06-Jan, TidBITS#1495: 5G の健康への懸念を検証、位置情報プライバシーの侵害、Apple Music Replay、Smart Battery Case のカメラボタン

2020 年最初の TidBITS 号へようこそ! 過去数年間に自分が最もよく聞いた Apple Music トラックを知りたいと思う人のために、ベータ版の Apple Music ウェブアプリに埋め込まれた Apple Music Replay 機能を紹介しよう。iPhone 11、11 Pro、11 Pro Max 用に Apple が出した Smart Battery Case には嬉しい新機能がある。ケースの上から押すだけで写真が撮れるカメラボタンで、これについて詳しくお伝えする。The New York Times が、秘密めいたいくつかの会社がスマートフォンを通じて私たちの行動のすべてを追跡していると暴露する記事を発表した。この重要な読み物を紹介しつつ、ご自分のプライバシーを守るためのヒントをいくつか提供したい。最後にもう一つ、Glenn Fleishman が来たるべき 5G ワイヤレスネットワークを巡る健康への懸念について検証し、それほど心配する必要はないと説明する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、ChronoSync 4.9.7 と ChronoAgent 1.9.5、OmniFocus 3.4.5、GraphicConverter 11.1.2、Audio Hijack 3.6.3、CleanMyMac X 4.5.2、Luminar 4.1、Bookends 13.3、それに Pixelmator Pro 1.5.5 だ。

記事:


13-Jan, TidBITS#1496: 消滅しつつある "Macintosh" という単語、CES 2020 のトレンド、Smart Battery Case 交換、ウィンドウ環境ユーティリティ Front and Center

iPhone XR、XS、または XS Max 用の Smart Battery Case でうまく充電できなくなったという人はおられないだろうか? Apple が新しい交換プログラムで、問題あるケースを無料で交換してくれるかもしれない。時間をちょっと巻き戻してクラシックな Mac OS のことを思い出してみると、当時はアプリのウィンドウを一つクリックすれば、そのアプリの他のウィンドウもすべて前面に出て来た。今日の macOS でもこれと同じウィンドウ管理挙動があればいいのにと思う人のために、新しい Front and Center ユーティリティの簡単なレビューをお届けしよう。でもちょっと待って、その当時のマシンは Mac でしたか、それとも Macintosh でしたか? Adam Engst が、消滅しつつある "Macintosh" という用語について検討し、未だに Apple がその単語を使っている稀な事例について紹介する。それからもう一つ、わが放浪の特派員 Jeff Porten が、ラスベガスで開催された CES 2020 で突出していた最新のテクノロジーのトレンドをお伝えする。今週注目すべき Mac アプリのリリースは BusyCal 3.8、Typinator 8.3、Firefox 72.0.1、それに BusyContacts 1.4.3 だ。

記事:


20-Jan, TidBITS#1497: Apple Watch Series 5 の感想、なぜ Apple TV は広告を出すのか、CES 2020 の機器とサービス

古い Apple Watch からのアップグレードを考慮したことはありますか? Adam Engst は去年 Apple Watch Series 2 から Series 5 へ移行したが、普段使っていてどんな点が最も大きく変化したか、彼自身の感想を語る。Apple TV をお使いの方は、Apple TV アプリでひっきりなしに出る広告に困ってしまったことはないですか? Josh Centers は特に子供たちに不適切な広告が出る度にそう感じているが、少なくとも一部の広告を回避できる対策を見つけた。それからもう一つ、Jeff Porten はラスベガスの CES からイタリアのカンファレンスへ直行して「放浪の特派員」という言葉に新たな意味を与えたが、今回のショウで披露された機器やサービスを紹介する彼の記事をお読み頂きたい。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、ChronoSync 4.9.8 と ChronoAgent 1.9.6、Microsoft Office for Mac 16.33、BBEdit 13.0.4、TextExpander 6.5.3、Alfred 4.0.8、それに Quicken 2019 5.14 だ。

記事:


27-Jan, TidBITS#1498: Apple Card 明細書の書き出し、iCloud 暗号化と FBI、画像圧縮アプリ Squash をレビュー、CES 2020 続報

他では普通に使っているフォーマットで Apple Card の明細書を書き出すことができなくて困っていませんか? Apple がようやく CSV 書き出しができるようにしてくれた。今週最大のドラマを伝えた Reuters の記事によれば、Apple が FBI の要求に応えて iCloud バックアップのフル暗号化を断念したという。ただしもっとありそうな理由として、ユーザーがパスワードを忘れてデータを取り戻せなくなるリスクの方が重大だと Apple が考えたのではないかという説明もある。画像のサイズを小さくする必要のある作業を頻繁にする人のために、Josh Centers が Realmac の Squash をレビューする。Setapp コレクションの一つとして使える、楽しく実用的な画像圧縮ツールだ。それからもう一つ、Jeff Porten が CES の続報としてロボット・スーツケース、ウェアラブル機器を身に着ける必要なしに家の中での転倒を探知できる Wi-Fi ギア、それに数多くのワイヤレス・イヤーバッドを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、ScreenFlow 9.0.2、Tinderbox 8.2.3、SoundSource 4.2 だ。

記事:


03-Feb, TidBITS#1499: Apple の記録的な Q1 2020 利益、スピアフィッシングからの保護に Google Voice を使う、iOS 13.3.1、iPadOS 13.3.1、macOS 10.15.3、watchOS 6.1.2 と tvOS 13.3.1

Apple が Q1 2020 期の業績報告で記録的な決算結果を発表し、920 億ドル近い売上高と 220 億ドルを超える純利益を報告した。回復を呼んだ iPhone 11 と、人気を集めたウェアラブルのお陰だ。また、Apple は先週そのすべてのオペレーティングシステムをアップデートして iOS 13.3.1、iPadOS 13.3.1、macOS 10.15.3 Catalina、watchOS 6.1.2、tvOS 13.3.1 をリリースした。それぞれの詳細とアップデートに際してのお勧めをお読み頂きたい。あともう一つ大事な記事がある。Apple コンサルタントの Ivan Drucker が寄稿記事で、二要素認証アプリにおける問題点のいくつかに対処する目的で Google Voice を二要素認証実行の中心的道具として使うやり方を説明する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、セキュリティアップデート 2020-001 (Mojave と High Sierra)、Safari 13.0.5、DEVONthink 3.0.4、URL Manager Pro 5.0、それに Fantastical 3.0 だ。

記事:


10-Feb, TidBITS#1500: Netflix がビデオ自動再生のオフ設定を許容、Mac 用 One Switch、CES 2020 のさらなるガジェット

Netflix の不快な予告編ビデオ自動再生を止めさせようと Adam Engst が呼び掛けてからちょうど一年が経って、Netflix が自動再生をオフにするオプションを追加した。それを祝いつつ、Adam がその切替をどこでするか、どうすればその効果を維持できるかを説明する。Josh Centers は便利なユーティリティ One Switch をレビューする。macOS の数多くの設定を、一つのメニューバー項目の中でできるようにするものだ。それから Jeff Porten がイタリア経由で CES から帰宅し、ディストピア的な監視ドローン、AirPods の競合製品、ウルトラワイドモニタ、その他について報告する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは BusyCal 3.8.3 と BusyContacts 1.4.4、EagleFiler 1.8.12、Carbon Copy Cloner 5.1.15、1Password 7.4.2、SoundSource 4.2.1 だ。

記事:


17-Feb, TidBITS#1501: クラウドストレージの空き容量不足に対処、非友好的なウェブサイトを直す StopTheMadness、CES 2020 からクリーン技術その他

iCloud で、Google で、あるいは Dropbox で、空き容量がなくなってきたらあなたはどうするか? Adam Engst が、そのような状況に直面した場合に料金を払って追加の容量を購入することなく電子メールが失われたりファイルが同期しなくなったりする事態を避けるための方法の詳細な手引きをお届けする。さて、あなたはどこかのウェブサイトで、標準的な Mac のキーボードショートカットがブロックされて働かなかったり、スクロール挙動やコンテクストメニューが乗っ取られたり、コピーやペーストができなかったりして、イライラした経験はないだろうか? そこで Josh Centers が、StopTheMadness アプリをレビューする。これはあなたのお気に入りのブラウザの中で、上記のことや他にもさらなる機能を復活させることができる。Jeff Porten は CES 2020 の報告の続きとして、ショウの会場で実演されていたいくつかの野心的なテクノロジーを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Pixelmator Pro 1.5.5、Bookends 13.3.1、Fantastical 3.0.5、OmniFocus 3.5、それに Merlin Project 6.1 だ。

記事:


24-Feb, TidBITS#1502: Mac の起動チャイムを有効に、iPhone の緊急連絡先、Larry Tesler 追悼、iPhone 用歩数計アプリ、watchOS 6.1.3

新しい Mac で起動チャイムが鳴らないのを残念に思いませんか? それを有効にする方法があるのでお読みください! もしもあなたが事故に遭ったら、簡単に緊急応答であなたの大切な人に連絡できるだろうか? Adam Engst が、iPhone 上で Medical ID をセットアップする方法を説明するとともに、緊急連絡先の電話番号が最新のものであることをチェックしておこうと呼びかける。アイスランド在住の Apple Watch ユーザーのために Apple は watchOS 6.1.3 アップデートを出したが、それ以外の人たちも時間のあるときにインストールしておくとよいだろう。Adam はまた、先週亡くなった元 Apple 副社長の Larry Tesler の思い出を語り、1997 年に彼と交わした電子メールの会話を披露する。Tesler はコピー&ペーストを発明したことで知られ、彼の仕事は HTML とペインに分割された現代のインターフェイスその他多くのものに大きな影響を与えた。それから、Julio Ojeda-Zapata が iPhone を歩数計として使う方法を考え、使い勝手を良くしてくれるアプリをいくつか紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは BusyCal 3.9、DaisyDisk 4.9、ChronoSync 4.9.9 と ChronoAgent 1.9.7、それに Tinderbox 8.5 だ。

記事:


02-Mar, TidBITS#1503: Google Drive で隠された書類、CES 2020 テクノ・フィナーレ、家庭用防犯カメラ

Google Drive のファイルリストで、あるはずの書類が見当たらなくて困ったことはないだろうか? Adam Engst は最近この問題に遭遇してフラストレーションで一杯になったが、しばらくして解決法が見つかった。Jeff Porten は今年の CES 報告の最終回をお届けして、RAID ドライブ、幾何学模様の照明パネル、さらにはワイヤレス電源も紹介する。それからもう一つ、Glenn Fleishman は最近 _Take Control of Home Security Cameras_ を執筆したが、今回寄稿記事として家庭用防犯カメラを持つべき理由を考察し、いくつかの仕様について助言する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Keyboard Maestro 9.0.5、HoudahGeo 6.0、Lightroom Classic CC 9.2、Audio Hijack 3.6.4 と Piezo 1.6.4、Delicious Library 3.9、Quicken 2019 5.15、Fantastical 3.0.7 だ。

記事:


09-Mar, TidBITS#1504: あなたの Mac で COVID-19 と戦う、うるう日で Apple に苦しむ、Strava が日付順フィードを再開、iPhone 下取りプログラム

地球外生命体を探索するために皆さんが Mac で余った CPU サイクルを寄贈する分散コンピューティングプロジェクト [email protected] は間もなく休止状態に入るが、皆さんはその代わりに COVID-19 と戦う意思を示して [email protected] プロジェクトに参加することもできる。Apple は時間の変化をうまく処理できないことで悪名高いが、今回は Glenn Fleishman がうるう日のせいで Genius Bar で直面したフラストレーションを物語る。Adam Engst はアスリートのために良い知らせをお伝えする。ワークアウト関連のソーシャルネットワーク Strava が、ユーザーの要望に応えて日付順のタイムラインを復活させてくれたのだ。それから、新しい TidBITS 寄稿者 Jenna Tsui が、調べてみる価値がある iPhone 下取りプログラムを 3 つ紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは CleanMyMac X、BBEdit 13.0.5、SpamSieve 2.9.39、OmniFocus 3.6、Default Folder X 5.4.3、GraphicConverter 11.1.3、Retrospect 17 だ。

記事:


16-Mar, TidBITS#1505: COVID-19 と Apple、自宅で仕事する、WWDC、クロスワードアプリ Black Ink、Mac のウィンドウ位置決め自動化

多くの人たちと同じように私たちは今週の大半を SARS-CoV-2 コロナウイルス蔓延と COVID-19 症例増加のニュースを見ながら過ごした。TidBITS 記事もそれに従うものが多く、まず COVID-19 について全般的に述べた記事と、Apple によるこの流行への対応を伝える記事、それに Apple が WWDC をオンラインのイベントにしようとしているというニュースがある。加えて、思いがけなく自宅で仕事をしなければならなくなった人たちのために、Take Control Books が無料の Take Control of Working from Home Temporarily を出版した。楽しいことをして時を過ごしたいと思っている人たちのためには、新しい寄稿者 Connie Laubenthal が Mac 用のクロスワードアプリ Black Ink をレビューする。それから、Julio Ojeda-Zapata が macOS 内蔵の機能やいろいろなサードパーティのアプリを使ってウィンドウの位置決めを自動化するやり方を検討する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Tinderbox 8.6、CorelDRAW 2020、SoundSource 4.2.2、それに VMware Fusion 11.5.2 だ。

記事:


23-Mar, TidBITS#1506: 新型の MacBook Air と iPad Pro と Mac mini、ハリウッドの COVID-19 への対応、Apple TV スクリーンセーバを Mac でも

SARS-CoV 2 ウイルスに対処しようとして世界の多くの部分が停止に追い込まれてしまったが、Apple はコツコツと努力を続けている。先週、Apple は新しいシザースイッチ Magic Keyboard を搭載して価格を下げた MacBook Air と、トラックパッド付きで近日登場予定の Magic Keyboard と組み合わせて使える新型 iPad Pro、それに標準ストレージ容量を従来の倍にした Mac mini を登場させた。感染症の流行により映画館が閉館するに伴い、ハリウッドは各家庭に向けて直接映画をリリースする計画を加速させている。それからもう一つ、外の世界がどんなだったかを思い出したい人たちのために、Josh Centers が Aerial をレビューする。これは Apple TV にたっぷりあるスクリーンセーバを Mac でも使えるようにするものだ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Agenda 9.3、Luminar 4.2、TextExpander 6.5.4、それに Alfred 4.0.9 だ。

記事:


30-Mar, TidBITS#1507: iPadOS 13.4、iOS 13.4、macOS 10.15.4 Catalina、watchOS 6.2、COVID-19 スクリーニングツール、O'Reilly の対面カンファレンス廃止、オンライン注文

今週の大きなニュースは、Apple がトラックパッドに対応した iPadOS 13.4 をリリースしてトラックパッド搭載 Magic Keyboard の 5 月発売を発表したことだ。また、ずっと以前から約束されていた iCloud Drive フォルダ共有が macOS 10.15.4 Catalina、iOS 13.4、PadOS 13.4 で実現した。それらに比べればずっと小さなアップデートだが、watchOS 6.2、tvOS 13.4、HomePod 用 iOS 13.4 も出た。私たちの世界と交わる SARS-CoV-2 関係のニュースとしては、Apple が COVID-19 Screening Tool アプリおよびウェブサイトを公開し、メディア会社 O'Reilly が人々を実際の会場に集めるカンファレンスの事業から完全に撤退すると発表した。それからもう一つ、今の時期にテクノロジー関係の機器を入手する必要のある人たちのために、Josh Centers が製品を注文する際の注意と、荷物が到着した際に除菌するやり方について助言する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Ulysses 18.6、セキュリティアップデート 2020-002 (Mojave と High Sierra)、Safari 13.1、それに Cyberduck 7.3 だ。

記事:


06-Apr, TidBITS#1508: Zoom のセキュリティ・プライバシー欠陥、ビデオ会議の選択肢、Apple が Dark Sky を買収、iPad でトラックパッドを使う、テクノロジーが人類のためにできること

“奇妙な日々が我々を見つけた”と The Doors の Jim Morrison が歌ったが、今週号の TidBITS も同じくらいに奇妙だ。まずは Apple が気象情報サービスおよびアプリ Dark Sky を買収したニュースをお伝えする。気象情報アプリの市場に大きな影響を与えるに違いない。ソーシャルメディアのプラットフォームが人を説得するその力を良い目的に使えるのではないかと論じた記事を Adam Engst が紹介する。Julio Ojeda-Zapata は iPadOS 13.4 の走る iPad でトラックパッドとマウスがどのように機能するかを詳しく解説する。それから Glenn Fleishman が、まずビデオ会議の選択肢を概観し、続いてとてつもなく人気のあるテレビ会議ソフトウェア Zoom が抱えるプライバシーとセキュリティの問題点を (現在進行形で) 包括的にリストする。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Pixelmator Pro 1.6、Apple Configurator 2.12、Little Snitch 4.5、Pages 10, Numbers 10, Keynote 10、Carbon Copy Cloner 5.1.16、Fantastical 3.0.9、Banktivity 7.5、それに Audio Hijack 3.7 だ。

記事:


13-Apr, TidBITS#1509: TidBITS の 30 周年、Apple が FaceTime のバグを修正、Apple と Google が接触者追跡で提携、Timing 2 で時間追跡

今週 TidBITS は 30 周年の記念日を祝ったが、これからも続けていくために皆さんの力を必要としている。Apple は多数のバグ修正アップデートをリリースした。iOS 13.4.1、iPadOS 13.4.1、macOS 10.15.4 が、FaceTime の旧バージョンの OS との間での互換性バグ、その他いくつかのバグを修正した。特に興味深いニュースとして、Apple と Google が協力してクロスプラットフォームの接触者追跡システムを作り、コロナウイルス感染の危険性があり得る濃厚接触をユーザーに通知しつつ個人のプライバシーは守られるようにしようとしている。Glenn Fleishman が、これがどのように働くのかを説明する。_Take Control of Your Productivity_ の著者 Jeff Porten は、時間の追跡・管理をする非常に有能なアプリ Timing 2 をレビューする。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Firefox 75、Mailplane 4.2.2、URL Manager Pro 5.2、それに CleanMyMac X 4.6.2 だ。

記事:


20-Apr, TidBITS#1510: 新型 iPhone SE、iPad Pro 用 Magic Keyboard、Zoom のセキュリティ対応、Siri と緊急通話

新型 iPhone SE が欲しくてたまらない人に良いニュースだが、Apple は先週第2世代の iPhone SE を最新のプロセッサを搭載して $399 という価格で発表した。ただし悪いニュースもあって、大きさが従来の iPhone SE と同じではなく iPhone 8 と同じサイズだ。iPad Pro でトラックパッドを使うのを楽しみにしている人のために、新しいトラックパッド装備の Magic Keyboard が予定より早く出荷される。今週号ではまた、Adam Engst が Siri の奇妙な挙動を探り出し、Glenn Fleishman が前回の記事のフォローアップとして Zoom がセキュリティやプライバシーの問題点にどのように対応したかをまとめる。それから、新たに TidBITS 会員になって下さった多くの皆さんに感謝の言葉を述べたい! 今週注目すべき Mac アプリのリリースは EagleFiler 1.8.13、Live Home 3D 3.7.3、Microsoft Office for Mac 16.36、Marked 2.5.40、それに RAW Power 3.0 だ。

記事:


27-Apr, TidBITS#1511: 死んだ SSD からの回復、Finder でウィンドウがタブになるのを予防、iOS Mail のセキュリティ脆弱性、安価な立ち机

Adam Engst は最近 iMac の SSD が突然死んでひどい目に遭った。今週の記事で、Adam はもう一度 iMac を機能させようと奮闘した経験から学んだ教訓を語る。それは、たとえ良いバックアップがあっても、口で言うほど簡単な作業ではなかった。Finder のウィンドウがどうしてもタブになってしまうけれども本当はフォルダごとに別のウィンドウに開いて欲しいと思っている人のために、Adam がその挙動を制御するための設定項目が 2 つの場所にあることを指摘する。iOS の Mail にいくつかの深刻なセキュリティ脆弱性があることが明らかになったが、Glenn Fleishman が普通の人たちはそれほど心配する必要がないと考えられる理由を説明する。それから、在宅の仕事をしていて立ち机が欲しいと思っている人のために、Julio Ojeda-Zapata が安価な選択肢を 2 つ紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Transmit 5.6.4、Default Folder X 5.4.5、それに Fantastical 3.0.11 だ。

記事:


04-May, TidBITS#1512: 新型 13 インチ MacBook Pro、Apple Maps が COVID-19 検査場所を表示、Apple のいろいろあった Q2 2020、PDFpen 12、iPad 用 Magic Keyboard

世界の多くの部分が閉鎖に追い込まれたかもしれないが、Apple は Magic Keyboard を搭載し標準ストレージ容量を倍増した新型 13 インチ MacBook Pro をリリースして前進を続ける。Apple はまた Apple Maps に COVID-19 検査場所の表示を追加した。財務関連のニュースとしては、Apple の Q2 2020 期が浮き沈みはあったがそれでもわずかながら収益の増加を記録した。Michael E. Cohen は PDFpen 12 をレビューして、新しい圧縮ツールと拡大鏡を備えたことを紹介する。それから Julio Ojeda-Zapata が iPad Pro 用の新しい Magic Keyboard を実際に使ってみる。これで iPad Pro を MacBook の代わりとして使えるのか? 今週注目すべき Mac アプリのリリースは、Mactracker 7.9、Ulysses 19.1、GraphicConverter 11.2、それに Audio Hijack 3.7.2 だ。

記事:


11-May, TidBITS#1513: 元 Apple エンジニアが Apple のプライバシー手法を語る、Apple TV を Mac にミラー、WWDC が仮想化、無料の ACES Conference 前編、TidBITS 30 周年ポッドキャスト

今週は元 Apple エンジニアの David Shayer が再度の寄稿記事で、プライバシーに対する Apple の手法を述べ、それを他のテクノロジー会社と比較し、Apple と Google による COVID-19 曝露通知への取り組みを彼が信用する理由を語る。Apple TV を Mac の画面に表示させたいと思ったことのある人のために、Josh Centers がそれをする方法を説明し、うまくいかない事柄についても触れる。カンファレンス関係のニュースとしては、Apple が WWDC を、仮想的に、6 月 22 日より開催すると発表し、ACES Conference が無料の前編期間を IT コンサルタントに限らず一般の小規模事業主にも開放すると発表した。それからもう一つ、懐かしい昔の記憶が大好きな人たちのために、TidBITS 出版者 Adam Engst が最近いろいろなポッドキャストに次々と出演して TidBITS の 30 周年を祝った。Mac の歴史の初期から届けられた素晴らしい物語の数々をお聞きあれ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは HandBrake 1.3.2、Retrospect 17.0.1、Bookends 13.4.1、Piezo 1.6.5、1Password 7.5、それに PopChar X 8.10 だ。

記事:


18-May, TidBITS#1514: Siri でスケジュールするなら注意を、Apple の出荷遅延、Eggtronic Power Bar、古い ScanSnap で使える ExactScan、watchOS 6.2.5

Siri を使ってイベントをスケジュールしようとしているなら、注意しよう。Adam Engst はそれが予期せぬ結果を生むことがあるのを身をもって知った。とりわけ Google Calendar が絡んでいる場合は問題だ。新しい Mac か他の Apple 製品かを急いで買おうと思っていませんか? 現在、Apple がかなりの出荷遅延を起こしていることを知っておこう。Julio Ojeda-Zapata はパワフルだが高価な Eggtronic Power Bar を使ってみる。これはバッテリーを搭載した Qi 互換な充電ステーションで iPhone、Apple Watch、AirPods、MacBook、その他のデバイスを充電できる。Apple は watchOS 6.2.5 もリリースしたが、これは主としてサウジアラビアに住む人にとって興味あるものだ。それからもう一つ、Dave Kitabjian が寄稿記事で ExactScan を使って古い Fujitsu ScanSnap スキャナーに新しい命を吹き込む方法を検討する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは BusyCal 3.10 と BusyContacts、Logic Pro X 10.5、PDFpen と PDFpenPro 12.0.2、Pixelmator Pro 1.6.2、Microsoft Office for Mac 16.37、DEVONthink 3.5、Carbon Copy Cloner 5.1.17、それに VLC Media Player 3.0.10 だ。

記事:


25-May, TidBITS#1515: iOS アプリの強制終了は止めよう、iOS と iPadOS の COVID-19 用アップデート、iPhone/iPad ユーザーが見舞われた AP テストの悪夢

先週 Apple は iOS 13.5 と iPadOS 13.5 をリリースして COVID-19 関係の機能を盛り込んだ。具体的には Google と共同開発した Exposure Notification API の組み込み、マスク着用の場合に使える手軽な FaceID 回避策、Medical ID 共有、Group FaceTime 通話でタイルが勝手に移動するのを防ぐオプションなどがある。Glenn Fleishman は Apple の HEIC 画像フォーマットが Advanced Placement テストを受験する高校生たちに頭痛の種となっている問題を解説し、対策を述べる。それから Adam Engst が、まるで習慣のように iOS アプリを強制終了させているすべての人たちに向けて、そういうことは止めようと訴える。そんなことをすればバッテリー寿命にもパフォーマンスにも悪影響を与えるからだ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Ulysses 19.2、Quicken 2020 5.16、Cardhop 1.3.4、それに Tinderbox 8.7 だ。

記事:


01-Jun, TidBITS#1516: Apple の全 OS でセキュリティ修正、macOS 10.5.5 のバッテリー状態管理、Logitech Combo Touch、MFi 補聴器統合

先週の macOS 10.15.5 アップデートで、Apple は最近のモデルの MacBook でバッテリー寿命を伸ばすためのバッテリー状態管理機能を導入したが、それと引き換えに毎日のバッテリー駆動時間が短くなった。先週の私たちはオペレーティングシステムのニュースはこれで終わりと思っていたが、この号を出そうという間際になって Apple はカーネルの脆弱性に対処するため全オペレーティングシステムをアップデートした。新型 iPad Pro と Magic Keyboard の購入を検討している人への情報として、最近の Touch ID モデルの iPad で使える Logitech Combo Touch トラックパッド付きキーボードケースを Josh Centers がレビューする。それからもう一つ、Klaus Wirtz がドイツからの寄稿記事で、iOS で使える MFi 補聴器についてなかなか得難い洞察を述べる。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Safari 13.1.1、セキュリティアップデート 2020-003 (Mojave と High Sierra)、Agenda 10.0.1、OmniFocus 3.8、FileMaker Pro 19、それに Airfoil 5.9 だ。

記事:


08-Jun, TidBITS#1517: Apple と #BlackLivesMatter、Apple Card 明細書の書き出し、Kudoboard で仮想の特別の日を、ビデオ会議のヒント

George Floyd が殺されたことを巡る抗議の声が世界中に広がる中で、Apple は自らの Apple Music サービスを通じて黒人コミュニティーとの連帯と支持を表明し、Apple TV では Confronting Systemic Racism セクションに映画を取り揃え、CEO の Tim Cook がこのことに関する公開書簡を発表した。もっとずっと俗な話題では、Apple Card 明細書がようやく Quicken や QuickBooks への書き出しに対応した。誕生日、卒業、退職などを迎えるのに家族や友人たちと集まれないのが淋しいとお思いの方のために、Kudoboard サービスを使ってマルチメディアの代替手段として人々が署名を寄せ書きしたグリーティングカードを作る方法を紹介する。それからもう一つ、テレビ電話で自分がどう見えて自分の声がどう聞こえているか気になる方のために、Glenn Fleishman がビデオ会議の腕前を上げるためのヒントを述べる。今週注目すべき Mac アプリのリリースは BBEdit 13.1、Pixelmator Pro 1.6.4、ChronoSync 4.9.10、Bookends 13.4.2、Fetch 5.8.1、それに Carbon Copy Cloner 5.1.18 だ。

記事:


15-Jun, TidBITS#1518: iCloud バックアップは 180 日後に削除される、ARM Mac の真相、Apple が iBooks Author を放棄、メニューバー用スクリプトと BitBar チュートリアル

iPhone や iPad 用に iCloud Backup を使っている人は、使われていないバックアップを Apple が 180 日後に自動削除することに注意しよう。もう一つの嫌なニュースとして、Apple は一時は画期的な電子ブック作成ツールであった iBooks Author へのサポート終了を予定しており、その機能を大筋で Apple の Pages ワードプロセッサに既に組み込み済みだ。Apple が Mac を Intel プロセッサから自社独自の ARM ベースのチップセットへ切り替えるだろうという噂が再び猛烈に行き交っているが、Apple での経験豊かな David Shayer が寄稿記事で Apple が切り替えをするかもしれない理由を説明する。今週号はもう一つ、Josh Centers が BitBar と共にシェルスクリプトを使ってほとんどどんなものでも Mac のメニューバーに置けるようにする方法を紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Art Text 4.0、EagleFiler 1.8.14、Typinator 8.4.1、Default Folder X 5.4.6、それに Logic Pro X 10.5.1 だ。

記事:


22-Jun, TidBITS#1519: Apple が Intel とお別れ、macOS Big Sur がデザイン変更を導入、iOS 14 が Home 画面を改訂、watchOS 7 が睡眠と手洗いを追跡

今日の WWDC で、淡々とした語り口から始めつつ猛烈な加速で勢いをつけて、Apple はそのエコシステムを根底からひっくり返してみせた。まず発表されたのは Mac の Intel から離れての移行と、そして Mac OS X 以来最も徹底的なデザイン変更が施される macOS であった。iOS 14 で Apple は Home 画面を考え直し、Google の Android から借りてきたアイデアをたくさん取り入れた。iPadOS 14 はそれらの機能を取り込むとともに、Newton 以来世に出ていなかったレベルの手書き文字認識機能を追加した。一方、watchOS 7 は睡眠追跡と、共有可能な文字盤、手洗い支援機能を Apple Watch に導入した。今週注目すべき Mac アプリのリリースは DEVONthink 3.5.1、Lightroom Classic CC 9.3、Fantastical 3.1、Nisus Writer Pro 3.1、Microsoft Office for Mac 16.38、PDFpen と PDFpenPro 12.1、それに Carbon Copy Cloner 5.1.19 だ。

記事:


29-Jun, TidBITS#1520: Apple にバグを報告、tvOS 14 と HomeKit で次に登場するもの、HEIC を解説、死去した家族の Apple アカウントにアクセス

WWDC が幕を閉じたので、その報道の結びとして tvOS 14 と HomeKit に登場を期待される機能を検討し、元 Apple エンジニアの David Shayer からは Apple にバグの報告をして修正を実現してもらえるようにする方法のアドバイスをお伝えする。高校生たちが AP テストの答案を HEIC フォーマットで提出したら College Board に受け付けてもらえなかったというニュースに混乱してしまった人たちのために、Glenn Fleishman が HEIC とは何か、他の画像フォーマットとどう違うのかを解説する。それからもう一つ、ご存知のどなたかが不幸にも亡くなって、その人の家族がその人の Apple アカウントにアクセスできなくて困ったという事態に備えて、故人のデータを入手するために必要な手続きを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Yojimbo 4.5 と The Levelator 3.0.2 だ。

記事:


06-Jul, TidBITS#1521: AirPods 対 AirPods Pro、Zwift 仮想サイクリング、Apple Card のウェブポータル

Wallet アプリでしか Apple Card を使えないのを不満に思っていた人たちに嬉しいニュースがある。Apple がようやくウェブポータルを提供して、Mac の上でも Apple Card 関係の作業の (全部ではないが) 一部をできるようにした。通常版の AirPods と AirPods Pro がどう違うのかとお思いかもしれないが、Adam Engst はたまたま両方を使う機会があって、使い比べてみた。彼が出した結論には驚かれるかもしれない。COVID-19 パンデミックのせいで友だちと一緒に自転車に乗れなくなったとお困りの方のために、Julio Ojeda-Zapata が Zwift をレビューする。これを使えば友だちと一緒に世界中で仮想のサイクリングができる。今週注目すべき Mac アプリのリリースは URL Manager Pro 5.4、SoundSource 4.2.4、Firefox 78、SEE Finance 2.1.6、Timing 2020.7 だ。

記事:


13-Jul, TidBITS#1522: Apple の公開ベータ版が利用可能、Apple が Find My をサードパーティに拡大、Apple のバージョン番号とビルド番号を解読

テスターたちよ、エンジンをかけよ! Apple が iOS 14、iPadOS 14、tvOS 14 の公開ベータ版を出した。macOS 11 Big Sur と watchOS 7 のベータ版も間もなく出るはずだ。いつも言っていることだが、日々使っている重要なデバイスにインストールしてはいけない。また、バグを見つけたら必ず報告しよう。さて、近いうちに実現される変更点の一つとして、さまざまなタイプの電子機器をなくしても見つけるのが簡単になる。その、Apple が Find My サービスをサードパーティ製のデバイスにも拡張しようとしているというニュースを Glenn Fleishman が検討する。それからもう一つ、Apple で長く働いた David Shayer が今回も寄稿記事を書いて、Apple のオペレーティングシステムのバージョン番号とビルド番号をどうやって解読するか、それが何の役に立つかを説明する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Bookends 13.4.3、Pages 10.1, Numbers 10.1, Keynote 10.1、1Password 7.6、それに Alfred 4.1 だ。

記事:


27-Jul, TidBITS#1524: Catalina 用 ScanSnap Manager、Camo で iPhone をウェブカメラに、Apple Security Researcher Device、Micro Snitch がウェブカメラとマイクのスパイ行為を警告

今週は驚きのニュースがあった。Fujitsu が、旧型の ScanSnap スキャナを Catalina でサポートしないと発表してから一年経って、方針を転換して macOS 10.15 Catalina 用の ScanSnap Manager V7 をリリースした。今週号のそれ以外の記事はセキュリティとウェブカメラに関するもので、まずセキュリティの話題では Apple がセキュリティ研究者向けに特別に変更を加えた iPhone を提供するプログラムを開始して、研究者たちの調査に助力できるようにした。ウェブカメラに盗撮されているのではないかと気になる人たちにとってすぐに役立つのは Micro Snitch で、これは何らかのアプリがあなたの Mac のウェブカメラやマイクを動かすとあなたに警告してくれるユーティリティだ。それから、良いウェブカメラがなかなか手に入らないという方のために、Glenn Fleishman が Camo を調べる。これはあなたの iPhone を Mac 用のウェブカメラとして使えるようにするシステムだ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Fantastical 3.1.2 と Carbon Copy Cloner 5.1.20 だ。

記事:


03-Aug, TidBITS#1525: Apple の記録的 Q3 2020 業績、議会と巨大テクノロジー企業の対決、QuarkXPress の恐怖物語、最新更新版の Apple Style Guide

世界経済は惨めな状態にあるかもしれないが、Apple は依然としてフル回転で動いている。iPhone とウェアラブルの売上の伸びが鈍化する一方で、異常なほど力強い iPad と Mac の収益のお陰で Apple は四半期の記録更新を達成できた。Josh Centers は、Apple が議会と対決した一日についてまとめる。この日 CEO の Tim Cook 他の巨大テクノロジー企業の責任者たち、Jeff Bezos、Sundar Pichai、そして Mark Zuckerberg と共に厳しい尋問に直面する激しい闘いを経験した。今週は Charles Maurer が寄稿記事で、Mac 用 QuarkXPress が今も存在していると指摘しつつ、このようなものは忘れられたままにした方が良いと彼が心底思った苦い経験を語る。それからもう一つ、Adam Engst が最近 Apple Style Guide に施された変更を要約しつつ、これがウェブで利用できるようになったことを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは MarsEdit 4.4.2 と Ulysses 20.2 だ。

記事: