TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1187/19-Aug-2013

Apple はここ米国で司法省を相手に電子ブックをめぐる戦いを続けているが、同社はヨーロッパにおける同様の反トラスト法の疑念に関しては欧州委員会 (European Commission) との間で和解する決断をした。Yojimbo の同期機能は MobileMe の終了以来欠落したままだったが、ようやくバージョン 4.0 で復活した。ただし Bare Bones は信頼性の低い iCloud 同期を使わず、月額料金のかかる有料サービスを選んだ。Josh Centers と Steven Aquino は協力して、Solarized カラースキームと Cousine 書体を用いて最大限の読み易さを得る方法を探求する。TidBITS 会員のためには Jeff Carlson が自らのストリーム本 "Take Control of Your Digital Photos" の最終章として、読者たちからリクエストのあった話題、写真を iPhoto から Aperture や Lightroom へ移行させる方法について語る。FunBITS 記事では、Chris Armstrong があなたを驚くほど現実的な雷雨の音響的ただ中に置く iOS アプリ、Thunderspace をレビューする。今週注目すべきソフトウェアリリースは、BusyCal 2.5、iTunes 11.0.5、Voila 3.5、AirPort Base Station Firmware Update 7.6.4 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple、電子本和解条項を提供... 欧州で

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

U.S. Department of Justice (米国司法省) と 33 州によって Apple に対して起こされた反トラスト訴訟における同社の敗北にまつわる騒動の中で ("Apple の電子ブック価格操作訴訟を解説" 10 July 2013)、Apple と五大出版社は同じ行為に対して European Commission (欧州委員会) によっても取り調べられていることはとかく忘れられがちである。問題は全く同じで、Apple と出版社は共謀して電子本の価格上昇を招く状況を作り出したという疑いである。

しかしながら、米国での場合と違って、Apple と五つの出版社は European Commission の懸念に対処する法的拘束力のある誓約 を提供して和解することとなった。言うもでもないことだが、これらの誓約は European Economic Area 内で行われるビジネスにだけ適用される。

このメモ上の日付は 13 December 2012 となっていることに気づかれるであろうが、Apple が iBookstore 出版者に iBookstore Distribution Agreement の中の MFN 条項を適用または強要することはないと通知したのは今週になってからである。覚えておられるであろうが、MFN, すなわち most-favored-nation 条項は、現在効力のある価格契約が他にあっても、小売業者が競合者によって提供されたより低い価格に合わせることを可能にする。

image

European Commission の訴訟が裁判にまで至ることは全くなかったが、そして Apple と出版社からの誓約を受け入れる決定は European Union 反トラスト法との適合性に明快に立場をはっきりさせるものではないが、Apple が米国でやった様に (そしてまだ継続している - "電子本価格操作訴訟での DoJ の改善措置案は的外れ" 7 August 2013 参照) 法廷で闘うのではなく、EU とは和解の道を選んだというのは、いずれにしても興味深い。

コメントリンク14019 この記事について | Tweet リンク14019


"Take Control of Your Digital Photos" 第九章 入手可能に

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: M.Sugimoto <dfbia300@kcc.zaq.ne.jp>

今週の "Take Contorl of Your Digital Photos" の無料の章、最終章になった!について書く前に、TidBITS 会員の皆さんのためにたった今交渉してきたばかりの写真関連の別のお買得品のことをお伝えしたいと思った。少し前、Macworld Expo で私は特殊な写真プリントを作製する会社と知り合いになった。SizzlPix という名前の会社で、(最長エッジで)18 インチから 72 インチ(46 cm から 183 cm)の大きさのアルミベースに高解像度の写真グラフィックプリントを注入製法で作製する。手作りのプリントはガラスがないためほとんどぎらぎらがなく、防水で(シャワーやプールの中にさえ設置できる)、実際引っかき傷にも耐える超硬質コーティングがされている。視覚効果は比較的ローエンドのカメラで撮った写真ですら驚くべき素晴らしさで、無条件の 30 日返金保証がついてくる。だからもし気にいらなければ、それを取り替えてもらうか、返金してもらえる。価格はプロのフレームに匹敵しうるもので、$199 からでサイとともに上がる。TidBITS会員の皆さんは 20 パーセントのディスカウントが受けられる。(注文をする際、入力すべきコードは、Member Benefits ページに記されているのでご覧頂きたい。)

一方、"Take Control of Your Digital Photos" に戻ると、最終章は非常に有益で、かつ正直言えば、ちょっとばかり悔しいところもある。以前の章に対して読者の皆さんからのリクエストに応じ、第九章、"iPhoto から Aperture やlightroom に写真を移す" では iPhoto から Aperture や lightrorm へ移行するためのベストの方法を詳細に説明する。

想像通り、iPhoto と Aperture は同じ写真ライブラリを共有できるので、iPhoto から Aperture へ移行することは簡単なことだ。Jeff はその上を行って、iPhoto から Lightroom へ移行するための方法を説明する。このステップは難しいものではないが、iPhoto のあまりさえない書き出し機能のせいで、ちょっとばかり面倒だ。Jeff は可能な限りたくさんの情報を保存する手伝いをしてくれる。タイトルとキーワードは容易だが、ランク付けを維持し、オリジナルと編集した写真イメージを保存するにはある程度の努力がいる。残念なことにアルバム全体を持ってくる方法がない(しかし、とにかく新たにスマートアルバムを作っているのですよね?)し、最もいらいらすることは Lightroom は写真をマニュアルで結合するためにオリジナルの写真の上に編集した写真を "スタック" する機能はあるのだが、その自動スタックオプション機能が信頼して動作するように思えないことだ。Jeff はこれらすべてについて説明し、編集した写真のオリジナルを保守することができる方法をいくつか、読者の皆さんに提供する。

第八章、"写真をバックアップしアーカイブする"、第七章、"(スマート)アルバムに写真を整理する"、第六章、"キーワードとデータを割り当てる" 、第五章、"写真を見分ける"、第四章、"写真を取り込む最良のやり方"、第三章、"写真管理アプリを選択する"、第二章、"より賢く撮る" と同じように、この章もTidBITS 会員のみ無料で読むことができる。第一章、"写真管理のより賢い方法"は誰でも自由に読むことができ、後続の章がカバーするものを感じ取っていただけると思う。本が完成したら、PDF、EPUB、そして Mobipocket (Kindle) フォーマットで、誰でも購入可能できる。完成は二週間以内の予定だ。

書かれているのと同時進行でこの本を丸ごと TidBITS 会員向けに発行することは、私たちが TidBITS 会員に感謝の気持ちをあらわす手段の一つだ。私たちは、今までずっと無料で TidBITS を読んでこられた読者の皆さんが、今後も引き続き私たちが注意深く考え抜かれプロの手で書かれ編集された記事を毎週皆さんの手許にお届けできるよう、私たちを援助して下さるための動機付けにもなればと思っている。(より詳細は、2012 年 12 月 17 日の記事、"2013 年も TidBITS に皆さんの援助を: あなたも TidBITS 会員に" 参考。)

コメントリンク14030 この記事について | Tweet リンク14030


Yojimbo 4.0 が同期を追加... ただし iCloud 経由ではない

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Bare Bones Software の情報整理ツール Yojimbo の物語を、これまで追ってこられなかった方々のために手短かに要約しておこう。その最初のバージョンには(2006 年 1 月 30 日の記事“Yojimbo はあなたの情報を守る用心棒”参照).Mac ベースの同期機能があって、自分のどの Mac からでも Yojimbo で保存したどの項目にもアクセスすることができた。その後この機能は .Mac から MobileMe への移行とともに Yojimbo 2.0 へ、そして 3.0 へと進化したが(2010 年 10 月 19 日の記事“Yojimbo 3.0 がスキャン機能と iPad アプリを追加”参照)2012 年 6 月に Apple が MobileMe を閉鎖した際に、Yojimbo の同期機能も同じく働きを止めた。

「でも iCloud が MobileMe に代わって出来たじゃないか」とあなたは言うだろう。それはまあそうだ。でも残念ながら、iCloud におけるアプリケーションデータ同期は当初から信頼できないもので、Apple は引き続きそのシステムの開発を続けているけれども、結局 Bare Bones はその機能をまともに働かせることができなかった。Bare Bones の Rich Siegel は この問題を詳しく説明した記事まで書いている。

こうして Yojimbo ユーザーたちは去年以来、その状態のままに取り残されたのだったが、嬉しいことに今回、Yojimbo 4.0 で Mac から Mac への同期機能が復活した。ただし、これは iCloud を経由した同期ではない。その代わりに、Bare Bones は Wasabi World Wide Heavy Industries と提携する方法を選んだ。同社の Wasabi Sync サービスは、Core Data ベースのアプリに対して非常に信頼性の高い同期手段を提供する。この解決策の「良くない」点は? 今回から同期機能は Yojimbo 4.0 でオプションとして選べる機能となり、最初の 30 日間が過ぎれば月額 $2.99 の料金がかかる。それは、同期サービスを動かすために継続的に必要な費用だ。価格についてはあとでもう少し触れる。

このサービスの購読はアプリ内からサインアップでき、料金は自動的にあなたのクレジットカードに毎月課金される。クレジットカードが期限切れとなったり番号が変わったりすれば電子メールで警告が届き、一ヵ月以内に問題を解消しなければならない。そしてもちろん、もう同期は使わないとあなたが思えば、購読をキャンセルすることができる。その場合 Yojimbo はただデータの同期を止め、サーバ上からあなたのデータを削除する。あなたは何も失うことはない。あなたの手許にあるデータは、常にあなたのものだ。

image

この新しい同期機能以外に、Yojimbo 4.0 での新機能はあまり多くない。開発作業の大部分は MobileMe 同期を Wasabi Sync に置き換えるために必要となったアプリのアーキテクチャー再構築という内部的作業にあてられた。その過程で、Bare Bones はフルスクリーン機能のサポートや Retina 対応のグラフィックスなどを追加するとともに、いくつかのバグ修正も加えた。注意しておかねばならないことが一つある。いったん Yojimbo 4.0 にアップグレードすれば、バックアップからのリストアをしない限り旧バージョンに戻ることはできない。新バージョンのアプリは、データを新しいフォーマットに変換する前に自動的にそのバックアップを作成するようになっている。

その結果として、もしもあなたが Yojimbo 3 に満足していて、同期機能など要らないと思っているのなら、今すぐアップグレードすべき理由はあまりない。とりわけ PowerPC ベースの Mac を使っている場合にははっきりとそれが言える。新しいコードの必要上、Yojimbo 4.0 は OS X 10.8.2 かそれ以降を必要とするようになった。つまり、PowerPC ベースの Mac では動作しない。OS X 10.9 Mavericks の下で Yojimbo 3 がどのように動作するのかはまだ分からないが、もしもそこで問題が起これば、その時点でそれがアップグレードすべき理由となるかもしれない。Bare Bones は、Mavericks が Apple からリリースされれば間違いなく Yojimbo 4 がそれと完全互換となることを約束している。

さて、価格の話に戻ろう。毎月 $2.99 というサービス購読料金が Yojimbo にかかる全体的な費用を押し上げることを意識して、Bare Bones は定価を従来の $39 から $30 に値下げし、5 ユーザー用 Family Pack の価格を $60 とした。2013 年 6 月 14 日またはそれ以降に購入した人に対しては無料アップグレードが提供されるが、それ以外で旧バージョンの Yojimbo からアップグレードする場合はどのバージョンからでも $20 となる。(これは、四年近く前に Yojimbo 2.0 が出て以来初めての有料アップグレードとなる。Yojimbo 2 から 3 への移行は無料だったからだ。)有料の同期購読があるので、現在のところ Yojimbo 4.0 は Mac App Store では販売されていない。Apple は、このような独立したやり方を認めていないからだ。ただし、旧バージョンを Mac App Store から購入した人は Bare Bones から直接のアップグレードができる。

同期のためにオプションの有料購読が必要となるという点は間違いなく論議を呼ぶだろう。コンシューマ向けのソフトウェアとしては異例のやり方であるし、結局全体的な費用が従来の定価よりも高くつくからだ。けれども、継続的にサービスを提供するために実際コストがかかるのは事実だし、また同期機能をオプションとすることにより Bare Bones はそのコストを実際にサービスを利用する人たちのみに課している。要は「同期も製品なのよ、あなたが悪いんじゃないわ」ってことだ。

コメントリンク14021 この記事について | Tweet リンク14021


Solarized と Cousine でテキストをもっと読み易く

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters, Steven Aquino: stevenaquino@icloud.com, @steven_aquino
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Josh Centers です。今の私は毎日、一日中テキストで仕事をしているので、読み易さというのは私にとって極めて重要なことだ。だからこそ、TidBITS での仕事を始めて間もなく、Solarized カラースキームと Nitti Light 書体との組み合わせに私は夢中になった。それは、二人のブロガー、Justin BlantonBen Brooks がいずれも薦めている組み合わせであった。

Solarized は、目の疲れを最小限にするために Ethan Schoonover がデザインしたカラースキームで、明るい色のものと暗い色のものの二つある。いずれも、CIELAB の色相と固定されたカラーホイールを使ってデザインされている。それは、コントラスト(明暗差)を最小化し対称性を最大化するためだ。

image

これらの色を使うと何が良いのか? 目を疲れさせる主要な要因の一つが、 コントラストの高さだ。白い背景の上に黒い文字という伝統的なやり方は、確かに読み易いけれど、目には厳しい。今日の極めて明るいディスプレイの上では特にその傾向が強い。Solarized は色と明るさの間の推移を滑らかにしつつ、マークアップのタグや色付けられた URL など個々の要素も見分け易いようにしている。

Schoonover のサイトから、多くの人気あるアプリのためにあらかじめ設定済みの Solarized テーマがダウンロードできる。パッケージに含まれているテーマには BBEdit、Vim、Emacs、TextMate、Terminal のためのものがあり、さらに Photoshop 用のパレットもあるのであなたが自分自身でデザインして作ることもできる。(個々のアプリごとにインストールの手順を説明した Read Me ファイルが付いているので必ず読んでおくこと。)また、Mac 用のライター環境 Ulysses III、iPad 用の Markdown テキストエディタ Writing Kit、iPad 用の RSS リーダー Mr. Reader など、Solarized テーマを内蔵したアプリもいくつかある。

一方、Nitti Light 書体は、Information Architects の開発した iOS および Mac 用の最小主義テキストエディタ iA Writer によって人気を得た。このアプリにはオプションが一つもないので、最初から Nitti Light 書体で書く他にない。それは独断的な選択には違いないが、じっくり考え抜いた上での選択ではある。そのことは、同社がこの問題について書き上げた 2,400 語の論文を読めば一目瞭然だろう。手短に言えば、Information Architects が Nitti Light を選んだ理由はそれが最大限の読み易さをもたらすことと、第一原稿を書こうとするユーザーの気持ちに相応しい雰囲気を持っていることだ。その意見に同意できないという人もいるだろうが、どのフォントが執筆に「最適」かという議論を数限りなく積み重ねてきた彼らには十分以上の弾薬がある。

しかしながら、iA Writer というのは機能の限定されたアプリだ。オプションはなく、機能も少ないし、Solarized を使える余地など皆無だ。しかしながら、 Nitti Light 書体を自分で Bold Monday から購入することはできる。ただし悪いニュースがある。その価格は 59 ユーロ、この記事の執筆時点での換算レートで $78 近くになる。フォントだけで BBEdit 自体よりも高価なのだ!

しかしながら、予算の限られた人にも希望はある。Google Fonts が、Steve Matteson のデザインした Cousine 書体を無料で提供しているのだ。Cousine は Nitti Light と似ているけれども、Cousine の方が線が太く、キビキビした感じが少なく、きめ細かい感じも少ない。(下の一つ目のスクリーンショットで、これら二つの書体の比較ができる。上の行が Nitti Light で、下の行が Cousine だ。)Cousine をインストールするには、Google Fonts を使ったことがない場合は、見本ページ左側の一番上にある "Open Cousine in Google Fonts" リンクをクリックして、二つ目のスクリーンショットで番号を付けて示した手順通りに進んでダウンロードする。Zip アーカイブを展開したら、そのフォントをダブルクリックして Font Book で開き、それから Install Font ボタンをクリックする。

image

image

いずれにしても、プロフェッショナルのライターは通常、原稿を打つには固定幅の書体(つまり等幅フォント)を好む。Times New Roman や Helvetica のような可変幅フォントと違って、等幅フォントでは個々の文字がスクリーン上ですべて同一の幅を持つので、個々の文字を区別するのが容易にできる。最も有名な等幅フォントは Courier で、これはタイプライターの文字とよく似ており、今日でも依然として原稿や脚本の世界で標準となっている。

私は、TidBITS で働くようになって以来ずっと、可能な限りいたる所でこの Solarized と Cousine の組み合わせを使うようにしてきた。その結果に私は満足している。この組み合わせは私の目に優しく、厳密にすべての数字を分析するのは不可能だけれども、私の感じでは以前よりタイプミスやスペル間違いが減ったような気がする。

でも、これはあくまでも私の意見に過ぎない。ただの個人的意見だ。このセットアップをより厳しいテストにかけるために、私は TidBITS の友人、読み易さがただの贅沢ではなく必須の条件である人物、アクセシビリティの熟達者 Steven Aquino に頼んでみようと思い付いた。Aquino のことをご存じない方のために言い添えると、彼は法的盲目者であるにもかかわらずライターを職業としている。このセットアップをテストするのに彼ほど適した人は他にいないので、私は彼に Solarized と Cousine という組み合わせを紹介した上で、しばらくの間これを使ってみて感想を聞かせて欲しいと頼んだ。では Steven、あとはよろしく!

ぼんやりした目で Solarized/Cousine を見る -- ありがとう、Josh。私が Steven Aquino です。数年前 Markdown を発見して以来(2013 年 6 月 18 日の記事“Markdown を使えば盲目の人でさえ文章が書ける”参照)私は Mac OS X と iOS の双方でいくつかのテキストエディタを試してみたけれども、その中にはiA Writer と、ポルトガルの開発会社 Metaclassy による Byword が含まれていた。私は明色モードと暗色モードのある Byword が気に入って、昼と夜とでその二つのモードを切り替えて使った。これらのテーマと組み合わせて、私は Courier Prime 書体を使った。これは、等幅フォントの Courier 書体をシナリオライター用にカスタマイズしたバージョンだ。

けれどもここ数ヵ月間、私は長文の執筆には Byword を使わなくなった。その代わりに、Mac では The Soulmen の Ulysses IIIを、iOS ではその相棒たる Daedalus Touch を、それぞれ使うようになった。これらのアプリが大好きな理由は、読み易さが素晴らしいからだ。

Ulysses では、私は Courier Prime 書体を Solarized Light テーマと組み合わせて使ってきた。残念なことに、Daedalus では Courier Prime が使えず、利用可能な唯一の等幅フォントである Meslo LG を、やはりセピア色の背景の上で使った。いずれの場合も、快適に使えて非常に読み易いと私は思った。

Josh の薦めに従い、私は Ulysses のデフォルトフォントを Cousine に変えてみた。カラースキームは Solarized Light をそのまま使った。

image

最近二週間ほど、このセットアップで使ってみた経験から、この Cousine と Solarized Light という組み合わせは執筆に最適だと私は自信を持って言える。さらに重要なことに、視覚的障害者として、私はこの組み合わせが目に優しいと実感した。Cousine のクリーンなデザインと、背景のコントラストとのお陰で、いつもより目の疲れ方がずっと少なかった。もちろん、目の疲れと痛みが完全になくなることなどあり得ないけれども、目の疲れが少なければ私はより多く書くことができる。私がどれだけ長い時間キーボードの前で時間を過ごせるかには、目の疲れが最大の限定要因となるからだ。同じように、私にとって執筆が快適になればなるほど、それだけ私は書いている内容に集中できるようになる。ただスクリーンを見つめるだけで時間を過ごすことにはならない。

iOS では、Daedalus Touch は本物の Solarized テーマを組み込んではいないし、Cousine はシステムフォントとして利用可能でない。けれども、私がその代替として組み合わせた Meslo LG フォントとセピア色の背景とは、ほぼ同等の効果を生んでいる。Meslo は Cousine ほど素敵ではないけれども、使っていて快適なのは同じくらいの程度だ。

image

Ulysses を使うことで私は初めて Solarized テーマを使う機会を得たのだったが、それは私にとって驚くほど大きな違いを生んだ。最も素晴らしいのは、文字と背景との間のコントラストだ。まるで文字がページの面から浮き上がるように見え、私にさえも簡単に見分けられる。その上、ハイパーリンクに付く青っぽい色合いがとても良い。どこがプレインテキストでどこがリンクなのかが一目で見分けられるからだ。Markdown のフォーマッティング部分も微妙なグレイがかった色を付けて示され、テキストとフォーマッティングとがうまく見分けられると同時に、フォーマッティングの文字が過剰な色付けでけばけばしく感じられることもない。こうした細かい点は、普通の視力を持った人たちにももちろん嬉しいことだろうが、私のように視覚に障害がある者にとっては極めて大きなことだ。

Solarized と Cousine を使ってみてとても良い体験をしたので、Ulysses でも Daedalus でも、私は今回のセットアップを当分の間標準的執筆環境として使って行こうと思っている。このセットアップもこれらのアプリも、単に見栄えが美しく機能も豊富であるだけでなく、私のように視覚に障害を持つライターがトラブルを減らし創造的な力をスムーズに流れ出させることができるような風にデザインされている。この組み合わせに目を向けさせてくれた Josh に感謝しつつ、ここでキーボードを彼の手に戻したいと思う。

最後に一言 -- 私たちの友人 Steven が実証してくれたように、この書体とカラーの組み合わせは快適さと生産性の両面で重大な効果を生むことがある。皆さんもぜひ、Solarized と、それに加えて Nitti Light または Cousine を、ご自分のワークフローの中に取り入れてみて頂きたい。たとえその組み合わせがあなたの好みに完璧には合わなかったとしても(ものの見え方は一人一人違うのだから!)どうぞ少しだけ時間を割いて、カラーと書体をいろいろ試してみて、ご自分の好みに合った組み合わせを見つけて頂きたい。きっとあなたの目は、あなたの心遣いに感謝することだろう。

執筆に向いたビジュアルなセットアップでもっと良いものがあるという方は、どうぞコメントに書き込んで教えて頂きたい!

コメントリンク13966 この記事について | Tweet リンク13966


FunBITS: Thunderspace であなただけの嵐を体験する

  文: Chris Armstrong: chris@cgarmstrong.me, @cgarmstrong
  訳: M.Sugimoto <dfbia300@kcc.zaq.ne.jp>

私たちはしばしば iPhones や iPads を使って時間をつぶす。ただぶらぶらして時間を過ごすのは嫌だからだ。しかし Twitter や Facebook をチェックしたり、Angry Birds を 1 ラウンドか 2 ラウンドプレイしたり、テクノロジーニュースの見出しを読んだりすること、それらは現実世界に起こっている色々な事柄から気を紛らわせたりするかも知れないが、必ずしもくつろぐことにはならない。でも、それではあまり意味がない。ただ座って、家の外で雨がしっかりと雨音のリズムを刻む間、丘の向こうで雷鳴が轟くのを聞いていたりしたことはあるだろうか?人は何千年もこの音を聞いてきたので、それはうっとりと時を忘れ、人の深いところにある生物学的記憶に触れるものだ。

今 iOS アプリの Thunderspace ($0.99) なら、天候のいかんにかかわらず雷雨に没入できる。Thunderspace は巧みなオーディオと視覚効果を使って、あなたがどこにいようと、実際に体験したかのような、驚くべき自然のカオスの体験を提供してくれる。

Thunderspace の中心のコンセプトはユニークなものではないが、その実装方法は大変印象的だ。あなたは音を発生する他のアプリや、自然の奥深くを記録した繰り返し録音を提供するEchoes of Nature アルバムに慣れているかもしれない。Thunderspace は立体音響の 3D オーディオ iPhone の LED フラッシュを使って、このアイデアを次の次元まで高め、あなたの部屋を驚くほどリアルな稲妻で満たす。すべてが美しくデザインされたインターフェイスにくるまれ、その色合いは雷雨ごとに違った感覚と雰囲気をもたらすよう変化する。

image

ヘッドフォンをください! -- 立体音響の 3D オーディオは実際に聞いてみないと信じられない。3D 効果は私たち皆が音を聞くのと同じ方法で音を録音することでできている。ちょうど人の 2 つの耳のように置かれた対の特別なマイクを使用する。マイクは音と音の時間差とレベル差(音の信号は各耳に時間差と音量差で届くので)を捕足し、オーディオの音を衝撃的なくらい現実的なものにする。さらに私たちの脳は音の反復がすぐ分かるのだが、それを回避するためにThunderspace の雷雨は最大 26 分間にわたって継ぎ目なく繰り返す。

エミー賞を受賞した自然音記録家の Gordon Hempton は Thunderspace のオーディオを担当し、素晴しい仕事をした。音楽家、そしてアマチュアのオーディオファンとして私はそのアプリをテストする間大きな期待をもち、そしてアプリは期待を裏切らなかった。

image

立体音響録音のテクニックは Thunderspace の唯一の革新的な部分ではない。稲妻をまねた iPhone の LED フラッシュの巧妙な使用方法もまた驚くほど本物の稲妻を連想させる。最初私は半信半疑だった。誰かに写真を撮られているような感じがするのではないかという気がしていたからだ。でも、全く間違っていた。タイミング、強烈さ、そして LED を使用する頻度は薄暗い部屋の中で見る稲妻を連想させるまさにそのものだ。Thunderspace の驚きのオーディオと相まって私は本当の嵐の中にひたり始めていた。このアプリの開発者、Taptanium は雷雨一つひとつを完成するために 1 週間以上を費やし、それがどのくらい近くまできているか決めるために各雷鳴のババーンという音の低周波スペクトラムを分析し、稲妻と雷鳴の間のふさわしい音の遅れを再設計した。

Thunderspace は 2 つの雷雨の録音(次のリストの最初の 2 つ)を提供し、6つの嵐を app 内で各 $0.99 で追加購入可能だ。音風景のタイトルは Roof Garden、Waterscape、Desert、Wetlands、Rainforest、Moonlit、Angels、そして Wood Frogs だ。ロックされた音を聞くのは簡単なので、購入前に試せる。

image

私はこれまでデフォルトの雷雨パターンのみを調べてきたが、ヘッドフォンでくつろぐ次回は Moonlit を購入しようと思う。そう言えば、Taptanium は とくにApple の EarPods で聞くために Thunderspace を最適化したと言っている。これはおそらく多くの人にとってこのアプリの体験を広げることになるだろう。私は依然として最適なリスニングに、高音質ヘッドフォン(私は Audio-Technica ATH-M50S が好きだ。)を使うことを強く推薦するが。

これでお分かりだろう。仕事で疲れた 1 日の後で静かにくつろぐ時間を過ごしたいなら、Thunderspace の桁外れの音とエレガントなインターフェイスを楽しめることだろう。また、アプリの プロモーションビデオ (バンド幅があるなら、高画質で)を是非チェックし、Taptanium の素敵な成果にもう少し触れてみて頂きたい。

コメントリンク13997 この記事について | Tweet リンク13997


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2013 年 8 月 19 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

BusyCal 2.5 -- カレンダーに関するテクノロジーは大きく分けて二つある。一つは CalDAV で、 BusyCal 2.5は長年これをサポートしてきた。そしてもう一つが Microsoft Exchange で、今回リリースされたばかりの BusyCal 2.5 ではこちらに対するサポートがデビューを果たした。これはとても大きなことだ。なぜなら、これで BusyCal が企業の Exchange カレンダーとやり取りできるようになり、本格的なカレンダーアプリとしての市民権を得たことになるからだ。Apple の Calendar アプリを多くの点で上回り、Outlook 自体に代わる有力な代替品となり得るわけだ。特に注目すべき点として、BusyCal 2.5 においては以前より細かなカレンダー共有アクセス権、公開カレンダー、push 同期、Outlook カテゴリー、共有タスク、繰り返しタスク、共有カレンダー通知、リッチテキスト、グラフィックスなどが提供されるようになった。その他の新機能としては、Exchange または CalDAV を使ってミーティングの予定を組むための Availability パネルや、完了後一定の時間が経てば自動的にカレンダーに戻る「再生成」To Do 項目などがある。Joe Kissell の無料の "Take Control of Calendar Syncing and Sharing with BusyCal" も改訂されて BusyCal の新しい Exchange サポートについての解説を加えているので、お持ちの本の表紙の Check for Updates ボタンをクリックして新しい電子ブックをダウンロードして頂きたい。BusyCal 2.5 は BusyMac サイトから 30 日間無料の試用版として入手できるが、購入は Mac App Store 経由でしかできない。(新規購入 $29.99、無料アップデート、9.7 MB、Mac App Store)

BusyCal 2.5 へのコメントリンク:

iTunes 11.0.5 -- Apple が iTunes 11.0.5 をリリースした。たった一つのバグ修正のみが公表された、小さなアップデートだ。修正されたのは、iTunes in the Cloud が「予期しない」(つまり誤った) ものをダウンロードしてしまうというバグだ。おやおや。Apple の iTunes ウェブページからの直接ダウンロード (187 MB) でも、また OS X 10.8 Mountain Lion より前のシステムではソフトウェア・アップデート経由で、Mountain Lion では Mac App Store 経由でも入手できる。

iTunes 11.0.5 へのコメントリンク:

Voila 3.5 -- Global Delight が Voila 3.5 をリリースし、このスクリーンキャプチャ用ユーティリティの共有先リストに Dropbox、Evernote、Tumblr を加えた。(Mac OS X 10.7 Lion かそれ以降が必要。) Voila 3.5 では画像およびビデオのキャプチャの際に前回使った図形と位置を記憶するオプションが加わり、またウィンドウを陰影なしでキャプチャするオプションも付いた。今回のアップデートではまた Smart Collection および Collection のフォルダを移動させることができるようになり、情報枠にファイルサイズのデータも表示されるようになり、録画の最中にアプリを終了させようとすると警告が出るようになった。修正されたバグとしては、USB カメラを使っている際のオーディオ録音の問題、アプリを開く際のビデオの読み込みの問題、FTP/SFTP の URL をコピーして Apple Mail や Microsoft Outlook にペーストする際の問題などがある。

Global Delight では Voila の新学期セール中で、2013 年 9 月 15 日まで定価の半額の $14.99 で販売している。同社の音量ブースターアプリ Boom も同様に半額の $3.99 でセール中で、TidBITS 会員は Voila と Boom のいずれも Global Delight を通じて購入すればさらに 25 パーセント割引となる。(新規購入は Global Delight からも Mac App Store からも $29.99、無料アップデート、27 MB、リリースノート)

Voila 3.5 へのコメントリンク:

AirPort Base Station Firmware Update 7.6.4 -- Apple が AirPort Base Station Firmware Update 7.6.4 をリリースして 3 件の具体的な問題点を修正した。すべての 802.11n AirPort ベースステーション (AirPort Extreme、AirPort Time Capsule、AirPort Express) が対象となる。iOS デバイスとの間で Wi-Fi 接続が断続的に失われることのあった問題を修正し、AirPort Time Capsule がバックアップディスクが使用中と報告することのあった問題に対処している。さらに、Firmware Update 7.6.3 で導入されてしまっていた IPv6 トンネルエラーの問題も今回のアップデートで修正された。Mac または iOS デバイス(無料の AirPort Utility アプリがインストールされたもの)から、AirPort Utility を使って AirPort ベースステーションをアップデートできる。右側に赤丸の付いたベースステーションをクリックまたはタップしてから、Mac では Update ボタンをクリックし、iOS デバイスでは Version > Download and Install をタップする。(無料、728 KB)

AirPort Base Station Firmware Update 7.6.4 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2013 年 8 月 19 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

私たちスタッフの一員 Jeff Carlson が Mac Power Users ポッドキャストに出演して iPad 写真について語る。App Store にマルウェアが登場したが、これは Apple の審査プロセスに欠陥を発見した Georgia Tech の研究者たちの手によるものだ。億万長者の Carl Icahn は Apple に大きな欠陥があるとは見なしていないようで、同社の株に大きく賭けた。Josef Albers の古典的著書 "Interaction of Color" がインタラクティブな iPad アプリとして生まれ変わった。Twitter はその二要素認証を生まれ変わらせ、Dropbox は最近買収した Mailbox アプリをインストールした人に 1 GB のストレージ容量を提供中だ。最後に、私たちは初期の Apple 従業員たちから映画 "Jobs" に関して内輪の情報を聞き、電波から電源を得るデバイスがあることを学び、Gmail を巡って言われているプライバシーの議論がたわ言である理由を知る。

Jeff Carlson、Mac Power Users ポッドキャストで iPad 写真を語る -- TidBITS 編集主任であり写真の専門家でもある Jeff Carlson が Mac Power Users ポッドキャストに David Sparks と Katie Floyd とともに出演し、彼の新刊書 "The iPad for Photographers" について語った。三人は写真家にとって最良の iPad 必携アプリは何かを議論し、iPad で写真を編集したり管理したりする方法や、(何と!) iPad を使って写真を撮影する方法まで語り合う。

コメントリンク: 14032

Georgia Tech の研究者、App Store にマルウェアを忍ばせる -- Georgia Tech の研究者たちが iOS に憂慮すべきセキュリティホールを発見し、Apple の App Store 審査プロセスを通り抜けてマルウェアを忍び込ませることにまで成功した。Robert Louis Stevenson の小説[訳者注: ジキルとハイド]にちなんで Jekyll と名付けられたこのマルウェアは、Georgia Tech (ジョージア工科大学) のニュースアプリに見せ掛けたものだが、いったんインストールされれば、tweet を投稿したり、メッセージを送信したり、写真を撮影したり、個人情報を取り込んだり、さらには Safari にさらなるマルウェアをインストールさせたりすることも可能だ。研究者たちはこのアプリを遠隔操作することもでき、コマンドや機能を追加することもできた。アプリから連絡を受けることさえできたので、Apple がこのアプリの審査にたった数秒間しかかけなかったことも明かされてしまった。研究者たちは自らのデバイスで手早くテストしてから、このアプリを App Store から削除した。

コメントリンク: 14031

Icahn、Apple に大きく賭ける -- 億万長者の投資家 Carl Icahn が Apple 株を「大量に」購入したという tweet を 59,000 人もいる彼のフォロワーたちに向けて 2013 年 8 月 13 日に公表して以後、Apple の株価は急上昇した。(570,000 人のフォロワーを持つ Warren Buffet が同じことをしたらどうなるか想像もできないが、彼はまだたった 3 回しか tweet していない!)公表が出て以後、同社の株価は 12 パーセント以上上昇した。過去一年間に Apple の株価は以前の半分近くにまで下落していた。Apple の株主たちは今回の急上昇で一息ついたところだが、「物言う株主」として知られる Icahn が今後同社にどのような影響を与えるのかはまだ分からない。

コメントリンク: 14028

"Interaction of Color" がインタラクティブな iPad アプリに -- Josef Albers の名著 "Interaction of Color" が、初版の刊行から 50 周年となるのを記念して iPad アプリとして現代的に生まれ変わった。この魅惑的かつ教育的な著作は、Yale University Press の所長から「色彩哲学の分野における画期的作品」と呼ばれているが、今回 iPad 上で生き返り、従来は不可能であったインタラクティブな機能により新たな次元を加えた。ぜひとも宣伝用ビデオを観て、元の本と今回の新しいアプリの双方に適用された考え方を味わってみて頂きたい。

コメントリンク: 14027

Twitter の新しい革新的二要素認証を検証 --Wired 記事の中で、既存のどのやり方よりセキュアであると同時にユーザーたちに理解し易い、そのような新しい二要素認証システムを開発するために Twitter 社のセキュリティエンジニアたちが直面した難問について、Mat Honan が詳しく解説する。この記事は読んでおもしろいと同時に、私たちが毎日使っているインターネットベースのサービスがセキュリティを保つためにどれほど多くの思考を注ぎ込んでいるかの一端を鮮やかに垣間見せてくれる。

コメントリンク: 14024

Mailbox をインストールして Dropbox の容量を 1 GB 増やす -- Dropbox が、無料で Dropbox アカウントの容量を増やす手段をまたもう一つ加えた。同社が最近買収した iOS 用の Mailbox アプリを宣伝するための試みとして、Dropbox は Mailbox をインストールしてそれを Dropbox にリンクさせたすべての人に対して 1 GB の容量を無料で提供している。現在のところ Mailbox は Gmail のみの対応だが、将来は他のプラットフォームにも対応すると約束している。

コメントリンク: 14023

初期の Apple 従業員たちが "Jobs" を語る -- Slashdot 記事で、Vijith Assar が初期の Apple 従業員であった Daniel Kottke と Bill Fernandez にインタビューし、話題の新しい映画 "Jobs" について話を聞き出す。内容は非常に魅惑的で、彼ら二人は Apple の初期の時代は本当はどんな風だったかという思い出を延べ、この映画が描き出す Steve Jobs や Steve Wozniak、およびこの会社の歴史に登場したさまざまの出来事が、薄気味悪いほど正確なものから完全なる作り話まで、ありとあらゆる範囲に及ぶと語る。

コメントリンク: 14015

テレビ電波から電源を得るデバイスを研究者たちが実演 -- MIT Technology Review の記事によれば、Washington 大学の研究者たちが開発した試作品のデバイスが、バッテリを必要とせず、周囲にある電波のみを使ってコミュニケーションするという。このデバイスは電波をどれだけ反射しどれだけ吸収するかによりそれを達成するとともに、その同じ電波から電源を吸い取る。バンド幅は低く、たった毎秒 1 キロビット程度に過ぎないし、また到達範囲も現時点では 1 メートル以下だが、将来はこれを 6 メートルまで拡張するのも簡単だという。バッテリを必要としないこのようなデバイスは、従来より大幅に小型で安価なものとすることが可能で、幅広い状況で応用が可能となるだろう。例えば非接触方式の支払いから、倉庫内での物品管理、さらにはなくした眼鏡や鍵を見つけられるアプリとして大人気を得るかもしれない。

コメントリンク: 14022

Gmail のプライバシー騒動は誇張に過ぎない -- The Verge の記事で Nilay Patel が、Gmail ユーザーがプライバシーを期待してよいかどうかという最近の論争を見事に切って捨てる。政府によるスパイプログラムの存在が暴露されたことに加速され、多くのメディアサイトが血の匂いを嗅ぎ付けて集まっているが、彼らは大体において Gmail が通信傍受法違反の疑いをかけられた集団訴訟で Google が却下の動議を出した際の主張の一つに誤った解釈をしている。Patel は「ここにはそんな問題は何もない」と述べてから、続けてそのことを論証する。

コメントリンク: 13942


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2013 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2013年 8月 22日 木曜日, S. HOSOKAWA