11-Jan, TidBITS#1545: 仮想の CES 2021 開幕、新しい Apple プライバシー方針、When2Meet でミーティングの予定を調整

初めての仮想 CES が今週開幕する。いつもは放浪の特派員となる Jeff Porten が今年は仮想的に出席して、クールで興味深い機器を見つけ出す。今回は皆さんが最も興味を持ったものをアンケート調査することにした! さて、Glenn Fleishman は Apple が開発者たちに示した新しいプライバシー開示のルールを議論する。このルールは Facebook をパニックに陥らせている。それからもう一つ、Adam Engst が When2Meet について説明する。これは Doodle よりもシンプルなやり方で、グループの中でミーティングの予定を調整する役に立つ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Zoom 5.4.7、EagleFiler 1.9.2、Nisus Writer Pro 3.2.1、Timing 2021.1、Pixelmator Pro 2.0.3、BusyCal 3.12.2 と BusyContacts 1.5.1、BBEdit 13.5.4、Default Folder X 5.5.4、それに Keyboard Maestro 9.2 だ。

記事:


18-Jan, TidBITS#1546: CES 2021 のテクノロジー動向、Signal で暗号化されたメッセージング、HomeKit でホリデーを豊かに

Jeff Porten が仮想開催の CES トレードショウから 2021 年のテクノロジーの動向を報告し、COVID-19 と 5G が私たちの生活と仕事にどのように関わってくるかを考察する。Facebook によるプライバシー乱用に不安を感じている人たちのために、Josh Centers がセキュアなメッセージングアプリ Signal を概観する。Facebook が所有する WhatsApp に施されたプライバシー方針の変更予定を知ってユーザーたちが大脱出を始めて以来、Signal のユーザーが急激に増えているからだ。それからもう一つ、いちいちソファから立ち上がらないで済むように Siri で部屋の照明をコントロールしたいなら、HomeKit が良い方法となる。Adam Engst はこのホリデー期間にようやく Apple のホームオートメーションのエコシステムに取り込まれ、自宅に多数のアクセサリーやオートメーション装置を取り付けた。その経験から、HomeKit でどんなことができるかについて、彼の考察やヒントをお届けする。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Airfoil 5.10.1、Piezo 1.7.1、Audio Hijack 3.8.1、それに KeyCue 9.9 だ。

記事:


25-Jan, TidBITS#1547: NOVID は COVID-19 感染の早期警戒システム、iPhone 12 とペースメーカー、Hue Lightstrips、CES 2021 のテクノロジー続報

ペースメーカーや除細動器を使っている人をご存知ですか? iPhone 12 の MagSafe 磁石が体に植え込まれた医療機器に干渉する可能性があるという心配な調査結果が出た。Adam Engst が、iPhone 12 だけが危険ではないと説明し、安全を保つための方法を述べる。健康でいるための話がもう一つ、Adam が無料の NOVID アプリを検討する。これは、あなたの連絡相手の拡大ネットワークの中で COVID-19 感染が起こった場合に早期警報を発することができるが、そのためには友人たちにこのアプリをインストールしてもらうようにしたい。部屋が暗くて困っている人たちのために、Josh Centers が HomeKit 対応の Hue Lightstrips をレビューし、家の中で暗い部分を素早く簡単に明るくできる方法を紹介する。それからもう一つ、Jeff Porten が CES からのニュースをお届けする。今回は空飛ぶ自動車、気味悪いロボット、AI ベースの嘘発見器、その他未来のテクノロジーをいくつか紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは PDFpen と PDFpenPro 12.2.2、SoundSource 5.2.1、Agenda 12、Bookends 13.5.1、それに SpamSieve 2.9.42 だ。

記事:


01-Feb, TidBITS#1548: Apple が全プラットフォームをアップデート、記録破りの Apple Q1 2021 業績、Nomad ワイヤレス充電マット

先週、Apple は watchOS 7.3、iOS 14.4、iPadOS 14.4、tvOS 14.4 をリリースした。これらのアップデートは数多くのセキュリティ脆弱性に対処しているが、その中には 2 件の深刻なものも含まれている。また watchOS アップデートは (日本でも心電図機能が利用できるようにするとともに) 黒人歴史月間を記念した新しい文字盤を追加している。今週になって Apple はアップデートサイクルの締めくくりとして macOS 11.2 Big Sur を出した。こちらも数件のバグを修正するとともに数多くのセキュリティ脆弱性をパッチしており、上記と同じく深刻な攻撃への対処も含んでいる。世界全体が経済の諸問題に苦しむ中で Apple は圧倒的な Q1 2021 業績を報告し、記録破りの売上とすべての製品カテゴリーにおける2桁の成長を明かした。最後にもう一つ、今は開発中止となってしまった Apple の AirPower 充電マットが欲しかったと思っている人のために、Julio Ojeda-Zapata が Nomad の Base Station Pro をレビューする。最大 3 つのデバイスを置くことができる、ワイヤレス充電マットだ。今週注目すべき Mac アプリのリリースは SoundSource 5.3、Quicken 6.1、それにセキュリティアップデート 2021-001 (Catalina と Mojave) だ。

記事:


08-Feb, TidBITS#1549: Apple Watch の呼吸通知、BlastDoor が iMessage を堅牢化、ステレオに AirPlay を追加、より良いプレゼンテーションを Zoom で

Apple Watch が深呼吸せよと促してくるのをうるさいと思う人のために、Josh Centers が手軽にその種の通知を調節したり除去したりできる方法を説明する。iMessage におけるちょっと心配な脆弱性が 2020 年に実際に攻撃を受けたが、Glenn Fleishman がその攻撃を阻止するために Apple が実装した防護策を説明する。昔ながらのステレオシステムに音楽ストリーミングの世界を持ち込めたらと思っている人のために、Dave Kitabjian が寄稿記事で古い Apple TV を使ってステレオに AirPlay 入力を追加する方法を解説する。それからもう一つ、オンラインで授業をしたりプレゼンテーションをしたりする人のために、Glenn が Zoom を使って遠隔からもっと効果的なプレゼンテーションをしたりアプリの実演をしたりするためのヒントを提供する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは Carbon Copy Cloner 5.1.25、BusyCal 3.12.3、Pixelmator Pro 2.0.5、Zoom 5.5.1、PopChar X 9.1、Mailplane 4.3.1、Gemini 2.8.2、それに Homebrew 3.0 だ。

記事:


15-Feb, TidBITS#1550: 2016、2017 MacBook Pro バッテリー交換、Big Sur 空き容量問題、macOS 11.2.1 Big Sur アップデート、Insta360 ONE X2 ステディカム、CES 2021 続報

2016 年型か 2017 年型の MacBook Pro で充電の際に問題が起こっていませんか? Apple が、バッテリー充電が 1% から先に進まない Mac のバッテリーを無料で交換する修理プログラムを開始した。macOS 11.2.1 Big Sur と macOS Catalina 10.15.7 追加アップデートは、充電で問題を起こすバグに対処し、sudo コマンドの脆弱性をパッチする。Big Sur へのアップグレードを考えている人は、十分な空き容量があることを必ず確認してからにしよう。そうしないと抜け出すことの難しい起動ループに陥ってしまう可能性がある。今週はいくつか楽しい機器をお見せしよう。Adam Engst は Insta360 ONE X2 ステディカムの第一印象を述べ、彼自身が雪の上を走る映像もお届けする。Jeff Porten は CES からさらにいくつか素敵なものを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、macOS Catalina 10.15.7 追加アップデートとセキュリティアップデート 2021-002 (Mojave)、ChronoSync 4.9.13 と ChronoAgent 1.9.9、Adobe Acrobat DC と Reader DC 21.001.20135、それに Default Folder X

記事:


22-Feb, TidBITS#1551: New Model M キーボード、Apple のプラットフォーム・セキュリティガイド、CES 2021 の機器コレクション最終回

2016 年型か 2017 年型の MacBook Pro で充電の際に問題が起こっていませんか? Apple が、バッテリー充電が 1% から先に進まない Mac のバッテリーを無料で交換する修理プログラムを開始した。macOS 11.2.1 Big Sur と macOS Catalina 10.15.7 追加アップデートは、充電で問題を起こすバグに対処し、sudo コマンドの脆弱性をパッチする。Big Sur へのアップグレードを考えている人は、十分な空き容量があることを必ず確認してからにしよう。そうしないと抜け出すことの難しい起動ループに陥ってしまう可能性がある。今週はいくつか楽しい機器をお見せしよう。Adam Engst は Insta360 ONE X2 ステディカムの第一印象を述べ、彼自身が雪の上を走る映像もお届けする。Jeff Porten は CES からさらにいくつか素敵なものを紹介する。今週注目すべき Mac アプリのリリースは、macOS Catalina 10.15.7 追加アップデートとセキュリティアップデート 2021-002 (Mojave)、ChronoSync 4.9.13 と ChronoAgent 1.9.9、Adobe Acrobat DC と Reader DC 21.001.20135、それに Default Folder X

記事:


01-Mar, TidBITS#1552: macOS 11.2.2 が非準拠 USB-C ハブの牙を抜く、HomeKit で種から苗を育てる、ブート可能なバックアップは必要か?

もしもあなたが最近の機種の MacBook Pro または MacBook Air で Big Sur を走らせていて、かつセルフパワー(電源付き)の USB-C ハブまたはドックを使っているなら、必ず今週号の macOS 11.2.2 の記事をお読み頂きたい。このアップデートで、非準拠の USB-C からそれらの Mac を保護する対策が施されているからだ。自宅で種から苗を育ててみたいとお思いの方のために、Josh Centers がスマート電源と簡単な HomeKit オートメーションを使って家庭菜園の第一歩を踏み出すヒントをお届けする。それから、Big Sur でのブート可能な複製を巡る問題点に直面しつつ、バックアップについて長年取り組んできた Adam Engst が、Mac のブート可能なバックアップを作ることはバックアップ戦術の重要な一部分であるという彼の従来の助言を見直す。ブート可能な複製の作成を Apple がますます困難なものにしつつある現在、しかもクラウドコンピューティングと複数デバイスの使用が一般的になりつつある今の状況の下で、はたしてブート可能な複製は以前ほどの必要性を持つのだろうか? 今週注目すべき Mac アプリのリリースは、CleanMyMac X 4.8、Fantastical 3.3.5、Little Snitch 5.1.1、Firefox 86、Downcast 2.9.61、それに GraphicConverter 11.4 だ。

記事: