TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#812/16-Jan-06

Macworld Expo は年間最大の Apple 関係イベントの一つだが、先週のショーは期待を裏切らなかった。Apple は Intel ベースの iMac とラップトップ MacBook Pro を予想よりはるかに早く発表し、また iLife '06 と iWork '06 も発表した。ショーのフロアからの詳しい報告と、それに加えて Adam から Apple が新しく身に付けた自信についての解説をお伝えする。また今週号では Mac OS X 10.4.4、iTunes 6.0.2、QuickTime 7.0.4、Skype 1.4、それに非常に興味深い Adobe Lightroom の公開ベータ版のリリースについても述べる。それから、Final Cut Studio の入手方法が変わったことに触れ、今年も恒例の Macworld Expo SF 2006 で見つけた珠玉たちの記事で、ショーで目に触れた最高のもの、最低のもの、また最も興味深いものについて紹介する。

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: <editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/16-Jan-06

Mac OS X 10.4.4 リリース -- Apple は先週、Universal Binary コンポーネント(intel プロセッサとの互換のため)を追加し、Safari、iChat や他のシステムリソースに関わる多数の問題を解決した Mac OS X 10.4.4 を送り出した。People(個人の電話番号を検索する)、Google、ESPN、Ski Report という 4 つの新しい Dashboard ウィジェットも追加された。変更の詳細については下記の一番目のリンクにある。主なものをいくつか挙げれば、iPhoto で最新のデジタルカメラ数機種の RAW フォーマットファイルを扱えるようになったこと、「システムキーチェーン」をロック解除できない、またはワイヤレスネットワークの認証を行うに際して、使っている認証を「システムキーチェーン」が受け付けないという不可解なバグが修正されたことなどだ。その他安定性に関する改善やセキュリティアップデートも含まれている。アップーデートインストーラは、ソフトウェア・アップデート経由か単体インストーラをダウンロードするかによって利用できる。単体インストーラのサイズは、Mac OS X 10.4.3 用の 55 MB から Mac OS X Server 10.4.4 用の Combo アップデートインストーラの 166 MB まである。 [JLC](笠原)

<http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=302810> (日本語)アップル - サポート - TIL (Mac OS X 10.4.4 Update (Delta) について)
<http://www.apple.com/support/downloads/macosxupdate1044.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Mac OS X Update 10.4.4
<http://www.apple.com/support/downloads/macosxupdate1044combo.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Mac OS X Update 10.4.4 Combo
<http://www.apple.com/support/downloads/macosxserver1044.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Mac OS X Server 10.4.4
<http://www.apple.com/support/downloads/macosxserver1044combo.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - Mac OS X Server 10.4.4 Combo

iTunes 6.0.2 と QuickTime 7.0.4 リリース -- 先週の Mac OS X 10.4.4 と並行して、Apple は iTunes と QuickTime もアップデートした。iTunes 6.0.2 は universal binary 化され複数の AirPort Express base station(日本では AirMac Express ベースステーション)に対してブロードキャストする機能や安定性の改善、iTunes の下部に 新しい MiniStore が追加された。MiniStore には iTunes Music Store からの当日のトップ売上やスペシャルが表示されるもので、再生中の曲に基づいたお勧めが表示されたりもする。プライバシー保護論者は、iTunes が個人情報を不正に Apple に送っているとして MiniStore を性急に非難している。これに対して、匿名の Apple 関係者は MiniStore はユーザから何一つ情報を収集しないと Macworld magazine に対して述べている。iTunes のウィンドウの右下にできた新しいボタンで MiniStore を隠すことができる。これによりこの機能を停止し、何を再生したかに関するいかなる情報も送信しないようにすることができる。

<http://www.apple.com/itunes/>(日本語)アップル - iPod + iTunes
<http://www.macworld.com/weblogs/editors/2006/01/ministore/>

Apple の QuickTime 7.0.4 ダウンロードページによると、このアップデートには、多数の不具合の修正、iLife '06 への対応、H.264のパフォーマンス改良などが含まれているとのことだ。アップデートはソフトウェア・アップデート経由か 49 MB のダウンロードとして提供されている。しかし、Apple は、最新バージョンを取り除いて 7.0.1 へとダウングレードする QuickTime 7.0.1 Reinstaller for QuickTime 7.0.4(20.4 MB のダウンロード)も置いている。このユーティリティを推理することはちょっとしたミステリーだが(Apple の最小限のリリースノートは何の助けにもならない)、Apple のサポートサイトにおける議論では、DiskWarrior 3.0.3 や他にもいくつか互換性に関する問題があることが示唆されている。なので、私たちはもっと多くのことが判明するまでは QuickTime 7.0.4 へのアップグレードはお勧めできない。願わくば、Apple が短時間のうちに詳細情報を提供するか改修するかして欲しいものだ。 [JLC](笠原)

<http://www.apple.com/support/downloads/quicktime704.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - QuickTime 7.0.4
<http://www.apple.com/support/downloads/quicktime701reinstallerforquicktime704.html>(日本語)アップル - サポート - ダウンロード - QuickTime 7.0.1 Reinstaller for QuickTime 7.0.4

Adobe が Lightroom の Public Beta を提供 -- Adobe Systems,Inc. は、同社の次期プロフェッショナル用写真ワークフローソフトとなる Lightroom の Public Beta をMacworld Expo 開始直前に公開した。(Adobe は最近 Macromedia を買収したので、macromedia.com の URL のままになっている。)同社のデジタル写真編集ソフトは現在 最低 512 MB の RAM を積んだ PowerPC G4 か G5 が必要だが、Windows や、Intel のハードウェア上で走る Mac OS X にも後日対応するようになる。Lightroom は Apple の $500 の Aperture と同じプロフェッショナル写真市場に照準を合わせて現れたものだ。

<http://labs.macromedia.com/technologies/lightroom/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08299>(日本語)Aperture、写真家のために RAW を料理
<http://www.apple.com/aperture/>

これに含まれるのは、ホワイトバランスや色の修正といった一般的なタスクを行うためのツールや一般的な写真用ファイルフォーマットである TIFF、JPEG、RAW、Photoshop のサポート、そして、グレイスケールやセピアなどの多様なフィルターだ。ユーザはよく使う操作の組合せをプリセットとして保存することができる。現在の Public Beta は 6 月 30 日に期限切れとなるが、後続のベータ版のリリースにより期限が延長されるとのことだ。 Public Beta のリリースについては Adobe Labs RSS フィードによりアナウンスされる。 [MHA](笠原)

<http://labs.macromedia.com/rss_feeds/>

Mac 用 Skype 1.4 がリリース -- Skype は同社の最新版の音声とインスタントメッセージプログラムを Macworld Expo の開始と同時にリリースすることを決定した。そのため、電話の転送や iTunes の一時停止・復帰などの新しい機能が大騒ぎにまぎれてしまったような気もするが。新しい転送機能は、だれかがあなたの Skype アカウントに電話してきたときに、あなたがその通話を携帯電話のような実際の電話番号へも転送することができるということを意味する。着信は、別の Skype からあなたの Skype アカウント名へ、或いは、別に SkypeIn nuber 機能を有料契約しているなら、あなたの Skype アカウントに付けられた実電話番号へと切り替えることができる。ほとんど世界中の電話やアメリカ国内外の携帯電話への転送コストが 1 分間につき数セントだ。それは統合メッセージングとは言えないが、あなたへの電話が(あなたが望んだときに)あなたについていくようにする別のやり方ともいえる。Skype の Mac バージョンは windows 版に比べて機能もリリースもずっと遅れてきた。そして、バージョン 1.4 も、他のプラットフォームでは利用可能なビデオ会議が欠けている。もちろん、ビデオのサポートについては最先端とは到底言えないと非難されることが多いのではあるが。 [GF](笠原)

<http://www.skype.com/>

プロ用ビデオアプリケーションは Final Cut Studio の中だけ -- Apple は今後プロ用のビデオアプリケーションを個別の製品として提供しなくなる。購入者の大多数が $1,300 の Final Cut Studio(Final Cut Pro 5、Motion 2、Soundtrack Pro、DVD Studio Pro 4 が入っている)を購入しているので、現在では購入に際してスイートしか用意されていない。供給が尽きるまで、店頭には単独製品版は残るだろうが。

<http://www.apple.com/finalcutstudio/topquestions.html>

先週の Macworld Expo のキーノートスピーチで行われたアナウンスの一つは、universal binary 版の Final Cut Studio スイートが、私たちが予想したよりはるかに早い、2006 年 3 月に用意できるということだった。Final Cut Studio の所有者は universal binary 版へ $50 で "cross-grade" できる。これは、現行の Final Cut Studio アプリケーションが Intel ベースの Mac で動かないだろうために重要なことだ。もし、Intel ベースの Mac を今日買ったとしたら、3 月までプロ用のビデオソフトを使うことができなくなるからだ(現実には、プロのビデオを扱うために iMac を買おうとは思わないだろうが、あくまでも可能性としてだ)。しかし、Apple は素晴らしいアップグレード方針を提供している。もし、あなたが Final Cut Pro 5 の単独版を持っているなら、完全なスイートを $100 で購入できる。そして、他のプロ用アプリケーションや Final Cut Pro 4 を持っている場合は $200 でアップグレードできる。さらに、2 バージョン前かそれ以前のバージョンを持っている場合はコストは $700 というものだ。 [JLC](笠原)

<http://www.apple.com/finalcutstudio/>(日本語)アップル - Final Cut Studio


Macworld Expo SF 2006: みなぎる自信

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

私が思うに、毎年の Macworld Expo in San Francisco における、Apple の基調発表とショー全体の雰囲気との推移から、Apple Computer 復活の印を見て取ったとしても、間違いではないだろう。3年前の 2003 年には、Macworld Expo SF をまとめた私の記事のタイトルは "Apple が Microsoft 依存からの脱却を図る" で、2004 年の同じ記事の副題は "音楽によるトロイの木馬がベールを脱ぐ" だった。昨年の記事はどうかといえば、"Apple、攻勢に転ずる" で、そのときの Apple の態度に多少の空威張りが含まれていたとしても、ここ何年かの Apple が iPod と Mac を思い通りに出荷してきたという実績を見れば、私が今年の記事にこのような題名をつけたことにもうなずいていただけるだろう。この期間、Apple がいわば自分の足で立ち上がり、過度に高価な音楽プレーヤだった iPod を最先端コンシューマ向け電子機器として大流行させ、業界の中でも侮りがたい存在となるまでに実力を養ってきたのを、私たちは目の当たりにしてきた。Apple が自信を持つのも当然だ。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07042>(日本語)Apple が Microsoft 依存からの脱却を図る
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07499> (日本語)Macworld Expo SF 2004: 音楽によるトロイの木馬がベールを脱ぐ
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07952>(日本語)Apple、攻勢に転ずる

例えば、Apple の iPod ビジネスはすこぶる好調になったので、Steve Jobsは最も興味深い数字を伝えただけだった。現在までに 4200 万台の iPod が販売され、そのうち 3200 万台は 2005 年に、そのうち 1400 万台は年末の買い物シーズンを含む四半期に販売された。その次に、50 ドルの iPod Radio Remote が発表されたが、ショーの中で発表された iPod 関連製品もこの1つだけだった。その代わり、これが Macworld Expo であることを認めるかのように、Jobs は iLife '06 に焦点を当て、新しい Intel Core Duo ベースのiMac と MacBook Pro を予想より何か月も早く発表した。これらすべてに、おなじみとなったショーマンシップとユーモアがあふれ、人々は席を求めて何時間も行列に並んだ(その場にいることができなかったとしても、気にすることはない。基調講演は今でもウェブキャストで見ることができる)。Intel のCEO にチップ製造用のバニースーツを着せ、ドラマチックなスモークの噴出とともに壇上に登場させるなどという派手な芸当も、自信のなせる業だ。さらに、Jobs が噂サイトを真似た Super Secret Apple Rumors というポッドキャストのデモをするなんてことは、本当に自信がなければできない。現在、Apple は波に乗っている。だからといってすべてが完璧だというわけではないけれど、Apple と命運を共にする多くの会社も、一緒に波に乗っている。

<http://www.apple.com/quicktime/qtv/mwsf06/>

会場は満杯 -- Macworld Expo は、全盛期には Moscone Convention Centerの South Hall と North Hall 両方を埋めつくしていた。ここ何年かの規模は、それには遠く及ばないが、上昇傾向が続いている。2004 年には、両ホールに 260 のベンダーがさびしく散らばっていた。2005 年に、IDG World Expoは現実を直視し、280 のブースすべてを South Hall にまとめた。今年は、やはり South Hall だけしか使わなかったが、361 のベンダーでぎっしり満員となった。正式な入場者数はまだ発表されていないが、大雑把な印象では、入場者は昨年のほぼ 36,000 人からさらに増えただろう。会場も満杯に感じられた。初日は、もちろんいつも大混乱なのだが、週の後半になっても、私が会合から会合へとやむなく走り回るのは、走路良好とはゆかなかった。

これだけ規模が拡大したことの主な要因は、iPod 関連のベンダーが優勢になったためだ。2005 年にも、私はいくつの iPod 関連ブースがあったか述べた。合計 32、そのうち 14 は iPod ケースを販売していた(ブースの総数は280 だ)。その数字も、今年から振り返って見れば、どれだけ穏当に感じられることか。今年は 60 以上の出展社が、iPod に関連した何らかの製品を展示していたに違いなく(それを全部数えるほどの強者はいなかった)、そのうち49 が iPod ケースを販売していた。昨年、Macworld の編集長 Jason Snellは、ひょっとして iPod 関連ブースを North Hall に集めたらどうだろうと提案していた。それは実行されなかったが、これだけ増えるとなると、来年は実行されるかもしれない。

ショーの名前を "iPodworld" に変えたらどうかという冗談もあったが、iPodworld では、単独で開催することすらできないだろうと思う。単純に事実を見れば、iPod アクセサリのカテゴリはそれほど多くない。大まかに言って、ケース、ヘッドホンとスピーカ、車載充電器、FM 送信機とカセットアダプタ、リモコン、音声録音機、カメラコネクタ、これだけしかない。それぞれのカテゴリの中では、ほとんどの製品はどれもよく似ていて、どんなに iPodにのめりこんだ人でも、iPod の寿命が来る前に購入するアクセサリの数には限界がある。それよりなにより、iPod 関連の出展社がこれだけ参加している唯一の理由は、Mac ユーザであれば iPod ユーザである可能性が高いからで、多くの製品が実際はほとんど同一であるような世界では、企業は頭1つ飛び出して目立つためには、どんなことでもするのだ。とはいえ、Macworld Expo で目立つのは、難しいことだった。あまりに多くの iPod 関連ブースがあったし、その中にはあまりに多くの製品を出展しているところもあったから、よほど注意を払っていない限り、すべてがあっという間にごちゃごちゃになってしまう。誤解しないでほしいのだが、私はすべての iPod アクセサリを見て回るを楽しんだし、たくさんの様々なケースを見るのはとりわけ面白かった。しかし、はっきりと思い出せるは、ほんのいくつかのベンダーだけだ。

自信と自己資金 -- Apple の力強い基調講演と、出展社数の増加に加え、ここ何年かは見られなかった軽薄な方法で、ショーの会場には自信がみなぎっていた。ちゃちな小物、つまりロゴが印刷された景品は、ここ何年かに比べずっと一般的になったし、多くの企業が、従業員の衣装をそろえることに注力していた。賞を与えるとしたら、デザイン意識の強い LaCie だろう。同社は、頭の先からつま先までコーディネートし、スニーカーまでも白とオレンジのNike Shox FSM でそろえていた。

今年はまた、コンパニオンが戻ってきたことでも注目される。これは、企業に資金的な余裕ができたことの確かな証だ。XtremeMac は、唖然とするほど様々なデザインの iPod ケースを販売していたが、ブースの中にトレッドミルを置いていた。おそらく、iPod が、同社のスポーツ用ケースの中で、トレーニングウェアに身を包んで元気よく歩く魅力的な若い女性が身に着けるという苦行に耐えるということを示したかったのだろう。女性の1人が言うには、彼女は1日に8マイル(およそ 13 km)分働くそうだが、考えてみれば、音楽を聞きながらトレッドミルで何時間か歩いて給料をもらうというのは、悪くない仕事だ。負けず嫌いのランナーとして言わせてもらえば、コンパニオンではなくランナーを雇って、ショーの中で iPod ケースが持ちこたえた距離の合計を電光掲示板に表示したら、もっと印象深かっただろう。もう1つの iPod ケースベンダーは、私は名前を失念してしまったが(宣伝なんてそんなものさ!)、魅力的なアジア人の女性を4人集め、飛行機の添乗員の格好をさせて、キャスター付きの鞄を引きずりながら会場全体を歩き回らせていた。Tonya が言うには、男性のコンパニオンもどこかで見たというのだが、これについても、詳細はこれっぽっちも思い出せないそうだ。私たちとしては、参加者をブースにひきつけるための、もっと頭の良い方法(Circus Ponies ブースの焼き立てクッキーとか、Last Software ブースのフルーツスムージーと熱々プレッツェル付き SketchUp デモなど)を見たいと思うけれど、出展社が再びコンパニオンに出費するようになったというのは、雰囲気が明るくなっていることの証拠だ。

焦点は San Francisco -- 今年の San Francisco ショーは、Macworld Boston が中止になったのをうけて、いつにも増して注目を集めた。来年はさらにそうなるだろうと思う。人々に直接見て触ってもらった方が良い製品を販売している企業にとっては、これは最善の機会だからだ。この動きは、全体的に見て、現状では良いことだと思う。Macintosh 業界が立ち直っているなかで、1つの重要なショーに集中し、それをコミュニティーにとっての試金石とすることは、理にかなっている。ではまた、来年まで・・・。


Intel ベースの iMac と MacBook Pro、予想より早く出荷

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

先週の Macworld Expo において、いつものように胸を張った Steve Jobsが、新しい Intel ベースの Mac を発表した。壇上には Intel CEO の Paul Otellini が、チップ製造用の「バニースーツ」姿でよばれ、「PC の中に閉じ込められて、つまらない仕事をやらされていた」Intel チップを「解放する」と謳う広告も放送された。Apple は、この発表をもって、Intel Core Duo プロセッサを選ばれたプロセッサとして任命し、見慣れた外見の iMac と、MacBook Pro と名付けられた新しいラップトップにインストールした。Appleが今後の Mac でも Core Duo にこだわるのかどうかは語られなかったが、2006 年の終わりまでには、すべての Mac 製品が Intel プロセッサに移行するだろうと Jobs は約束した。

<http://www.apple.com/imac/>(日本語)アップル - iMac
<http://www.apple.com/macbookpro/>(日本語)アップル - MacBook Pro

Intel ベースの iMac -- 新しい iMac は、基本的な仕様や価格についてはiMac G5 の現行モデルとほとんど変わっていないが、1.83 GHz または 2.1 GHz で動く Intel Core Duo プロセッサを搭載している。このデュアルコア・プロセッサ(1枚のチップに2基のプロセッサを載せたもの)によって性能が格段に向上し、Apple によれば、現行の iMac G5 に比べ、最大で2倍から3倍高速になる。言うまでもなく、あらゆる性能がこれだけ向上するわけではないが、それでもこの改善は、回転する死のピザに辟易している人にとっては大歓迎だろう。128 MB のメモリを積んだ ATI Radeon X1600 グラフィックカードも、歓迎すべき改良点の1つだ。この新しいカードは従来よりも高速だと思われるが、それに加えて、ついに iMac 製品が、追加モニタを使った拡張デスクトップ(ミラーリングではなく)機能に対応する。

MacBook Pro -- Steve Jobs は、いまやトレードマークとなった「もう1つあります」という文句とともに、Apple の新しい Intel ベースのラップトップも発表した。MacBook Pro というカッコワルイ名前のこの製品は、Apple によれば 2006 年 2 月から出荷される予定だが、基調講演の直後から Apple Store に予約注文が殺到し始め、何時間かのあいだほとんど接続不能になった。Jobs が説明したところでは、もはや PowerPC チップを搭載していないので "Power" というのは不適切になり(とはいえ、PowerBook は、このプロセッサを搭載する前から PowerBook だったのだが)、以前から "Mac" を製品名に含めたいと思っていたのだという。このことから、Apple のプロフェッショナル向けタワー型マシンについて、Intel チップ版の製品名を推測するなら、"Power" と "G5" がなくなるから、"Mac" が残るということになる。MacBook Pro というのは、文字を見ればきれいだが、発音はかなりぎこちなく、このショーの中で耳にした意見は、ほとんどが否定的なものだった。

MacBook Pro にも Intel Core Duo プロセッサが使われている。2つのモデルがあって、1つは 1.67 GHz で動き 2,000 ドル、もう1つは 1.83 GHz で動き 2,500 ドルだ。新しいプロセッサは、発表によれば、現行 PowerBook G4の最上位機種に比べて4倍から5倍の高性能をもたらすということだ。どちらのモデルにも 15.4 インチ液晶画面が搭載されており、Apple Cinema Displayと同じぐらい明るいということだが、解像度は、PowerBook G4 の 1440 ×960 ピクセルより少し低い 1400 × 900 ピクセルだ。グラフィックプロセッサは ATI Mobility Radeon X1600 で、128 MB または 256 MB の GDDR3 メモリが載る。MacBook Pro の厚さは 1 インチ(2.5 cm)で、現行の 17 インチPowerBook G4 より「髪の毛1本分薄い」そうだ。重さは 5.6 ポンド(2.5 kg)だ。

新しい iMac では、仕様は現行世代とほとんど同じだったが、MacBook Pro では、現行 PowerBook の機能リストに多くの機能が加えられている。中でも注目すべきものとしては、外出先でのビデオ会議用に iSight が内蔵され、同梱された Apple Remote と、それに対応する赤外線センサおよび Front Row ソフトウェアで各種メディアの再生ができ、特許出願中の MagSafe 電源コネクタは磁石で電源プラグを固定するから、誰かが電源ケーブルに足を引っ掛けてコンピュータを床に落としてしまうという心配がなくなる。電源プラグの先には緑色の LED が付いていて、電源ジャックにつながっているときに点灯する。ジャック周辺のアルミニウム筐体は磁性体でなく(つまり力を及ぼさず)、プラグはしっかりと吸い込まれるように感じられる。プラグを抜くには少し力が必要だ。

ほかの標準機能としては、環境光センサー搭載のバックライト付きキーボード、スクロール機能付きトラックパッド、緊急モーションセンサー(Apple は特許を取得した)、Apple 30 インチ Cinema Display に対応した DVI ビデオ出力、デジタル光オーディオとアナログオーディオの入出力、AirPort(日本では AirMac)Extreme、Bluetooth 2.0+EDR、2基の USB 2.0 ポートと1基のFireWire 400 ポート(FireWire 800 ではない)がある。驚いたことに、MacBook Pro の SuperDrive は 4 倍速書き込みで、PowerBook G4 の 8 倍速より遅い。

FireWire 800 が消え、ExpressCard スロットが追加 -- MacBook Pro は、PCI-Express シリアル規格のための、より小さく多用途なインタフェースExpressCard スロット(PC Card スロットに置き換わる)を搭載する、初めてのモデルとなる。このカードスロットは、1レーンのデータ転送を扱え、これは 250 MB/s(およそ 2 Gbps)に相当する。Apple の副社長 David Moody が記者会見の中で認めたところでは、性能と融通性とを提供するための最善の方法は、製品に FireWire 800 を据え付けポートとして搭載することではないとApple は考えた。

<http://www.apple.com/macbookpro/whatsinside.html>(日本語)アップル - MacBook Pro - 仕様
<http://www.expresscard.org/web/site/qa.jsp>

ExpressCard ならば、スロットの帯域幅が 2Gpbs あるので、例えば FireWire 800 ポートを2つ同時にフルスピードで動かすこともでき、極めて高速なRAID 0(ストライピング)ディスクセットにも対応できる。例えば4つのディスクを A、B、C、D という具合にストライピングしたとして、全体のスループットが 1.6 Gbps になったとしても、制限はディスクの読み書き速度だけとなる。

PowerBook やその他のラップトップに付いている PC Card スロットとCardBus スロットがみすぼらしく年老いて、高機能無線カード(大抵は PC 専用)と携帯電話用データカードを除けばほとんど使い道がない一方で、ExpressCard スロットの非常に高速なスループットによって、データをやり取りするための選択肢がより増えるだろうと思われる。

ExpressCard アダプタで2台目のモニタを、というのはすぐに思いつくが、MacBook Pro は 30 インチ Apple ディスプレイに対応しているので、これは意味がない。でも、3台目のモニタなら? そう、その通り。

Apple、802.11a 無線ネットワーク機能も追加 -- 公式・非公式のいくつかの情報筋によると、新しい iMac と MacBook Pro は、802.11a 版の Wi-Fi に対応しているという(ただし、AirPort Extreme と AirPort Express の両ベースステーションは対応していない)。802.11a は、Apple が AirPort Extreme と呼ぶところの 802.11g とほとんど同じように機能するが、5 GHzの周波数帯を使う。この周波数帯は、米国をはじめいくつかの国で免許が必要なく、そのため広く使われている。AppleInsider に、いくつもの詳細な点に触れたレポートがあるが、その 802.11a についての分析には、2003 年時点では正しかったが 2004 年以降当てはまらなくなったものもある。

<http://appleinsider.com/article.php?id=1465>

2003 年 1 月に AirPort Extreme が発表されたとき、802.11a は、Steve Jobs によって死を宣告された。そしてそれは、その時点では死にかけているように見えた。ところが、皮肉なことに、より古くて遅い 802.11b 規格との下位互換モードがないことが、かえって 802.11a の利点となっている。802.11b と g は 2.4 GHz 帯で機能し、802.11b の最大スループットは 11 Mbps、正味でおよそ 5 Mbps だ。802.11g は最大 54 Mbps で、正味では、追加機能やその他の要素によって、およそ 20 から 30 Mbps だ。

802.11b との互換性がないことが利点だというのは、b と g のアダプタを両方使うネットワークのパフォーマンスが、g だけのネットワークよりも悪いし、どんな 802.11a ネットワークと比べても悪いためだ。古い "b" 機器がネットワーク全体の足を引っ張り、共有通信時間のうち高速通信に使われる分が減ってしまう。802.11a は、屋内使用では、5 GHz 帯を使っても出力レベルは同じだから、信号が物体を透過しやすいとはいえ、到達距離は短くなる。屋内で1つのベースステーションを使う限り、802.11a には、特に利点はない。

しかし、企業や学校で大規模に使うなら、802.11a を使うことに大きな意味がある。使用できるのが、それぞれのアクセスポイント周辺の狭い範囲に限定され、アクセスポイントあたりの接続ユーザ数が少ないことが保証されるからだ。また、802.11a には8つの屋内チャネル(そして4つの屋外チャネル)があり、それらの周波数は重ならない。それに対し 802.11b/g には、米国で3つ(いくつかの国では4つ)のチャネルしかない。さらに良いことに、802.11a の 5 GHz 帯では、米国軍との取り決めで民生使用が拡大されることになっており、近い将来さらにチャネルが増える。結果として、企業や大学で、Voice over IP(VoIP)を使ったキャンパス内通話やインターネット電話(VoIP がゲートウェイを経由して公衆交換電話網につながる)を展開するのに適したツールとして、802.11a が浮上してきた。

今回の 802.11a 対応は、注目すべき大躍進というわけではないし、実際のところ、Apple が AirPort Extreme 機能を実現する Wi-Fi チップを Broadcom製から Atheros 製に切り替えたことの副作用でしかないのだろうと思われる。しかし、これが意図的なものかどうかはともかく(Apple の仕様書には802.11a 対応についての記述がない)、最小限のサポートだとは言っても、Mac を企業や学校で使うための障害が1つ少なくなったことは間違いない。


iLife '06 および iWork '06 リリース

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Macworld での注目の大半は新しい Intel パワーの iMac と MacBook Pro ラップトップに集まったが、Apple のソフトウェアリリースもかなり多岐にわたっていた。Mac OS X 10.4.4 にユニバーサルバイナリのサポートを組み込んだのに加えて、iLife '06 と iWork '06 も発表された。どちらのスイートもそれぞれ $80 で、または 5 ライセンスのファミリーパックがそれぞれ $100 で、現在すでに入手可能となっている。新しい Mac には無料で iLife '06 が付属しており、また iWork '06 の 30 日間有効の試用版も付属している。

<http://www.apple.com/ilife/>(日本語)アップル - iLife
<http://www.apple.com/iwork/>(日本語)アップル - iwork

iLife '06 には新バージョンの iPhoto、iMovie、iDVD、それに GarageBand が含まれている。(iTunes は単独の別スケジュールでアップデートされる。)それに加えて、Apple の .Mac サービスの上でウェブページを作ったりポストしたりが手軽にできる iWeb という新しいアプリケーションも含まれるようになった。iWeb には Apple のデザインしたテンプレートが使われており、また写真、ムービー、ブログのポスト、ポッドキャストなどを追加するための使いやすいインターフェイスも装備している。当然ながら、これらの要素は他の iLife プログラムの中から手軽に持ち込めるようになっている。

iPhoto 6 は 250,000 枚の写真をサポートするようになり、これまでの 25,000 に比べて十倍に増えた。また、Steve Jobs の言葉によれば「バターのようにスクロールする」とのことだ。(これは少なくとも新しい iMac においてであって、以前からのハードウェアの上でどうなるかはテストしてみなければわからない。)この新バージョンでは新しいフルスクリーンの編集インターフェイスと、多数の写真の中から選択したり、それらをもっと素早く編集したり、また通常のブック印刷(この印刷品質も大幅に改善された)に加えて新たにグリーティングカードや葉書、カレンダーなどにも印刷できたり、といった作業が手軽にできる新しいツールが導入された。ユーザーがフィルタを一つ一つ適用して写真が良くなるかどうかを見なければならなかったところを、今回の iPhoto では一つの写真に対していろいろの異なったフィルタをあらかじめ適用して、それらの結果を一連のサムネイル画像として表示し、ユーザーがそのうちから気に入ったサムネイルをクリックするだけでその効果がその写真の編集結果として適用される、というオプションが可能になった。そして、今回の目玉の機能となるべきものとして、iPhoto に「フォトキャスティング」が導入された。これは .Mac を使ってアルバムを iPhoto ユーザーたちの間で共有するというものだ。(共有されたアルバムは Source ペインに現われる。)

<http://www.apple.com/ilife/iphoto/>(日本語)アップル - iLife - iPhoto
<http://www.filmloop.com/>

GarageBand 3 の最も重要な新機能は、GarageBand でポッドキャストを作るためのシンプルな3トラックのタスクだ。新設のスピーチ拡張用オーディオ・プロセッシング(例えば背景ノイズを低減したり、男声・女声の音質を改善したり、といった機能)の恩恵を受けつつ一つのトラックに声を録音し、あなたの音楽を(あるいは使用料不要のクリップ 200 個から、または 100 個のジングルから選んで)もう一つのトラックにドラッグ(その際 GarageBand は自動的に「ダッキング」つまり音楽が声を圧倒しないように音量をフェードさせる)し、新しい“podcast artwork”トラックにはグラフィックスを追加して他の二つのトラックと適切な時点で同期できるようにする。それからボタンを一つクリックすればたちまちポッドキャストのファイルが準備完了となる。GarageBand はまた iChat からの遠隔インタビュー録音もサポートするようになり、iMovie からムービーを取り込んでビデオトラックにし、ビデオポッドキャストやサウンドトラックを作るのにも使えるようになった。

<http://www.apple.com/ilife/garageband/>(日本語)アップル - iLife - GarageBand

(Jobs は GarageBand の新しいポッドキャスティング機能の実演として、彼自身のポッドキャストを作ってみせた。「やあ、私が Steve だ。私のポッドキャスト、Super Secret Apple Rumors へようこそ。ここでは私たちが大好きな会社についての一番ホットな噂話をお届けしよう。」そして彼は 8 ポンド、10 インチの新しい iPod を“暴露”し、その他の iPod 関係製品についても触れた。彼の話は傑作のグラフィックスによって彩られ、その一つではシルエットの男が踊る現行の iPod 広告をもじって、男が片方の小脇に巨大な iPod を抱え、もう片方の脇には iPod 対応のトースターを抱えている、というものだった。)

iMovie HD 6 には、iDVD でもはやお馴染みとなったものとよく似たアニメーション付きテーマが追加された。また、ムービークリップや写真を、動くテンプレートとして加えられる。(例えば旅行の映画では、地図の上にいろいろなメディアが重なって現われる、というようなシーンが作れる。)それから、リアルタイムの効果やタイトル、複数のプロジェクトを同時に開いておける機能 (やっと実現した!)、“Export to iPod”機能、それにビデオポッドキャストを作る機能なども新たに追加された。iMovie HD 6 には新しいオーディオ効果、例えばピッチ変更やノイズ低減、より精密なサウンド調整ができる 10 スライダーのイコライザーも加わった。Apple はまた別の記者会見で、Ken Burns Effect などの iMovie の写真処理機能が従来のバージョンよりも改良されていると述べ、私たちはぜひ早くこれをテストしてみたいと思っている。

<http://www.apple.com/ilife/imovie/>(日本語)アップル - iLife - iMovie HD

iDVD 6 には Magic iDVD が登場した。これは昨年の One-Step DVD 機能をさらに拡張して、テーマを選び、Media ペインからムービー・写真・音楽を選び、そしてボタンを押すだけで iDVD がプロジェクトを作って DVD ディスクを焼いてくれるというものだ。Apple はまたプロジェクトの Map 表示での編集機能を拡張して、プロジェクト構造の中でドラッグするだけでメニューページの順序を並べ替えられるようにした。さらにスライドショーも大きく改良され、これまで 99 枚の写真が限界だったところもスライドショー一つあたり 9801 枚の写真にまで増えた。けれどもやはり一番のニュースは、SuperDrive 搭載の Mac のみに限定されずにサードパーティの DVD バーナーでも DVD が焼けるようになったという、長らく待ち望んだサポートが実現されたことだろう。

<http://www.apple.com/ilife/idvd/>(日本語)アップル - iLife - iDVD

iWork '06 の方は期待したほどのレベルの変更は受けなかった。けれどもいくつか目立つ改善点はある。3D チャート、iPhoto の Adjust パネルと同じものに見える高度な画像編集、新しいテーマやテンプレート、オブジェクトの下側に反射像を加える機能 (これは現在 Apple お得意のデザイン要素だ)、それに画像マスク付きのフリーフォーム図形などが、Keynote 3 と Pages 2 に新装備された。表の中で計算ができるようになり、レビュー筆者のコメントも組み込めるようになった。

個々のアプリケーションについてもう少し触れておくと、Pages 2 には自動修正機能や、書類中でのナビゲーションが容易になるページサムネイル表示、Apple の Address Book アプリケーションとともに働くメールマージ機能が加わった。Keynote 3 の改良点としては画像をまき散らすようにしたりシーケンス内にポイントをマークしたりといったことが可能になり、スライドの一覧や整理に向いた Light Table 表示も加わった。プレゼンテーションの練習をする際に、第2ディスプレイに接続せずに Rehearsal View(現在のスライド、次のスライド、経過時間、その他の情報を表示する)が使えるようになった。また、新設の QuickTime コントロールでムービーとの相互作用が可能になり、パスワードロック機能を使ってプレゼンテーションをキオスクモードで走らせられるようになった。


Macworld Expo 2006 で見つけた珠玉たち

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今年もまた、Macworld Expo 会場で目に留まった最高の製品、最低の製品、そしてもっとも奇妙な製品などを見て回る、恒例の記事を書く時がやって来た。今回は 361 を超える数のブースがあったので、きっと私たちが見逃したクールなものもあったに違いない。そういうものにお気付きなら、どうぞご遠慮なく TidBITS Talk にあなたの提案をお寄せ頂きたい。

あなたの写真をループに -- 長年にわたって Macintosh の伝道師として知られた Guy Kawasaki の助力(と財政的援助)を受けて、FilmLoop 社は新しいインターネットベースの「フォトキャスティング」製品を大々的に発表した。見たところ、これは一連の写真のストリームを、家族やスポーツチーム、あるいはクラブのようなグループ内で共有し、手軽にアップデートもできるようになる便利な方法のようだ。写真そのものは FilmLoop 社のサーバに置かれるが、グループのメンバー各個々人がそれらの写真コレクション(「ループ (loop)」と呼ばれる)を見たり、新しい写真を追加したりもできる。その際 FilmLoop Player という無料のクライアントプログラムを使うことになり、このビューワウィンドウは普通のアナログフィルムを水平に拡げたようなものの上に写真が次々に流れて行く感じに見える。現在のところ FilmLoop Player はいくつかのバージョンの Windows で走るが、Tiger の下でならば Mac で走る予備バージョン(ベータ版以前)もある。(Panther のサポートも追加される予定だ。)この FilmLoop の素晴らしいところは、例えば 50 人の人たちが結婚披露宴に出席したとして、仮にその一人一人が 5 枚ずつの写真を同じループに提供したとすると、それだけですべての人が 250 枚の写真を持ったループを見られるようになることで、常にそのうちからおよそ 7 枚ないし 8 枚の写真が一緒に表示されることになる。一つの写真をダブルクリックすれば、画像が拡大表示されるとともにコメントやタグ、そして詳しい情報をウェブ上で見つけるためのリンクが見えるようになる。ループはまた一方通行の出版としても設定できるし、カタログやテレビ番組、あるいはタレントのプロモーション用写真などのためにも使えるだろう。FilmLoop のウェブサイトにはさまざまのループが用意されているのでどうぞご覧頂きたい。TidBITS Macworld Expo SF 2006 というループもあるし、Macintosh 本の著者として知られる Robin Williams が彼女自身の最近のエジプトでの休暇を写したループもある。FilmLoop には大きな可能性があるのは確かだが、私たちはその TidBITS ループを作りつつ、もう少したくさん機能があったらなあ、と思ったのもまた確かだ。例えば FilmLoop サイト検索フィールドとか、スライドショーのオプションとかがあればよいのに、と思う。[TJE]

<http://www.filmloop.com/>
<http://invite.filmloop.com/x?miMfZMIRJygrn2jx9Zzr-r-2Vx9x/ljY&2>
<http://invite.filmloop.com/x?AJILRbnt3zlviORKURnh6pxr8s9NLIvF&2>

Google Earth に無我夢中 -- ついにテクノロジーが映画に追い付いた。サスペンス映画などで強力な政府のスパイ組織などが悪い一味を追跡するために(あるいはその反対の場合もあるが)衛星画像を使って地球上のどんな場所でもズームインして見るような場面がある。これが、今やあなたにも出来るようになった。まあ、ある程度は、という但し書き付きだが。Google Earth は Mac 用の新しいアプリケーションで、衛星写真や地図情報にアクセスすることによって、地球上のほどんどあらゆるものを見せてくれる。都市名、住所、会社名、その他何でもタイプするだけで、もしもそれが Google のデータベースにあれば、Google Earth はその場所に向かって行くスピーディーなアニメーションを提供してくれる。いったんその場所が見つかれば、上から見下ろした画像でマウスをドラッグしながらその周囲の地域を探索できる。さらに素晴らしいことには斜めから見下ろした立体的な画像にして見たり、それと合わせて地形図も見たり(St. Helens 火山や Grand Canyon はぜひ見ておくべきだ)また都市によってはビルディングの情報まで見たりもできる。Google Earth for Mac は 12.5 MB のダウンロードだ。[JLC]

<http://earth.google.com/>

最高の(結婚披露)パーティー -- もちろん、どのパーティーもそれぞれに良かった。The Party for the People は誰にもオープンに開かれていて楽しかったし、第 21 回を迎えた恒例の Netters Dinner はここ数年見られなかった何人かの懐かしい顔が見られたことが変わっていただけでいつも通りの盛り上がりだった。けれどもどれが最高のパーティーかといえば、今年は何と言っても Shawn King の Your Mac Life パーティーが一番だった。これは Griffin Technology やその他たくさんの会社をスポンサーに、あのエレガントな Great American Music Hall で開催された。この Your Mac Life パーティーが他のものとどこが違っていたのかというと、それはこれが Shawn King と Lesa Snider の結婚披露パーティーを兼ねていたからだ。Lesa は iStockPhoto.com の主任伝道師であり、また David Pogue のアシスタントとしても働いている。Shawn と Lesa が出会ったのは三年前の Macworld だった。Shawn がプロポーズの言葉を言ったのも去年の Macworld だったし、二人が結婚式(人前結婚式で、Andy Ihnatko が証人だった)を挙げたのは今回の Your Mac Life パーティーの直前のことだった。披露宴の音楽を担当したのは Silicon Valley House Rockers、そのリードボーカルは Paul Kent で彼は Macworld Expo の Vice President に指名されたばかりだ。ちょうど翌日の朝食会がキャンセルになったということがわかったばかりだったので、Tonya と私は結局朝になってこのバンドが演奏を止めるまで夜通し踊り続け、君たちはすごいエネルギーだねとか、Adam ってちょっと歯止めの利かないヤツだねとかいう冷やかしをさんざんに浴びた。[ACE]

<http://www.yourmaclife.com/>
<http://wiredblogs.tripod.com/cultofmac/comment.blog?a=render&entry_id=1386748>
<http://www.yourmaclife.com/layout/YML/images/YML_Expo2006/YML_Expo2006_Thursday/YML_Expo2006_Thursday.html>
<http://www.musichallsf.com/history/>
<http://www.svhouserockers.com/>

どんな iPod でもビデオを -- 実際に立ち止まってデモを試してみるまでに、私はもう何度となくこの ATO ブースの前を通り過ぎていた。でも、看板をパッと見ただけでは、この iSee 360i というアダプタは、ビデオ再生を可能にするということだけのためにあなたの iPod のサイズや重さを三倍ほどに膨らませてしまい、価格もほとんどビデオ対応 iPod を買うのと変わらないことになってしまうもののように思えたので、私はこれじゃ意味がわからん、と思ったのだ。でも、やっと立ち止まって実際にこの機器を使ってみたら、おお、確かにこれはおもしろい、という気になった。第 4 世代や第 5 世代の iPod(別売のアダプタを使えば nano や mini もサポートしているが、Shuffle は使えない)を差し込んで、パッと裏返せば、たちまちこれが大きな 3.6 インチ (9.1 cm) のスクリーンを持ち、あなたの iPod に保存されたビデオの再生ができるようになる。もともとあなたの iPod にビデオが入っていなければ何にもならないが、これは通常の方法(例えば iTunes Music Store からのダウンロード)でも、あるいはあなたの iSee をアナログビデオソース(例えば TiVo や VCR など)に接続して録画機として使っても取り込める。大陸横断のフライトの時間を利用して一週間分撮り溜めた The Colbert Report を見て追い付くのに、これ以上理想的な方法があるだろうか。この iSee はこの四半期後半に出荷の予定で、価格は $250 だ。[JK]

<http://w3.isee-ato.com/>

あなたがどこで噂になっているか、検索しよう -- Podzinger という新しいウェブサービスの代表者たちは、Expo の会場でジャーナリストたちをつかまえては、このポッドキャスト検索ウェブサイトについて広く知ってもらいたいと躍起になっていた。これは、インターネット関係の仕事で長い歴史を持つ会社、BBN の Delta Division によって作られたサイトだ。BBN はインターネットに貯えられたオーディオやビデオのファイル内にあるサウンドを解析するテクノロジーを開発してきた。そして、これを使ってポッドキャストをテキストに変換し、そのテキストを検索可能なものにしてきたのだ。現在のところ、彼らは地道な努力を積み重ねて 40,000 以上のポッドキャストの変換を済ませ、そのうち 150,000 ほどのポッドキャストが既にオンライン化されているという。彼らは今年の第2四半期の終わりまでには全部に追い付きたいと言っているが、一週間あたり数千程度という今のペースでは、もっと何か強力なものを投入しない限り追い付くのは難しいかもしれない。(登録して自分のポッドキャストを投稿しておけば、彼らの作業予定キューで優先的な順位に動かしてもらえる。)Podzinger ウェブサイト経由で無料で利用できるこのテクノロジーで、あなたは多数のポッドキャストを検索できるし、また保存検索を作って自動的に常時アップデートされるようにし、その検索結果自身をポッドキャストにしたり(あなたの検索結果の一番上に表示されるオレンジ色の RSS バッジをあなたの iTunes ウィンドウにドラッグすれば検索結果が iTunes に保存される)あるいはその保存検索を指し示す URL をあなたのウェブサイトに置いて読者たちが自由にあなたのポッドキャストを検索できるようにしたりもできる。この Podzinger の背後にあるビジネスモデルは現在のところ Google AdWords を表示することに基盤を置いているが、彼らがこの技術を Google に買い取ってもらうのを目指していることは間違いないだろう。[TJE]

<http://www.podzinger.com/>

プロジェクトの新しい管理 -- プロジェクト管理ソフトウェアというのは特にエキサイティングな製品カテゴリーとも言えないかもしれないが、もしもあなたが複雑なプロジェクトの管理を任されて、多数の参加者や、何十何百もの項目を切り分けて行かなければならないとしたら、もはや単純な to-do リストだけではどうにもならないのも確かだ。そういう場合には、ガントチャートや、項目どうしの依存関係、目印となる項目、リソースや費用の追跡など、さまざまの機能が必要となり、これこそが Microsoft Project を Windows での標準ツールとなさしめてきた事柄なのだ。今回のショーでは、Mac OS X 用のプロジェクト管理ソフトウェアが二つ、私の興味を惹いた。ProjectWizards 社の Merlin 1.3.8 と、Marware 社の Project X だ。

<http://www.projectwizards.net/en/merlin/>
<http://www.projectx.com/>

Merlin と Project X の両方に共通の機能はたくさんある。通常のタスク管理機能以外に、これら二つはどちらも Address Book、iCal、それに Mail と統合されており、どちらもウェブサーバを内蔵していてプロジェクト情報を公開できるようになっている。また、どちらも Spotlight を使った検索ができる。これらの基本機能以外では、Merlin の方には詳細なリスク管理機能があり、添付書類のバージョン管理やフレキシブルな時間・費用計算機能なども充実している。Project X の方にはフローチャート風の Network View があって依存関係がすっきりと分かるようになっており、また個々の参加者が自分でそれぞれのタスク状況をウェブ上でアップデートできるようにして、プロジェクト管理者に課せられた面倒なデータ入力の手間を少しでも和らげられるようにしている。Merlin は現在 $185 で販売されており、2006 年 1 月 22 日までは 20% 割引(“Macworld2006”というクーポンコードを使う)が実施されている。一方 Project X の方はこの第1四半期の終わりまでに出荷される予定で、価格は $200 となる。[JK]

最高の AirPort Express 利用法 -- AirPort Express ベースステーション(日本では AirMac Express ベースステーション)で音楽をワイヤレスで聴くのは気持ちいいが、いくつもの AirPort Express ベースステーションを同時に使って、音楽がきちんと合って鳴るようになったら、もっと素晴らしいんじゃないか? ほんの短期間、Rogue Amoeba から出たばかりの Airfoil 2 がそれの可能な唯一の方法だったが、その後で Apple から iTunes 6.0.2 が、同じ機能を装備してリリースされた。それでもやはり、iTunes 以外のアプリケーションから複数の AirPort Express ベースステーションに音楽を送って演奏しようとすればこの $25 の Airfoil 2 を使うのが唯一の方法となる。例えば Tonya が TidBITS-807 の記事“ホリデー音楽は Pandora で iTunes を鳴らそう”で書いたようなブラウザベースの Pandora 音楽提供サービスを使っているならば、その方法を採らざるを得ない。Airfoil 2 はまた内蔵された効果であなたの音楽に肉付けもしてくれるし、RadioShark、Dashboard ウィジェット、マイクなどのオーディオ機器、それにシステムオーディオのような新しいオーディオソースもサポートしている。だから、もしもあなたが自宅やオフィスでもっとどこでも音楽を聴きたいと思っていたなら、AirPort Express ベースステーションに Airfoil 2 を組み合わせるというのもなかなか良いのではないだろうか。[ACE]

<http://www.rogueamoeba.com/airfoil/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=08347>(日本語)ホリデー音楽は Pandora で iTunes を鳴らそう

最高のアナログなクッキー -- Circus Ponies Software は NoteBook のメーカーだが、今回彼らが Expo の出席者たちを惹き付けたのは NoteBook 2.0 のデモによってばかりではなかった。もう一つ、あたりの通路いっぱいに広がった焼き立てのクッキーの香りが物を言った。Moscone ではベンダーたちがブースのスペースを借りられるだけでなく、クッキーの妖精の宿るオーブンを借りることもできるなんて、誰が気付いただろうか。[TJE]

<http://www.circusponies.com/>

最高のデータ修復機器 -- 職業的に Mac を使っている私たちは、外部ハードディスクをいつでも使えるようにしているのが一般的だ。これは、一つにはディスクのトラブルの問題が起こった時に外部ハードディスクがあれば修復作業がはるかに簡単になるからだ。あらかじめディスク修復とバックアップのソフトウェアを搭載しているその外部ハードディスクで起動して、そこから作業をすればよいだけだ。でも、旅行中で外部ディスクを持っていない場合や、あるいは元々外部ディスクを持っていなかった場合などは、どうすればよいのだろうか? 従来は、使えるものといえばいい加減なブート CD だけしかなくて、それもたいてい時代に遅れていて、第一そこにデータをコピーすることもできない、ということが多かった。Micromat の TechTool Protege は 1 GB の FireWire フラッシュドライブで、TechTool Pro と DiskStudio(パーティション分けツール)があらかじめインストールされている。これは USB でなく FireWire を使っているので、最近の Mac ならばどんなものでも(もちろん Mac OS X をインストールしてあれば、ということだが)起動できるし、いくらか空き容量もあるので修復を試みる前に重要なファイルをいくつかコピーしておくこともできる。David Shayer による素晴らしい比較記事“ディスク修復牧場の決闘”では TechTool Pro 4 は中くらいの評価を受けた一群の中の一つに過ぎなかったが、新登場した他のツールを比較に加えていけない理由は何もない。この TechTool Protege の価格は $230 だが、TechTool Pro 4 と DiskStudio の両方を使いたいのならばかなりお買得と言えるだろう。これら二つの価格だけで $150 くらいになるのだから。[ACE]

<http://www.micromat.com/protege/protege_intro.html>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1255> (日本語)ディスク修復牧場の決闘|Tech Tool Pro 4 がディスク修復戦線に参入

最高の有名人ウォッチ -- Apple 信奉者や Macintosh オーナーたち、その忍耐力と狂気とユーモアのシンボルとなるべき人物として、Discovery Channel の番組 MythBusters のホストの一人である Adam Savage より相応しい人がいるだろうか? Macworld Expo の会場で、私たちは何度も Savage を見かけた。直接会ってみた彼はとても楽天的で元気の良い男で、テレビカメラの前でおもちゃのピストルでお尻を撃たれたり、腕の毛を焼き切ったりしているのが特にそんな感じだった。[GF]

<http://dsc.discovery.com/fansites/mythbusters/mythbusters.html>

Videocue でポッドキャストやビデオブログ -- ポッドキャストやビデオブログで気になることが多いのが「あの〜」の問題だ。よほど練習を積んでから臨むのでない限り、録音を始めたそのすぐ出だしに「え〜と」とか「あの〜」とかいう声を出さずにずばりと話の内容を語り出すのは難しい。Vara Software の Videocue 2 と Videocue Pro 2 は、大きな文字のスクロールするパネルを提供することで、この問題を避ける助けになってくれる。あなたはそのパネルに文章をタイプでき、テレビの出演者がテレプロンプターを読むようにしてそれを読むことができる。iSight やその他のビデオカメラがあなたの Mac に接続されていれば、あなたが読んでいるのをビデオあるいはオーディオとして録画・録音でき、その後で他のビデオやトランジション効果、あるいはビデオを他のクリップの上に重ねて合成するための素晴らしいクロマキーのマスク機能さえも手軽に組み込むことができる。Videocue 2 の価格は $40 で、Videocue Pro 2 の方は $90 だ。どちらもデモ版としてダウンロードでき、ライセンスコードでロックを外さないうちはコンテンツの録画・録音が 15 秒間のみに制限されている。[JLC]

<http://www.varasoftware.com/products/videocue/>

最高の空間利用法 -- Anthro 社の eNook はレトロな 90 年代風の名前と笑ってしまうほど高い値段を兼ね備えている。でも、きっとこれはものすごく能率的なのでどちらも全然問題ないのだろう。$450 という値段を払えば、Murphy ベッドのコンピュータセンター版が手に入る。[Adam の注: もしも Anthro が独身者のちっぽけな寝室用に本物の壁取り付けベッドを作ったら、きっと eNookie って名前になったかも... 失礼、つい口がすべってしまった。][訳者注: Murphy ベッドは、壁に作り込みの折り畳み式ベッドのオリジナルブランドです。Adam の冗談にある eNookie の意味については、辞書でnookieという単語をお調べ下さい。]この eNook は壁に打ち込んだ釘に取り付けるように作られており、コンピュータやその他の周辺機器をしまっておける。開けて広げた状態にすると、机になる。閉じた状態では、壁に取り付けられた 7.25 インチ (18.4 cm) 大のかえで材、さくら材、または「白」(無地の表面材)の板だけの姿になる。考えるに、Anthro はこの外側にオプションのアクセサリとしてデジタル写真のフレームを追加してもよかったのではないだろうか? [GF]

<http://www.anthro.com/PromotionDetails.asp?PromotionID=328>

最もセキュアなドライブ -- あなたがセキュリティを万全にしておきたいデータを大量に持っていて、たとえそのデータを保存したハードドライブが失われたり盗まれたりした場合にさえもそのセキュリティの事を第一に考えたいとしよう。(最高機密の政府の研究所でもそんな事態が起こることがあるなんて、_決して_ 言うつもりはないが!)完全にハードウェア側からこの問題に対処したのが Rocstor 社の RocBit ハードドライブで、これはコントローラベースの暗号化と電子キーを提供しており、起動時にこの電子キーをドライブの背面にあるジャックに差し込まないと暗合の解読が始まらず、解読は次のパワーサイクルでまた無効になる。ドライブ上に存在しているビットの情報は常に暗号化された状態なので、データが危険に曝される可能性があるのはドライブの使用中か、あるいはキーがドライブと一緒に盗まれてしまった場合だけだ。暗号化されたドライブはきちんとバックアップをとっておくのが必須だ。なぜならディスクが壊れた場合にデータ復旧は非常に困難、あるいは不可能ともなる可能性が高いからだ。そのことを押さえた上で、RocBit ハードドライブがバックアップ用ドライブとしても適していると言っておこう。バックアップソフトウェアの提供する暗号化だけでは不安で、バックアップ自体にもっとセキュリティを、という場合に特に相応しい。RocBit ドライブには 2.5 インチと 3.5 インチの二種類のサイズがあり、ポートの種類もいろいろと違ったものが用意されているので、価格は $170 から始まってそれぞれ違ってくる。PGP Desktop の Virtual Disk もほぼ同程度のレベルのセキュリティをディスクイメージに対して提供しているが、こちらは完全にソフトウェアベースなのでセキュアさの程度はそれを解読するためのパスフレーズにすべてかかってくる。[ACE]

<http://www.rocstore.com/>
<http://www.pgp.com/products/desktop/home/>

夢のワイヤレス製品で最高のケーブル節約 -- Belkin 社は ultrawideband (UWB) を使った業界初のワイヤレス USB ハブを市場に出す会社になろうと夢見ているらしい。UWB は膨大に幅広いスペクトラムにわたって極端に低パワーで極端に短時間に集中したシグナルを送ることによって、同社の担当者によれば短距離で(Belkin のバージョンでは)110 Mbps を送信することができるという。将来のバージョンは 480 Mbps にも達する予定とのことだ。Belkin USB 2.0 アダプタは USB 2.0 ポートに差し込むドングルと 4 ポートの AC 電源駆動ハブとを組み合わせている。このドングルはドライバを必要とせず、ケーブル結線の USB ワイヤー接続をシミュレートしている。Belkin は Consumer Electronics Show (CES) と Macworld Expo 両方ともの会場で、実動ではない製品を展示していた。

<http://www.belkin.com/pressroom/releases/uploads/01_03_06CableFreeUSB.html>

Gefen 社もやはり Freescale 社からライセンスを受けた同じテクノロジーを使って同様の機器を提供したいと発表している。この Freescale というのは PowerPC チップを作っている Motorola から派生した会社だ。Gefen の創始者はデモ製品はないのかと聞かれてちょっと狼狽した様子だった。彼らはプロトタイプさえも持ってくることができなかったのだ。もしも幸運が訪れれば、数カ月後にもこういった製品が世に出るのかもしれない。価格についてはまだ何も発表されていないが、とんでもない値札になることもあり得る。Belkin と Gefen の意向が発表されて以来、2006 年 1 月の初めにある記事が出たが、その記事によれば Gefen の USB 拡張器の価格は $400 から $500 くらいになるかもしれないという。[GF]

最も意外な iPod アクセサリ -- iPod ケースやスピーカーシステムなどは今年も Macworld Expo の会場に満ち溢れていたが、その中で一番思いがけないものだったのが Atech Flash Technology 社のトイレ用 iPod ドックだった。これが単なる注目集め用のアイデア品に過ぎないのか、それとも本当の商品なのか、私にはわからない(彼らのウェブサイトには載っていない)が、このスピーカーシステム付き iPod ドックはあなたのトイレの中に設置するためのもので、ちゃんとトイレットペーパーのロールを取り付けるマウントまで付いている。一方では、私はありふれた製品を新しいやり方で使うのが好きだ。ことにスペースに余裕のない狭い場所ではなおさらだ。でも一方では、何千曲もの大量の音楽が、本当にトイレの中で必要なのだろうか? [JLC]

<http://tuaw.com/2006/01/11/atechs-toilet-paper-dispenser-ipod-dock/>
<http://www.atechflash.com/>

最高の「医者の不養生」 -- ある朝、私たちは Macworld Expo のショーのフロアに入ろうとしつつ、二人の紳士たちが Moscone Convention Center の入り口でラゲッジカートの上に巨大な箱を危なっかしくいくつも乗せて苦闘しているのを見かけた。年配の方の人はすっかり腰が曲がって不自由そうだった。Glenn がちょっと立ち止まって彼らのためにドアを押さえていてあげたのだが、その時気付いたのが、彼らが一生懸命運び込もうとしていた荷物が - いや、組合に言っちゃ駄目だよ - 実は、あの「腰がスッと伸びる」人間工学的な「身に付ける椅子」の Nada Chair だったのだ![Adam の注: ちなみに、記録のために言っておくと、Tonya と私はこれを試してみたことがあるが、立ち上がろうとする度にどうしようもなく厄介なものだった。][GF]

<http://www.nadachair.com/>

MemoryMiner があなたの写真にコンテクストを -- 私たちの Mac は何千ものデジタル写真を保存しておくことができるが、それらを整理したり検索したりするのはやはり難しい作業だ。実際に写真を見ると心の中にいろいろな情報が自然と浮かんでくるものだが、それらの情報は単なるタイトルやキーワードだけで伝えられるものとはまるで比較にもならないだろう。この問題に取り組むため、GroupSmarts, LLC 社が MemoryMiner を出してきた。これは写真管理のアプリケーションだが、基本的なメタデータよりも踏み込んだ内容を、それもはるかに深く踏み込んだ内容を扱えるように作られている。それぞれの写真に多様な情報を結び付けることによって(ただ、これが自動的にできるようになれば素晴らしいのだが!)あなたの写真コレクションが時間・場所・人物など、いろいろな方法でナビゲートできるようになる。MemoryMiner が特に優れているのが、古い写真をデジタル化したものを扱うような場合だ。お父さんとお祖母さんが 1956 年にフランス旅行した時の写真を探したい? それならほんの二つ三つセレクタを選んだだけで、たちどころに条件に合う写真が現われる。15 日間有効な MemoryMiner の試用版が、10 MB のダウンロードで入手できる。ライセンス価格は $45 だ。[JLC]

<http://www.memoryminer.com/>

最も常軌を逸した紹介 -- Steve Jobs がキーノートの中で、いつも通りの熱した語り口で、Quark 社のページレイアウト製品 QuarkXPress がそのバージョン 7 のリリースに伴ってユニバーサルバイナリで利用可能になると述べた時、多くの人たちの眉にしわが寄ったものだ。皆の脳裏に疑問符が浮かんだのは言うまでもなく Quark 社がこれまでクラシックな Mac OS コードを Mac OS X に移行させるのに2年以上も費やした前歴があることが大きな理由の一つで、その空白期の間にデザイナーたちの多くが Quark に見切りをつけて Adobe InDesign に乗り換えたものだった。ということは、どうやら Quark は今や見捨てられた子供からお手本となる良い子に変身したということなのだろうか。たぶんこれは、あの時期を逸した移行期間中に貯えられた開発作業の積み重ねがやっと実を結んだからなのかもしれない。Quark の発表によれば今月後半にも公開ベータ版が出され、リリース時期は今年のうちのいつかの時点になるということだ。[GF]

<http://www.quark.com/>

郵便局なしに済ます最高の方法 -- 私たちは普通、ホリデーシーズン以外にはあまり小包を送ったりしないものだが、もしも私が一月あたり一時間以上を郵便局で過ごすようになれば、私なら Endicia Internet Postage に登録するだろうと思う。これは月額 $16 かかるサービスで、郵便料金をあなたの Mac で印刷できるようになるというものだ。もちろんあなたは郵便料金の分も支払わなければならないが、この Endicia ソフトウェアは無料で、どんなレーザープリンタでもインクジェットプリンタでも、あるいは高速のラベルプリンタでも使える。Endicia は郵便用電子秤をサポートし、出荷ログを提供し、Apple の Address Book とも統合、また国内郵便・国際郵便双方の料金を計算するとともに外国向けの小包については税関用の書類まで印刷してくれる。もしもあなたが eBay 利用のベテランで、ひっきりなしにいろいろなものを小包で送り出しているのなら、Endicia は検討に値するだろう。今後ずっと、あなたのためにかなりの時間を節約してくれるだろうから。[ACE]

<http://mac.endicia.com/>

即席の RAID -- 私はずっと前からバックアップ用には外部 FireWire ドライブを勧めてきた。(もちろん、オーディオや写真、ビデオの編集をするアプリケーションのためにも余分のディスク容量を提供してくれる。)Maxtor の OneTouch ドライブは多くの人たちに向いた選択肢だ。これには Retrospect Express が無料で付属していて、ドライブの前面のボタンを押すだけで起動できるようになっているからだ。このデザインによる最新シリーズである OneTouch III ラインの製品には、静かなのに強力な冷却システム(ロードが大きい時にもこのドライブの外面が暖かく感じられることはない)や持ち運びの際にドライブを守るショックマウントの内蔵などの機能がある。この OneTouch III ファミリーの中で一番興味深いのが OneTouch III Turbo Edition だ。このケースの中には2基の 300 GB または 500 GB のドライブが収められ、これらを RAID 0(ストライピングによる高速作動)または RAID 1(ミラーリングによる安全性追加)として設定できる。1 年間の保証期間内にもしもどちらかのドライブが故障すれば、Maxtor はまずあなたに新しいドライブを送ってくれるのであなたは故障したドライブを送り返す前にデータを新しいドライブにコピーできる。SoftRAID または Disk Utility を使えば、OneTouch III を要素の一つとして含んだ super-RAID を構築することもでき、その場合には(例えば)ストライピングとミラーリングを同時に使うことも可能となる。この OneTouch III Turbo Edition には USB 2.0、FireWire 400、それに FireWire 800 のインターフェイスが付いている。300/600 GB モデルの小売価格は $550 で、500 GB/1 TB モデルの方は $900 だ。[JK]

<http://www.maxtoronetouchiii.com/>
<http://www.dantz.com/>
<http://www.softraid.com/>


TidBITS Talk/16-Jan-06 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

各話題の下の1つ目のリンクは従来型の TidBITS Talk インターフェイスを開く。2つ目のリンクは私たちの Web Crossing サーバ上で同じ討論に繋がる。画面上の見栄えが異なるほか、こちらの方が高速のはずだ。

ワイヤレス通信範囲の拡大法 -- ワイヤレスのネットワークがもっと広い領域で正確に動作できるようにするための機器を入手したいと思ったが、実際にやってみるとこれが驚くほど手間のかかる作業だった。(メッセージ数 6)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2839>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/682/>

iQue 3600 のレビュー -- GPS 機器の iQue 3600 をレビューした Travis Butler の記事に対し、この機器の使用する Navteq の地図データに関するコメントや、静電気についての警告などが寄せられた。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=2841>
<http://emperor.tidbits.com/TidBITS/Talk/683/>


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中
Tiger でのファイル共有、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther でのユーザとアカウント、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther のカスタマイズ、TidBITS 翻訳チーム訳
Panther へのアップグレード、TidBITS 翻訳チーム訳

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2006年 1月 23日 月曜日, S. HOSOKAWA