TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#809/12-Dec-05

Charles Maurer が再登場して、認知法と絵画の知識を武器に、デジタルカメラでどうすればフィルムカメラよりも自然な写真が作り出せるかについて詳細な議論を展開する。Mark Anbinder は iTunes Music Store に NBC テレビの番組が登場したことを報告し、Glenn Fleishman は Tiger ユーザー用に新しい Wi-Fi ドライバのオプションが生まれたというニュースをお届けする。また、アップデートのお知らせとして、Firefox、Firefox の Flashblock 拡張、SETI@home、Prograph プログラミング言語、それに“Take Control of Mac OS X Backups”がある。

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/12-Dec-05

Firefox 1.5 がリリースされた -- Mozilla Corporation は人気の Mac、Windows、Linux 用オープンソースウェブブラウザの最新版、Firefox 1.5 をリリースした。重要な新機能は、ソフトウェアの自動更新、ナビゲーションの改善、ドラッグ&ドロップによるタブの並び替え、ポップアップブロックの改良、ワンアクションでのプライベートデータ消去、より詳細なエラーページ、自動的な RSS 検知、より良いアクセシビリティ、壊れたウェブサイトをレポートするためのウィザード、Mac OS Xサポートの強化(Safari と Internet Explorer からのプロファイルの取り込みも含む)、さらに多数のセキュリティ強化を含んでいる。Firefox 1.5 は Mac OS X 10.2 以降が必要で、9.4 MB のダウンロードだ。

<http://www.mozilla.com/firefox/>(日本語)Firefox - Web の再発見

皮肉なことに、私が TidBITS-807 でシンプルになったインストールについて書いた後に、Firefox のディスクイメージは混乱を招くようなグラフィカルインストラクションだけを提供するようになってしまった。矢印が Firefox アイコンからグレーアウトされた小さな Firefox アイコンへと伸びている。この矢印には Mac らしくないポインタがあり + マークが付いていることから考えておそらくドラッグすることを表しているのだろう。さらに、その矢印はこれまたグレーアウトされたアプリケーションフォルダのようなアイコンへと達している。残念ながら、それはただの説明であって、アプリケーションフォルダーはシンボリックリンクではなくただの絵だ。しかも、どうすべきかを明確にする文字による説明はない。ディスクイメージから Firefox を起動するのではなく Firefox パッケージをコピーしなければならないことを分からない人がいることを私はすでに聞いている。さらに悪いことに、Firefox のウェブサイトの説明には、「ダウンロードしたディスクイメージ (Firefox 1.5.dmg) をダブルクリックして Finder で開き、Firefox アプリケーションをハードディスクにドラッグしてください。Dock に追加したい場合は、アイコンを Dock にドラッグしてください。」とある。ディスクイメージの Firefox アイコンをアプリケーションフォルダにコピーした後でそのコピーした Firefox アイコンを Dock にドラッグするのではなく、それをディスクイメージから直接 Dock にドラッグしてしまう人がいるに違いない。このインストール方法自体は決して難しいことではないだろう。しかし、だからといってより簡単にしないようにする理由などありはしない。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08346>(日本語)アプリケーションのより良いインストール方法

対照的に、このインストールテクニックを使っていて賞賛に値するアプリケーションもある。Jim Matthews の Fetch (もちろん!)、James Thomson の PCalc、Frank Reiff の A Better Finder Rename だ。そして、Rainer Brockerhoff には、彼の XRay ユーティリティで 2003 年からこのテクニックを使っていることについてエクストラポイントを捧げたい。いくつかのディスクイメージは、ユーザが Finder の環境設定で、グラフィカルやテキストのヘルプを表示しないようにするために、「新規ウインドウをカラム表示で開く」にしているときにはアイコン表示を強制しない。私は、全てのシチュエーションでアイコン表示をどのように強制するのか分からない。 [ACE](笠原)

<http://www.fetchsoftworks.com/>
<http://www.pcalc.com/>
<http://www.publicspace.net/ABetterFinderRename/>
<http://www.brockerhoff.net/xray/>

SETI@home が BOINC クライアントに移行 -- 私と同じように、きっとあなたも普段 SETI@home クライアントにあまり注意を払っておられないだろう。地球外の生命を探るために、あなたのマシンの CPU サイクルの一部を使ってもらいたい、ということでクライアントをあなたのマシンで走らせていたとしてもだ。でも最近、TidBITS SETI チームの主要メンバーの一人である Jim Carr が、旧来の SETI@home クライアントが 2005 年 12 月 15 日をもって終了となり、空いた CPU サイクルを引き続き寄付してもよいという人はすべて、新しい BOINC (Berkeley Open Infrastructure for Network Computing) クライアント(これは SETI@home だけでなくさまざまの他の分散コンピューティングのプロジェクトもサポートしている)に移行しなければならなくなった、と知らせてくれた。SETI@home ページを見れば、最新の BOINC クライアントをダウンロードしてあなたのアカウント情報をリクエストするために必要な手順の説明が書いてある。残念ながら、これはちょっと面倒な作業になる。私の場合、BOINC に SETI@home プロジェクトを認識させることができなかった。でも、その際のエラーメッセージで一時的なサーバの問題と表示されていた(それに SETI@home のニュースページにもそのことが触れられていた)ので、移行の前にもうしばらく待ってみるのが良いような気がする。時々 SETI@home サイトをチェックして技術的問題が解決されたかどうか調べるか、TidBITS で新しい情報をお知らせするまで待つかして頂ければと思う。SETI@home プロジェクトについては知らなかったけれどもその TidBITS チームに加わってみたいと思われる方は、下記の3つ目のリンクを開いて、そこで Join を一回クリックして頂きたい。[ACE](永田)

<http://setiathome.berkeley.edu/>
<http://boinc.berkeley.edu/>
<http://setiathome.berkeley.edu/team_display.php?teamid=30293>

DealBITS 抽選:GarageSale の当選者 -- 先週の DealBITS 抽選で当選し、iwascoding.com の GarageSale 1.9 を受け取ることになったのは、gmail.com の Doug Breckenridge と rcn.com の Peter Pinch と hyperinfo.ca の Simon Sunatori だ。おめでとう!残念ながら当選しなかった皆さんも、2005 年 12 月 22 日までの期間、下の三つ目のリンクから注文すれば GarageSale が 20% 割引になる。この割引は TidBITS 読者の皆さんすべてに提供されている。もしあなたが来月の Macworld Expo in San Francisco に行くつもりなら、ブース 948 で iwascoding.com と GarageSale を見つけることができるだろう。612 人の応募者に感謝したい。そして、今後の DealBITS 抽選もお楽しみに! [ACE] (笠原)

<http://www.iwascoding.com/GarageSale/>
<http://www.tidbits.com/dealbits/iwascoding2/>
<http://order.kagi.com/?3W91&lang=en>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08344>(日本語)DealBITS 抽選: GarageSale 1.9


DealBITS 抽選: Classic Solitaire

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

Solitaire カードゲームは長いあいだコンピュータゲームの中心であり続けてきた。特に、流血もののファーストパーソン・シューティングが嫌いな人にとっては特にそうだった。もしあなたが、Mac 版の Solitaire を探しているなら、dogMelon の Classic Solitaire を試してみる価値はある。これには、プロが絵をデザインしたカードと 20 種類の Solitaire ゲーム、そして Idiot's Delight や La Grande Imperiale といったゲームを聞いたこともないような我々にとって最も重要なことだが、オンラインヘルプにそれぞれのゲームのルール解説がある。

<http://www.dogmelon.com.au/sol/Mac_Solitaire.shtml>

今週の DealBITS 抽選では、$29.95 相当の Classic Solitaire を 5 本賞品にする。幸運が足りずに当選から漏れた応募者にも Classic Solitaire の割引価格の資格が贈られるので、ぜひ奮って下記リンクの DealBITS ページで応募して頂きたい。寄せられた情報のすべては TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。どうかご自分のスパムフィルターに注意されたい。当選したかどうかをお知らせする私のアドレスからのメールを、あなたに受け取って頂くのだから。また、もしもあなたがこの抽選を紹介して下さった方が当選すれば、紹介に対するお礼としてあなたの手にも同じ賞品が届くことになるのもお忘れなく。

<http://www.tidbits.com/dealbits/classic-solitaire/>
<http://www.tidbits.com/about/privacy.html>(日本語)TidBITS プライバシー規約


Prograph を逆に綴ると Marten に

文: Matt Neuburg <matt@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Prograph が復活した! おそらく、これがわくわくするニュースだと感じるのはよほどひねくれたプログラミングマニアだけかもしれないが、個人的に私はプログラミングに関心のある人ならば _誰でも_、初心者から老練なベテランまで、気にかけておくべきものだと思う。Prograph はビジュアルかつダイナミックな、オブジェクト指向の素晴らしいプログラミング言語だ。何行にもわたるテキストのコードを書く代わりに、Prograph ではデータの流れをあなたがどうしたいかを示す図式を描けばよい。1996 年に私がレビュー記事を書いて以来(TidBITS-312 の記事“Prographを使ってみよう”を参照)ほどなく、Prograph はぶどうの枝の上でしおれ始め、その後 Mac OS X が登場した頃には私もこれを再び使う日が来るという希望をすっかり捨て去ってしまっていた。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=01160>(日本語)Prographを使ってみよう
<http://en.wikipedia.org/wiki/Prograph>

けれども実は、しおれてしまったのは Pictorius 社の製品、Prograph CPX だけだった。プログラミング言語としての Prograph 自体はアイデアであり、アイデアというものは無料だ。私の知らないうちに、どこかぶどうの香りのする開発者たちが、Prograph 言語と Prograph CPX 環境とをリバース・エンジニアで解析し、Prograph を BeOS で使えるようにしようという目的で働いていたのだった。その後 BeOS が死に絶えた時、彼らの仕事は Mac OS X へと移植され、今回 Marten という名前で売り出されることになった。

<http://andescotia.com/products/marten/>

私はまだ Marten を試していないし、これがどの程度うまく、またどの程度簡単に、Mac OS X 上でネイティブらしく見えるアプリケーションを生み出すために使えるのかは全然知らないが、聞くところによれば Marten のエディタはそれ自身 Marten によって書かれているのだという。これは確かに本物のようだ。それに、たとえこれがすぐに凄腕のアプリケーションを作り出すことができなかったとしても、プログラミングのタスクを Prograph 言語と Prograph 環境の下で表現できる日が来たのだと考えるだけで、物凄く喜ばしくて教育的興奮を覚えるものであり、私のようにこれを思い焦がれ続けてきた者にとっては、今すぐ喜んで $65 の値段を払って使ってみたいと思わざるを得ない。


NBC Universal が iTunes にさらに番組を提供

文: Mark H. Anbinder <mha@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

Apple がビデオ対応の iPod を 10 月に発表したとき、iTunes Music Store video には ABC と Disney Channel television の番組しか提供されなかった。私は "Desperate Housewives" と "Lost" が好きなのに、がっかりさせんなよと思っていた。しかし同時に、私はこのサービスの持つ可能性がより深く検討されることを待ち望んでいた。先週の NBC Universal に関する Apple のアナウンスは私の夢をかなえてくれた。

<http://www.apple.com/pr/library/2005/dec/06nbc.html>(日本語)NBC Universalとアップル、ゴールデンタイム、ケーブルテレビ、深夜の新番組および懐かしのテレビ番組をiTunes Music Storeで提供

現在、"Law & Order" や "Surface" のような NBC のドラマ、Leno や Conan のトーク番組、Sci-Fi Channel からは SF の名作 "Battlestar Galactica"、そして USA Network のヒット作 "Monk" といった、これまでよりずっと幅広い娯楽番組が提供されている。しかし、私にとってより興味深いのは、以前から DISH Network で観ることができるようになっているからなのだが、NBC のビンテージコレクション、"Adam-12"、"Dragnet"、そしてもちろん "Knight Rider"、さらに初期の "Law & Order" シリーズだ。。

<http://www.apple.com/itunes/videos/>(日本語)アップル - iTunes - ビデオ

それぞれの番組は一回分が $1.99 で、新しく放映された回はテレビ放送の翌日に観られる。 (現在、テレビ番組はアメリカ国内でのみ利用可能だ。そして、他のビデオについては国によって対応は異なっている。)音楽でバラバラに一曲 99 セントで買う合計よりアルバムのほうが低い価格なのと同様、テレビも "seasons" 単位で買えば一回ずつ $1.99 で購入する合計より安くなる。

NBC Universal と Apple は古いテレビ番組の DVD が最近の需要躍進しているという利点を上手に活かしている。古い "Bewitched" のエピソードを DVD で買ったら、朝の通勤の友として、古い "Alfred Hitchcock Presents" が欲しくならないことがあるだろうか?先月アナウンスされた、NBC と CBS networks がそれぞれ DirecTV と Comcast Digital Cable 経由で行う 99 セントのオンデマンド番組にはコマーシャルが含まれているのとは対照的に、iTunes video の番組は全てコマーシャルなしだ。欠けているもので目に付くのは、Brian Williams の NBC Nightly News Netcast だが、これは MSNBC.com で Windows Media フォーマットを使って、週日の東海岸時間夜 10 時から無償で提供されている。

Apple は、iTunes Music Store の顧客が、iTunes video がデビューしてから 2 ヶ月足らずの間に 300 万本以上のビデオを購入し、iTunes や最新の iMac に搭載された FrontRow アプリケーション、iPod で視聴していると述べている。私もそのリストに加えてほしいのだが、私が最初にダウンロードしたテレビ番組、遠い昔の "Law & Order" の中のパイロット版エピソードはほぼ完了した。一日に何回も "Law & Order" がテレビで放送されているのを考えると、私がパイロット版を見たことがないのを信じられるだろうか?


Flashblock の Firefox 1.5 用アップデート

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 笠原正純<panhead@draconia.jp>

Firefox 用の Flashblock 機能拡張は Flash アニメーションがウェブページ上で自動的に再生するかどうかをコントロールできるようにしてくれる(see "Firefox Flash Blocker" in TidBITS-794)。Firefox 1.5 のリリースに伴って、私はこれを失ってしまった!アップデートがない!Andrew Lawrence が iChat で Flashblock がアップデートされて、二つの別のバージョンに分かれたことを教えてくれた。Firefox 1.0.x には Flashblock 1.3.3、Firefox 1.5 には Flashblock 1.5 だ。

<http://flashblock.mozdev.org/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08225>(日本語)Firefox に Flash ブロッカー

Firefox での機能拡張のインストールは楽勝:

  1. 機能拡張のあるウェブページへ行く。
  2. インストールのリンクを見つける。
  3. 機能拡張がダウンロードされる(ブロックされた場合は、下記を参照);インストールをクリック。
  4. 機能拡張を読み込むために、Firefox を一度終了させ再度起動する。

もし、上のステップ 3 で機能拡張がダウンロードできなかったなら、それは、あなたが許可していないサイトからのソフトウェアインストールを出来ないようにするという Firefox の賢明なやり方による。

以下がサイトを許可する方法だ:

  1. ウェブサイトにあるダウンロードまたはインストールボタンをクリックする。
  2. Firefox ブラウザの上部にインストールがブロックされたことを表すグレーの横棒が表示される。
  3. グレーの横棒の右端にあるオプション編集ボタンをクリックする。
  4. 自動的にドメイン名が入ったポップアップウィンドウが表示される;ドメインを許可サイトのリストに入れるために承認ボタンをクリック。
  5. 閉じるボタンをクリック。
  6. 再度ステップ 1 を行い、うまく動いたらインストール手順のステップ 4 を行う。

Mac ユーザのための Apple 以外の Wi-Fi 選択肢が広がる

文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

台湾を拠点とするチップメーカー Ralink は、自分のマシンで使える Wi-Fiアダプタはないかと探している Mac OS X 10.4 Tiger ユーザの多くに、解決策をもたらすかもしれない。Tiger 用ドライバを同梱していたりサポートしていたりする Wi-Fi 製品を作っている企業はほとんどないけれど、いくつかの企業は、Apple に Wi-Fi チップを供給している Broadcom のチップを使っており、その製品は、追加のソフトウェアなしに Mac で使うことができる。

しかし、Broadcom の競合企業が Wi-Fi 市場を侵略しており、6か月前には使えていた製品のいくつか、例えば Belkin 802.11g PCI Card が、コスト削減のために再設計され、Broadcom のチップを使うのをやめてしまった。メーカーは、基礎となる技術について保証することを避けるため、どの製品にどのチップが使われているかを直接明らかにすることは、めったにない。メーカーは、機能(この場合は Wi-Fi 接続)を保証するのだ。

Ralink の、Mac OS X 10.2 から 10.4 と Linux 用のサポートされていないドライバが興味深いのは、このためだ。購入した製品がたまたま Ralink ベースだったとしても、それを Mac で使うことができる。Ralink は、最近ドライバを Mac OS X 10.4 Tiger 用にアップデートしたところを見ると、間接的な顧客である Mac ユーザに耳を傾けていたようだ。さらに、彼らは定期的なバグ修正アップデートもリリースするようだ。

Ralink のドライバページには、サポートされている製品用のダウンロードが用意されているが、それは内部のチップセットと製品名で分類されている。意欲的な誰かが、主要メーカのどの製品のどのバージョンが Ralink のチップを使っているか、調べてくれることを願いたい。そうすれば、Mac ユーザにとっての選択肢が広がる。

<http://www.ralinktech.com/supp-1.htm>

Belkin の 802.11g PCI Card(部品番号 F5D7000)は、製品詳細ページを見ると、Mac OS X 10.2 と 10.3 と互換性があると書かれている(10.4 については書かれていない)が、リンクされたページにはドライバのダウンロードが用意されていない。Al Varnell が知らせてくれたところでは、ドライバを見つけるには違った道筋をたどる必要がある。Belkin のダウンロードセクションを訪れ、そこから製品をたどってゆくのだ。どうしてドライバが両方の道から適切にリンクされていないのか、さっぱり分からない。ドライバは 2005 年 4月にアップデートされており、Tiger との互換性については言及されていない。(Belkin のほかの製品にも Panther 用ドライバがある。)

<http://catalog.belkin.com/IWCatProductPage.process?Merchant_Id=1&Section_Id=&pcount=&Product_Id=136479>
<http://www.belkin.com/support/download/download.asp?category=9&lang=1&mode=>

これはほとんど偶然見つけたのだが、Tiger をサポートした Mac 用 USB 2.0アダプタが現れた。ZyXEL AG-225H だ。これは、液晶画面を内蔵した Wi-Fiホットスポット検波器で、USB 2.0 を使えば 802.11a/b/g アダプタにもなる。ZyXEL は Mac ドライバを Panther 用と Tiger 用の両方用意しており、私はまだテストしていないが、ほかの Mac ユーザが使っていると聞いている。2005 年 9 月にさかのぼるが、私は Mobile Pipeline で ZyXEL のこの製品をレビューしており、そのときは主に Wi-Fi 検出機能について見た。いくつかのオンライン小売店から、75 ドルほどで買える。

<http://us.zyxel.com/support/download.php>
<http://www.mobilepipeline.com/showArticle.jhtml?articleID=171000509>

これを教えてくれたのは Dave Goldman だ。ありがとう!


リアリティとデジタル写真

文: Charles Maurer
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私はしばしば、デジタル写真はフィルムに追いついただろうか、または追いつけるだろうかと尋ねられる。そういうときは、こう答えている。いくつかの特殊な目的を除けば、デジタルはすでにフィルムを追い越した、と。私が撮影するデジタル写真は、技術的に言って、私が 2-1/4 インチ× 3-1/4 インチ(6 cm × 9 cm)フィルムで撮影した従来の写真の最高のものに勝るとも劣らないし、芸術技法的に言えば勝っている。デジタルカメラでは、これまではスタジオを必要とした写真を街中で撮ることもできる。

この記事では、従来の写真では不可能だったがデジタル技術により可能になったことについて説明しよう。コンピュータが、いかにして特殊効果を生み出すかではなく、いかにしてより自然な写真を生み出すかだ。それにあたっては、知覚から出発し、芸術を通り抜け、裏口からコンピュータに入ろうと思う。これは見慣れない道筋だけれど、私が写真を撮るときに考える道筋に近いし、写真編集ソフトウェアによって可能となる様々な操作の迷路に迷わないための方法としては、私が知る限り唯一の道筋だ。私はいくつか特定の製品(どれもWindows 版だけでなく Mac 版がある)に言及するが、それらを詳しく説明することはしない。デジタル写真で難しいことは、コンピュータで何をしなければならないか、そしてどのアプリケーションを使えばそれができるのかを知ることだ。それさえ分かれば、アプリケーションを使ってその仕事をこなす方法が分からないということは、ほとんどない。

この記事では、何枚かの写真を見ていただく。これを適切に見るには、モニタが大まかにでもキャリブレーションされていなければならない。モニタをキャリブレーションしたことがないなら、今すぐ行うことをお勧めする。これには2分ほどかかる。「ディスプレイ」環境設定パネルを開いて、「カラー」タブをクリックし、「補正」をクリックすると、「ディスプレイキャリブレータ・アシスタント」が起動するから、「詳細モード」チェックボックスにチェックを入れて、画面の指示にしたがう。ガンマを設定する画面に来たら、2.2 を選ぶ。

あとで理由を述べるが、何らかのバージョンの Photoshop は必要だと思う。そのため、写真編集ソフトウェアとしては Photoshop を使うことを前提にする。ただし、この記事を理解するために Photoshop を買う必要はない。話を進める中で、最近の3つのバージョン(CS、CS2、Elements)の違いについても、私のやり方に関連するものについては触れることになるだろう。

目とカメラ -- はじめに、カメラは目が見るものを記録するという考えを捨てていただきたい。カメラはそのようなことをしていないし、することができない。カメラの機能は、目とは全く異なるのだから。標準的な焦点距離のレンズでは、カメラはおよそ 45 度の範囲の画像を記録する。画像全体を一度に記録し、最終的に印刷したときの黒から白までの明暗度の範囲はおよそ百対一だ。それに対し、目はおよそ 180 度の範囲を見ることができるが、そのほとんどは鮮明でなかったり、全くぼやけていたりする。鮮明に見ることができるのは、中心の 1 度から 3 度の範囲でしかない。風景をはっきり見るには、目は風景を走査して、集められた情報を脳が統合する。しかし、目にとって、風景のわずかな部分をはっきりとした視覚的断片として抽出する以上の時間が与えられることは、ほとんどない。したがって、あなたが見ているものののほとんどには、光学的原因がない。それは推測されたものだ。脳は、主に、それまで経験したものを一般化することで、情報を推測している。その際、目と脳が扱わなければならない光のコントラストは、百万対一を越える。

まとめると、砂浜で撮ったスナップ写真を見ているときは、カメラの限界のため、風景の四分の三は切り落とされ、明暗の範囲は一万分の一に圧縮されている。残っている情報が、あなたが見たものと同じになることはありえない。リアルに見えるというのは、学習により得られ慣習により形作られた推測の結果なのだ。現実そのものではなく、本物らしいに過ぎない。

写真をリアルに見せることも可能だが、フィルムの技術があるために、写真の慣習から抜け出ることが難しい。そのため、実際にはかなり手足を縛っていることになる。絵筆にはこのような制限が少ない。絵筆を使えば、カメラで得られる効果は何でも生み出すことができるし、さらにそれ以上のことがたくさんできる。写真が登場する前に、優れた腕と鋭い目を持った芸術家が、何千年にもわたって、優れた道具を使いこなしながら、平面の上に現実を再現する方法を見出してきた。彼らの作品は、リアルな写真を紙の上に実現するための、申し分のない手ほどきとなる。

ほとんどの芸術技法は、2つの基本的な問題に向けられている。これは、脳の視覚組織の構成を反映している。(1) 明度の分布と (2) 線の2つを使うことで、いかにして形と空間を感じさせるかということだ。脳の組織がばらばらでないように、これら2つの問題も独立ではなく、一枚のコインの裏表なのだが、両者を大まかに区別することで、考察が簡単になる。

コントラスト -- 目は光そのものを見ているのではない。光の変化、すなわちコントラストを見ているのだ。2つの物体があっても、お互いのあいだにコントラストがなければ、目にとっては1つに溶け込んでしまう。したがって、隣接した細部のコントラストを調整することが、決定的に重要となる。しかし、どんな風景でも、本当のコントラストを再現できることは稀だ。すでに述べたように、風景の中で最も明るい被写体から最も暗い被写体までの反射率の範囲は、千対一を下回ることはほとんどなく、しばしば百万対一を上回るが、紙やキャンバスの上の色素では、反射率の範囲はおよそ百対一にしかならない。その一方、コントラストの強い風景でも、小さな領域ではコントラストが非常に弱くなることがある。

脳は、明暗のコントラストから、3次元の物体を推測する。これは連想によって行われる。以前に出会ったことのあるパターンと照合するのだ。明るい点は光源で、輝く黄色は熱い炎かもしれない。暗い領域は自分や光源から離れたところにあることが多く、明るい領域は自分や光源の近くにあることが多い。顔に小さなハイライトがあったら、それは汗で、暑いことを示す、などだ。写実的な絵画では、画家はこのような連想を利用して、目の錯覚を作り出す。これが簡単にできるのは、目が微小な範囲だけしか一度で詳細に見ることができないため、脳は遠く離れた部分の色や明暗を簡単には比較できないからだ。隣接部分の明暗が自然に変化している限り、遠く離れた明暗は、光学的には不可能でも、正しく見える。下記にリンクした Rembrandt の絵画 Belshazzar's Feast で、それを見てみよう。顔に当たっている光の主な源は、壁に書かれた文字のように見えるが、その文字は顔より明るいというわけではない。文字は白ではなく炎のような黄金色だが、顔から十分離れているため、光学的矛盾に気づく人はいない。さらに、主要な光源が壁の文字であるなら、左の見えないところにある壁で反射した第2の光は、論理的にはこれよりずっと暗いはずだ。

<http://www.tidbits.com/resources/809/BelshazzarsFeast.jpg>

この絵画の別の部分で、明るさの変化だけでは非常に限られた範囲で描かなければならなくなってしまうような部分でも、Rembrandt はコントラストを強めている。例えば、女性の赤いドレスを見てみよう。襞が全体として立体的に見えるだけでなく、視線をそれぞれの襞のごく小さい部分に固定して、ハイライトからシャドウまでの明るさの違いがほとんどないようなところを見ても、立体的に見える。ドレスのどの小領域をとっても、隣接する部分とのあいだにコントラストがある。これが可能なのは、Rembrandt が明るさを変化させただけでなく、色相と彩度もそれぞれ独立に変化させているからだ。この画像をPhotoshop で開いて、情報ウインドウを HSB に設定し、マウスを動かせば、この絵画を縮小する過程で失われなかった限りで、その変化を見ることができる。(本物は、遠い昔の誰かが大きさを小さく角度を変えて切り取ってしまったのだけれど、66 インチ× 82 インチ、つまり 167 cm × 209 cm だ。)

映画製作者や商業写真家は、似たような方法で写実的な映像を作る。セットの中に小道具として「インチキ」ランプを置き、セットのライティングを、あたかもその小道具から光が出ているかのようにする。下記リンクの鍛冶屋の写真がその例だ。論理的に分析すれば、この炎でこれだけ明るくなることはありえないが、目は論理的な分析をしない。しかし、このようなごまかしは、税金をごまかすよりも時間がかかる。写真では、錯覚が次から次と目の前を過ぎていったりしないから、なおさらだ。この写真の場合、計画に丸一日、実行に丸一日かかった。(なかでも、壁の割れ目から漏れる光を遮るため、作業場全体をアルミホイルでくるむ必要があった。)

<http://www.tidbits.com/resources/809/Blacksmith.jpg>

それに対し、高品質なデジタルカメラを使い、光をデジタル的に再調整すれば、ごまかしなしに、同等の結果を得られることが多い。下記リンクの染め物師の写真がその例だ。フィルムで撮ったとしたら右のような写真になるところが、左の写真では、私が感じたことや、私の記憶にある見え方が再現できている。おそらく私は、写真を撮る前に、部屋の明かりが炎の明かりより青みがかっていることに気が付いていただろう。私はそういうことには敏感な方だ。しかし、そのとき圧倒的に知覚していたのは圧倒的な熱で、その熱こそ、私が撮りたいと思ったものだ。視覚システムにとって、熱の手掛かりとなるものがたくさん現れているので、彼の顔に当たっている炎の明かりは、論理的には不合理だが、自然に見える。

<http://www.tidbits.com/resources/809/Dyer.jpg>

次の例は、もう少し普通の写真だ。実際の風景は上の写真のように見える。明るく照らされた低木の茂みが前景にあって、後方の丘には鬱蒼としたジャングルがあり、後方に行くにしたがって徐々に小さくぼんやりしてゆく。しかし、私の脳は茂みが明るいと知覚したにもかかわらず、実際には空と比べれば暗く、ジャングルはさらに暗い。この風景に現れている明暗の範囲は、どんな人工物でも、再現に近づくことができない。カメラのセンサーは、この明暗を下の写真のように「機械的に」圧縮する。スライドフィルムでも同じことが起こる。写真をより写実的にするため、前景の茂みを明るくして、ジャングルの彩度と明度を、部分毎に、色相とは独立に変化させ、コントラストを付け加えた。

<http://www.tidbits.com/resources/809/Jungle.jpg>

コントラストをこのように操作するには、以下の3つのことが必要だ。

最初の条件を満たすには、広い範囲のコントラストを記録することができる、カメラからの生の処理されていない画像(JPEG ではない)が必要だ。今日の市場では、これはつまり、一眼レフカメラが必要だということになる。(詳しくは、TidBITS-783 の私の記事 "コンパクトカメラを選ぶ: Panasonic DMC-FX7" の "画質" の章を参照。)ファイルを標準的なフォーマット(私は、Adobe の PSD より、一般的な TIFF が好きだ)に変換した後、明暗のレベルが黒から白の全域にわたるようにし、できるだけ良く見えるように中間点を調節する。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08136 >(日本語)コンパクトカメラを選ぶ: Panasonic DMC-FX7

次に、Adobe の「ライティング」調整を使って、シャドウを明るくしハイライトを暗くする。Photoshop では、シャドウとハイライトは、ある特定の数のピクセル数より大きな領域で、暗い領域または明るい領域として定義される。CS、CS2、Element はすべて、明るさおよび暗さの調節ができるが、CSと CS2 では、Photoshop がシャドウまたはハイライトとして認識する領域の大きさも調節できる。この調節はとても重要であると思う。私は、おそらく写真の3枚に1枚はこれを使っている。

(Adobe が Photoshop Elements から除外したもののほとんどは、私にはどうでもよいものだ。Elements でさえ必要以上に複雑だ。しかし、この調整だけでも、Elements を避けてフル機能の Photoshop を選ぶ理由になると思う。もう1つ、Elements に欠けているのは、16 ビットカラー対応機能だ。通常は8 ビットカラーで十分だけれど、中間調の色がもっと細かくなければ、明暗を広げることができない場合が多い。)

さて、Rembrandt の絵をもう一度見てみよう。今度は Belshazaar のケープを詳細に見る。細かいところまで浮き立って見えるのは、隣の色と非常に高いコントラストを持った筆づかいで描かれているからだ。つまり、局所的なコントラストが非常に高い。写真で細部を浮き立たせるには、PictureCode から出ている Noise Ninja の付随的な機能を使って、同じことをする。Noise Ninjaは、本来はノイズ除去パッケージ(その中でも最高のもの)だが、ここで使う機能は、局所的なコントラストを高めるスライダーで、私はしばしば、ノイズ除去は全くせずにこれだけを使う。

<http://www.tidbits.com/resources/809/BelshazzarsFeast.jpg>
<http://www.picturecode.com/>

さて、絵画に戻ろう。画家がキャンバスの上で色を調節しようとすれば、色相を変えるか、補色の斑点を塗りつけて彩度を下げるか、白か黒のタッチを加えて明度を上げたり下げたりすることができる。デジタル写真でも同じことがしたい。それを可能にしてくれる製品が Asiva Shift+Gain だ。

<http://www.asiva.com/>

Shift+Gain は Photoshop プラグインで、色相、彩度、明度のどのような組み合わせででも領域や線(色縁を除去するのに便利だ)を選択することができ、そしてそれらのパラメータを独立に変更することができる。このようなことができるのは、ほかには Asiva から出ているスタンドアロンパッケージだけだが、これは遅すぎて使えない。実際、信じられないかもしれないが、Asiva はこの画像処理方法で米国の特許を取得している。

Shift+Gain は、ほかのどんなアプリケーションとも違った風に動くので、理解するのに少し時間がかかる。しかし、最初は混乱するとしても、すぐに単純に感じられるようになる。私が Shift+Gain で行っていることのほとんどは、Photoshop で実現しようとしても、私の技術と根気では到底不可能だ。

私は、Shift+Gain はデジタル写真になくてはならないツールだと思う。ただ1つの必須ツール、同等の機能を持つものを知らない唯一のものだ。残念ながら、これは Photoshop 以外のアプリケーションの中では動かない。Photoshopプラグインのほとんどを動かせる GraphicConverter のようなアプリケーションでも駄目だ。Photoshop の最近のバージョンならどれとも互換性があるが、Photoshop は絶対に必要で、この記事で Photoshop 以外の可能な選択肢を無視しているのはそのためだ。

この3つのツールをセットにすれば、私がこれまでに必要としたコントラストと色の操作を、ほとんどすべてこなすことができる。(1) Photoshop CS/CS2のレベル、シャドウ、ハイライトの調整、(2) Noise Ninja の局所的コントラスト調整、そして (3) Asiva Shift+Gain だ。私はしばしば、Asiva のほかのプラグインも使う。これらは似たような、しかし少し異なることをする。Asiva のプラグインと Photoshop の基本的な選択ツールを組み合わせれば、一般的な画像効果を達成するためにマスキングをする必要がなくなると思う。

Photoshop の色補正で、特別役に立つと思うのは1つだけだ。コントラストを引き出すために色を補正したとき、画像全体に薄い色がかぶることがある。さて、このような色は、それ自体として存在しているのではなく、比較の基準からのずれが色となっているだけだ。写真の場合、目にとって基準となるのは、通常は純粋な白のハイライトか紙の余白部分だ。これと比較して、無色の白やグレーに色が付いているように見えれば、色がかぶったように見える。色かぶりを取り除くには、通常は白かグレーが無色になるように画像を調整するだけでよい。ほかの色もそれぞれ少しずつ変わるが、それらのあいだのコントラストは保たれる。色かぶりを手動で取り除くのは難しい。脳は色の変化をすぐに補正してしまうので、写真を印刷してみない限り、調整がかなりの程度ずれていても気が付かない。Photoshop は色かぶりを機械的に除去することができる。そのメカニズムは「カラーの適用」コマンドの中に隠されている。

色について最後に考察したいのは、薄暗い光だ。日光の下では色が見えるが、月明かりではモノクロになる。その中間の「薄明視」レベルの薄暗い光では、部分的にモノクロで部分的にカラーに見える。画家が薄暗い光を再現しようとするときは、この薄明視に基づいて描く。Rembrandt の絵の奥にいる音楽家もそうだし、下記リンクの左の絵、Thomas Eakins の Gross Clinic を見ればもっとよく分かるだろう。影の部分にいる学生はほとんどモノクロだが、そのモノクロには、しばしばほとんどランダムな線や斑点でわずかに色がのせられている。(オリジナルの絵は 96 インチ× 78 インチ、つまり 243 cm × 198 cm であることに注意してほしい。)

<http://www.tidbits.com/resources/809/GrossAbattoirFlowers.jpg>

フィルムは薄暗い光をこのようにはとらえない。ほとんどのデジタルセンサーも同じだが、Foveon センサーだけは違う。(センサーのタイプについては、TidBITS-751 の "デジタル写真の道理とセンサー" と、そのフォローアップを参照。)フィルムやデジタルセンサーは、わずかに粒状ノイズを発生させる。通常の量の光がフィルムやセンサーに当たれば、そのノイズは画像の中に隠されるが、光の量が少ないと、ノイズがより目立つようになる。光の露出があるところより不足すると、画像がノイズの中に埋もれてしまう。これが感度の限界を定めることになる。ノイズのランダムな点をならすことはできるが、細部も一緒にならされてしまうので、感度の限界では、細部がすべて消されてしまう。しかし、Foveon 画像センサーの動作はそれと異なり、粒状感も異なって見える。Foveon の場合、しみの数は少ないが、間違った色が加えられたようになる。これは最初に彩度を下げるが、感度の限界に近づくと、ランダムな線や斑点を生み出す。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07860>(日本語)デジタル写真の道理とセンサー
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07906>(日本語)デジタル写真:訂正とフォローアップ

彩度の低下とランダムな色の線や斑点というのは、芸術家が薄暗い光を再現するときに使うテクニックと全く同じだ。Foveon のノイズを同じように使うことができる。Noise Ninja で粒状ノイズをならし(ノイズが多すぎて Noise Ninja が細部を消してしまうということはほとんどない)、選択した領域にShift+Gain を使って色を消してゆく。目標は、目にとってコントラストが加わるのに十分に、しかしそれに気が付かないほどに、色を消すことだ。先ほど読み込んでいただいた画像の Gross Clinic の絵の右にある中国の食肉市場で、この効果をご覧いただける。

しかし、このような彩度低下としみは、Foveon 写真の標準ではないことに注意してほしい。通常、これらは黒の深みの中に隠され、センサーの限界まで迫って引き出さない限り明らかにはならない。より標準的なのは、このページの3つ目の、花市場の写真だ。どちらの写真も、室内で、感度 ISO 1600 で撮影した。

遠近法 -- ここまでは色調を使っていかに空間を表現するかという話をしてきた。ここからは、直線を使って空間を表現する話に移ろう。これが、遠近法の問題だ。

イタリアのルネサンス期に、画家たちは直線遠近法の図法を完成させた。物体を表面的に遠近法の基準線に沿わせるという図法だ。けれども実際のところ、完全に基準線に沿ってはいけない。直線遠近法の「法則」はたいていの場合破られることが必要だった。そうしなければ画面が不自然に見えるからだ。

遠近法の法則によれば、遠のいてゆく平行線は一点に収束しなければならない。例えば線路のレールのように水平に並んで遠のいてゆく場合も収束するし、例えば通りから見上げた高層ビルのように垂直に並んで遠のいてゆく場合も収束する。けれどもここで垂直の遠近法を考えてみよう。もしもその視線の角度がほんの少し上を向いているだけのように描かれたとしたら、あなたの脳はそれを見て物体があなたの上方に収束しているとは受け取らないかもしれない。あなたの脳は、その物体が垂直に立っているのではないと見るかもしれない。もちろん、その物体がビルの壁面だと分かれば、あなたの脳はそれが内向きに倒れているとは見ない。板が平らなのは当たり前だと思うのと同様に、壁は垂直に立っているのが当然だと思うからだ。しかしながら、それと同じ理由によって、つまり壁は垂直だとあなたが仮定しているために、ビルの絵はすべての垂直な線が真直ぐに立って平行に描かれている方が自然に見えるのだ。この問題の実例として、下記リンクに示したお寺の写真2つを見比べて頂きたい。上の方の写真に施されたような修正をフィルムの写真に施すには、三脚の上に蛇腹レンズのカメラを置いてビューの修正を注意深く施す必要があるだろうが、画像を Photoshop で修正するのには、私は2分とかからなかった。(Elements や CS でも遠近法の修正ができるのだが、CS2 では 「フィルタ」>「変形」 サブメニューに新設された「レンズ補正」項目を使ってより簡単にできるようになった。)

<http://www.tidbits.com/resources/809/VerticalLines.jpg>

同様の修正は水平に並んだ直線についても有効だ。水平に並んだ直線どうしが収束する時は、まるでビルが丘の斜面の上に建てられていて屋根が変な傾斜を持っているように見えることがある。曖昧さを最小限にするため、そうすべきでない明確な理由がない限り垂直な線は正確に垂直でなければならないし、水平な線は正確に水平でなければならない。水平線と垂直線が明確に枠を構成しているからこそ、傾いた直線がくっきりと目立って見えるものだ。

ビルの写真のような場合は当然この考え方が役に立つが、人物を写した写真の場合もこれが有効なことが多い。ただ、その違いはより微妙なものになる。下記リンクの子供たちの写真2つを見比べて頂きたい。上の方の写真がより印象強く見えるのは、子供たちが傾いた台ではなく水平な台の上に座っているからだ。

<http://www.tidbits.com/resources/809/Children.jpg>

実際、直線遠近法の法則は正面にあるものを写すだけの時でも破られる必要が出てくる。例えば垣根とか、壁の本棚などを正面から見ている時、光学的に正しい遠近法では、垣根や本棚を構成する直線が左右両方の端ともにそれぞれ互いに収束してゆくべきだ。けれども実際にその通りに描く画家はいない。忠実に描けば、本当らしく見えないからだ。同じ理由で、カメラのレンズには水平の遠近法を歪めて、直線で囲まれた図形が直線で囲まれたように写るように修正が加えられている。

このことから、興味深い問題が起こる。これは絵筆やコンピュータならば解決可能だが、フィルムでは解決できない問題だ。物体が図の中心から離れれば離れるほど、それを囲む直線どうしは引き離されて、その結果その物体が拡大されることになる。でも中心近くにある物体は拡大されないので、相対的な物体の大きさが狂ってくる結果となる。レンズの視野が広ければ広いほど、この狂いが大きくなる。これは広角レンズで撮った写真を見ればわかるし、視野が拡がればますます急激に歪みが大きくなる。風景写真の多くのように画面に直線があまり含まれていない場合には、収束性を犠牲にして物体の大きさの狂いを抑えることでより自然な結果が得られる。Photoshop CS2 では、凸な「たる型」歪みを加えることによってこの修正ができる。つまり、レンズによる直線図形修正を緩和させるという作用だ。

(このコントロールを提供しているのが CS2 のみだということに注意して頂きたい。CS2 ではまた傾いて収束してゆく直線を修正するのも CS や Elements より手軽にできる。ただしこれはどこでコントロールするかを見つけられればの話だ。CS2 では、すべてのレンズ補正は 「フィルタ」>「変形」 メニューの中にある。ただし、CS や Elements と共有されたいくつかの修正コマンドは、「ファイル」> 「描画」 にもある。)

もちろん、凸補正は直線が含まれている場合には向いていない。風景写真ではある程度凸補正をしても気付かれないだろうが、ビルを含んだような写真では直線が曲がっていれば一目瞭然になってしまう。そこで別の工夫として、横方向から写真を圧縮するという手段がある。この目的のために、私は Squeeze という $20 の Photoshop プラグインを使っている。

<http://www.theimagingfactory.com/>

また、写真の中で一つの平面だけに焦点を合わせることによって深みを表現するテクニックについても触れておかねばならない。この効果はブラシを使って達成できることもあるが、うまく行くことはまれだ。これは、実際に目が見るもの、それを脳が認知するものを、忠実に再現できる訳ではないからだ。目が物を見る時は、その瞬間その瞬間ではほんの小さな個所のみを鮮明に見ている。それを脳が受け取って、無限の深みのあるフィールドとして認知するのだ。注目の仕方をコントロールして異なった特質を伝えようとするために、画家ならば絵の全体にわたってエッジのソフトさを変化させるのだろうが、こうした修正は焦点合わせに失敗したレンズでするよりもずっと微妙なものになる。

写真の中でハードさとソフトさを変えるために、私は従来レンズを横方向・縦方向にアオること(レンズチルト)のできる蛇腹レンズカメラを使い、さらに照明の質を変えることで調整してきた。デジタルカメラならば、これがずっと簡単にできるようになる。私のデジタルカメラは通常特に何も手段を講じなくても無限深度のフィールドを提供してくれるし、デジタルなテクニックを使うことで、先程述べた花市場の例のようにして画家さながらに深度をコントロールすることもできる。笑っている女性のすぐ後ろにある花はソフトだが、その後方にあるシダはシャープだ。この写真に写っている他のものも、店に入ろうとしている方の女性を除いてはすべてシャープになっている。

このことが可能だったのには二つの理由がある。どちらもカメラの画像センサーと関係のある理由だ。まず第一に、ネガフィルムの ISO 感度はスナップ写真がまともに撮れるために必要最小限の露光に基づいている。高品質の結果を出そうとすれば、通常は測った数値の二倍の露光が必要になる。それに対して、私のデジタル一眼レフカメラで最高品質を出そうとした場合、私は露光を半分にすることが多い。つまり、絞り値にして二段階も違ってくるということで、被写界深度としても大きく違ってしまう。第二に、私のカメラのセンサーは 35mm フィルムよりも小さいので、同じ絞り値でも被写界深度が大きくなる。その差は 1-2/3 段階くらいだ。これらを合わせて、私はどんな光量の下でも、35mm ネガフィルムで撮影している場合に比べて絞り値にして四段階近くも深い被写界深度を得ることになってしまう。

このように写真の中ですべてがシャープに写っている場合、写真に手を加えるという道が大きく拡がってくる。人々は単に私の写真を眺めるだけではない。私の写真の内側を覗き込んで、細部までくしを入れるように観察してもらえるのだ。そして、人々は気付く。なぜなら、私がその細部のコントラストをきちんとコントロールしておいたからだ。これだけ多くの情報が見られるようになると、私の 8" x 10" (A4 サイズ) のプリンタではどうも小さ過ぎるようだ。次週の記事では、プリンタについての議論と、私がもっと大きなプリンタを求めて探した顛末をお話ししたい。

最後に、さまざまな Photoshop のバージョンを比較してきた締めくくりとして、拡大プリントを準備する際に便利に使える CS2 の新機能二つについて触れておこう。それは、「スポット修正ブラシ」と「スマートシャープ」だ。前者はあまり目立たないがかなり便利なもので、後者は非常に重要な機能だ。これは、レンズでは点がにじんだ輪のようになってしまうのが避け得ないところをきちんと修正し、また動きから来るにじみについても補正を加えてくれる。私の感じでは、CS2 で変形のコントロール機能が向上したことと、今述べた機能とを合わせただけでも、CS からアップグレードする価値は充分以上にあると思う。私は、Adobe が始めるようになった Windows 風のコピー防止スキームが大嫌いだ。いくつかの違った場所で作業するような場合、あなたがお金を払っただけのものに対応する正当な使用方法までが禁じられてしまうからだ。でも、私は CS2 についてはそれ以前のバージョンほどに悪態をつかなくなった。なぜなら、CS2 では私が絶対に使わないような膨大な数のメニューを見えないように隠したり、またキーボードショートカットを編集したり削除したりもできるようになったからだ。CS2 では、私の指がうっかりキーに触ってしまったために、ウィンドウがスクリーン中を飛び回ったりカラーが突然変わったりすることがなくなったからだ。

PayBITS: ビジュアル認知とデジタル写真について論じた Charles の記事がお役に立ったなら、どうぞ「国境なき医師団」に寄付をお願いします:
Borders: <http://www.msf.org/msfinternational/donations/>
Read more about PayBITS: <http://www.tidbits.com/paybits/>


Take Control ニュース/12-Dec-05

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

"Take Control of Mac OS X Backups" が 1.2 にアップデート -- あなたは作業ファイルをバックアップする効果的な戦略をたてていますか? iTunes で購入した音楽や、デジタル写真など、どんどんコレクションが増えているでしょう? 何もせずに惨劇が訪れる日を待っていてはいけません。私たちの最新刊“Take Control of Mac OS X Backups”を読んで、どうぞ助言を得て頂きたい。この本はこれまで何千人もの Mac ユーザーの助けとなってきたのだから。今回のバージョン 1.2 は大きなアップデートで、あなたの予算とスタイルにマッチするバックアップ戦略を選ぶための最新のアドバイスが盛り込まれている。この電子ブックは最近 10 ヵ月間に起こったバックアップ用ハードウェアおよびソフトウェアの多数の変化をカバーしており、.Mac ユーザーのためには Apple の Backup 3 を検証し、人気のあるバックアップソフトウェアの Retrospect については 20 ページ以上にわたる詳細な説明を加えている。また、写真やビデオのバックアップを扱ったセクションも新設された。

“Take Control of Mac OS X Backups”は今回 138 ページとなり、価格は $10 だ。旧バージョンをお持ちの方は、その電子ブックの最初のページの左下隅にある Check for Updates ボタンをクリックすればアップデートが無料でダウンロードできる。

<http://www.takecontrolbooks.com/backup-macosx.html?14!pt=TRK-0014-TB809-TCNEWS>(日本語)Take Control Ebooks: あなたの知りたいことがすぐわかる

"Take Control of Buying a Digital Camera" 2.0 リリース -- 最適のデジタルカメラを最良の価格で買いたいとお思いの方は、Seattle 在住でプロの写真家であり教師でもある Larry Chen の書いた“Take Control of Buying a Digital Camera”の第二版で、最新情報とさらなるヒントをご覧頂きたい。Larry は読者を導いて購入に関するすべてのプロセスを説明し、予算を考慮しながらあなたがどんな種類の写真を撮りたいのかを見極められるように助言していく。また、カメラのさまざまな機能について丁寧にアドバイスし、カメラのレビュー記事の読み方や写真の画質の判断方法などについても専門家の立場から手引きしてくれる。購入はどこでするのがよいかについても助言がある。この電子ブックについては先週も簡潔に紹介したが、ここには写真に関するいろいろなヒントやケース・スタディ、説明を図解するためのカラー写真も数多く盛り込まれており、またデジタル SLR カメラの購入についてのセクションも大幅に拡充された。2 ページにわたる印刷可能なショッピング用ワークシートは、印刷して、本文を読みながら注釈を書き込んで、買物の際に持って行くのがよい。この電子ブックにはいろいろなカテゴリーごとに主な人気機種をリストした付録と、よく使われる写真用語をカバーした用語索引も含まれている。

第二版の“Take Control of Buying a Digital Camera”は 107 ページとなって価格は $10 だ。ただし、コンシューマ向け電子機器についての電子ブックはホリデー用に 2005 年 12 月 26 日まで 50% 割引セールをしている。第一版をお持ちの方は、その電子ブックの最初のページの左下隅にある Check for Updates ボタンをクリックすればアップデートが無料でダウンロードできる。

<http://www.takecontrolbooks.com/buying-digicam.html?14!pt=TRK-0015-TB809-TCNEWS>(日本語)Take Control Ebooks: あなたの知りたいことがすぐわかる


TidBITS Talk/12-Dec-05 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の1つ目のリンクは従来型の TidBITS Talk インターフェイスを開く。2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバ上で同じ討論に繋がる。画面上の見栄えが異なるほか、こちらの方が高速のはずだ。

アプリケーションフォルダの symlink でインストールが簡単に -- もっと簡単にアプリケーションのインストールができる方法を、読者たちがいろいろと議論する。(メッセージ数 8)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2807>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/650/>

移行アシスタントを使わずユーザアカウントを移す -- 古い Mac からピカピカの新機へとユーザアカウントを移すのに、Unix を使わずにしたいと思えば、具体的にはどうすればいいのだろうか? (メッセージ数 2)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2809>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/654/>

Mac OS X 用の Bluetooth 携帯電話 -- あなたが Mac ユーザーで、iSync や Salling Clicker と互換かつあなたの Mac からインターネット接続もできるような Bluetooth 対応携帯電話が欲しいとしよう。TidBITS Talk の読者たちがいくつかの提案を思い付いたが、どうやら選択の範囲は狭いようだ。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2811>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/656/>

新しい DRM でオーディオ CD の再生に問題が? -- Mac で音楽 CD の再生ができないのは新手の DRM の所為なのか? それとも、ただのドライブ不良とみた方が賢明なのだろうか? (メッセージ数 7)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2812>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/657/>


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中
Tiger でのファイル共有、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther でのユーザとアカウント、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther のカスタマイズ、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther へのアップグレード、TidBITS 翻訳チーム訳

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA