TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1394/13-Nov-2017

おおっと! 先週 Apple は小さな iOS 11.1.1 アップデートをリリースして、文字 "i" をタイプするとおかしなことが起こった恥ずかしいバグを修正した。セキュリティ専門家 Rich Mogull は iPhone X の Face ID に非常に感銘を受けており、寄稿記事で Face ID の「継続的な認証」という革新的な考え方を説明するとともに、その可能性について思い巡らす。今週は Take Control 出版者の Joe Kissell も記事を寄稿して、伝説的な Mac データベースへの待ちに待ったアップデート、Panorama X をレビューする。ホリデーギフトは何にしようかと悩んでいる人たちのために、Jeff Porten が PEPCOM Holiday Expo 訪問記で今年のホリデーシーズン向けの最新の機器を紹介する。今週注目すべきソフトウェアリリースは Carbon Copy Cloner 5.0.4、Bookends 13.0、Retrospect 14.6、SuperDuper 3.0、Tinderbox 7.3、ChronoSync 4.8.3 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


iOS 11.1.1、iOS における "i" を元に戻す

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

Apple は、iOS 11.1.1 の小さなアップデートをリリースした。このアップデートは、ただ二つの問題に対処している。すなわち、文字 "i" が、文字 "A" とそれに引き続く箱入りのクエスチョンマークに自動的に修正されるという奇妙なバグ ("Me, Myself, and A⍰" 2017 年 11 月 7 日参照) と、Hey Siri が作動しないバグである。

残念ながら、私たちが "iOS 11 の電卓がキー遅延で計算を誤る"(2017 年 11 月 9 日) で言及した電卓の入力遅延の解決に対しては、何も行われていない。

このアップデートは、iPhone X 向けには 54 MB であるが、Settings > General > Software Update か、あるいは、iTunes 経由で入手可能だ。

コメントリンク17620 この記事について | Tweet リンク17620


Face ID のイノベーション: 継続的な認証

  文: Rich Mogull: rmogull@securosis.com
  訳: 清水 史彦 <qff01604@nifty.com>

毎年、私がセキュリティに関する会議を巡って旅をしている時、廊下での立ち話はいつも、会議の参加者が最近見た面白い物事になる。正直言って、合法的にクールなセキュリティ技術に、最後にワクワクしたのはいつだったか、私は思い出せない。セキュリティに関する多くの進化は目にするものの、革命を目にすることはあまりない。

私の iPhone X が発売日に届くまでは、そうした状況であった。そして、私は、現実世界での使用において、Face ID を試してみた。一言で言えば、Face ID は、私が 非常に 長い間見てきたセキュリティにおける、もっとも感動的な進歩である。Face ID は、単に素晴らしい技術であるからだけではなく、Apple が設計して実装したものであるが故に、大変革をもたらしている。

まず、大事なことから始めよう。Face ID は、私が、"実現しそうな Apple の "Face ID" テクノロジーに備える" (2017 年 8 月 18 日) で、この評価のために考えついた、ほぼ全ての基準をクリアする。誤判定率は、あなたにたまたま瓜二つの双子がいなければ、百万分の 1 であり、これに対して、Touch ID は、5 万分の 1 である。仮面を付けて Face ID を騙そうと試みるジャーナリストのビデオをたっぷり見るがよい。そうすれば、Face ID は、Touch ID よりも、回避にもっとお金がかかることが明らかになる。私たちは、周知の脆弱性はまだ見出していないが、いずれは見つかるだろうと、私は常々考えている。Apple は、厄介者を過小評価するという点において、時々弱点を見せるが、Face ID に関しては、Apple は、良い仕事をした。

Apple X の発表前の記事で、私は、「Face ID は、Touch ID と同じである必要はない。現実世界での使用において、満足のいく程度に同等に機能する必要があるだけだ。」と書いた。私の個人的な体験において、そして、私が話をした全てのユーザーや、私が読んだ全ての記事のユーザーにとって、Face ID のコアとなる使い勝手は、Touch ID と同等、ないし、優れている。

例えば、Face ID は、iPhone に触れることができるどんな角度でも、Touch ID と同様に動作するわけではない。だが、手が濡れている時には、Touch ID よりもうまく動作する。私は、Face ID をあらゆる類の照明状態でテストした。そして、Face ID が失敗する状況は、まだ見出していない。唯一の欠点は、Face ID では、ただ一つの顔しか登録できないことだ。妻と私は、お互いのデバイス上で Touch ID を使うことができるというのに慣れてしまっているのだ。

Face ID は、実際の認識において、Touch ID よりも遅いと私は思う。だが、実装によって、それはほとんど気付くのが不可能となっている。あなたが、指を Touch ID のセンサーまで動かすのにかかる時間の間に、Face ID は、あなたの iPhone X をすでにロック解除してしまっているだろう。

これは本当に Face ID 革命だ。あなたは、自分の iPhone を使用中、ほぼ常に iPhone を見ているわけなので、Face ID は、私が言うところの「継続的な認証」を可能にする。

継続的な認証 -- 私たちは、認証というイベントが個別であることに慣れている。あなたは、あなたがそのアクションを行う当人であることの証明が必要とされる何かを行う。そして、iPhone は、あなたに認証を求める。

これまでは、アプリがあなたに認証を求めた場合は常に、一度自分の iPhoneをロック解除し、全てのものへのアクセスを許可する (ええと、全てとは言っても、個別のパスワードは必要とされないもの) か、あるいは、指をTouch ID センサーの上に置くか、どちらかをしなければならなかった。Face ID は、そうではない。

Face ID では、認証イベントが生じた時には、あなたはたいてい自分の電話を見ているので、あなたが認証が必要とされるタスクを始めるや否や、iPhone X は、あなたの顔をスキャンすることができる。したがって、iPhone X は、あなたに、さらに何か行うよう頼む必要はない。そして、iPhone X は、これを 常に 行う。以下、わたしがこれまでに発見した実例を示す。

要するに、Face ID を使えば、あなたの iPhone X は、あなたが必要とするほぼ全ての状況で、画面を見ること (いずれにせよ、あなたはそうするのだ)以外には、いかなるアクションも要求することなく、あなたを認証する。

私たちは、この第一世代の Face ID が何を可能にするかについて、ほんの少しかじったに過ぎない。Face ID が複数ユーザーのサポートといった機能を持つようになったり、Apple が Face ID を他のデバイスに搭載し始めるといった場合の使用例について想像してほしい。一例として、ヘルスケアのセキュリティにおける最も重要な問題の一つは、ユーザーが、臨床現場の共有ワークステーションに対して、迅速に認証を行う必要性である。私は、iMac に搭載された Face ID の将来バージョンが、この問題を解決し、業界全体を変革し、そして、iMac が大量に売れる可能性があるのではないかと思う!

私は、以前、Touch ID を使うことによって、完全にパスワードなしの便利さを有しつつ、強力なパスワードを使うことができると述べた。Face ID は、このレベルを超えており、Face ID を使うことによる継続的な認証の導入は、労力不要のセキュリティを究極的に表現しているのかもしれない。

[セキュリティの専門家を対象にした、この記事の以前のバージョンは、Securosis での私のブログに投稿した。]

コメントリンク17621 この記事について | Tweet リンク17621


Panorama X、伝説的な Mac データベースを未来に向けて取り戻す

  文: Joe Kissell: jk@alt.cc, @joekissell
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

ProVUE Development が Panorama X をリリースした。Mac 用の最も初期のアプリの一つであった伝説的な RAM ベースの macOS 用リレーショナル・データベースへの、待ちに待ったアップデートだ。今回の新バージョンは、現代的な Cocoa アプリとして一から書き直されており、開発には 6 年間もかかったが、その努力の結果の一つ一つが見て取れる。新しい機能更新された機能をリストにすればそれぞれ何マイルほどにも長くなるだろうが、そのいずれもが幅広さと深みの双方で驚くべきものとなっている。中でも特記すべきものを挙げれば、Unicode 対応、回数無制限の undo、現代的なユーザーインターフェイス、正規表現への対応、マップ表示、ウェブコンテンツの埋め込みなどがある。でも、それらはほんの上っ面を齧っただけに過ぎない。Panorama X は基本的に、Panorama 6 の魂を新しい肉体に移植して、以前よりもはるかにぴったり嵌まった、柔軟性ある、魅力的なものに仕上げている。Panorama X はまた、ユーザーに優しい新たなライセンス体系と価格を導入している。これについてはあとで述べる。

あまり馴染みがない方のために簡単に説明しておくと、Panorama はデータベースであって、その立ち位置はワードプロセッサにおける Nisus Writer Pro の立ち位置と似ている。つまり、単にすべきことだけするに留まらず、限りなく柔軟で、カスタマイズ可能で、プログラミング可能なので、あなたが必要とする作業を何でもさせることができる。Nisus Writer Pro が考え得るあらゆるやり方でテキストを切り刻むことができるのと同様に、Panorama は構造化されたデータに対してそれができる。また、すべてが完全に RAM ベースで動作するので、Panorama は並外れて高速だ。ディスクや SSD との間での読み書きによる動作遅延が起こらないからだ。

image

たった一つの問題点は、そしてそれこそが結構大きな問題だったのだが、長年にわたって Panorama が次第にテクノロジーの進歩から後れを取りつつあったことだ。Panorama 6 は 64-bit アプリではなく、Unicode に対応しておらず、ユーザーインターフェイスは地味で時代遅れ、その他数限りない制約があって、最近のバージョンの macOS を使っている人たちにとってはフラストレーションが溜まる一方となっていた。開発者の Jim Rea はそろそろこのアプリを徹底的に構築し直す時期が来たと判断して、それは長い時間のかかる、けれども実りの多い仕事となった。今回の新バージョンは事実上旧バージョンの機能のすべてを備えており、その上に数多くの新機能もある。旧バージョンでの欠点はなくなり、より快適な、より持続可能な形で提供される。

私はもう何ヵ月も前からベータ版の Panorama X を使ってきた。巨大なデータセットを扱い、Take Control を運営するという極めて重要な環境の中でこれを動かしてきた。ベータ版ならではの予想される類いのバグはいろいろとあったけれども、データ喪失に繋がることは一度もなかったし、最終リリース版は私が見る限り確かな仕上がりだ。実際、Panorama X でデータを喪失するのは驚くほど困難だ。たとえ入力や削除でうっかり間違えても、またはデータベースの全レコードに影響するバッチ操作を誤っても、データはそう簡単には失われない。事実上あらゆるアクション、あるいは一連のアクションについても、これほどまで広範に undo や redo に対応しているデータベースアプリを私は他に見たことがない。

Panorama X は汎用の Mac データベースアプリとしてもちゃんとしているが、最も強くこれを試してみたいと思う人々は、そう思いながらもたぶん最も慎重な態度でこれに接する人々は、やはり長年の Panorama 6 ユーザーたちだろう。Panorama X は、Panorama 6 のデータベースを手軽に素早く読み込むことができ、ほとんどのことは何の手を加える必要もなしにそのまま使える。けれども、Panorama X のプログラミング言語には避け得ぬ相違点がいくつかあって、そのため旧バージョンで作成した手続きを更新しなければならないことがある。Take Control で書籍、クーポン、注文、印税その他を追跡するためのデータベースで、私はその種の実例に遭遇した。私たちがカスタム作成した手続きの多くがマイナーな書き換えを必要とし、印税の明細書を作成するためのいくつかのフォームは調整を要した。でも、それらの変更は一度施せば済むことで、私が混乱に陥ってしまった際にも ProVUE が素早く手助けしてくれた。

今述べた「手続き (プロシージャ)」について、一言説明しておきたい。Panorama X には手続き型のプログラミング言語が内蔵されていて、これは他のどんな言語ともあまり似ていないけれども、プログラミングの経験のある人ならば誰でもすぐに身に付けることができる程度には似ている。(たいていのプログラミング言語には開発者が提供した説明書が付いているけれども、ここに内蔵されたヘルプは、徹底した内容であると同時に本当の意味で役に立つ。テキストによるヘルプのみならず、チュートリアルのビデオもあるので学ぶ助けになる。) Panorama X のプログラミング言語は、ただ単にシンプルなスクリプトを走らせるよりもずっと多くのことができる。ユーザーインターフェイス要素を作成したり変更したりもでき、特定のデータベースフィールドの中に埋め込んでおいてそこに数値が追加されれば自動的にコードが走るようにすることさえできる。

image

この言語の持つパワーを実証するかのように、Panorama X 自体もその大部分がこの言語で書かれている。つまり、もしも Find and Replace ダイアログがあなたの期待する風に働かなければ、何の問題もない、あなたが望む通りのことをするダイアログを、あなたが自分で作ることができる。それだけではない。この Panorama 言語の機能のみに縛られることなく、あなたが書いた手続きの中に AppleScript、JavaScript、Perl、PHP、Python、Ruby、あるいはシェルスクリプトで書かれたコードを埋め込むこともできる。

手続き (プロシージャ) は、Panorama X をカスタマイズする方法のうちのたった一つに過ぎない。メニューやツールバー、その他のインターフェイス要素も作成したり変更したりできるし、付属の Font Awesome からアイコンを追加したり、ボタン、ポップアップメニュー、スライダー、その他を含んだフォームを作成したり、実際そのようにして利用できるツールを使ってパワフルなアプリケーションを構築することもできる。

image

そこにないもの (少なくとも今はまだ) -- 私自身のデータベースの必要については、Panorama X がほぼ完璧にこなしてくれる。私はたくさんのデータを (ダウンロード、読み込み、あるいは手動入力で) 集め、慎重にフォーマットし、計算、並べ替え、その他の操作を大量に施す必要がある。これらすべては私の Mac の上で起こるが、それはそれで良い。

けれども現時点では、わが Take Control 銀河帝国本部で働く他の Panorama ユーザーとリアルタイムでデータを共有しようと思っても、手軽にそれができる方法はない。これは、サーバ版の Panorama X がまだ完成していないからだ。ProVUE は、2018 年の前半のうちにはサーバ版を出すと言っている。これが出荷されさえすれば、複数のユーザーが同じデータに同時にアクセスすることができるようになるだろう。

たとえそうなったとしても、それらのユーザーたちは Mac ユーザーでなければならない。(OS X 10.9 Mavericks またはそれ以降を走らせている必要もある。) 旧バージョンの Panorama には Windows 版もあったが、Panorama X は Objective-C で書かれており、これは Apple 専用製品だ。ProVUE は iOS 版も計画中だが、もちろんそれは Panorama X Server の完成後にしか実現されないだろうし、同社はまだ具体的な時期を何も発表していない。私としては、著者たちへの印税を私の iPad Pro の上で管理できるようになればこの上なく嬉しいだろうとは思うけれども、それがどの程度実現可能かは、あるいはそもそも実現可能なのか否かは、時が来なければ分からないだろう。

もう一つ言っておかなければならないことがある。現行のシングルユーザ版の Panorama X は、ウェブサーバのバックエンドのデータベースとして機能するようには作られていない。Panorama X Server ならばそれができるだろうし、またローカルネットワーク上の複数のユーザーに対応することもできるだろう。とは言うものの、例えばシェルスクリプトを Panorama X の手続きの中に埋め込んでそれがローカルまたは遠隔の MySQL データベースに語りかけるようにし、そちらをウェブアプリで利用するといったやり方は可能だろう。私はいろいろとテストしてその手続きが動作することだけは確かめたが、本格的な応用に使うことまではしていない。

最後にもう一言。Panorama X は数値とテキストの処理データを保存するために最もよく適している。リッチテキストのデータも扱える。このアプリはそれ以外に(例えば画像など)バイナリデータも保存できるが、Panorama がデータベースを丸ごと RAM に保持するという事実を考えれば、保存したいと思うバイナリデータの種類や量にはおのずと実際的な限界がある。だから、数字や文字でないデータは別途ファイルに保存しておき、Panorama データベースにはそこへの参照情報を含めるのが最も賢明なやり方だ。たとえそうしたとしても、そのデータを Panorama X の中で 表示する ためには明白でないかなり多くの手順が必要となる。説明書の中には別ファイルとして保存してある画像を表示するための一つのやり方が例示されているが、ほぼどんなファイルでもドラッグして持ち込めば余計な作業もほとんどなしに写真、映画、PDF など多種多様なコンテンツを表示できる FileMaker Pro コンテナと同レベルで働くことのできるフォーム要素を作り出すためには相当な創造力とプログラミングの力量が要求されるだろう。

価格 -- Panorama X は従来と全く違うライセンスと価格の体系を使っている。皆さんの考えは分かる。おやおや、また購読の必要なアプリか、もう勘弁してくれ、ってね? 違いますか? もちろん皆さんはそう考えているに違いない。ProVUE は顧客の中に愛憎入り混じった (でも大体において「憎」の方の) 感情があることを承知しているが、それと同時に会社として安心できる継続的な収益も必要としている。そこで Jim Rea は、私がこれまで見たことがないような新しい購読の方法を考え付いた。

それは、次のように機能する。あなたはまずアカウントをセットアップして、Panorama X を使うためのクレジットを 1 個またはそれ以上購入する。少々単純化し過ぎかもしれないが、1 個のクレジットとは Panorama X を一台の Mac で一ヵ月間使う権利のことだと思えばよいだろう。一ヵ月間のみ Panorama X を使いたいならば、1 個のクレジットを、一度だけ、$15 出して買えばよい。それだけのことで、他に何の条件も付かない。けれども多くのクレジットを買えば買うほど割安になる。12 ヵ月間の購読費用は $100 (月あたり $8.33) だが、60 クレジット (5 年分) を一度に買えば $300、つまり月あたりたったの $5 となる。

クレジットは同時使用に基づいて計算される。つまり、同じ月に二台の Mac で Panorama X を使っても、二台を同時に使うことが決してなければ、1 個のクレジットをこれら双方のコンピュータで事実上共有できる。けれども同じアカウントの中で二台のコンピュータを同時に使えば、2 個のクレジットを使ったことになる。他方、一つの月の中で Panorama X を全く使わなければ、クレジットは減らず、未使用のクレジットはそのまま翌月に繰り越される。ごくたまにしか使わない場合、12 ヵ月間の購読で数年保つこともあり得る。

クレジットをチェックするこのシステムを使うため、Panorama X は ProVUE のサーバと時々通信する必要があるが、このアプリはこの周期的なチェックイン (詳しくは FAQ ページを参照) の処理に際してかなり寛大な態度をとる。実際、たとえ支払が遅れても、Panorama X は引き続きデータへのアクセスを許してくれる。ただし支払督促のメッセージが定期的に表示される。この購読方法の嬉しい副作用は、Panorama X がシリアル番号を一切使わず、インストーラの必要もないことだ。単純にアプリを Applications フォルダの中へドラッグするだけでよい。全体として見れば、私が知る限りこれは最も人間味ある購読モデルではなかろうか。私にとっては、これほどパワフルなものに月額 $5 なら喜んで払える。

Panorama X を必要とする人とは -- Panorama に素晴らしい機能がたくさんあることはさて置いても、はたしてこれは、あなたにとって必要な製品だろうか? その答を求めて私はとてつもない量の時間を費やして考え、Panorama X に限らず、そもそもデスクトップのデータベースアプリを今の時代に必要としているのはどんな人だろうかと悩み抜いた。もちろん私自身は、個人的にも職業的にも、さまざまの種類のデータを追跡する必要があり、そのためにデータベースが当然の解決策なのだが、私の必要はかなり特異なものだ。

それに、データベースアプリを選ぶことも可能なタイプの作業をするために作られた、素晴らしい出来合いのアプリも数多く存在している。本や音楽や写真、その他のメディアを追跡したり、連絡先を管理したり、さまざまのファイルやテキスト断片などを保管したり、ワインセラーやレシピ保管庫などをカタログ化したりといった用途だ。ならば、超パワフルな独立動作のデータベースアプリに、出番は残されているのか?

明らかかつ同語反復の答として、知る人ぞ知る、と言える。もしもあなたが既にデスクトップのデータベースの使用に慣れているならば、なぜそれが必要かをあなたは既に承知しているだろう。その場合に残るただ一つの質問は、あなたにとって Panorama X が正しいデータベースの選択であるかどうかだ。(もしもあなたが柔軟性とお金の節約が好きなら、おそらく答はイエスだろう。)

でも、既に使っているものに加えて、新たに別のデスクトップデータベースアプリを必要とする人などいるだろうか?

その質問に対する実質的な答に向けた私の最初の試みは、もしもあなたが現在スプレッドシートとかワードプロセッサの中の表とかを使って何らかの情報を追跡しており、あなたがそれらのタイプのコンテナにおける限界を感じ始めているのならば、その場合にはデータベースこそが自然な移行先だというものだ。例えば、スプレッドシートではあまりにも長いテキストを保存したり何千行ものデータを処理したりといったことがあまりうまくできないことが多い。その点、Panorama X は人々がスプレッドシートを使ってしていることのほとんどを(シンプルなリストから複雑な計算まで)でき、その上にスプレッドシートでは全くできない非常に数多くのこともできる。

多くのデータベースアプリと同様、Panorama X ではお馴染みのスプレッドシート風のデフォルト表示以外にも、多様な方法でデータを入力したり表示したりできる。入力のためのフォームを作ったり、データの中から欲しいフィールドのみを表示したり、それらを好きなやり方で並べたり、それに加えてお馴染みのさまざまなヒューマンインターフェイス要素を使って(内蔵のウェブブラウザさえある)データの入力と取り出しをシンプルかつユーザーフレンドリーなやり方でしたりもできる。同じように、あなたが必要とするデータのみをまとめたり展開したりしたレポートを、考え得る限りあらゆる方法で作成(あるいは PDF などさまざまなフォーマットで書き出し)することもできる。通常、スプレッドシートではそこまでのことはできない。

image

そういうわけで、もしもあなたが構造化されたデータで作業しているなら、そしてあなたがスプレッドシートの機能を卒業したいと思ったなら、Panorama X が素晴らしい代替手段となり、こちらの機能の多彩さを卒業するなどまず無理だろう。たとえあなたの必要とすることがネットワークで繋がる Mac と iOS デバイスへの対応を含んでいたとしても、Panorama はいずれその要件を満たせる潜在力を秘めている。直ちに実現する訳ではないけれども。

たとえあなたがそのような条件に合わなくとも、少しでも好奇心が湧いたならば、あるいは使うかどうか決めかねていて試してみたいと思っているならば、信じられないほどパワフルなデータベースと、プログラミング環境と、汎用のデータ処理ツールを統合したものに、一ヵ月間 $15 でアクセスできるというのはとてもおいしい話ではないだろうか。使ってみれば、あなたも病みつきになるかもしれない。

コメントリンク17613 この記事について | Tweet リンク17613


PEPCOM Holiday Expo での消費者向け電子機器

  文: Jeff Porten: jporten@gmail.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

私が1月に TidBITS のために CES (International Consumer Electronics Show として知られていたが、こちらは最早その正式名称ではなくなっている) からのリポートをする時には何時も PEPCOM からの話題も用意することにしている。こちらは、いわば "ミニ CES" とも言えるものだが、主たるショーとの関連はない。PEPCOM は、時期を見て開催され、無料の食べ物とオープンバーを提供し、そして CES 本体の 10,000 人にも及ぶメディア参加者とは違い、参加業者の数も 150 に絞り込む。誰もが幸せになれるという仕掛けである。

最近 PEPCOM は New York City で "Holiday Spectacular" と呼ばれる小エクスポを開催した。そして、嫌な一日だった人は、少々他人の不幸を喜ぶ気持ちで気晴らしも悪くないかもしれない。PEPCOM はプレスに対して全ての出展者の PR 材料をを所蔵した USB フラッシュドライブをくれるが、通常の販促 PDF の代わりに、ある出展者は自らの PEPCOM との 契約書 を紛れ込ませてしまった。そこには、契約者の署名も、ブース代金が幾らか迄含まれていた。翌日、この人が出社してどんな気分だったかは想像に難くない。

私は通常、気の利いた販促品をくれた時には 🎁 絵文字をあげることにしているが、今回それはなかった。しかし、将来記事にして欲しいとレビュー用の機器を私にくれた所も数社あったし、時にはそのまま貰えてしまうこともある;これからの記事の中では、その様なものにも触れたいと思う。

Anker Nebula Capsule プロジェクター -- 私は Anker の電池と充電器のファンである。Anker の標準の製品群は毎年の様に改善が加えられているように見える:同じ形状の電池でもより多く充電出来、充電器も数ワット多く出力出来る。しかし、印象的な新製品は Nebula と呼ばれる携帯型プロジェクターである。これは、清涼飲料水の缶の形状と大きさで、重さは1ポンドを切り、360 度スピーカーを備えたビデオプロジェクターである。これは昨年の Android Nougat 上で走るので、あなたの機器からストリームしたり、或いは Netflix の様なアプリをそれに直接ダウンロードしたり出来る。(Nebula は Google Cast プロトコルを使用しているので、ストリーミングはどんな Mac や iPhone からも出来るが、再生するビデオは予め対応するアプリや Web サイトに移動しておかなければならない。) ビデオは、明るい光の下でも1フィートかそこらの距離からであればくっきり見える;暗くした部屋であれば、より離れた距離からのより大きな画面で見ても大丈夫であろう。低いテーブルから Nebula から角度をつけて投射出来るかどうかは定かでない。内部電池で 2.5 時間のビデオが得られ、そして Anker は外付け電池も販売するであろう。出荷は 12 月で、$349 する。Indiegogo で予約注文すれば $269 で買える。

image

JLAB Audio -- 私は JLAB の新しい Epic Executive Bluetooth ヘッドフォンを試したことがないし、そして告白すれば、色々な CES ショーで手に入れたワイヤレスヘッドフォンも幾つか持っているが、私は今でも安価な Philips 有線ヘッドフォンを使っている。その理由は、充電するものが一つ減るからである。しかし、Epic Executive について私の目を引いたものが幾つかある:まず $99 の値札、一回の充電で 11 時間の再生が出来ると言われていること、そして能動的な雑音消去機能で、通常これが付くと値段は3桁になり、再生時間も 7 時間に短縮される。現在予約注文を受け付け中で、集荷は 11 月下旬とされている;同社の Web サイトだと、最初の注文に対して 20% の割引が提供される。

Xfinity Mobile セルラープラン -- まず、私の偏見から始めよう:私がそこから買うのは嫌だと思う会社は幾つもあるが、Philadelphia から飛行する航空会社ほぼ全部の次に、Comcast は私の嫌いリストの上位にくる。(Verizon は遥かに良いという訳ではないが、その FIOS は素晴らしい。) そうではあるが、もしもう既に、自らの意思で、或いはあなたの地区での手厚く保護された独占的慣行のお陰で Comcast 加入者であるならば、Comcast の Xfinity Mobile を検討してみる価値はある。Comcast によれば、それは 2017 iPhone モデル、iPhone X を含んで、をサポートするというが、私が一番惹かれるのはそのプランはとても良さそうだということである。含まれるものは:最大5台迄の電話に対するファミリープラン、電話当たりの回線料無し、通話とテキスト無制限、そして数知れぬ Xfinity Wi-Fi ホットスポットへのアクセスである。料金はセルラーデータに対しては、電話1台当たり GB 当たり $12 か、無制限データで $45 である。(例えば、両親にはそれぞれに対して無制限の $45、そして子供には従量制という具合である。) 全てのものが Verizon のネットワーク上にある。Verizon ネットワークは多くの人にとってかなり頼りになる。最悪なのは、現在もう既に Comcast の顧客でなければならないことである。しかし、Xfinity Mobile がそれ程沢山のホットスポットを持つ 理由 は、各家庭のケーブルルーターが、好き嫌いにかかわらず、一つのホットスポットになっているということも頭に入れておかなければならない。セキュリティはまずまずであるという事実はあるが (中身は、別のネットワークである)、全員にこのホットスポットネットワークへの加入を強制するのは、私に Comcast を避けさせる理由の一つでもある。

Tile Slim と Sport -- 色々な会社が "あなたのものを Bluetooth で探す" 追跡タグを提供しているが、Tile のものには幾つかの新しい趣向が凝らされている。Tile Slim は今や "クレジットカード2枚の厚さ" で、より旧式のより厚いタグと同じ到達範囲を持っている。一方で、Tile Style と Sport は Bluetooth で、何と 200 フィートの到達範囲を確保しているが、私はこれが可能だとは考えもしなかった。全ての Tile はクラウドソーシング機能を有している;一つをあなたの Bluetooth 到達範囲外で失くしても、それを見ることが出来る 他の Tile があれば、それはアプリの中に現れる。 値段は、Sport と Style が $35 で、Slim は $30、初代の Tile Mate は $25 である;いくつか買えば、割引が適用される。

Monoprice、大西洋を渡る -- Monoprice は、安価なケーブルを好むテック仲間の間では良い評価を得ているが、多くの一般人はこの会社のことを殆ど聞いたことがないであろう。私は、欧州の人が米国の Web サイトから買い物をするのはどれ程易しいのか (或いは、易しくないのか) 余り知識がないが、Monoprice は、幾つかの欧州の国々に進出することで、それを簡単にしようとしている。手始めは、United Kingdom. Germany, Italy, Spain で、次は Switzerland が計画されている。

Piper Computer Kit -- 私が子供の時、両親が Science Fair 電子キットを買ってくれて、私はそれで飽きることもなく遊んだ。Piper Computer Kit は、それと 2017 年版の Apple I を合わせた様なものである (彼らは、ホームページで Woz に Piper を 宣伝して貰ってすらいる)。それは Raspberry Pi を中心にして、Pi に遊び心を与える色々なもので構成されている。これには、拡げるとフロアマットの様になる設計図も含まれる。私の目を引いたのはその美的センスである:完成した姿は魅力的に不恰好で、箱のデザイングラフィックは全て Minecraft 風で、そして、箱を開けるとモアレ効果が作り出される。私は 1970 年代以降、玩具でこれを見たことがない。しかし、Raspberry Pi がどれだけ安いかを考えると、Piper Computer Kit の $299 という値段は結構高いと感じるかもしれない。また、更に $45 払って、保証サービス、サポート、そして走らせているアプリに対する早期のベータアクセスを手に入れることも出来る。

image

Polaroid Pop -- 1970 年代の郷愁に浸った所で、もう一つ、Polaroid Pop に触れたいと思う。これは、デジタルカメラだが、その場で実際の紙の上に写真を印刷して出す。(子供達よ、昔は写真を実際に "現像" しなければならなかったのだ。) 写真を印刷する前に、小さめの画面で、フィルター、スティッカー、等々を使って写真を飾り立てることも出来る。もし、21 世紀に生きていることを 主張 したいのであれば、通常のデジタル写真の様に全てが通常の SD カードに保存される。値段は "ホリデーシーズン前" で $199 だが、更に $10 払って、これを Polaroid とする 10 枚組の写真用紙を買わねばならない。その通り、カメラが動作するようにするには、お金を出して用品を買わねばならない。

Seam Lotus "Social Safety Network" -- 友達のグループと自分の場所や音声/ビデオを共有する方法は既にたくさんあるので、最初 Seam もこれにもう一つ加わっただけだと思った。それはその通りだが、これには一捻りある:これには、Lotus と呼ばれるハードウェアのボタンがあり、それがアプリを遠隔で起動する。考え方は、Lotus を身に付けておき (ネックレスに、リストバンドに、或いはポケットにそのまま) そしてあなたの個人的なネットワークに対してあなたの周りで何が起きているかをボタンを押して知らせるというものである。ただ単に共有するための場合もあるであろうし、恐ろしい状況におり友人に知ってほしいためという場合もあるであろう。ひょっとすると、Tinder 世代には有用? [訳者注:Tinder は、Facebook を利用し、位置情報を使った出会い系サービスを提供するアプリ] 私には分からないが、もしあなたがしょっちゅう危ない場面に直面するようであれば、Seam は注目する価値がある。11 月の発売セールでは $119 の定価に対して 40% の割引が得られる;アプリ自体は無料である。

Link AKC Smart Collar -- 私が犬を飼っていたのはかなり前になるが、彼は結構都会人であった:ほぼ毎日、紐につながれ外に出かけるのが最大の喜びであった。もしあなたの犬はもっと自由に動き回りたいのであれば、Link AKC が良いかもしれない。ええ、ご想像の様に、それにはほぼ標準的な GPS 追跡が付いており、iPhone 上で見ることが出来るのは勿論だが、通報付きの地理的なフェンスを設定させてくれる。そして、彼が視界や声の聞こえる範囲から外れると、ライトと警報をオンにして彼を見つけられる (そして、悩ます) ようにする。価格体系は少々理解し難い:プレスリリースでは $199 だが、Web サイトでは $149 と言っており、そして、メールアドレスを提供すれば $99 となるポップアップ価格もある。もし買うのであれば、メールアドレスはどのみち提供するであろうと思われるが。また、月々の料金も払うことになる。何故ならば、この子犬は (言ってみれば) AT&T のセルラー接続を使うからである。料金は月額 $10 だが、年払いプランだと $8 か $9 に割引かれる。30 日間の無料お試しがあるのをお忘れなく。と言うのも、これに似た他の機器では接続問題があったり、充電するのが面倒だったりする場合があったからである - これは一回の充電で2日持つとされている。

image

コメントリンク17607 この記事について | Tweet リンク17607


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2017 年 11 月 13 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Carbon Copy Cloner 5.0.4 -- Bombich Software が Carbon Copy Cloner 5.0.4 (CCC) をリリースして、ソースが APFS ボリュームである場合に新規に作成するディスクイメージが APFS でフォーマットされるようにするとともに、そのようなディスクイメージの上に Preboot および Recovery ボリュームを作成してリストアができるようにした。このドライブクローン作成およびバックアップ用アプリはまた、CCC のサイドバー上の APFS ボリュームの空き容量表示に関するバグを修正し、バックアップのタスクが保存先ボリュームをアンマウントするよう設定されていた場合に "Cleaning up" 段階でバックアップが止まってしまうことがあった問題を解消し、macOS 10.13 High Sierra 上の HFS+ の保存先を隠すようにマークした場合に正しく隠されるようにしている。Carbon Copy Cloner 5 へのアップグレードは CCC 4 からは $19.99 (50 % 引き)、CCC 3.5 からは $29.99 (25 % 引き) だ。無料の 30 日間試用版もある。(新規購入 $39.99、CCC 3.5 や CCC 4 からは有料アップグレード、バージョン 5 からは無料アップデート、13.6 MB、リリースノート、10.10+)

Carbon Copy Cloner 5.0.4 へのコメントリンク:

Bookends 13.0 -- Sonny Software が Bookends 13.0 をリリースした。この文献参照管理ツールのメジャーなアップグレードで、データベースエンジンを更新するとともに、大きな PDF のレンダリングが正しく実行されないという以前からあった問題を解消している。今回のリリースでは、Papers 3 から参照情報や注釈付きの PDF を読み込む機能への対応を追加し、複数個の参照情報やそれぞれの PDF の間でジャンプして行き来できる PDF quick link を追加し、iCloud に保存された Pages 書類をスキャンする機能への対応を追加し、iOS 用の Bookends から Wi-Fi 経由で PDF を転送する際の速度を向上させ、別のアプリケーションで PDF を開く前に新たに PDF を保存するようにし、また PDF のスクロール位置を正しく記憶するようにしている。このアプリは今回から 64-bit となり、OS X 10.9 Mavericks かそれ以降を要する。50 個までの参照情報でフル機能の無料試用版もある。2 年以上前に Bookends のライセンスを購入した人は (Bookends ライセンスは 2 年間の無料アップデートを提供する) $39.99 を払ってバージョン 13 にアップグレードできる。(新規購入 $59.99、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、アップグレード $39.99、44.3 MB、リリースノート、10.9+)

Bookends 13.0 へのコメントリンク:

Retrospect 14.6 -- Retrospect, Inc. が Retrospect 14.6 をリリースして、DigitalOcean Spaces、Aufiero Informatica、Google Cloud Storage Frankfurt および Sao Paulo でのクラウド対応を追加した。このバックアップソフトウェアはまた、同一のソース上の異なるお気に入りからの並列バックアップ対応を追加し、大規模環境での日ごとのバックアップレポートを拡張し、元ボリュームが APFS に変換された HFS+ ボリュームを自動的に認識するようにし、一部のクライアント作業で CPU 効率を改善し、Touch Bar を搭載した MacBook Pro モデルでのクライアントネットワークの問題を修正し、一部のストレージ最適化されたグルーム作業の最中にエンジンがクラッシュすることがあった問題を解消している。45 日間有効の無料試用版の Retrospect もダウンロードでき、また同社は最近 CrashPlan for Home の廃止が発表されたこと (2017 年 8 月 22 日の記事“CrashPlan、コンシューマ向けバックアップを廃止”参照) を受けて価格の 15 パーセント割引を提供中だ。(新規購入 $119、178 MB、リリースノート、10.6.8+)

Retrospect 14.6 へのコメントリンク:

SuperDuper 3.0 -- Shirt Pocket が SuperDuper 3.0 をリリースした。このドライブクローン作成・バックアップ用アプリに macOS 10.13 High Sierra フル互換性をもたらすメジャーなアップデートで、HFS+ および APFS 双方のボリュームに対応する。今回のリリースではまた、APFS ブートボリューム上のスナップショットコピーへの対応を追加し、ユーザー体験の多くの部分を改善し、最低システム要件を 10.10 Yosemite へと上げている。SuperDuper のライセンスを購入したことのある人は、無料でバージョン 3.0 にアップグレードできる。(基本的機能は無料、追加機能は $27.95、無料アップデート、5.0 MB、10.10+)

SuperDuper 3.0 へのコメントリンク:

Tinderbox 7.3 -- Eastgate Systems が Tinderbox 7.3 をリリースして、他のデバイスからノートを手軽にキャプチャできる新しい方法を追加した。今回から Tinderbox 書類があなたの Notes アプリの中の一つのフォルダを監視して、あなたが他の Mac、iPad、あるいは iPhone で書いたノートを自動的に取り込むようにできる。また、Evernote、DEVONthink グループ (iOS 用アプリ DEVONthink To Go からノートを読み込めるようになる)、あるいはローカルまたは遠隔の Finder フォルダ (Dropbox や iCloud のフォルダも可能) を監視することもできる。このノート取りアシスタントおよび情報マネージャはまた、複数カラムのアウトラインが水平方向にスクロールできるようにし、アウトラインの動作速度を向上させ、背景が暗色のテキストウィンドウの見栄えを改善している。(新規購入 $249、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、アップグレード $98、31.9 MB、リリースノート、10.10+)

Tinderbox 7.3 へのコメントリンク:

ChronoSync 4.8.3 -- Econ Technologies が ChronoSync 4.8.3 をリリースして、新たに False Mount Readiness Test を実装してターゲットのどれかが /Volumes フォルダの中で不正なフォルダ参照をしていないかチェックするようにした。この同期およびバックアップ用アプリはまた、ファイルサーバ上のファイルを改名する際の macOS 10.13 High Sierra のバグを回避するためのロジックを追加し、自動アップデートチェックに変更を加えて同期の実行中にはチェックをしないようにし、Validator や同期エンジンで属性の変更を探知する際にいくつかのもはや使われていない Finder Flag をふるい分けるようにし、ChronoSync Scheduler が未実行のジョブをチェックする方法を変更してシステムがスリープから目覚めた後に同期ジョブが誤って呼び出されてしまわないようにしている。(新規購入 $49.99、TidBITS 会員には 20 パーセント割引、無料アップデート、48.5 MB、リリースノート、10.10+)

ChronoSync 4.8.3 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2017 年 11 月 13 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS では、Apple が自らの納税活動を弁護し、Facebook の初代社長がソーシャルメディアを考え直し、Jony Ive が新たなインタビューに答え、iOS 11 の電卓がキー遅延のせいで致命的な計算ミスを犯す。

Apple、自らの納税活動を弁護 -- Apple が、税負担を最小限にする目的でさまざまの国の間で保有資金を動かしているとして再びニュースの話題となっている。そこで同社は自らの納税活動を弁護するためかなり長文の声明を発表して、同社があらゆる関係法律を順守しているばかりでなく、実際世界最大の納税者であると述べた。しかしながら、Apple は引き続き国際税制改革を支持するとともに同社の海外資産を本国に送還できるよう税法の簡素化を提唱するとも述べている。現実には、多くの大企業が(財務上であれそれ以外であれ)負担を最小化するために法的なごまかしをしているというのが現実で、企業が資産を税金の低い国に蓄えるのはグローバリズムの副作用であり予防の難しいことだろう。

コメントリンク: 17630

Facebook 元社長、ソーシャルメディアを呼び止める -- Facebook の初代社長であった Sean Parker は同社のその後の成功のため大きな力となった人物であった。けれども今、億万長者となったこのテクノロジーの先駆者は心変わりして、Axios のイベントで次のように告白した。「Facebook が発端となって登場したこれらのアプリケーションの構築に注ぎ込まれた思考過程とは、どのようにすれば我々が人々の時間と意識的注意をできる限り多く消費することができるかという点がすべてであった。」彼は次のように続けた。「私は当時自分が言っていたことの帰結を本当に理解していたのかどうか、今は自信がない。なぜなら、ネットワークが十億、あるいは二十億という人々にまで広がった今、それがどんな予期せぬ結果をもたらすか分からないからだ。今後それが私たちの子供たちの脳に何を引き起こすかは、神のみぞ知ることだ。」さあ早く、このリンクを tweet しよう! いや、そうすべきでないかも。

コメントリンク: 17623

Jony Ive、iPhone X と Apple の新キャンパスを語る -- Wallpaper のインタビューで、Apple の Chief Design Officer たる Jony Ive が、Apple の新キャンパスの背後にあるデザイン決定のいくつかと、マルチタッチがどれほど根本的にハードウェアのデザインを変えたかについて議論した。その中で、彼は iPhone X について興味深いことを語った。「思うに、iPhone X の素晴らしいところは、その機能性があまりにも大幅にソフトウェアによって決まることでしょう。そして、ソフトウェアというのは本来流動的なものなので、この製品は今後も変化し、進化し続けます。一年後には、今はできないことができるようになるでしょう。」では来年には、iPhone X で今できないことのうちどんなことができるようになると、皆さんは思われるだろうか?

コメントリンク: 17622

iOS 11 の電卓がキー遅延で計算を誤る -- iOS 11 の Calculator (電卓) アプリで、素早く 1+2+3= とタイプしてみよう。答は 6 のはずだが、24 と表示されるかもしれない。問題は演算ボタン上でのタップの認識が遅れることにある。今の例では、二番目の + が見過ごされ、1+23= をタイプしたと受け取られてしまうのだ。ゆっくり 1+2+3= とタイプして、+ をタップする度にそのボタンが反応したことを確かめるようにすれば、Calculator は正しく動作する。この困ったバグを、iOS 11 の次期アップデートで Apple が修正してくれることを願いたい。それまでの間は、ごく単純な計算ならば Siri がちゃんと働いてくれるし、本格的な電卓が欲しい人には PCalc が定番だ。

コメントリンク: 17619


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2017 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

日本語版最終更新: 2017年 11月 18日 土曜日 , S. HOSOKAWA