TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#947/29-Sep-08

今週号には大きな発表が二つある。Adobe による驚くほど巨大な Creative Suite 4 の発表と、T-Mobile による G1 phone の発表だ。この G1 は Google の Android スマートフォン用プラットフォームを装備した初めての携帯電話となる。また今週号では特に興味深い Mac 用ソフトウェアバンドルを一つ紹介し、Glenn Fleishman は Apple がどのアプリケーションを iPhone App Store に受け入れるかを巡り一見恣意的とも思える方針を採っていることに関し同社への怒りが高まっていることについて議論する。また、Jeff Carlson は Mac のシステムサウンドのみで作られた楽しい曲へのリンクを紹介する。実際的な話題としては、Glenn が Leopard のスクリーン共有に関して最近いくつかの機能が削減されたことについて検討し、スタッフライターとして新加入した Doug McLean が iPhone や iPod touch のアプリケーションをアップデートする際のある種のエラーの解決法を示した記事で TidBITS デビューを飾る。今週の監視リストでは、膨大な数のソフトウェアリリースを紹介する: Firefox 3.0.3、iPDA 4.2、Java for Mac OS X 10.5 Update 2 と Java for Mac OS X 10.4 Release 7、ShareTool 1.2.3、WireTap Anywhere 1.0.2、Notebook 3.0、Art Text 2、PageSpinner 5.1、それに PDFpen 4.0 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple サウンドトラックでひと味違うサウンドを

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Mac の発するサウンドは、象徴的で簡単に聞き分けられる。例えば、私は Pixar の映画“Wall-E”を公開初日に観たが、主人公のロボットが再充電を終えた時、最後に Mac の起動チャイム音が鳴った後で会場に聞こえたクスクス笑いによって、私は聴衆の中のどの程度の人数が Mac 使いであるかを即座に知ることができた。また、皆さんの中には Sosumi (このサウンド名は勝手に作られた言葉で、大きな声で言えば“so sue me”(それなら訴えてみろ) に聞こえる)の物語をご存知の方もおられるかもしれない。

では、Mac のいろいろなサウンドを寄せ集めてみたらどうなるか? ご自身で聴いてみられるとよい。デザイナーで音楽家でもある Mike Soloman が、完全に Mac のサウンドだけを材料にして GarageBand でなかなか素敵な曲を作ってくれた。私が特に気に入ったのは、その曲を GarageBand がプレイしているところをスクリーンキャストに録画したものまで付いている(そして最後のところには Wilhelm の悲鳴まで入っている)ことだ。Soloman は、GarageBand ファイルも、さらにはその曲のオーディオファイルもダウンロードできるようにしてくれてある。


Leopard のスクリーン共有が隠し機能を喪失

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple 以外には分からない何らかの理由で、この 9 月中ごろにリリースされた Mac OS X 10.5.5 は(遠隔のコンピュータへのアクセスとコントロールをするための)Screen Sharing プログラムにおける追加ツールバーの項目のいくつかを無効にしてしまった。この追加ツールバーは Terminal のコマンドラインを使って設定することにより見られるものだ。この隠しスイッチの存在は 2007 年 12 月 12 日に Macworld の Rob Griffiths によって初めて公に述べられたもので、これが無効になったことを初めて言い出したのも彼だった。仮にあなたがこれまでこのツールバーのオプションを有効にしていたとしても、今やこれは使えなくなってしまった。

私の電子ブック“Take Control of Screen Sharing in Leopard”に登場するこの注釈付きスクリーンキャプチャをご覧頂きたい。そこに、どの機能が失われたかが表示してある。失われたのは、画質・カラー深度の設定、スクリーンキャプチャ、コントロール・観察の切り替え、フルスクリーンモード、それにキーボード・マウスのコントロール切り替えだ。

ss_control_features

Rob はこれらの機能を回復させるための方法を二種類助言しているが、私はそのどちらにもあまり気乗りがしない。一つは 10.5.4 バージョンの Screen Sharing をインストールする方法、もう一つは Xcode を使って 10.5.5 の方のバージョンに修正を入れる方法だ。

でも、それ以外でなくなった機能を取り戻す方法は一つしかない、と Rob は付け加える。すなわち、$300 出して 5 ユーザーライセンス版の Apple Remote Desktop を購入することだ。たった数個のボタンのためだけには大袈裟すぎる方法だが。


またもう一つ大きな Mac ソフトウェアバンドル

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ページの一番上にあるバナーの色以外に、この Parallels Green Computing Bundle のどこが「グリーン」なのか私にはさっぱり分からないが、そんなことはさておき、これは非常に魅力的なソフトウェアのバンドルのように思える。定価を合計すれば $299.81 になるが、2008 年 9 月 29 日までの間、これが全部でたったの $49.99 で手に入る。[訳者注: 日本語版の翻訳時点でセール期間は終わっています。すみません。]このバンドルには以下のようなプログラムが入っている。それぞれの詳しい情報が分かるようにと個々のリンクも入れておいたが、バンドルでの購入は専用のバンドルページからしなければならない。


Adobe、巨大な Creative Suite 4 を発表

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <http://www.ousaan.com/mail/>

2007 年 4 月に Adobe が Creative Suite 3 を発表したとき、Mac ユーザーにとっての最大の新機能は、Apple の Intel ベース Mac をサポートしたことだった。CS3 は、主要な Mac アプリケーションの中ではもっとも遅く Intelに対応した1つだった。結局のところ、市場で最高級のデザインツールにしぶしぶ多額の金を出す人たちというのはパフォーマンスを期待するもので、Intel ネイティブのコードへの移行には忍耐が要求された。

Adobe Creative Suite 4 の発表は新機能を前面に押し出し、パフォーマンスも改善されて、プロユーザーを喜ばせるものになった。このソフトウェアは2008 年 10 月に出荷される予定だが、Adobe は詳しい日時をまだ発表していない。

Creative Suite 全体は巨大になった。これはもはや、3つか4つのアプリケーションの便利なバンドルではない。そこで私は、最近のいくつかの Adobeによる発表から掻き集めた新機能の表面だけをなぞろうと思う。さらに調査したい人には、 Creative Suite 4 のウェブサイトに膨大な情報がある。

Photoshop CS4 と Photoshop CS4 Extended -- 王であるということはよいことだ。Photoshop はそのことを知っている。そして、CS4 のリリースによって、コンピュータの GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)の高速演算能力を利用することで、この王はスピード界の皇帝になった。GPU には特有の使われていない処理能力が有り余っており、Photoshop は非常に負荷の高い作業のいくつかを手渡すようになった。これが有効なのは、たとえば非常に大きなファイルで作業しているときや、キャンバス回転という新機能の実行時にディスプレイを再描画するときなどだ。この新機能は、感圧式タブレットを使用しているデザイナーやアーティストにとって便利だ。

(Windows 版の Photoshop CS4 には 64 ビット処理が加えられている。これはそもそも、Apple が Carbon プログラミングライブラリでの 64 ビットサポートを突然取りやめるまでは、Mac 版に予定されていた機能だ。2008-04-07の "Lightroom 2 ベータに 64-bit 論争が付随" 参照。Adobe は Carbon に専念してきており、Cocoa への移行は長期計画となっている。)

しゃれた機能について言えば、Photoshop CS4 には内容に依存したスケーリングが追加された。画像の見た目を損なうことなしに拡大したり縮小したりする機能だ。これは確かに、ほとんどの人が使うというような機能ではないが、広告や、それほど本格的ではない写真の作業に極めて便利だ。新しいAdjustments パネルには一般的な画像調整機能が集められており、それらを画像に対して非破壊的に適用できる。Camera Raw ダイアログでは、編集を画像全体だけでなく選択した部分にも適用できるようになった。

Photoshop CS4 Extended では 3D 機能が強化された。たとえば、ほかのアプリケーションで作成した 3D オブジェクトをインポートしたり、そのオブジェクトに直接色を塗ってからエクスポートしたりできるようになった。

Adobe の開発者たちは、ユーザー体験の微調整にも多大な作業を注いだ。ブラシツールを選択して Option と Control を押しながらドラッグするとブラシサイズが変わり、その組み合わせに Command キーを加えるとブラシの硬さが変わる。Hand ツールでファイルの中を動き回るとき、iPhone で指ではじいて画面を「投げる」のと同じようにマウスでキャンバスをはじいて投げることができる。そうそう、Command-~(Command-チルダ)がついに、ほとんどの Macアプリケーションと同じように、開いているウインドウを切り換えるようになった。Photoshop の主任製品マネージャー John Nack が、 数十のこのような改善を彼のブログに挙げている。

InDesign CS4 -- Adobe のページレイアウトアプリケーション InDesign CS4 は、出版プロセスを簡単にするさまざまな新機能を備え、より働き者になった。InDesign には何年も前からプリフライト機能があって、ファイルを印刷や制作にまわす前に問題がないかどうかチェックできたが、CS4 のライブプリフライト機能では、ドキュメントの制作中に問題の可能性がある個所がハイライトされる。

相互参照を設定でき、ページフローが変更されても動的にアップデートされる。条件付きテキストを使うと、1つのソースから複数のカスタマイズされた文書を作れる。Adobe の例では、1つのカタログに米国と英国の通貨で商品の値段を含めることができ、2つのカタログを別に作る必要がない。

Photoshop と同じように、細かい点の改善にも素晴しいものがある。もしもあなたが、空白部分を測るために 1 パイカのボックスを作ったことがあるなら、新しいスマートガイドを喜んで使うことだろう。スマートガイドは前のオブジェクトをどのように配置したかを覚えていて、新しいオブジェクトを同じだけの余白で置くのを助けてくれる。見開き回転機能を使えば、ペーストボード全体が回転するので、垂直に配置したテキストやそのほかの要素を簡単に編集できる。スペルが正しいかどうかを確認するのに、首を直角に曲げる必要がなくなった。

複数のスイート -- オンラインで見れば分かるように、Creative Suite 4にはさらにずっとたくさんのことがある。また、購入やアップグレードの選択肢も、途方にくれるほど多い。

スイートは全部で6種類の構成で購入できる。

すべてのスイートには Bridge CS4、Device Central CS4、Version Cue CS4も含まれる。Production Premium と Master Collection には Dynamic Linkも含まれる。

さらに、主要なアプリケーションは、スイートを買わずにそれぞれ購入することもできる。


T-Mobile が Google ブランドの電話を売出す

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Google が初の携帯電話を発表した。いや失礼、Google って言いましたっけ?本当は T-Mobile USA なのです。これはおかし易い過ちなのです。この T-Mobile G1 は Google のオンライン Web サービスとだけ同期し、背中の部分には Google のロゴが入っていて、おまけにその名前の一部には "G" が入っている。

昨年、Google は消費者と携帯電話業界に対してその Android プラットフォームは GPhone にはならないと確約した。それどころか、30 を超える企業が Open Handset Alliance - ソフトウェア開発会社、携帯電話運営会社、ハンドセットのメーカー、等々が加入 - を結成し、協調して一連のハードウェア、ソフトウェア、そしてサービスを市場に提供するというのである。

これは現在でも間違っていないが、最初の電話機は、要するに予想に違わぬ GPhone となった。(今となっては多少正確性を欠く題名となった "Google が夢見る未来の携帯電話は、GPhone ではなく Android" 2007-11-12 を参照。)

android_g1

電話機は HTC によって作られたが、Google が舞台進行をつかさどり、そして T-Mobile が照明と舞台装置を担当している。G1 は、タッチスクリーンを持ち、その他に 3G, Wi-Fi, Bluetooth, そして GPS 無線を備えている。閉じた状態では、タッチスクリーンが全てを支配するが、このスクリーンは横にスライド出来、物理的なキーボードがタイプ用に現れる。

この電話には 1 GB RAM カードが含まれているが、スロットは 8 GB まで対応可能である。更に G1 には取り外し可能な電池が使われている。(iPhone には 8 GB と 16 GB のモデルがあり、32 GB モデルも近々登場するとの噂である;iPhone の電池はユーザーが取り替えることは出来ない。)

この電話には 3G サービスが付いているとは言え、T-Mobile ではこのより高速の速度に対応している都市は数えるほどしかないが、その中には New York City, San Francisco Bay Area, そして Los Angeles が含まれる。米国の大部分の所では、T-Mobile は 2.5G EDGE サービスしか提供していない。同社によれば、2008年末までには 27の大都市圏をカバー出来るだろうとのことであるが、一方の AT&T は同じ時期までには 350 の都市をカバーしているものと思われる;Verizon と Sprint はかなり前からより広範囲の地域で 3G サービスを提供している。

現時点では、同期とプッシュメールは - メールはサーバーに届いた時、絶え間なく電話に送られる - Google の Web アプリケーションに限られる;Microsoft Exchange のサポートはない。G1 は、非 Google メールアカウントも通常のプルかポーリング検索で扱える。

音楽の方では、G1 は初期レビューとして良い評価を得ている。これは Amazon MP3 ストアと統合されており、そこには 6 百万の非プロテクトの曲からなるカタログが提供されている。同ストアのインターフェースは明らかに良く設計されており使い易いものの様である。

Android の将来の可能性の一つは、その技術は比較的オープン - ある部分は既にオープンソースとなっている - であることで、提携する通信業者は、如何なるサービスでもソフトウェアでも彼らの売るハンドセットで動かなければいけない、かつ正規のハンドセットなら何でも使えることに同意しなければならない。

これが何を意味するかと言えば、初期リリースでは含まれていないものは何であれ開発者やサービス提供者によって後日補われる可能性があることである - これに反して Apple は、iPhone ではどのプログラムが走らせられるかを強く規制している。Apple はその気になれば iTunes Store の非プロテクトの曲を Android アプリケーションを通して提供することも可能ではあるが、どう見たってそんなことにはなりそうもないと思う。

Android のアプリケーションストアは Market と呼ばれている。立ち上げ時点では、提供される全てのアプリケーションは無料でなければならないが、これは変わるであろう、そして何を入れるかに関する承認プロセスは無い。MocoNews によれば、Market で有料バージョンが出るようになった時点で、通信業者は開発者とその収入をどう分けるかについて協議することになるであろうとしている。

The Wall Street Journal の Walt Mossberg は事前に見る機会があり、全体的に良く出来ていて iPhone に対して本格的な競争相手に十分なりうるとしているが、かっこ良さ (重くかつ大きい) と洗練さで見劣りするとしている。

G1 はコピー&ペーストが出来る。これは助けになると思う。もっと本質的なことでは、この開発者は大変気の利いた統合を組み込んでおり、G1 はその GPS からあなたの向かっている方向を見極め内蔵された Google Maps の地図をあなたが面している方向に合わせることが出来る。これは素晴らしいし、そして iPhone 3G がこれをやれなかった (或いは、将来もやれない) 理由は何もない。この地図プログラムは、写真的なストリートレベルビューも表示できる。

奇妙なことだが、Mossberg も書いている様に、内蔵のビデオプレーヤーがない、勿論ダウンロードすることは可能である。そしてオーディオジャックは非標準で - HTC の ExtUSB フォーマット、しかも USB ポートに差し込むアダプタが必要となるがこれは付いていず、かなり変である。更に取り立てて変種でもないステレオオーディオ Bluetooth フォーマットにも対応していない;iPhone にも同じ奇妙な欠陥がある。G1 には 3 メガピクセルのカメラが付いているが、そのままではビデオは撮れない。

この T-Mobile G1 は米国では 22-Oct-08 に二年間の音声契約付きで $180 で売り出されるが、最低でも音声契約一つと (月 $40 から)、そして月 $25 のデータ無制限 400 テキストメッセージか、月 $35 のテキストメッセージも無制限のデータプランのどちらか一つを選ばねばならない。T-Mobile はこれを次に英国で 2008年11月から提供する予定である。


iPhone アップスをアップデートする時の 5002 エラーを直す

  文: Doug McLean <doug_mclean@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

ここ一週間程の間、iPhone/iPod touch ユーザーの一部の人が iTunes 8 下で彼らのアップスをアップデートしている時、いらいらさせられる App Store エラーを経験している。そのエラーメッセージは次の様に現れる:

"あなたの iTunes Store リクエストは完了できませんでした。原因不明のエラー発生。(5002)"

この問題が起因しているのが iTunes 8 なのか、iPhone Software 2.1 なのか、或いは App Store 自身なのか良くわかっていないが、Apple の討論ボード上のユーザー達は、この問題に対する解をいくつか見出している。

  1. 最も人気のある解は、iTunes 8 にあるあなたのアップスの集まりを見てゆき、変哲も無い黒白のアイコンを探し出しそれを消去する。(iTunes はあなたが本当にそのアップスをライブラリから取り除きたいのか、そして次には実際のファイルを消去して良いのか聞いてくる - そうするには Move to Trash をクリックする。) 次にこれらのアップスをダウンロードするために App Store から "再購入" する - Apple が課金することは無い。(そのアップスを購入したいのか聞いてくるダイアログが現れるが、次にそれを無料でダウンロードできると言われる。) 変哲も無いアイコンを取り除き再ダウンロードすれば、アップデートは正当に働くはずである。
    iTunes-Delete-dialog
    iTunes-Trash-dialog
    iTunes-Store-Buy-dialog
    iTunes-Store-Download-dialog
  2. もし消去して再ダウンロードするというやり方は荒療治だと思われる方には、別のやり方もある。同じ様に、変哲もないアイコンを持ったアップスを探す、それらを選択する、そして File > Get Info (Command-I) を選ぶ。そうすると iTunes はそのアップスは見つからないと苦情を言ってきて、続いてそれを探して欲しいか訊いてくる。Yes をクリックすると、あなたの ~Music/iTunes/Mobile Applications フォルダに所在しているコピーへと導いてくれる。このやり方だとある種の壊れたアリアスは直せて、アップデートを成功裏にさせてくれるようだ。
  3. まれな状況下では、問題となるアップスが変哲も無いアイコンを持たない場合がある。この場合は、アップスの Get Info ウィンドウを見ようとした時、同じ '見つかりません' のメッセージを iTunes が出すアップスを探し出さねばならない。一旦見つかれば、後は上に説明したやり方と同じである。あなたのアップスをスキャンしていく早いやり方の一つは、最初のアップスを選択し File > Get Info を選ぶ、それから Get Info ウィンドウの左下の Next ボタンをクリックするのである。
    iTunes-Get-Info-window
  4. 最後は、このアップデートプロセスを Mac 上の iTunes 8 経由でするのではなく、iPhone や iPod touch 自身の上で始めてみるのである。こればうまくいけば、その後の iTunes 8 との同期で問題が解決出来る可能性がある。この方法で成功したユーザーの数はより少ない。

望むらくは、今後この問題を解決してくれるアップデートが - おそらく iTunes 8 か iPhone Software 2.1 に対して - 間もなく出現して欲しいものである。


開発者たちが iPhone App Store に背を向けるかも

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ソフトウェア開発者は、アプリケーションに時間とお金を投資しようという時には、確実性を必要とするものだ。Macintosh の初期の歴史を見れば、会社によるしっかりしたサポートと、明瞭なプロセス、それに素晴らしいわくわくした気持ち(Guy Kawasaki と、彼の驚くべきエバンジェリストとしての働きを忘れてはならない)が組み合わさった時、一つのプラットフォームを維持していけるだけのエコシステムが築き上げられるものだと分かる。

Macworld の編集ディレクター Jason Snell は、その記事の中で iPhone と iPod touch 用 App Store においてアプリケーションを受け入れるか受け入れ拒否をするかの判断に関し Apple が透明性と一貫性、並びに明瞭性を欠いているため、開発者たちがいまやここを立ち去ろうかどうしようかという瀬戸際にまで来ているのだと論じている。

一番最近の不条理な決定、それは Apple が「iTunes の Podcast セクションの機能と重複」しているという理由でオンザフライのポッドキャスト管理プログラムの配布を拒否したものだったが、これがはっきりとした萎縮効果をもたらしたことは、Twitter で開発者たちをフォローしてみれば、あるいは開発者たちのブログを読めばすぐに分かる。

確かに、自社の計画について率直に語れるようなところの多くは比較的小規模な会社だろう。けれども、そのような会社はまた、デザインおよびビジネスのスイート以外で最良かつ最も人気あるソフトウェアのいくつかを作っているところでもあるのだ。好ましいプラットフォームとしての Mac OS X に対し、小規模の開発者たちは不釣り合いとも思えるほどに大きな影響力を持っている。これは Windows の世界におけるプログラマー対会社の釣り合いと大きく違うところだ。Windows では市場シェアもユーザーベースも大きく、ゲームやビジネスアプリケーションを作っている巨大会社たちが最も大きな支配力を持っているように見える。(これはあくまでも一般的に言ったことではあるが、根っからの Mac ユーザーたちとの長年の交流や、いろいろの会社による製品販売量実績、また Windows に比べて Mac がどのような目的に向けられることが多いかの考察などに基づいている。)

私は現在、自分自身の小さな iPhone アプリケーションを開発するプロジェクトの真っただ中にいる。私はあるプログラマーにアプリケーションのビルドを依頼したり、アプリケーション用のアイコンを作るためにデザイナーを雇ったりして、既に数千ドルのお金を注ぎ込んでいるし、私自身もホスティング側のバックエンドを見直したりする作業に 100 時間以上も費している。(このアプリケーションは、私の書籍ショッピングサイト isbn.nu を通じて書籍の価格のチェックをするポータブルな方法を提供するものだ。ウェブサイトやそのデータベース駆動システムに施した多数の変更も、そのウェブ専用コンポーネントのために役立つだろう。)

私自身、非常に小規模の「開発者」として(私の場合括弧付きの言葉にしておかなければならないが)用心に用心を重ねて事に当たらなければならないことを認めねばならない。一家の大黒柱として、時間とお金を投資したところに Apple が割り込んでくるのは恐怖以外の何物でもない。もしも Apple が突然、例えばショッピング関係のアプリケーションは許さないと言い出したらどうなるだろう。たとえ何も競合するものがなくても、出されているガイドラインに抵触するものが何もなくても。

もっと大規模の開発者にしてもそうだ。Apple と直接の関係を持たないゲーム会社が iPhone 用のゲームを作ろうと考えているとして、もしも Apple が突然気まぐれを起こしてゲームの販売を禁じる可能性があるのだとしたら、彼らはそのゲームを開発するために 5 万ドルを投資することに踏み切れるだろうか? ましてや単独の開発者ならば、1 セントだって投資する気になれるだろうか? 大会社ならば損失を吸収して次に進むこともできるだろうが、中小の会社ならばそれだけで破産の危機に瀕するかもしれない。そして、そのような中小の会社たちこそが、Mac を現在のように豊かな使い道のあるものにしてくれたのではなかったのか?

Jason は、Google の後押しする Android プラットフォームではどうやらその Market アプリケーションストアに追加できるものに何も制限がないらしいと報告している。ただし発足当初は、すべてのプログラムが無料でダウンロードできなければならないことになっている。(2008-09-23 の記事“T-Mobile が Google ブランドの電話を売出す”参照。)その条件では受け入れられないところもあるかもしれないが、これは Google がもう一年以上前から力を入れてきたオープンアクセス原則の一部でもある。ネットワークは、どんなサービスにアクセスできるどんなソフトウェアの走るどんなハンドセット機でも受け入れるべきだ、という原則だ。

ここでは、Android が実際に一つのプラットフォームとして成功することができるかどうかという論争には踏み入らないでおこう。Nokia も、その Symbian および S60 プラットフォームで、アプリケーションを配布するためのアクティブな、拡張中の、はるかにオープンなプロセスを持っている。(2008-06-24 の記事“Symbian プラットフォームが無料に、一部はオープンソースに”参照。)同程度のプラットフォームがもしもそこにあって、それが開発のためによりオープンであり、かつ顧客層がより厚い(Symbian は全世界的なスマートフォンの売り上げで多数を占めている)のならば、モバイルアプリケーションに自分の将来を賭けている開発者たちはそちらに移住して行くのではないだろうか。それがどんなに癪に障るものであったとしても。

Apple はぜひとも、不確実性をなくすために一貫性のある行動をとる必要がある。何が受け入れ可能で、何がそうでないかを明確にすべきだ。FUD という言葉を思い出して頂きたい。Fear, uncertainty, doubt(恐れ、不安、疑い)だ。かつては、これこそが Microsoft をして巨大で恐ろしいものにならしめた手法であった。彼らは FUD の種をまくことで、競合する会社が足掛かりを得られないようにしたのだ。

けれども、Apple の FUD は Apple 自身に不利に働くものだ。彼らは自分自身から FUD を取り除くべきだ。それも、手遅れにならないうちに。


TidBITS 監視リスト: 注目のソフトウェアアップデート、29-Sep-08

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>


TidBITS Talk/29-Sep-08 のホットな話題

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Time Capsule バックアップをオフサイトに移動 -- Time Capsule バックアップを作ってからそれをオフサイトに保存するにはどうするのがベストの方法か? (メッセージ数 1)

StuffIt アーカイブファイルに問題が -- StuffIt はこの暗号化アーカイブのパスワードが違っていると言う。でもそのオーナーとしてはパスワードが正しいことを知っている。これは、StuffIt のバージョンが違うことが問題なのか? (メッセージ数 4)

Gmail で自分自身に BCC -- Gmail で、毎度手で BCC 指定を追加する必要なく自動的に自分自身のアカウントにブラインド・カーボン・コピーが送られるように設定したいという読者がいる。(メッセージ数 9)

一時的にしか接続しないラップトップ用のストレージ -- ファイルサーバを設定していつでもどこでもアクセスできるようにし、しかも単に一つのボリュームであるかのように見えるようにする方法が提案される。(メッセージ数 4)

StuffIt Deluxe 2009、20 年経っても進化を続ける -- 20 年の歴史を通じて StuffIt を使ってきたある読者の体験談が語られる。(メッセージ数 1)

MercuryMover 2.0 でウインドウを望みの場所に -- 複数ディスプレイの環境で Finder ウィンドウを特定のスクリーンに持ってきたいという人のために、ある読者が MercuryMover 以外の方法として AppleScript スクリプトを提案する。(メッセージ数 1)

iTunes "Genius サイドバー" -- iTunes 8 の Genius サイドバーを閉じると時として問題が起こることがあるが、この機能を無効にするいくつかの方法を読者たちが提案する。(メッセージ数 5)

Apple と景気 -- ある読者が、近所の Apple Store で以前ほど客の入りが良くないことに気付く。これは異常なことか、それとも景気の動向が Apple の客足にさえも影響し始めたということなのか? (メッセージ数 1)

iPod touch を Palm の替わりに -- iPod touch に切り替えてみて、これを Palm の代替として使った体験をある読者が語る。(メッセージ数 7)

iPhone アプリケーションを Mac で走らせる -- iPhone 用アプリケーションを Mac で走らせることは可能か? 現時点では無理だが、原理上は可能だ。(メッセージ数 2)

CDDB と Gracenote -- Gracenote は、CD トラック情報のオンラインデータベースである CDDB の開発に寄与した何千人もの人々の仕事から不当に利益を得ているのか? (メッセージ数 15)

開発者たちが iPhone App Store に背を向けるかも_ -- アプリケーションを App Store に受け入れるかどうかについての Apple の行動に対し、読者たちが議論する。Apple の挙動を擁護した疑惑の記事についても議論がある。(メッセージ数 2)


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2008 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2008年 10月 4日 土曜日, S. HOSOKAWA