TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1283/03-Aug-2015

今週の TidBITS では、Adam Engst が長年来のマクロ・ユーティリティへのメジャーなアップグレードである Keyboard Maestro 7 の新機能を詳しく語る。Tonya Engst は Kirk McElhearn の新刊書 "Take Control of Audio Hijack" を紹介する。これは、Rogue Ameoba が最近アップデートしたオーディオアプリで録音する際に知っておくべきことをすべて網羅した解説書だ。多くの人たちが最新の iTunes アップデートで問題に遭遇し、80-20 ルールなるものを持ち出して再デザインを要求する人たちもいるが、それはいったいどういう意味なのか? Michael Cohen が 80-20 ルールの起源を調べるとともに、実際には iTunes の問題点の解決に向けて何の役にも立たないものだと説明する。最後に、米国からカナダへ短期間の旅行をする際にセルラーデータ量の超過を予防するためのヒントを Adam が提供する。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Audio Hijack 3.2、Tinderbox 6.3.1、OmniFocus 2.2.3、DEVONagent Lite, Express, および Pro 3.9.2、それに Piezo 1.2.8 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Keyboard Maestro 7、全体を通じて機能を強化

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

二年と少し前、Stairways Software の Peter Lewis が Keyboard Maestro 6 をリリースし、私はそのバージョンの新機能を紹介するより何より前に、まずはそもそもマクロ・ソフトウェアというもの全般に対する賞賛の歌を高らかに歌ったものだ。(2013 年 5 月 21 日の記事“Keyboard Maestro 6、ウェブページを自動化しマクロ同期を追加”参照。)今日私が依存して使っている具体的なマクロは、その記事に書いたものとは少々異なるけれども、それ以外の記事内容は今も完全に当てはまるし、もしもあなたが Mac 上で繰り返し実行するタスクを自動化するためにマクロを使うこと、とりわけ Keyboard Maestro を使うことの意味を実感したことがないとおっしゃるなら、どうぞまずあの記事をお読みになって頂きたい。それまで私は喜んで待とう。

さて、私たち皆が同じスタートラインに並んだところで、今回の新バージョン Keyboard Maestro 7 で何がクールなのかを見て行きたい。Peter は二年間にわたり無料のアップデートを続けた後、久しぶりにメジャーな新リリース版を出してくれた。以下に今回の変更点を、新しいトリガー、新しいアクション、Keyboard Maestro Editor の変更点、それからテーマ付きパレット、という四つの大きなカテゴリーに分けて説明しよう。

すべてのマクロはそれぞれに二つの基本的部分に分かれる。トリガーと、アクションだ。たいていの人はトリガーとはキーボードショートカットのことだと思いがちだが、Keyboard Maestro にはマクロを呼び出せる非常に多種多様なトリガーが取り揃えてあって、その種類はますます増えつつある。バージョン 7.0 で新たに加わったトリガーとしては、フォーカスのあるウィンドウの交替、フォルダ内容の変化、クリップボード内容の変化、Mac がスリープに入ることなどがある。それだけでなく、標準的な Hot Key (および Device Key) のトリガーが今回からダブルタップ、トリプルタップその他にも対応した。もちろん、ログイン時、ボリュームがマウントされたりアンマウントされたりした際、指定された時刻、Mac がスリープから目覚めた際、特定のワイヤレスネットワークに加わった際、その他従来からあるトリガーもすべて使える。

image

アクションの側を見れば、Keyboard Maestro には既に膨大な数のアクションがあって Mac 上のほとんどあらゆることがコントロールできるけれども、バージョン 7.0 もまた、多くの新しい、あるいは拡張されたアクションをひねり出すことに成功している。中でも興味深いものとしては、Type Modifier Key、Open 1Password Bookmark、Simulate Hardware Key、Set Keyboard Layout、Execute Swift Script、Execute JavaScript for Automation などがある。とりわけ面白いのが新しい Switch/Case アクションで、これを使ってなかなか賢いマクロが作れる。クリップボード、変数、または何らかのテキストが特定の文字列あるいは画像を含んでいるかどうかを判定して、もし含まれていればサブアクションを実行できるからだ。[例: クリップボードに "TidBITS" という文字列があれば盛大な拍手のサウンドを最大音量で流すようにできる。]

image

今の段落の内容に言い添えたいことが二つある。一つ目は、すべてのアクションに新たに歯車メニューが付けられ、このメニューからさまざまの文脈対応の操作にアクセスできてそのアクションの上で実行させることができる。例えばそのアクションを試したり、無効にしたり、改名したり、カラーやメモを追加したり(マクロ内部にマニュアルを入れられるって素晴らしい!)といったことができる。さらにはコピーのコマンドも二つあって、そのアクションの共有が手軽にできる。さきほど示した Switch/Case アクションのスクリーンショットは Copy As Image コマンドを使って作ったものだ。二つ目に言い添えたいのは、Keyboard Maestro の wiki マニュアルの Switch/Case ページへのリンクだ。これは歯車メニューで Help を選べばアクセスできる。アプリのあちこちに文脈対応の Help コマンドがあるので、馴染みのないアクションを使った複雑なマクロを作るのもずっと簡単にできるようになる。

image

選べるアクションの種類があまりにも多いので、Keyboard Maestro Editor の中でリストをスクロールするのはとても面倒だ。アクションの検索は以前からできたけれども、今回新しいキーボードショートカット Command-Control-A が付いて Add Action バーを手軽に呼び出せるようになった。名前の一部をタイプすれば可能性のリストが表示され、ダブルクリックだけで欲しいアクションが挿入される。

Keyboard Maestro Editor のその他の変更点としては次のようなものがある:

最後にもう一つ、マクロを表示するためにパレットをよく使う人は、テーマ付きパレットを歓迎するかもしれない。これを使ってパレットの見栄えをカスタマイズできるからだ。Keyboard Maestro の Preferences ウィンドウを開き、Palettes をクリックしてから、パレットタイプの一つをクリックすればそのタイプのための Palette Editor が開く。

image

他にも数多くの変更点があって、とうていここにすべては書き切れない。全体として、Keyboard Maestro 7 は歓迎すべき改訂版となっている。嬉しいことに、Apple によるアップグレードの多くとは違い、Keyboard Maestro の大部分は従来から馴染みのもののままで、新しい機能はただ既にあるものの上に築かれている。それは、まさに Peter の大きな目標でもある。すなわち、現行のユーザーたちの体験を拡張しようとする際に、流行に合わせてただインターフェイスのデッキチェアを並べ替えるのではなく、アップグレード料金に見合う実質的な機能向上を届けたいという目標だ。そしてそのことは同時に、Joe Kissell の解説書 "Take Control of Automating Your Mac" の中に書かれた Keyboard Maestro の使い方の説明が引き続きほぼ正確であり続けることをも意味している。

Keyboard Maestro 7.0 の価格は新規の購入ならば $36 で、アップグレード料金は (バージョン 6 を購入した人には) $18 または (それより前のバージョンしか購入していない人には) $25 だ。 無料の試用版もある。OS X 10.10.3 Yosemite かそれ以降を要する。(以前のバージョンの OS X を使っている人のためにそれぞれ適切な旧バージョンの Keyboard Maestro も入手できるようになっている。)そしてもちろん 公開ベータ版の 10.11 El Capitan とも互換だ。TidBITS 会員と、"Take Control of Automating Your Mac" の購入者には、Keyboard Maestro の新規購入価格が 20 パーセント割引の $28.80 となる。

コメントリンク15826 この記事について | Tweet リンク15826


"Take Control of Audio Hijack" で何でも録音出来るようになろう

  文: Tonya Engst: tonya@tidbits.com, @tonyaengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

オーディオを Mac アプリから録音するのは概念的には簡単であるが、正しいツールとノーハウ無しでは、とんでもなく苛立たしい事態になり得る。Adam と TidBITS クルーは、長いこと全ての録音作業を Rogue Amoeba の Audio Hijack に依存してきた。そして我々は今 Kirk McElhearn の新しい "?Take Control of Audio Hijack" を皆さんに見て頂けるようになったのをうれしく思う。この本は Audio Hijack 3 の新しいフローチャートの様なインターフェースの基本と機微の両方を説明しているが、これは前のバージョンのアプローチとはかなりかけ離れている ("Audio Hijack 3 がボリュームを増す" 30 January 2015 参照)。

image

この本では、Mac 上でどの様なオーディオでも捉えそして向上させるやり方を、よくある状況に対して順を追った説明付きで学ぶことが出来る - 含まれるのは、Safari で再生しているオーディオを録音する、Skype や FaceTime での通話を捉える、古い LP をデジタイズする、コンサート DVD からオーディオを抽出する、マイクやミキサーを扱う、等々である。Kirk はまた録音したものを Rogue Amoeba の Fission オーディオ編集アプリの中で編集する基本についても採りあげている。

私は、Kirk がこの 119 頁の本に注ぎ込んだもの全てについて次から次と紹介して行けるが、もしここまで読んでそしてもっと知りたいと思ったのであれば、どうかこの本の全記述を装い新たになった Take Control Web サイトで見て欲しい。

最後に、私は "Take Control of Audio Hijack" を作るのにとても楽しい時間を持てたことをお伝えしたい。オーディオ愛は伝染的な Kirk と一緒に働けたことに加えて、制作者、技術者、そしてスタジオ音楽家としての何年にも亘る経験も持つ我々の友人 Geoff Duncan からエキスパートの編集手助けを得られたのはとても助かった。そして Rogue Amoeba の Paul Kafasis も、技術編集の場面で、親切で有益な助言を提供してくれたので、もう既に良い本であったものが更に良くなった。しかし、本当の宝物は、Audio Hijack と Fission を学べたことであった。これらは、快活な、整頓されたものながら驚くべき程の深さを備えたアプリの典型である。これらを使っていると気分まで良くなる。今日ではこの手のアプリは本当に少なくなった。もしオーディオを扱う必要があるのであれば、是非試されたい。

コメントリンク15838 この記事について | Tweet リンク15838


iTunes と 80-20 の法則

  文: Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com, @lymond
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

"80-20 の法則" - しばしばソフトウェアの有用性を論じる時に引き合いに出されるもので、通常、複雑なアプリの簡素化や分割を求める声を支持するものとして使われる。私が一番最近にこれを耳にしたのは、Kirk McElhearn と Chuck Joiner が Kirk の "Take Control of iTunes 12: The FAQ" について企画した愉快で示唆に富む MacVoices インタビューの中でである。

問題となっていたのは、Apple の iTunes の膨張を続ける機能セットは、Apple Music と Beats 1 が加わったこともあり、ユーザーが使いそしてナビゲートするのにだんだん難しくなってきていて、Marco Arment がいみじくも言った "有毒な地獄鍋" に化しつつある (この言い回しはひょっとすると彼が Apple CEO Tim Cook が Android を表現するのに使ったものから拝借したのかもしれない)。Kirk はこの法則を、殆どの iTunes 機能は大方の iTunes ユーザーには使われておらず、このアプリはもっと管理しやすくそして使いやすいものとするために全部をオーバーホールする時期に来ているとの観点を強調するために持ち出した。

しかし Kirk が引用した "80-20 の法則" とは一体どんなものなのか? 最近では、次のような意味で用いられる:"アプリケーションの 80% のユーザーは、その機能のたった 20% しか使っていない。" この "法則" の意味するところは、開発者が彼らの時間を 80% のユーザーが最も多く使う 20% の機能を鮮明にしそして最適化することに集中させれば、アプリはもっと使いやすくそして遙かに信頼性が向上するであろうということである。

他の法則と同様、例えば "食後 30 分待ってから泳ぎに行け" とか "命が惜しければ、シシリア人には刃向かうな" の様な、この法則の背後にもそれなりの意味がある: 調査によれば、多くのシステムで大部分の機能は、皆無ではないにせよ、殆ど使われない。しかし、これらの調査の対象のシステムは、広く使われる消費者向けアプリではなく、特定の業務や技術の目的で開発されたものである傾向があり、そして調査の目的も、如何にしたら内部開発部門の費用に対して最大の効果を上げられるか調べることに集中しており、有用性には殆ど興味を払っていない。

いずれにしても、広く使われる消費者アプリは - そして "広く" とは、毎日何百万人ものユーザーに使われるアプリを意味している - 言ってみれば、多くても数百人のユーザーしか持たない企業の社内在庫管理システムの様なものとは全く異なる生き物である。

事実、元々の "80-20 の法則" は法則でも何でもなく、19 世紀のイタリアの経済学者 Vilfredo Pareto による観測であり、イタリアの収入の 80% はイタリアの人口の 20% の人によって受け取られているというものであった。これは、1941 年には Joseph M. Juran によって "原理" に格上げされた。彼は、如何なる状況下でも殆どの結果は少数の要因によって決定されるとした。

要は、"80-20 の法則" は、実際には単なる観測であり、そして有用性に拘わると言うよりもむしろ複雑なシステムを開発しデバッグする努力に拘わっているといえる。またその魔法の 80-20 比率だって完璧なものではない:それはアプリとユーザーに依存し 95-5 かもしれないし 60-40 かもしれない、或いは他の割合かもしれない。80-20 はおおよその数字に過ぎないし、そしてその元となるものも場面により千差万別である。

どの一人の iTunes ユーザーも、iTunes が提供する多くの機能のほんの一握りのものしか使わない傾向にあることに私は何ら疑いを持たない。問題は、他のアプリと同様 iTunes でも、一人のユーザーが使う少数のアプリが、別の一人のユーザーが好むものと同じものだと想定することは出来ないことである。

加えて、成功するアプリを作るためにはまず一人のニーズを満たさなければばならないというある種の精神上の理想の生き物としての一人の "ユーザー" という概念そのものが、アプリを使えるものにするという観点からすると殆ど役に立たない。殆どの本職の有用性アナリスト達は一人のユーザーなど全く念頭に置かない。彼らは、しばしば色々な "擬人" を作り出す。これは想像上の人物で、特定のニーズ、目標、背景、そして趣向を持っていて、有用性アナリストはアプリの機能セットとインプレメンテーションをこれらの擬人のそれぞれの観点から見る。

更に言えば、有用性のテストの時には、アナリストは実際の被験者をこれら擬人の一人または複数のものと合わせようと試みる:一連の擬人に相当する一連の異なるユーザーを縫合するテストでないと、滅多にテスト結果は信頼性があるとは見なされない。また、アナリストの擬人そのものも普遍ではない:彼らもまた、製品の実際の生きた人間のユーザーについての情報が得られるにつれて、開発され、拡張され、そして微調整されていく。

簡単に言えば、有用性分析は科学と芸術の込み入った複合体であり、かつそれを特定のアプリに確実に適用しようとすると、通常注意書きを伴うことになる。そして、そのアプリのユーザー人口が大きければ大きいほどそして多様であればあるほど、それは困難であり、しかもそれはそのアプリが成功と見なされるためには達成しなければならない商売上の目標は脇に置いての話である。

Kirk は MacVoices インタビューで "80-20 の法則" を賢く持ち出して、ユーザーは iTunes が提供している一群の機能を分かりにくいと思うであろうことを浮き立たせ、そして彼は、色々なユーザー全てを歓喜させるべく iTunes を最終的に "直す" 実質的な進言のリストを提案するのは、満足させなければならない色々なユーザーニーズの数を考えれば、とても彼の手に負えるものではないことを賢く認めた。

それは Apple の手にも余るものかもしれない - iTunes は、これまでの三つの大きなバージョン変更で毎回大幅なユーザーインターフェース変更をしてきて、その変動のレベルが自らに混乱をもたらした。勿論、だからといって Apple はあきらめるべきだと言っている訳ではない:同社の $200 billion もの現金の山をもってすれば、数多くの正式な有用成分析や注意深いエンジニアリングにお金を使うのは可能であろう。しかしながら、"80-20 の法則" の様な簡単なものでは、同社をその方向に大きく前進させるのは無理であろう。

コメントリンク15830 この記事について | Tweet リンク15830


カナダへの旅行でデータ量超過を防ぐ方法

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

とても気恥ずかしいことだった。私たちはニューヨーク州 Ithaca に住んでいるが、このあたりで人気あるバンパー・ステッカーには "Centrally Isolated" (真ん中に孤立して) とある。それでいて私たちは過去一年間にオタワにもトロントにもモントリオールにも、一度もドライブしたことがなかった。オタワもトロントもニューヨーク市とそう変わらない距離にあり、モントリオールはボストンより一時間ほども近いというのに。けれども去年の 10 月にモントリオールで Cingleton カンファレンスに出席し(私たちのプレゼンテーション "Through the Lens of Boutique Publisher" のビデオを Vimeo でご覧になれる!)また 1 月にオタワで Winterlude Skate-Ski-Run トライアスロンに出場して(華氏 -14 度 (摂氏 -26 度) だった! これも ビデオでご覧になれる)以来、私たちは素晴らしいカナダの都市をもっと探訪してみたいと思うに至った。そこで今年の 6 月の結婚記念日に、私たちはもう一度オタワを訪れ、今度はずっと暖かい気候の中でこの町の自転車道を走って楽しんだ。そう、ここでこの記事は旅行記を離れ、テクノロジー記事に立ち戻る。私たちはセルラーデータに関係する問題に遭遇したのだった。

カナダに旅行した最近の他の旅行と同様、ほんの数日間しか滞在しない予定だったので、プリペイドの SIM カードを買うという怪しげな手段には手を出さないことにした。少し調べてみたところでは、さまざまの選択肢はあるものの、米国内では入手が難しかったり、それほど安価でなかったり、トップアップのオプションがややこしくてカナダのクレジットカードが必須だったり、いろいろと難点があったからだ。そこで、私たちそれぞれの iPhone ごとに、AT&T の Passport パッケージを有効にした。$30 で、わずか 120 MB のデータが使えるというものだ。(テキストメッセージは無制限に使えたが、私たちには無意味だった。また通話は毎分 $1 という法外に高い料金だったが、私たちは通話をするつもりはなかった。)120 MB を超えるデータにはメガバイトあたり $0.25 が課金される。

私はその月の初めに自分の iPhone のセルラーデータ統計をリセットしていた。記事のために iCloud Photo Library のデータ浪費挙動を追跡していたからだ。(2015 年 6 月 19 日の記事“iCloud Photo Library アップロードに更に問題が”参照。)今にして思えば、カナダに入国してすぐに、もう一度統計をリセットすべきであった。カナダ国内での使用のみを効果的に追跡することはできなかったからだ。心配なアプリは Settings > Cellular で個別に一つ一つセルラーデータ使用を無効に切り替えておいた。有効のままにしたアプリでもそれほど大量のデータは使わなかった。Google Maps、Messages、Dark Sky、Yelp、それに一般的な Google アプリなどだ。それなのに、カナダに入国してから四日目に AT&T からテキストメッセージが届き、120 MB プランの 80 パーセントを使い切ったと警告してきた。そこで私はセルラーデータを完全にオフにして、緊急事態のために残りの 20 パーセントは予備として取っておこうと思った。その時点で私が統計をどのようにチェックしていたか正確には覚えていないが、私は十分余裕を持って上限の範囲内にいることに自信があった。その数日後に、もう一通だけ AT&T からテキストメッセージが届いた。それは、私たちがカナダから帰国した後であったが、私が 120 MB のデータ上限を使い切ったと言ってきた。どちらにしてもその時点で私は既に自宅に戻っていた。

image

その後、月ごとの請求書が届くまで私はこのことを大して気にも留めなかった。けれども届いた請求書には、私が 120 MB のデータ量上限を何と 130 MB も超過したと書いてあり、超過料金は $32.50 という驚くべき金額であった。これはひどい。私は効果的に使用量を抑えていたはずだ。そこで私は AT&T に電話をかけた。係員の説明は、ローミング提携会社から AT&T が情報を受け取るのに 3 日から 5 日かかることがあって、そのためメッセージの到着が遅れたのだろうとのことだった。カナダで届いた 80 パーセントの警告のメッセージも遅れて届いたものだったのかと私が尋ねると、彼女はその質問には直接答えようとせず、お客様の立場からは混乱して見えることもあるのはよく分かりますと言った。そりゃそうだ! 既に上限を超えた後で警告のメッセージが届いても何の意味もないではないか。それでも、彼女はとても親切に私の超過料金を帳消しにしてくれたので、電話をかけた甲斐はあった。この話の教訓は、もしも AT&T のシステムがおかしなことをしたと思ったら、必ず電話をして、丁寧な口調で係員に問い合わせれば、その価値は常にあるということだ。

カナダに短期間旅行する際の最良の実践 -- では、このような状況の下で少ないデータ使用量上限を持つ国際データローミングのパッケージを購入した場合、データ量を追跡し制限するための最良の手段は何だろうか? 報告が届くのは遅れるので、どのアプリまたはバックグラウンドプロセスがどれほど大量のデータを飲み込んでいるのかを知ることはできない。あの AT&T の係員から聞いた話では、最も大量のデータが消費されたのは私があの 80 パーセント警告を受け取ったその当日であったというが、その日に私の使い方のパターンが特に変わったということはなかった。何かが、ひょっとすると iCloud Photo Library なのかもしれないが、突然の空腹を覚えたということなのだろう。そういう訳で私が考える対策は以下の通りだ。もっと良い方法があるとおっしゃる方は、どうかコメントでお知らせ願いたい。

最後に、これは少し本筋から離れた話題だが、あの毎分 $1 という通話料金はデータ使用量よりもっと早く積み上がるので、可能な限り通話でなくテキストメッセージを使ってコミュニケーションをするようにしよう。それが不可能なら、Wi-Fi ネットワークに接続した状態で Skype か Google Hangouts を使うのがよい。私なら FaceTime は使わない。FaceTime は勝手に Wi-Fi からセルラー接続に切り替わってしまう可能性があるからだ。Apple がこう述べている

デバイスが Wi-Fi に接続されている場合、FaceTime のビデオ通話または音声通話には Wi-Fi ネットワークが使われます。ルーターがインターネットに接続できなくなった場合、または Wi-Fi 接続の品質が劣っている場合は、Wi-Fi ネットワークに接続されていても、モバイルデータ通信経由でデータが転送されます。

全く違ったやり方として、iPhone のロックを外し、カナダの SIM カードを買い、カナダでプランを契約するという方法もある。他の国にも旅行する予定がある場合には特に良い選択肢だと思う。つい先日 Khoi Vinh が、 パリで SIM カードを購入して 2 GB のデータと現地の電話番号、それに無制限のテキストと通話をたった 50 ユーロで手に入れて素晴らしかったという体験談を書いている。ただ、iPhone のロックを外すのはかなり面倒なので、それはまた別の機会に語ることにしたい。

コメントリンク15829 この記事について | Tweet リンク15829


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2015 年 8 月 3 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Audio Hijack 3.2 -- Rogue Amoeba が Audio Hijack 3.2 をリリースして、Audio Hijack を利用して手軽にオーディオの文字起こしができるようにする Time Shift Block に改良を施した。Time Shift に新たに追加されたポップオーバーには 3、10、および 30 秒のジャンプするコントロールと、バッファ内で手軽に移動できる長いスライダーがある。このポップオーバーは引きちぎって画面上に置いてアクセスしやすいようにすることも、ピン留めしてすべてのウィンドウの上に浮かばせて他のアプリケーション内でも使えるようにすることもできる。この人気のオーディオ録音ユーティリティはまた、オーディオに正確な遅延を加える Sync Block や、フルに数値化されたビジュアル化をオーディオに施す Peak/RMS Meters Block を追加し、Instant On コンポーネントをバージョン 8.1 (OS X 10.11 El Capitan への当初対応付き) にアップデートし、FLAC ファイル内のタグに対応し、Recordings タブで FLAC ファイルの正確なオーディオ再生ができるようにしている。Kirk McElhearn の新刊書 "Take Control of Audio Hijack" を読めば Audio Hijack に関するあらゆる秘密が分かる。この本には、よくある使い方の例 (例えば Safari で再生中のオーディオの録音)、古い LP レコードをデジタル化する方法、さらには Netflix などストリーミングサービスからのオーディオを Audio Hijack を使って拡張する方法なども書かれている。(新規購入 $49、 TidBITS 会員には 20 パーセント割引、無料アップデート、15.4 MB、 リリースノート、10.9+)

Audio Hijack 3.2 へのコメントリンク:

Tinderbox 6.3.1 -- Eastgate Systems が Tinderbox 6.3.1 をリリースし、DEVONthink との統合(元項目として DEVONthink データベースを指し示す)と、時間間隔や継続時間を表現する新しい Interval 属性タイプを追加した。この個人用コンテンツアシスタントはまた Eastgate のハイパーテキスト物語執筆ツール Storyspace への対応を改善し、 tinderbox:// プロトコルで始まる URL により他のツールが Tinderbox 書類にリンクすることができるようにし、Key Attribute 表で日付フォーマットの調整ができるようにし、段落替えをせず改行文字を挿入するために Control-Return を使う機能を追加している。(新規購入 $249、無料アップデート、50.6 MB、リリースノート、10.8+)

Tinderbox 6.3.1 へのコメントリンク:

OmniFocus 2.2.3 -- The Omni Group が OmniFocus 2.2.3 をリリースし、数多くのクラッシュを修正した。Getting Things Done に着想を得たこのタスク管理アプリは OmniFocus 2.x に長らくあった最も一般的な(ただし詳細は不明の)クラッシュと、サイドバー内で項目をドラッグする際に起こったクラッシュ、ツールバー項目に関係したクラッシュ、全体像 (perspective) を削除または無効化した際に Perspective メニューを更新する際のクラッシュ、それからデータベースを再構築する際の Push 環境設定枠に関係したクラッシュを修正している。OmniFocus 2.2.3 ではまた、システムの Python インストールが変更を受けていた場合にソフトウェアアップデートに起こった問題も回避している。(The Omni Group ウェブサイトで Standard 版の新規購入 $39.99、Pro 版の新規購入 $79.99、Mac App Store で Standard 版が $39.99、アプリ内購入で Pro 版にアップグレード可能、24.2 MB、リリースノート、10.10+)

OmniFocus 2.2.3 へのコメントリンク:

DEVONagent Lite, Express, および Pro 3.9.2 -- DEVONtechnologies が、同社のリサーチ用ソフトウェア DEVONagent の三つの版すべて (Lite、Express および Pro) をバージョン 3.9.2 にアップデートして、公開ベータ版の OS X 10.11 El Capitan との互換性を改善し、メモリ管理を改良し、システムのアピアランス変更後に起こることのあったクラッシュを修正した。Express および Pro 版では Video および Audio スキャナの HTML 5 対応、HTML-to-text 変換、ソーシャルブックマーキングへのリンクのフィルター分け、そしてバックグラウンドタスクとのコミュニケーションに改善を加えた。DEVONagent Pro 3.9.2 では Web 表示でオンラインの PDF 書類のタイトルを(可能ならば)表示するようになり、Download マネージャで同時に 8 件のダウンロードに対応し (10.10.3 Yosemite かそれ以降)、HTML でない書類のクリッピングを改良し、History メニューにあった異常を修正している。(いずれもアップデートは無料。DEVONagent Lite は無料、 リリースノート。DEVONagent Express は新規購入 $4.95、 リリースノート。DEVONagent Pro は新規購入 $49.95、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、 リリースノート。10.7.5+)

DEVONagent Lite, Express, および Pro 3.9.2 へのコメントリンク:

Piezo 1.2.8 -- Rogue Amoeba が Piezoをバージョン 1.2.8 にアップデートし、前回のリリース (バージョン 1.2.7) で導入されたバグのいくつかを修正した。この最小主義のオーディオ録音アプリは、録音後に Reveal File ボタンが正しく表示されなかったバグを修正し、また Preferences ウィンドウの中で Reveal ボタンが動作しなくなったバグも修正している。Piezo 1.2.8 ではまたデフォルトアプリのリストを修正して、Apple が施した変更の結果としてサポート対象から外れてしまったアプリケーションをリストから削除した。Mac App Store への投稿に関する問題点(Mac App Store では Piezo がまだバージョン 1.2.6 のまま)により、今回のアップデートは直接ダウンロードとしてのみ入手できる。(新規購入 $19、無料アップデート、7.8 MB、 リリースノート)

Piezo 1.2.8 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2015 年 8 月 3 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Adam と Tonya が Cingleton 2014 の講演で小規模の出版者としての体験を語るビデオが視聴できるようになり、Nielsen Norman Group がうまく働いていない四つの iOS インターフェイスパターンを説明し、iTunes がクラシック音楽ファンの期待に添えていない状況が語られ、T-Mobile が iPhone ユーザー向けに魅力的な奨励策をスタートさせ、Nike が FuelBand オーナーに対し大金を支払うよう命じられた。

Adam と Tonya の Cingleton 2014 講演を観よう -- 昨年末の Cingleton 2014 カンファレンスで Adam と Tonya は "Through the Lens of a Boutique Publisher" という題で講演した。35 分間の講演を通じて TidBITS と Take Control の過去・現在・未来が描き出され、個人的な逸話や写真もたくさん交えて出版者としての体験が語られる。Cingleton カンファレンスはもうないかもしれないが、少なくとも最後のカンファレンスがどのようなものであったかをこのビデオで感じることはできる。(他の講演も Vimeo ページの一番上のところにリンクされている。)お薦めだ。

コメントリンク: 15832

うまく働いていない四つの iOS インターフェイスパターン -- ユーザー体験を扱う会社 Nielsen Norman Group が、四つの公式な iOS インターフェイスパターンにおける問題点を指摘する記事を公表した。ページをコントロールする点々、一番上にあるフォーム投稿リンク、プラス型のアイコン、それに移動アイコンの四つだ。筆者たちは理論的な話をしているのではない。これらのデザインパターンは実際の使い勝手テストで不合格となったのだ。それぞれの批判点ごとに具体的な実例が挙げられ、代替的な手段も示される。言い替えれば、これらのインターフェイスコントロールを使うアプリで皆さんがトラブルに遭ったなら、それはあなただけでないということだ。

コメントリンク: 15831

iTunes がクラシック音楽ファンの期待に背く -- The Atlantic の記事で Robinson Meyer が、iTunes も、さらには MP3 フォーマットそのものも、クラシック音楽ファンの期待に応えられていないと論じる。手始めに MP3 フォーマットには作曲家名のタグがなく、iTunes にそれが追加されたのも 2004 年になってからであった。さらに、Meyer によれば Apple Music にはクラシック音楽ファンに向けたものが手薄く、しかもライブラリを壊してしまうようなバグも多いという。

コメントリンク: 15828

T-Mobilem、iPhone ユーザー向け奨励策を発表 -- T-Mobile が iPhone ユーザー向けに二つの奨励策を発表した。一つ目は Apple Music が Music Freedom サービスに含まれるというもので、これで Apple Music からストリーミングした楽曲が T-Mobile ユーザーのバンド幅上限の計算から切り離される。二つ目は、月額 $15 の JUMP! On Demand プログラムで iPhone 6 を使っている人が 2015 年末まで無料で次期 iPhone にトレードアップできるというものだ。

コメントリンク: 15825

Nike、FuelBand オーナーへの賠償を命じられる -- 集団訴訟の和解の一環として、Nike は同社のフィットネストラッカー FuelBand のオーナーに対し総額 240 万ドルを支払うこととなった。カロリー消費、歩数、および全体的運動量の測定が正確でなかったというのがその理由だ。対象となる顧客は現金で $15 またはギフトカードで $25 のいずれかを選んで受け取ることができる。Apple Watch はもっと正確であることを願いたい。

コメントリンク: 15824


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2014 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2015年 8月 6日 木曜日, S. HOSOKAWA