TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#789/25-Jul-05

GPS を検討する記事シリーズの続きとして、ランナーにふさわしい名前の Paul Lightfoot が Garmin Forerunner 201 をレビューする。次に Dawn D'Angelillo の寄稿記事で、古くなった電子機器をめぐる深刻な問題と、より良いリサイクル施設やプログラムの必要性が語られる。Glenn Fleishman は Sonos ワイヤレススピーカーシステム用の Mac Desktop Controller のリリースをお伝えし、その他のニュースとしては Yahoo による Konfabulator の買収、OmniWeb 5.1.1 と DoorStop X 1.0 のリリース、それに .Mac 転送量制限についての公式発表がある。

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/25-Jul-05

OmniWeb 5.1.1 がリリースされた -- The Omni Group が多くのマイナーバグを取り除き Mac OS X 10.4 Tiger との互換性を改善した OmniWeb 5.1.1 をリリースした。下記にリンクした OmniWeb Release Notes のページで全ての変更リストが読める。「もしあなたが OmniWeb を(特に Tiger 上で)使っているなら、あなたは一部のサイトで起こる不愉快なページ描画の問題や特定の条件で発生するクラッシュを取り除くために、6MB のアップデートをダウンロードしたくなるはずだ」といえば十分だろう。Tiger の Safari が持つ新しい機能にもかかわらず、依然として私はウェブブラウジングをするときには OmniWeb に頼っている。再起動時のページ再表示、ワークスペース、テキストエリアフィールドの別ウィンドウ、テキストエリアでの検索・置換等々のためである。 [ACE](笠原)

<http://www.omnigroup.com/applications/omniweb/releasenotes/>

Apple が .Mac の転送量の制限を開示 -- 何年も、Apple の .Mac サービスは、年間 $100 (日本では消費税込 9,800 円)の料金に、どれだけの転送量(あなたのアカウント上のウェブページやその他のパーツによってやり取りされるデータのバイト数) が含まれているのかについて素知らぬ振りをしてきた。前に、私はこれについて Apple に直接質問し、何人かの人々がテストした。そして分かったことは、それはダウンロードの速度や転送の対象の種類、その他の条件によって異なるというものだった。

もうこれで終わりだ。転送量の上限は、通常は月間 3 GB で、1 GB のオンラインストレージに年間 $50 の追加料金を払っている場合は 9 GB になる。 [GF](笠原) [訳注:日本の .Mac には追加ストレージの説明はありません。]

<http://news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/mc/20050720/tc_mc/macaddshigherbandwidthoption>
<http://mac.com/>

DoorStop X 1.0 が Mac OS X のファイアウォールを拡張する -- 今を遡る 1998 年、Open Door Networks が Mac 用の最初のファイアウォール、DoorStop を出荷した。このプログラムは、その後 Symantec にライセンスされ Norton Personal Firewall に引き継がれていた。この度、Open Door は Mac OS X 10.3 Panther と 10.4 Tiger 用に DoorStop X をリリースした。Mac OS X には Mac OS X 10.2 Jaguar 以来ファイアウォールが組み込まれているが、さらに Tiger バージョンでは、アクセス拒否の基本的なロギングがようやく提供されるようになったが、DoorStop X の提供する、アクセス要求に対する許諾・拒否両方にわたるロギングはそれらをはるかに上回るものだ(Open Door の Who's There? Firewall Advisor ユーティリティと協調したものは特に素晴らしい)。DoorStop はあなたの設定を一目で理解することが容易になるよう、グラフィカルなインターフェースを強化した。そして、最も重要なことは、このプログラムが特定の IP アドレスや 特定範囲の複数の IP アドレスに指定のポートを開くことが可能になっていることだ。これは、Max OS X 搭載ファイアウォールのオール・オア・ナシング・アプローチが足下にも及ばないものだ。8 月 15 日まで、DoorStop X は $40、Who's There バンドル版は $60 だ。複数ライセンスをパックした教育機関向けディスカウントも利用できる。30 日間限定のフル機能の試用版(2.2 MB のダウンロード)と Who's There の全機能が使える 10 日間限定の試用版(こちらも 2.2 MB のダウンロードだ)もある。[ACE](笠原)

<http://www.opendoor.com/doorstop/>
<http://www.opendoor.com/whosthere/>

Yahoo が Konfab を獲得 -- Yahoo が本日、Konfabulator を買収したと発表した。それは、デスクトップ上で動く小さなカスタムアプリケーション(Widgets と呼ばれる)を動かすための、Mac OS X と Windows の両方で使えるアプリケーションだ。(Apple 以外のメーカーが widgets を名乗るのは不思議に見えるかもしれないが、Konfabulator のほうが Apple の Dashboard とウィジェットより前からあったのだ。TidBITS-717の Adam のレビュー参照。)Konfabulator は熱心な開発者コミュニティの創作意欲を奮い起こし、彼らは交通情報や蚊の発生情報からメトロノームに至るようなありとあらゆるものを表示する Widgets や Apple の iCah や iTunes のためのアドオンを開発した。Yahoo は Konfabulator を買収しただけでなく、プログラムを無料で開放した!過去2ヶ月間に Konfabulator を購入した全員が払い戻しを受けられる。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07545>(日本語)私も楽しく Konfabulate しましょ!

Yahoo は Konfabulator を Yahoo Developer Network を支えるコアテクノロジーと見なしている。Konfabulator (Yahoo Widgets に改称されるらしい)は、Yahoo が提供する新しい XML ベースのコンテンツ配信スキームの手段になるだろう。Konfabulator を無料にすることにより、Yahoo は、開発者が Mac や Windows のために、様々なクールで便利な Widgets を開発してくれることを期待している。そして、それらの多くが Yahoo が提供するオンラインコンテンツに直接結びついていることを。開発者は、彼らの Widgets で使うためにデータを抽出するようにウェブサイトを"削る"ことをしなくてもいいことを歓迎し、ユーザーはクールで新しいクロス・プラットフォームのツールを歓迎するだろう。そして、Yahoo は彼らのコンテンツ (だけでなく、広告も)が新しい方法によってこれまで届かなかった人々に届くことを見届けるだろう。Konfabulator の無料の 5.2 MB のダウンロードは既に可能になっている。Mac 版は Mac OS X 10.2 以降が必要だ。 [GD](笠原)

<http://www.konfabulator.com/>
<http://widget.yahoo.com/>
<http://developer.yahoo.net/>

Adam が Tech Night Owlで Macworld Expo について語る -- もう一本、ラジオインタビューの時間。今回は Tech Night Owl Live で Gene Steinberg と語る。Gene と私は Macworld Expo Boston について、どんな様子だったか、なぜこの数年間でこれほどまでに縮小してしまったかについて語り合った。下に示したページでは、MP3 を直接聴くこともできるし、番組のポッドキャストにアクセスするためのリンクを見つけることもできる。

<http://www.macradio.com/Thursday/nightowl/>

iMix Playlist で Apple の歴史を描き出す -- 何か面白いことない?先週の Macworld Expo in Boston の MacBrainiac Challenge で行われた最後の"演技"は、Apple の歴史を物語るタイトルを持った約 10 曲を iTunes Music Store から選び出しプレイリストを作るというものだった。それは困難な作業だった。iTunes Music Store へのインターネット接続が遅かったこととステージ上での持ち時間が制限されていたためだ。正直なところ、私は自分のチームが選んだ曲を憶えていない。しかし、敵の Smart Folders チームが良い仕事をし、聴衆の拍手喝さいによって賞賛されたことははっきり憶えている。

これだけじゃない。皆さんもこれに参加することが出来るのだ。iTunes Music Store へ行き、タイトル(アーティストやアルバム名ではなく)が Apple の歴史を思い起こさせるような曲を選んで、もちろん年代順で、iMix playlist を作るのだ。好きなだけたくさんの曲を選ぶことが可能だ。そして、選んだ曲のタイトルとは別の特徴が、あなたが込めようとと試みたものに、より高次な意味を付加するものであれば最高にクールだろう。例えば、ブルースの曲がそのタイトルで Apple の 1998 年のデススパイラルを表現したら素晴らしいだろう。その後、なぜそれぞれの曲が Apple の歴史を連想させるのか説明する解説を書いて、iMix へのリンクを使って、TidBITS Talk <tidbits-talk@tidbits.com> にお送りいただきたい。そうすれば、私たちの多くがあなたの成果を見ることができる。 [ACE](笠原)

<http://www.apple.com/itunes/store/share.html>


Sonos が Mac Desktop Controller を追加

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

Sonos Digital Music System をテストすることは、誰かの支払で四つ星ホテルに滞在するようなものだ。このシステムは、Ethernet やワイヤレス網を接続媒体として音楽をストリームできるようにするものだ。数ヶ月前、私は Personal Tech Pipeline 誌上でレビューを行ったが、それ以来 Macintosh のサポートが追加されるのを待っていた。そして、それこそが Sonos によって提供されたものだ。

<http://www.sonos.com/us/>
<http://www.personaltechpipeline.com/60401913>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07956>(日本語)Macworld Expo San Francisco 2005 で見つけた珠玉たち

Sonos システムの中心は ZonePlayer という、高出力のスピーカーセットを駆動したり、ステレオの入出力端子や RCA 端子を使って信号を出し入れするハブだ。家(城?)じゅうに散らばった ZonePlayer を Ethernet やワイヤレスネットワークを介して、最大 32 台(それだけの数を持っていたらだが)使うことができる。例えば、1 台の Sonos ZonePlayer に入力(iPod のステレオアウトプットを Sonos の入力端子につないで再生)すれば、そこだけでなく、複数台の他の ZonePlayer に送ることができるのだ。

ハンドヘルドコントローラやそれに似たデスクトップソフトウェアで ZonePlayer のグループを作ったり、それぞれのグループでの再生リストを作ったり、設定をコントロールしたりできる。Sonos が最初に出荷したシステムでは Windows 版しかなかったそのソフトが、今度、Mac に対応したのだ。

<http://www.sonos.com/news_and_reviews/press_releases/2005/pr_072005_v12.htm>
<https://www.sonos.com/us/my_account/my_downloads/>

ソフトウェアコントローラはシステムの最重要な部分だ。ネットワーク上の全てのマシンにインストール可能で、どのマシンからでも、それぞれの ZonePlayer または複数からなるZonePlayer のセットをコントロールすることができる。ソフトウェアコントローラを使う場合、別売で $400 のハードウェアコントローラを(バンドルセットの一部として購入すると $200 で購入することも可能だが)を買わずに済ますこともできる。

Sonos のシステムを通じて再生される音楽は何台のコンピュータ上に置かれていても構わない。コレクションが分散していても、Sonos が実行するシステム全てに対するアグリゲーションを通じて利用できるようになる。Sonos は Samba ファイル共有を使って保管された音楽データにアクセスする。Mac OS X の Samba サポートは私のテストでは快調に機能した。

Sonos は Windows Media Audio (WMA) インターネットラジオをサポートした。これは、素晴らしい機能追加だ。そして、iTunes ユーザーは自分の iTunes library に Sonos システムでアクセスできるようにもなった。しかし、iTunes Music Store で購入した Apple の AAC-FairPlay デジタル権利保護がかかった音楽ファイルを再生することはできない。Apple が FairPlay を誰に対してもライセンス提供しないからだ。

このシステムは素晴らしいが高価だ。それは、まさに広告に謳われたように働いてくれる。ZonePlayer は 1 台 $500 、コントローラは $400 だ。ZonePlayer 2 台とハードウェアコントローラ 1 台のセットは $1, 200 で別々に買うより $200 の値引される。


古い Mac も、ただ消えゆくのみではない

文: Dawn D'Angelillo <dawn@smalldog.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私たちは皆エレクトロニクスが大好きだから、新型の iPod とか、より高速のプロセッサとか、格好の良い iBook とか、フラットスクリーンのモニタなどに夢中になってしまいがちだ。けれども、そいういうものの代わりに捨てられて行く機器たちがどういう運命をたどるのかについては、私たちはあまり気にも留めてこなかったのではないだろうか。

今年だけでもおよそ 1 億 3 千万台のコンピュータが製造・販売されたといわれており、携帯電話やテレビ、その他の電子機器に至ってはその数も知れない。古くなって捨てられる電子機器、例えばコンピュータやテレビ、プリンタやその他の周辺機器などは、すべて電子廃棄物 (e-waste) となる。この 2005 年には、新しいコンピュータが一台市場に出る度に一台ずつのコンピュータが捨てられると見られている。携帯電話に至ってはコンシューマ用電子機器の中で最も短いライフスパンを持つ: およそ 1.5 年だ。

内部にあるもの -- この電子廃棄物 (e-waste) は環境問題であるとともに健康に害を及ぼすものでもある。電子機器の内部に危険な毒物、例えば鉛やカドミウム、六価クロム、水銀、防炎用臭素化合物などが含まれていることに気付かない人は多い。これらの物質は全て、人体にも自然環境にも有害な効果を持つことが証明されているものばかりだ。中でも特に危険なのは、現在は使用が禁止されている物質、例えばポリ臭化ビフェニル (PBB) やポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE) などが、古い機器の中に大量に使用されていることがある点だ。これらの化学物質はゆっくりと環境の中に溶け込み、生体の中に蓄積されてゆく。より有名な PCB の危険と同じことが言える。PBB や PBDE の蓄積が重なると、甲状腺ホルモンの生成に影響が出て異常行動につながることが分かっている。鉛や水銀にさらされることの危険についてはよく知られているが、六価クロム (Cr VI) が天然に安定して存在する三価クロム (Cr III) よりも水に溶けやすいことを知っている人は少ないだろう。Cr VI は呼吸器に害を及ぼし、1975 年には National Institute for Occupational Safety and Health(米国国立職業安全健康研究所)によって職業的発がん性物質に指定されている。

具体的なことを知りたいだろうか? いろいろな機器によって、それぞれさまざまな毒性物質が含まれている。

コラテラル・ダメージ -- こうした電子機器が正しくない方法で捨てられたりリサイクルされたりすると、結局はすべてが地中に埋められることになり、含まれた毒物が、地下水へ、さらには私たちが呼吸する空気へと拡がって行くことになる。捨てられた電子機器の一部は発展途上国へと送られて、そこで子供たちやその他の労働者たちが、ほんのわずかなお金のために一日中そこを探し回って利用可能な部品を集めている。多くの場合この作業は手袋もマスクもゴーグルもなしで行なわれており、有害な化学物質やガラス、その他の鋭利なものに直接彼らはさらされている。

<http://www.svtc.org/cleancc/pubs/technotrash.htm>
<http://www.ewaste.ch/case_study_china/>

このようなことが起こる原因の一つは、アメリカ合衆国において e-waste の処理や廃棄方法についての国家的な規制が全く何もなされていないことだ。カリフォルニア州やメーン州では独自の e-waste 法が成立し、消費者にも責任が課されることとなっている。その他にも電子機器を有害廃棄物と定めた法律を成立させた州もある。このように州によってそれぞれに異なった法律があり、全国的には継ぎはぎ細工の様相となっていることが、消費者にしてみれば何をすべきなのかがわかりにくく、製造業者や小売業者にしてみれば、法律に従うのが困難で費用がかかるという実態を生み出している。

<http://www.computertakeback.com/legislation_and_policy/e_waste_legislation_in_the_us/>

一味違う解決策 -- では、私たちはどうすればよいのか? 消費者としては、私たちは自分の電子機器を正しくリサイクルする個々人の責任を持つ必要がある。すべての電子機器の小売業者は、不適切なリサイクルの危険性についての情報を知らせ、顧客たちに適切なオプションを提供すべきだ。製造業者もまた、大きな責任を持つ。Apple、Dell、Sony、その他すべての会社はそれぞれ自発的に行動して、現在はクールな商品がいずれ不要になった時にきちんとリサイクルされるため、適切なインセンティブを提供すべきだろう。Apple はこの点、iPod リサイクルプログラムやその他の環境プログラムを実行しているが、シリコンバレーの環境保護団体 Silicon Valley Toxics Coalition からはさらなる行動を進めるように指摘を受けている。

<http://www.apple.com/pr/library/2005/jun/03recycle.html>
<http://www.apple.com/environment/>(日本語)アップル - 環境
<http://www.svtc.org/>

固形廃棄物を管理する役所に行けば、たいていの場合あなたの地域のリソースに関する詳しい情報を教えてもらえるはずだ。あなたが電子機器を廃棄しようとする時、それが正しく処理されるのかを判断するため、いくつか質問をしてみるとよい。例えば次のような質問だ:

動かなくなった電子機器をどこへ持って行けばリサイクルできるのかが分からない場合、Electronics Recycling Initiative と Electronics Initiative Alliance が電子機器の適切なリサイクル情報へのリンクをリストしているので、それを参照するとよい。また、電子機器の廃棄問題についてのいろいろな背景情報が Small Dog Electronics のウェブサイトに掲載されているので、それもご覧頂きたい。

<http://www.nrc-recycle.org/resources/electronics/policy.htm>
<http://www.eiae.org/>
<http://www.smalldog.com/ewaste/>

Small Dog Electronics は、消費者・製造業者・それに小売業者が協力して責任を分かち合い、コストも分かち合うべきだという考え方をサポートしている。別の言葉で言えば、私たちはリサイクルの費用を消費者だけに押し付けることはしたくない。現在、私たちの店では交換用ハードディスクや iPod バッテリを購入して下さった方に無料リサイクルサービスを提供している。また、すべての電子機器を対象にしたリサイクル受け入れの地域的窓口ともなっている。リサイクルはポンドあたり 25 セントで受け付けており、このお金は私たちがリサイクル業者に払う費用に充てられる。

私たちはまた、政府の代表者たちや業界の各種団体とも協力して、電子機器の終末処理において財政的ならびに物理的責任をどのように分担し合うかのモデルを構築しようと努めている。この作業には時間が掛かる。とりわけ私たちの上院議員が今年引退する予定になっているのでなおさらだ。現在のところ、私たちの努力が直接実を結んだ形での法律はまだ通っていないが、私たちはこの問題をバーモント州の政治における最重要課題の一つとして保ち続けるよう、引き続き努力を続けたい。州政府、および地方政府が協力してくれるよう圧力を掛け続けるため、私たちは皆、選出議員たちに手紙を書き送るようにしようではないか。現時点で私たちが達成した進歩といえば、近隣のリサイクル業者たちや固形廃棄物管理者たちと協力して、e-waste についての話題を広く発信するために力を貸してもらえる体制が出来つつあるということだ。

テクノロジーおよびリサイクル業界の各社と、連邦、州および地方の政府とは互いに協力し合って、私たちの e-waste がそのまま地中に埋められたり焼却炉に送られたり、あるいは開発途上国に回されたりすることのないように、むしろ私たちの国内において責任を持って e-waste を処理し廃棄できるシステムを作るために、努力を続けなければならない。

Small Dog Electronics は、この運動における最大の寄与者とは言えないかもしれない。たとえそうだとしても、私たちは小さくても喧しい声を挙げ続け、私たちのすべき努力をし続けて、他の多くの人々にもこの声を拡げ続けて行きたいと思う。それは、決して難しいことではない。ちょうどそれは、あなたが犬の散歩に行く時に必ずスクーパーを持って行くようなものだ。誰もが気を付けて自分の分のヨゴレをきれいにするようになれば、きっと世の中全体も、もっときれいになって行くはずだから。

[Dawn D'Angelillo は Small Dog Electronics でいろいろな役割を担当している。カスタマー・サービス、マーケティング・ディレクター、ニュースレターの出版や、メーリングリストの管理までこなしている。Small Dog Electronics はバーモント州 Waitsfield に本社を持ち、各種のコンピュータや周辺機器を販売する authorized Apple reseller だ。この会社の社会的使命は今も変わることなく、多種類の事柄の上に基礎を据えている。Small Dog Electronics は、会社が収益を揚げ続けるのと同等の意味で、コミュニティーのため、環境のため、そして顧客たちや従業員たちのために会社が何ができるのかということを、非常に重要なことだと信じている。]


Garmin Forerunner GPS と走る

文: Paul Lightfoot <lightp@macace.net>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

私はマラソンを続けてもう何年にもなる。大会に出場するのは 20 年前にやめたが、今でもイギリス Cornwall の路地や小道をまわる朝の一時間やそこらのジョギングを楽しんでいる。最近まで、私が記録をつけたり分析したりするのは、一回ごとに何分走ったかを書きとめておいて、月ごとの平均が適度な範囲に収まっていることを確認するにとどまっていた。近ごろは、どれだけ早く走れるかということよりも、景色のほうに興味が移っているのだ。

3ヶ月前、Garmin Forerunner という製品を、私としては珍しく衝動買いしてからというもの、すべてが変わった。この製品は、まるで肥大化した腕時計のような、手首に装着する小さな装置だ。全地球測位システム(Global Positioning System・GPS)を使って、どれだけの道のりをどれだけの時間で移動したかを測定してくれるから、一走りするたびに、普通のストップウォッチを使うよりもはるかに多くの情報を記録できる。

<http://www.garmin.com/outdoor/products.html#fitness>

GPS とは何か? -- GPS については、以前の TidBITS の記事で詳しく説明されているが("Find Yourself with GPS" シリーズ参照)、簡単におさらいしておくのもよいだろう。(このシステムの詳細な説明については、TidBITS-388 に掲載された Karen Nakamura の "迷いの予感? GPS 概論" を参照のこと。この記事は、民生用 GPS システムの精度が「改善」される前に書かれたものだが、そのほかの点では役に立つ。)GPS は、高度 6,000 マイルから 12,000 マイル(およそ 10,000 km から 19,000 km)で地球を周回している 24 の人工衛星からなるネットワークからの信号を利用している。Forerunner のような GPS 機器は、少なくとも3つの衛星からの信号を受信すると二次元の現在位置を特定することができ、衛星が4つだと海面からの高度も推定できる。位置情報は多かれ少なかれ定期的に更新されるので、自分が動いているときの距離、方向、速度を追いかけることができる。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1264>(日本語) 迷いの予感? GPS 概論 GPSy で木立の中のドライブを GPSy 3.0 新機能を披露 インターネットで体を動かそう: みんなで宝探しを! 宇宙からの指示:GPS カーナビ NYC のカオスに秩序を: Garmin StreetPilot c330
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=02222>(日本語)迷いの予感? GPS 概論

初期の GPS では、米国国防省が、米軍用途ではないシステムの精度を下げるために「強制信号劣化(Selective Availability・SA)」とよばれる制限をかけており、民生用機器の精度は 100 メートル程度だった。しかし、2000 年5 月に SA が解除され、それ以来、このシステムの制度は、Garmin によれば、典型的には 15 メートルである。

実際の使用時の精度はこの数字から上下する。装置がたくさんの衛星を検知すればするほど、またそれらの衛星同士が離れていればいるほど、測定値は正確になる。米国では、広域補強システム(Wide Area Augmentation System・WAAS)によって精度を向上することができ、Garmin の StreetPilot のようなWAAS 対応機器では(Forerunner シリーズは対応していない)誤差が3メートル以内になる。しかし、後で見るように、高い建物があったり、木の葉が茂っていたり、方向を変えたり、そのほかの邪魔が入ると、信号がさえぎられたり、機器が検出できる衛星の数が少なくなったりするので、15 メートルというのは、精度を予想するときの目安でしかない。

<http://www.garmin.com/aboutGPS/waas.html>

Forerunner には何ができるか -- Forerunner では、走路をいくつでも好きな数の「区分」に分割し、それぞれの区分について、時間、道のり、平均速度、燃焼したカロリーを記録することができる。区分は、たとえば1マイルや1キロというように、道のりを設定して自動的に定めることもできるし、あるいは折り返し点やそのほか道の途中にある目印を通過するときに Lap ボタンを押して定義することもできる。Forerunner は、区分の数がいくつであっても、走った道のりの合計や経過時間の総計、全体の平均速度、その中で到達した最高速度を記録する。さらに、「休憩」の量も記録させることができる。休憩は、設定した速度よりも遅く移動しているときとして定義される。

「バーチャル・トレーニング・パートナー」にある速度を設定して、どれだけ進んでいるか、または遅れているかを Forerunner に把握させることによって、走るときの目標を定めることができる。あるいは、強豪選手が能力を向上させるためにもっとも効果的な(そしてもっとも疲れる)方法の1つとして、速く走った後、しばらくジョグして体力を回復させ、またスピードを上げるということを交互に繰り返すための時間間隔を定めることもできる。

Forerunner には 64 ピクセルかける 100 ピクセルのメインデータ画面が3つあり、それぞれに3つの情報を表示できる。最初の Timer 画面では、現在の走路について、経過時間、現在の速度(マイルあたりまたはキロメートルあたりの分数)、そして走った道のりが表示される。2つ目の画面には、現在の区分についての同じ情報が表示される。3つ目はカスタマイズ可能で、たとえば現在の時刻、現在までの最高速度、高度を選ぶこともできる。

ヒストリー・モードでは、上記の情報すべてが、前回走ったときについて記録されており、また日付ごと、週ごとに集計されている。Garmin によれば、Forerunner は最大で 5,000 区分からの情報を保存できる。

Forerunner は、あなたの走路を地図にして、画面上に点線で表示することができる。走路全体を表示することもできるし、区分ごとに表示することもでき、走路上にあなたが定めた目印も現れる。地図情報のアップロードを取り込んだり表示したりはできないので、StreetPilot のようなカー・ナビゲーション・システムと違って、走行状況を道路上に確認することはできない。それでも、TrackBack モードがあるので、道に迷ったときに、出発地点や見知っている地点に戻る道を探すのには役に立つ。

実際の性能は -- Forerunner の重さはたったの 2.75 オンス(78 グラム)で、手首につけているのを忘れてしまうほどだ。設定するのも使うのも簡単で、データ画面は走りながらでも見やすい。備わっているだろうと予想される機能、またマニュアルに記載されている機能は、すべて実現されている。そして、これは確かに、日々のランニングにプラスになる。あなたがどれだけ速く走っているか分かるというのはいいことだ。ただし、数字というのはしばしば冷酷なものになるかもしれないが。しかしながら、Forerunner にはおかしなところがいくつかあるので、内部でいったいどんなことが起こっているのか、この製品はどれだけ正確なのか、調べてみたいと思った。

私は、物理的に固定された二つの地点間の道のりを、毎回同じ道筋をたどるように注意しながら何度か測定し、それを比較してみた。2つの異なる日に、正確に同じ道を走ったところ、測定結果は 6.73 マイルと 6.90 マイルとなった。およそ 2.5 パーセントの差異だ。約 1.5 マイルの周回コースで6回測ってみたところ、最大値から最小値までの範囲は 0.05 マイル(264 フィート)で、これは6回の測定値を平均したものの 3 パーセントほどにあたる。ほとんどの時間に比較的広い範囲の空が見渡せていて、張り出した枝におおわれた細道が全体の5分の1もないような条件では、たいていこの程度の精度になるようだ。

Forerunner は GPS 信号が弱くなると悲しげなビープ音を奏でるが、私はこの音をときどき耳にする。こういうときには、道のりの測定がずっと不安定になる。高く密生した生け垣に沿った小道で、木がしばしば覆いかぶさっているような場合、およそ 0.7 マイルの区間を4回測ってみると、測定値の範囲は 22パーセントと桁外れになってしまう。

決定的な精度テストをしてみたいと思った私は、Forerunner を近くの 400メートルトラックに持ち出してみた。その土地は平らで、この地域の中では開けており、近くに測定値に影響を与えるような高い建物はまったくなく、木もほとんどない。驚いたことに、精度は、私がそれまでに行ったテストよりも悪くなった。4周したときの測定値の範囲は 383 メートルから 425 メートルで、つまり 4 パーセントから 6 パーセントの誤差ということになる。

この結果について Garmin にたずねたところ、このようなテストでは、最初に衛星を確実に「見定める」必要があるそうだ。特に周回コースを走るときは、走る方向が変わるにつれて、この装置が異なる衛星を使って位置情報を更新しなければならないので、これが特に重要になる。私のテストでは、Forerunnerが衛星の初期位置をしっかり見据える時間がなかったのかもしれない。彼ら自身のテストでは、車輪式距離測定器で測ると 398 メートルの陸上トラックを14 周したところ、Forerunner の測定値は 393 メートルから 402 メートルで、平均誤差は 0.56 パーセントだった。

メイン画面に表示される現在の速度は、私が見ることの好きな測定値の1つだ。この数字は、普段はもっともらしいが、ときどき、必ずしも空がほとんど覆われているわけでもないのに、これといった理由もなしに、短い距離のあいだに大きく変わることがある。さらに、現在の走路での最高速度が、本当とは思えないほど速くなることがあるので、Forerunner がどれだけの長さの道のりについて速度を計算しているのか知りたく思う。計算の頻度やそのほか測定値の詳細については、Garmin は語ってくれなかった。

わが家の前に立って、ほぼ 180 度にわたって開けた空と海に面して南を向いたとき、高度の値は1秒ごとに1フィート近く変化し、30 フィートまでのあらゆる値を示した。Forerunner が高度を測定できるといっても、それを正確に測定するのは水平位置よりも難しいということを Garmin は認めている。だから、Forerunner は、高度の値が信頼できるほど安定していない限り、高度を計算に含めない。あるとき、私が家を出発して、急な坂道を息を切らせて登りながら区間を設定したところ、その区間での消費カロリーが 40 カロリーと表示され、帰り道に同じ区間を、はるかに速く、しかしはるかに楽に下ったときには、消費カロリーが 75 カロリーと表示されたことがあった。

他の製品 -- Garmin は Forerunner を3モデル生産している。101(店頭価格はおよそ 100 ドル)は二つの単4電池で動き、データを PC に転送することはできない。私が持っているのは 201(およそ 140 ドル)で、一回の充電で 15 時間使える充電池で動き、Garmin のウェブサイトから入手できるTraining Center ソフトウェアを使ってデータを転送できる。Training Center を使うと、PC(悲しいかな、Mac では動かない)上で、走路を地図上にたどったり、過去の走行についてより複雑な分析をしたりすることができる。Forerunner ファミリーの最新製品 301(250 ドル)の主な特徴はといえば、この製品にはチェスト・ストラップに取り付けられたセンサーがあって、時間や道のりに加えて心拍数も記録する。さらに CD が付属しており、これには、走路にそったあらゆる地点での心拍数を示したり、これまでの成績を評価し、それに基づいた将来のトレーニング・セッションを計画したりすることのできる、より洗練されたバージョンの Training Center が収められている。

まとめ -- 私が Garmin Forerunner を気に入っている主な理由は、この製品が私のランニングに新しいレベルの興味を加えてくれたということだ。人によっては、新しいレベルの挑戦を加えるということもできるだろう。私はゆっくり落ち着いた速度で走っているが、それでも、きっと走るのが少し速くなっただろうし、より計画的にペースを変えることができるようになった。だから、おそらく私は3ヶ月前と比べて少しやせただろう。Cornwall の環境でテストしたときに Forerunner が達成した精度は、私にとっては十分だ。ほかの、歩幅を一定に保たなければならないような距離測定器よりは、この製品の方が間違いなく好ましい。歩幅を一定に保つというのは、難しいということはおくとしても、私がはるか昔に習ったフィットネス・トレーニングの原理に反している。

私は Mac ユーザの1人として、Garmin のソフトウェアに、私が実際に使うことができるようなバージョンがあればうれしい。ただ、Garmin によれば、そのようなものを作る計画はないということだし、現実問題として、Forerunnerがすでに必要な情報をあらかた表示しているのだから、そのようなソフトウェアがあったとしても、私が頻繁に使うかどうかは分からない。毎朝、重要な数字を1つか2つスプレッドシートに打ち込むのは、たいした手間ではない。どうしてもほしいというなら、ほかの供給元から、Hiketeck(Mac 用)やMotionbased(Windows 用だが Mac 版も出る予定)など、走行データをアップロードして地図上に表示するソフトウェアを入手できる。

<http://www.hiketech.com/>
<http://www.motionbased.com/>

私にとって、Forerunner の主な欠点は、計算や分析に高度を盛り込むことができないということだ。Cornish の丘をあくせく登るのはとても大変で、その努力が認められないということに、私はちょっとだまされたような気分になってしまう。

[Paul Lightfoot は国際開発プロジェクトを専門とするフリーランスの記者兼コンサルタントだ。現在イギリス Cornwall を拠点としており、成人してからの人生のほとんどをアジアのあちこちで走るのに費やした。]

<http://homepage.mac.com/paullightfoot/>


Take Control ニュース/25-Jul-05

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

GarageBand 関係コンテンツとサマーセール -- Jeff Tolbert は私たちの Take Control 電子ブックに GarageBand 関係の本を2冊書いてくれたが、彼はこの大好きな Apple 製ミュージック・メーキングのプログラムについて人々に語りかけることに関してはとことん疲れ知らずのようだ。彼はまずこの2冊の電子ブックを GarageBand 2 に対応するようアップデートする作業を済ませてから、さらに続けて彼は電子ブックを書いた経験を生かしていろいろなウェブサイトに GarageBand についての記事を書き進めている。デジタル環境の中でクリエイティブな作業ができるよう、彼は右脳と左脳の働きを巧みに使い分けて説明を進めているので、GarageBand で曲を作る際にフレッシュな創造性を保ち続けたいと思う皆さんには、ぜひとも彼のこれらの文章を一読して頂きたいと思う。それから、Jeff の電子ブックをまだ購入しておられない方々のために、この 7 月の終わりまでの期間限定で 30% 割引セールを実施中だ。“Take Control of Making Music with GarageBand”と“Take Control of Recording with GarageBand”を両方購入すれば、その2冊と、さらには同時に購入する他の電子ブックもすべて、30% 割引となる。2冊のうちどちらかの電子ブックページの“Buy Both”ボタンを使えば、このセールが適用になる。

<http://www.takecontrolbooks.com/garageband-music.html>
<http://www.takecontrolbooks.com/garageband-recording.html>

<http://www.synthtopia.com/Articles/GaragebandTips2.html>

<http://www.macidol.com/tips/take_control_excerpt.php>

<http://www.macjams.com/article.php?story=20050306160702320>


TidBITS Talk/25-Jul-05 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバでの討論に繋がる。こちらの方が高速のはずだ。

ローエンドのモニタ -- 再生品の安価なモニタについて、フィードバックを知りたいという読者がいる。(メッセージ数 1)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2650>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/501/>

トレードショウの観衆 -- Boston での Macworld Expo 2005 について書いた Adam の記事から、他の Mac イベントにおける観衆についての議論が起こった。(メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2651>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/502/>

地域密着型の Macworld ショウ -- San Francisco と Boston のショウだけに集中する代わりに、より小規模で地域密着型の Macworld タイプのショウを多数開こうという考え方に対して、読者たちが議論する。(メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2652>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/503/>

PC Card の Ethernet サポート -- 自分の PowerBook に2回線の Ethernet 接続を必要とする読者がいるが、Mac OS X 10.4 Tiger では彼の既存のセットアップがサポートされなくなってしまった。メジャーなソフトウェアアップデートには付き物のことだが、これは彼だけが経験した問題ではなかった。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2654>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/505/>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA