TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1143/24-Sep-2012

今回も引き続き、先週 Apple がリリースしたものに注目しよう。iPhone 5 と、iOS 6、それに OS X 10.8.2 だ。まず Agen Schmitz が 10.8.2 の新機能を紹介し、Glenn Fleishman が早期のアクセスを得たサイトによる iPhone 5 のレビュー記事を総まとめする。次に Glenn は iOS 6 の新しい Passbook アプリを概観するとともに、10.8.2 の Messages で iPhone の電話番号を使う方法を解説してから、話題を変えて Rogue Amoeba から出た新しい Fission 2 オーディオエディタをレビューする。さらに Michael Cohen は Apple が 10.8.2 で Mountain Lion に Facebook を統合させたことについて詳細を語り、Matt Neuburg はお得意の話題に再び戻って 10.8.2 において Save As コマンドが以前にも増してさらに改善されたことを説明する。今週注目すべきソフトウェアリリースは、iBank 4.6、Growl 2.0、Parallels Desktop 8.0.18101、KeyCue 6.3、SpamSieve 2.9.5、Typinator 5.2、Microsoft Office 2011 14.2.4 および 2008 12.3.4、Security Update 2012-004 (Snow Leopard)、Mac OS X 10.7.5 Lion Server、MacBook Pro および MacBook Air 用 EFI および SMC アップデート、iPhoto 9.4、Aperture 3.4、Mac OS X 10.7.5 Lion、TechTool Pro 6.0.5、Coda 2.0.3、それに GraphicConverter 8.3 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


OS X 10.8.2 が通知センターとメッセージのフラストレーションを緩和

  文: Agen G. N. Schmitz: agen@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Apple が OS X 10.8 Mountain Lion に二度目となるアップデートをリリースし、驚くほど長い変更点リストも公表した。(このところ Apple の出すリリースノートがたった一文程度のものが多かったのに比べれば歓迎すべき転換だ。)10.8.2 Mountain Lion における最も目立つ変更点の多くは、オペレーティングシステムのあちこちに少しずつ Facebook 統合が組み込まれたこと(この点に関しては Michael Cohen が 2012 年 9 月 19 日の記事“Facebook 統合が Mountain Lion にも登場”に書いている)と、Game Center への新機能追加に関係するものだ。けれども今回のアップデートにはまた Mountain Lion の中に浮かび上がった(Twitter での URL から iMessages まで)種々のフラストレーションを解消できるだろうと思われる修正が施されたほか、国際的な目的の機能追加もいくつかある。

そのようなフラストレーションの一つが、通知センターから tweet を送信する際に URL が短縮されないことだった。(Kirk McElhearn が 2012 年 9 月 11 日の記事 "Going In Depth on Mountain Lion's Notifications" でこのことに触れている。)嬉しいことに、通知センターで tweet を書く前にいちいちあらかじめ手動でリンクを URL 短縮サービスに通す必要がもはやなくなった。10.8.2 では、URL が自動的に(Twitter 独自の t.co 短縮を利用して)短縮化される。通知センター関係のその他の調整としては、Twitter で他の人からメンションやリプライが届いた際に(あなたがその人をフォローしていなくても)通知が出るようになり、AirPlay ミラーリングの使用中は通知を無効化できるようになった。

10.8.2 アップデートではまたあなたの電話番号あてに送られた iMessage が(あなたが iMessage サービスを設定しておいた他の iOS デバイスに加えて)あなたの Mac 上のメッセージ (Messages) アプリにも現われるようになった。これは、最近 Glenn Fleishman を悩ませた問題だ。(2012 年 9 月 19 日の記事“OS X 10.8.2 の Messages で iPhone の電話番号を使う”参照。)さらに、あなたの電話番号あての電話を FaceTime で受信できるようになった。

iOS 6 の新しい Passbook 機能(デジタルクーポン、搭乗券などを処理する機能)が Mac にも対応した。あなたの Mac 上の Safari や Mail から、iOS 6 の走る iPhone や iPod touch へ、いろいろな券を追加できるようになった。Safari といえば、今回からこのブラウザの起動時に前回開いていたタブを開くオプションが追加され、スマート検索フィールドからの Google 検索が SSL に対応した。

その他の変更点としては、MacBook Air (late 2010 モデル) での Power Nap 対応追加 (ただしそのためにはファームウェアアップデートも必要)、Save As を選んだ際に元の書類への変更を破棄するオプション (2012 年 9 月 20 日の記事“0.8.2 になり Mountain Lion の保存挙動がさらに改善”参照)、Mail の起動時に未送信の下書きメールを自答的に開くようになったこと、新しい共有リマインダーリスト、などがある。

国際的な目的の機能追加としては、このアップデートによりマイクロブログサービス Sina Weibo のユーザーがそのプロフィール写真を Contacts (連絡先) に追加できるようになった。また、音声入力が標準中国語、広東語、スペイン語、韓国語、カナダ英語、イタリア語にも対応し、辞書 (Dictionary) アプリにフランス語辞書が追加された。

Apple はリリースノートでバッテリ寿命管理の改善には触れていないが、 Mac Observer のレポート記事によれば、10.8.2 の開発者用ビルドでテストしたところバッテリ寿命が大きく改善されていたという。しかしながら、前回の Mountain Lion アップデートでもこれと同じ約束がされていた(2012 年 8 月 23 日の記事“OS X 10.8.1、バグ修正とバッテリ寿命改善を狙う”参照)ので、最終的な 10.8.2 の公開ビルドで現実世界における電源管理がどのようにうまく行っているのかを見届けてから私たちは判断を下したい。

無料の OS X 10.8.2 アップデートは、Mac App Store から (365.42 MB) でもあるいは直接ダウンロードによっても入手できる。直接ダウンロードは、現在 10.8.1 を走らせている人のためのもの (665.48 MB) と、現在 10.8.0 を走らせている人のためのもの (665.39 MB) の二つのバージョンがある。前回と同様、現在のところこれに対応した OS X Server へのアップデートはなく、そちらは Mac App Store から別途購入するようになっている。

コメントリンク13274 この記事について | Tweet リンク13274


iPhone 5 レビューの総ざらい

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

テックメディアからの iPhone 5 の早期レビューは、プレリリースモデルを受け取った批評家達のものが Web 上に機器リリースより少し前に現れた。手を触れる前は "退屈だ" と評する人もいた iPhone だが、一旦手にしてみると批評家達には結構気に入られた様である。

最も目につくのは、批評家達は iPhone 5 の背が高くなったスクリーンは有用であり、そして片手での使用にも邪魔にはならないと感じたことである。大型の Android 携帯電話と較べるてスクリーンサイズは "小さい" と批評した人もいるが、これは我々には問題とは映らない。

多くの新しい Android 携帯に見られる NFC (Near Field Communication) の欠如を指摘した人もいるが、これは実社会では未だ殆ど実用性は無い。(Harry McCracken は言っている、"支払いをするのに NFC の付いた携帯を使ってみた一週間の経験からすると、現時点では NFC のタップして支払の能力に興奮すべき特段の理由は殆どない。")

iPhone 5 の CDMA アクティベーションに関して何度か出されたもっともな批判は (レビューが出る前も含めて)、市場に出ている他の LTE 対応の携帯では出来るのに、これは話すこととモバイルデータを同時に使うことが出来ないことである。Apple は同時のセルラー接続を一つしか許さない無線設計を選択した。

批評家達はまた、新しい 8 ピンの Lightning コネクタは、既存の数多くのドック機器を陳腐化させ、それを使える様にするには、しかも勘合できる場合に限られ、新たに $29 のアダプタを必要とすると指摘していた。(例を挙げると、オーディオドックの中にはアダプタが勘合できる角度や空間を持たないものもある。Apple はコネクタ単体ではなく短いケーブルの付いたアダプタを $39 で売っている。) 新しい Lightning USB ケーブルは $19 で、Apple からしか買えず、しかも出荷までにはまだ数週間かかる。

この携帯に搭載される iOS 6 も、Maps アプリ、ギクシャク感、そしてアップグレードを走らせるこれまでの機器は何でもその年齢を感じさせることについて、幾つかの酷評を受けている。

以下初期レビューのまとめ;メディアの中には、Macworld の様に、今回評価機を受け取らなかった所もあるが、そのレビューは今週掲載されるであろう。

コメントリンク13273 この記事について | Tweet リンク13273


Passbook の本当の価値はまだ先(恐らく)

  文: Glenn Fleishman: glenn@tidbits.com, @glennf
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

"iOS 6 で新しく登場した Passbook アプリ - 一体全体、何のためのもの?" 私にはこんなあなたの問いが聞こえる。Apple はデモで Passbook を使ってクーポン、搭乗券、チケット、提携カード、そして道行く戦士の日常生活の必需品を識別するのを管理する可能性を示してはいるが、現時点ではこれは謎めいて空っぽの様に見える。

Passbook は、過去にしっかり根ざしたまま同時に将来をも見据えている。我々のデジタル生活、とは言っても実際の物も必要とする、での多くのやり取りには、店員やゲートの係員によってスキャンされるバーコードや 2D タグ (このページの右下にある正方形と長方形の部分 - "タグよ、君は 2D になった!" 1 October 2009 参照) を含んだものを紙の上に印刷することが関係してくる。

その様な書類は PDF にしてスマートフォン上で HTML メールとして開くと言う選択肢もあるではないかと思われるかもしれないが、全てのスキャナーがスマートフォン画面を読める訳ではないし (現時点では!)、表示の大きさがその機器が判読できるものと合っていないかもしれない。私の場合をいうと、長い一連の数字を入力してやらねばならないこともしばしばある。2012年 2月に私は New York の Pennsylvania Station で 20 分の待ち行列に並ばねばならなかった。その理由は、Amtrak の "バーコードスキャナー" は私の携帯の画面を認識せず、そこに手動で入力した番号も、切符を買ったクレジットカードも認識しなかったからである。(Amtrak は、その財政難は憐みに値するものだが、その後システムをアップグレードした)。

私はこれまでも QR Code、最も一般的なカテゴリの 2D タグ、に対する愛着を表現してきたが、それはこれらが二つの異なるデジタルシステムの間を結び付けるアナログの糊の役割をはたすからである。QR Code が付いていれば、新聞、ポスター、列車時刻表から、或いはコンピュータモニターからですら、一つのアイテムの写真を携帯で撮ることで、それを URL 又はテキストに変えてくれる。実際の現場では (日本以外では)、複数の段階を踏まねばならない:特別のアプリを起動、カメラシートが現れるのを待つ、タグが画面に入るようカメラを向ける、焦点が合うのを待つ、そしてタップする、それから Safari が立ち上がるのを待つ。(もし Apple が 2D スキャンを Camera アプリに直に組み込んでいてくれれば、話は違っているはずである。"Apple は簡単な調整のみで QR コードを利用できる" 2 July 2012 参照。)

しかし、Passbook で事情は一転する。携帯ユーザーとして、あなたは何かをスキャンする必要は全くない。多くの場合、何らかの iOS アプリが必要である、例えば Fandango や United Airlines (既に Passbook 用にアップデート済み) のもの、そしてそのアプリはチケットを購入したり、ボーディングパスを頼んだりする時、入力を追加する機能を提供する。(このアプリの必要性が、何故 Passbook アプリが空の時主画面に App Store ボタンが現れるのかの理由である;それをタップすると App Store アプリに Passbook 対応のアプリを表示する。) この仕組みは Wed サイトでも働くはずである、というのも Passbook フォーマットは直截的で、既に企業のためにプラグインサービスとしてこれを作成することを始めた会社もある。理論的には、メール経由で Passbook 入力を受け取ることも可能であるが、我々は実際にそれを見たことはまだない。

image

多くの人は iPhone 5 が NFC (near field communication) をサポートしなかったことに失望した。これはモバイル機器が近い距離にある時お互いに通信するのを可能にする一連の標準で、代表的な利用方法は無接触取引である。しかし、NFC は米国では小売市場での浸透が未だ十分でなく、一方スマートフォン上の 2D コードを読み取れるバーコードスキャナーの方が、そしてそれが故に Passbook も、より一般的である。NFC もきっと iPhone に登場するであろうし、一旦そうなれば、Passbook は必要なデータを送信するのにバーコードスキャンに頼るのではなく NFC 経由で出来る様になるであろう。

(NFC は chip-and-PIN クレジットカード (IC カード) が使われている世界のその他の地域ではもっと利用が広がるかもしれない。これらのカードでは、店側はカードに対して電気的な接触をさせる必要があり、その上で顧客側は PIN を入力する。PIN が合っている場合のみ、その取引に対してカードはその情報をリリースする。顧客側も店側も PIN を入力する携帯型課金ターミナルに既に慣れている。しかし、欧州にいる同僚たちは私に、この chip-and-PIN への移行はつい最近の事であり費用も掛かったので、店側は NFC に対しては抵抗するかもしれない、というのも NFC にしても使い易さやコスト削減には殆ど役に立たないからであると語ってくれた。)

従来型の小売店でオンライン注文をする、すると Passbook にスキャンし商品引き取りのためのコードが入力される。或いはひょっとすると、コーヒーについて Web サイトをブラウズしていたら、無料のラテを提供すると言う Starbucks の広告に行き当たるかもしれない;それをタップするとそのためのクーポンが Passbook に加えられる。ホテルチェーンのお得意様プログラムの様な提携プログラムに参加すると、カード入力は Passbook に行き着くので財布の中に余分なカードを持ち歩かないで済む。私の希望は、私の地元の図書館が私のバーコードを示し私のカード情報を Passbook に加えてくれる独自のアプリを持ってくれることである。

Passbook の本旨は、これらスキャンできる書類全て、それらが何処で生成されたかに拘わらず、を探せる単一の場所を提供することである。未来のある時点で、紙の書類、PDF、メールメッセージ、そしてこれらのデジタル表示のアナログ糊を管理することは必要なくなるであろう。

Passbook の他の要素は場所認識であるが、これは本格的に広まった後でないと目にすることは出来ないであろう。あなたの United フライトのために空港に着いた時、Passbook は必要なあなたの搭乗券を自動的に取り出す。Starbucks の店に入る、すると Passbook は新しい三倍カラメルちりばめマッキアベリアーノの 20% 引きクーポンがあると知らせてくれる (もしこれが Starbucks ドリンクでないとしたら、そうであるべきである - 豆を真に生かすコーヒーだ!)。デジタルに強い強盗は裏通りであなたに声をかけることが出来る、そして Passbook は直ちに彼らにスキャンするだけであなたの財布を空にするコードを与える。これは多分空想にすぎるであろう。

殆ど Seattle に居たまま 10 年ほど過ごした後、私は昨年から再度旅を始めた。私は、何らかの形で自分で管理しなければならないユーザー情報の量が真にどの様に増えてきたのかに驚いている。一つの旅をとっても、私は 4 枚の搭乗券、ホテルのカード、レンタカーのカード、そして Starbucks のカードが必要かも知れない。ええ、ええ、分かっています、人生は楽ではありません。しかし、あなたもご自身の人生で同じ様な経験をお持ちではなかろうか。これらのカードやパスを財布に詰め込んで一杯にする代わりに、あなたに代わってそれをしてくれるアプリはどうですか?

少なくとも、それが Passbook に対する Apple の狙いである。これがどの様に展開していくのかは見ないことには分からない。報告によると、Apple は大手の航空会社、ホテルチェーン、そして小売店の参加を確保しているという。どの Web サイト或いはアプリメーカーでも付いていくのは容易だと思われるが、Apple がどの様な監視体制をとるのか、そして Passbook は真に開かれたものであるのかは見てみないと分からない。仲間は多いほど楽しい - Passbook が私の手におえない程一杯になってしまわない限りは。

最後にもう一つ:私が経験したように、もしあなたも Passbook を立ち上げて主画面の一番下にある App Store リンクをタップした時、エラーが現れて "Cannot connect to iTunes Store" となったら、このバグを修正するトリックがある。TUAW に詳細があるが、あなたの時計を一年早めてそれから元に戻すという作業をする。

コメントリンク13282 この記事について | Tweet リンク13282


OS X 10.8.2 の Messages で iPhone の電話番号を使う

  文: Glenn Fleishman: glenn@tidbits.com, @glennf
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iOS 6 と OS X 10.8.2 アップデートとの組み合わせにより、Mountain Lion のメッセージ (Messages) アプリは iPhone の電話番号を識別子に使った iMessage も送受信できるようになった。ただ、不可解だったのは、アップデート後に Mac の Messages 環境設定を開いて Accounts をクリックしてみても、電話番号の項目が現われないことだった。

10.8.2 にアップデートしてから Mac を起動させた際(私に届いたのと同様)あなたにも一連のメッセージが届いて、Messages プログラムで iMessage を使うために登録した Apple ID に付随するいろいろのアドレスを知らせてくるかもしれない。これは、以前より素敵だ。以前のようにいちいち入力しなければならないのではなく、これからは iMessage アカウントが対応する電子メールアドレスをすべて表示してくれる。もしも iPhone に iOS 6 がインストールされていれば、電話番号も表示されるはずだ。iOS 5 では、10.8.2 がインストールされていてもそうはならない。ところが、私の iPhone の電話番号は表示されなかった。これはおかしい。

image

そこで私は Mac をいったんログアウトしてから、同じ Apple ID を使ってもう一度ログインしてみたが、それでも状況は変わらなかった。秘訣は、Mac でなく iPhone をログアウトして、ログインし直すことだった。それをしなくて済んだ人たちもいるけれど、Twitter に出たコメントを読む限り、私と同じ状況になった人たちも多いようだ。Settings > Messages > Send & Receive をタップして、Apple ID をタップする。それから Sign Out をタップする。Use Your Apple ID for iMessage をタップしてから、再びログインして、Next をタップする。(同じ手順が FaceTime でも使える。)

以上のことをするやいなや、私の Mac に、電話番号が Messages で使えるというアラートが出た。Messages アプリの中の iMessage アカウント一覧にも、チェックボックスの隣に電話番号が表示された。アラートで Yes をクリックすればそのボックスにチェックが入るし、あるいはあとで Messages アプリの Accounts 環境設定パネルでチェックボックスにチェックを入れることもできる。また、Messages から別のアラートも出て、私の iPhone で Apple ID に対応している電子メールアドレスを表示した。

image

iMessage システムは、Apple ID に割り当てられたすべての電子メールアドレスにあてて届いたメッセージを受けられるように作られており、今回 iPhone の電話番号もそれに組み込めるようになった。新規のメッセージを書く際や、返信を書く際には、それらのアドレスや電話番号の中から好きなものを選べる。その手順については、記事“Messages で Caller ID を使って iMessage を振り分け”(2012 年 8 月 7 日) で詳しく説明しておいた。ただし iOS 6 では、Apple は "Caller ID" という用語を使わず "Start new conversations from" という言い方を用いている。

現時点では、私も、他の人たちも、iMessage の挙動にばらつき感を感じている。おそらく、今後のオペレーティングシステムのアップデートで、iMessage に改善がもたらされるのではないだろうか? その点は成り行きを見守りたい。

コメントリンク13275 この記事について | Tweet リンク13275


10.8.2 になり Mountain Lion の保存挙動がさらに改善

  文: Matt Neuburg: matt@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

2012 年 8 月 7 日の記事“現代的 Mountain Lion 書類モデルの様式とは”の中で、私は書類保存の挙動が(オートセーブのアーキテクチャを利用するようアップデートされたアプリケーションにおいて)OS X 10.8 Mountain Lion では 10.7 Lion に比べて多くの点で改善されたと述べた。私が述べた素敵な点の一つは、File > Save As メニュー項目が復活したことだ。この項目は Lion では消えてなくなっていた。けれども私がその後で述べたように、Mountain Lion の File > Save As の 挙動 には、まだまだ不十分な点があった。このコマンドは、現在の書類に新しい名前と保存場所を与えてくれるけれども、また現在の書類ウィンドウを切り替えて古い書類の代わりに新しい書類を編集できる状態にしてくれるけれども、その際にこのコマンドは、現在開いている書類が閉じる前にその現在の書類を 保存 する。舞台裏で、ひそかに。このような挙動は直感に反しており、危険な挙動となってしまう可能性がある。とりわけ、File > Save As コマンドを使いたいのは、開いている書類に施した未保存の変更をその元の書類に影響を及ぼすことなく別途のコピー上にシフトさせたいから、というのがずっと昔から一般的な理由であったのだから。

嬉しいことに、最近リリースされた OS X 10.8.2 において、この問題が解決した。(2012 年 9 月 19 日の記事“OS X 10.8.2 が通知センターとメッセージのフラストレーションを緩和”参照。)その上さらに嬉しいことに、これが素晴らしく独創的な方法で解決されて、すべての人が満足できる状態になった。そう、驚いたことに、Apple は再び、ユーザーからの不満の声に耳を傾けて、積極的に問題を解消する姿勢を見せてくれたのだ。かなり時間がかかったことは確かだが、明確にそれと分かる洞察力とエレガントさを注ぎ込んでくれた。

10.8.2 で File > Save As を選ぶと、保存ダイアログが現われる。この点は、ずっと以前からそうであった。私がその点を強調したのは、Apple の今回の解決方法が何ら 新たなダイアログを持ち込んでいない ことに留意して頂きたいからだ。今回の変更内容は保存ダイアログの内部にある。もしも現在の書類が未保存の変更点を含んでいれば、保存ダイアログの中に "Keep changes in original document" (元の書類への変更を保存する) というチェックボックスが提供される。その上、このチェックボックスは デフォルトではチェックが外れている。つまり、もしもあなたが何もしなければ、元の書類には変更が 保存されない。これこそが、Save As に期待されるべき挙動だ。なお、システム環境設定の General パネルにある二つの書類管理用チェックボックスをあなたがどのように設定したかに 関係なく、このチェックボックスは常に現われる。

image

(何人かのユーザーから、このチェックボックスがデフォルトでチェックされていたという報告が届いた。何が原因で私の経験したことと違ったのかは知らないけれど、いずれにしてもあまり問題にはならないだろう。設定を変更するのは一回限りのことだからだ。もしもあなたが Mountain Lion 10.8.2 にアップデートした後で初めて File > Save As を選んだ際にこのチェックボックスがチェックされているのに気付いた場合は、そして、あなたも私と同じようにこのチェックボックスのチェックを外しておきたいと思う場合は、単にチェックを外してから保存の作業を続ければよい。その次以降に File > Save As を選んだ際は、チェックボックスのその状態が記憶されているはずだ。)

この単純な手段によって、問題点が丸ごと解決された。このチェックボックスのチェックを外しておけば(デフォルトでそうなっていればよいし、そうでなければ最初に一回クリックしてチェックを外しておきさえすればよい)その後はこのチェックボックスのことを無視して書類の新しいコピーの保存先を指定する手順を進めればよい。それだけで、File > Save As コマンドはあなたの期待通りに挙動するだろう。つまり、新規の書類が作成されて、あなたは引き続きそれを編集することができ、その一方で元の書類に施された未保存の変更は撤回され、元の書類はそれが開かれた際の状態か、あるいはあなたが最後に手動で保存をした際の状態に戻っている。

もしもあなたが私と同じ考えなら、実際あなたもこのチェックボックスを無視するだろうし、その結果として今回のこの機能追加が以前と比べて何ら余計な労力を増やすこともない。System 6 の時代以来ずっと使われてきたのと同じやり方で、Save As コマンドをあなたは使い続けるだけ、その結果起こることも以前と同じだ。確かに、システム内部においては、大きな違いがある。10.6 Snow Leopard かそれ以前では、編集を施した書類を保存しなければ変更点がディスクに到達することはなく、跡形もなく消え去るのみだったが、オートセーブのある Mountain Lion では、変更点が常にディスクに保存され、書類を閉じる際にそれらの変更点が望ましくないということになればディスク上の書類を(Versions データベースを用いて)前の状態に戻さなければならない。けれども一般的に言って、あなたがそのことを気にしている必要はない。結局のところ表に現われているのは、変更点が保存されないということだけだ。

今回のこのチェックボックスが本当の意味で素晴らしいのは、未保存の変更点を元の書類に保存したいと明確に 思う 人たちにとって、あるいはそう思ったような場合において、そのようにできるオプションが提供されたという点だ。Apple としては、単純明快に Save As を以前の挙動に戻すこともできたはずだ。けれどもその代わりに、Apple はさらに一歩前進して、あなたがデフォルトの挙動を設定できるようにするとともに、必要な状況の下では手軽にその設定を変更することもできるようにしてくれた。私としては称賛の言葉を贈るより他にない。この種のこと、つまり、素晴らしいデフォルトの挙動と、そのデフォルトを覆すこともできる選択の自由との組み合わせこそ、もっともっと見せて欲しいと私が切望するところだ。それは、Lion に手を出すのを私に躊躇させた "Big Brother knows best" (ビッグ・ブラザーに任せておけばよい) という考え方とは正反対のものだから。

コメントリンク13284 この記事について | Tweet リンク13284


Fission 2: オーディオ編集ツールの第2章

  文: Glenn Fleishman: glenn@tidbits.com, @glennf
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私は何十年にもわたってたくさんのオーディオ編集プログラムを使ってきたが、近頃最もよく使っているのは Rogue Amoeba の Fission だ。なぜか? 一番はっきりした理由は、ロスのある(非可逆の)フォーマットのオーディオファイルを編集できて、ファイルの再圧縮なしに変更点の保存をする(つまり音質の低下が決して起こらない)ことだ。また、シンプルであるべき作業には、ちゃんとシンプルなインターフェイスを提供してくれる。今回 Fission 2 となって、初代にあった使い方の手軽さを保ちつつ、大幅な改善を加えている。

このアップデートでも Fission 2 の基本的なアプローチは変わっていない。オーディオファイルを開くと、オーディオ情報がよくあるグラフィカルな表示で現われる。再生したり、スクラッチしたり、巻き戻したり、その他ができる。クリックしてドラッグすればオーディオの一塊が選択でき、Fission にはあなたが選択するに応じてその部分のオーディオを再生するオプションもある。それから Delete キーを押せば、選択部分が消えて、残りの部分のサウンドが消去点のところでピタッと繋がる。Fission ではまた正規化 (音量レベルを均一にする)、ファイルを複数の部分に切り分けて別々に保存あるいはコピー、沈黙部分の挿入などの操作もでき、数多くのフォーマットで書き出しもできる。

image

今回のアップデートでは多数の新機能が追加され、そのうちいくつかを私は直ちに使い始めた。初代リリースでは一度に一つずつのファイルしか扱えなかった。おそらくすべてをシンプルにしておくためだったのだろう。Fission 2 は、複数のファイルを開くことができる。私の場合、一つのファイルを別のファイルの後へ付け加える必要があった。そこで私は両方のファイルを開き、付け加えるべき方の部分をコピーしてから、もう一つの方の末尾にプレイヘッドを動かして、ペーストすることができた。

以前から Fission は異なるオーディオファイルフォーマットを幅広くサポートしてきた。AAC、AIFF、Apple Lossless、それに MP3 を読むことができ、それらを音質低下なしに保存することができる。Fission 2 ではそれに加えて、ロスのない(可逆の)FLAC フォーマットや WAV ファイルを直接に編集することができ、それを上記のどのフォーマットにも書き出すことができる。

Fission 2 で新しくなったインターフェイスは以前よりもキビキビした印象で、オーディオ波形をビジュアルに眺めるのもより簡単にできる。カラースキームも二つ用意されている。あちこちに新しい素敵な工夫が見られる。オーディオの範囲を選択すれば、一番下に音量ノブが現われて、選択された部分のサウンドのみに音量調整が施せる。対応するオーディオ部分を動かさずに選択マーカーのみをドラッグして長さをそのままに保つこともできる。キーボードショートカットの付いたメニュー項目を使って、録音の最初と最後の部分をプレビューすることもできる。

これもまた Fission 2 での新機能だが、複数のファイルをバッチ処理で一つのフォーマットから別のフォーマットへと変換できる。これは、決まったオーディオフォーマットのみでしかファイルを作成できないソフトウェアを使った後の処理に使えば便利だ。ライセンス関係の事情で AAC ファイルの作成ができないプログラムは多い。また、入力には圧縮なしの AIFF または WAV ファイルしか受け付けないプログラムもある。そういう場合は、Fission 2 であらかじめ必要なフォーマットに変換しておけばよい。変換の作業は、ドラッグ&ドロップの操作でも、あるいは Open ダイアログを通じて呼び出してもできる。

ポッドキャストを作る人には、Fission が AAC ファイルのチャプター(章)に対応していることがありがたいだろう。わざわざ別のソフトウェアを使って画像やマーカーを追加してオーディオファイルを別々のチャプターに切り分ける手間をかける必要がなくなる。この Fission 2 のチャプター分け機能は、オーディオ共有サイト SoundCloud への直接書き出し機能と組み合わせれば、なおさら使い勝手が良い。SoundCloud はアマチュアにもプロフェッショナルにも人気の高いサイトだ。(SoundCloud の無料版では、最大 120 分のアップロードと、アップロードされた個々のトラックごとに最大 100 回ずつまでのダウンロードが許される。)

Rogue Amoeba は Fission 2 の無料試用版も出していて、これはフル機能だが生成するファイルにオーディオのフェードが挿入されて作品として使うことができないようになっている。フル版の価格は $32 で、Rogue Amoeba から直接にも Mac App Store からも入手できる。前バージョンの Fission を 2012 年 4 月 1 日かそれ以降に購入した人は無料アップグレードが得られる。それ以前に購入した場合はアップグレード価格が $15 となる。Fission 2 は Mac OS X 10.6 Snow Leopard かそれ以降を要し、ダウンロードサイズは 5.7 MB だ。

コメントリンク13269 この記事について | Tweet リンク13269


Facebook 統合が Mountain Lion にも登場

  文: Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

あなたが知っている猫たちとは違い、Mountain Lion は社交的(ソーシャル)な獣だ。そして 10.8.2 になって、この大猫おもちゃ箱の中に Facebook 統合を追加することにより、その「ソーシャル」性が一段と増した。今回の統合の結果として、Mountain Lion の通知センターから、Game Center から、Finder の共有ボタンから、Safari から、そして Quick Look ウィンドウから、直接 Facebook 投稿を作成することができるようになった。その上、あなたがそう設定すれば、Facebook の友だちをすべて連絡先 (Contacts) アプリで見たり、彼らのプロフィール写真を連絡先アプリに追加したりもできるようになった。

あなたの Mac OS X 環境に Facebook を持ち込むには、システム環境設定を訪れて、Mail, Contacts & Calendars 環境設定パネルを開く。すると、右側にアカウントのタイプが並んでいる中に、Facebook という項目がある。そのリストで Facebook のロゴをクリックし、あなたの Facebook でのユーザ名(またはあなたが Facebook にログインする際に使っている電子メールアドレス)とあなたの Facebook パスワードを入力してから、Next をクリックする。

すると、あなたが Facebook でできることがリストされる。それは、次のようなものだ:

そのリストの後に、さまざまの警告や、統合機能に関してさらに注意すべきことなどが書いてある。例えば、あなたのアカウントを使いたいというリクエストがどのアプリからあってもあなたはそれを承認することも拒否することもでき、リクエストしたアプリがあなたのアカウントで何をしようとしているかをあなたが点検でき、そのアプリが Facebook の中で利用可能な情報をあなたの代理として使う権限を与えることができ、その情報があなたの Facebook での友だちにのみに、またはあなたのみに、または全 Facebook コミュニティーに、見られるかをあなたが調べる(そして指定する)ことができる、と Apple は明言している。

image

さらに細かい文字の説明が続く。Apple はあなたのアプリに Facebook アクセスを認めることによって何が起こり得るかについても述べている。ここの部分はしっかり読んでおき、あなたが Mountain Lion から Facebook とやり取りしつつ少しばかりのプライバシーを保っておきたいという心配の気持ちを持っているかどうかじっくり考えておくべきだろう。けれども、この細かい文字の部分を読んでも怖くて逃げ出したい気持ちにならなかったならば、Sign In ボタンをクリックすれば、それで準備完了だ... いや、ほとんど準備完了だ。その後で、環境設定の新たなパネルが出て、Facebook アクセスのリクエストを出したアプリのリストが示される。私の場合、ここにリストされたアプリは連絡先 (Contacts) のみで、そのデフォルト設定は私の連絡先リストに対して Facebook アクセスを許可するというものだった。(私はその許可のチェックを即座に外した。)連絡先リストに Facebook アクセスを許さなくても、連絡先アプリがあなたの Facebook 連絡先情報を調べて Facebook からプロフィール写真を連絡先アプリに取り込み、写真にマッチする人の連絡先項目に割り当てるというようなことは(したければ)できる。

Safari から Facebook に投稿するのは、Twitter に投稿するのと大して変わらない。Safari のツールバーにある共有ボタンをクリックし、ポップアップメニューから Facebook を選び、投稿する文章を書き、Post をクリックするだけだ。すると、あなたの投稿が、あなたが今見ていたページの URL を添えて、あなたの Facebook での現在状況として出版される。同様に、通知センターからの投稿も Twitter に投稿するのと似ている。実際、通知センターの一番上にある Click to Tweet ボタンが、今回から Facebook 用の Click to Post ボタンと並ぶようになった。(このようにするためには、システム環境設定の Notifications パネルで共有ボタンを有効に設定しておく必要がある。詳しくは、2012 年 9 月 11 日の記事 "Going In Depth on Mountain Lion's Notifications" を参照。)

image

いずれの場合にも、さらに私の予想では Mac の他のアプリから Facebook に投稿する状況においても、投稿パネルの一番上のところに小さなポップアップメニューがあって、これを使って誰があなたの投稿を見られるかを選べる。選択肢としては、Public (つまり Facebook 上にいる全員)、Friends (友だち)、Only Me (私のみ)、Friends of Friends (友だちの友だち)、それとあなたが属しているさまざまの他の Facebook グループがここに並ぶ。実際のところ、このメニューの方が、Facebook 自身のウェブインターフェイスの Facebook 投稿パネルの一番下にあるものよりも分かりやすくて有益ではないだろうか。

Finder あるいは Quick Look ウィンドウから Facebook に投稿するやり方はちょっと違っている。こちらは、まず最初にファイルを選んでから、共有ボタンをクリックしてポップアップメニューから Facebook を選ぶ。けれども、そのメニューに Facebook が現われるのは(この点は Twitter や Flickr でも同じことだが)選択されたファイルがグラフィックスのファイルフォーマットである場合のみであり、また投稿パネルにはその画像を Wall (掲示板) に投稿するか、それとも既存の Facebook アルバムに投稿するかを選ぶオプションも現われる。

image

Facebook 統合には通知も組み込まれる。あなたの Facebook 投稿に対して誰かがコメントを書いたり「いいね!」を押したりすれば、あるいは誰かがあなたに Facebook 経由でメッセージを送れば、通知センターがあなたに知らせることができる。システム環境設定の Notifications パネルで Facebook の設定をして、どの手段(なし、バナー、アラートのいずれか)で知らせるかを選んでおく。また、通知センターの中にリストする Facebook 項目の最大個数も設定できる。

Apple と Facebook が連携して提供した 10.8.2 の統合機能は、便利さとセキュリティの程よいバランスを提供しているように私には思える。あなたがほんの時たま Facebook を使う人であるにせよ、あるいは完全なる Facebook 依存症になってしまっているにせよ、この最新の OS X アップデートに猫の手で招き寄せられた機能を、きっとあなたは気に入るだろう。

コメントリンク13278 この記事について | Tweet リンク13278


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2012 年 9 月 24 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iBank 4.6 -- IGG Software が iBank 4.6 をリリースした。多数のバグ修正のお陰で全体的な安定性が増したはずだ。主なバグ修正としては、カテゴリー追加後に予算の中の "actual expenses" の数字が直ちにアップデートされなかった問題点の修正、一部の銀行 (例えば Chase や Wells Fargo) から大量のデータをダウンロードした際に起こったクラッシュの解消、認識不能の日付フォーマットを含む CSV 読み込みがフォーマットの選択肢を呈示しなかった点の修正などがある。さらに、今回のアップデートでは Retina ディスプレイに対応するとともに、全体的な予算計算のパフォーマンスを改善し、どのアカウントを予算に含めるかを編集する機能や予算期間を変更する機能を追加した。(新規購入 $59.99、無料アップデート、33.1 MB、リリースノート)

iBank 4.6 へのコメントリンク:

Growl 2.0 -- The Growl Project が Growl 2.0 をリリースした。このシステムワイド通知ユーティリティに、OS X 10.8 Mountain Lion の通知センターとの互換性を加えたメジャーアップデートだ。今回の新リリースで、Growl の通知をすべて(Growl 独自のポップアップ通知でなく)通知センター経由で出すよう設定することができるようになった。しかしながら、いくつかのアプリ (例えば Dropbox) の中では通知が通知センターに転送されず Growl 独自の通知になってしまう。これは、開発者がそのアプリを Growl 2.0 API を使うようにアップデートしなければならないからだ。今回のアップデートではまた、Prowl と Boxcar のサポートが追加された。これら二つは、Mac からの通知を iOS デバイスで受けられるようにするユーティリティだ。さらに、CPU 使用量の急上昇や、いくつかのクラッシュといった、前バージョンで見られた問題点も解消されたという。(Mac App Store から新規購入 $3.99、従来の Mac App Store 版からは無料アップグレード、6.1 MB)

Growl 2.0 へのコメントリンク:

Parallels Desktop 8.0.18101 -- Parallels Desktop 8 に対する最初のメンテナンスリリース (バージョン 8.0.18101) が、Retina ディスプレイモデルの MacBook Pro に関係する多数の問題点の修正を盛り込んでリリースされた。このアップデートは、Retina ディスプレイと非 Retina ディスプレイを含む複数ディスプレイ構成に対するサポートを改善し、SmartMouse を無効化するとマウスの動きが速すぎた問題を修正し、Mac OS X から Windows 8 へのドラッグ&ドロップが正しく機能するようにした。さらに、今回のリリースでフルスクリーン表示が(シングルディスプレイ構成でも複数ディスプレイ構成でも)全体的なパフォーマンスを改善し、Windows 版 Google Chrome における Flash ビデオ再生での問題を修正し、Coherence (非 Crystal) 表示モードでのキーボード誤動作を解消している。(新規購入 $79.99、旧バージョンからのアップグレード $49.99、無料アップデート、346.6 MB、リリースノート)

Parallels Desktop 8.0.18101 へのコメントリンク:

KeyCue 6.3 -- Ergonis が KeyCue 6.3 をリリースし、このキーボードショートカットユーティリティに OS X 10.8 Mountain Lion との互換性を追加するとともに、KeyCue が自身をログイン項目リストに追加するために用いる新しいテクニックがこの大猫の下でも正しく働くようにした。今回のアップデートではまた、カスタムショートカットを編集中にグループのタイトルが白地に白い文字で描かれてしまった問題点を修正し、KeyCue の名前が変更された際のログイン項目の挙動を改善し、インストーラが作業の終了を知らせるサウンドを "sound effects" チャンネルを通じて鳴らす際にシステム環境設定で設定された音量レベルに従うようにした。(新規購入 19.99 ユーロ、 TidBITS 会員は 25 パーセント割引あり、無料アップデート、2.2 MB、 リリースノート)

KeyCue 6.3 へのコメントリンク:

SpamSieve 2.9.5 -- 最近 Mac OS X 10.6 Snow Leopard 用にリリースされたSecurity Update 2012-004 (Snow Leopard)">セキュリティアップデート(Apple Mail でプラグインが動作する方法が変更された)に呼応して、C-Command Software は素早く SpamSieve をバージョン 2.9.5 にアップデートし、スパムフィルタリングが正常に働くようにした。同社によれば、もしアップデート後も Mail の Message メニューに SpamSieve のコマンドが見えなければ、SpamSieve メニューに行って Install Apple Mail Plug-In を選ばなければならないかもしれないという。今回のアップデートでは、Griffin Technology の PowerMate をコントロールする AppleScript スクリプトの問題も修正された。10.8 Mountain Lion で使った場合に SpamSieve をクラッシュさせていたからだ。(PowerMate オプションはオフになっていたけれども環境設定でオンにすることはできた。)さらに、今回のリリースでは一部の Mac で SpamSieve が Mountain Lion の下でトレーニングのコマンドを受けられなかった問題に回避策が施され、Apple Mail のどのアカウントから良いメッセージが届いたかをこのアプリがより良く判別できるようになった。(新規購入 $30、無料アップデート、10.4 MB、リリースノート)

SpamSieve 2.9.5 へのコメントリンク:

Typinator 5.2 -- Ergonis がタイピング拡張ユーティリティ Typinator をバージョン 5.2 にアップデートし、改善点や修正点の幅広いリストを示した。主なものとしては、OS X 10.8 Mountain Lion との互換性、XML ファイルとして書き出された Spell Catcher グロッサリを読み込める機能、テキストファイル読み込み機能の改善、コンテクスト変数を AppleScript スクリプトに Unicode フォーマットで流すための新しいテクニックなどがある。今回のアップデートにはまた、オーディオの不具合、ディスプレイ要素のタイミング、他のアプリとの互換性の問題などに関する多数の修正も含まれている。(新規購入 24.99 ユーロ、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、無料アップデート、4.9 MB、リリースノート)

Typinator 5.2 へのコメントリンク:

Microsoft Office 2011 14.2.4 と 2008 12.3.4 -- Microsoft が Office 2011 14.2.4Office 2008 12.3.4 をリリースし、Office 2011 は Retina ディスプレイにも対応した。さらに、バージョン 14.2.4 では Outlook に数多くの改善が施されており、中でもカレンダーイベントのリマインダーがすべてのカレンダーについて表示されるようになった。(従来はデフォルトのアカウントのカレンダーのみについてリマインダーが表示されていた。)このアップデートではまた、新規の署名の HTML シンタックスを変更して OS X 10.8 Mountain Lion および最新バージョンの WebKit と互換となるようにし、部分的にダウンロードされたメッセージの処理を改善し、クライアント側のルールによってメッセージが移動された際に起こったクラッシュを修正するなどしている。(変更点の詳しいリストはリリースノートを参照のこと。)しかしながら、 Microsoft によれば「少数のユーザー」がバージョン 14.2.4 へのアップデートの際に困難に陥っているといい、同社は Apple と協力して問題の解消に向けて作業しているところだ。

Office 2008 12.3.4 アップデートの方は、Excel で Insert Object をクリックしてから Insert Object ダイアログボックスで Display as Icon チェックボックスを選ぶためにクリックした場合に Excel がクラッシュした問題を修正している。また、詳細は不明だが安定性、信頼性、およびパフォーマンスの向上も含まれている。(Office for Mac サイトからのダウンロードまたは Microsoft AutoUpdate 経由で無料アップデート、111 MB/218.4 MB)

Microsoft Office 2011 14.2.4 と 2008 12.3.4 へのコメントリンク:

Security Update 2012-004 (Snow Leopard) -- Apple が Security Update 2012-004 を Mac OS X 10.6.8 Snow Leopard 用10.6.8 Snow Leopard Server 用それぞれにリリースした。両者とも同じ問題点に対処している。主な修正点を挙げれば、今回のリリースで Apache を 2.2.22 にアップデートしてサービス妨害攻撃に結び付く可能性のある脆弱性を予防し、TrustWave のルート証明書を信用できない証明書のリストに入れ、DirectoryService Proxy をアップデートしてバッファオーバーフローの脆弱性のため任意のコードが実行されてしまうのを予防した。今すぐにアップデートを実行しなければならない理由はないので、できれば一週間ほど待って、何かオンラインに報告が出ないか、悪い副作用が発生することはないか、様子を見ることをお勧めしたい。Apple が 10.6.8 Snow Leopard 用 Security Update のファイルサイズを 2.36 MB と誤って記しているので注意されたい。実際のファイルサイズは 257 MB だ。(無料、257/276 MB)

Security Update 2012-004 (Snow Leopard) へのコメントリンク:

Mac OS X 10.7.5 Lion Server -- Apple が Mac OS X 10.7.5 Lion Server をリリースし、さまざまのよく利用されるサービスに修正を加えた。このアップデートでは、共有ポイント設定を変更した際の Spotlight 索引の保持、Open Directory マスターの作成と接続、ソフトウェア・アップデートの使用、モバイルアカウントの Mobility 同期頻度の Profile Manager を使った設定、などに修正を施している。また、パスワード認証の信頼性や、Xsan メタデータコントローラをクライアントに変更する際の信頼性も向上した。このアップデートには二つの版がある。10.7.4 Lion Server からアップグレードするための差分アップデート (1.22 GB) と、どのバージョンの Lion Server からもアップグレードできる統合アップデート (1.99 GB) だ。(無料アップデート)

Mac OS X 10.7.5 Lion Server へのコメントリンク:

MacBook Pro および MacBook Air 用 EFI および SMC アップデート -- Apple が四つのファームウェアアップデートを 2012 年にリリースされた一部の MacBook Pro および MacBook Air 機種のためにリリースした。MacBook Pro EFI Firmware Update 2.9 (4.29 MB) は、プロセッサの負荷が高いときにシステムがハングする可能性がある問題を解消する。MacBook Air EFI Firmware Update 2.5 (4.76 MB) は、Boot Camp 使用時に Turbo Boost が機能しない問題を修正するとともに、Ethernet アダプタ使用時に NetBoot が正しく機能するようにしている。MacBook Pro Retina EFI Update 1.0 (4.97 MB) は上記の二つともと共通するところがあり、前者と同じくプロセッサの負荷が高いときのシステムハングに対処するとともに、後者と同じ NetBoot の問題にも対処している。

あともう一つ、MacBook Air SMC Update 1.7 (658 KB) は、MacBook Air の late 2010 機種で Mountain Lion の Power Nap 機能を有効にするための SMC (System Management Controller) に対するパッチだ。ファームウェアアップデートではいつものことだが、お持ちの機種に適した正しいファームウェアアップデートを得るために、ソフトウェア・アップデートに入手を任せることをお勧めする。また、アップデート作業を途中で中断しないように注意しなければならない。(無料)

MacBook Pro および MacBook Air 用 EFI および SMC アップデート へのコメントリンク:

iPhoto 9.4、Aperture 3.4 -- Apple が同社の二つの写真管理アプリケーションをアップデートし、iCloud の新しい共有フォトストリーム機能を利用できるようにした。iPhoto 9.4 Aperture 3.4 はいずれも、あなたが写真をいくつか選んで共有し、他の人たちが見られるようにすることができる。いずれのアプリにも新しい File メニュー項目が加わって、他の人たちのライブラリからファイルを開いたり編集したりできる。(ただし iPhoto と Aperture の両方がインストールされていることが必要となる。)さらに、iPhoto 9.4 にはカードとカレンダーに新しいテーマが追加され、Facebook に公開した写真にコメントを追加できるようになった。いずれのアップデートにも、詳細は不明ながらパフォーマンスと安定性の改善が施されている。(無料アップデート、iPhoto は $14.99、直接ダウンロードで 757.61 MB、Aperture は $79.99、直接ダウンロードで 554.48 MB)

iPhoto 9.4、Aperture 3.4 へのコメントリンク:

Mac OS X 10.7.5 Lion -- Apple が Mac OS X Lion にもセキュリティ方策を追加するため、Gatekeeper を組み込んだ Mac OS X 10.7.5 アップデートをリリースした。(10.8 Mountain Lion に含まれる Gatekeeper などいろいろの新機能については Rich Mogull の記事“Gatekeeper が Mac のマルウェア流行にピシャリとドアを閉める”(2012 年 2 月 16 日) で思い出して頂きたい。)しかしながら、10.7.5 アップデートによる Gatekeeper は誰の目にも明らかにシステム環境設定の Security and Privacy パネルに現われる訳ではない。その代わりに、システム環境設定の General パネルの中に "Allow applications downloaded from" として選択肢が提供され、デフォルトの選択は "Mac App Store and identified developers" となる。今回のアップデートではまた、Launchpad 内のアイコンの配置が再起動後に変わってしまう問題を解消し、iMac の 2009 年以降の機種で Wi-Fi 信頼性を改善し、Spotlight を使って SMB サーバを検索する際の問題を解決し、Active Directory サーバとの互換性を改善している。ソフトウェア・アップデートから (894.3 MB) でも直接ダウンロードでも入手可能で、直接ダウンロードには 10.7.4 を走らせている人のための Client 版 (1.14 GB) と、どのバージョンの Lion を走らせていても使える Client Combo 版 (1.91 GB) とがある。(無料アップデート)

Mac OS X 10.7.5 Lion へのコメントリンク:

TechTool Pro 6.0.5 -- Micromat が TechTool Pro 6.0.5 をリリースし、OS X 10.8 Mountain Lion との互換性 (Gatekeeper 認可のコード署名も含む) を盛り込んだ。このアップデートではまた、USB ゲージに USB 3.0 接続速度の探知機能を追加し、eDrive ツールの作成と削除の双方のルーチンをアップデートし、Volume Optimization ツールに検証チェックを追加し、Volume Cloning ツールで File Sync Cloning 機能を改善している。またこの新バージョンは Mountain Lion の下でクラッシュしていた Video Memory のバグを解消し、Video ツールでメモリリークを修正し、Volume Rebuild でボリュームがアンマウントできなかったり再チェックの構造へとスキップしてしまったりした問題に対処している。最後にもう一つ、今回のリリースではフランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、(簡体字)中国語のローカライズ版もそれぞれアップデートしている。(新規購入 $99.99、無料アップデート、54.8 MB、リリースノート)

TechTool Pro 6.0.5 へのコメントリンク:

Coda 2.0.3 -- Panic が Coda 2.0.3 をリリースし、このウェブサイト開発ツールにパフォーマンスの改善とシンタックスハイライト機能の改良を施すとともに、数多くのバグ修正も行なった。このアップデートでは Coda 1 サイトの読み込みの信頼性を増し、VPN 接続を経由して編集する際にコードに戻る速度を改善し、CFML HTML 自動補完とシンタックスハイライト機能を改良し、特定の状況下の PHP シンタックスハイライトを改善し、フルスクリーンモードでタブがメニューバーで見えなくならないようにし、さらに通知センターへの対応も追加している。また、いくつかの状況で Coda が反応しなくなっていた問題に対処し、Git を用いたファイルやフォルダの改名が働かなかった問題を修正し、サイトプレビューの際のパスワードが必要に応じて記憶されるようにした。

Mac App Store 版の Coda (この記事の執筆時点でまだバージョン 2.0.2 のままだ) を持っている人のために、Cabel Sasser は Coda Users フォーラムへの投稿で、直接版の Coda をダウンロードして Purchase メニューで Unlock Coda を選ぶだけでロックを外すことができると説明している。それに加えて Sasser は、Apple から Panic に知らせがあって、Coda 2 でのクラッシュの大多数の原因となっていた WebKit 関係の問題が OS X 10.8.2 アップデートで修正されたと聞いたとも述べている。(新規購入 $99、1.0 からのアップグレード $75、無料アップデート、48.4 MB、リリースノート)

Coda 2.0.3 へのコメントリンク:

GraphicConverter 8.3 -- Lemkesoft が GraphicConverter 8.3 をリリースし、定評あるこの画像変換および編集ユーティリティに数多くのアップデートを施した。特に、OS X 10.8 Mountain Lion の通知センターに対応するとともに、Aperture のライブラリにアクセスできるようになった。その他の追加機能としては、Automator アクション、共有メニューのサポート、PDF 書き出しの新しいオプション、GPS 位置情報をブラウザへコピー・ペーストできる機能、複数ディスプレイ構成でデフォルトのディスプレイを選べるオプション、GIF 書き出しの拡張、unsharp マスクの最適化などがある。今回のリリースではまた修正点もいくつかあり、画像を元の作成日付で保存できなくなっていたバグ、Fast Preview でグレイスケールの GIF を保存する際に起こったクラッシュ、ムービーを GIF アニメーションへ変換する際のバグなどが修正された。(新規購入 $39.95、バージョン 7.x からは無料アップデート、バージョン 1 から 6 までからのアップグレードは $29.95、128 MB、リリースノート)

GraphicConverter 8.3 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2012 年 9 月 24 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週も二つだけ ExtraBITS を手早く紹介しよう。CDMA モデルの iPhone 5 にロックの外れた GSM 用 SIM スロットが付いて販売されている理由の説明と、一味違った XOXO カンファレンスをレポートした Glenn Fleishman の Boing Boing 記事だ。

Verizon のロックなし iPhone 5 は FCC 要件のため? -- 先週 iPhone 5 が人々の手に渡り始めて以来、自分の iPhone はロックが外れていて国外でも使えるし米国内の他のキャリアでも使えると気付いた Verizon Wireless 契約者たちが大勢いた。James Duncan Davidson の解説によれば、Verizon がこのようにしているのは企業としての親切心によるものではなくて、同社の LTE ネットワーク周波数帯の 700 MHz C ブロックをライセンスすることに関する FCC (連邦通信委員会) との取り決めによるものなのだという。

コメントリンク: 13295

愛に満ち溢れたテクノロジー・カンファレンス -- テクノロジー関係や工学関係のカンファレンスによく出席する人なら、オレゴン州 Portland で最近開催された XOXO Festival を紹介した Glenn Fleishman の記事が Boing Boing に載っているので読んでみると楽しいだろう。XOXO は、顧客や聴衆、ファン、あるいは同僚たちに直接働きかけるための新しい手法、例えば Kickstarter や Etsy のようなものを編み出した人たちと共に何かを作り出している人たちを一堂に集めた。コンテンツそのものを超えて、このカンファレンスはこの種のイベントではめったに見られない魔法を見せてくれた。

コメントリンク: 13283


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2012 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2012年 9月 29日 土曜日, S. HOSOKAWA