TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#954/17-Nov-08

今週号を占める主な話題は iPhone と仮想化ソフトウェアだ。Rich Mogull は iPhone のお陰で空港の床で寝ずに済んだという話を物語り、Chris Pepper は無料で SMS メッセージを送る方法をいくつかお伝えする。David Strom はファイルを iPhone に転送するための五つのアプリケーションを比較する。仮想化関係では Parallels Desktop 4.0 と、私たちの最新の電子ブック、Joe Kissell の“Take Control of VMware Fusion 2”がともに先週リリースされた。今週号の残りは雑多な話題の寄せ集めで、Glenn Fleishman が新しいラップトップ取り戻しユーティリティと、Safari 3.2 のリリースを紹介し、Adam が Take Control カートの重要なボタンを VoiceOver を使って読み上げさせる方法を見つけた話を説明する。TidBITS 監視リストでは、Firefox 3.0.4、Coda 1.6、PDFpen 4.0.2、iLife Support 8.3.1、それに NeoOffice 2.2.5 Patch 3 を紹介する。最後に一言、私たちの最新のスポンサー MacSpeech を歓迎しつつ、次号の TidBITS の発行が 2008 年 12 月 1 日となることをお断りしておく。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


2008 年 11 月 24 日は TidBITS 休刊

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

本当にもう 11 月なのか、と自問自答しているのは私たちだけではないだろう。今年は私たちにとって忙しい一年だった。これから 2008 年の終わりに向けて、また来たる 1 月の Macworld Expo への準備のためにも、次週私たちは米国の Thanksgiving (感謝祭) の休日を祝って静養する一週間を頂きたいと思う。

もちろん私たちもずっと眠ってばかりいる訳ではない。そんなことをしたら私たち自身が耐えられない。間違いなく私たちは TidBITS ウェブサイトへのポストを続けるだろう。時々サイトをチェックするか、私たちの RSS フィードまたは Twitter ストリーム を購読するかして、私たちの書くものすべてを追跡できるようにして頂ければと思う。


Safari 3.2、セキュリティの欠陥を修正

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple が Safari 3.2 をリリースした。多数の脆弱性に対処が施されたが、その大部分は Windows XP と Vista 用のバージョンのものだ。変更点の完全概要が セキュリティノートに記載されている。欠陥の多くは Windows 下での画像の処理と解析に関するものだ。修正されたバグにはクロスプラットフォームのものもいくつかあり、フォーム内の情報が意図しないユーザーに開示されてしまうことのあったセキュリティホールを閉じるなど、種々の改善がなされている。特記すべきは、悪意あると疑われるサイトを Google がリストしているものを利用したアンチ・フィッシング保護が Safari に追加されたことだ。

最も意外だったのは、Windows 版の Safari がこれまで zlib 1.2.2 を使用していたことだ。zlib は圧縮アルゴリズムのオープンソース・ライブラリで、特許に触れない(従って何らの阻害も受けない)ことを目的にデザインされたものだ。今回組み入れられた バージョン 1.2.3 のリリースは _2005_ 年 7 月に出されたもので、その前のリリースにあった既知の欠陥を修正したものだった。今までずっと古いライブラリを使い続けていたとは、きっと誰かが切り替えスイッチの前で眠りこけていたのだろう。zlib は圧縮されたウェブページの処理のために使われていたと思われ、このオプションはHTML の転送の際の所要時間とバンド幅を削減するために多くのサーバで採用されている。

Safari 3.2 は Mac OS X または Windows の下で Safari がインストールされていればソフトウェア・アップデートで自動的にアップデートできる。また、この新リリースを別途ダウンロードすることもでき、Mac OS X 10.4 Tiger 版 (25 MB)Mac OS X 10.5 Leopard 版 (39 MB)Windows XP/Vista 版 (19 MB) がある。


ラップトップ取り戻しソフトウェアが Wi-Fi と Flickr を使用

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

最新のラップトップ取り戻しアプリケーションは、ある種の「練り合わせ(マッシュアップ)」だ。いくつものシステムを利用して、ラップトップ機の現在位置と、誰がそれを使っているかについての情報を提供する。GadgetTrak から新しく出た MacTrak (価格は一回限りの $59.95) は Skyhook Wireless の Wi-Fi Positioning System (WPS) を利用するが、これは iPhone や iPod touch がその位置を決定するのに利用するものの一部と同じテクノロジーだ。MacTrak はまた、紛失したり盗まれたりしたマシンを使っている誰かの写真を撮ってポストする方法として Flickr も利用する。

この分野には既にいくつものプログラムが出ていて、ソフトウェアをインストールすればそれが定期的に起動指令の信号をチェックし、あなたのラップトップ機があなたの手を離れたと(さまざまの方法で)マークされればすぐに行動に移れるよう待機するようになっている。完全概要は 2008-05-03 の記事“助けて! 私は監禁されて、手許にあるのは Wi-Fi ネットワークだけ!”にある。

けれども MacTrak は、なくしたコンピュータを追跡するための最も正確な方法を持っているようだ。少なくとも、発表されている方法のうちでは最も正確なものだ。Skyhook の WPS は位置を特定するためにそのマシンが十分な Wi-Fi 信号のある地域にいること、また問い合わせを実行するためにアクティブなネットワークを持っていることを前提とする。盗まれたラップトップ機が都市内のネットワーク上に行き着くことになるのは十分考えられることだ。もちろん、盗人たちが賢くてコンピュータをダウンさせ続けていれば話は別だが。

MacTrak はまた、収集した情報をあなたに直接送信するという点でもユニークだ。情報を Flickr にアップロード(あなたがアカウントを設定しておくことが必要だが、アップロード量の制限付きならば無料でできる)した上で、あなたに電子メールを送ってくるのだ。GadgetTrak によれば、同社ではモニタリングセンターの運営はしていないが、ユーザーから依頼されればユーザーが警察に連絡する手伝いはするとのことだ。

私はその警察官の顔をぜひ見てみたい。取り戻せないマシンの処理に慣れ切っていた彼の前に、あなたが盗人の顔写真と、GPS 座標を明示した地図、それにその盗人が接続したネットワークに関する情報まで取り揃えてみせた時の彼の顔を。


MacSpeech が TidBITS スポンサーとなり、復帰スポンサーの一員に

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私たちの長期スポンサーとして最も新しく加わってくださった MacSpeech, を歓迎したい。2003 年に IBM が手を引いて以来、Macintosh 用の音声認識ソフトウェアを提供する会社は MacSpeech が唯一となった。Windows の世界でも、IBM の撤退によってはっきりただ一社、Dragon NaturallySpeaking だけが主力に残っている。2006 年以前、New York Times コラムニストの David Pogue は、タイピングの量を減らそうと口述筆記ソフトウェアを長年使ってきた経験から、 Dragon NaturallySpeaking がフルスピードで喋った場合にさえも極めて正確に動作し、当時の MacSpeech 製品であった iListen 1.7 よりも正確度が上だと書いていた。MacSpeech は、独自の音声認識エンジンを開発し続けても実りが少ないと判断し、Dragon NaturallySpeaking の基盤を成す口述筆記テクノロジーのライセンス供与を Nuance から受けて、MacSpeech Dictate という新製品を作り上げ、それを 2008 年 2 月にリリースした。需要は非常に大きく、そのため MacSpeech も能力の限りを尽くすこととなったが、忙しい数カ月の努力の結果として、同社は最近 MacSpeech Dictate 1.2 をリリースするに至った。この新バージョンには特殊な単語や頭字語などの綴りを指定できる機能や、間違って認識された語句をユーザーが直ちに修正できる熟語トレーニング機能、口頭で編集できる Move コマンドなどが追加されている。

MacSpeech が TidBITS スポンサーとして Macintosh コミュニティーをサポートしてくださるようになったことは素晴らしい。これで MacSpeech も、一時期の休止を経て再び TidBITS スポンサーに戻られた多くの会社の仲間に加わる形となった。最近では、 Circus Ponies が NoteBook 3.0、同社のパワフルなノート取りソフトウェアの大きなアップデートを機にスポンサーの列に加わることとなったのが一番新しいし、 Microsoft の MacBU もつい先ごろスポンサーに復帰して、私たちのウェブサイトで TipBITS 機能を開発する助けにもなってくれた。(TipBITS については間もなく詳しく発表できる予定だが、私たちのウェブサイトでページの右上のあたりを見ていただければ、Mac や Mac 用ソフトウェアについて助けになるちょっとしたヒントを表示するコーナーが出来ていることにお気付きになるだろう。)それにもちろん、最も長期にわたってスポンサーを続けてくださっている Fetch Softworks (Fetch), Bare Bones Software (BBEdit, Yojimbo, and Mailsmith), Mark/Space (The Missing Sync, SyncTogether), VMware (VMware Fusion), CS Odessa (ConceptDraw) の各社には特に感謝を捧げたい。今日ではブログを打ち上げるのも比較的簡単になっているが、それでもやはり本格的なインターネット出版をしようとすればそれ相応のハードウェア、ソフトウェア、スタッフの給料、開発コスト、旅費、その他の費用がどうしても必要になる。あからさまに言ってしまえば、私たちのスポンサー各社や、読者の皆さんからの直接の寄付などがなければ、私たちが TidBITS を出版し続けて行くことはできない。皆さん、本当にありがとう!


Parallels が Parallels Desktop 4.0 をリリース

  文: Joe Kissell <joe@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

ここ数ヶ月の間は VMware Fusion 2 が脚光を浴びていたが ("VMware Fusion 2.0 リリースされる" 2008-09-16 参照)、Parallels は Parallels Desktop バージョン 4.0 のリリースで舞台に戻ってきた。この新バージョンは盛り沢山の機能を追加し、性能を向上させ、そして一般的に、一般の人の Intel-based Mac 上で Windows を走らせるための二つのオプション間の選択をより難しくさせた。

Parallels の新バージョンは、バージョン 3.0 よりも性能が向上し、その一方で Mac の CPU パワーは少なくて済みそして Mac ノートブックの電池寿命を伸ばしていると言う。この性能改善の一部は Adaptive Hypervisor から来ているが、これは Parallels が自らの必要性と Mac OS X の必要性とをバランスさせるやり方を改善している。もしあなたの Mac には RAM か CPU コアが沢山ある場合は、今や個々の仮想マシンに最大で 8 コアと 8 GB の RAM を割り当てることが出来る。Parallels Desktop 4 はまた 3D グラフィックスも改善しており、そこには 256 MB のビデオ RAM と DirectX 9, DirectX Pixel Shader 2.0, そして OpenGL 2.0 に対するサポートが含まれている。

Parallels Desktop 4 には Intel の VT-x2 仮想化技術に対するサポートも含まれており、これによりこのソフトウェアの 50% の性能向上が図れると Parallels は言っている。しかしながら、現在出荷されているどの Mac にも VT-x2 をサポートする CPU を搭載してるものはない - この技術は Intel の Nehalem プロセッサにのみ搭載されており、一般消費者向けのコンピュータに搭載されて登場するのは 2009年の半ばから後半になると見られている。従って、この速度向上の恩恵をこうむる迄にはもうしばらくの時間 (そして新しい Mac と) が必要なようだ。(所で VT-x2 に対するサポートは VMware Fusion 2 にも組み込まれている。)

性能向上の他に、Parallels 4 には数多くの新しい使用性に係わる機能が提供されている。例えば、これまでの単ウィンドウ、全画面、そして Coherence モード (これは Windows アプリケーションのウィンドウと Mac OS X のものとを混ぜ合わせる) に加えて、Parallels には今や Modality ビューが提供されていて、これだとあなたの全 Windows デスクトップを好みの大きさに縮小出来る - しかも生きたままでマウスとキーボード入力にも反応する。これを使えば、ウィンドウやビューを切り替えること無く背景の仮想マシンの動きを監視できる。新しい Clips ツールは、あなたの Windows スクリーンの一部を簡単に捕らえそしてそのスクリーンショットを直接あなたの Mac OS X クリップボードに送らせてくれる。SmartMount は、外部ハードドライブや他の取外し可能の記憶装置を Mac OS X と Windows の両方に同時に出現させてくれる。一方 SmartConnect は、各種の USB 機器が接続された時どちらの OS が主導権をとるべきかを規定させてくれる。

Parallels も今や 64-bit オペレーティングシステムをサポートする、あなたの Mac が 64-bit プロセッサ (すなわち Core 2 Duo か Xeon) を持っていると言う前提で。この新バージョンでは以前は Parallels Server ($1,248.75 から) にしか提供されていなかった機能を提供している:Mac OS X Server をゲストオペレーティングシステムとして走らせる機能である。(VMware Fusion 2 もこの機能を有している。) より高価なサーバー製品は Mac OS X Server を走らせるのにより大きな力と柔軟性を提供しているが、少なくとも基本的な性能は今や Parallels Desktop ユーザーにも手が届くこととなった。

Parallels Desktop 4 には、Parallels ブランド版の Kaspersky Internet Security が 12ヶ月の加入期間付きで (バージョン 3 には 6ヶ月の加入期間しか付いていなかった)、それとフルバージョンの Acronis True Image 11 Home (バックアップユーティリティ) と Acronis Disk Director Suite 10 (Windows ディスクをパーティションするツール) が含まれている;ちなみにこれら三つのプログラムの小売価格は合わせると $177 となる。洞察力のある人ならお気づきかもしれないが、これらは、今は廃版となった $99.99 の値段の付いていた Parallels Desktop Premium Edition パッケージにバンドルされていたものと同じものである。

ここで取り上げた機能は Parallels 4 に加えられたもののほんの一部でしかない;完全なリストは Parallels Web サイトを参照されたい。

Parallels Desktop の小売価格は $79.99 のままである。以前バージョンの登録ユーザーは $39.99 でアップグレード出来る;01-Sep-08 以降に Parallels Desktop 3.0 を購入した人は無料でアップグレード出来る。無料お試し版もある。Parallels Desktop 4 は 172 MB のダウンロードである。


iPhone、疲れた道行く戦士を救う

  文: Rich Mogull <rich@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

道行く戦士。それは私が常に喜びを感ずる生き方ではないし、言い方も大げさであるが、私の本業である業界アナリストとしては、それが私なのである。私はセキュリティカンファレンスや顧客との会議などで世界中を駆け回るので平均して月に二回ほど仕事で旅をする。多分飛行距離も年に 75,000 マイル程度になると思われるが、これだけ飛ぶと非効率で思いやりの無い航空会社が提供する飛び切りと言えるものは殆ど何でも経験したのは間違いない。しかし時折、本当に時折だが、何らかの問題が起こった時に、この全経験が私に他の旅行者に較べて優位性を与えてくれることもある。

先週、私は Phoenix の自宅を出て Dallas での小さな催し物で話をするため向かっている時、Dallas の滑走路は一連の雷雲達がちょっと奇妙な寄り合いのため居座っていた。前に一度 Mexico City で未熟な航空管制のお陰で実際に着陸時のウィンドシアの事故を経験しているので、嵐がおさまるまで Austin に迂回した時にも私はそれ程腹を立てていなかった。当時私は一週間に及ぶ Moscow でのカンファレンスへの旅から自宅に戻って一晩しかたっていなかったので、私は疲れており空港や飛行機にも慣れていたので、他の乗客程には腹も立たなかった。率直に言って、時差ぼけ、低血糖、そして睡眠不足をやり過ごさなければならない運命を受け入れるのは大変なことである。

眠気さす Austin の空港で一時間ほど過ごしたところで、我々は朝の便を待つ以外に方法は無いという話が聞こえてきた。この遅延は天候によるものなので、航空会社はその晩の宿泊には責任は無いと言う。皆が寝る場所を求めて奔走するにつれて高まってくる緊張は感じ取れる程であった。私は、一晩のベッドを探すに足る経済的余裕の無い人達に対して可哀想には思ったが、私自身もその人達と一緒に空港の床で一晩を過ごそうとは思わなかった。

迂回を余儀なくされた便には常に面倒が付きまとう - とりわけ閉ざされた飛行場にあっては。普段であれば、その地域のホテルを探すために、私はインターネットアクセスの出来る誰かに電話をするか、ワイヤレスの接続を探し出して大手の旅サイトを自分で検索するかする。一番うまくいった場合でも、便のいいホテルを探し出し、予約を入れ、そして空港への出迎えを頼むのに 30 から 60 分はかかる。しかしながら、私の iPhone のお陰で、私は 15 分で宿泊場所を確保し送迎バスに乗っていた、そしてそれに要したのは三回のスクリーンタップだけであった。

これがどの様にやったかである。私は Austin に足止めされたと知ったらすぐ、 iWant を立ち上げた - これは無料の iPhone アプリケーションで、ホテル、レストランから給油所、ATM、それに映画館に至るその土地のサービスを探す手助けをしてくれる。ホテルのアイコンをタップしたら、宿泊施設のリストが現在地からの距離でソートされた順で表示された。そのリストの頭にあったのが Hilton Austin Airport であった。その名前をタップすると、住所、電話番号、それに小さな地図が現れた。その電話番号をタップしたら、私の電話は私をホテルにつないでくれた。数分後、私は予約を完了し、送迎バスの乗り場へと向かっていた。

それだけである - 三つのタップと短い電話の会話。私が送迎バスの乗り場に向かって空港を出ようとしている時、一緒の乗客達はその夜に備えて寝る場所の準備に入っているか、或いは一夜のベッドを求めて友人、家族、或いは旅行業者に必死になって電話しているのを目の当たりにした。思うに、これらの人の大部分がまだ空港を出る前に、私は私の部屋に落ち着いてルームサービスの注文を終えていたのではないだろうか。これらの人の次の朝の疲れた目からして、私は大抵の人よりはるかにくつろいだ晩を過ごせたのは間違いないようであった。

私は私の iPhone についての賛辞を必要以上に歌っているかもしれない事は自覚しているが、真実は、頻繁に旅をする人間の一人としてこの様に有用な道具を自由に使える経験はしたことがないということである。それが、Moscow の分かり難い道路を辿るのに、Dallasで食事やホテルを探すのに GPS と Maps のアプリケーションを使う事であっても、或いは世界中を飛び回っている時の一人寂しいホテルの部屋で何時間もの娯楽を提供してくれることであっても、iPhone は私がこれまで使ったことのあるどのスマートフォンよりもはるかにずっと有用である。


iPhone に SMS メッセージを無料で送る

  文: Chris Pepper <pepper@reppep.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iPhone 3G のサービスプランについて、基本プランには SMS (Short Message Service) テキストメッセージが含まれず、SMS メッセージは個別にあるいはプリペイドのブロック単位で課金される、と Apple と AT&T が発表した時、私は憤慨した。他の人たちもほとんど皆一様に同様の気持ちになっただろう。このぼったくり行為に輪をかけるかのように、AT&T は(他の多くの携帯電話キャリアに倣い)送信者だけでなく SMS 受信者にも課金するようになった。

だからこそ、Jeff Carlson が iPhone 上の AIM を使えば無料で SMS メッセージが送れると指摘した(2008-07-13 の記事“iPhone から AIM 経由で無料の SMS を送る”参照)のを読んで私は大喜びした。でも残念ながら、iPhone の AIM アプリケーションは出来がお粗末だ。不安定だし、私が送ったメッセージがきちんと受け取られることがほとんどない。

けれども、それに代わる方法が他にもいくつかある。電話機用も、コンピュータ用もある。ただし、これらは携帯電話のキャリアによって異なることに注意しなければならない。この記事では、アメリカ合衆国の国内で使える AT&T のオプションのみに絞って紹介したいと思う。他の場所では、それぞれに事情が異なるだろう。

方法 0: プレイン SMS -- 電話機から SMS を送ることができる。初代の (EDGE) iPhone 用の標準 AT&T データプランならば、500 の SMS メッセージが「無料で」付いていた。新しい iPhone 3G では、基本データプラン に SMS メッセージは全く含まれなくなった。料金は月額 $5、$15、$20 で、それぞれ送れるメッセージ数が 200、1,500、無制限となっている。あるいは、受信および送信する SMS メッセージ数が毎月 25 通を越えないと思える人ならば、どのプランも選択せずに1メッセージあたり $0.20 を払って使うこともできる。 天文学的に高価だと言わざるを得ない!

方法 1: AIM-to-SMS ゲートウェイ -- コンピュータのユーザーには、Jeff の方法がうまく行くだろう。AOL の AIM-to-SMS ゲートウェイはきちんと働いてくれる。私の場合問題があったのは iPhone AIM クライアントだけだった。Mac 上では iChat も AOL の Mac 用クライアントも信頼性がある。だから、AOL の IM サービスを使った別の iPhone 用クライアントでうまく働くものがあってもおかしくないだろう。今朝、iPhone App Store で“AIM”を検索してみたところ、AIM 互換を謳ったチャットクライアントが5つ見つかった。でも、私は Twitter を使い始めて以来インスタントメッセージングをほとんど使わなくなったので、これらが iPhone AIM に比べて信頼性があるかどうかの判定は読者の皆さんにお任せしたい。

方法 2: Email-to-SMS ゲートウェイ -- iPhone を使っている友人たちに SMS メッセージを送りたい時、私のお気に入りの方法は相手の 10 桁の携帯電話番号の後に @txt.att.net を続けたアドレスにあてた電子メールを私の Mac あるいは iPhone から送るというやり方だ。 txt.att.netというのは AT&T の email-to-SMS ゲートウェイで、電子メールのメッセージにちょっと似た SMS メッセージが生成される。元のメッセージから持ってきた最小限の 'FRM' および 'SUBJ' ヘッダが付いて、指定された 10 桁の携帯電話番号への SMS メッセージとして転送される。長い電子メールメッセージの場合には複数の SMS メッセージに分割される。iPhone 3G を使う受信者たちが SMS メッセージの受信にも(ゲートウェイを通ってきたスパムも含めて!)料金を払わされるということを知った以上、私は今後この方法を少し控え目にしたいと思う。特に、分割されて複数の SMS メッセージとして課金されてしまう長いメッセージは避けようと思う。

電子メールから生成された SMS メッセージは見分けやすい。それらは奇妙な電話番号から届いたように表示される。例えば、私がこのゲートウェイから受け取った 10 番目のメッセージは "1 (010) 100-010" からと表示された。

残念ながら、こうしたゲートウェイは一般に個々のキャリア専用のものだ。つまり、AT&T のゲートウェイは AT&T 購読者にしか使えない。以前は Teleflip がこのような複数キャリアサービスを提供していたが、この会社は破産してしまった。Notepage にはゲートウェイを多数掲載したリストがある。どのゲートウェイを使えばよいのか分からなければ、あなたの電話機からあなた自身の電子メールアドレスに SMS メッセージを送ってみるとよい。(ただしその分の SMS 料金はあなたの携帯電話の請求書に付くことになるだろうが。)その電子メールに、適切な SMS ゲートウェイの有効な返送アドレスが記載されているはずだ。このやり方が許される SMS プログラムもあるし、受信者として電話番号しか受け付けないものもある。

方法 3: SMS ウェブページ -- Verizon WirelessSprint など、多くの携帯電話キャリアは、その購読者にあてた SMS メッセージを送れるウェブページを一般に公開している。それとは対照的に、AT&Tのページはログイン済みの AT&T 顧客にしか提供されていない。ただ、こちらはどんな SMS 番号にも送れるのではないかと思う。AT&T 以外の購読者が AT&T 購読者あてのテキストメッセージを送れるウェブページを私は知らない。

方法 4: SMS アプリケーションとウィジェット -- ちゃんとしたコンピュータを使って SMS メッセージを送れるアプリケーションや Dashboard ウィジェットにはさまざまのもの がある。その多くは送信者に課金するが、複数の携帯電話キャリアで使えるものが多い。思うに、これらは携帯電話のプロバイダに他のプロバイダと同じアクセスのできる商用のゲートウェイを使っているのではないだろうか。ただ、これを無料でしているところは AOL 以外にないようだ。

方法 5: 携帯電話を外部コントロール -- それに加えて、携帯電話に SMS メッセージを送るようにと指令できる Mac プログラムがいくつかある。多くは Bluetooth または USB を経由する。すぐ上に書いた VersionTracker リンクにも、少しだがリストされている。もちろん、この方法を使っても料金は変わらないが、メッセージをタイプするには本物のコンピュータのキーボードの方が便利だろう。

MMS: Multimedia Messaging Service -- 短いテキストメッセージの SMS 以外に、MMS (マルチメディア・メッセージング・サービス) というものもある。携帯電話のユーザーはこれを使って写真や短いビデオなどを他の携帯電話ユーザーに送れる。iPhone は MMS をサポートしていないが、MMS ゲートウェイにあてて添付ファイルを送るために Mail を使うのは何の問題もない。iPhone 以外の携帯電話で MMS をサポートしているものには、この方法で送ることができる。iPhone の携帯電話番号に @mms.att.net を続けたものにあててメッセージを送ると、何の断わりもなくただ無視される。

米国内では他の国ほど SMS メッセージングが広く使われていないかもしれないが、友人や家族と連絡を取り合うことが、ここに書いた情報によってもっと手軽に、そしてもっと安価に、されるようになればと願っている。


Mac 上の Windows を 'Take Control of VMware Fusion 2' で飼い馴らす

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

現代の Intel-based Mac には Windows を走らせるためのオプションが数多くあるが、Mac OS X に慣れた人達にとって Windows をインストールし設定していくのは、言うは易く行うは難しである。それがドライバの扱い方、ファイルを Windows と Mac OS X の間で共有する、或いは最適の RAM 設定を決めることに関する事なのかどうかに関わらず、Joe Kissell の新しい "Take Control of VMware Fusion 2" は Mac ユーザーに、人気の仮想化ソフトウェア VMware Fusion 2 を使った Windows のインストールと使用の仕方に関する実際のアドバイスを提供する。この 120 頁の電子本は、TidBITS Publishing と VMware の共同作業から生まれたもので、基本概念から始まって、すぐに VMware Fusion 上で Windows をインストールするやり方を以下のシナリオに対してステップ毎に説明にする:

インスタレーションの後、Joe は VMware Fusion 仮想マシン内の Windows の使い方に焦点を移し、マウスボタンを再マップする、存在しないキーをシミュレートする、キーボードショートカットを設定する、ディスプレイモードを切替える、そして外部機器を使うやり方を説明していく。その他の大事な項目には次が含まれる:

この電子本には VMware Fusion 2 の 10% 割引クーポン ($8 相当) が付いている、そして新しい表紙の画にもご注目を。

cover_vmware_fusion_2


iPhone 用ファイル転送アプリを5つ比較

  文: David Strom <david@strom.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私が iPhone 仲間に加わったのは遅かったが、そんな私が真っ先に気になったことの一つは、カット&ペーストがないという誰の目にも明らかな欠落は別として、それよりももっと重要な欠落だった。私は、自分のメインの Mac にある好きなファイルを iPhone にコピーして、デスクから離れている時にもそのファイルを iPhone で読めるようになって欲しかった。そうなってくれれば、わざわざ備忘録の項目を電話機に手で打ち込んだりする必要もなくなり、またいろいろなマニュアル本、例えばあの素晴らしい Take Control 電子ブックのようなものもいつでも読めるようになるだろう。

写真やビデオ、音楽については iTunes のお陰で手軽にデスクトップ Mac から iPhone に移せるのだが、私としてはデスクトップ機にある他のデータについてもアクセスできるようになって欲しかった。

なぜこの機能が欠けているのか、これは奇妙なことだ。従来の iPod 各機種にはすべて、それをハードドライブとして挙動させる機能があって、普通にそこにいろいろなファイルを保存することができた。(iPod をコンピュータに接続された上で iTunes の Summary ペインで Enable Disk Use を選択する。)幸いなことに、解決策はある。実際、何通りもの解決策があるが、それらにはすべて iPhone あるいは iPod touch にこの機能を提供すると称しているアプリケーションの一つをダウンロードすることが必要だ。残念ながら、それらはどれも設定が簡単でなく、ただ iPhone を USB でコンピュータに繋いでファイルをドラッグするだけという訳には行かない。けれども iPhone ではさまざまの接続方法が可能なので、このファイル転送にいろいろな種類の衣を着せることができる。私はコンピュータと iPhone を接続するアプリケーションをいろいろ試して、あるものは興味深い、あるものは混乱させられるほど利口な、多種多様な方法をテストしてみた。

共有の方法 -- iPhone で情報をアップデートするには基本的に二つの方法がある。プッシュ (push) とプル (pull) だ。プッシュでは、Mac から iPhone へとファイルを送るためにコンピュータ上で何かをする。一方プルではその反対、つまり iPhone にファイルを送るために iPhone 自体の上で何かをする。どちらがより良い方法だろうか? それはあなたの作業形態によるし、iPhone 上でそのファイルを見る以外に何をしたいかにもよる。例えば、仕事場の Mac から自宅の Mac へとファイルを運ぶための中継器としてあなたの携帯電話を使いたいのならば、片側でプッシュしてから、もう片側でプルすることになる。私自身はどちらかと言えばプルの方法が好きだが、とにかくこの先を読んでどこがどう違うのかを知っていただきたい。

いくつか注意点がある: もしもあなたが古い iPhone 1.x ソフトウェアを走らせているなら、あるいは Mac OS X のバージョンが 10.4 Tiger よりも古いなら、今こそアップグレードすべき時だ。なぜなら、以下で述べるアプリケーションはすべて、少なくとも iPhone 2.x ソフトウェアと Tiger とを必要とするからだ。また、iPhone 上にいくらかストレージ容量の余裕が必要なことも忘れてはならない。個々のアプリケーション自体はそれほどストレージ容量を食う訳ではないが、その後たくさんのファイルを受け取るようになれば、それにつれてあなたの曲や、ポッドキャスト、ビデオなどを入れる余裕がなくなってしまうかもしれないからだ。最後にもう一つ、あなたが iPhone に移したファイルはどんなものでも、それをそこに置いた、その特定のファイル転送アプリケーションによってのみでしかアクセスできなくなる。Mac ではどんなアプリケーションがどんなファイルにでもアクセスできるのとは異なっている。この融通のなさにはちょっと慣れが必要だろう。

ノミネートされたのは -- 私は最も人気ある iPhone 用ファイル転送アプリケーションのうち5つを比較した。そのうち3つは独立に動作するアプリケーションだが、それぞれ購入しなければならない。残りの2つのアプリケーションはいずれも無料だが、本気で使おうと思えばお金を払って特定のウェブサービスにオンラインのアカウントを購読しなければならない。その5つとは、Avatron の Air Sharing、Magnetism Studios の FileMagnet、Hey Mac Software の Briefcase、Evernote、それに Sharpcast の SugarSync だ。

その他の共有アプリ -- また別の製品もある。DigiDNA から出ている無料の DiskAid では、iPhone または iPod touch と、Mac または Windows ベースの PC との間で、USB 経由のファイル転送ができる。まさに私がこの記事の冒頭でそうなれば便利だろうと示唆した通りの方法だ。けれども、ファイルが iPhone に移った後も、再びそのファイルの内容を iPhone で見るためには、あるいはそれがそこに存在しているという事実を知るためにさえも、DiskAid を使わずにはできない。私は、ファイルが iPhone の内部に人知れず闇に潜んでいるなどとは考えるのも嫌なので、やはりもっと他の方法を使いたいと思う。

その他の解決策、例えば iPhone の Safari ブラウザやオープンソースのアプリケーションなどのプラグインを入れて使う方法などについては、Pure-Mac の Pure-Mac's iPhone File Transfer Apps ページをチェックすることをお勧めする。

では、あなたのファイル転送に幸運あれ。もしも何か他の方法でうまく行ったものが見つかれば、どうぞご教示いただきたい。

[David Strom は、印刷上では Network Computing 誌、デジタルでは Tom's Hardware.com の編集長を歴任し、現在はフリーランスとして New York Times 紙や数々の IT 出版、例えば Ziff Davis、IDG、CMP、TechTarget といったメディアで活躍中だ。彼はプロフェッショナルの講演者、ポッドキャスター、コンサルタントであり、彼のブログは strominator.com にある。]


私たちのカートの HTML アクセシビリティを向上

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <http://www.ousaan.com/mail/>

私たちはよい人だ。いや、本当に。しかし、一言いっておくと、目の不自由な人に対して、ショッピングカートをスクリーンリーダーで使うことはできるけれども、もっとも重要な、最後の画面での Download Ebook ボタンは別だなんてことを説明しなければならないとしたら、これほどみじめな気持ちになるものはない。

私たちはウェブアクセシビリティの専門家でも何でもないので、私たちがカスタマイズした eSellerate のショッピングカートが、ダウンロードボタンを例外として完璧に動作しているということに、全く頭をかかえてしまった。すべての画像に ALT タグがあることを確認したが、それだけでは不十分だった。次に私は、リンク自体に TITLE タグを加えたが、eSellerate のシステムは実際のページをレンダリングする際にそれを削ってしまった。私は途方に暮れてしまったが、eSellerate がシステムに手を加えて TITLE タグが通るようにしてくれたので、これで何かが変わることを願った。

残念ながら、彼らが私のために変更してくれたにもかかわらず、何の変化もなかった。しかし、TITLE タグが有効ではないということが分かったので、私たちのテストにも火がついて、数々の試行錯誤の末(Command-F5 が VoiceOverを切り替えるショートカットだということを私が忘れることは、もうないだろう)、私たちはついに問題を解決した。これが一般的なものかどうか、あるいは独立したショッピングカートアプリケーションが生成せざるを得ないカスタマイズされたコードの仕業にすぎないのかどうかは分からないが、私たちの解決法は以下の通りだ。

私が eSellerate のカスタムレイアウトエディターに入力していたコードは、実際のレシートページでは、以下のような HTML となっていた(コンテンツ管理システムに関連する混乱を取り除くために、少し編集している)。

nbsp;nbsp;nbsp;nbsp;
<a title="Click here to download ebook!" href="http://store1.esellerate.net/isapi/tcobacktomymac11.zip?dl=GR3HR4rydqd4XBOdFfV4&sessionid=1235&file=tcobacktomymac11.zip">
<img src="/store/i/pub186525909/lay301527449/p/tc-download-ebook.gif" Width="130" Height="25" alt="Click here to download book!" /></a><br>

画像の ALT タグは必要だが、十分ではなかった。VoiceOver に "Click here to download book!" という ALT テキストを読ませるためには、私は2つの、互いに関連がなさそうな変更をしなければならなかった。

これらの重要な変更を加えた新しいコードは、以下のようになる。

<div style="padding-left: 30px; padding-bottom: 5px;">
<a title="Click here to download ebook!" href="http://store1.esellerate.net/isapi/tcobacktomymac11.zip?dl=07CsOupdUps8Sukc3Y04&sessionid=1406&file=tcobacktomymac11.zip">
<img src="http://www.takecontrolbooks.com/tc-graphics/tc-download-ebook.gif" Width="130" Height="25" alt="Click here to download book!" /></a>
</div>

どのようにしてこれを突き止めたのかを簡単に説明すると、私たちは別の部分でうまく動いている HTML の固まりをとってきて、その一部をうまくいかないコードの代わりに挿入した。私たちが最初に突き当たったのは、絶対 URL が必要だということで、もう1つ必要だったブロック要素は、一時的なテキストがたまたま解決してくれていた。この一時テキストが重要だということが分かったので、私たちはテストの幅を狭めることができ、最終的にこの部分をHTML のブロックタグで囲めばよいということが分かった。

私たちのウェブサイトや PDF のやり方には、目の不自由な人から見て理想的ではない点がほかにもあることは知っているが、少なくとも、VoiceOver を使っている人たちが Take Control のサイトすべてを回ることができるようにはなったはずだ。


TidBITS 監視リスト: 注目のソフトウェアアップデート、17-Nov-08

  文: Doug McLean <doug_mclean@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>


TidBITS Talk/17-Nov-08 のホットな話題

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Steve Jobs の数字を検証する -- ある読者の指摘によれば、Firefox 3 がリリースされて「記録破りの」ダウンロード数を記録した時に比べても、もっと多くのダウンロード数を iTunes が持続的に供給し続けている。(メッセージ数 1)

iPhone/iPod touch で PDF -- iPhone や iPod touch で PDF を読むためのベストの方法は何か? また、セキュリティのかかった PDF は読めるか? (メッセージ数 4)

PGP Whole Disk Encryption でディスクを保護する -- PGP の最新の製品を紹介した Joe Kissell の記事に、読者たちが悲しい体験談を寄せる。(メッセージ数 2)

ロックを外した iPhone をモデムに -- ロックを外した iPhone を繋留モデムとして使うことができるか? もっと重要な疑問だが、その iPhone は実際ロックが外れているのか、それとも脱獄 (jailbreak) されたものか? (メッセージ数 2)

Automator で MP3 変換? -- 多数の AIFF ファイルを MP3 に変換したいという読者がいる。その作業には Automator を使うべきか? (メッセージ数 4)

Safari 3.2 対 WebKit -- Apple のウェブブラウザの最新版は、そこに含まれる WebKit にもっと新しいバージョンで目覚ましい進歩を遂げたものが出ているのにそれをまだ含んでいない。この遅滞はいったいどうした訳か? (メッセージ数 3)


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2008 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2008年 11月 23日 日曜日, S. HOSOKAWA