを通じて供給される。Ethernet ケーブルの中の線でデータ転送に使われていないものを使って DC 電源が送られるのだ。Ethernet スイッチも、次第に Power over Ethernet がオプションとして利用できるものが増えてきている。その装備さえあれば、ただ Ethernet ケーブルを繋ぐだけで自動的にユニットに電源も供給されることになる。さらに進歩したスイッチならば、そのスイッチのインターフェイスを使って機器のパワーサイクルもできる。つまり、いちいち電源アダプタを探してプラグを抜いたりする手間が要らなくなるわけだ。

この新機種の価格は $250 で、これは内蔵アンテナジャックを含んでいるがモデムは含まれていない。もう一つ別に $250 の機種があって、こちらは Plenum レーティングに適合しておらず PoE のサポートも無いが、モデムと外部ジャックが含まれている。一番安い機種は $200 で、モデムも PoE も Plenum もジャックも、いずれも付いていない。(以前にも言ったことだが、機種番号は整合性のあるものにして欲しい。)PoE 付き機種の AirPort Extreme ベースステーションについては教育関係市場専用に5個セットで $1,000、つまりゲートウェイあたり $51 の割り引きというものもある。これは従来の1ユニットごとの教育関係割引価格よりもかなりお買い得だ。ただし、現時点ではまだ新機種のベースステーションは Apple のオンラインストアで出荷可能となっていない。

AirPort 3.4 と AirPort Management Tools 1.0 -- Apple は Mac OS X 10.3 用の AirPort Software 3.4(日本では AirMac 3.4 ソフトウェア)もリリースした。これにはベースステーション用の新しい AirPort Extreme Firmware 5.4(日本では AirMac Extreme Firmware 5.4)も含まれている。今回のリリースではベースステーションにいくつかのモニター機能とログ記録のオプションを追加しており、Wi-Fi Protected Access (WPA) セキュリティ関係の改善もされているという。また、外部アンテナのシグナルゲインをコントロールするオプションも加わった。残念ながら、私としてはこの AirPort 3.4 をお勧めすることはできない。それは、これを使用することでパフォーマンスの減少と受信感度の低下が見られたからだ。(アップグレード後のベースステーションから2メートル以内にある PowerBook でさえも起こっていた。)この問題に悩みながら私が一晩眠っている間に、Apple は素早く AirPort 3.4.1(日本では AirMac 3.4.1)をリリースした。ちょっと試してみた範囲では、3.4 で起こっていたパフォーマンスと受信感度の問題は、どうやらこの 3.4.1 で直っているようだ。

<http://www.apple.com/support/downloads/airportupdate.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - AirMac Update 3.4
<http://www.apple.com/support/downloads/airportextremefwupdate.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - AirMac Extreme FW Update 5.4

Apple はまた、ごく短期間ながら AirPort Management Tools 1.0 もリリースした。これには2つのユーティリティが含まれており、多数のベースステーションの設定を一括して管理したり、パフォーマンスのフィードバックをライブでモニターしたりするものだった。けれども、その日遅くにこのツールは Apple のサイトから削除されてしまった。

Bluetooth Firmware Updater 1.1 -- 最後に、Apple はもう一つの重要なワイヤレスネットワークテクノロジーである Bluetooth についてもアップデートをリリースした。Bluetooth Firmware Updater 1.1 だ。このアップデートでは、起動プロセスのより早い時点で Bluetooth ドライバを初期化することにより Bluetooth キーボードやマウスのサポートが改善され、Apple 製ワイヤレスキーボードでも起動時にキーを押して起動方法がコントロールできるようになった。また、Bluetooth 接続の信頼性も向上しているという。この点についてリリースノートには具体的な説明が無いが、私の想像ではこれはアダプタが Bluetooth 1.2 をサポートする方法が改善されたのだろうと思う。Bluetooth 1.2 では AirPort Extreme と Bluetooth が同じ周波数帯を使用している場合それらの干渉が緩和される。Apple によれば、このアップデートを D-Link USB Bluetooth アダプタに適用すると「Macintosh 以外の機種との互換性がなくなる」ということだ。

<http://www.apple.com/support/downloads/bluetoothfirmwareupdater.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Bluetooth Firmware Updater 1.1


Apple がプロ・ビデオ界の注目を NAB する

文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ラスベガスで開催された今年の NAB (National Association of Broadcasters) ショウにおいて、Apple はプロフェッショナル用のビデオアプリケーションのラインアップを一段と充実させ、デスクトップビデオ編集の次世代への大きな進化、つまり HD (high-definition) ビデオに対応できるものとした。Final Cut Pro、DVD Studio Pro、Shake の3つがいずれもアップグレードされたが、何といっても観衆やデジタルビデオのプロたちの最大の注目を集めたのは新登場のアプリケーション、Motion だった。

<http://www.nab.org/>
<http://www.nabshow.com/>

Motion -- Motion は Apple の新しい動画作成アプリケーションだ。ちょうど Adobe Photoshop の動画版だと思えばよい。ビデオの上に、特殊効果を施したり格好良いタイトルを付けたりするツールだ。Motion はスクリーン上のオブジェクトを動かしたり、いろいろな効果を適用したり、粒子生成(例えば炎や煙、あるいは各種の照明などの表現)をしたり、複数のレイヤーを合成して同じ一つのシーンに見せたりすることもできる。基本的に、元々撮影した映像に写っていなかった視覚効果で Final Cut Pro では提供されていないものを入れたければ、Motion が解決してくれるのだ。

<http://www.apple.com/motion/>(日本語)アップル - Motion

いや、正確に言おう。Motion は、その Apple ブランドの解決法だ。何といっても Adobe After Effects こそがこの分野の先駆者であり、現在に至るまで Mac でも Windows でも動画作成アプリケーションとしては絶対的な地位を保っている。NAB の会場で Motion がデビューを果たしてから程なく、早くも観衆たちはこの明白な疑問を囁き合い始めた。これは、Apple が After Effects に差し向けた刺客なのか? 実際、Final Cut Pro によって Adobe Premiere は Mac プラットフォームから完全に追い出されてしまった。Motion も、同じ使命のために刃を隠し持っているのだろうか? 現在のところ、Apple は好意的な態度を保っている。Apple の代理人たちは Motion をただ動画作成の工具箱に収めるツールの一つに過ぎないと位置付けているし、そもそもビデオ・アーチストたちは After Effects と共にいくつものプログラムを組み合わせて使うのが普通だからだ。

<http://www.adobe.com/products/aftereffects/>(日本語)Adobe After Effects
<http://www.digitalpostproduction.com/articles/viewarticle.jsp?id=25159-0>

Motion が After Effects とはっきり違うところは、そのリアルタイムのデザイン・エンジンだ。映像をレンダリングする必要なしに、リアルタイムで再生できる。多くの場合、Motion は再生中にも変更を加えたり追加の要素を組み込んだりできる。これは GarageBand で楽曲を再生中にそれを止めずに新しいループを追加したりできるのと同じだ。

Motion には、ビヘイビアと呼ばれる新機能が導入された。これは、あらかじめ設定の済んでいる各種の動画で、オブジェクトやテキストをドラッグ&ドロップするだけで、個々の運動のキーフレームを操作する必要もなしにアニメーションが作れる。さらにビヘイビアの設定を開いてそれに変更を加え、動画をカスタマイズすることもできる。(この場合も、変更結果はリアルタイムで反映される。)Motion には 40 以上のビヘイビアが付属しており、まわりのオブジェクトと反応する物理シミュレーション、例えば重力、渦巻き、誘引、反発などが作成できる。

ものごとを高速化しようという精神から、Apple は 40 個のジェスチャーによる操作を組み込んでおり、デジタルタブレットやペンを使ってショートカットキーとして使える。例えば、円を描いてからその真ん中に上から下へ縦線を引けば、ズームツールが呼び出される。

もうお察しの通り、このようなリアルタイムの機能は膨大な計算パワーを要求する。Apple による公式のシステム用件は少なくとも 867 MHz の PowerPC G4 または G5 プロセッサに 512 MB の RAM というものだが、推奨されているのはデュアル 2 GHz の Power Mac G5 で 4 GB かそれ以上の RAM、というものだ。あなたの Mac のビデオカードも非常に重要で、Motion が要求するのは Nvidia GeForce FX 5200 Ultra か、あるいは ATI Mobility Radeon 9600、ATI Radeon 9600、9700、または 9800 Pro、推奨するのは後者、ということだ。Motion でやってみよう、と思っているデザイナーたちのうち何人かは、同時にハードウェアのアップグレードコストも考慮しなければならないのは疑いのないところだろう。

<http://www.apple.com/motion/specs.html>(日本語)アップル - Motion - 仕様

しかしながら、Apple はこのプログラムの価格を $300 とすることによって、かなり魅力あるものにしている。これは After Effects 6.5 Standard よりも $400 安く、After Effects Professional 6.5 よりは $700 も安い。Apple は今夏にも Motion を出荷するとしているが、実際に入手できるようになるのは九月前くらいだろう。

Final Cut Pro HD -- 同時に発表され、こちらは現在既に出荷されているのが、Final Cut Pro HD だ。これは既存の Final Cut Pro 4 オーナーには無料のアップデートとなり、このノンリニアなビデオエディタに改良された HD のサポートを導入するものだ。以前から Final Cut Pro は HD フォーマットの編集をサポートしていたが、今回の新バージョンでは最大4ストリームの HD ビデオをリアルタイムで編集できる機能を提供している。また、HD 対応の RT Extreme により複数の HD ストリームの合成、エフェクト、トランジションの結果もリアルタイムでプレビューできる。DVCPRO HD コーデックの採用により、カメラで撮影した映像は Final Cut への読み込み、編集、FireWire 経由の書き出し、のいずれの段階においても再圧縮はおこなわれない。Final Cut Pro HD はまた Apple Cinema Display での HD フォーマットのプレビューもサポートしており、編集者たちは高価な HD テレビやモニタなどに投資せずに高品質な画像の再生をすることができる。

<http://www.apple.com/finalcutpro/>(日本語)アップル - Final Cut Pro HD

Final Cut Pro HD のフルバージョンは $1,000、Final Cut Pro のバージョン 1 から 3 までからのアップグレードは $400 となる。Final Cut Pro 4 のオーナーは名前と電子メールアドレス、それにシリアル番号を申告すれば無料のアップデータをダウンロードすることができる。

<http://www.apple.com/finalcutpro/download/>(日本語)アップル - Final Cut Pro HD - ダウンロード

Shake 3.5 -- もしもあなたが巨大予算のハリウッド映画を作っていて、それがポスト・プロダクションの段階に入っているのなら、あなたはきっと Shake 3.5 が現在入手可能になったと聞いてラッキーだと思うだろう。この Apple による合成ソフトウェア(このソフトウェアこそ、今年の「ロード・オブ・ザ・リング:王の帰還」など、過去7年にわたってアカデミー賞の最優秀視覚効果賞を受賞した映画で使用されたものだ、と Apple は素早く指摘した)における今回の改善点の目玉は、シェイプベースの新しいワープ機能とモーフ機能だ。Shake 3.5 のフルバージョンは $3,000 だが、バージョン 3 のオーナーはたった $800 でアップグレードできる。Linux や IRIX のユーザーは互換バージョンの Shake 3.5 を $5,000 で購入することもでき、その年間メンテナンス料金は $1,500 となる。

<http://www.apple.com/shake/>(日本語)アップル - Shake

DVD Studio Pro 3 -- 去年の NAB で DVD Studio Pro 2 が発表された時、それは従来の DVD 制作アプリケーションからは劇的に離れてゆくものであって、バージョン 2 はバージョン 1.5 をほとんど根本から書き直したものだった。今年のアップデートはそれほどまでに劇的なものではないが、DVD のプロフェッショナルたちにとって歓迎すべきものであるのは間違いない。DVD Studio Pro 3 では、プロジェクト全体の構造を一覧できる新しいグラフィカルビューが追加され、またメニュースクリーンの間を移動するための改良された方法、アルファトランジションも加わった。このトランジションは Motion や After Effects でカスタム制作することもできる。DTS 5.1 オーディオのサポートも含まれるようになった。このプログラムのフルバージョンは $500 で、バージョン 1.x または 2.0 からのアップデートの場合は $200 となる。DVD Studio Pro 3 は五月中旬ごろに出荷の予定だ。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07142>(日本語)Final Cut Pro 4、DVD Studio Pro 2、Shake 3を発表
<http://www.apple.com/dvdstudiopro/>(日本語)アップル - DVD Studio Pro

Xsan -- 最後にもう一つ、Apple の NAB での大きな発表は Xsan だった。これは複数のコンピュータが巨大な量のデータにアクセスできるようにするためのストレージエリアネットワーク (SAN) だ。(たった 3.5 テラバイトのストレージ容量を持つ)一台の Xserve RAID 機を見て圧倒されたあなたなら、これが数台の Xserve RAID をファイバーチャンネル経由で互いにリンクさせて(例えばビデオデータのような)巨大な量のデータを保存し、そのデータを複数の人々が同時に利用できるように高速転送するものだ、と説明して実感を抱いていただけるだろうか。Xsan は今後6ヵ月以内に(Apple によれば「今秋遅く」に)$1,000 で出荷されるという。

<http://www.apple.com/xsan/>(日本語)アップル - Xsan
<http://www.apple.com/xserve/raid/>

統合と期待と -- Motion は、少なくとも現在の時点では、After Effects を打ち倒すものとは言えない。けれども Motion がその競争相手に追い付くことを目指しているのは間違いない。実際、Apple はある意味 Adobe の足跡を追っているとも言える。何年か前 Adobe は、自分自身の強さの鍵がそのアプリケーションが互いに協力して動作することにあるのだと気付いた。Photoshop を使う人ならば、1つのプログラムで施した変更が他のプログラムでも反映される限り、GoLive や Illustrator も使おうとするのが自然だろう、ということだ。

Final Cut Pro HD に Motion、それに DVD Studio Pro 3 を組み合わせることで、Apple はプロフェッショナル用のビデオアプリケーションにおける相互の統合に関し、Adobe がしてきたのと同じタイプのものを実現させようとしている。(Apple は既に iLife スイートにおいて、ある程度その効果を利用してきている。)Motion は結局、個々の機能比較のレベルで After Effects と直接競合する必要のないものになってゆくかもしれない。After Effects の能力のうちの一定の部分だけがあれば十分、という編集者たちやデザイナーたちにアピールできる限り、それで生き残ってゆけるだろう。

ただ一つ明らかなことは、このように続々と製品をリリースした Apple が、引き続きプロフェッショナルのビデオ市場に向けた積極的な働きかけを継続させてゆくに違いないということだ。Motion は今回の NAB で Best of Show 賞の栄誉に輝いた。従来は、この NAB カンファレンスで Apple が会場の注目を一身に集めるなどということはあり得なかった。けれどもこれからは、それが Apple の狙いの一つになったと、誰の目にも明らかに映ったのではないだろうか。


重大な TCP 弱点が浮かび上がる

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@earthlink.net>
訳: 佐藤浩一 <koichis@anet.ne.jp>

最近のインターネットは常に何かの緊急事態にあることに我々は慣れてしまいつつある。インターネットが大規模な妨害にさらされる可能性についての話が報じられる度に、Y2K 問題の時のように、実際には起こりっこない誇大宣伝として片付けてしまう。しかし残念なことに、最近報じられた非常に技術的な -そして本当に起こり得る - インターネットに対する短期間の脅威はそう簡単に放置しておける類のものではない。

Milwaukee, Wisconsin に住む情報セキュリティの専門家である Paul Watsonは次のことを発見し実証して見せた。この弱点は、インターネットの共通語である TCP によってつながっている二つのシステムの間でのデータのやり取りの完全性に関するものである。これは従来から知られていた弱点であるが、高々3年前に思われていたよりも10億倍も簡単に破られる可能性があるということである。

<http://www.uniras.gov.uk/vuls/2004/236929/>
<http://www.us-cert.gov/cas/techalerts/TA04-111A.html>

この欠陥はあなたのパソコンには直接影響を及ぼさないかもしれないが - そして Microsoft も Windows XP へのパッチは出すつもりがないことをすでに言明している - インターネットの近代化のあまり進んでいない部分を傷つける可能性は低であり、そして企業や大学のネットワークや内部のISP ネットワークに障害を起こす可能性が中から高である。

潜在する弱点 -- TCP (Transmission Control Protocol) 及びその従兄弟ともいえる UDP (User Datagram Protocol) はデータを束ねるための仕様であり、ネットワークという抽象モデルのトランスポート層に位置している:両方とも色々な種類のデータの移送に関係する。 ある長さを持ったデータ、例えばファイルのような、を送るには、そのデータをより小さなかたまり、つまりパケットに分解し、行き先アドレスを持ったラベルが付けられ、そして伝送のために Ethernet, Wi-Fi, 或いは DSL ラインといった物理層へと手渡される。

アプリケーションプロトコル、即ち HTTP (Web ページ) や FTP (ファイル転送) と言ったものは TCP や UDP の上で動作する。例えば、HTTP リクエストは TCP パケットに分解される。IP (Internet Protocol) は TCP の下にいてTCP パケットが特定の受信者への宛先が付けられる様にしている。

インターネット上の二点間で何をするにしろ接続を形成するためには、送信者側が相手方に対して IP 上で TCP 接続を起動しなければいけない。もし受信者側がある特定の場所、TCP ポート(一つの高層アパートの中の一室みたいなもの)と呼ばれる番号の付いたローカルアドレスで聞いていて、送信点が送ってきたものを気に入った時、一つの接続が双方向で開かれる。

インターネットは、一つの点からもう一点に対して送られるパケットの通る経路が常に多数存在するので、TCP パケットはある程度の制限はあるがどの様な順番でも受信し組み立て直されることができる。送信側と受信側のマシンは、あるかたまり或いはウィンドウの中でいくつのパケットを送るかを交渉する。二つのマシンが4つのパケットを送ることで合意したとすると、1 から 4 のパケットは 3, 1, 2, 4 或いは 4, 3, 2, 1 の順でも、勿論 1, 2, 3, 4 の順に来てももとの順番になるよう組み立て直される。

もし受信側が一つのパケットを受信し損なっても、そのパケットの特定のデータ型やプロトコルにもよるが再送信を要求することが出来る。(ストリーミングメディアの様なデータ型では欠落を許す; 他は再送信を TCP より上の層で扱う。)

ところでこの順番を示す最初の数字は 1 ではない;これは非常に大きな組み合わせ(2 の 32乗)の中から導かれるのだが、言わば無作為に作り出されると思っていい。一点から他点へのある一連の流れのデータを改ざんしようとするには、複製ではない正しい一連の番号を生成することが出来なければならない。複製は通常無視されてしまうし、この連番は送信側と受信側で交渉が成立したかたまり或いは "ウィンドウ" の範囲に入っていなければならない。

弱点はここにある:二つのマシン間の接続が速くなればなる程、ウィンドウは大きくなり、シーケンスも長くなる、そして受信側が受け入れられかつユニークな連番を持つ一つのパケットを生成するために試みることが出来る回数も減る。さて鍵となるのは、この全ウィンドウのどこかに当てはまる一つの連番は生成可能であり受け入れられると言うことである。

2001年以前は、研究者たちはこれが問題になるとは思わなかった。というのは、これは、私の思っている数を当てなさいという数当てゲームで、推理された数は常に間違っているという状態に近いと思われていたのである。

2001年になって、研究者たちはこの問題について新しい発見をしそれがこのゲームを変えさせることとなった。新しいゲームは、"私の考えている数は 1から 40億の間です" となった。彼らは当時このように言った、これを無作為にやって勝つには 4 日から 4 年かかるであろう。

ところが、この弱点は今では次のように述べられる、"私の考えている数字は、1 から 40億の間にあって 10億個ある。このうちのどれでもいいから一つ当てよ。" これは計算機的に言えば解くのはずっと簡単で、その確率は最良の場合 4 対 1 となる。

もし攻撃者がデータの流れの中に自分の任意のパケットを挿入する能力を得たとすると、connection reset や synchronize flag を持ったパケットセットを送り込むことが出来る。前者の場合、接続を完全に切断してしまう;後者の場合、待機行動の原因になることがあり、そうなると結構長い間、ある種のルーターでは数時間にも渡って、正当な送信者からのパケットでも受け入れなくなる傾向が強まる。

この様な弱点攻撃をするには、送り元と受信元の IP アドレスを「なりすまし」しなければならない。この技術は 23-Jan-95 にまで遡ることが出来る。なりすましすることで任意のアドレスを含んだパケットを生成することが出来る。これを回避するため、進んだ ISP、企業、そしてルーターメーカーはかなり前にパッチをあてたり、設定を変えたり(或いは箱から出した時のデフォルト設定を変えたり)している。しかし、なりすましは今だに広い範囲で問題となっている。それはルーターに付加する計算負荷のためである。

<http://www.cert.org/advisories/CA-1995-01.html>
<http://www.cert.org/advisories/CA-1996-21.html>

この能力を手にしたクラッカーは、ワームやウィルスによりハイジャックされゾンビと化した世界中のマシンを使ってこの種の攻撃を走らせ、分散 DoS 攻撃(denial of service)を仕掛けることが可能となる。対象となるマシンはIP なりすましに対する防御のされていないネットワークにつながっている必要があるが、マシンの母集団の大きさを考えれば、この様な特性に合うものが数百万台あってもおかしくないし、その上最大級の障害を引き起こすのに本当に必要なのはほんの一握りの数で十分なのである。

Paul Watson は彼の研究の中で、T1 接続された(1.5Mbps の専用線)一台のルーターもしくは他のシステム上でこの弱点を攻撃するのに 15秒程しか必要ないことを示している。

対策は? -- 幸いにも、この最新の脆弱性が発見されたとき、インターネットのトップレベルに対する攻撃が始まる前に問題を解決しようと、政府と数ヶ国の業界関係者のあいだで会合がいくつか秘密裏に持たれた。

インターネットで使われているプロトコルを良く知らない私たちにとっては説明が難しくなってしまうかもしれないが、いくつかの対処法がある。

ではインターネットは崩壊してしまうのか? -- 悪意を持った攻撃者は間違いなくこの脆弱性を狙うツールを作っていると思われるし、また近いうちに攻撃も始まるだろう。そして、不注意なユーザが所有するマシンに対する攻撃も成功するに違いない。インターネットの中で一番脆弱な部分、つまりパッチをあてず安全性も保てず成りすましが可能なネットワークは、オペレータが問題に気付くまで切り離されてしまうだろう。

各個人のマシンは、影響を受けることはあっても攻撃の対象にはなりえないと思われるが、ウイルスやワームによりクラッカーに乗っ取られたマシンは攻撃の道具に使われることがあるかもしれない。しかし、この問題をインターネットの上のレベルで直す解決策は、このような攻撃方法のほとんどの方法に対して有効だ。

多くの信頼により成り立っていて多数の様々な種類のユーザが存在する大学のネットワークでは、適切な管理がなされなければ、インターネットへのルータに適切な対処をしていたとしても、悪意を持った攻撃者がネットワークをダウンさせることが可能だろう。

同様に、内部でのチェックが外部に比べてそれほど洗練されていなかったり厳しくない、外部からのフリーアクセスを許可している企業やインターネットプロバイダが運営するネットワークでも、ネットワークがシャットダウンする可能性はあるし、原因を突き止めるのも困難だろう。

長期的には、今まで同様インターネットはこの問題を回避するに違いない。到達できない範囲ではブラックアウトするかもしれないが、それはアップグレードと知性が解決する短期的な問題であり、インターネットのネットワークとしての機能には問題ない。

PayBITS: Glenn による TCP の脆弱性の説明は役に立ちましたか? 謝意とし て PayPal で数ドルでもお送り頂けると幸いです。
<https://www.paypal.com/xclick/business=glenn%40glennf.com>
PayBITS の説明:


TidBITS Talk/26-Apr-04 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

以前と同じく、以下に挙げた各項の URL の2つ目のものは、私たちの Web Crossing サーバに繋がるようになっている。こちらの方がずっと高速だが、ただこちらはまだ望ましいデザインに改良される所までは達していない。

<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/>

Intego のトロージャン警告 -- MP3Concept のトロイの木馬に関する Intego 社のプレスリリースについて読者たちが議論する。(メッセージ数 26)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2215>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/77>

.Mac が使われないのは機能が知られていないから? -- 年間 $100 という料金に見合うだけのものになるために、.Mac はどんなことをすべきだろうか? (メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2179>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/40>

Eudora 6.1 へのコメント -- Eudora 6.1 が最近リリースされたが、今回はどれほどのアップデートなのだろうか? (メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2219>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/84>

Mac 用アンチウイルスプログラム -- 今月初め、理論上のトロイの木馬が Macintosh に登場したが、私たちの Mac を悪意あるソフトウェアから守るという目的に見合ったユーティリティとは果たしてどれなのか、と読者たちが問いただす。(メッセージ数 13)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2220>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/85>

Squeezebox -- 私たちがレビュー記事を書いた直後、Slim Devices 社は値下げを実施し、Squeezebox の有線バージョンが 200 ドル、無線オプションを付けると 280 ドル、とした。英国での価格も下げられた。(メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2221>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/86>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA