TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#780/16-May-05

私たちは皆まだ Tiger 関係の大仕事の疲れが癒えていないようなので、今週はさまざまの短い記事を集めてお届けしたい。Adam は Tiger に関係した iPhoto のクラッシュを解決し、Glenn は NetNewsWire 2.0 と、業界の 2 GB ウェブメールアカウントへの傾斜、それに Adobe/Macromedia の合併に伴って Fontographer に何が起こったかについて語る。Adam はまた GPS 装備の携帯電話で受ける音声案内の運転ナビゲーションサービスをレビューする。ニュースの部では、Yahoo が音楽購読サービスを開始し、Apple は新しいビデオ編集コンポーネントをリリースするとともに、ラッパ−の Eminem との訴訟で和解に達した。今週の DealBITS 抽選の賞品は PublicVPN.com での VPN サービス3ヵ月分だ!

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/16-May-05

Apple Intermediate Codec 1.0.1 がパフォーマンスを改善 -- 先週、Apple はビデオ編集の核となるコンポーネントの一つ、Apple Intermediate Codec 1.0.1 のアップデートを公開した。もし、あなたが iMovie HD や Final Cut Express HD を使って HDV フォーマットの映像を扱ったり、QuickTime 7 を使っているのなら、このアップデートをするよう強くお勧めする。両ソフトは HDV を直接編集することができない。HDV ビデオカメラから映像を取り込んだとき、iMovie と Final Cut Express は HDV ビデオを Apple Intermediate Codec に変換してしまうのだ。(近々リリースされる Final Cut Pro 5 はコンバートは不要で HDV をそのまま編集することが可能だ。)このアップデートにより再生と書き出し時のパフォーマンスが改善される。これは 740K で Apple のダウンロードサイトからか、ソフトウェア・アップデートを使ってダウンロードできる。

<http://www.apple.com/support/downloads/appleintermediatecodec101.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Apple Intermediate Codec 1.0.1
<http://www.apple.com/ilife/imovie/>(日本語)アップル - iLife - iMovie HD
<http://www.apple.com/finalcutexpress/>(日本語)アップル - Final Cut Express HD
<http://www.apple.com/finalcutpro/>(日本語)アップル - Final Cut Studio

Apple が Eminem のために紙幣を敷き詰める -- 先週、Detroit Free Press は、一年前にラッパーが起こしたコンピューターメーカーに対する訴訟について、Apple Computer と スーパースター Eminem が条件非公開で和解したことを伝えた。その訴訟とは、2003 年の Apple が行った iPod と iTunes Music Store の広告に関するものだった。その中で、映画 8 Mile で使われた Eminem のオスカー受賞曲“Lose Yoursel”を歌っている10歳の少年の映像が使われていた。広告は 2003 年夏から 3 ヶ月間 MTV で放映され、Apple の Web サイトにも掲載されていたが、Apple と広告代理店の TBWA/Chiat/Day はキャンペーンでこの曲を使う事に関して Eminem の許可を得ていなかった。Eminem が所属するレーベルは、曲を使用するには、ラッパーが望むであろう金額「おそらく $10,000,000 以上」の契約金が必要だろう、そして、この Apple による悪用は、Eminem に懲罰的損害賠償の権利を与えるはずだと主張していた。訴訟は MTV の親会社である Viacom に対しても行われていた。[GD](笠原)

<http://www.freep.com/news/statewire/sw115563_20050510.htm>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07559>(日本語)Eminem が Apple を、Rip して Mix して Burn

DealBITS 抽選:Stock WatchTower の当選者 -- 先週の DealBITS 抽選で当選し、WillStein Software の Stock WatchTower($49.95 相当)を受け取ることになったのは wisti.com の Eric Wisti、yahoo.com の Galen Mayfield、nih.gov の J. Mojsiak、uwc.edu の Larry Phelps と sbcglobal.net の Rod O'Brien だ。おめでとう!残念ながら当選しなかった皆さんも、5 月 23 日まで Stock WatchTower を 30% 引で購入できる。割引を受けるためには、Stock WatchTower のアプリケーションにあるオーダーフォームにあるクーポンフィールド(Stock WatchTower の application メニューで Order を選ぶ。クーポンフィールドは幾つ目かのスクリーンで現れる)に Tidbits20050409 と入力していただきたい。この割引はすべての TidBITS 読者のために提供されている。応募して下さった 412 人の皆さん、どうもありがとう。それから、DealBITS 紹介を受けて応募して下さった 14 人の皆さんに、特別の感謝を申し上げたい。今後も DealBITS 抽選を、どうぞよろしく。[ACE](笠原)

<http://www.tidbits.com/dealbits/willstein/>
<http://www.willstein.com/stocks/?referrer=DealBITS>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08097>(日本語)DealBITS 抽選: Stock WatchTower


DealBITS 抽選:PublicVPN.com

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

以前私はセキュリティについて実際にどの程度気にかければいいのかを見極めることについて語り、中でも特にワイヤレスのセキュリティについてその重要性を強調した。注目すべきはアタックの可能度 (Likelihood)、あなたのネットワークアクセス又はデータを盗まれたときの被害の大きさ (Liability)、そして あなたの望むセキュリティのレベルを維持するための時間と労力というコストが見合うものか (Lost Opportunity) の3つだ (TidBITS-725の「ワイヤレスにおけるセキュリティの必要性を検討: 3つのL」参照)。セキュリティについては、正しい答というものは存在しない。個々の置かれた状況に依存するからだ。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07626>(日本語)ワイヤレスにおけるセキュリティの必要性を検討: 3つのL

自分のワイヤレス・ネットワークを使う時には、WPA (Wi-Fi Protected Access) と強いパスワードを使って安全を確保することが最も簡単な解答だ。しかし、カフェやホテル、空港などの公開 Wi-Fi ネットワークを使うときはどうだろう?このようなケースでは、ネットワーク上に流れるトラフィックを嗅ぎまわるプログラムを動かすことは簡単だ。そのプログラムはあなたが送受信したデータを盗み読んだり、メールをチェックするときのパスワードを抜き取ったりするかもしれない。(私は会議での目覚ましとしてこんなメッセージが流されるのを見たことがある。その人は、彼が覗き見ることのできたパスワードを持つ人々全員の名前を挙げて警告したのだった。)あなたのパスワードだけでなくデータ全てを守る一つの方法は VPN つまり仮想プライベート・ネットワークを使うことだ。通常、自分専用の VPN を構築するには特別なハードウェアとソフトウェアが必要となる。しかし、TidBITS スポンサーの PublicVPN.com のサービスなら、アカウント と PublicVPN.com の提供する説明さえあれば、それだけでインターネット接続アプリケーションで VPN 設定が済ませられる。ひとたび開通してしまえば、あなたの全てのトラフィックは暗号化されたトンネルを通って PublicVPN.com のサーバーに届き、そこからインターネットへと出てゆくのだ。あなたのトラフィックを狙う誰かは暗号化されて解読不能になったビット列を見ることしかできない。

<http://www.publicvpn.com/>

もしあなたが公開 Wi-Fi ネットワークでラップトップを使うときにはより強力なセキュリティが必要であることを知っているのなら。あるいは、VPN サービスがあなたのところでうまく機能するかを確かめる機会が欲しいと思っているだけだとしても、今週の DealBITS 抽選に応募いただきたい。PublicVPN.com が 3 ヶ月の VPN サービス($17.85 相当)を二人分、提供してくれたのだ。当選から漏れた応募者にも割引が受けられる。寄せられた情報のすべては TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。なお、ご自分のスパムフィルターに注意されたい。当選したかどうかをお知らせする私のアドレスからのメールを、受け取って頂くことになるのだから。最後に、あなたの友人にこの DealBITS 抽選のことを知らせることをお忘れなく。

<http://www.tidbits.com/dealbits/publicvpn/>
<http://www.tidbits.com/about/privacy.html>(日本語)TidBITS プライバシー規約

[訳注: 応募期間は 11:59 PM, 22-May-2005 Pacific Standard Time まで、つまり日本時間で 5 月 23 日(月曜日)の午後 5 時頃までとなっています。]


iPhoto 5.0.2 が Tiger で起動時にフリーズ

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

私は最近、Joe Kissell が Take Control of Upgrading to Tiger で勧めていた「消去してからインストール」で Tiger にアップグレードした。新しい OS を最もクリーンな状態でスタートさせたかったからだ。ほとんどはうまくいった。iPhoto 5.0.2 が起動しようとする度に「死の回転ピザ」(Spinning Pizza of Death)になってしまうことを除いてだ。どうにか問題を解決することができたので、どのようにトラブルシュートしたのか、私が行った対策に沿ってお知らせしよう。次に書くのが私がやったことだ。

<http://www.takecontrolbooks.com/tiger-upgrading.html>

  1. iPoto 起動時に、コマンドと option キーを押して、iPhoto Library をリビルドした。残念ながら、変化はなかった。これをした目的は、iPhoto Library フォルダに何等かの修復可能な異常があってそれが問題を引き起こしているのではないかを確認するためだ。

  2. iPoto 起動時に、オプションキーを押し、他の iPhoto Library フォルダを選びそちらに切り換えた。これも変化はがなかったが、私がメインで使っている iPhoto Library フォルダに問題があるという可能性を取り除くことはできた。

  3. 新しい空の iPhoto Library フォルダを作成(再度アプリケーションを起動する時にオプションキーを押して選びなおした)。この目的は Panther の時から使っている iPhoto Library フォルダに問題が起きていないか確認するためだ。

  4. Preferences フォルダにある com.apple.iphoto.plist というファイルをデスクトップに移動し、そのファイルが犯人ではないか確認した。

  5. iPhoto の情報ウィンドウのプラグインセクションを開き、私がインストールしたサードパーティのプラグイン全てを削除した。ほとんどが既にオフにされていたが、どれもフリーズの原因になっていないことを確認したかったのだ。

この 5 つとも当てはまらないことを確認した私は、私はどうやら問題は iPhoto アプリケーション自体に起こっていると推測するに至った (私が考えうる全ての可能性を取り除いたからだ)。そこで、iPoto アプリケーションをゴミ箱に捨て、iLife '05 DVD から再インストールした。次の起動時に、iPhoto で別の空の iPhoto Library を作った。すると、Tiger をインストールして以来初めて、それは正常に動き続けた。それは正常に動き続けた。次に、iPhoto の「アップデートを確認」とソフトウェア・アップデートを使って 5.0.2 へとアップデートした。この後、私の全ての iPhoto Library をロードすることができた。

ディスクを再フォーマットしたばかりだったので、ディレクトリに関する異常は存在しないだろうと思った。でも、もしも再インストールがうまくいかなかったとしたら、私はディスクユーティリティを使ってアクセス権を修復しただろう。また、それもうまくいかなかったら、ディスク自体の修復を試みただろう。

私は、iPhoto のフリーズに対処する作業を行っているときにはイライラしたが、ハードディスク全体の最新のバックアップが2つあることを知っていたので、データの消失に関する心配をする必要はなかった。


NetNewsWire Lite と Pro 2.0 がリリースされる

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

Ranchero Software の人たちが、NetNewsWire の最新版をリリースした。ウェブサイトが、特定のページや部分の最新項目を知らせるのに、どんなバージョンの RSS(Really Simple Syndication やその他の完全表記がある)やAtom を使っていても、そのニュースを集めてくるアグリゲータだ。NetNewsWire 2.0 には、Lite(無料)と Pro(有料)の2つのバージョンがある。

<http://ranchero.com/netnewswire/>

ニュースアグリゲータというのは、あなたがコンピュータの電源を入れてから、50 のウェブサイトを読み込んでニュースの見出しやブログの記事をチェックする代わりに使うもので、アグリゲータが特別な形式の XML(eXtensible Markup Language)ファイルを探し回って、それを最新情報の一覧リストに変換してくれる。

この新バージョンは、私はベータ版のうちから何ヶ月か使っているのだが、さまざまな新機能をもたらしている。たとえば、Spotlight 検索、ポッドキャストのサポート( TidBITS-766 の "ポッドキャスティング: みんなのラジオ"参照)、Automator のアクション、複数のコンピュータ間でのフィードとニュース項目の同期、フィードを生成したりプログラムを制御するためのスクリプトのサポートなどだ。さらに、タブブラウジングをサポートしたウェブブラウザも組み込まれている。

<http://ranchero.com/netnewswire/whatsnew/netnewswire20.php>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07986>(日本語)ポッドキャスティング: みんなのラジオ

バージョン 2.0 では、以前にあったブログ投稿機能が取り除かれ、MarsEdit 1.0 という別のプログラムとして切り出された。これを使うと、さまざまなブログサービスやブログソフトウェアで、記事をオフラインで書いてから投稿することができる。

<http://ranchero.com/marsedit/>

NetNewsWire は長いことベータ版のままだった。とはいえ、ほとんどいつでも問題なく動いていたのだが。これは Tiger の出荷日を待っていたせいだ。Tiger が檻から放たれたので、Ranchero は Mac OS 10.4 に依存する機能のベールを取り除くことができたのだ。

Tiger の Safari 2.0 も RSS を扱え、興味深い並べ替えオプションや表示オプションを提供しているが、NetNewsWire Lite と比べても、一段も二段も落ちる。あなたがこれから RSS に手を染めようと思うなら、Safari から始めて、Lite に移り、それから Pro に進むとよい。

<http://www.apple.com/macosx/features/safari/>(日本語)アップル - Mac OS X - Safari RSS

NetNewsWire 2.0 Pro は 25 ドルで、MarsEdit 付きだと 40 ドルになる。ただし、有料版のバージョン 1.x ユーザには無料だ。NetNewsWire Lite は無料のままだが、高度な機能は取り除かれている。MarsEdit 1.0 を別売りで購入すると 25 ドルになる。


Yahoo、満を持して会員制音楽の戦いに参入

文: Geoff Duncan <geoff@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

先週、インターネット界の怪物 Yahoo が Yahoo Music Unlimited を発表し、会員制オンライン音楽配信市場に参入した。Mac ユーザにとっては、Yahoo Music Unlimited の登場は、単に招待されていないパーティーが1つ増えたにすぎない。というのも、最近のバージョンの Windows しかサポートされていないし、その上、会員制サービスによる音楽を iPod で再生することすらできない。Yahoo Music Unlimited が興味深いのは、主要な競争相手、すなわちRhapsody と生まれ変わった Napster に圧力をかけるということで、MSN Music と Apple の iTunes Music Store にも、それほど直接的ではないが、影響を及ぼす。

<http://music.yahoo.com/unlimited/>
<http://www.rhapsody.com/>
<http://www.napster.com/>

新たなる希望(というほどでもないが) -- Yahoo Music Unlimited は、食べ放題方式の会員制サービスで、100 万曲を越える楽曲へのアクセスを提供する。このサービスは、主に、Yahoo が昨年買収した MusicMatch を基にして築かれている。会員は、Yahoo Music Engine を使って、曲を検索したり管理したりする。これは MusicMatch Jukebox に基づく、iTunes に似たアプリケーションだ。会員はまた、Yahoo Messenger を使って、ほかの会員と曲やプレイリストを共有できる。会員が曲を手に入れると、会員資格を保ち続けている限り、その曲を再生することができる。さらに、いくつかの携帯音楽プレーヤに曲を転送することもできる。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07819>(日本語)Yahoo が MusicMatch に $160 Million 支払う

しかし、この Yahoo の新しいサービスは Microsoft の WMA デジタル著作権管理技術を使っており、サポートしているプレーヤのリストには Apple のiPod は 含まれていない 。iPod は Apple の FairPlay DRM 技術しかサポートしておらず、これまでのところ、Apple は iPod でほかの DRM システムをサポートできるようにしようという努力を非情にも鎮圧してきた。だけどね、ほかの会員制オンライン音楽サービスも iPod では使えないんだから、Yahoo からの贈り物もその同類だってことだ。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07756>(日本語)Apple、RealのHarmonyと歌うことを拒絶
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08013>(日本語)どうして DRM は気に障るのか

歳入の逆襲 -- Yahoo Music Unlimited が新しいのは、その価格だ。1月6.99 ドル、年間会員なら 59.88 ドル(ということは1月あたり 4.99 ドル)となる。もう1つ、Yahoo は世界で最もトラフィックの多いインターネットサイトの1つであり、Yahoo Music Unlimited がその一部分となるということも見逃せない。

Yahoo の価格は、RealNetworks の Rhapsody と Napster の価格、1月 14.95ドルを大幅に下回る。Yahoo は、Yahoo Music Unlimited の価格が新発売記念セールなのか、いつまで続くものなのか、何も語っていない。しかし、Napster と RealNetworks の両方が、現状の価格による会員制音楽ビジネスで苦戦していることを考えれば、この業界のコストの多く(音楽や技術のライセンス、帯域幅、ユーザサポート、人件費など)は大して変わらないだろうから、Yahoo の初期価格では、Yahoo Music Unlimited はそれぞれの会員あたりの利益がほとんどないかまったくない、あるいは損失を生むかもしれない。

本当の問題は、Yahoo がどこまで気にかけるのかということだ。Yahoo には、RealNetworks や Napster と比べて十分な資金があり、ビジネスモデルも多岐にわたるから、オンライン音楽ベンチャーに補助をしているあいだに、直接の競争相手が価格戦争に巻き込まれることは必至だろう。Yahoo が音楽サービスに人々の目を集め、そしてマウスポインタも集めることができれば、会費の損失を広告で埋め合わせることもできるかもしれない。Yahoo はインターネット上でもっとも多くの人が訪れるサイトの1つだから、Yahoo の利益率の高いオンライン広告ビジネスは実質的に無敵なのだ。

FUD の帰還 -- 現在のところ、Yahoo Music Unlimited は Apple のiTunes Music Store に対して直接脅威を与えてはいない。1つには、Appleの iPod と互換性がないので、白いイヤホンを装着して頭を振っている1,500 万人を越える iPod ファン(それに比べて、Napster の会員は、まだ50 万人にも達していない)にとっては、iTMS が第1のオンライン音楽ストアとなっている。もう1つ、iTMS の、ダウンロードした曲を購入するというモデルは、会員である期間曲に対する アクセスを購入するだけというものに比べると、まだ消費者の心をつかんでいるように思われる。Piper Jaffray のアナリスト Gene Munster によると、音楽を完全に所有するよりも借りることを好むオンライン音楽消費者は、現在のところおよそ 15 パーセントしかいない。

<http://news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/ap/20050512/ap_on_hi_te/online_music_war_13>

そうはいっても、オンライン音楽業界も、より広い技術業界も、まだ Appleと iTMS を目標にすえている。それは単に、ほかの市場参加者を標的にするのはまだ労力の無駄だからだ。もし Yahoo Music Unlimited が成功すれば、Apple は有料ダウンロードモデルに加えて、会員制サービスを提供する必要がでてくるかもしれない。(すべての会員制サービスは会員に対して iTMS と同等の価格で楽曲を販売しているということは注目に値する。もちろん、その料金は会費に上乗せされる。)逆に、Yahoo の会員制音楽サービスが失敗に終わったり、パッとしない数字しか残せなかったりしたら、それは、オンライン音楽というものを買い手の市場としてではなく借り手の市場として再定義しようとした真剣な努力の最後のものということになるかもしれない。

Apple の音楽ビジネスの行く手に暗雲が立ち込めているとしたら、それはおそらく、最終的に、消費者が音楽を購入して再生する主な手段が、iPod のような機器になるのか、それとも携帯電話のような機器になるのかということだろう。確かに、Apple はこれまでに 1,500 万台以上の iPod を売ったが、その数も、2003 年の1年間だけで出荷された携帯電話の推計 5 億台(そのうち7,500 万台はカメラ付きで、かなりの量のオンボードメモリとプロセッシング能力を備えている)の前ではちっぽけに見える。先週、ドイツの Frankfurtで、Microsoft の創設者である Bill Gates は、現在の iPod ビジネスモデルは持続可能だとは感じられず、音楽を聴くということでは、きっと携帯電話が首位を奪うだろうと語った。(彼は、Apple の現在の iPod の成功を、同社が初期のグラフィックユーザインターフェースを先導していたことになぞらえることさえした。)現在の携帯電話をとりまく技術とビジネスモデルは、確かに、音楽購入モデルよりも会員制モデルと親和性が高いだろう。

<http://insidedsp.eetimes.com/features/showArticle.jhtml?articleID=21100222>
<http://news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/nm/20050512/tc_nm/tech_microsoft_gates_dc>

そうはいっても、iPod と iTMS の墓碑銘を書き始めるのはまだ早い。オンライン音楽市場は、まだ何が起こるか分からない。そして、ここ数年間鳴り続けている主旋律といったら、2つしかない。1) Apple による思いがけない成功と革新、そして 2) 評論家と業界指導者の、Apple は成功しないだろうという主張との2つだ。


2ギガバイトか、それとも破綻か

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

すべては Gmail が発端だった。Google はいつも通りに上下左右手の触れるものすべてにコントロールの力を及ぼそうとし続け、Gmail がその無料電子メールストレージサービスの容量を 2 GB にアップグレードして以来、これが他の会社たちにとっても一つの目標値になってしまった。どの会社も、ISP のサービスでなくウェブメールを使いたいという人々から来る、甘い、甘い広告収入が欲しいからだ。一方これは ISP 各社にとってはたまったものではない。ISP のサービスに電子メールを含めることができないとなれば、人々から ISP へのパイプを流れるものは、これまでチキンスープにコーヒー、ビスクといったものだったのに、今やただの水だけ、という有り様になったのだから。(ちょっとたとえ話を拡げ過ぎただろうか)

<http://www.gmail.com/>

ここに一番最近に参入したのが AOL だった。そして、それは皆を驚かせた。AOL はおよそ一年前に Mailblocks を買収していた。このプロバイダは、実在の人物からのメールのみがあなたの受信箱に届くようにするための、いわゆる challenge-response ベースの電子メールを提供した。Mailblocks は使用料も安価で、その代わりストレージサービスもささやかなものだった。ところが AOL は、彼らのテクノロジーを利用しつつ、無料で 2 GB の AOL Instant Messenger (AIM) をウェブメールアカウントに繋いでみせた。AIM アカウントがウェブメールアカウントにリンクされるわけだ。AIM アカウントの方は無料で、独立にも、また iChat と組み合わせても使える。

<http://www.aim.com/>
<http://www.mailblocks.com/>

Yahoo は数カ月前にメールボックスを 1 GB に引き上げており、年額 $20 を払えば 2 GB が使えるようにしている。Apple の .Mac サービスでは年額 $100 なのにストレージ容量はたったの 250 MB で、年額 $50 を追加で払えばトータル 1 GB が使えるようになる。Hotmail では 250 MB で、最初の 30 日間はそのうちたった 25 MB しか使えない。年額 $20 で 2 GB になる。

<http://mail.yahoo.com/>
<http://mac.com/>
<http://hotmail.com/>

もちろん、Google もまだまだ新たな手を用意している。今年のエイプリルフールの日に最大値を 1 GB から 2 GB に引き上げた時、Google はこれが単なる始まりに過ぎないとも述べていた。そして、それは嘘ではない。私のメールボックスは、現にますます大きくなりつつある。現在私はおよそ 535 MB のメールを保存(これは私のメインのアカウントから自動 CC によってバックアップされたものだ)しており、その大きさは毎日少しずつ上がり続けているのだから。


Fontographer が Fontlab に身売り

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Adobe と Macromedia の合併はまだまだ完了には程遠い段階だが、もう既にスピンオフ製品が登場した。(TidBITS-777 の記事“Adobe、Macromedia を飲み込む”を参照。)年月を経た今もまだ愛らしく輝くタイプデザイン・プログラムの Fontographer が、(1995 年にこのプログラムと一緒に Altsys 社を買収していた)Macromedia から、このプログラムの事実上唯一の競合相手である Fontlab に、ライセンス供与されたのだ。Fontlab では、Fontographer ユーザーおよび Fontlab 製品のユーザー双方のためにアップグレードパスを用意している。Fontographer 4.1 は Mac 用と Windows 用があり、どちらも価格は $350 だ。TypeTool の登録ユーザーは、Fontographer を $250 で購入できる。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08077>(日本語)Adobe、Macromedia を飲み込む
<http://www.fontlab.com/The-News/Announcements/Fontographer-Has-a-New-Home-at-Fontlab-Ltd./>
<http://www.fontlab.com/Font-tools/Fontographer/>

私は Fontographer に特別の思い入れがある。私はこのプログラムを、Yale 大学の最上級生の時に、グラフィックデザインの研究プロジェクトの重要部分として使っていたのだ。指導教授の提案に従って、私は Berthold Wolpe のタイプフェース Albertus を、少し捻りを加えて再構成し、元のタイプフェースよりもちょっとだけ現代的で正統的な感じに仕上げた。私はその際の描画、スキャン、そしてフォント作成のプロセスを論文として書き上げ、プロジェクトの評価として A-minus をもらった。

<http://www.linotype.com/7-624-7/bertholdwolpe.html>

出来上ったフォントを私は Furioso という名前でシェアウェアとしてリリースした。この名前は、そもそものアイデアを私にくれた大学の印刷師、Roland Hoover に敬意を表して付けた。有名な叙事詩に“Orlando Furioso”というのがあり、これを翻訳すれば「狂暴な戦士 Roland」となるからだ。1990 年といえばまだシェアウェアという考えも定着していない頃で、その当時の製品として私は善意の人々から合計 $500 近くにものぼる小切手を受け取ることができた。大学から卒業したばかりの私にとって、このお金は天の恵みのようにも思えた。

<http://sunsite.berkeley.edu/OMACL/Orlando/>

このシェアウェア版は $10 で、私はタイトル用文字の部分だけを無料でリリースした。お金を送ってくれた人にだけ、私はすべてのタイプフェースを入れたディスクを郵送した。つまり、これは真の意味でのシェアウェアではなくて、初期のデモウェア、あるいは部分ウェアとでも言うべきものだった。これは今でも下記のリンクからダウンロード可能だ。1994 年になって、私はこのフォントを無料で配付することにし、その代わり人々に Berthold Wolpe を偲んで $10 を NPR に寄付することをお願いするようにした。

<http://www.erik.co.uk/font/serif.html>
<http://www.npr.org/>


宇宙からの指示:GPS カーナビ

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@bellsouth.net>

知らない所で高速で運転中或いはひどい渋滞に巻き込まれた中で、助手席に座った人が次に曲がる所はどこか必死になって地図上で探そうとしているといった体験はありませんか?もしあなたが私みたいであれば、これはストレスがたまる話である。更にあなたが Tonya みたいであれば、車が動いている最中に地図上で現在地を確認し首尾一貫した方向指示を出すのはこれまたストレスの多いことであり、更にいえばちょっと車酔いしそうな状況でもある。

我々の最近の New Mexico への旅は日に $10 奮発して Alamo から道順案内を話し言葉で伝えてくれる GPS (global positioning system) 付きの携帯電話を借りたことでとても楽しいものとなった。明らかな設計上の欠陥は目に付いたもののこれは素晴らしかった。我々は取り立てて新し物好きというわけではないが、次に知らないところへ大掛かりなドライブをしなければならない時のため、似たような機器を買う検討を始めることに決めた。

ワイヤレスで運転 -- Alamo はこの機器が実際にどういうものでどの様に働くのかについて積極的に説明してくれたわけではないので、私の推測と思い込みが多少正しくなかったとしたら許して欲しい。私が見て取れた事からいえば、この GPS 機器自体は Motorola i58 シリーズのセルフォンで Nextel のサービスに加入している;この電話機には比較的小さな黒白のスクリーンが付いていて、そして Alamo はフロントガラスに取り付けられるよう吸盤付きのホルダを提供してくれた。

スイッチを入れると、この電話はある種の特殊な Java アプリケーションが走って最初にあなたの同意を求め (想像するにこの機器を通じてあなたを追跡できるからであろう) それから何かを探すのか或いは住所を入力することを求める予想通りのお粗末なインターフェースへと移行する。一旦住所を入力すれば、この電話は GPS によって求められた現在地からの道順を Nextel のデータネットワークを使ってダウンロードし、スピーカーフォン経由で音声で伝えると同時にスクリーン上に次のターンする場所を表示する。ここからは道順が進行するにつれて次の曲り角までの距離をカウントダウン的に教えてくれ、そしてこれが目的地に着くまで継続する。これは次の目標点までの距離が二分の一マイルになったところからしゃべり始め、近づくのに対応してそれを繰り返すのだが、邪魔臭い感じになるほどではない。一つの曲り角に近づくと進行バーが次の曲り角まであと何メータかを示してくれる;これは二つのターンが近接している場合には役に立つ。

インターフェースは貧弱で、使いこなすまでに理想とするよりは時間がかかったが (思い出して欲しいのは、我々は運転中であること;これは事前にその前に座って十分時間をかけられる様な状況ではないし Alamo は手引書を一切くれなかった)、我々はすぐにこの道順案内の虜になってしまった。たった一つの例外 - この時は GPS フォンは我々を幹線道路から出て一本道を通り越してそしてまた元へ戻る様に導いてくれるはずであった - を除いて道順案内は極めて正確であった。興味深いことには、この馬鹿げた指示を出してきた地点での二回目の道順はこの間違いを繰り返さなかった;我々のいたレーンが違っていたため違う指示が出る結果となったとも考えられる。もし正しい曲り角を通り過ぎてしまった場合 (この時の過ちは我々が無視してしまった唯一つの道順案内であった)、あなたが正しいコースにいないことを検知して道順を再設定するため新しい道順案内を素早くダウンロードする。

他の問題として、具体的には New Mexico の田舎の地域であったが、住所を全部入力しなければならないことにあった。我々は執筆者仲間の Robin Williams と John Tollett の所に数日滞在することになっていて彼らの家への道順は持っていたのだが、つまり最後の道の名前は知っていたのだが、番地の入った住所は手元になかったのである。しょうがないので本来の番地は 2745 か何かだった所に代わりに 1 を入れて GPS フォンを騙してどうにか道順案内を引き出すことが出来たのだが、我々は幸運であったとしか言えない。というのもこれだけ番地が違うと他の町では町のまるっきり反対側に行ってしまう事だってあり得るからである。Chimayo で泊まったベッド&ブレックファーストの宿は住所として私書箱の番号しかなく、それからこの機器のデータベースは County Road 0100 などという道は聞いたことが無いという場合もあり、これらの場合は役には立たなかった。

Tonya はこの電話のインターフェースのどこかで GPS メニューを見つけ出したが、これがその地区の地図を表示できるのかどうかは探し出せなかった (後になって私はこの電話機の使用説明書を読んでみたがどうも出来ないということのようである)。もし地図を表示させてその中の一点をさして "そこに行ってくれ!" と言うことが出来れば大変助かる。 また地図が表示されてその上でどちらの方向に進行しているのか分かれば助かると思った状況が少なくとも一回はある;この時は私の持っている通常の GPS 機が全く反対方向に進行していることを示してくれたので幸運であった。これは GPS フォンがどれ程役に立つかまだ良く認識する前のことで、それにそこでは使うことを考えていなかったのである。というのも Los Alamos での最終目的地は住所がなかったからである (これはきっとセキュリティの理由で公開されていないのだと思うが、この時も最後の道で番地を適当に入れて電話を欺くことが出来た)。取説によれば、この電話機は地図を表示するソフトウェアを持つコンピュータと会話することが出来るというが、Mac でも働くのどうかは明らかではなかった。

<http://nextelonline.nextel.com/assets/pdfs/en/support/guides/phones/i58sr/ug.pdf>

ご推察の通り、道順案内を Nextel のデータネットワークに依存するということは幾つかの地点で問題となることが証明された。というのも、我々が Taos や Santa Fe にいた時は Nextel の受信状態は貧弱か殆ど無しであったからである。これらの地域に行き着くこと自体には問題は無かった。というのも、電話機は最初にルートの全道順案内を出すのに必要な情報は全てダウンロードするからであるが、次の Nextel のタワーの範囲に入るまでは新たな道順へのアクセスは出来ない。

次の旅に備える -- この様な音声付 GPS 機器は新しいものではない;何年もの間これらについて人々が話しているのを私は聞いてきた。しかしこれらの機器は高価であり ($400 から $1,000)、とりわけ Ithaca のように我々が道を良く知っている所ではこれだけの出費は正当化できない。一方で、この GPS フォンとそれに対応したサービスは、全く並みの出来とはいえ、これは間違いなく我々の日常生活を改善出来る目新しい小道具に属する。そもそもどこかに行くのにあまり時間が無い状態で、私は途中で道に迷う可能性にあまり頓着しない類の人間ではいられない。私は今自分がどこにいるのか分からない状況は大嫌いであり、どこかで間違ったターンをしたために時間に遅れそうだという感覚にも耐えられない。そして一方で Tonya は、私が運転中に脇で地図を読んで私に次に何処へいくかの指示を出す役目は好きではない。従ってはっきりした言葉で出される道順案内は、私の運転中の心の平和も Tonya のリラックスの程度も両方とも改善してくれるというものである。

私は、この Motorola GPS フォンよりもよりよく働く他の機器は無いかの調査も始めた;携帯のサービスが受けられないという理由だけで道順案内がなくなるというのは許容できるものではない。それにこの PC World の記事からするとこのサービスも結構高くつくもののように思える:Nextel のデータプランに加えて GPS サービスは月に $11 の追加となる。

<http://www.pcworld.com/reviews/article/0,aid,115273,00.asp>

この GPS フォンが提供しているものよりもはるかに上の機能を約束している GPS 専用機器は沢山あり、これらは例えば複数の地図ビュー、高速道路を使わない路線選択 (或いは高速だけというのもある)、等々の機能を提供している。それでも音声指示は鍵である。というのも車の中で小さな機器のインターフェースに気を配るというのは危険だからである。下記はこれまでに探し当てて更に詳しく調べてみようと思っているもののリストである:

If you've used one of these devices, or another voice-enabled GPS system for providing navigation, let us know on TidBITS Talk <tidbits-talk@tidbits.com> what you think.


Take Control ニュース/16-May-05

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

"Take Control of Upgrading to Tiger" が 1.0.1 にアップデート -- 私たちがこの本のバージョン 1.0 を Apple の Tiger リリースと同時にリリースした時、この本だけはじきにアップデートすることになるだろうという確信があった。メジャーなオペレーティングシステムのリリースの後は、往々にしてほんの数日後に新しい重要な情報が明るみに出るということがよくあるものだからだ。今回の新バージョンの電子ブックは、これで合わせて 44 回の Tiger テストインストールに基づくことになるのだが、Mac OS X のインストールに沿って、誰にも負けないほど丁寧な手引きを読者の皆さんに提供できるだろう。前バージョンの電子ブックをお持ちの方は、表紙の左下の隅にある Check for Updates ボタンをクリックして、どこが新しくなったかを確認しつつ無料アップデートをダウンロードして頂きたい。

<http://www.takecontrolbooks.com/tiger-upgrading.html>


TidBITS Talk/16-May-05 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバでの討論に繋がる。こちらの方が高速のはずだ。

Dashboard に「邪悪な」ウィジェット -- またまたどこかで聞いたような話だ。Dashboard ウィジェットをダウンロードするのは、必ずしも完璧に安全だとは言えないらしい。詳しい情報をどうぞ。(メッセージ数 8)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2593>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/448>

Tiger の下でベースステーションを切り替える -- Tiger を使用中に異なった AirPort ベースステーションの間で使い分けると、正しく動作しない可能性がある。ただ、Apple はこの問題を既に認識している。(メッセージ数 1)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2598>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/454>

Tiger のキーとカーソル -- Tiger では、Caps Lock キーを何でも好きな別のキーに割り当て直すことができる。これに関連して、キーやボタン、カーソルなどについていろいろの便利な情報が寄せられた。(メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2595>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/451>

パワーユーザー向けの機能対ドンガラハデハデ機能 -- Apple は、例えば Dashboard のような、目にもまばゆい売り物の機能に労力を費やすあまり、パワーユーザーが一味違うと見なすような機能に手を抜いているのではないか? でも、それは本当に悪いことなのだろうか? (メッセージ数 7)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2594>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/450>

NeXTstep のディスクを読む -- 古い NeXTstep のディスクを持っていて、その中のデータを読みたい場合、どうすればよいか? (メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2597>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/453>

Mac OS 9 のネットワークボリュームを Tiger でマウントする -- Tiger で AppleTalk ネットワーク経由の AppleShare が使えないという報告があり、議論はこれら二つの用語が混同されがちだという話になる。(メッセージ数 13)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2579>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/436>

Mac で使う科学研究用アプリケーション -- Mac ベースの科学者たちは、実験用のプログラミングや出版品質のチャートやグラフ印刷、その他の作業に何を使っているのだろうか? (メッセージ数 7)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2592>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/449>

Tiger の新しいファイルシステム -- 複数のアプリケーションが同じファイルを同時に変更するのを防ぐため、Tiger が従来のバージョンの Mac OS X とは別の方法でファイルをロックしているというのは本当か? それとも? (メッセージ数 6)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2583>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/440>

古い PowerBook の SCSI ハードドライブ -- 今どき、古い SCSI のラップトップハードディスクの中からデータを引き出すことは可能なのか? そのために必要なアダプタを見つけるのはかなり困難だ。(メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2581>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/438>

Spotlight とバックアップについて -- Tiger でデビューしたこの新しい検索ユーティリティは、私たちのバックアップ戦略にどう影響するのだろうか? もしもあらゆるものがハードディスクのあちこちに散らばってしまっているのだとしたら、階層的ファイリングが崩壊してしまったこの事態に、果たしてバックアップユーティリティたちは正しく対処できるのか? (メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2582>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/439>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA