TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#794/29-Aug-05

今週号にはさまざまの Mac 関係のニュースが揃った。Adam は iPod がある種の生物的侵攻(具体的にはミゾヒメアリの侵攻)を受けたことを報告する。また Adam は新しいオープンソースのドライバを使って Mac に USB-to-Ethernet アダプタを追加する方法についても語る。Mark Anbinder は Google Talk について簡潔に概観し、Jeff Carlson は先週号の Mac で新学期の記事の続きとして学生用にソフトウェアをいくつか推薦する。Glenn Fleishman は、アップグレード版の Tiger で AirPort のネットワーク選択リストで起こる問題を解決し、また Flash ベースの広告を排除するための Flashblock に目を向ける。ニュースの部では、Safari のアップデート、FileMaker Pro 8、第2回の Mac Networkers Retreat、それに Math+Magic の DealBITS 抽選についてお知らせする。

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/29-Aug-05

Panther と Tiger 用 Safari がアップデート -- Apple は Safari ウェブブラウザのアップデートをリリースした。同社は、サードパーティのウェブアプリケーションへのサポートを改善し、Safari を安定させ、ウェブサイトとの互換性を高めたと言っている。私たちとしては、もっと詳細な情報を提供したいのだが、Apple のリリースノートは(いつものことだが)情けないほど簡潔なものだ。しかし、同社はSafari アップデートを 2 種類リリースした。一つは Mac OS X 10.4. 2 Tiger ユーザ用の Safari Update 2.0.1(4.5 MB)で、もう一方は、Mac OS X 10.3.9 Panther ユーザ用の Safari Update 1.3.1(3.8 MB)だ。(それぞれに適したソフトウェアがソフトウェア・アップデート経由で利用できる。)詳細は分からないものの、Apple が Tiger でのものと同様に Panther の Safari エンジンに重要なアップデートを施すことについて、少なくともしばらくのあいだ意を注いでいることを目にするのは素晴らしいことだ。[GD](笠原)

<http://www.apple.com/support/downloads/safariupdate131.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Safari Update 1.3.1
<http://www.apple.com/support/downloads/safariupdate201.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Safari Update 2.0.1

FileMaker 8 が機能を追加。ファイルフォーマットは維持 -- FileMaker, Inc. は、今日、同社の旗艦デスクトップデータベースソフトの最新版となる FileMaker 8 を披露した。古くからの FileMaker ユーザは、FileMaker 8 のファイルが FileMaker 7 と下位互換を保っていることを知って喜ぶだろう。FileMaker 7 は同社の伝統を誇る製品に対する最近のメジャーオーバーホールだった(TidBITS-721の William Porter のレビュー参照)。彼らは、FileMaker 8 がビルトインの PDF と Excel ワークシートへのエクスポート機能を備えていることにも喜ぶだろう。これは、Excel や他のアプリケーションとデータをやり取りしたり、FileMaker のデータを使って電子書類を作ったりするのを楽にしてくれる。他の新しい機能としては、自動補完データ入力、ビジュアル・スペルチェッカ、ビルトイン電子メールでカスタマイズしたメッセージを送信するためのメールマージ機能、日付情報入力のためのカレンダードロップダウン、マウスホイールのサポート、データベースのリレーションをビジュアルに表すグラフ、レイアウトでタブパネルを管理するビルトインツールがある。FileMaker Pro 8 は $300 で、FileMaker 6 と 7 のユーザは $180 でアップグレードが利用できる。

<http://www.filemaker.com/products/fmp/> (日本語)FileMaker
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07587>(日本語)FileMaker Pro 7: パラダイム・シフトってわかる?

FileMaker Pro 8 は FileMaker Developer Edition にも変更を加えており、自分のデータベースを作り上げることができるくらいに精通はしているが、自らを開発者とは見ていないようなユーザにアピールするよう、FileMaker Pro 8 Advanced に改名された。FileMaker Pro 8 Advanced では、データベースの構築者が、スタンドアロンのアプリケーションやキオスクを作ったり、メニューをカスタマイズすることもできる。「新しい機能には、フレキシブルツールチップ、拡張スクリプトデバッガ(データビューワを備え、スクリプトの一つ一つのステップについて実行を停止してテストすることができる)や、データベースとフィールド定義の全体像を表現する拡張データベースデザインレポートが含まれる。FileMaker Pro 8 Advanced は $500 で、FileMaker Developer 6 又は 7 のユーザは $300 でアップグレードできる。その他の FileMaker 8 製品、FileMaker Mobile 8、Server 8、Server Advanced 8 は年末までに公開される予定だ。 [GD](笠原)

<http://www.filemaker.com/products/fmpa/>

第二回 Mac Networkers Retreat 近づく -- Macworld Expo in Boston は縮小し、ADHOC/MacHack はもう行われないだろう。しかし、他の Macintosh イベントは続いている。10 月 30 日から 11 月 1 日にかけて、第二回の Mac Networkers Retreat は、Mac ネットワークとIT マネージャーが必要とする実世界の情報の提供を約束する。Mac OS X Tiger Server の高度な運営、AirPort(日本では AirMac)ネットワークの設計と管理、LDAP と Directory Service の実装、Mac OS X Server のサービスとセキュリティ、Mac Admin Beginners Bootcamp といった話題について、オンラインの情報源で習得できるものを凌ぐトレーニングがカンファレンスには求められているということを主催者が理解していることが特に素晴らしい。カンファレンスは、カリフォルニア州 Aptos の Seascape Resort(Monterey の近く)で開催され、30時間以上の講義が行われる。料金は、9 月 30 日以前なら $700 で、それ以降は $800 になる。これに関して、私が知っている唯一のデメリットとは。"DoS アタックについての話題を交換したり、無線ネットワークのトラフィックを実際にスニッフィングするのを楽しむのと同程度に、ハロウィーンをクールなネットワークギークと過ごすことはホントに恐ろしいことくらいだ。 [ACE](笠原)

<http://www.macretreats.com/mnr/>


DealBITS 抽選: MathMagic Personal Edition

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

大学生たちはキャンパスに戻り始めている。この時期こそ、新しいソフトウェアを検討するのに最適だ。科学や工学の分野の人で、論文やレポート、その他のために高品質の方程式を書き表わす必要がある場合はなおさらだ。昔は、方程式を書くのは時間のかかる困難な作業だった。それに、出力結果の方程式もまわりのテキストと同程度の見栄えに仕上がることは滅多になかったものだ。けれども MathMagic Personal Edition があれば、複雑な方程式を作って、それを TeX、EPS、GIF、JPEG、または PICT のフォーマットで書き出し、ワードプロセッサやプレゼンテーションプログラム、あるいはグラフィックスソフトウェアなどで使うことができる。MathMagic Personal Edition は Mac OS X、classic Mac OS、それに Windows で動作する。

<http://www.mathmagic.com/product/pe.html>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08124>(日本語)MathMagic が TidBITS のスポンサーに

今週の DealBITS 抽選では、MathMagic Personal Edition(2 年間の無料アップグレード付き)を5本、賞品にする。それぞれ定価 $119.95 相当の製品だ。幸運が足りずに当選から漏れた応募者にももれなく MathMagic の割引価格の資格が贈られるので、方程式を書く必要のある方はぜひ奮って下記リンクの DealBITS ページで応募して頂きたい。寄せられた情報のすべては TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。どうかご自分のスパムフィルターに注意されたい。当選したかどうかをお知らせする私のアドレスからのメールを、あなたに受け取って頂くのだから。また、もしもあなたが紹介して下さった方が当選すれば、紹介に対するお礼としてあなたの手にも同じ賞品が届くことになるのもお忘れなく。

<http://www.tidbits.com/dealbits/mathmagic/>
<http://www.tidbits.com/about/privacy.html> (日本語)TidBITS プライバシー規約

[訳注: 応募期間は 11:59 PM PDT, 04-Sep-2005 まで、つまり日本時間で 9 月 5 日(月曜日)の午後 4 時頃までとなっています。]


Google が IM の領域に乗り出す

文: Mark H. Anbinder <mha@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

誰もが知っているウェブ検索企業 Google は、1年半前に、無料の Gmailサービスで1ギガバイトの無期限電子メール保存容量を提供し、ウェブメール業界を震撼させたが、先週、無料の Google Talk サービスを発表し、インスタントメッセージングの領域に乗り出した。

<http://talk.google.com/>

Google Talk は、Jabber オープンソースコミュニティーが開発したオープン仕様 Extensible Messaging and Presence Protocol(XMPP)に基づいており、すべての Jabber 互換クライアントソフトウェアでテキストベースのインスタントメッセージングができるほか、公式の Google Talk ソフトウェアでは音声チャットができる。目下のところ、Google は、Windows 2000 と XP 用の Google Talk クライアントしかリリースしていないが、Mac と Linux のユーザのためにはサードパーティーの Jabber クライアントを紹介している。これらのプログラムを使って Google Talk ユーザとチャットする方法については、下記リンクのリストから、クライアント名をクリックしてほしい。

<http://www.xmpp.org/>
<http://www.google.com/talk/otherclients.html>

Apple が Mac OS X 10.4 Tiger とともにリリースした最新の iChat と、無料のマルチプロトコル・チャットクライアント Adium の両方が、Google Talkユーザとのテキストチャットを完全にサポートしている。もう1つ人気のある無料マルチプロトコル・チャットクライアント Fire は、バージョン 1.5.3で Google Talk に対応するが、執筆時点では、新規コンタクトの設定にバグがある。まもなくリリースされる Fire 1.5.4 では、Jabber に関する問題は残らず解決しているはずだ。現在のところ、Google Talk の音声チャット機能に対応した Mac のソリューションは存在しない。

<http://www.apple.com/ichat/>(日本語)アップル - iChat AV
<http://www.google.com/support/talk/bin/answer.py?answer=24076>
<http://www.adiumx.com/>
<http://www.google.com/support/talk/bin/answer.py?answer=24075>
<http://fire.sourceforge.net/>

Jabber Software Foundation をはじめ多くの人が指摘するように、Google Talk には、Jabber コンセプトの重要な特徴の1つである、サーバ間チャット機能が抜け落ちている。これは、異なるプライベート Jabber サーバを使っているユーザがお互いに通信できるという機能だ。Google は、サーバ間の相互接続についてもサポートすると約束しているが、今のところ、別の Jabberサーバを使っているユーザは、AIM ユーザと通信できないのと同じように、Google Talk ユーザとも通信できない。


Tiger に AirPort の優先するネットワークリストを追加

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

Mac OS X 10.4 Tiger には、さまざまな場所で Wi-Fi を使う人にとってうれしい機能が加わっている。優先するネットワーク、つまり以前に接続したことがあって、接続を切った後も覚えておくことを選択したネットワークすべてのリストを表示できるようになった。ある場所で、複数のネットワークが同時に利用可能であれば、ネットワークのリストを並べ替えておけば、Mac OS X に特定の順序で接続を試みさせることができる。

しかしながら、Tiger にアップグレードした人の多くが、「デフォルトで、次に参加する」ポップアップメニューで「優先するネットワーク」オプションを見ることができないでいる。(あなたのシステムにこの異常が発生しているかどうかを見るには、「ネットワーク」環境設定パネルを開き、「表示」ポップアップメニューから「AirMac」を選び、「デフォルトで、次に参加する」ポップアップメニューの中を見てみる。)Panther で設定した AirPort(日本では AirMac)ネットワークを使っていたら、Tiger にアップグレードすると、「優先するネットワーク」オプションは現れない。幸いなことに、この問題を回避することは可能で、現在の AirPort ネットワーク設定を削除して、新しい設定を作成すればよい。そのためには、「ネットワーク」環境設定パネルで、以下の手順に従う。

  1. 「表示」メニューから、「ネットワークポート設定」を選択する。
  2. AirPort ネットワークを選択して、「削除」をクリックする。
  3. AirPort 項目が残っていないことを確認する。Jeff Carlson と私が試したところ、最初の AirPort ポートを削除すると新しい設定が作成されたので、それも削除する必要があった。
  4. 「新規」をクリックして、ポップアップメニューから「AirMac」を選択する。
  5. ネットワークに名前をつける。「AirPort」以外ならどんな名前でもよいようだ。
  6. それが終わったら「OK」をクリックする。

これで、「表示」ポップアップメニューから、AirPort ネットワークを選択したとき、「デフォルトで、次に参加する」ポップアップメニューから、件の「優先するネットワーク」を選択することができるはずだ。


アリが iPod でニュージーランド侵攻

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

iPod は世界中に広がっている。そして、長年の読者 Frank Streeter が転送してくれた、PestNet ディスカッションリストに投稿された記事によると、とある好ましからぬ輩が、iPod を使って地球上を飛び回っているという。今回見つかった悪漢は、ミゾヒメアリ(Monomorium destructor)というアリだ。こいつらは、空港の免税店で売られていた iPod のパッケージに潜入し、フィジーからニュージーランドに帰国する途中の某氏がそれを購入した。しかし、彼は帰宅してすぐにそのアリを見つけ、当局の指示を仰ぎ、iPod をパッケージごと冷凍庫に入れて、アリを退治した。(この iPod のその後については記事に語られていないが、おそらく無事に解凍されたのだろう。)

彼の迅速な判断は、環境上、経済上、衛生上の重要事態から一国を救うこととなった。ミゾヒメアリは人を刺すことがあり、人体に特別危害を与えるということはないけれど、家屋やほかの建築物の中に大きなコロニーを形成するので、きわめてうっとうしい。さらに悪いことに、働きアリは貪欲に他種の昆虫を捕食し、布製品やある種のプラスチック製品、ゴム製品をかじって穴を開けることでも知られている。電線や電話線の絶縁ゴムをはがしてしまうことすらある。たかがアリといっても、こいつらはたちの悪いアリなのだ。

<http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/E/Taxo/F41102.html> (日本語)JAnt: ミゾヒメアリ (Monomorium destructor)の解説

私の友人であり、スミソニアン協会で昆虫学部門の議長を務める Ted Schultz は、ハキリアリの研究を専門としているが、この iPod に潜入したアリの話に興味をそそられた。彼が言うには、マイクロ波受信アンテナを台無しにしたアリがシンガポールから送られてきたことがあるという。ある種のアリは、未知の理由によって、電磁場に引き寄せられることが知られている。

<http://entomology.si.edu/>
<http://entomology.si.edu/Entomology/siants/search.lasso>

教訓: バグはソフトウェアの中にしかいないと思ったら大間違いだ。みなさんもお気をつけて、AirPort(日本では AirMac)ベースステーションには要注意!


Firefox に Flash ブロッカー

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

多くのサイトが、私のものを含め、運営するのに広告を必要とするということは認めよう。たとえば、私の Wi-Fi Networking News サイトにも、現在 Flash 広告がある。しかしながら、困ったことに、Flash 広告というのは、私が頼りにしているサイトにおいてですら、しばしばわずらわしく感じられる。いつまでも同じことを繰り返すし、目がつぶれそうな視覚効果も使われ、私の許可なく音を出したりもする(iTunes で音楽をかけていたり、iChat AV や Skype で VoIP を使っていたりするときは、ますますもってわずらわしい)。

<http://www.wifinetnews.com/>

私は Flash に手を下すことはできないので、私の Mac に手を下すことにして、Flashblock を使い始めた。これは Firefox のシンプルなプラグインで、Flash コンテンツを読み込むが、再生しないというものだ。再生する代わりに、Flash オブジェクトが占める位置に代替マークが表示され、そのマークの上にポインタを持ってゆくと、マークが再生ボタンに変わる。これによって、私は自分の望むものに集中することができるようになり、私の Mac から出てくる音や、私のウェブブラウザを、私の管理下に戻すことができる。

<http://flashblock.mozdev.org/>

Flashblock が人気を博することになれば、Internet Explorer(特に Windows 版)のユーザに対し、Firefox にスイッチするための理由が、もう1つ増えることになるだろう。さらに、Flash 広告の効果が減少することによって、広告主がほかの手段に移ることになるだろう。

そうなると、もう1つ必要だと思うのは、広告ブロッカーをすり抜ける、JavaScript ベースの比較的新しいポップアップ広告をブロックするツールだ。この手の広告は、ポップアップスクリプトの各部を、JavaScript を使って書いているので、その場でポップアップ広告だと判断するのが難しい。ウェブブラウザがこれをブロックするかどうか決めるには、まずサンドボックスでスクリプトを走らせてみて、その出力を解析する必要があるだろう。

より一般的に言うと、私が悩ましいと思うことは、広告というものが、広告主と消費者のあいだで、ますます無意味になる戦いが繰り広げられる、軍拡競争となっているということだ。ここでは、広告主は、テレビで次の番組の宣伝が現在流れている番組の画面の 1/8 を占領するのと同じようなあくどい方法で、ユーザの領域を侵犯する権限を持っていると思っている一方、消費者側は、技術を駆使して広告を完全に抑圧することに、何の良心の呵責も感じていない。

あの手この手の、押し付けがましく攻撃的な広告キャンペーンが、初めのうちは大きな効果を生んだとしても、読者と戦うなんてことは、長い目で見れば、広告主の利益にはならない。Google の巨万の利益は、そのほとんどが、整然としたテキスト広告からもたらされているということを忘れてはならない。広告主たちは、本位とすべきテキスト広告よりも大きな効果を得ようと戦っているが、サーファーたちが広告をブロックしてしまえば、それは負け戦となるのだ。


Mac に USB Ethernet アダプタを

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

Mac mini や iBook、iMac に2つ目の Ethernet カードを追加し、ルータやファイアウォール、帯域制御装置として使いたいと思ったら、あなたならどうするだろうか。あるいは、これらの Mac で、内蔵 Ethernet チップが焼け焦げてしまったらどうするだろうか。Power Mac であれば、安価な PCI Ethernet カードを購入し、たいした騒ぎも起こさずに取り付けて動かすことができる(私の Power Mac G4 が雷の一撃を受けたときもそうだった。TidBITS-737_ の "Power MacにEthernetを追加する" 参照)。しかし、Apple のコンシューマ向け Mac では、性能は十分だし、そのほかにも実用マシンとして使うのに適した特性がいろいろ(騒音が少ないことなど)あるのだが、Ethernet の追加は厄介な問題となる。場合によっては、これらの Mac の AirPort(日本では AirMac)カードを2つ目の Ethernet インターフェースとして使うこともできるが、AirPort は Ethernet ほど速くないし、Airport ネットワークはサーバとして稼動するマシンで使うほど安定してはいない。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07737>(日本語)Power MacにEthernetを追加する

それよりよい解決策は、USB Ethernet アダプタを使うことだ。これは安価で(およそ 25 ドルから 40 ドル)、Linksys、D-Link、Netgear などのメーカーからすでに発売されている。しかし、Mac OS X にはこれらのアダプタのドライバが含まれておらず、当該メーカーにしても、Mac びいきの会社というわけではない。Macintosh ネットワークデベロッパの Sustainable Softworks に勤める Peter Sichel のおかげで、これらの会社の USB Ethernet アダプタを Mac で動かすことができる。

<http://www.sustworks.com/>

しばらく前のことだが、Peter 自身が、iBook に2つ目の Ethernet カードを追加しようとしていた。しかし、彼が調べたところ、彼の状況で彼の望みどおり動くドライバは、Daniel Sumorok が Mac OS X 10.3 Panther 用に書いたオープンソースのドライバだけだということが分かった。Daniel のドライバは、残念ながら、最大速度が 12 Mbps しかない USB 1.1 機器でしか動かなかった。12 Mbps というのは、大まかに言って 10Base-T Ethernet の 10 Mbps と同等だが、同じ USB バスに、マウスやキーボードのような低速機器があると、USB 1.1 の速度は 1.5 Mbps に低下してしまう。この動作水準は、標準的なブロードバンド接続でインターネットに接続する場合なら許容範囲かもしれないが、ローカルネットワークとして使うのには不十分だ。幸いなことに、USB 2.0(最大速度は 480 Mbps)を使う USB Ethernet アダプタもあって、これなら 100Base-T Ethernet の速度にもついてゆけるが、Daniel のドライバはこれらの機器をサポートしていなかった。

Peter は Daniel に連絡を取り、Daniel のもともとのドライバを USB 2.0 機器でも使えるようにするのを手伝いたいと申し出た。Daniel はこのプロジェクトに乗り気だったが、テスト用のハードウェアとソフトウェアがないと答えた。そこで Peter が必要なリソースを提供し、テストに協力し、Tiger のために必要な変更箇所が明らかになると、ポーティングにも協力した。数ヶ月の努力の結果、Peter と Daniel は2つのドライバを手にすることができた。1つは USB 1.1 Ethernet アダプタ用、もう1つは USB 2.0 Ethernet アダプタ用で、どちらも Panter と Tiger の両方に対応している。また、どちらも無料のオープンソースで、GPL ライセンスの下にリリースされているから、ソースコードも一緒にダウンロードできる。下記にリンクしたページから、これらのドライバについて詳しく知ることができ、またダウンロードもできる。

<http://www.sustworks.com/site/news_usb_ethernet.html>


新学期用ソフトウェア

文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週、私は自分が大学の新入生になったと想像しつつ、新学期に学校に持って行くべき Mac 関係のギアをいくつか推薦する記事を書いた。(TidBITS-793 の記事“Mac で 2005 年度新学期”を参照。)たぶん私がピカピカしたエレクトロニクスのおもちゃを大好きなせいだろうか、私の記事は、iBook G4 から携帯電話やハンドヘルドのオーガナイザに至るまで、すべてハードウェアのみに焦点をあてたものになってしまった。そこで今週は、何通か頂いた電子メールにお答えする意味からも、そうしたクールなハードウェアの上で走らせるべきソフトウェアについて、いくつかのものを紹介してみたいと思う。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08216> (日本語)Mac で 2005 年度新学期

個々のソフトウェアタイトルの説明に入る前に、先週の記事のいくつかの点について、読者の皆さんから頂いたフォローアップを少し紹介させて頂きたい。

まず、安価なインクジェットプリンタを買う必要がある、と私は書いた。レポートの締切りが迫っている時に共用プリンタの前に並ぶのは大変だから、というのが理由だった。この点について、Ted Lomatski からこんな指摘があった。「インクジェットは良くないと思う。特に大量の紙に印刷しなければならない学生にとっては。(もっとも、私が学生の頃とは状況が違ってしまったというのなら話は別だが!)インクカートリッジは値段が高いので、全然話にならない。私のお勧めは、新品の HP LaserJet を買うことだ。これならカートリッジはほぼ間違いなく一年間はもつだろう。そうすれば結局長い目で見れば安くつくことになる。それに、HP のカートリッジは他のメーカー品とは違ってそれほど大きく値上がりしたりもしないようだから。」

David Nicholson は、私が完全に見落としていた重要な機器について指摘してくれた。USB フラッシュドライブだ。(ペンドライブあるいはキーチェーンドライブと呼ばれることもある。)「つまり、ネットワークで繋がっていないのでスニーカーを履いて持ち運ぶ必要がある時(いわゆる“sneakernet”)のためだ。」手軽に持ち運べる保存媒体のベストの形として、フロッピーディスクに代わってすっかり定着した感のあるフラッシュドライブは、導入当時と比べて大幅に容量も大きく、しかも価格も安くなってきている。例えば、ちょっと今日 dealram.com で調べたところでは 1 GB の USB 2.0 フラッシュドライブがおよそ $55 で手に入る。TidBITS スポンサーの Small Dog Electronics でも標準より良いデザインの USB フラッシュドライブを扱っているし、それにもちろん、iPod shuffle がフラッシュドライブとして兼用できること、またハードドライブベースの iPod が外部保存機器として使えることも忘れてはならない。

<http://dealram.com/prices/37/1GB.html>
<http://www.smalldog.com/product/33896>
<http://www.apple.com/ipodshuffle/>(日本語)アップル - iPod shuffle

私は去年、ついに自分でフラッシュドライブを買うことにした。これは私がキャンピングの旅をしながら Macworld の記事を書かなければならなかった時がきっかけだった。(この時私はラップトップのバッテリについての記事を書いていて、電源の入手できない場所でテストをしていた。)もちろんキャンプサイトには電話もインターネットアクセスもなかったが、近所の森林警備隊の建物には驚いたことに二台の PC があって、何と T1 ラインで接続されていたのだった! もしもその時私がフラッシュドライブを持ってさえいたら、Word ファイルをそこにコピーしてから、それを PC の USB ポートに差し込むことができただろう。でも実際は、私は PC をネットワークから外して、そのインターネット設定を私の PowerBook にコピーし、それから私のマシンを Ethernet で接続する、という手間を掛けたのだった。あれは、思い描いていた快適なアウトドアの体験とはとても言えなかった。

<http://www.macworld.com/2004/10/secrets/novmobilemac/>
<http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B0001FV3AK/tidbitselectro00/ref=nosim>

最後にもう一つ、Forrest Snyder から、コンピュータ用に AppleCare を購入するのをせずに済ます(あるいは追加の保証とする)方法として、いくつかのクレジットカード会社ではその会社のカードで購入した商品を対象に保証期間延長サービスを提供しているという情報が寄せられた。あなたのお持ちのカードにこの種のサービスが付いているかどうかは、カードのサービス規約の細かい文字の説明をよく読めば分かるだろう。

さて、それではソフトウェアの話に移ろう!

ワードプロセッサ -- これは避けて通ることができない。学生は文章を書く。それも大量にだ。シンプルな文章を書くためだけには大げさに思えることも多いが、やはりこの分野でのソフトウェアの王様と言えば Microsoft Word だ。Microsoft では Microsoft Office 2004 の Student and Teacher 版を $150 で売っている。これには Excel、PowerPoint、それに Entourage も含まれており、標準価格で Word だけを買う場合の $240 よりも安くなる。(ただし、従来版の Word からアップグレードする場合は別で、その場合は $110 だ。)(TidBITS-734の記事“新たなる言葉ありき! Word 2004”を参照。)

<http://www.microsoft.com/mac/products/office2004/office2004.aspx?pid=office2004>(日本語)Mactopia Japan : Office 2004 for Mac
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07715>(日本語)新たなる言葉ありき! Word 2004

もしもあなたが最近コンシューマ・レベルの Mac(iMac、iBook、あるいは eMac)を購入したのならば、そこに付属の AppleWorks 6 ソフトウェアを使うこともできる。これはページレイアウト、グラフィックス、データベース、それにプレゼンテーションの機能を含んだスイートで、Microsoft Office ファイルフォーマットを読み込む機能もある。正直に言うと私はもう何年もの間 AppleWorks を使ったことがないので、これがどの程度うまく働くのかは知らない。ただ、学生に必要な基本的機能はちゃんと揃っているようだ。

<http://www.apple.com/appleworks/>(日本語)アップル - AppleWorks

Apple から出ているもっとモダンな製品、iWork '05 には、ビジュアルにフレンドリーに出来た Pages が含まれている。これはワードプロセッサとページレイアウトを一つに組み合わせたアプリケーションだ。( TidBITS-762 の記事“iWork、新しい iLife とともに登場”を参照。)私はまだあまり Pages を使う機会がなかった。特に学期末レポートのような長文の書類を編集するのに使ったことはない。ただ、見たところそういう能力も充分にあるようだし、また iLife '05 の他のコンポーネントともうまく連携しているようだ。これは、例えば写真やイラストなど、ビジュアルな補助情報を書類に組み込もうとする時などに特に便利だろう。また、書類を Microsoft Word フォーマットに書き出すこともできる。たぶんほとんどの教授は Word を使っているのだろうし、多くのキャンパスではインターネットアクセスが普通に使えることを考えれば、レポートを電子的に提出することもあり得るだろうから、これはとても重要な機能と言える。

<http://www.apple.com/iwork/pages/>(日本語)アップル - iWork - Pages
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07955> (日本語)iWork、新しい iLife とともに登場

iWork '05 には、プレゼンテーションを作るための Keynote 2.0 も含まれている。私の経験ではこちらの方が PowerPoint よりも使い勝手が楽しくてフラストレーションも少ないと思う。iWork '05 の標準販売価格は $80 だが、Apple の教育用割引価格では $50 となる。

<http://www.apple.com/iwork/keynote/>(日本語)アップル - iWork - Keynote
<http://www.apple.com/education/store/>(日本語)The Apple Store

でも、すべての人が Word や Pages のような賑やかな機能を必要としている訳ではない。もしシンプルなテキストエディタが欲しいのならば、Bare Bones Software から無料で出ている TextWrangler を使えば間違いない。それよりもっと強力なテキスト処理能力が必要だというならば(例えばウェブデザインとかプログラミングなどを習っているのならば)BBEdit に格上げしてもよい。これは Bare Bones から学生用割引価格の $50 で買える。

<http://www.barebones.com/products/textwrangler/>
<http://www.barebones.com/products/bbedit/>
<http://www.barebones.com/store/academic.shtml>

最後に、やはり OpenOffice.org についても触れておくべきだろう。これは Office タイプのアプリケーションを集めた無料のスイートで、Mac OS X の下では X11 ウィンドウイングシステムの中で動作する。私はこれを使ったことがないので、どれだけうまく働くのかは知らない。

<http://www.openoffice.org/>(日本語)OpenOffice

調査と整理 -- 学校での勉強の基本的なパターンは、多くの場合、たくさんの情報を集めておいて、それから(こちらの方がより重要だが)必要な時に必要な情報を一ケ所に集めることができるかどうか、という点にかかっている。Mac 用のいくつかのプログラムがこの目的にトライしようとしており、それぞれにその成功の度合もさまざまだ。幸い、Matt Neuburg が究極の情報キーパーツールを求めて絶え間なく調査を続けてくれており、その結果として TidBITS はこの分野のレビューの貯えとしてはおそらく他に類を見ない充実度を誇っていると言えるだろう。この「あなたのテキストを征服する」シリーズにまずは一通り目を通してみて頂きたい。Tinderbox、DEVONthink、あるいは NoteTaker といったような、そうそうたるプログラムが含まれている。また、文献引用のためのプログラムが必要ならば、TidBITS-514 の記事“最良の脚注の友:Papyrus 8.0.7”を読めば参考になるだろう。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1196>
(日本語)
WebArranger は Web よりも使える
復活: Helix の逆襲
それはキーパー(Idea Keeper だ、それは)
Boswell:テキスト保管庫
断片情報キーパーをあと3つ
Tinderbox でハートに火を点けて
デジタル下駄箱: iData Pro X 1.0.5
NoteTaker でテイク・ノオト
Hog Bay Notebook でグイッと行こう
DEVONthink は考える、あなたのために
よく使い込んだ NoteBook
TAO は上げ相場
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=05781> (日本語)最良の脚注の友:Papyrus 8.0.7

私自身は、TidBITS-745 で Adam のレビュー記事“よく使い込んだ NoteBook”を読んで以来、Circus Ponies NoteBook を使い始めるようになった。私が現在取り組んでいるいくつかのプロジェクトそれぞれについて、いろいろなメモや締切り情報などを集中管理する場所として便利に使っている。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07739> (日本語)よく使い込んだ NoteBook
<http://www.circusponies.com/>

もちろん、あなたのソフトウェアコレクションの中で最もよく使うツールといえばウェブブラウザだろう。Wikipedia にアクセスするにしても、最新のイベントを調べるにしても、ウェブブラウザなしには済まされない。Adam は OmniWeb がお気に入りのようだ。(TidBITS-742の記事“パワフルなウェブブラウザ: OmniWeb 5.0”を参照。)でも私は Safari のシンプルさの方が好きだ。ウェブページの情報を後々のため保存しておきたい時には、ページダウンロードのユーティリティ、Webstractor が役に立つだろう。( TidBITS-737 の記事“Webstractor はとにかく素晴しい”を参照。)

<http://www.wikipedia.org/>(日本語)メインページ - Wikipedia
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07775> (日本語)パワフルなウェブブラウザ: OmniWeb 5.0
<http://www.apple.com/macosx/features/safari/>(日本語)アップル - Mac OS X - Safari RSS
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07739>(日本語)Webstractor はとにかく素晴しい

会計ソフトウェア -- 大学の学生というのは最小限の収入をやり繰りして何とか生活を維持して行く人たちが一般的だが、例えば Quicken とか Moneydance のようなプログラムを持っていれば、どれだけお金を使ったかを追跡できて役に立つだろう。( TidBITS-775 の記事“Moneydance で税申告の負担を楽に”を参照。)多くの学生たちにとって、大学への入学は財政的独立の第一歩を意味しているのだし、ことに今どきの学生たちの多くはクレジットカードを携えて学校にやって来るようになったのだから。これは断言しておきたいが、うっかりとクレジットカードの支払い請求書を見逃すなんてことは、絶対にしてはダメだからね!

<http://www.quicken.com/>
<http://www.moneydance.com/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08059/>(日本語)Moneydance で税申告の負担を楽に

学生としてお金を稼ぎ始めるようになれば、税務署もあなたからの分け前をちゃんと要求し始めることになる。少なくともアメリカ合衆国においては、Mac 用の税金管理ソフトウェアといえば Intuit の TurboTax が一番の選択肢だろう。Intuit からはオンライン版の TurboTax も出ており、これはウェブブラウザを通じて使うことができる。

<http://www.turbotax.com/>

ヴァーチャルなる学問の殿堂 -- ここまで書いてきたことは、広く一般的な目的に使える表面的なものたちだけを書き並べたに過ぎないことは承知している。願わくば、これを最初の踏み台として、皆さんそれぞれの目的のために進む第一歩として頂きたい。個々の学問の専門分野、例えば科学とかブロードキャスト・ビデオといったものそれぞれに向いたソフトウェアについて触れるのは、あえて避けておいた。なぜなら、そういうものは担当の教授たちがそれぞれの目的に合わせて特定のソフトウェアを必要とするのが普通だからだ。Apple の higher-education ウェブページには、いろいろの一般的なカテゴリーに分類して、多数のプログラムが(サードパーティのソフトウェアも含んで)紹介されている。

<http://www.apple.com/education/hed/>(日本語)アップル - 教育 - Students

また、TidBITS アーカイブを検索して頂ければ、何年にもわたって私たちが便利だと思ったさまざまのユーティリティが、大きなものも小さなものも、いろいろと見つかることだろう。

<http://www.tidbits.com/search/>


TidBITS Talk/29-Aug-05 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバでの討論に繋がる。こちらの方が高速のはずだ。

iChat とペアレンタルコントロール -- iChat のメンバーリストを制限したいという読者がいる。でもチャットの相手を制限するこの制御機能を Tiger の下でオンにすると、ローカルネットワークで Bonjour メッセージング機能が使えなくなってしまう。(メッセージ数 1)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2678>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/532/>

Mac で 2005 年度新学期 -- 大学の新学期のために Mac 関係の装備を購入するという Jeff Carlson の記事への反応、特に製品の保証についての情報や、追加の情報などが集まった。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2679>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/533/>

DEVONthink Professional -- この多機能なデータベースプログラムの中で検索するのはどの程度易しいのだろうか? 読者たちがいろいろな回答や意見を寄せる。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2680>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/534/>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA