TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#943/01-Sep-08

長年にわたって文書処理を続けてきた仕事の虫の私たちは、Google Docs やその他のものによって文章書きや編集の作業がオンラインに持ち込まれるさまを目にしてきた。でも、インターネットにアクセスできない場所、例えば飛行機の機内のような場所で物書きをしたい場合にはどうすればよいのか? Adam が、Google Gears およびその新しい Safari 用の実装が Google Docs にオフライン機能を与えていることを説明する。テキスト編集の話題が続くが、Adam はさらに Bare Bones Software の最新リリース、BBEdit 9.0 を入念にチェックする。また今週号では、Glenn Fleishman が Google から登場予定の Chrome と呼ばれるウェブブラウザについての報道と、その内容を説明した漫画について検討する。TidBITS 監視リストでは、Final Cut Express 4.0.1、VMware Fusion 2.0 RC1、Apple ProRes QuickTime Decoder 1.0、Coda 1.5、それに RapidWeaver 4.1.1 のリリースをお伝えする。最後にもう一つ、TidBITS ではニューヨーク州 Ithaca にあるわが国際総本部において、人材を募集している。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


TidBITS 求人募集中... Ithaca にて

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

この夏、もっと能率的に仕事をしよう、Getting Things Done のテクニックも使おう、と最大限の努力をしたにもかかわらず、完全にお手上げの状態になってしまったことをかんがみて、私たちは仕事をうまく成し遂げる最も効果的な方法は誰か他の人を雇ってそれを任せることだという結論に達した。それに、時空の連続体をむやみにいじり回すよりも、人を雇う方が安くつくし安全でもある。

私たちは現在2名の契約ポジションを求人募集中だ。まずテクノロジーライターが1名、TidBITS と Take Control でリサーチや事実確認、それに執筆を担当する仕事だ。それから個人助手が1名、こちらは Tonya や私が時間がなくて手が回らないさまざまの必要なことを処理する仕事だ。いずれのポジションも、定期的に共同作業したり直接会って打ち合わせしたりする必要があるので、応募者はニューヨーク州 Ithaca に住んでいるというのが条件だ。

これらのポジションについてもっと詳しい情報は、 私たちの Jobs ページをご覧いただきたい。


Google 来るべき Web ブラウザの説明に漫画を採用

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

技術的概念を理解するのは、私には毎日 "頭をコンピュータの中に突っ込んで" 働いている様に見えるような人にとってすらも、時折更なる努力を必要とすることがある。人間は物事をそれぞれのやり方で理解するので、同じ説明を聞いても、同じ視覚表示を見ても、そして何かについて読んでも、皆異なった人に到達する。

Google は、その新しい Chrome Web ブラウザが他の現在使われているものとどう違うのか絵と言葉で説明するのに、それに長けた Scott McCloud を雇うことに決めた。これは素晴らしいアイディアである:例えば、JavaScript 最適化を説明するのに、もし簡素にしてかつ全体として正確な図解説明を見ることが出来れば、クラスレスプログラミングとは何ぞやを理解する必要はない。

google_comics_pane

この漫画は、Creative Commons ライセンスの元でリリースされ、そして郵便でその数は明らかにされていない人々へ送られた。Google Blogoscoped の Philipp Lenssen は、彼はこの漫画を受け取り、スキャンして、そして 掲載したのだと説明している 。この漫画で参照されているサイトである www.google.com/chrome は、この記事を書いている時点では生きてはいない [訳者注:現在では Windows 用ベータのダウンロードサイトになっている]。

Chrome のこれまでのブラウザとの鍵となる相違点は、ブラウザ内の個々のタブは、あるタブでの JavaScript の減速やブラウザのクラッシュが他に影響するのを避けるため、個別の独立したプロセスとして走るようになっていて、これはマルチタスクのオペレーティングシステムが、一つのプログラムのクラッシュが全システムをダウンさせてしまうのを防止する典型的なやり方と同様な考え方に基づいている。

この漫画の中で Google が言うには、先進的な JavaScript 仮想化マシンを採用することで JavaScript の速度を格段に改善しているという。2008年 6月には、WebKit プロジェクトは SquirrelFish と呼ばれる独自の JavaScript 仮想化マシン最適化プロジェクトを発表している。

ポップアップウィンドウを持つページに対しては、それが有用なものであれ広告用の出し物であれ、個々のタブはポップアップを検出して、ユーザーがそれを独立のウィンドウに変換出来る様にする。

Google が言うには、セキュリティも改善され、個々のタブがハードドライブにファイルを書き込んだりその上のデータを調べたりするのを許さないようにしていると言う。これは一つの典型的な動きで、Apple も Microsoft も Safari 3 と Internet Explorer 8 の中で何らかの形で取り入れている。Google はまた三階層の信任を採用したので、これらを本来持つべきではない Web ページ上ののプログラムやスクリプトに意図されない権限が委譲されるのを防げると信じている。

このブラウザは、ある特定のタブを囲い込んで秘密にする - "匿名" ウィンドウ - のを許すので、あるページ、パスワード、そしてその他の詳細情報をブラウザのキャッシュされた或いは保存されたエレメントに含まれない様に出来る。通常人々はこのモードを共有するコンピュータ上に足跡を残さないようにするために使う - 例えば、個人の調べ物、着衣をつけない人物を見る、或いは贈り物やパーティを秘密にしておく等。

Chrome は WebKit に基づいている。これは Apple のデスクトップとモバイル Safari そして Nokia の S60 ブラウザの大元の基礎として用いられているのと同じオープンソースプロジェクトである。Nokia の S60 ブラウザは究極的には同社の現行のもの全てを置き換えるものとして使われる予定で、そして Symbian プラットフォームの将来方向の一部でもある。

Scott McCloud の代表作は、"Understanding Comics" と "Reinventing Comics" であり、これらの本の中でも彼はこの媒体を使って、その過去、現在、そして来るべき未来、彼自身が深く関わって来た未来を説明している。

Chrome が使える形で何時出されるのかについては今は何も分かっていない。でもこれはブラウザ戦争でも一番良い形のものと言える:1990年代のある企業による独占形態を狙っての Netscape Navigator つぶし作戦と違って、今は沢山のブラウザの時代なのである。Microsoft は最近 Internet Explorer 8 for Windows の二番目のベータをリリースした;Navigator の精神的な後継者とも言える Firefox 3 も全てのプラットフォームのためのものが Mozilla Foundation から出されたのもそう前の話ではない;そして Apple は WebKit と Safari を、Windows, Mac OS X, そして iPhone と iPod touch のためのより速い速度とより大きな安全を実現するために押し続けている。そして、この他にも参加者には、OmniWeb, Opera, iCab, Camino, そして Flock 等がある。

ユーザーにとってこの Google の参加の良い点は、これで我々は四つのブラウザを持つことになり、それぞれが高速で、簡単でそして安全であることを意図しており、そこでは三つの異なるレンダリングプラットフォーム (Chrome と Safari は WebKit を共有している) が使われることになる。この結果進化の多様性が保たれ、より良きソフトウェアと現存の全てのブラウザが一つの欠陥で攻撃される危険性を下げることに寄与するであろう。更に Web 開発者の職の確保の意味もある、彼らはかって複数のブラウザで見栄えを良くするための手直しが主な仕事であった。


BBEdit 9.0、誰もが何かの恩恵を

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Bare Bones Software の BBEdit は、Macintosh の世界で最も長く続いているアプリケーションの一つだが、今回メジャーアップデートを受けてバージョン 9.0 となった。数多くの機能が追加され、このテキストエディタを使っている人々、あるいは今はもっと機能の少ないプログラムに依存している人々も、きっと誰もが何らかの意味で生産性を向上させられるようになるだろう。あなたが必要としているのがウェブオーサリングツールでも、プログラマー用のエディタでも、巨大なテキストファイルを操るためのユーティリティでも、純粋にテキストのみに焦点を絞った物書きツールでも、あるいは以上述べたことすべてを時によって使い分ける必要があったとしても、BBEdit 9.0 の 新機能のどれかがあなたの仕事を楽にしてくれるだろう。そうそう、じっくり探せば、ポニーまでいるのだ。

モードレスに検索 -- おそらく BBEdit 9.0 で最も重要な変更点の大部分は評価も高いその検索機能に関係したものたちだろう。今回のバージョンで、Bare Bones は単一のファイル内でのテキストの検索と、複数のファイルにわたって検索する作業とを分離した。モードレスでリサイズ可能な Find ウィンドウが、BBEdit ユーザーたちが長年愛用してきた grep 対応の検索パワーのすべてを提供する。けれども、複数のファイルにわたって検索を走らせたい場合には、このウィンドウではなく新たに設けられた Multi-File Search ウィンドウを使うことになる。こちらもモードレスでリサイズ可能だ。Multi-File Search が検索できる対象として、現在開いている書類たち、ディスクブラウザの表示内容、最近使ったフォルダ、BBEdit プロジェクト、最近使った Xcode プロジェクト、さらには保存された Spotlight 検索結果まで扱える。また、Find ウィンドウの中で grep 検索をカラー付けする機能も盛り込まれ、これを使えば複雑な grep パターンを構文解析する際に見分けやすくなるだろう。

BBEdit-Find-window

これだけ長年経ったが、Bare Bones が古いモーダルな Find & Replace ダイアログをやめにしてくれたのは嬉しいことだ。(このニュースを伝えると、Tonya は「まあ! よかった」と叫んだものだ。)でも心配無用。古いインターフェイスに慣れ切っている人たちや、単一ファイル内での検索と複数ファイルでの検索で同じテキストを検索語として切り替えて使うことの多い人たちのために、古い Find & Replace ダイアログを使うオプションもある。

関連した機能でもう一つ大きく変わったもの、しかも良い方に変わったものとして、BBEdit の Find Differences 機能がある。BBEdit 8.5 で、Bare Bones は二つの似たファイルの間での差異を各行の中でどの文字が違っているかまで表示する機能を付け加えてくれた。これは私たちにとって非常に大きなことだった。なぜなら、TidBITS 記事で作業をする際に BBEdit をバージョンコントロールシステムの Subversion と連動させて使えるようになったからだ。プログラミングコードならば比較的短い行しかないかもしれないが、散文における行とは段落のことであり、段落内部でどこが変わったかが分からなければ、単に二つの段落が異なっているというだけではあまり役にも立たない。BBEdit 9.0 で、Bare Bones は Find Differences 機能を拡張し、ただ単に変更を受けた行を示すだけでなく、それぞれの行の内部で変更された文字を表示することもできるようにした。また、変更された個々の行の中で、変更された一連の文字の範囲のそれぞれについて個別に見たり置き換えたりもできるようにした。

ブラウズと編集 -- BBEdit はずっと以前から File Group 書類なるものを備えていて、あなたのハードディスクのあちこちに散らばったファイルやフォルダを一緒にまとめて見ることができるようになっていた。ただ、ここで言うファイルグループとは、実際には Finder の中に既に存在しているファイルを別途の表示方法によって見るだけのものに過ぎなかった。開いたり、改名したり、消去したりすることはできても、それ以外にあまりできることはなかった。同様に、このプログラムにはずっと以前から Disk Browser ウィンドウがあって、ハードディスク上のファイルやフォルダが一覧表示できるようになっていたが、このディスクブラウザからはファイルたちの実際の内容を見ることはできても編集することはできなかった。BBEdit 9.0 では、ファイルグループが Projects と名前を変え、これも、またディスクブラウザも、いずれも本来すべき方法で動作するようになった。すなわち、ただ開いたりプレビューしたりできるだけでなく、完全な編集機能も備えるようになったのだ。プロジェクトまたはディスクブラウザのウィンドウの左側にあるサイドバーでファイルをクリックすれば、そのファイルがメインウィンドウに開いてフルに編集できるようになる。ファイルをダブルクリックすればそれが独自のウィンドウで開く点は従来のバージョンと同じだ。

BBEdit-Disk-Browser

何百何千というファイルを扱うプログラマーたちには、BBEdit のファイルグループやディスクブラウザは以前から便利なものだったが、これが今回一段と便利さを増した。以前の機能がこれまでは役に立たなかったという人たちにも、今回は役に立つようになったのではないだろうか。私はこの機能を従来は便利と思わなかったが、これからじっくりと使ってみようと思っている。

残念ながら、BBEdit の FTP/SFTP Browser はまだこの編集可能ペインの機能を装備するに至っていない。これは、ウェブ開発者には非常に大きなことだろう。また、ディスクブラウザに何らかのバージョンコントロールのインターフェイスが追加されて、その保存場所の中で変更されたけれどもまだアップデートされていないファイルや、コンピュータ上で変更されたけれどもまだ保存場所には収められていないファイルを特定できるようになれば素晴らしいだろう。

ファイルをプロジェクトウィンドウの中にも、また独立のウィンドウの中にも開いておくことができるようになったので、BBEdit 9.0 ではあなたがどのウィンドウでファイルに変更を加えてもその変更が即座に他のすべてのウィンドウに反映されるようになった。特定の一つのファイルを意図的にいくつもの表示で同時に開いておくべき理由は私にはあまり思い付かないが、そうしなければ、同じファイルに対してどのウィンドウがどの変更を保持しているかを別々に追跡管理しなければならず、それではコントロール不能の混乱状態に陥ってしまいやすいことも容易に想像できる。

さらなる機能 -- Project および Disk Browser ウィンドウの編集可能ペインとモードレスな Find インターフェイスが BBEdit 9.0 の目玉となる新機能であることは疑いないが、それら以外にも追加機能はたくさんある。Scratchpad ウィンドウはテキスト断片を放り込んでおいて常時自動保存される場所を提供し、テキストを編集したり他の書類にコピーしたりするのに使える。複数の Mac で BBEdit を使う人には、~/Library/Application Support/BBEdit フォルダの内容を MobileMe 経由で他の Mac に同期させることができるようになった。同じクリッピングやテキストファクトリー、その他の設定を他のコンピュータとの間で共有するために便利だ。一つ、賢いテクニックがある。一時的に BBEdit 9.0 を誰か他の人の Mac で使わなければならない時、単純にあなたの iDisk にあるバージョンの BBEdit フォルダをその Mac にコピーするだけで、あなたの個人的環境が再現される訳だ。

もう一つの新しい機能はテキスト補完だ。文字を一つか二つタイプしてから、キーを押し、ポップアップしたものの中から欲しい展開テキストを選べばよい。(タイプ中に一定時間が経過すれば自動的にテキスト補完が割り込んでくるようにも設定できるが、私の通常の使い方ではちょっとそれはやり過ぎのように感じられる。)おそらくこれは主にプログラマーたちにとって便利なものだろう。BBEdit は言語に対応した展開を提供し、その材料は現在の書類、近接した書類、クリッピング、その他の場所から呼び集めることができる。また、BBEdit に内蔵された言語サポートも改善されたとのことで、特に Ruby、JavaScript、HTML、それに Python での改善が大きいという。

BBEdit-text-completion

システム管理者向けには、BBEdit は bzip 圧縮ファイル (.bz2) 例えば Leopard のログファイルのようなものを読み・書きできるようになった。gzip 圧縮ファイルで既に実現されていたものと同様の方法による動作だ。それから最後にもう一つ、これは私たちのように書くことで生計を立てている者にはありがたいことだが、BBEdit のウィンドウで文字・単語・行数のカウントを常時アップデートして表示するようになった。その表示をクリックすれば、書類に対する表示と選択されたテキストに対する表示とが切り替わる。

アップグレードの詳細 -- 従来の商品版の BBEdit ならばどのバージョンでも、その登録ユーザーは $30 でアップグレードできる。BBEdit 9.0 を新規購入する場合の定価は以前と変わらず $125 で、教育関係者向けの価格も引き続き $49 だ。このプログラムは現在既に出荷済みで、30 日間完全機能の試用版が 15.4 MB のダウンロードで入手可能だ。Mac OS X 10.4 かそれ以降を必要とし、Universal Binary だ。


Google Docs を Safari でオフライン利用する方法

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

皮肉なことだが、これだけ物書きを続けている私が、ただ一つのワードプロセッサに決めて落ち着いたことが今まで一度もない。その代わりに、私は手許にある仕事に合わせてたくさんの異なったワードプロセッサの中から選んで取り上げ使ってきた。私たちはちょうど今 Google Docs を(ワードプロセッサとしてはあまり良いものとは言えないが)ある種の共同著述作業に使い始めているところだ。例えば Tonya と私が Take Control 用にマーケティング用の文章を書いたり、あるいは私が Macworld に記事を書いたりする時に使っている。使える機能が最小限であるという事実を補って余りあるほど、素晴らしく共同作業に対応しており、同種の製品、例えば Zoho Writer や Buzzword のような、手早い共同作業に焦点を絞ったとは感じられないものたちに比べて、私の必要により適していると思う。

オンラインのワードプロセッサでは皆同じことだが、Google Docs にも一つ重大な構造上の制約がある。つまり、インターネットアクセスを持たなければ、あなたの書類が一切あなたの手の届かないところにあるということだ。Google はこの制約を取り除くため、Google Gears と呼ばれるテクノロジーを開発してきた。(Zoho Writer や、他のいくつかのウェブアプリケーションも Gears を使っている。これはどんな開発者でも実装に使えるオープンソースのテクノロジーだ。)Gears は SQLite に基づいたデータベースエンジンによって非接続の問題に対処し、Gears 対応のページはオフラインにいる間このローカルなデータベースキャッシュからデータをやり取りできる。接続が再び確立されれば、Gears が変更点を Google のストレージクラウドへと同期して戻す。

Gears はしばらく前から Firefox ウェブブラウザ経由で Mac 用にも使えていた。けれども Google は今回、Safari 用の Gears の「ベータ」版をリリースするに至った。(Google はすることほとんどすべてにベータ版という名前を付けている。開発に何年も費やし何百万人ものユーザーが使っていてもそうだ。だから、そのコードの実際の状況を判断するのは難しい。)私はウェールズに旅する前に少しだけ Firefox で Gears を試してみたことがあるが、ちょっと分かりにくいと思って今回 Safari リリースが出るまで二度と使わずにいた。いずれにしても、Safari リリースならばより多くの Mac ユーザーたちの興味を引き付けられることだろう。 この Safari リリースに際しては大きな宣伝がされることもなく、また Google の Gears ホームページにもまだ Safari 互換になったという記述はない。

Firefox 用の Gears は Firefox アドオンだが、Safari 用では Gears が二つの部分に分かれている。入力マネージャ(/Library/InputManagers にインストールされる)とインターネットプラグイン(/Library/Internet Plugins にインストールされる)だ。人によっては入力マネージャが嫌いかもしれない。そういう人は Firefox 版の方を使えばよい。

インストールと設定 -- Google はまだ公式に Safari 用の Gears をリリースしていないので、通常のインストール方法、つまり Gears ホームページを訪れて Install Gears ボタンをクリックするという方法は使えない。(今すぐ Firefox 版をインストールしたければその方法でできる。)その代わりに、 ディスクイメージをダウンロードして、その中にあるインストーラを走らせる。インストールの終わりに Safari を再起動させる必要がある。Gears は自動的に自分自身をアップデートするので、Google が新バージョンをリリースすれば何もしなくてもアップデートが手に入る。また、インストールがうまく行ったかどうかは Safari のアプリケーションメニューの Google Gears Settings メニュー項目を見れば確認できる。でもまだそれを選ぶのは止めておこう。その前に、Google Docs に行き、ページの右上の部分であなたの電子メールアドレスの隣に表示されている Offline リンクをクリックすれば、一連のダイアログボックスが現われてインストールの作業が続けられる。

Google-Docs-Settings-line

まず、Google Gears はあなたにオフラインアクセスを有効にするかどうかを尋ねてくる。そこで Enable Offline Access ボタンをクリックする。次に、Gears はあなたのコンピュータにデータを保存してもよいかどうか尋ねてくる。(もちろんそれは必要なのだが、きちんと確認してくれるのは良いことだ。)そこで“I trust this site. Allow it to use Gears”と記されたチェックボックスを選び、Allow をクリックする。

Gears-enable-access-dialog
Gears-store-data-dialog

それから Gears はデスクトップにショートカットを作るかどうか尋ねてくるが、これは必ずしも必要でなく、またその気になればあとでいつでも作ることができる。デスクトップショートカットは実際にはあなたのデスクトップ上に作られる小さなアプリケーションだが、置く場所はそこでなくても構わない。ダブルクリックすれば、それを作った時にあなたがデフォルトとしていたウェブブラウザで Google Docs が開かれる。あとであなたがデフォルトを変えた場合に切り替えられるほど賢くはないが、必要ならばいつでも作り直すことができる。また、Safari のアドレスバーから Google Docs の URL をデスクトップへドラッグすれば .webloc ファイルが作られるが、そちらも Gears の作る Google Docs アプリケーションと全く同じ働きをする。

Gears-desktop-shortcut-dialog

以上のことをいったん済ませれば、Gears があなたのデータの同期を始める。あなたが膨大な数の書類を Google Docs に保存してでもいない限り、同期にはそれほど時間がかからないはずだ。その後の同期は定期的に行なわれ、おそらくあなたはそのことに気づきもしないだろう。

Gears-synchronizing

基本的な使い方 -- Safari が開いていれば、http://docs.google.com/ に手動でナビゲートすることができるし、あるいは .webloc を使うか、または Gears の作る Google Docs アプリケーションを経由するかしてもよい。いったんそこに行けば、どんな書類でもクリックすれば開くし、通常通りに変更を加えて、作業が終われば Save & Close ボタンをクリックすればよい。忘れてならないのは編集できるのがワードプロセッサ書類のみであることで、スプレッドシートやプレゼンテーションなどはオフラインで表示させることはできてもまだ編集はできない。

Google はあなたがオンラインかオフラインかの区別をメインの Google Docs ファイルリストの中でほんの小さなアイコンだけを使って緑のチェックマークとグレイの斜線付き丸印とで切り替えることにより表示する。残念ながら、そのアイコンはあまり頻繁にはアップデートされないので、私が Mac をすべてのネットワークから切り離した後でも、数分間オンラインの表示を続けてから、やっとそうでないことに気付くという挙動をした。同様に、あなたが特定の書類を開いている間、緑の下向き矢印がその書類が同期されていることを示し、グレイの上向き矢印が次回に接続した際に保存すべき変更点が残っていることを示す。きっとこれは私がオンラインワードプロセッサでオフラインの仕事をしている時に感じるイメージと逆向きの表示になっているせいかもしれないが、私としてはもう少し直観的に分かりやすいステータス表示を使って欲しいものだと思う。

Google-Docs-status-icons

編集された書類には、Google Docs ファイルリストの中で名前の横に小さく“Edited offline”というタグが付く。それからネットワークに再接続すれば、間もなく Gears はそれに気付いてあなたの書類とクラウドの間で同期をとり、それと同時に“Edited offline”タグが消える。

Google-Docs-edited-offline-tag

注意しておかなければならないのは、Firefox と Safari の両方に Gears をインストールした場合、共通のデータ保存をする訳ではないということだ。言い替えれば、オフラインにいる間に Safari である書類に変更を加えたとしても、その Safari 版の変更が Google Docs に同期されない間は Firefox でその変更を見ることはできない。これは不合理なこととは言えないが、それでも私たちのように普段から複数のウェブブラウザを使っている人にとっては混乱の種になりかねない。

ベータ版を考慮した保護 -- Gears がプレリリース版の状態にあることについて私が一つだけ心配なのは、もしも何か問題が起こった際に飛行機のフライト一回分の作業が丸々失われるのは困るということだ。私はまだあまりこれを使い込んでいないし、まだ一度も問題に遭遇していないとはいえ、かなり心配なことは確かだ。なぜなら、Gears はデータベースに保存をするのであって、これは必要に応じて手軽に引き出せる通常のファイルとはわけが違うからだ。

もちろん、テキストをコピーしてから TextEdit なり何なり他のシンプルなワードプロセッサで仕事をするということはいつでもできる。ただ、私がその代わりに考えている方法は、クリップボード履歴を保持してくれる Keyboard MaestroCopyPaste Pro のようなユーティリティを使うことだ。これなら、時折ただ「すべてを選択」して「コピー」するだけでバックアップが作れる。

言うまでもなく、Google Docs は無料で使えるし、Gears も無料だ。Gears は Safari 3.1.1 かそれ以降と、Mac OS X 10.4.11 または 10.5.3 かそれ以降を必要とする。あなたが Google Docs をオフラインで使うつもりがあまりなくても、ぜひ Gears を使ってみることをお勧めしたい。これさえあれば、普通ならばインターネットの海の中で手も足も出ないような時にも、ちゃんと何らかの仕事を仕上げることができるようになるかもしれないのだから。


TidBITS 監視リスト: 注目のソフトウェアアップデート、01-Sep-08

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <http://www.ousaan.com/mail/>


TidBITS Talk/01-Sep-08 のホットな話題

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

(App ストアのメールリスト -- Apple の App Store での最新リリースを見つけるにはどこへ行けばよいか? RSS と Twitter フィードはある。(メッセージ数 4)

飛行機内で MacBook Pro の電源 -- フライト中に MacBook Pro を充電しようとしたがうまく行かなかった。おそらく理由は充電に必要な電源と充電せずにラップトップを走らせるだけの電源との違いだろう。(メッセージ数 5)

スクリーンセイバと Expose の問題 -- ある読者のスクリーンセイバは、どんな理由か全く分からないが勝手にスタートしたりストップしたりする。(メッセージ数 2)

Eudora でスリープの問題 -- Eudora のバグのため、ある Mac がスリープできないでいる。(メッセージ数 7)

Tiger で VNC -- Mac OS X 10.4 Tiger の下で Chicken of the VNC を使ってみた体験を読者たちが交換する。(メッセージ数 2)

勝手に起動するマシンでセキュリティの懸念 -- ある iMac が、不思議にも真夜中に勝手に起動してしまう。グレムリンがいるのか? それともバグか? (メッセージ数 6)


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2008 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2008年 9月 9日 火曜日, S. HOSOKAWA