TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#768/28-Feb-05

Apple が新型の iPod 機種をリリースしたことは、デジタル音楽に焦点を据えた意外な問題に舞台を用意することにもなった。ここではまず iPod mini と iPod photo のアップデートについて(そこに何が欠けているかについても)報告し、それから Adam がこの音楽プレイヤーに驚くべき用途を見いだしたことを語る。睡眠補助という用途だ。また、彼は以前から需要の多かった iTunes ライブラリのメンテナンスを iEatBrainz と MPFreaker というユーティリティを使って実行してみた。今週号では他に Apple の Security Update 2005-002 と、Firefox 1.0.1 のリリースをお伝えし、新しいホスティングサービス Site Crossing を点検、それから Macintosh 開拓者の Jef Raskin の逝去を悼む。

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/28-Feb-05

Security Update 2005-002 が Java を修正 -- Apple が Security Update 2005-002 をリリースし、信頼できない Java アプレットが上位のアクセス権を入手して任意のコードを実行する可能性があるという問題を解決した。今回の修正は Java 1.4.2 のみ(従って Mac OS X 10.3.4 かそれ以降のみ)に適用されるもので、それより前の Java リリースではこのセキュリティの問題は起こらない。このアップデートは Software Update 経由で、あるいは独立の16.4 MB ダウンロードとしても入手できる。[ACE](永田)

<http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=300980>(日本語)アップル - サポート - TIL
<http://www.apple.com/support/downloads/securityupdate2005002macosx1034orlater.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Security Update 2005-002 (Mac OS X 10.3.4 or later)

Firefox 1.0.1 Security Update リリース -- Mozilla Organization は先週、すべてのプラットフォーム用に Firefox 1.0.1 をリリースし、数々の細かなセキュリティホールや問題の可能性を修正した。特に、最近の TidBITS で取り上げた「同形異字」なりすましの問題(TidBITS-766 の記事“自分の目も URL も信用できない”を参照)に対処している。このアップデート版では新しい環境設定 network.IDN_show_punycode が導入され、デフォルトで true となっている。(この設定にアクセスするには、Location フィールドで“about:config”と入力してから Return を押す。その後で Filter フィールドに“IDN”とタイプするのがおそらく最も簡単にこの設定項目を表示させる方法だろう。)

<http://www.mozilla.org/products/firefox/all.html>
<http://www.mozilla.org/projects/security/known-vulnerabilities.html>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07983>(日本語)自分の目も URL も信用できない

このなりすましを使って別のサイトに見えるように偽装したサイトを訪れた際、ドメイン名の中では国際文字を実際に表示したものが見える代わりに、その punycode つまり Unicode-to-Roman のマッピングが、あなたの目に見えるようになる。このビジュアルな脆弱性を暴いた Shmoo Group では、そのサイトでデモンストレーションを公開している。そのページのトップにあるいくつかのリンクでは、shmoo という単語の中の二番目の“o”の文字が「同形異字」つまり一見“o”に見えるが別の文字になっている。Firefox 1.0.1 より前では、このページのトップにあるリンクやその偽者のドメイン名が“http://www.theshmoogroup.com/”と見えていた。今回のバージョンで、これが“http://www.xn--theshmogroup-bgk.com/”と見えるようになった。

<http://www.shmoo.com/idn/>

Mac OS X 用 Firefox 1.0.1 の英語版は、8.7 MB のダウンロードだ。ただし、まだすべての言語バージョンがアップデートされた訳ではない。

訳注: Firefox 1.0.1 の日本語版は、現在 3 月上旬のリリースを目指して作業を進めております。Firefox 1.0 日本語版のユーザの皆さまは今しばらくお待ちください。

ドイツ語版 TidBITS 翻訳者募集 -- TidBITS のドイツ語版翻訳チームでは、このボランティアの翻訳チームにあと何人か人材を増やして、現在のメンバーにかかっている負担を少しでも分け合って頂きたいと訴えている。英語からドイツ語への翻訳作業で毎週少しの時間を割いて手伝ってもよいと思われる方は、どうか Heinz Gnehm または Jens Peter Frankeにご連絡願いたい。どうぞよろしくお願いします! [ACE](永田)

<http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/de/>


追悼: Jef Raskin, 1943-2005

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Macintosh の父と言える人たちのうちの一人が重い病気だという噂が最近聞こえていたが、先週私たちの耳に、Jef Raskin が亡くなったというニュースが届いた。

<http://digibarn.com/friends/jef-raskin/>

Raskin は現代のパーソナル・コンピューティングの理論的支柱の多くを創り出し、そしてその彼自身のさまざまな考えに他の人々のものをも撚り合わせることで Apple 社の中に一つのチームを生み出し、これが初の Mac を生み出すことになった、そのような人物として広く定評を得ている。

Raskin は、1982 年に Steve Jobs が Macintosh にますます大きな興味を抱くようになった折に、Apple 社を追われた。確かに彼はとげのある人物で、修正主義の歴史学に対してはしばしば防衛の戦いを挑み、自分自身の役割を無視したり、時には冷淡に見えることもあった。私のようなジャーナリストに対してはしばしば、彼の役割を誤って記事にした(あるいは記事にしなかった)と彼が感じた点について、長い電子メールを送りつけてくることもあった。

けれども彼はまた、信じられないほど気前がよくて創造力ある人物でもあり、人間とコンピュータの間の関係を改善することに没頭し、その改善の先には人間が自分の創造的な能力の上にもっとコントロールの手を伸ばせるようになる世界があると信じていた。Apple 社を去って以来の Raskin の仕事は、すべて“Humane Interface”なるものを巡ってのものであり、これは相互作用の世界における全く新しい、時には掴むことの難しいアプローチであった。それは、まさに彼の人物そのもののようであった。何か神秘的なところがあり、魅惑的で、測り知れない、それでいて同時にまた、欠くべからざるものと感じさせるものでもあった。

彼はルネサンス人であった。今日では、その種の人物が見られるのはテクノロジーの分野だけになってしまった。つまり、音楽家でアーティスト、コンピュータサイエンスの理論家、それに建築家でもあるという人々だ。彼がカリフォルニア大学サンディエゴ校を辞した時の彼の言葉を思い出してみよう:

「辞職しようと思った私は Revelle Plaza のど真ん中で熱気球に乗り込み、大学総長の自宅の上に飛んで行って、彼に聞こえるようにソプラノ・リコーダーの演奏を始めた。彼が出てくると、私は下に向かって俺は辞職するぞと大声で叫んで、そのまま飛び去った。当時私は芸術学の教授だったから、そうやって職を去るのが芸術的だと思ったのさ。」

<http://jef.raskincenter.org/published/ubiquity.html>

Jef Raskin が時には叱り諭し、いつでも教え述べ、常に働き続けている、そういう姿をなくした世界は、寂しい。


Apple 、iPod mini と iPod photo ラインをリフレッシュ

文: Mark H. Anbinder <mha@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

先週、Apple は、その大成功を収めているポータブル・ミュージック・プレーヤーの iPod ファミリーを拡張した。iPod mini と iPod photo ラインに低価格と新しい容量のモデルの追加を行った。iPod mini の 4 GB モデルは、アメリカでは $200(日本では21,800円。以下円表記はすべてApple Store Japan の税込み価格)と新しい低価格が適用され、$100(10,980円)と $150(16,980円)の iPod shuffle と、従来の価格では $250 から始まっていたより高価なモデルとのあいだにあったミッドレンジのギャップを埋めた。それは、バッテリー駆動時間を延ばしてもいる(Apple は「18 時間以上」と主張している)。$250(27,800円)の価格帯は新しい 6 GB モデルに引き継がれた。新しい iPod mini は世界中で入手可能になっていて、色はメタリックシルバー、ピンク、ブルー、グリーンだ(オリジナル iPod mini カラーの一つであるゴールドは輝きを失ってしまった)。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07494>
<http://www.apple.com/ipodmini/>(日本語)アップル - iPod mini

同時に、Apple は写真をスライドショー表示するためのカラースクリーンとビデオコネクターを持ち、スリムになった 30 GB の iPod photo を $350(38,800円)で提供し始めた。それは、今回打ち切られたオリジナルの 40 GB iPhoto photo から $150 値引きされている。60 GB は $600 から $450(49,800円)に値下げされた。両モデルとも即座に世界中で販売開始されている。(40 GB のクリックホイール iPod も同様、いくつかのモデルを残して、Apple のラインナップから静かに消えてしまった。これにより残ったオリジナルのモデルは、$300(32,800円)の 20 GB と $350(38,800円)の 20 GB U2 Special Edition だけになった。)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07877>(日本語)Apple が iPhod Photo, iPod U2, Euro iTMS を発表
<http://www.apple.com/ipodphoto/>(日本語)アップル - iPod photo

新しいラインナップは、その失ったものについても注意が必要だ。iPod mini と iPod photo の両モデルともデータ転送と内蔵電池を充電するための USB 2.0 ケーブルが同梱されている。もし、 FireWire を使いたいなら、オプションで $20(2,200円)の iPod Dock コネクタ(FireWire ケーブル用)を買わなければならない。テレビで写真を観るためには $20(2,200円)の iPod photo AV ケーブルか、$30(4,500円)の iPod photo Dock が必要となる(iPod photo Dock にはオーディオ出力と Dock コネクタと同様に S-Video 出力端子が提供された)。

3月末出荷予定の新しい $30 の iPod Camera コネクタで写真をiPodに転送することによって、写真家はカメラのストレージ容量の限界を無制限にすることができる(あなたのカメラとの互換性を Apple のサイトで確認したうえで購入しよう)。転送してしまえば、コンピュータにつながなくても、iPod photo のカラースクリーンか iPod photo のビデオ出力端子をテレビにつないで表示させることがことができるようになる。その後、それらの写真を Mac や Windows PC に移動させることが可能だ。


Site Crossing がお手頃な Web Crossing のホスティングを提供

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

昨年来、皆さんは私がどのように私たちのインターネットサービスを Web Crossing で走る Xserve に移したかについて書いたものを読んできたはずだ。Web Crossing は統合化したインターネットサーバで、全てがハイパフォーマンスなオブジェクト指向データベースとプログラミング言語を使ってバックアップされている。私たちの特別な用途のために書かれた大量の特別なプログラムコードのために、このプロジェクトはこうあってほしいと思っていた時間より長くかかった。しかし、私は、Web Crossing が提供してくれる機能に最高に満足している。

<http://www.webcrossing.com/>

しかしながら、Web Crossing を個人や小さな組織に勧めようとはしてこなかった。自分のサーバを設定することが費用もかかり複雑でもあるからだった。なにしろ、これは Apple や Salon 、the New York Times のディスカッション・フォーラムで使われているものと同じようなソフトなのだ。このため、パワーと柔軟性が直観的なインターフェースよりも優先されているのだ。

Web Crossing, Inc. は、Site Crossing によってこの懸案を解決しようとした。これは、新しいホスティングサービスで、メーリング・リスト、ディスカッション・フォーラム、ブログ、投票、共有カレンダー、ファイル・ライブラリ、スライドショー、チャットなどのインタラクティブ・サービスを管理するためのシンプルで統合化されたインターフェースを提供するものだ。このような複雑な機能を既存のウェブサイトに追加することは困難を伴いがちだ。(プライベートセクションをパブリックからから切り離すために)統一されたユーザデータベースとアクセスリストと同時にやらなければならない時にはなおさらだが、既存のサイトに付加する形で Site Crossing を作ることは効果的だ。Site Crossing は、機能を網羅した電子メール、FTP、ウェブサービスも提供している。そのことで、Site Crossing を中心に完全なウェブサイトを構築することも可能となっている。

<http://www.sitecrossing.com/>

ベーシックアカウントは、3 つのインタラクティブサービス、1 GB のディスクスペース、10 GB の月間データ転送量で月 $8 だ。月 $14 のスタンダードアカウントは、6 つのインタラクティブサービス、 2.5 GB のディスクスペース、20 GB 月間データ転送量になる。最後のアドバンスアカウントは、12 のインタラクティブサービス、6 GB のディスクスペース、30 GB の月間データ転送量で $22 になる。これ以上が必要な場合は、全て揃った Web Crossing ホスティングが利用可能だ。年間 $20 で専用のプライベートドメイン名を購入し Web Crossing にホストさせることもできる。Site Crossing を 30 日間無料で試用することができるので、あなたに固有のニーズを満足するものかどうか簡単に確かめることができる。

実際、ウェブホスティングサービスを提供している会社は数え切れないほどある。それらは、様々な機能や価格帯を用意している。しかし、Site Crossing とそのインタラクティブな機能は考慮するに値すると思う。十分なリソースや技術的な経験が多くはないクラブや学校、その他小さなグループにとっては特にそうだろう。そのようなグループは、ボランティアと共に消えてしまわないようなウェブサイトをどこに決めるかとか、技術に長じたメンバーが去ってしまうという問題といった、困難に陥りがちだ。私は、私たちが関わっている組織の中で、そのようなサービスを使えるような組織をたくさん思い浮かべることができる。


iTunes の大掃除

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

正当な許可を受けていない音楽をインターネットからダウンロードすることにまつわる法的・倫理的な問題は置いておくとして、いつも私を悩ませる問題の1つに、共有された音楽のほとんどにひどいメタデータがつけられているということがある。ただ説明的な題名だけがついていて、アーティストやアルバムについての ID3 タグが全く空ということも、実によくある。私はこういうのが大嫌いだ。また、うっかり同じ曲を何度か読み込んでしまい、その結果重複ができるというのも嫌いだ。こういうことは、私と Tonya がしているように、同じライブラリを複数の人が共有しているとよく起こる。私のことを潔癖症と呼んでもかまわないが、私は散らかったデータベースなんて我慢できないし、iTunes のライブラリというのは本質的には曲についての情報のデータベースだ。

私は大掃除をすることにした。

重複を取り払う -- 私はまず、iTunes 4.7 の新機能から始めた。編集 メニューの 重複する曲を表示 コマンドだ。これはどうやら、曲の題名だけを照合するようで、ちょっと役立たずだったが、ないよりはましだった。iTunes は 200 以上の重複した曲を見つけたが、そのほとんどは、ベストアルバムや、ほかのアーティストによるカバー、つまらない曲名などに由来するもので、重複していてもよいものだった。理想をいえば、重複する曲を表示 機能が進化して、ユーザによる設定が追加できるようになればよいと思う。そうすれば、たとえば、題名とアーティスト、アルバムが同じものだけを探すとか、それらが同じ長さのときだけ表示するということができるだろう。それでもなお、この機能は、いくつかの完全な重複を消し去るのには役立った。

正体不明を解決する -- 重複は削除したが、不完全なメタデータを持つ曲がまだ 121 も残っていて、これが私の感覚を乱していた。それらの中には、アーティストのウェブサイトからダウンロードした公認の曲や、レコードのアルバムを持っているのでダウンロードした曲があり、いくつかはさまざまなところからもらったサンプルで、完全に正体不明のもの(聞いてみても分からなかった)も多くあった。

私は、不完全なメタデータのついた曲をすべて聞いて、手動でタグをアップデートするなどという骨の折れることをしたくはなかった。そこで、Jay Tuley の無料のユーティリティ iEatBrainz(1 MB のダウンロード)をダウンロードした。これは、iTunes に収められている曲の音楽的な特徴を、250 万曲以上の特徴とメタデータが格納されたウェブベースのデータベースである MusicBrainz データベースと照合する。これは頭の良いアイディアで、私はこれがどの程度うまく動くのか興味があった。

<http://www.indyjt.com/software/?show=ieatbrainz#ieatbrainz>
<http://www.musicbrainz.org/>

私は、自分のライブラリから、アーティストやアルバムのタグが欠けている 121 曲を選び、それを iEatBrainz に与えてみて、メタデータが見つかるかどうか試してみた。これは高速とはいえず、特徴を照合するアルゴリズムもとても正確とはいえなかったが、結果的には、iEatBrainz は 121 曲中 54 曲で、正しそうなメタデータを見つけることができた。残りのほとんどは全く何も見つからず、全く誤った推定をしたものもあった。それでも、121 曲中 54 曲というのは、何もないよりはずっとましだ。

空白を埋める -- 私の iTunes ライブラリは、まだ完全とはいえなかったので、私の悩みの種は消えたわけではなかった。iTunes には、「60 年代ミュージック」というサンプルのスマートプレイリストが付属していて、これは 1960 年から 1969 年のあいだの曲を自動的に探す。しかし、私は Beatlesや Doors、Simon & Garfunkel の音楽をたくさん持っているにも関わらず、そのスマートプレイリストには 41 曲しか含まれていない。私が数年前に私の CD を読み込んだとき、なぜだか分からないが、CDDB から年代の情報が送られてこなかったのだ。それに、ほとんどのアルバムは、iTunes にアートワークの機能がなかったときに読み込んだから、もちろんアートワークも欠けていた。

私は LairWare からでている 20 ドルの MPFreaker を見つけ、それを試してみることにした。MPFreaker は、オンラインデータベースから詳しい情報をダウンロードして、iTunes のメタデータの空白を埋めるのだという。MPFreakerは、題名、アルバム、アートワーク、ジャンル、年代、トラック番号など、曲についてのほとんどすべての情報を修正することができる。MPFreaker に何曲か手動で与えることもできるし、プレイリストを渡したり、iTunes ライブラリ全体を渡すこともできる。私は、これが何をするものなのか確信がなかったので、数曲から始め、小さいプレイリストを試して、そしてついに決意を固め、私のライブラリに対して作用させてみた。どの場合でも、MPFreaker は優れた働きをみせたが、私はすでに書かれているデータには問題がないと考えたので、MPFreaker がアップデートできるすべてのメタデータについて、Overwrite チェックボックスにチェックをしないよう注意した。

<http://www.lairware.com/mpfreaker/>

MPFreaker は驚くべき性能を発揮した。私の曲の、すべてではないが、多くに、年代やアートワークの情報をつけ加えた。これは特別速いということはなかったが、私が 4,100 曲を調べるよう渡したということを考えれば、驚くほどでもないし困るほどでもない。1つ、ちょっと不思議なことが起こった。最初にこのプログラムを動かしたあとで、私の 60 年代ミュージック スマートプレイリストは 200 曲を越えるまで増大したのだが、年代の情報がまだ欠けている曲が何曲あるかを調べるために、もう1つスマートプレイリストを作ってみると、およそ 900 曲もあった。MPFreaker を2度目に動かすと、その多くで年代の情報が見つかった。なぜなのかはよく分からない。

あなたが、誤ってデータを上書きしないように注意して、ときどき低解像度のアートワークが得られることを気にしない限り、MPFreaker は、あなたの iTunes ライブラリを掃除し、秩序立て、空白を埋めるための素晴らしいユーティリティとなる。デモバージョンでは、1回の起動ごとに3曲ずつ試すことができる。2.4 MB のダウンロードだ。

さて、もしよろしければ、私はデータベースを聞きに行くとしよう。


iPod で不眠に打ち勝つ

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

多くの人たちと同様、Tonya と私も、夜眠れないことが時々ある。私たちはおもしろい仕事をしているし、未来に向けてのアイデアもたくさんあるので、眠ろうと床に就いてもそういう考えが頭を巡り始めてしまうことがよくあるのだ。困ったことに、長時間働いた時にはこの問題がさらに悪化する。夜遅くまで働いていると、ますますその仕事関係の考えが頭をよぎって、そのためいよいよ眠りに入れなくなってしまう。だからもちろん、こういう仕事関係の不眠で睡眠不足になると、翌日の仕事にも影響が出てしまうわけだ。

でも、私たちはたまたまこの問題に対する素晴らしく効果的な解決方法に出会うことができた。すべては iPod のお陰だ。それまでの私たちは、iPod を使うのは主に車の中でと、それに目覚まし時計として(サテライト・スピーカー付きの Tivoli Audio Model 3 と組み合わせて使っていた)だけだった。

<http://www.tivoliaudio.com/product.php?productid=145>
<http://www.tivoliaudio.com/product.php?productid=147>

車の中で本を読む -- Thanksgiving の休暇に、私たちはニューヨーク市で親戚たちと休日を過ごそうと車で出かけた。4時間もかかるドライブだったので、私は車中で聴くためにオーディオブックをいくつか持参していた。その少し前に、ある友人から Audible.com で本を二冊無料で読める参照コードを貰っていたので、私は Bill Bryson の“A Short History of Nearly Everything”の完全版をダウンロードした。同じ著者によるオーストラリアの旅行記“In a Sunburned Country”を読んで、大変気に入ったことがあったからだ。この“A Short History of Nearly Everything”は科学の数多くの分野をわかりやすく説明したもので、宇宙哲学から地質学や生物学にまで話が及び、この本も、Bryson の流暢な語り口による他の本も、どなたにもお勧めしたい。(以下のリンクの最初の二つは iTunes Music Store にあるもので、後の二つは Amazon で買える印刷版の本だ。)

<http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playlistId=3255416&selectedItemId=3255416>
<http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?playlistId=2629292&selectedItemId=2629292>
<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/076790818X/tidbitselectro00/ref%3Dnosim/>
<http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/0767903862/tidbitselectro00/ref%3Dnosim/>

ベッドの中で本を読む -- 結局この Thanksgiving の車の中ではオーディオブックを聴ける時間があまりなかったので、家に戻った時にはまだ iPod の中に残っていた。それから二週間、私たちはほとんど毎晩のように夜遅くまで働いて、三冊の Take Control 電子ブックを刊行した。その数日目くらいだっただろうか、ある夜 Tonya は 10:30 PM ごろ階下に降りてきて、眠れるように何かリラックスできるものが欲しいと嘆いた。でも彼女はテレビを見る気にはならなかった。彼女の好きなテレビ番組は、たいてい見ているだけでハラハラドキドキするものばかりだったからだ。それに、一日中コンピュータの画面を見つめ続けたあとだったので本を読むのも嫌だと言うのだ。そこで私は、自分が何を言っているのかもほとんど意識せずに、ただ読みかけの本があるのが何か気になっていたというだけのことだろう、私の口をついて出たのは、Bill Bryson のオーディオブックを聴いたら、というものだった。Tonya は即座に鼻で笑った:「だって、あれを聴いたらすぐ眠くなってしまうのよ!」それで、私は気が付いた。「それこそ、君の目的じゃないのか?」

そこで私たちはベッドに入る用意をした。iPod で 15 分のスリープタイマー(これで iPod は自動的に電源が切れ、現在のトラック中の位置も記憶される)をセットし、前回聴き終わった位置からオーディオブックの再生を始めた。私の見たところ Tonya はおよそ 45 秒ほど起きていたようだったが、私もそれよりほんの少し長くしかもたなかった。(私は本を読んだりテレビを見たりしながら眠り込むことが決してない人だというのに。)次の夜に自分が聴いた覚えのある場所まで巻き戻してみて、そこに出た数字を見て私は我ながら驚いた。

それ以来、私たちはほとんど毎晩オーディオブックを聴くようになった。Tonya は、私が Macworld Expo に iPod を持って行こうとすると駄目だと言った。私が旅行中はなおさら眠れなくなるというのだ。聴いてもほとんど何も覚えていないというのは彼女自身よくわかっている。彼女はほぼ即座に寝入ってしまうからだ。私はそれよりもう少し覚えてはいるが、私の記憶もかなり途切れ途切れのものだ。眠っている間に勉強できたら、というのが私の子供の頃の夢だったが、そんなことは現実には起こっていない。Tonya は他のオーディオブックを聴いてみる必要もないと言っている。このオーディオブックでも、彼女はほとんど何も覚えていないからだ。だから、次に聴くものを選ぶ時にはほんの数分間だけのものにしても、彼女は何も文句を言わないだろう。

眠りにつくためにオーディオブックを聴くのがなぜこんなに有効なのかという理由については、ただ想像するしかないが、聴くことによって私たちの頭の中に浮かぶ声を鎮めることができるのではないかと思う。次の日の予定は何か、どんな内容の電子メールを誰にあてて送らねばならないか、どうやってあの仕事を達成すべきか、そのような声が次々に回り続けるのを鎮めてくれるのだろう。いったんそういう声が沈黙すれば、一日の仕事にきりをつけて眠りに入るのも易しくなるのだろう。Tonya は深い眠りに入れるのも早くなったと言っている。そのお陰で、彼女は以前より朝の早起きができるようになったという。

もちろん、私たちのこの経験がたまたま思いがけない幸運だったということもあり得る。この、私たちの使ったオーディオブックが夜眠りに就くのに完璧に適したものだったからと言われても充分納得できる。この本はノンフィクションで、Bryson が物語ってくれるとはいっても、それぞれ短くて完結したストーリーだから、次に何が起こるかとわくわくして起きていようという気が起こることもない。その点、流行の通俗小説の類いならばうまく行かないかもしれない。その一方で、私たちが二人とも科学の教育を受けていて内容に対する充分な興味を持っていたからとも言える。本当に退屈な本ならば、それ自体が周囲の騒音の一部と化してしまうだけかもしれない。また、この朗読者(これは Bryson 自身ではない)が英国人で、心地よいアクセントを持っているということもある。私は本当にひどい朗読者によるオーディオブックを聴いたことはないが、そういうものがあるということは理解している。耳障りな声で朗読されたら、これは問題だろう。

最後にもう一言。私が一番驚いているのは、こんなにもありふれた物事の組み合わせが、こんなにも私たちの生活を一変させてくれた、ということだ。私たちはこの iPod をもう一年ほども使ってきているし、今回のこの本は、私が Audible.com からダウンロードしたオーディオブックの最初のものだったとはいえ、元来私はこれを自動車旅行のために用意したのだった。それに、私たちはこれまで iPod を Tivoli Audio Model 3 と組み合わせて寝室で音楽を聴くのに使ったことはあったけれども、スリープタイマーで音楽を聴くだけでは、あの頭の中の声を鎮めるだけの力がなかった。今回私たちがたまたま出会ったこの組み合わせは、決して華麗な新しいテクノロジーを駆使したようなものでもない(それに何の変哲もないカセットテープを使っても同じことができるだろう)が、とにかく非常に有効ではある。というわけで、今私に言えるのは、困難な問題に対する偉大な解決法が、ずっと以前から目の前にあったということも時としてあり得るということだ。あなたも、もしも眠れないという悩みをお持ちなら、一度 iPod とオーディオブックという組み合わせを試してみてはいかがだろうか。


Take Control ニュース/28-Feb-05

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Take Control 電子ブックの目標の一つは、本を作った後でも、新しいソフトウェアが登場する度に時をおかず本のアップデートが出せることだった。先週の後半、新しい iLife '05 スイートの一部である GarageBand 2.0 の内容を初めてカバーした本2冊を、私たちがリリースすることができた。タイムリーな情報を送り出すために、印刷・製本・発送の各段階それぞれについて長い時間をかけて待たなくてもよいというのは嬉しいことだ。

<http://www.tidbits.com/takecontrol/news/>

Take Control 電子ブックが初めて GarageBand 2.0 をカバー -- 著者の Jeff Tolbert と Take Control スタッフたちが寝る間も惜しんでこんなに素早くこれらの電子ブックに取り組んでくれたお陰で、GarageBand 2.0 に関する2冊、“Take Control of Making Music with GarageBand”(あなたの才能をどうやって GarageBand のループやエフェクトに混ぜ込むか)と“Take Control of Recording with GarageBand”(GarageBand を使っていろいろな音源を録音し素晴らしい結果を得るための実際的なアドバイス)が、それぞれ第2版となって登場することとなった。

<http://www.tidbits.com/takecontrol/garageband-music.html>
<http://www.tidbits.com/takecontrol/garageband-recording.html>

“Take Control of Making Music with GarageBand”はかなり増量し、ページ数も 17 ページ増えた。特に注目すべき変更点を挙げると、GarageBand 2.0 で新設されたクールな記譜表示の使い方についての情報、パンカーブについての説明(これでダイナミックなパンも楽々!)やループの使い方についての新しい(より高度な)いくつかのテクニックにも触れる。また、この電子ブックでは新装備のトラックロック機能についても議論している。この機能で GarageBand 2.0 の CPU 消費を抑えることができ、また知らずにトラックをいじってしまうことも予防できる。

2004 年 12 月 1 日よりも前に“Take Control of Making Music with GarageBand”を購入した方は、$2.50 でアップグレードできる。お持ちの電子ブックの最初のページにある Check for Updates ボタンをクリックして、あなたのブラウザに開くウェブページの下の方にある Buy ボタンを使って購入して頂きたい。2004 年 12 月 1 日またはそれ以降に購入した方は、無料でアップグレードできる。私たちに電子メールアドレスを知らせて下さった方で電子メールが無事お手元に届いた方には、既に無料アップデートをダウンロードする方法をお知らせする電子メールが届いているはずだ。もしも届いていない場合は、あなたのスパムフィルタをチェックして頂き、その後必要ならば私たちの FAQ ページにあるフォームを使って問い合わせて頂きたい。

<http://www.tidbits.com/takecontrol/faq.html>

“Take Control of Recording with GarageBand”の方の重要な変更点としては、GarageBand 2.0 の新機能、例えばマルチトラックの録音や、Bass Amp や Vocal Transformer などのエフェクト、それに内蔵チューナーなどについての説明がある。こちらの電子ブックについては、今回のアップデートはバージョン 1.0 のすべてのオーナーの方々に無料となる。アップデートを入手するには、お持ちの電子ブックの最初のページにある Check for Updates ボタンをクリックし、あなたのブラウザに開くウェブページにあるダウンロードリンクを使って頂きたい。

Joe Kissell が Your Mac Life で対談 -- Joe Kissell が Take Control と Mac OS X バックアップについて語るのを聞いてみたい? 実は私もだ。ラジオで他の人たちが自分のことについて語るのを聞くって、とても楽しいものだから。先週、Joe は Shawn King のラジオ番組 Your Mac Life に出演して対談した。この番組を録音したものを QuickTime Player で聴くことができる。番組全体は二時間ほどにわたるものだが、そんなに長いものを全部聴いている暇はないという方のために言えば、Joe の対談は 46:30 に始まって 1:18:00 のあたりで終わっている。

<http://www.yourmaclife.com/article.php?story=20050224092123814>
<http://www.tidbits.com/takecontrol/backup-macosx.html>

AAUG が "Take Control of Buying a Mac" をレビュー -- また今回も Take Control 電子ブックをレビューして下さった Alaskan Apple Users Group に感謝したい。今回は私の書いた“Take Control of Buying a Mac”で、ムース 4.5 匹のランク付けを得た。(評価の単位がムース君というのはとても素敵だと思う。)彼らが批判してくれた点は正確に的を射ている。私は Apple Store for Government Employees にも、Mac mini にも触れていない。これらの点はいずれも、次回の改訂版では盛り込むつもりだ。実際のところ、私は既に Mac mini に関してこの本を書き直すべきところをメモの形でいくつか書き上げて、この本の Updates ページに掲載している。このページは、お持ちの電子ブックの最初のページにある Check for Updates ボタンをクリックすればお読みになれる。

<http://www.akappleug.org/rev/456.html>
<http://www.tidbits.com/takecontrol/buying-mac.html>


TidBITS Talk/28-Feb-05 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバでの討論に繋がる。こちらの方がずっと高速のはずだ。

iPod shuffle 動作速度に問題 -- データのコピー・消去のために使う時、iPod shuffle が他のフラッシュドライブよりも動作がかなり遅い、というのは本当か? (メッセージ数 7)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2482>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/340>

iTunes を共有しつつ曲のランク付けを別々に -- 夫婦で音楽の趣味が分かれている場合、同じ iTunes Library を共有する際にランク付けはどうしている? (メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2491>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/349>

iPod アップデート(と iPod photo redux) -- 新型の iPod mini や iPod photo についての印象を TidBITS Talk 読者たちが語り合う。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2486>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/344>

Apple Store (iPod) 体験談 -- 値下げの直前に 60 GB iPod を購入したある読者が、Apple から健全なる対処をしてもらった体験を語る。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2485>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/343>

二人のユーザーで同じ iPod を共有できる? -- この疑問に対して、読者たちがその答を提供する。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2489>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/347>

VERP の問題点 -- VERP、つまり可変エンベロープリターンパス (variable envelope return paths) というのは、私たちが使っているようなメーリングリストで返送されてくる(バウンス)メールを処理するための一つの方法だが、いわゆる challenge-response システムについては問題に直面する。その場合、リストからのメールが届くようにする責任はやはりその challenge-response システムを使っている人にある。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2484>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/342>

古い 68k や PPC の Mac に最適の Unix は? -- 古い Mac も死なないという証拠がもう一つ、死なずに変身するのだ。古いマシンでいろいろな Unix の変種を走らせるための提案を読者たちが寄せる。(メッセージ数 30)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2478>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/336>

スイッチした人たちのために移行を手助け? -- 最近 Mac に乗り換えた人が Windows から電子メールやその他のデータを移行させるにはどうしたらよいかと相談を寄せ、TidBITS Talk の読者たちが早速行動を開始する。(メッセージ数 7)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2481>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/339>

ワイヤレスの iPod は実現可能 -- どこにいても音楽をダウンロードできるワイヤレスの iPod というのは、どれくらい現実的なものだろうか? そして、もしそんなサービスが存在したら、そのお陰で手軽にすぐ満足が得られることから、合法的に購入される音楽の量が増えるのだろうか? (メッセージ数 16)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2483>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/341>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA