TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#984/29-Jun-09

まずは今週 Take Control 電子ブックの特別セールがあることを読んで頂いてから、たくさんの他のニュース記事に進んで頂きたい。Glenn Fleishman は今週忙しく働いて、当分の間米国で別の iPhone キャリアが登場する見込みがない理由を説明するとともに、push 通知機能を盛り込んだ新しい AIM for iPhone をテストし、さらにはウェブページが異なったブラウザでどのようにレンダリングされるかを比較するための Adobe BrowserLab サービスが新登場したことも報告する。彼の活躍に負けまいと、Jeff Carlson はメモリカードからうっかり消去してしまった写真を取り戻すための4つのプログラムをレビューし、Matt Neuburg は新しいハードディスクをフォーマットする最良の方法を解説する。今週リリースされた注目すべきソフトウェアとしては、Tinderbox 4.7.0、Airfoil 3.3.1、Apple TV 2.4、Missing Sync for iPhone 2.0.2、Time Capsule and AirPort Base Station Firmware Update 7.4.2、Final Cut Pro 6.0.6、Camino 1.6.8、BBEdit 9.2.1、それに MacBook Pro EFI Firmware Update 1.7 がある。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Take Control 特別セール:全ての電子ブックが5割引

  文: Tonya Engst <tonya@tidbits.com>
  訳: 細川秀治 <hosoka@ca2.so-net.ne.jp>

より安く、より多くを学ぼう! 我々は、09 年 7 月 7 日まで、すべての Take Control 電子ブックと Macworld スーパーガイドを、5割引で販売する特別セールを開催します。どうか我々の Mac、Mac OS X、iLife '09、AirMac ネットワーク、その他に関するとても実用的な電子ブックであなたのライブラリを充実させてください。この期間限定セールを享受するには、このクーポン付リンクを使って我々のカタログページに行き、希望する書籍タイトルを選択して Buy Selected Ebooks をクリックしてください。ショッピングカートの最初の画面でクーポンコードと値引きが表示されます。

Mac および Mac OS X -- 我々のカタログには、お使いの Mac をより効果的に操作するのに役立つ、新刊または改訂版のタイトルがあります:

アプリケーション -- あなたのアプリケーションを最大活用。あなたが iLife '09 で創造的に仕事をしたいか、新しい Safari 4 で格好よく操作したいときも:

AirMac のネットワーク -- あなたは、Glenn Fleishman 著 AirMac/Wi-Fi ネットワークに関する最新情報の電子ブック2冊も見付けるでしょう:

Take Control シリーズ電子ブックを、購入、フィードバック、熱烈応援してサポートいただいたすべての皆様にありがとう!


TidBITS メールハブ変更:スパムフィルタをご確認のほど

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 細川秀治 <hosoka@ca2.so-net.ne.jp>

先週末、我々の継続的なアップグレード計画の一環として、サーバのインフラストラクチャ変更に着手しました。絶え間ないスパムからの猛攻撃の影響を減らし、ローカルユーザのメールアカウントを管理する終わりのない作業から私自身を解放する試みとして、今後は、受信メールを別のサーバ経由で受けるようにしました。

この変更による実際的な結末は、TidBITS、TidBITS Talk、Take Control メーリングリストの送信に使用するサーバは、様々な電子メールヘッダの中で、単に tidbits.com の代わりに、emperor.tidbits.com として、自分を明瞭に識別するようになります。結果として、もしあなたが tidbits.com からのメール受信にフィルタやホワイトリストを使っているなら、あなたは tidbits.com と同様 emperor.tidbits.com からのメールを拾うように調整が必要かもしれません。

ご不便をお掛けして申し訳ありませんが、よろしく!


DealBITS 抽選: DiscLabel 6 の当選者

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

先週の DealBITS 抽選で当選し、DiscLabel 6 ($35.95 相当) を受け取ることになったのは、mac.com の Terrell Hall、zoran.com の Tom Powers、foxinternet.com の Larry Weakly の3名だ。おめでとう! この抽選に応募して下さった方全員には、 DiscLabel 6 の購入価格が 20% 割引となる権利が贈られた。(ほら、応募しないと割引が貰えないこともあるのです!)今回の DealBITS 抽選に応募して下さった 427 名の皆さん、どうもありがとう。また今後の DealBITS 抽選もお楽しみに!


AIM for iPhone にプッシュ通知が加わる

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

AOL は新たなメッセージの通知をプッシュする機能をもつ iPhone のための AIM (AOL Instant Messenger) バージョンを出した。このプログラムには二つのバージョンがある: 広告付きの無料版、或いは 広告無しの $2.99 の版である。どちらの版も iPhone OS 2.0 ソフトウェアで動くが、もし他のアプリを使っている時チャットパートナーからの新しい応答の通知を表示するためには iPhone OS 3.0 が必要となる。

このプッシュの追加が iPhone AIM クライアントに対する唯一の大きな変更点であるが、これのもつ意味は大きい。(もう一つあるマイナーな追加は、横置き位置でのタイピングである。) プッシュを生かすためには AIM を起動しサインインしなければならない。プッシュ機能を持つ全てのプログラムはプッシュする意思を表明するため少なくとも一度は起動されねばならず、これはアカウントの構成を必要としない場合でも当てはまる。

AIM に一旦サインインすれば、ソフトウェアは 24時間の間サインインした状態を保ち、もし iPhone がスリープしているか或いは他のアプリを使っている場合は入信してくるメッセージはプッシュ通知として表示される。もし iPhone のディスプレイが生きておりそして AIM を使っている場合は、メッセージはインラインに示される。

iphone_aim_push
iphone_aim_scrn

iPod touch は、Wi-Fi ネットワークに接続されている場合にだけ通知を受信する;起きていれば (ディスプレイが生きている)、メッセージを直ちに表示するし、スリープしている場合は、15分おきにチェックする。iPhone はセルラー接続が使えない場合だけ Wi-Fi を使い、そして Apple の開発者ガイドラインではこれらのメッセージは iPhone がプラグインされているか或いは起きている場合だけ表示されるとしている。これは、iPhone と iPod touch がどの様にプッシュを扱うかに関する不一致点であるか、或いは Apple のドキュメントの一つにある誤りのどちらかである様に見受けられる。

AIM は同時に複数の地点から使える、と言うことは iChat に一つ以上の Mac でサインインしてそして AIM for iPhone にもサインイン出来るはずである。しかしながら、試験をしている間に Adam Engst と私が見つけたことは、もしあなたとあなたのパートナーが暗号化をオンにして iChat をしている場合は、iChat で生成されたメッセージもセッションもプッシュ通知を出さないということである。もしあなたが AIM for iPhone で同じ人に応答しようとすると、iChat での暗号化は不可にされ、そしてプッシュ通知も開始される。

もし AIM for iPhone でプッシュ通知が欲しい場合は、iChat の暗号化は不可に出来るし (Preferences > Accounts > あなたのアカウント > Security)、又は全てのマシンで iChat をログアウトしていることを確認しても良い。

iPhone と iPod touch に対するプッシュ通知の動きは、プッシュを使うプログラムを最低一つインストールした後に Settings app にはじめて現れる新しい Notifications アイテムから設定できる。通知をオンオフする設定をプログラムをまたがっていっぺんにする設定もあるし、プログラム毎にやるオプションもある。AIM は音、通知、そしてバッジをオフにする選択を提供している。(バッジとはアプリのアイコン上に表示されるそのアプリに関係する何かの量を示す数字である。)

iphone_aim_notifications

プッシュの追加はテキストメッセージング (SMS としても知られている) の不可避の凋落の一部とも言える。"iPhone がプッシュすれば、テキストメッセージの料金は下がる" (2009-04-09) の中で私が書いた様に、テキストメッセージはキャリアにとってはそれを扱うのに1セントの何分の一しかかからない様に見えるのに、会社は顧客にメッセージ当たり最大 25 セントも課金している。

Apple がこれまで提供している詳細を見る限り、プッシュ通知は顧客にもソフトウェア開発者にも費用負担を強いることは無い様である、そして米国では iPhone は無制限のデータプランと一緒に提供されている。プッシュ通知は小さく、これが数千集まっても月に1メガバイトを越えることは無いであろうから、データプランに上限を設けている国においても問題とはならないであろう。

SMS とは違って、プッシュ通知は最善努力ベースである - Apple は開発者達に "プッシュ通知の配信は保証されていない" と言っている。例えば、Apple の "サービスの品質" の説明では次の様に言っている、配信出来ない通知は削除されてしまう前に "限られた期間" だけ保存される、そして機器が直ちに到達可能でなければアプリ当たり一通の通知しかキャッシュされない。

SMS はもっと頑強に設計されている、そしてこちらも保証はされていないが、SMS テキストメッセージは、セルフォンがかなりの時間圏外にあったりオフにされていない限り、まず間違いなく配信される。

SMS の鍵となる長所は、キャリアや国を超えた普遍性にある。もっとも国境越しの SMS は、そうでなくともばかばかしく高い国内料金よりも更に高価となる。しかし AIM は数千万のユーザーを持ち、そして iChat ととも働く AIM アカウントを得るのは無料なので、しょっちゅうテキストメッセージを交わしそして iPhone か iPod touch を持っている人に、iPhone クライアントと一緒に使うために AIM アカウントを設定する様勧めることは可能である。

そうではあっても、AIM は SMS に未だ置き換わることは出来ない。この 24時間のサインイン制限は、負荷を減らすための AOL の方策かもしれないし、またキャリアとの関係を害したくないと言う Apple の要求なのかもしれない。でも諦めるのはまだ早い、SMS を使う前に誰かが AIM 上に居ないか調べてみることはできるはずだし - 居なかった場合でも、AIM にログインする様 SMS メッセージを送れる。


なぜ AT&T は iPhone を独占し続けるのか

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Minori Goto <minorig@gmail.com>

最近、AT&T がまたも iPhone をめぐっての広報活動にしくじった時 (既存加入者へのアップグレード料金について、明確で体裁の良い応対ができなかった)AT&T が Apple の iPhone の米国独占キャリアでなくなる日を、たくさんの人が首を長くして待っているのを私は聞いた。(詳細は、"AT&T に電話して、ベストな価格でアップグレード"、2009-06-15 を参照)

商業的意志があれば、技術によってその道が開かれるだろうから、AT&T の iPhone 独占は絶対終らないと私は言いたくない。しかし、この道には、幾つかの大きなハードルがあるのだ。

携帯通信規格 -- まず第一のハードルは、AT&T が GSM 携帯通信規格を使用していることだ。この規格上では、世界の大半の携帯電話が機能している。T-Mobile USAもまた GSM 規格を使用している。Verizon Wireless と Sprint Nextel はかなり前にCDMA 規格の使用を選択した。この規格は米国および海外で何億という人々により使用されているが、私が後で説明するように、規格としての将来はないと言える。

Verizon は Apple にとって、AT&T に取って代わる、あるいは追加のパートナーとして、何度も挙げられてきた。しかし、iPhone は Verizon のネットワーク上では単に操作不可能だということを多くの人が忘れているのだ。もちろん、現在の Verizon の 2Gと 3G ネットワーク上で使えるよう、iPhone を修正したものを Apple が作り出せない技術的理由は何もないのだが。

しかし、これには次の点がネックになっている。Apple のモバイルチップのメーカ−は、いまでもInfineon とのことだ。そして、Infineon は CDMA ではなく、GSM 技術を用いたものだけを製造している。(Infineon のウェブサイトでは、同メーカーは WCDMA をサポートすると書いてあるが、これは、基礎的な理論上においてのみ、CDMA と関連してしている。WCDMA は GSM ネットワーク上で使用されている一番遅い 3G 種であるUMTS で使われているエンコーディングの規格である。)

つまり、Apple はチップメーカーを変えるか、もう一社加えなくてはならない。Apple が秘密を好むことや、Infineon といかに密接に協力してきたことを考えれば、これは、難しいだろう。Infineon は独自の CDMA チップを開発することができるかもしれないが、Qualcomm が 自ら発明した CDMA に関する膨大な数の特許を所有している。そして、Infineon がこれらの権利を得るのは、複雑で長期的なプロジェクトとなるだろう。だからこそ、短期的にはこれはあり得そうもないことなのだ。

Infineon にはまた、ソフトウェア定義の製品が一つある。つまり、チップ上でサポートされている無線電信規格がソフトウェアによって変えられるのだ。しかし、CDMA は同社にサポートされている規格のリストには含まれていない。

さらに、Apple が今となって CDMA の道を選択する理由は見出し難い。なぜなら、Verizon Wireless と Sprint Nextel はともに、4G ネットワークのためにCDMA の道を取ることを放棄したからだ。そして、Qualcomm はその 4G 規格の開発を中断した。Verizon と Sprint は Qualcomm の 3G 規格である EVDO を使用しているが、両社とも、違う第四世代ネットワーク規格に傾倒してきている。(EVDO はデータと音声を同時に通信しないので、Apple にとっては、その使用の考慮すらできないものだろう。)

もちろん、T-Mobile は現在 AT&T 同様の GSM 規格を使用している。しかし、T-Mobile はこのスペクトラムゲームに遅れて入ってきており、限られた数の都市だけに、3G を配置してきた。さらに、T-Mobile は米国、あるいはその他の国においての 3G 電話では使用されてこなかった通信周波数を獲得した。T-Mobile の 3G 電話は国際的使用のために、AT&Tによって売られている電話とは違った一連のスペクトラム帯をサポートしており、iPhone は T-Mobile の 3G スペクトラムの幾つかに必要なスペクトラム帯を含んでいないのだ。

LTE と WiMax はどうなのか? AT&T、T-Mobile、そして Verizon はすべて LTE (Long Term Evolution) を使用することとなる。これは、GSM から進化発展したプロトコルと考えられており(世界中の GSM 業界グループから、生み出された標準)優勢な次世代あるいは、4G モバイル規格となってきた。キャリアが回線に割り当てる周波数域の幅によって、LTE の最大スループットは、50 Mbps から 200 Mbps となる。米国では、ユーザ一人当たりの実際のスピードは日常的使用では、4 Mbps から 8 Mbps となり、バーストでは、更に速い速度で最高となる。LTE 電話を開発中の企業や電話通信アナリスト達は LTE を搭載したハンドセットの市場化をここしばらくは期待していない。2011 年が一番早い時期であろうが、2012 年までかかるかもしれない。

Sprint は WiMax を選択した。なぜなら、同社は商業的競争という理由から 4G ネットワークをより早く配置したかったし、どの規格を導入するか決める時に、LTE の将来的価値に納得していなかったからだ。Sprint は Clearwire と合併し、後者の大半を所有しているのだが、現在まで、アトランタ、ボルチモア、ラスベガス、そしてオレゴン州ポートランドの4つの大都市に WiMax を設置してきた。Sprint が WiMax を選択したことで、同社が Apple のパートナーとなるのはありそうもないこととなった。それに、Sprint はまた Palm Pre の発売時独占キャリアでもあった。(ここでも言えることは、WiMax が将来のある時点で、iPhone に加えられることはあり得る、しかし WiMax の世界での市場は LTE において予定されているものより非常に小さいのだ。)

Clearwire は WiMax 規格の携帯が 2010 年までに 1 億 2 千万以上の人々に製造出荷されると期待している。しかし、現在まで発表された予定では、Verizon と AT&T は 2011 年に入るまで、あるいは 2012 年になるまで、これほどの数の人たちに LTE を提供できそうもない。しかし、その後は LTE が WiMax をかなりの差で引き離すのではないだろうか。

私の見るところでは、Apple は二つの道のどちらかを選択するであろう。ひとつは、GSM という道だけを進み続け、新 iPhone 機種が出る度に、より早い HSPA 標準でアップグレードし、二年ほど後に、AT&T が本格的に LTE を配置し始める時に、この規格を加えるという選択だ。これによって、iPhone は LTE においてだけでも、Verizon のネットワークを含め世界中の 4G ネットワークにアクセスすることができる。

私が思うには、これが一番起こる可能性が強いものだ。というのも、現在およびこの先十年間において、これは世界中の先進ネットワークのユーザ大半を含むシンプルで効果的なプランであるからだ。最も最近の報告では、世界中の GSM ユーザの数を 約 40 億、CDMA ユーザの数を約 5 億としている。しかし、これらの加入者の多くが、2G ネットワークより速いものにはアクセスできない。

二つ目の道はもっと複雑で、そのため選択しがたいものなのだが、AT&T と Verizon の両社が LTE の利用不可能なところではより遅いがよりパワフルな CDMA/EVDO と GSM/EDGE/3G ネットワークでバックアップしながら、LTE をかなり広域で配置するまで、Apple が待つというものだ。

この時点で、Apple はこれらの規格すべてをサポートする iPhone を製造するかもしれない。Verizon ネットワークを利用するために、Apple が少なくとも CDMA を (そしておそらく EVDO も)加えなくてはならない理由は、Verizon がこの先しばらく、多分この先十年は、CDMA を使用しながら一番遅い 2G ボイスネットワークを運営し続けるからだ。初代アナログ通話サービスはやっと去年廃止された。これは、第二世代ボイスが全面配置されて、何年も経ってからだった。Verizon の顧客が LTE だけの電話を容認するとは思えない。

現在のところ、AT&T にはおよそ 8 千万人、Verizon にはおよそ 9 千万の加入者が米国におり、両社とも成長し続けるだろう。Apple が米国での大きな潜在顧客層を見送るというのは妙なことだが、世界的に見て、GSM と LTE に焦点をしぼるのは、より簡潔な道なのだ。

Apple には奥の手があるのかもしれないが、チップメーカーをもう一社加え、特別に米国市場向けの運営を開始しない限りはこれは無理だろうと思う。Apple について無理という言葉は使いたくないが、この先二年は、iPhone のあるべきところに AT&T あり、と私は強く感じている。


新しい外部ハードディスクを再フォーマットする方法

  文: Matt Neuburg <matt@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

新しい外付けハードディスクを再フォーマットするって? 別に何も難しいことではないと思うだろうか? ただ単にディスクユーティリティを動かして、その外付けディスクを選び、「消去」パネルに切り替えて、大きく深呼吸してから、「消去」をクリックするだけ、そう思うだろうか? それが違うのだ。

たまたま、おそらく外付けハードディスク獲得をめぐる経済状況の変化により(要は「近ごろかなり安く手に入るようになったので」ということだが)私は最近、いくつかの外付けハードディスクを再フォーマットする必要に迫られた。その中にはシャツのポケットに入るサイズの Maxtor Mini (これは飛行機旅行に私の音楽コレクションを圧縮して持って行くためだった) から、もう少し大きめの Maxtor OneTouch (これは友人に買わせたもので、彼の妻が近所の図書館で The Prisoner をリッピングするのに夢中になったため、彼女の iMac の内部ハードディスクが一杯になっていることに私が気付いたからだった)、AcomData (私の母の iMac の Time Machine バックアップ用)、そしてごく最近には特大サイズの 1 TB Fantom GreenDrive (ごつくてクールで静かなマシン、これは Buy.com から $100 以下で手に入れた) まで、さまざまのタイプのものが含まれている。いずれの場合も、私は最初にディスクユーティリティの「消去」パネルを試してみたが、いずれもそれぞれに何らかの初期エラーに遭遇する羽目になった。Fantom ドライブの場合は、その通りの方法でするようにという説明書まで付いていたが、それは間違っていた。見事に、間違っていたのだ。

というわけで、私の場合経験が _正しい_ 方法を(体験で覚えたことをすぐに忘れてしまう私にもわかるよう繰り返して)教えてくれたので、ここに皆さんにもその知識をお分けして、この誤った説明がこれっきりでお終いになるようにしたい。正しい方法は、こうすればよい:

ディスクユーティリティを起動させる。新しい外付けドライブをコンピュータに繋ぎ、必要に応じて電源を供給しておいて、スイッチを入れる。その新しいディスクがディスクユーティリティに現われたら、その _トップレベル_ のアイコンを選択する。(これは重要なことなので強調しておきたい。ディスクは二つのアイコンで表わされており、一つはいわば物理的ディスクに対応するもの、もう一つはそのディスクが含んでいる単一ボリュームだ。)そうしたら、「消去」ではなくて、「パーティション」パネルに切り替える。

「パーティション」パネルでは、すべてがグレイアウトしていて、何もできなくなったかのように見えるだろう。これは、何をするよりも前に、まずあなたが「ボリュームの方式」ポップアップメニューを使ってパーティションの配置を変更しなければならないからだ。たとえあなたにパーティションの個数を変えるつもりがなくとも、これは必ずしておかなければならない。そこで、「ボリュームの方式」ポップアップメニューを見ると「現在の設定」となっているはずだが、これを変更する。最小限の変更は「1パーティション」だ。私は、あなたが何個以上のパーティションを持つべきだとか、パーティションのサイズはどれだけ以上にすべきだとか言うつもりはない。それは完全にあなた次第で、そのディスクがどのように使われるのかによって決まるべきことだ。

さて、ここでストップ。手を止めて! 次にボリュームの名前を決めてフォーマットを(おそらくデフォルトの「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」に (これがデフォルトなのは正しい))割り当てるのだろうとあなたが考えているのであろうことはわかっている。でも、まだそれをしてはいけない。パーティションのスキームを示す長方形のグラフィックの下の方に、「オプション...」というボタンがあるのが見えるだろうか? それをクリックする。さあ、クリックして! _これが_ 鍵となる、何よりも重要なステップだ。このステップこそが、あらゆるトラブルと、良好さとの分かれ目となる。この新しい外付けハードディスクの再フォーマットが、今後成功に終わるか失敗に終わるかの分かれ目なのだ。

いったいなぜなのか? なぜなら、可能な _パーティション方式_ は三つあって、多くのディスクは Master Boot Record (マスター・ブート・レコード) の状態で出荷されるが、これが Mac 用には絶対的に間違った選択だからだ。あなたは、GUID Partition Table (GUID パーティションテーブル) か Apple Partition Map (Apple パーティションマップ) かのどちらかを選ばなければならない。後者の方があらゆる Mac で普遍的に使える方式で、こちらを選んで間違うことはないが、_ただし_ そのディスクを起動ディスクとして使いたい場合だけは例外だ。もしもそのディスクを起動ディスクとして使うのであれば、ここでの選択はあなたがどんな種類の Mac をこのディスクで起動したいかに依存する。Intel ベースの Mac ならば、GUID Partition Table (GUID パーティションテーブル) の方が望ましい。Apple Partition Map (Apple パーティションマップ) でも起動はできるが、そのようなディスクに直接 Leopard をインストールすることができなくなってしまう。(それをするには、GUID パーティションの入ったディスクから Leopard をクローンして持ってくる必要が生じる。)また、そのようなディスクから起動している際にはあなたの Mac にファームウェアアップデートがインストールできなくなってしまう。その一方で、PowerPC ベースの Mac は、Apple Partition Map (Apple パーティションマップ) のディスクからしか起動できない。(Jonathan "Wolf" Rentzsch による 2006-01-30 の記事“Intel iMac を外付けドライブから起動”参照。)Apple は、ディスクを Time Machine バックアップに使う場合についても同じ区別をするようにと警告しているが、私にはその理由がよくわからない。

そういうわけで、あなたのパーティション方式を選んで、「OK」をクリックする。_それから_、ボリューム名とフォーマットを入力して、「適用」をクリックする。ほらほらごらん、たちまちのうちにディスクは再フォーマットされて、使える状態になる。


Adobe、デザイナー用ブラウザ高速プレビューをテスト

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: Minori Goto <minorig@gmail.com>
訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私は 1994 年以来ウェブブラウザを罵り続けてきた。だから、次のことを言うための、ブラウザに関しての経歴は持っていると自負している。大半のインターネットユーザによって使用されるブラウザで、あなたががデザインしたウェブページが、希望通りに表示されているかチェックするためには、私がここ 15 年で見てきた中では、 Adobe BrowserLab が最良のものである。(このサービスは現在、限られたユーザだけに公開するプレビュー版の段階だ。)

では、なぜテストするのか。それは、ウェブブラウザは各々違うレンダリングをするため、同一のウェブページを全く同様にレンダリングできるようなブラウザは二つとないのだ。ブラウザのバージョンが古ければ古い程、レンダリングの違いはより大きなものとなり、完璧に妥当なコードでもより多くのエラーが出現する。しかし、メジャーなブラウザの最新リリース版でさえも、修正の必要な風変わりな点がまだまだあるのだ。

BrowserLab では、URL を入力すると、ウェブページが、現在利用されている最も人気の高い7つのブラウザで表示される様を、すぐに見ることができる。これらのブラウザは、Firefox 2.0 (Windows XP と Mac OS X 用)、Firefox 3.0(XP と Mac OS X 用)、Internet Explorer 6 と 7 (XP 用)、そして Safari 3 (Mac OS X 用) である。BrowserLab では Flash 10 が必要だが、追加プラグインは全く要らない。

BrowserCamBrowserShots などのサービスと比べて、BrowserLab はどこが違うかと言えば、後者が単なるスクリーンショットサービスではなく、ほとんどインタラクティブと言えるような作りになっている。URL を入力すると、数秒以内に結果が表示される。様々な視点で二つのブラウザプレビューを比べながら見ることもできる。

BrowserLab の基となっている概念は大変簡潔なものだ。Adobe Dreamweaver の 製品担当責任者、Scott Fegette によれば、これは「デザインがそのまま保全されていることを確認し、様々なブラウザ上のプレビューが簡単にできるようにする」のだ。

Fegette は BrowserLab をページをデザインしたり微調整したりする時 Dreamweaver の "問題を発見しそれを修正する手助けをする" 能力の延長であると見ている。しかし、彼はまた Dreamweaver デザイナーは "実際のブラウザ" での状況も必要であると言っている。BrowserLab はパレット経由で Dreamweaver CS4 との統合の軽いレイヤーを持つが、全く独立のものとして使うことも出来る。

Fegette は、Adobe はプレビューがほんの少しの待ち時間で生成されるサービスを計画したいと望んでいたと話している。他のブラウザキャプチャーサービスは - その多くがとてつもなく多くのブラウザとプラットフォームを扱えることを特色としている - スクリーンショットを生成するのに数分から数十分もかかるうえ、ダウンロードしてからで無いと見れない。"これではデザイナーは繰り返し使いながら作業できない" と Fegette は言っている。

BrowserLab は Flash フレーム内に、上記の様にサポートする 7 つのブラウザからのスクリーンキャプチャをロードする。更に一つかそれ以上の "ブラウザセット" を作ることが出来るので、もし、例えば Firefox 3 と IE 7 だけで Safari 3 や Firefox 2 に対しては試験をしないという様な場合は、きわめて便利である。

browserlab_browsersets

ページがロードされる間、このサイトはどのブラウザがまだロード中でどれは完了しているかを示す小さなくるくる回るもののアニメーションを示す。これはフィードバックとしてとても気が利いている。舞台裏では、Adobe はページプレビューを作成するのに仮想化と専用サーバーの組み合わせを使っている。

ブラウザキャプチャを見るのには三通りある:1 アップ, 2 アップ, そしてオニオンスキンである。1-up モードは明らかであろう:単一のキャプチャを表示する、選択は左上部にあるポップアップメニューから行う。2-up ビューはキャプチャを横並びで比較させてくれる、左と右にあるメニューからブラウザを選択する。水平方向に或いは垂直方向にスクロールすると両方のキャプチャとも一緒に動いていくれる。(スクリーンキャプチャはある程度の深さをもって作られているので、ページのずっと下の方も見ることが出来る。)

オニオンスキンは二つのブラウザビューを透明性を持って重ねるのでデザイナーはどのブラウザでもピクセルのレベルで同一なレイアウト (或いはそこまでは行かなくともそれに十分近いレイアウト) を作成する手助けをする;これは通常のやり方よりもやり易い解である。通常はスクリーンショットを Photoshop ドキュメントに落としてそれらを別個のレイヤーに入れるのである。スライダーがついており、個々のブラウザの相対的な透明度を調整させてくれる。

browserlab_onionskin

どのモードでも手助けとして、とりわけオニオンスキンで有用なのは、ズーム機能で 75% から 200% まで働く。このサイトには一式のホットキーも用意されていて、ブラウザ間で切替(矢印上と下)、ズーム (+ と -)、ビュー間での切替 (1 が 1 Up, 2 が 2 Up, そして3 が Onion Skin 用)、そしてオニオンスキンの透明度の調整 (左と右の矢印) である。

Internet Explorer 6 は、Fegette も私も、絶えず話題にした。(インタビューに加わっていた同僚の TidBITS 編集者 Jeff Carlson もそうだった。)IE 6 は、汎用のウェブサイトとしては依然として利用率が比較的高いのだが、サイトの見え方がおかしくなるブラウザは IE 6 だけ、ということがやはり多い。Fegette によれば、Dreamweaver デザイナーたちがこのプログラムで IE 6 にレンダリングの問題があると言われた問題を修正しても、そのページが IE 6 ではやはりプレビューできないことがあるという。(Windows で複数個のバージョンの IE をインストールするのはあまり良いことではないが、何とかごまかして使うことは可能だ。)

Fegette によれば、Adobe は BrowserLab の将来の方向について、プレビューへの反応を受けてさまざまのプランを持っているという。より多くのブラウザを追加するのは当然だろう。最大優先は IE 8、Windows 用 Safari、Google Chrome といったところだ。Fegette は Safari 4 の名前を特に挙げることはしなかったが、これは私たちが対談した時点でまだベータ版だった。

彼はまた、当初の反応が非常に大きく、歓迎する声が多かったので、今後拡大できる余地は大きいだろうとも述べた。モバイル用ブラウザ、つまり携帯電話のブラウザでページがどう見えるのかをプレビューするというのも Adobe のリストで優先度が高いという。iPhone は強い関心を集めているが、特に携帯電話用にサイトを作るつもりのないデザイナーであっても、やはりそれに向けた準備はしておくべきだろう。

けれども、Fegette はモバイル用ブラウザがなかなか難しい問題を含んでいると述べた。その理由は、スマートフォン用オペレーティングシステムの多く、Symbian、Android、それに iPhone は、すべて WebKit で標準化されつつあるものの、「彼らが皆それぞれに違ったビルドを使用している」からだという。

BrowserLab は現在プレビューリリースの段階で、今後 Adobe が人員を増強し、サイトに改良を加えるに応じて、不定期の間隔をおいて使う人々の数をさらに増やして行く予定だ。BrowserLab の利用が 2009 年 6 月 3 日に始められた際、Fegette は 3,500 名を先着順で受け入れると述べた。そのスタート日の午前 9 時までには、チームの受け入れた人たちが 8,300 名に達し、受け入れを締め切らざるを得なかった。

この 7 月にはより大規模の受け入れが予定されているが、それまでは、 このプロジェクトを Twitter でフォローして、Adobe が新たに少人数の臨時雇いを受け入れるアップデート情報を得ることもできるだろう、既存の Adobe ID を使うこともできるし、新たにアカウントを作ることもできる。

BrowserLab のプレビューは無料だが、将来このサービスは有料となる。Adobe によれば、料金はまだ決まっていない。一方、BrowserCam は月額 $60 または年額 $400 で、使用量の制限はない。BrowserShots の方は、最善の努力の結果を見るだけならば無料で、優先扱いで無制限のリクエストのできるサポート付きサービスならば月額 $30 だ。

Fegette は、彼自身がその創出に大きくかかわったこのサービスについて、私の気持ちを的確に代弁してくれた:「10 年前に、これがあったらなあ。」


メモリカードから消去した写真を回復する

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

そう、私はメモリカードで、またもやとんでもないへまをやらかした。カメラの SD カードを、Mac へ写真を転送せずに消去してしまったのだ。お決まりのごとくひとしきり額をピシャピシャ叩いてから、私の写真を取り戻せるソフトウェアを探しにかかった。

私が決してパニックになったりしなかったことは言っておこう。カメラやコンピュータが普通にメモリカードを消去する際は、画像そのものが実際に消去される訳ではない。メモリ上のブロックが記録可能とマークされるだけで、それで新たなデータが古いデータの上に書き込めるようになるのだ。今回の場合、私は写真を取り戻せることに自信があった。なぜなら、カードを消去して以後新しい写真は撮っていなかったからだ。カメラによって、カードにローレベルのフォーマットを実行するオプションのある場合がある。その場合はカード上のすべてのデータが上書きされる。多くのカメラメーカーは、これを簡単に見分けられるようにしてくれていない。機種によっては、例えば私の Nikon D90 もそうだが、カードの消去を“formatting”と称しているが、それでも写真は回復可能のままだ。

もしもあなたがたった今間違ってカードを消去してしまったところで、そのために解決法をウェブで探したあげくこの記事を読んでいるのだとしたら、まずは深呼吸をして落ち着いて、あなたの写真が取り戻せる可能性が高いことを知って頂きたい。カードをカメラから取り外して、この「消去された」カードの上に他の写真が上書きされないようにしてから、続きを読んで頂こう。

Data Rescue II -- まず、私が既に持っていたものの中にその仕事のできるものがないか調べた。Prosoft Engineering の Data Rescue IIは、ハードディスクを検索してデータを回復するために作られている。私はこのプログラムの Assistant モードを使って Thorough Scan を実行させてみた。これは、カード上のすべてのブロックを調べるものだ。8 GB のカードをスキャンするのに、私の 2.33 GHz MacBook Pro でおよそ 15 分かかった。

data_rescue_ii

この目的で Data Rescue を使うことの欠点は、あなたがファイルの名前を探していることが前提となっていて、画像を探すことは考慮されていない点だ。T4352x2868-00387.nef という名前のファイルが回復できることは分かるが、そのファイルがどんな画像を含んでいるのかは分からない。スキャンすると、回復可能なファイルがすべて分かり、そこには既に私が Aperture に読み込み済みの写真も含まれていた。

その時は、私は贅沢を言う気分ではなかった。(ということは、やはり私は写真が消えたのを見てちょっとパニックになっていたのかもしれない。)だから、私は 5 GB 相当のすべてが回復できて満足だった。あとからその大量のものをかきわけて探さなければならないとしても、少なくとも画像はちゃんとそこにあった。

Data Rescue II の価格は $99 で、Mac OS X 10.2.4 かそれ以降が必要だ。デモ版が、14.2 MB のダウンロードで入手できる。

Klix -- 私の想像だが、きっと Prosoft Engineering 社の誰かがどこかの時点でメディアカードを消去してしまい、私と同じ問題に直面したに違いないと思う。なぜなら、この会社の JoeSoft 部門から Klix が出たからだ。こちらは $29.95 のユーティリティで、消去されたメディアを取り込むためだけのためにデザインされている。

Klix のインターフェイスはシンプルだ。メディアカードを選んでスキャンを始めるためのウィンドウが一つと、Klix が見つけた画像をプレビューできる Image Recovery ウィンドウがあるだけだ。

このソフトウェアは最初にバックアップ用としてカードの内容全体をあなたのハードディスクにコピーする。(これは、プログラムの環境設定でオフにもできるオプションだ。)カードの容量にもよるが、進行バーがゆっくりと画面を横切って進むのを眺めながら数分間待つ覚悟をした方がよい。この一時的複製は、プログラムを終了させれば消去される。

コピーが終わると、Klix はメディアを探してカードをスキャンする。(ここでさらに待つことになる。私の 8 GB カードで 20 分ほどかかった。)それから、画像が Image Recovery ウィンドウに表示される。すべての画像を選ぶことも、失ったものだけを選ぶこともでき、それから Recover ボタンをクリックすれば、ハードディスク上の私が選んだフォルダにそれらがコピーされる。

klix_recovery_window

カード上の画像のサムネールがあるというのは非常に大きな違いで、ここのところが Data Rescue では提供できない点だ。これで、失った写真だけを選んで回復できる。そうは言っても、サムネールは小さくてサイズも一種類しかない。ズームインして詳しく見るということはできない。それに、なぜかは分からないが、Image Recovery ウィンドウの高さは変えられるものの、ウィンドウ幅は5つの写真を並べた幅に固定されている。

困ったところも書いておきたい。このアプリケーションは最初に起動した時、あなたにアップデートをチェックするかどうか尋ねてくる。もちろん、これは完璧に理に適った機能だ。チェックを実行するかどうかで Yes か No のボタンをクリックできるが、“Check for updates on launch”(起動時にアップデートをチェック) というボックスもある。アップデートをチェックしようと Yes をクリックすれば新たなモーダルダイアログが開いて、あなたが最新のバージョンを持っていると告げてくるが、それを閉じるにはあなたが OK をクリックしなければならない。問題は、これが自動オプションでないことだ。プログラムを開く度に、毎回同じダイアログが登場することになる。ぜひとも、私がただ一回だけ起動時に手早くオンラインチェックの許可を与えれば、その後は作業が舞台裏で進むようになり、実際にアップデートがある場合以外には私を煩わせないようになって欲しいものだ。

こうした細かい問題を別にすれば、最終的な結果として、欲しかった写真だけ (およそ 1 GB ほど) を取り戻すことができ、カードの内容を何もかも取り出す必要はなかった。Klix の画像プレビュー機能のお陰だ。

Klix の価格は $29.95 だ。無料のデモ版は、カードをスキャンして画像を見つけることはできるが、回復できるのはファイル1個(サイズの制限なし)に限られている。このソフトウェアのダウンロードサイズは 2 MB で、Mac OS X 10.2.4 かそれ以降を要する。

Photo Recovery for Mac 3.5 -- AppleXsoft の Photo Recovery for Mac というユーティリティもあって、こちらは消されてしまった画像を見つけ出すためにより細かな機能を提供する。Klix はあらゆるメディアファイルを見つけ出すが、Photo Recovery for Mac はあなたがそのカードにあると知っている(あるいはそうではないかと思っている)ファイルタイプのみを対象として検索できる。Search ポップアップメニューから Nikon を選べば、JPG 画像、TIFF 画像、それに NEF 画像 (Nikon の raw ファイルフォーマット) のみが選択された。実際、Photo Recovery が扱えるのは写真やビデオだけに限られている訳ではない。Excel や PowerPoint ファイル、Zip アーカイブ、いろいろなオーディオフォーマッタ、その他を見つけ出すというオプションもある。

photo_recovery

当初私にとって印象的だったのは、Photo Recovery がスキャンを実行中にも写真のプレビューを始めることができるという点だった。大きなプレビュー領域があって、選択したファイルがそこに表示され、大きさはアプリケーションのウィンドウと連動してスケールされる。この機能のお陰で、私は多数のなくなった写真を即座に探し始めることができた。

けれども、これはちょっとしたトリックであることが分かった。実際には、写真をプレビューしたり選択したりしているだけではなかった。Photo Recovery は、スキャンしている最中も _回復作業を実行_ して、見つけたファイルをすべて私のハードディスクにコピーしていた。そのため、私は望むままにファイルを開いたり編集したりでき、私が必要としないファイルを回収するために Photo Recovery が作業する間待っている必要はなかった。

まだ十分にテストできていないが、かなり重要だと思うことを一つ、書き加えておきたい。私は、Photo Recovery の作り出した NEF 画像が、私の持っているどのアプリケーションを使っても開けないことを発見した。Adobe Photoshop CS4 も、Nikon Capture NX 2 も、画像を開いてくれないのだ。AppleXsoft のウェブサイトを見ると、評価版では「保存オプション」が無効になっていると書いてある。これはつまり、私の使っているデモ版では Photo Recovery が意図的にファイルのデータを改変しているということなのではないかと思う。

無料のデモ版が、4.8 MB のダウンロードで入手できる。Photo Recovery for Mac の価格は $49.99 で、Mac OS X 10.3 かそれ以降を要する。

Image Rescue 3 -- いつだったか、Lexar メモリカードを買った時に、無料版の Lexar Image Rescue が付いていたことを私は思い出した。でも、このソフトウェアはとうの昔に、散らかり放題の私の机の上で積み上げられた邪悪なゴタゴタの山の中にいけにえとなってしまっていた。第一、たしかあれはmini CD で配布されていたので、私の持っているスロットローディング式 Mac ではどれも読めない。けれども、ある知り合いが、同社の Image Rescue 3.0 を強く勧めながら渡してくれた。そして、その理由はすぐに分かった。

Image Rescue 3 は他のものに比べて最も使いやすいインターフェイスで群を抜いている。ステップ・バイ・ステップのセクションに分けて、何が起こっているのか、次に何が起こるのかを説明してくれる。Photo Recovery と同様、Image Rescue も検索すべきファイルタイプのリストを狭めることができ、カメラごとに互換なフォーマットを指定した検索用プリセットも付いている。また、これも私のハードディスクにコピーする前から画像をプレビューできる。

image_rescue_types

Image Rescue 3 の価格は $28.99 で、Lexar はデモ版を出していない。Lexar カードを購入した人は、カードの説明書の中に記されている URL を使えば無料で Lexar ウェブサイトからダウンロードできる。

メモリに値を付ける -- 私がこの記事で紹介したアプリケーションはいずれも、メモリカードを消去する機能を兼ね備えている。ドライブのデータ破損を予防するために役立つローレベルのフォーマットもできる。Image Rescue 3 の場合は、問題点の可能性を見つけるために役立つカードのテスト機能もあり、画像を CD や DVD に焼くこともできる。

今回のことを教訓として、私は今後二度とこうしたユーティリティを使う機会が来ないようにしたいと願っている。だからこそ、初めのうち私はこれらのプログラムの価格が高過ぎると思ったのだ。あまり使いもしないアプリケーションに、いったいなぜ $30 も $50 も払わなければならないのだろうか? でも、その答は既に、そのカードから私の許にやって来ていた。二度と来ない瞬間をデジタルに捉えた、写真という形で。それに、正直言って、いつかまた私がへまをやらかして、メモリカードで青ざめる瞬間が来ないとも限らないのだから。


TidBITS 監視リスト: 注目のソフトウェアアップデート、29-Jun-09

  文: Doug McLean <doug_mclean@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Eastgate Systems のTinderbox 4.7.0 は、個人用コンテンツ・アシスタントの大きなアップデートだ。地図やチャートに多数の新機能が盛り込まれ、その主なものとしてはさらなる図形や充填素材の追加、Dashboard のサポートなどがある。また、新装備のスマート装飾で、メモを自動的に収集・分類・整理して、そこから関係した情報を抽出したり、タグを設定・削除したり、さらにはメッセージを Twitter に投稿したりなどして、あなたの地図を管理・整理できる。そして、今回のアップデートでは新たに Chart 表示が装備され、リンクラベルの処理が改善され、エージェント、アクション、ルールに高速化が施された。(新規購入 $229、昨年以降に購入した場合はアップデート無料、それ以外のアップデートは $90、28.7 MB)

Rogue Amoeba の Airfoil 3.3.1 は、オーディオ配布ツールのマイナーなメンテナンス・アップデートだ。今回のアップデートでは AirPort Express 7.4.2 ファームウェアと Apple TV 2.4 ファームウェアに対する互換性を提供している。環境設定の auto-transmit チェックボックスがスピーカーが消えてしまった場合にも正しく動作するようになり、ファイヤウォールを回避するために Airfoil が最初に偽のタイミングパケットを出すこともなくなった。また、いくつかの問題点も修正され、新規ムービーの中でドラッグすることに関係した Video Player の複数のバグや、スピーカーのスレッドがデッドロックに陥った場合の問題点にも対処が施された。(新規購入 $25、アップグレード無料、11.3 MB)

Apple TV 2.4 は、Apple のホームメディアセンターへのアップデートだ。この最新のアップデートで最も特記すべきなのは iPhone/iPod touch の Remote アプリをサポートしたことで、これで Apple TV を指のジェスチャーでコントロールできるようになった。また、今回のアップデートでは Flickr 検索機能を追加し、View カテゴリーを新設、transport および chapter モードを拡張している。このアップデートは Apple TV の Software Update メニューを使って入手できる。

Mark/Space の The Missing Sync for iPhone 2.0.2 は Mac からスマートフォンへの同期ユーティリティのアップデートで、音声通話やボイスメモをアーカイブ保存したり転送したりできる機能を追加するとともに、iPhone OS 3.0 をフルにサポートしている。Mac OS X 10.4 Tiger で同期を妨げていたバグが修正され、Entourage の Note を同期する際にクラッシュを起こすことのあったバグも直った。注意すべきは、iTunes 8.2 でバックアップファイルを暗号化(iTunes で iPhone 用の Summary タブで設定できる)してある場合、The Missing Sync が iPhone からのデータを読めないことだ。このアップデートは The Missing Sync が自動的にダウンロードする。($39.95、クロスグレード価格は $29.95、アップデート無料)

Apple の Time Capsule and AirPort Base Station Firmware Update 7.4.2 は、いくつかのマイナーなバグを修正したメンテナンス・アップデートだ。対処の施された主な問題点としては、拡大ネットワークに接続する際のいくつかの問題 (詳細は不明)、サードパーティ機器との互換性の問題、ベースステーションが PPPoE 用に設定された際に起こったある問題 (詳細は不明)、サードパーティのルータでの Back to My Mac サポートの問題などがある。Apple は、ファームウェアをバージョン 7.4.2 にアップグレードする前にあらかじめ AirPort Utility 5.4.2 またはそれ以降をインストールしておくことを推奨している。このアップデートは AirPort Utility > Check for Updates を使ってダウンロードできる。(無料)

Apple の Final Cut Pro 6.0.6 はプロ用のビデオ編集ソフトウェアへのメンテナンスおよび互換性のためのマイナーなアップデートだ。このアップデートでは、Mac Pro (Early 2009) および Xserve (Early 2009) で使用する場合のリアルタイム再生に関する問題が解決されている。(無料、19.15 MB)

The Camino Project の Camino 1.6.8 は、Mac 中心、Gecko ベースのウェブブラウザの、セキュリティおよび安定性のためのアップデートだ。主な改善点としては、Mozilla Gecko レンダリング・エンジンをバージョン 1.8.1.22 にアップグレード (いくつかのセキュリティの修正も含まれる)、広告ブロック機能の拡張などがある。また、保存されたクッキーのリストが不正なクッキーが存在していても表示できるようになり、Customize Toolbar ダイアログが見えていても Downloads ウィンドウが開いていることができ、OPTGROUP 要素の SELECT コントロールで項目の名前をタイプして選択する機能が正しく働くようになった。(無料、英語版のみは 15.3 MB、多言語版は 19 MB)

Bare Bones Software の BBEdit 9.2.1は、パワフルなテキストエディタのメンテナンスおよび安定性のためのアップデートだ。クラッシュを引き起こすバグが4つ修正された。プロジェクトリストに項目をドラッグする際に起こったバグ、スクリプティング・インターフェイスから Find ウィンドウを開く際に起こることのあったバグ、SFTP サーバが不正な UTF-8 ファイル名を返して来た際のバグ、プロジェクトやブラウザのリストから Open with Finder アクションを使った際に起こったバグの4つだ。さらに、Sleep キーコマンドをユーザーが設定するのを妨げていたバグも修正され、Replace コマンドが検索履歴を正しくアップデートするようになり、Application Support フォルダの内容をアップグレードする作業中に進行表示ダイアログが出るようになった。(新規購入 $125、アップデート無料、15.4 MB)

Apple の MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート 1.7 は、具体的には明かされていないが June 2009 MacBook Pro で 3 Gbps SATA ドライブを使用している少数の人たちに起こっていた問題に対処する。Apple はこう説明している:「このアップデートにより、ドライブで 1.5 Gbps より高速な転送レートを使用できるようになりますが、アップルは、これらのドライブの Mac ノートブックでの使用を保証または提供していません。これらのドライブの使用はサポートされていません。」ダウンロードはソフトウェア・アップデートから、または Apple の Support Downloads ページからできる。ファームウェアをアップデートするには、アップデータアプリケーション (/アプリケーション/ユーティリティ/MacBook Pro EFI ファームウェア・アップデート.app) の指示に従う。インストーラが閉じると、アップデータが自動的に起動する。(無料、3.35 MB)


ExtraBITS、29-Jun-09 版

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

偽物の iTunes ギフトカードであなたにも被害が -- eBay や Craigslist などで今度 iTunes ギフトカードを買おうと考えている人は、慎重に行動した方がよい。そういうギフトカードは、盗まれたクレジットカードで購入されたものや、ハッキングされたカードの可能性がある。Macworld の記事によれば、Apple はその種の不正なギフトカードについて断固たる処置をとる方針であり、それを使って商品を購入したユーザーのアカウントは永久に使用停止となるという。(リンク投稿 2009-06-29)

Jeff Carlson が MacVoices で iMovie '09 を語る -- Jeff Carlson が MacVoices で Chuck Joiner と対談し、最新の iMovie '09 にある文書化されていない機能について語る。新設された Optimize Video 機能の説明が、いつの間にか短い Video Encoding 101 授業と化す。(リンク投稿 2009-06-22)

Find My iPhone (iPhone を探す) 機能で戻った最初の iPhone? -- Lego Brickworld カンファレンスのある参加者が、怪しげなバーで置き引きに遭った iPhone を取り戻すまでの Jack Bauer 風の冒険を生き生きと物語る。(リンク投稿 2009-06-22)


TidBITS Talk/29-Jun-09 のホットな話題

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iTunes がポッドキャストのダウンロードを停止 -- 新しい回のポッドキャストを5日以内に開かないと、iTunes は新しい回のダウンロードを停止してしまう。この挙動を変えさせる方法はあるか? (メッセージ数 2)

3つのスクリーンを ViBook で実現 -- ViBook は USB 接続経由でモニタをもう一つ追加してくれるが、モニタを追加すると iMovie '09 が起動しない。(メッセージ数 2)

Mac OS X でシステム終了、対、スリープモード -- Mac は定期的にシステム終了させた方がよいのか、それともただスリープさせておけばよいのか? 大多数の意見は、スリープだ。(メッセージ数 6)


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2009 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2009年 7月 6日 月曜日, S. HOSOKAWA