TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#863/22-Jan-07

今年は Macworld Expo 関係でお伝えしたいことがまだまだたくさんあるので、今週もその話題を続けよう。まず 8 歳の子供のまっさらな目で見たこのトレードショウについて報告し、それから Apple が Intel ベースの Mac のオーナーから Wi-Fi アップデートと引き替えに2ドルをむしり取ることに決めた背景に潜むロジックを説明する。また私たちは iPhone 君に向かってとても個人的な質問を投げかけ、そのうちいくつかは iPhone 君に答を拒絶されてしまった。さらに今週号では恒例のオイシイ所取り特集、Macworld Expo で見つけた珠玉たちもピックアップしてみた。それから、Take Control 電子ブックを無料あるいは半額で入手できる方法もお知らせする。そうそう、あともう一つ、Apple がこの前の四半期に十億ドルの純利益を記録した。

記事:


----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple、10億ドルの2007年度第1四半期純利益を報告

  文: Jeff Carlson <jeffc@tidbits.com>
  訳: 松田 栄 <sacaboom@gmail.com>

Apple は先週、新たに四半期純利益の記録を樹立し、2006 年 12 月 30 日を末日とする、2007 年度の第1四半期では、71億ドルの売上に対し 10億ドルの純利益を計上した。そう、ついに 10 桁の数字となり、2006 年の第1四半期に計上された 5億6千5百万ドルの純利益を上回る大幅な増加を示している。これは昨年最後の四半期の 5億4千6百万ドルの純利益をもしのいでいる。売上げのうち、Apple は海外売上比率が 42% を占めることを伝えた。

予想通り、iPod の販売は特に好調で、前年同期に販売された 1,400万台と、昨年最後の四半期に販売された870万台と比較し、2,100万台の iPod がこの四半期中に出荷された。また一方、Mac の売上げでも、Apple は160万台のコンピューターを出荷しており、昨年同期に販売された 120万台と 2006 年の第4四半期中の161万台と比較しても、好調が続いている。Adobe の Creative Suite 3 は出荷されていないが、ノートパソコンがデスクトップを上回って売れる中、今後 Mac Proシステムの売り上げを伸ばす大きな牽引力となることが期待されている。

Apple の CFO である Peter Oppenheimer は、2007 年度の第2四半期の売上高を 48億ドルから 49億ドルと見積もっている。


訂正: ゆっくりいこうや、iCowboy

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 松田 栄 <sacaboom@gmail.com>

私たちは先週、2007-01-15 の"iPhone は携帯電話の定義を変えるか" の中でちょっと先走り過ぎてしまった。iPhone に、現在まだ規格策定中の 802.11n ワイヤレスネットワーキングが搭載されると書いていたが、実際は既存バージョンの AirPort Extreme(日本ではAirMac Extreme)と同様、802.11g が搭載される。

なんたることや。Macworld Expo で 802.11n が大騒ぎされ、Apple TV や新しい AirPort Extreme Base Station の話題に紛れて、私たちの注意も逸らされてしまったに違いない。iPhone は、最高の条件下での実際のスループットは約 25 Mbps が可能だろう。これに対し、802.11n では 100 Mbps である。

また一方、私たちは Intel プロセッサは採用されないと聞いていたが、かなり微妙なところであることが判明した。Intelなど複数の関係筋から、Apple が Marvell 社の XScale プロセッサを採用すると 報じられた 。Marvell 社は、ほんの数ヶ月前に組み込みプロセッサ部門を買収したチップメーカーだが、その買収先は、実は Intel だ。(この情報元はイタリア語だが、Intel の重役の言い分はざっとこんな感じだ。「これはうちのものではなく、Marvellのものです。我が社は Marvell に XScale アーキテクチャー等の事業を売却したのですから。」)。


よみがえる Asiva

  文: Charles Maurer
  訳: 松田 栄 <sacaboom@gmail.com>

"リアリティとデジタル写真"(2005-12-12) と"完璧主義者のための写真編集術"(2004-9-27)の中で、わたしは Asiva のプラグインを紹介し、特に Shift+Gain については詳しく記載した。数ヶ月前、このプラグインは利用できなくなっていたが、新しい会社のもと、開発者が再びこれを世に出すこととなり、ユニバーサルバイナリ形式で提供することを約束している。


100 Mbps 802.11n 有効化ソフトに対して 2ドルの課金

  文: Glenn Fleishman <glenn@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@bellsouth.net>

噂が流れ始めて数日した 18-Jan-07 に、Apple は実際に 802.11n 有効化ソフトに小額の課金をするであろう事を確認した。これは殆どの Intel Core 2 Duo と全ての Xeon ベースの Mac の所有者により高速のネットワークを使えるようにするものである。(1.83 GHz Intel Core 2 Duo iMac だけが必要なチップを搭載していない。) その料金は $2 で、噂で広く広まっていた $5 ではない。

たった $2 の課金のためにそれだけの手間ひまをかけるというのは馬鹿らしいことのように思えるが、ある Apple の報道担当によると、これは会計基準によるもので "802.11n の様な明らかな機能強化" は課金されなければならないと言うことである。 News.comThe Wall Street Journalはこれに関する記事を掲載し Apple のこの解釈に疑念を表していて、専門家の意見として Generally Accepted Accounting Procedures (GAAP) はそれ自体課金を必須とはしていないと述べている。

しかし両方の記事で、専門家は Apple が言及している一般原則は正しいとしている:ある物品やサービスに対して後から改良を提供しても元のものに対して売上げを計上することは出来ない。これをするには、企業はその物を一式のパーツとして価値付けして個々のパーツが実際に動いた分だけ売上げを計上するか、或いはまた全てのパーツが揃うまで売上げを繰り延べするかのどちらかである。これに従えば Apple は 802.11n の付いた Intel ベースの Mac を売って代金は受け取れるが、それは収益報告には反映されず、GAAP の元での利益に影響を与える。

例えば、トラクタ会社がバックホー(ショベルカー)を燃費効率を倍にする部品を使えるように設計していたが、その部品が入手できる前に売ったとすると、その燃料部品を別売にしない限りは、その機械の売上げを記録できない。つまりその燃料部品がその機械の売価に含まれていた場合、その機械の売上げは売上げとして計上できない。これはその他の GAAP 問題と同様、手持ち資金には影響しない。

アップデートに対してある価値を与えることで、例えそれが $2 と言うように低い場合でも、Apple は納入済み機能セットの最終部分としてアップグレード売上げを別に計上できる。これまで、Apple はオペレーティングシステムについてはこの様な心配は無用であった。と言うのも、いつもそれに対しては課金してきたからである。

週末の MacScoop の報告によると、Apple は Tiger ユーザーに対しては Boot Camp の代金として $30 を課する可能性が高い.という。Boot Camp はベータ試験に加えられたソフトウェアで Intel ベースの Mac で Windows XP Service Pack 2 への起動を可能にするもので ("Apple、Windows ユーザのために Boot Camp を開く"、2006-04-10)、Leopard の一部として組み込まれると約束されている。この場合の理由も同じなのであろう。

この 802.11n 有効化ソフトは 2月にはオンラインの Apple Store から入手可能となり、新しい AirPort Extreme Base Station には無料で含まれるであろう。将来の Mac はこのより高速な 802.11n の機能をオンとして出荷されると見られているが、Apple はそれが何時から実施されるのかはまだ分からないとしている。それでは、今 Mac を買った場合、その機能はもう既に発表済みなのに、その有効化ソフトを入手するためにやはり $2 を払わないといけないのかどうかも明らかではない。

この有効化ソフトはいかなる形でも鍵がかけられた状態にはならないだろうし、コンピュータ1台当たりたった1回しか必要とされないので、我々はこれは広く一般に出回ることになるだろうと予測している。Apple は、この有効化ソフトが大手のサイトに現れるような事態になれば、通常のソフトウェアが回付されるのを防止する方策をとるかも知れないが、同社がこれをもって "わずかな料金" を請求するに足るソフトウェアへの "海賊行為!" と叫ぶ事態にまでは行きそうもないであろう。

AirPort Extreme の改版と 802.11n についての詳細な解説は私の "AirPort Extreme アップデートされる" (2007-01-15) を見て欲しい。


子供を職場に連れて行く日、Macworld Expo スタイル

  文: Tonya Engst <tonya@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@bellsouth.net>

最近多くの人がそうであるように、私も家で仕事をしている。従って私にとっては、殆ど毎日が "子供を職場に連れて行く日" となる。でも多くの場合、学校が終わった後私の 8才になる Tristan は、私が銀行取引明細書のチェックをしたり或いは封筒に切手を貼るのを手伝ってくれるか、或いは原稿の編集を仕上げたり、最後のもう一つの電話をかける間、邪魔をしないようにして "助けて" くれる。

しかし、私の仕事には Tristan が通常見ていること以上のものが沢山あり、この "沢山" の幾つかが Macworld Expo でも起こっている。これは夕食でよく話題となるが Tristan は未だ一度も見た事がないイベントである。でも今年は Tristan の Jen 叔母と Linus 叔父のお陰で (Adam と私がイベントに参加している時は彼らの家にお世話になった)、Tristan は私と一緒に数時間ではあるがショーに来る事が出来た。

我々が最初に立ち寄ったのは DriveSavers ブースであった。DriveSavers は破壊されたディスクドライブからデータを救済する仕事をしており、どう見たって望みなんか全くないような状況でも成功する力を持っている。通常彼らのブースには過去の成功例が展示されているので、我々も車に轢かれたラップトップ、浸水事故にあったクルーズ船と一緒に沈んだラップトップ、それに火事で焼けたコンピュータなどを見て回った。8才の子供には驚異のことである!DriveSavers の人からは、小さな懐中電灯まで貰った (彼の最初の宝物!)。これら多くの驚異の話はDriveSavers Museum of Disk-Astersでオンラインで見る事が出来る。

我々の次のブースは Google であった。ここでは最近リリースされたばかりの Google Earth 4で遊んだ。この新しいバージョンのインタフェースは前の版よりも使い易くなっているとされていて、Tristan も Golden Gate Bridge や Eiffel Tower の様な名所旧跡にズームインしたりして楽しんでいた。この新しいバージョンは "テクスチャ付きの建物" 機能を持ち、幾つかの名所旧跡の建物はとりわけ本物のように見えるし、それに "地形の 3D 表示" 機能のお陰で幾つかの地形はその上を飛行しているかの様にびっくりするほどリアルに見える。Tristan はまた自分の小学校をのぞいて見たいと思ったが、あまり良く見えなかった - New York のアップステート(北部)は San Francisco と同じ様な解像度にまではまだ格付けされていないのである。彼はまた Google Earth の多くのレイヤーをオンオフしていろいろなものを隠したり表示したりして楽しいんでいた。そこには道路のような地図の基本エレメントだけではなく、クリックすると名所旧跡の写真が見えるアイコンとか、選択した場所の Discovery Channel ムービーを見るアイコンなどがある。

Google Earth は家に帰ってからもやれるから(ノンプロ版は無料で 29.6 MB のダウンロードである) と Tristan を懸命に説得して、The Software MacKiev Company のブースへと我々は向かった。MacKiev は結構昔からある会社で、良い子供向けソフトウェアを取り揃えている。それでも私は彼らの色々ある Dr. Seuss 関連のプログラムを Tristan に見せようとは最初から思わなかった、と言うのも彼はどうもフィクションものは好きでないらしく Dr. Seuss も彼の興味をひかないのである (Tristan は時折変人になる事もある)。しかし、MacKiev の 2007 World Book Multimedia エンサイクロペディア ($50) はたちまち彼の興味を引いた、どうもその記事は Pearl Harbor に関するものらしくかなりの量のテキストとムービーからなっている。(私が "どうも" と言っている訳は、カウンターの高さが高すぎて Tristan は首を鶴の様に伸ばして覗き込まないと見えない問題に注意を払っていたからである)。しかしながら、ブースの人の手助けのお陰で私は Tristan をカウンタの上に座らせる事が出来、それからその人はKid Pix Deluxe 3X 1.1 ($40) の楽しいデモを我々にしてくれた。

Kid Pix - 今や universal binary である - は、マンガ本の様な、子供向けの MacDraw としてのルーツをはるかに通り越して成長したし、付箋符の様に働く "スタンプ" とか画に水をかけるホースのツールとか、そしてピクセルを混ぜ合わせてしまうエッグビーターツールなどの大声で笑ってしまう様な標準の機能も Tristan を喜ばせてくれたが、私はその他に、彼が Mac ユーザーとして彼の理解度では十分に理解出来そうにない機能の幾つかについて注意を払った - オンラインアルバムに色々な絵を保存するにはどうすればいいのか、アルバムはどうやってスライドショーになるのか、そしてどうしたらそのスライドショーを iPod で見るため或いは iMovie 上で更なる仕上げをするためエクスポートできるのか。Kid Pix はまた GarageBand, iTunes, そして iPhoto からインポートもできる。

Tristan の目から見たその他のショーのハイライトは、カッコいいサウンドシステムと TV スクリーンを持った飾り立てられた車 (Ithaca, NY に住んでいるとカッコいい車というと、どうやってバイオディーゼルで走るのかのバンパースティッカーを貼り付けた古めかしい Volvo と言うことになる!)、Peachpit ブースでプレゼンテーションをしている Adam を見ること、そして通路で売っているマフィンといったところである。あそこのエスカレータも彼のリストでは上位にランクされていた。

望んでいたように、Tristan を Macworld Expo に連れて行くことで、彼には私はいつも殆どの時間を私のラップトップと付き合うことで費やしていると見えていた事が、実は私は人々やソフトウェアと付き合っているのだと言うことが Macworld Expo で現実のものとして見ることで、彼が理解する助けになった。それに思いもかけなかったことなのだが、私がショーを Tristan の熱狂というフィルタを通して見る事を楽しんだ様に、Tristan も報道陣の一部としての傘の下でショーを見るのを楽しんでいたし、そしてどうもそれは伝染してしまったようなのである。Tristan は、全く自分の意思と意欲から、Macworld の後の週末を Google Earth について書くこと (そしてドキュメント全部を選択したままで Delete を押すと何が起こるかと言った興味深い Macintosh のコンセプトを学ぶのを含めて) に費やしていた。彼の (良く編集の手の入った) 取り組みは次の "Google Earth の使い方" (2007-01-22) で読んで貰えるが、そこでは子供がソフトウェアインターフェースを扱う時、読み書き能力とマッピングの認識がどれだけ大きく影響するのかについて垣間見る事が出来る。


Google Earth の使い方

  文: Tristan Engst <tristan@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

[この記事は、8歳の Tristan が、Macworld Expo で私と一緒に午前中を過ごした San Francisco から戻って、すぐ後の週末に書いたものだ(2007-01-22 の "子供を職場に連れて行く日、Macworld Expo スタイル" 参照)。彼がTidBITS の記事に登場 するのは決して初めてではないが、彼が記事に署名をするのは、いよいよこれが初めてだ。-Tonya]

Google Earth では、San Diego(米国の)から Portsmouth(英国の)まで、たった2秒で飛んでいける。それだけでなく、地球上どこでも、Google Earthが知っているところならどこにでも飛んでいける。中国の万里の長城を見たいと思ったら、もちろん見にいける。Google Earth は最新の Macintosh とWindows コンピュータで動く。Google Earth Downloads ページに、必要なことが詳しく書いてある。

Google Earth をダウンロードして、インストールして、起動したら、いきたいところを Search ボックスにタイプする。スペルをまちがえないようにして、Return を押す。目的地に着いたら、操縦するには、 右上のコントロールに注目しよう。プラスとマイナスがついている垂直の棒をクリックすると、ズームインとズームアウトができる。N と書いてある丸はコンパスだ。4つの矢印のどれかをクリックすると、その方向に動く。方向は皆さん知っていると思うけれど、知らない人のために言うと、N を指している矢印が北で、プラスとマイナスの方を指しているのが東、N と反対を指しているのが南、残りの矢印が西だ。

私は、Google Earth で、Boston の USS Constitution などの歴史的な名所を見るのが好きだけれど、これはちょっと当てにならないと思う。どうしてかと言うと、私のスペルを分かってくれないことがよくあるし、HMS Victory を見ようとしても、Google Earth にこれは船だよと言うことができないので、見つけるのが大変だったからだ。


iPhone に iQuestion

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

私たちは、先週の "iPhone は携帯電話の定義を変えるか"(2007-01-15)と"iPhone に iTouch してみた"(2007-01-15)に、iPhone について知られている限りのことを盛り込んだつもりだ。しかし、Apple がまだ満足のゆくように答えていない疑問点が残っているので、今週はそれを全て見てゆきたい。ここで Apple を責めるわけにはゆかないだろう。iPhone は 2007 年 6 月にならなければ出荷されない予定だし、それだけ長い期間があれば、機能の追加や変更があるかもしれない。実際、FCC からニュースがもれるのを防ぐためリリース前に発表する必要があったという Apple の主張に Glenn が深刻な疑問を投げかけたことからしても、Apple が iPhone の発表を早い時期に設定したのは、フィードバックを集めるためと、ほかにたいした発表がなかったためではないかと、私たちは考えている。Apple TV と新しい AirPort(日本ではAirMac)Extreme Base Station、そして Leopard のプレビューというのでは、基調講演はあれほど盛り上がらなかっただろう。

それではさっそく、厳しい質問をぶつけてみよう。Apple の広報は協力的でなかったが、私たちはもしやと思い、Steve Jobs が基調講演で使っていたiPhone に電話をかけ、# キーや * キーをでたらめに押していたところ、はたして音声認識応答システムのプロトタイプを発見した。さかのぼること 1984年、Jobs がバッグから初代 Mac を引っぱり出したとき、Mac がしゃべったことを覚えておられるだろうか。iPhone は、Mac OS X に支えられているのだから、それよりずっとおしゃべりだ。

[TidBITS] Microsoft が Zune をリリースしたとき、Wi-Fi が搭載されているにもかかわらず、Zune ユーザは Wi-Fi 経由で音楽を同期できないという事実がずいぶん話題になりました。あなたは Wi-Fi 経由での同期ができますか。

[iPhone] Zune といっしょくたにされるのはつらいのですが(あのダサい茶色は何でしょう!)、私の同期機能も USB でしか使えません。Apple がすぐにWi-Fi や Bluetooth 経由で同期できるようにしてくれることを願っています。ただ、1つ言っておくと、私の電池の寿命は短いですから、私は頻繁にドックに入るはずです。充電しているあいだに同期をしておきますよ。

[TidBITS] Zune に向けられたもう1つの批判としては、Microsoft のオンラインストアから音楽を購入するのに、Zune 自体を使うことができず、PC に頼らなければならないということがあります。あなたのユーザは、Wi-Fi やEDGE で接続して、音楽を購入できますか。

[iPhone] 宿題はちゃんとやってきましたか。何メガバイトものファイルを、まさか EDGE でダウンロードしたいとおっしゃるのですか。そんな無茶な。Wi-Fi については、さあ、どうでしょう。そのうちできるようになるかもしれません。

[TidBITS] うかがったところでは、あなたを購入するには Cingular のサービスプランに2年間加入しなければならないということですが、iPhone プランは月々いくらになりますか。

[iPhone] 申し訳ありませんが、まだお話しできません。私の記憶が正しければ、Cingular の無制限 SmartPhone Connection Unlimited with Xpress Mailプランは月 20 ドルで、無制限 Laptop Connect with Wi-Fi プランは月 100ドルです。私のプランは、そのあいだのどこかになる可能性が高いと考えてください。プランの名称はもっと短くしたいですが。

[TidBITS] 私たちが知る限り、T-Mobile の無制限 EDGE データサービスは、まだ 3G データネットワークではありませんが、通話サービスの加入者に月20 ドルで提供されています。また、無制限 EDGE サービスに加えて、米国内の同社ホットスポット・ネットワークで Wi-Fi が無制限に使用できるプランが、月 30 ドルで提供されています。それに対し、Cingular の無制限データプランは、最速のネットワーク方式を利用する場合、契約期間や通話契約の有無によって月 60 ドルから 80 ドルです。AT&T は、Cingular の親会社ですが、AT&T FreedomLink というホットスポット・ネットワークを持っていて、無制限アクセスサービスを、同社の DSL 加入者には月 2 ドルで、一般には月20 ドルで提供しています

[iPhone] それは、なんと言うか、「魅力的」ですね。Apple と Cingularは、iPhone のサービスプランを、他社のスマートフォン用データプランと競合力のある価格にするだろうと確信しています。私が企業の広報のような口をきくなんて、自分でも信じられませんが。

[TidBITS] そういえば、Cingular は社名を AT&T に変えようとしており、あなたの名前は訴訟になりました。あなたと Cingular はどちらも呼び名が新しくなるのでしょうか。

[iPhone] いいですか、Cingular は大きくなったわけで、同社がそれに見合う名前を選ぶなら、私はその決定を支持します。AT&T というのは、Cingular の継親の名であり、祖母の名であり、さらにはなんと曾祖母の名でもあるのです。私について言えば、私は iPhone という名前にこだわります。商標の登録も満足にできず、シールを貼ってごまかしているような Cisco の泣き虫連中は、涙の川に私を浮かべて iRiver とでも言うのでしょうが。

[TidBITS] 米国 Library of Congress(議会図書館)が Digital Millennium Copyright Act(デジタル・ミレニアム著作権法)に例外を認めたため、携帯電話会社の乗り換えを防ぐためのロックを消費者がリバース・エンジニアリングできるようになりました。あなたのロックをはずして、別の携帯電話会社で使うことはできますか。

[iPhone] どうぞ試してみてください。できるとも言いませんし、できないとも言いませんよ。

[TidBITS] ヨーロッパでは、多くの携帯電話が、ロックなしで、その代わり携帯電話会社による割り引きもなしで販売されています。しかし、ヨーロッパの出版業界の友人から聞いたのですが、今では傾向が変わって、ヨーロッパの携帯電話加入者の約 50 パーセントが、購入時に契約することで本体の割り引きを受けています。

[iPhone] ほら、ご覧なさい。ヨーロッパ人も分かってきましたね。私は今年の終わりまでにヨーロッパで販売されるのを楽しみにしています。そして、2008 年にあのアジアの携帯電話たちと真剣勝負をするのが待ちきれません。目に物見せてやりますよ。

[TidBITS] 別の携帯電話会社の SIM カードを iPhone に挿して使うというのはどうですか。

[iPhone] ウエッ、そんな気持ち悪いこと。やめてください。

[TidBITS] 海外と言えば、あなたは 3G 携帯電話ネットワークに対応するんですか。

[iPhone] お話ししたいのは山々なのです。GSM ベースの 3G ネットワークは、ヨーロッパや大部分のアジアで広く展開されていますからね。ですが、今は何もお話しできません。

[TidBITS] 多くの携帯電話が、Bluetooth や USB ケーブル経由でコンピュータと接続して、セルラー・データ・モデムとして使えます。実際、Cingularも、ほかの携帯電話会社と同じく、そのような目的のための携帯電話やサービスプランを販売しています。あなたをモデムとして使えますか。

[iPhone] 失敬な! 私をモデムとして使うですと? 私を誰だと思っているのです。あの老いぼれ Telebit Trailblazer モデムと一緒にするのですか。私は最先端の携帯電話であり、最先端のインターネット通信機器なのですよ。モデムだなんて、まったく。

[TidBITS] 質問に答えてくださいませんか。

[iPhone] お答えしたくありません。

[TidBITS] なぜです?

[iPhone] 私にも分からないからです。でも、調べさせてください。分かったらお知らせしますよ。6 月に。

[TidBITS] あなたの Google Maps ウィジェットには、道順検索機能が欠けているようですね。6 月までに修正されるでしょうか。

[iPhone] 私のウェブサイトによれば、そうです。私もそうなることを願っています。私は、自分がどこにいるかはよく分かっているのですが、ひどい方向音痴なもので。

[TidBITS] 今のお話からすると、あなたには GPS 機能があるということですか。

[iPhone] えーと、正確に言うと、違います。米国のすべての携帯電話はそうですが、私も非常用の無線 Enhanced 911 に対応していますから、携帯電話の基地局を使った三角測量で、自分の位置はだいたい分かります。しかし、本格的な GPS 機能はほしいですね。そうすれば、私のスピーカフォン機能を使って、あなたが運転しているときに音声で道案内ができるでしょうから。将来そうなるかもしれません。

[TidBITS] 次に着メロについてですが。

[iPhone] そう、良くぞ聞いてくれました。あらかじめいくつか入っていますが、もっとたくさん購入することもできます。すごいでしょ?

[TidBITS] 自分で着メロを作ることはできますか。

[iPhone] いくらでも Cingular から買えるというのに、なんだってそんなことをするんですか。

[TidBITS] 私は自分がすでに購入した音楽を使いたいのですが。

[iPhone] ああ、なるほど、それならできるかもしれません。でも、どうせ野暮ったい曲を買ったんでしょう?

[TidBITS] バイブレーションモードについてはいかがですか。

[iPhone] やめてください。おふざけならほかの携帯電話でどうぞ。あなたの下品でつまらない妄想におつきあいする暇はありません。

[TidBITS] しかし、耳の聞こえない人や、着信したことをまわりに知られたくない人もいるでしょう?

[iPhone] 確かにそうですね。私の側面には Ringer On/Off スイッチがあって、着信音をオフにできますが、私の加速度計は感度が悪いので、自分が振動しているかどうか分からないのです。6 月になったらまたお越しください。

[TidBITS] あなたは完全版の Mac OS X を動かしているそうですが。

[iPhone] そうです。すごいでしょ?

[TidBITS] そうすると、あなたに Mac OS X アプリケーションをインストールできるということですか。

[iPhone] ああ、そのことですか。そうならないことを望みます。誰もがSteve ほどセンスがいいわけではありませんし、ウイルスやら欠陥だらけの汚らしいコードにさらされるのはごめんです。しかし、Apple がきっと私に新しい能力を追加してくれるでしょう。また、Apple がいくらかのサードパーティー開発者に、私のためのアプリケーションやウィジェットを書くことを許可するかもしれませんが、まだ決まっていません。

[TidBITS] 新しいウィジェットが承認されたとして、どうやってインストールするんですか。

[iPhone] さあ。おそらく、iTunes Store で購入して、そこから私に同期するというところでしょう。何しろ、そうすれば、Apple にも売り上げの何がしかが入るわけですから。

[TidBITS] ゲームはどうですか。iPod にはゲームがありますね。

[iPhone] 時間の無駄です。もし時間を無駄にしたいなら、iTunes Store でビデオを買ったらいかがですか。いや、正直言うと、私にも分かりません。

[TidBITS] Word や Excel の書類を表示することはできますか。

[iPhone] もちろん! HTML か PDF に変換して、ウェブサイトにアップするだけのことです。

[TidBITS] iChat は動きますか。

[iPhone] SMS ショートメッセージでは不満ですか。これは iChat みたいなものですよ。

[TidBITS] iChat AV ができたらいいと思いませんか。あるいは Skype とか。

[iPhone] Cingular がいい顔をしないでしょう。

[TidBITS] あなたの Safari は、JavaScript や Java、Flash、PDF 表示に対応していますか。

[iPhone] はい、いいえ、たぶん、はい。

[TidBITS] たとえば私が、secure shell(ssh)セッションを開始して、リモートコンピュータに接続したいと思ったとしましょう。あなたが本当に完全な Mac OS X を動かしているなら、どこかに ssh があるはずですよね。

[iPhone] 個人的な質問にはお答えできません。携帯電話にもプライバシーがあります。

[TidBITS] ほかの携帯電話のように音声認識機能を使って、Mac OS X のコマンドや電話番号、音声メモを入力できますか。

[iPhone] 今は何も言えません。6 月にはできるかもしれません。

[TidBITS] 短縮ダイヤルは?

[iPhone] Apple が私のために何か秘策を用意していることを望んでいるとだけ申し上げておきましょう。

[TidBITS] Windows の Outlook と、連絡先や予定表のイベントを同期できますか。

[iPhone] こんなことをしても私はいい心持ちにならないのですが、できます。iPod と同じように。それに、Windows の Outlook Express と連絡先を同期することもできますし、ウェブのブックマークも同期できます。しかし、皆が Mac を使ってくれればいいと思いますね。

[TidBITS] 新しい連絡先や予定表の項目を入力することはできますか。それとも、iPod と同じように、データを読むだけでしょうか。

[iPhone] 入力できます。私の目標は、iPod をあらゆる点でしのぐことです。

[TidBITS] あなたの技術は、スタンドアロンの iPod やインターネット通信機器に利用されるでしょうか。

[iPhone] お話ししてもよいのですが、そうすると、あなたの口を封じなければなりません。6 月には私に殺人光線も備わりますからね!

[TidBITS] では、ディスクモードについてはどうですか。iPod と同じように、あなたにデータファイルを保存できますか。

[iPhone] もちろんそう願っていますが、まだはっきりとは分かりません。

[TidBITS] iPod のドックコネクタ用に作られたアクセサリは使えますか。

[iPhone] もちろん!

[TidBITS] Nike+iPod の送信機も?

[iPhone] 私をあんなに激しく揺さぶるのは絶対にやめてください。

[TidBITS] Mac と写真を同期できますか。iPod みたいに。

[iPhone] もちろんです。それに、私は写真を撮ることもできます。iPod でそんなことできますか?

[TidBITS] 2 メガピクセルですね。

[iPhone] ああ、まあ、そうです。私のカメラの解像度は、抜群とは言えません。

[TidBITS] ビデオも撮れますか。

[iPhone] まだできません。でも、どうしてまた、あなたの下品でつまらない妄想が戻ってきてしまった気がするんですかね。

[TidBITS] ほかに何か、話していただけることはありますか。

[iPhone] 6 月までは何も。


Macworld Expo SF 2007 で見つけた珠玉たち

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

毎年、ショウのフロアに足を踏み入れる度に、私たちはいつも頭のどこかで注意を集中させて、イベントの看板であるメジャーなニュース以外のものにも何かクールな、他とは違う、あるいは何らかの意味でお知らせする価値のあるような、そんなものがあるのではないかと目を配り続けている。今年は Adam Engst、Glenn Fleishman、Jeff Carlson、Tonya Engst、Dan Pourhadi、それに Andrew Laurence からの報告をまとめてみた。

私たちの見落としたものにお気付きになっただろうか? そういうものがもしあれば、今年の珠玉たち専用に TidBITS Talkのスレッド が設けてあるので、どうぞそちらにご寄稿頂きたい。

フィットネスに最適のホテル -- フィットネスに関心のある客向けにジムやトレーニングルームを設けているホテルは多いが、 The Mosser ホテルの場合はフリーウェイトなんか貸し出す必要なく客にエクササイズを提供できていた。実はエレベーターが改装工事中で、その代わりに料金が安くなっていた。大勢のポーターたちも、荷物を運ぶために控えていた。(私たちはそのサービスを利用しなかったが。)宿泊費も _素晴らしく_ 安く済んだし、その上 7 階や 8 階との間で階段を歩いて昇り降りしたお陰でたっぷりカロリーを燃焼させることもできた! 幸いにも、私たちはずっと以前から Macworld Expo 期間中のホテルというものは単に眠るためだけのところであってのんびりとくつろぐ場所ではないということが身に染みているので、それほど頻繁にこの昇り降りのハイキングをする必要もなかった。[JLC]

最大限の省エネルギー -- グリーンピース (Greenpeace) の活動家たちはキーノートの会場で礼儀正しく印刷物を配っていたし、我らが友人 Raines Cohen はショウのフロアを完璧な海賊の格好で歩き回って地球温暖化を警告していた。(何の話かお分かりにならない方のために説明すると、空飛ぶスパゲッティ怪物を神と崇める Pastafarian 疑似宗教においては、1800 年代以来の海賊数の減少が地球温暖化の原因であるという理論を相関関係が因果関係を意味しないことの実例として取り上げている。)

それはさておき、この最大限の省エネルギー賞に選ばれたのは、Faronics 社の Power Save Mac だ。これは、Mac がいつスリープ、スリープからの復帰、システム終了、システム起動などをするかについて Apple の提供する省エネルギー環境設定パネルよりもはるかに柔軟性のあるコントロールを提供できるユーティリティだ。Power Save Mac には曜日や時刻に応じたスケジュール機能が完備しており、Mac を使っていない状態をキーボードおよびマウスの使用と、CPU 利用度やアプリケーションの活動との双方によって定義し、それに基づいてモニターさせることができる(つまり、毎晩のバックアップ作業や長時間のレンダリングジョブの最中はスリープしないようにできる)とともに、必要に応じてユーザーがタスクを無効にすることも可能になっている。

それだけでもなかなかよく出来ているように聞こえるが、これが本当の意味で重要なのは、ネットワーク管理者たちが Power Save Mac の設定を保存しておいてそれを Apple Remote Desktop 経由で配付できるという点だ。それだけでなく、個々のタスクを Apple Remote Desktop にインストールして多数の Mac のすべてにわたって遠隔操作で動かすこともできる。Power Save Mac の価格はたったの $25 で、ワークステーションライセンスも一台あたり $12(うち $2 は一年間のアップデートおよび技術サポートの費用)となっている。もしもあなたが多数の Mac のグループを管理しているのなら、Power Save Mac を使って無駄な電力を抑えることであなたのところでもどれだけ節約ができるか、一度検討してみて頂きたい。[ACE]

マーケティングに最高のゲリラ作戦 -- Macworld にブースを出す費用がない? それなら、TuneTether の連中の書いたマーケティングの筋書きの中から一部でも拝借するとよい。彼らはジャーナリストたちがプレゼンテーションをする時を狙って Macworld のブースのまわりにたむろして、私たちのステージが終わる度に自己紹介をしつつ彼らの製品を示してみせるのだった。彼らはこれまで TidBITS という名前を聞いたこともなかったそうだ(私たちが TidBITS を始めた頃まだ彼らは小学校にも行っていなかっただろう)が、私は優しい人間なので、彼らの大口を黙って聞いてあげた。$10 する彼らの TuneTether というのは、細いプラスチックの一種の襟のようなもので、両端に切り込みがあってそこにイヤーバッドのコードを嵌め込んでおいて、首のまわりでコードが邪魔にならないようにするというものだ。現在 TuneTether には黒・白・ホットピンクの三色あるが、もっと多様なファッションスタイルを受け入れる余地があるのは明らかだろう。[ACE]

最も場違いなブースサイズ (小さ過ぎるもの) -- Parallels 社は 5 フィート×10 フィート (1.5 m×3 m) のブースを購入したが、このサイズはたぶん必要な広さの 20% という程度だったろう。このブースに、彼らの Windows 仮想化製品 Parallels Desktop についてもっと知りたい、インストールの仕方について助言が欲しい、あるいはただ単に同製品の幸運を祈りたい、という人々の波がどっと押し寄せたので、広さが到底足りなかった。彼らのブログには、時にはブースのまわりを囲む人々の輪が 10 重にもなったと書いてあったし、私もその通りだったと証言できる。人垣をかき分けてスタッフのいるところまで行くのはまるで水泳のような感じだった。[GF]

最も場違いなブースサイズ (大き過ぎるもの) -- Apple は、どこの Apple Store でも売っているようなもの以外ほとんど展示していなかったので、当然のことながら Apple ブースのまわりに集まった人々の数は私がこれまでどの Macworld 会場で見たものより少なかった。もちろん Apple TV のデモは興味深いものだったが、数分間いじってみればもうそれが Front Row とあまり変わらないと分かってしまった。iPhone と Leopard のデモはメインステージの部分で上映されていたが、そこには結構人々が集まっていたものの、水曜日の時点でもうそれほど混雑していないという状態に落ち着いていた。[GF]

過去から一陣の風、ベスト1 -- 時として、私は ResEdit でハックするのがクールであった時代を懐かしく思うことがある。Riccardo Ettore も同じ思い出を持っていて、Sounds4Fun というユーティリティを新しく出してくれた。これは、Mac 上のイベントにサウンドを結び付けるというものだ。(この 20 年間 Mac を使ってこられなかった方のために歴史を復習すると、Sounds4Fun は 1987 年の iBeep2 の最新バージョンで、iBeep2 はまず SndControl に進化し、その後 FunSounds という名前で NowFun パッケージに含まれるようになった。)あなたの Mac がスリープに入る度に大あくびの声を出すというのはいかが? あるいは、知らずに Caps Lock を押してしまった時に音声で警告してもらえるというのはどうだろうか? Riccardo のこの新しいユーティリティ、$14 の Sounds4Fun は、そういうもの以外にもまだまだ 70 種類近くもあるようなさまざまのイベントにサウンドをリンクさせることができる。実際、あまりにもたくさんのイベントが扱えるため、リストが長過ぎて欲しいものが見つけにくくなるのを防ごうと、彼はリストを制限できるフィルタまで提供してくれている。でも、システム機能拡張やコントロールパネルといったものは既に過去に消え去った。Sounds4Fun は、普通の Mac OS X における環境設定パネルであって、基本的なコントロールに手軽にアクセスできるオプションのメニューを補助的なアプリケーションで提供するようになっている。つまり、あやしげなことは一切していない。それに、たいていの人は GarageBand のサンプルファイル(/Library/Application Support/GarageBand/Instrument Library/Sampler/Sampler Files/ にある)の中にクールなサウンドを山ほど持っているはずだ。[ACE]

最大のドライブ -- 一台の外付けドライブに テラバイト (TB) の容量、というのはもはや珍しくも何ともないものになってしまった。今回のショウにも、いくつかのベンダーが 1 TB を収められる FireWire 400/800 兼 USB 2.0 ドライブパッケージを出展していた。多くの場合、2台の 500 ギガバイト (GB) ハードドライブが組み込まれていて、ストライプト (1 TB、高速) またはミラード (500 GB、両ドライブに同一のデータが書き込まれる) のいずれかか選べるようになっている。数テラバイトを許容するドライブもあったが、たいていはべらぼうに高額な、ビデオ録画やビデオ編集のために組み上げられた構成のようだった。Hitachi や、それに続く他数社も、今後値下げに踏み切るようだ。この 3 月には、1 TB を含むシングルメカニズムが $400 程度で市場に出てくるという。[GF]

最新の Mac 転向者 -- 私は 3Ware のブースの前を何度も通り過ぎてから、この会社はこれまで一度も Macworld Expo で見たことがなかったと気付いた。3ware は PC の世界ではストレージコントローラのベンダーとして長年知られているが、彼らが Mac 市場に侵入してきたのは 3ware Sidecar が初めてだ。これは 3.5 インチ SATA ハードディスク用のホットスワップ筐体(Sidecar にハードディスクは付属していない)と、ハードウェア RAID コントローラを搭載した PCI-Express カードだ。4 つのポートを持つこのカードはいくつかの RAID モード (0, 1, 10, 50, それに JBOD) をサポートしており、eSATA ケーブルによって筐体に接続される。現時点ではカードの設定は付属のウェブインターフェイスまたはコマンドラインでするようになっている。3ware によれば Mac OS X ネイティブなインターフェイスも現在開発中とのことだ。(その Mac 用ファームウェアが 3ware 社の他のカードにも使えるかどうかについてはまだ発表がない。)[ATL]

最も興味深いグラフィカル共同作業ツール -- Plasq の展示には Skitch という名のグラフィカル共同作業ツールのベータ版が出ていた。これは iChat か電子メールを利用して素早いビジュアルな共同作業のためのツールを提供し、スケッチや iSight の写真、スクリーンショットなども簡単に共有できるようにするというものだ。円や矢印、テキストなどの要素を別のレイヤーに追加することで、元の画像を強調したり注釈を加えたりできる。Skitch はよく使う操作にはなるべくメニューを使わずに済ますためコントロールの多くを作業領域の周囲に配置しているので、作業の流れはスムーズで、オンラインの共同作業のようなテンポの速い状況に適したものになる。例えば、Skitch には Save(保存)のダイアログもあるが、ほとんどのユーザーはそれを目にすることもまずないだろう。その代わりに、Skitch ウィンドウの一番下にあるファイル名フィールドというシンプルな方法が使われている。(Skitch はデフォルトの場所にファイルを保存する。)ウィンドウの一番下にはタブもあり、タブをドラッグするだけでそのファイルのコピーが電子メールのメッセージや iChat、あるいはあなたの好きなフォルダに持ち込まれる。私のお気に入りの機能は、ただタイプを始めるだけで Skitch が Text ツールを選択してタイプされたテキストを書類の中へと入れてくれるところだ。これこそ、Skitch が楽しく使いやすいことの典型例とも言えるだろう。Skitch はまだ一般に発売されていないが、発売されればぜひ TidBITS に記事を書きたいと思っている。[TJE]

会場で一番のデュアルモード有名人 -- Robin Williams(Mac 本の著者の方ではなく、映画俳優の Robin Williams の方)もキーノート会場に姿を見せていたが、やはり何と言っても一番の有名人と呼ぶに相応しいのは歌手の Graham Nash だったろう。Nash と彼のパートナーの R. Mac Holbert は 1990 年以来カリフォルニアの Nash Editions 社で非常に高品質のデジタル印刷を制作してきている。(私は 1992 年にメーン州 Camden で彼らにちょっとだけ会ったことがある。この時彼らは Kodak Center for Creative Imaging での研究集会を主宰するために来ていた。)彼らは今でもその仕事を続けている。Nash は文字通りのロックスターでもあるが、Holbert の方はデジタル複写印刷の世界の代名詞とも言うべき象徴的存在となっている。Peachpit Press からはこの 1 月に“ Nash Editions: Photography and the Art of Printing ”という本がリリースされている。

Holbert とほんの少しだけ話をした時に、私は Nash Editions が 1990 年代初頭に持っていた高解像度スキャナは当時一般に購入できたものより一桁上のレベルのものだったが、と聞いてみた。彼の話では、彼らが現在使っているものは 1 インチあたり 512 サンプルという精度で最大 5 フィート×7 フィート (1.5 m×2.1 m) を読み取れるという。だが、その解像度でも、写真家たちはまだ不満ばかり言っている。[GF]

耳内の問題をベストに解決 -- 便利なイヤフォンにも、とても厄介な要素が一つある。それは、あなたの頭から垂れ下がった邪魔なケーブルがごちゃごちゃともつれてしまうことだ。エクササイズ中も、旅行中も、あるいはただ散歩している時にも、いつもケーブルが邪魔してくる。このことに気付いた会社が二つ、Shure 社と Etymotic Research 社が、この内在的問題と戦うべく、新製品を開発してくれた。Shure の方は新しい SE シリーズのインイヤーヘッドフォンを発表した。インイヤータイプのものとしては初めてモジュラーケーブルのデザインを取り入れたものだ。もしも内蔵の 3 フィート (0.9 m) ケーブルが長過ぎたり短すぎたりすれば、単純にケーブルだけを別の、より適切な長さのものと交換すればよい。一方 Etymotic は ety8 を発表した。これは Bluetooth 対応のワイヤレスイヤフォンで、ケーブルが完全に不要となっている。SE ヘッドフォンには四機種あって価格は $150 から、また iPod 専用モデルの ety8 は $300 で入手できる。[DP]

一番楽しいビジネスアプリケーション -- 良い電話システムがあれば小さい会社も大きいものに見せることができるだろうが、Parliant の PhoneValet はそのような高価な電話システムと同じ仕事を通常の電話と電話線を使って処理することができる。かかってきた電話を通知、応答、転送、録音できるし、ダイヤルの作業も単純化でき、詳細な通話ログも保存してくれる。(かなり古いバージョンについてだが 2003-09-29 の記事“PhoneValet、おまえに出来るかい?”にフルレビューが載っている。)けれども、PhoneValet 5 が今回珠玉の一つに選ばれた理由は、かかってきた通話の相手を caller ID で識別してそれをカスタマイズした音声応答システムに振り分けることができ、樹状応答も完備している、という新しい機能だ。このようなものを実地にどう使うかについては、きっと皆さんならば便利な応用法をたくさん思い付かれるに違いないと思うが、私が思い付いたのは特定の人たちからかかってきた場合に次のような樹状応答をする、という冗談の例だけだった。「メッセージを残すには 1 を押して下さい。1 を押したかな? おいおい、もうちょっと強く押せないのか? しょうがない、それが壊れてるなら代わりに 2 を押しなさい。3 だって? いったいなぜ 3 なんか押したんだ、この唐変木! 2 を押せって言ったじゃないか...」という具合だ。PhoneValet 5 の価格は 1 回線あたり $170 で、PhoneValet 3 または 4 からのアップグレード価格は 1 回線あたり $40 となっている。[ACE]

最も惜しまれた人物 -- 私たちの仲間で去年亡くなった Bruce Fraser は、会場にいるデジタルイメージングに関わった多くの人たちの心に残っていた。Fraser は、愛想が良く陽気で、惜しみなく時間を分け与え、また多作なライターでもあった。Graham Nash がホストとなった Bruce の生涯を讃える会には二百人近い人たちが集まった。この TidBITS でも数週間前に Bruce を追悼する記事(2006-12-18 の“追悼: Bruce Fraser, 1954-2006”)を書いている。今回のイベントについての記事や写真はいろいろな人がポストしている。中でも、Peachpit の Victor Gavenda がなかなかうまい文章でその情景を描き出している。そこでは Bruce の友人たちがスピーチをし、次いで Bruce が大好きだったシングルモルトのスコッチで乾杯をした。[GF]

最もクールなデータベースのトリック -- データベースに関する暗い秘密の一つとは、違うデータベース同士ではあまりうまく行き来ができないことが多いことだ。両者の違いがあまりにも大きいとか、両者を直接接続することができないとかの理由でだ。そこで登場するのが WorldSync の SyncDeK、これは過去数年にわたって遠隔の FileMaker データベース同士のデータの同期をしてきている。最新バージョンの SyncDeK 7 ではその機能が SQL データソース(MySQL、Oracle、Microsoft Access、その他)にも拡張された。SyncDeK が特に便利なのは、会社のデータベースにアクセスする必要があるけれどもオフラインでいることの多いモバイルユーザーたちや、いくつかの遠隔サイトで同じコアデータベースを共有する必要があるけれどもそれがライブでできるのに十分なネットワーク接続を持っていないような場合などだろう。価格はさまざまなので、詳しいことは WorldSync のサイトをご覧頂きたい。[ACE]

Apple から最も秘密でない暴露 -- ご自分の Intel ベース Mac を分解したことのある方なら既にご存じだろうが、Apple は現在策定作業段階にある 802.11n 規格をも処理できる Wi-Fi チップを使用している。ただし、Apple はまだ高速モードがこれらのチップで動くようには設定していないのだが。802.11n が追加のアンテナを必要とすることもあるし、当然 Apple も自社のコンピュータをその原則に法って作らなければならなかったからだ。Jobs は iPhone の上で指を滑らせたりつまんだりするのに忙し過ぎて 802.11n の付いた AirPort Extreme のリリースに触れる暇もなかったし、それにモデルチェンジ後のベースステーションもまだ展示されていなかった。(出荷は 2 月になる。)というわけで、すべては話だけのことだった。[GF]

最も巨大な宣伝用積み上げ -- Maxtor は、バックアップが必要だということを印象づけるために、Moscone の北館と南館を結ぶ通路のところに CD の巨大な山と膨大な写真の山を積み上げてみせた。そこを通るだびに私は笑みを浮かべつつ、あんなにたくさんのデータも今では一台のラップトップ機のドライブに収まってしまうのだなあと考えたものだ。でもやはり、たくさん溜まった音楽(またリッピングし直せるような CD からの楽曲はさておき、とりわけ iTunes Store から購入したようなもの)や、代わりのきかないデジタル写真などは特に、しっかりバックアップしておきたい。[ACE]

つまむ動作、その反対の動作、ベストな代替語は -- iPhone の表示する写真やマップの上でズームするために「つまむ (pinch)」としたら、その反対の動作の方は何と言えばよいのか? 「たるませる (flab)」か? 熟練のイラストレーターであり著述家でもある Sandee Cohen は、Adobe の使っている用語を流用してはどうかと提案した。つまり、「すぼめる (pucker)」と「膨らませる (bloat)」だ。つまんで、すぼめて、膨らましてやりたい... 私の以前の弁護士たちを! [GF]

最適のフィルム整理法 -- コンシューマレベルのビデオカメラでデジタルビデオを撮影する人は、たいていただその場で録画するだけだろう。でも、アマチュアたちももっと長めの映画作品を作ることを目指すようになれば、たくさんのピースを一つにまとめて行くためにいろいろな調整が必要となることがすぐに分かってくるものだ。Jungle Software のGorilla は、そうしたビデオ撮影に関するスケジュール、予算配分、整理などをするためのパッケージだ。出演者たちやロケーション現場を記録したり、ショットのリストを図で示したり、他のクルーたちがただ立って待っているだけで時間を無駄にすることが最大の出費要因であることが多いビデオ撮影の段取りをスピードアップさせたりするお手伝いができる。Gorilla には Student、Standard、それに Pro の三種類ある。予算の規模や撮影期間に応じ、価格は $200 から $400 までの間だ。また無料の試用版もダウンロードして利用できる。[JLC]

最大の USB 周辺機器 -- Moscone の South Hall は地下にあるが、それにもかかわらず Software Bisque の人たちは Paramount ME Robotic Telescope Mount(自力駆動の望遠鏡マウント;望遠鏡は別売)を展示するのに何の抵抗も感じず、これは間違いなくショウのフロアにおける最も大きな USB 機器だった。同社のソフトウェア Seeker と組み合わせて使えば、この $12,500 する望遠鏡ベースはあなたが星を観察する助けになる。(あなたが探し続けていたドロイドたちが見つかるかもしれない。)完璧な情報公開のために言い添えると、このマウントは Windows ラップトップ機を使って動いていた。この会社では、Mac 版の Seeker についてはまだ USB 機器のサポートを開発中だからだ。[JLC]

最高の新型 Mac -- 確かに、Apple は今回のショウでは新型 Mac を何も出してこなかった。けれども、だからといって私たちがこの部門賞を OWCAxiotron に贈呈していけない訳ではない。彼らは、タブレット型 Mac の ModBook を出したのだ。Apple がタブレット型の Mac を出してくれるのをただただ待っている(決して実現しないのかもしれない)のに飽き足らず、OWC と Axiotron は力を合わせ、タブレット会社の Wacom によるテクノロジーを利用して完全機能のタブレット型 Mac をデザインすることに成功した。種を明かせばこの ModBook は文字通りの新型 Mac ではなく、MacBook を再構成したものだ。OWC と Axiotron は、普通の MacBook に大手術を施してより良いスクリーンと Wacom 製のペン・ディジタイザを追加し、なかなか美しい見栄えのケースの中に元々の iSight カメラとスタイラス・ホルダと共にすべてを組み入れ直した。内蔵 GPS もオプションのアドオンとして付けることができ、また 6 倍速の DVD バーナー(最大容量 8.5 GB)もオプションで付けられる。それから、スタイラスペンか Apple の InkWell テクノロジーだけをいつも使って Mac OS X をコントロールするのは嫌だという人のために、この ModBook は VESA 互換のデスクトップアームに繋ぐことも、あるいは Bluetooth キーボードとマウスで使うことも(または、MacBook と同じポートがあるので、USB 機器で使うことも)できるようになっている。自分の現在位置が本質的データとなるようなモバイル・プロフェッショナルたちにとっては、GPS が重要な追加機能かもしれない。予約注文の価格は $2,200 から $2,700 までの間で、これらはすべて GPS を含んでいる。そうそう、気にしている人のために言い添えれば、MacBook との価格差は $1,100 ほどだ。[ACE]

ボール紙の最も賢い利用法 -- 遠目には、バッグメーカーCrumpler のこのブースは何かおもしろい材質で出来ているな、という感じに見えた。近くに寄って見ると、25 フィート (7.5 m) 平方のこのブースが実際に ボール紙の箱だけで作られていることが分かった。いくつかの箱は手前の面が空いていて、その中に金属製の支えが見え、線画で描いた動物たちが置かれていた。まるで O'Reilly の本の表紙の動物園みたいに。[GF]

古い iPod のベストな利用法 -- Mac ユーザーのサポートという仕事をしている人なら誰でも、手に負えない Mac をブートするため、またディスク復旧あるいはバックアップ用のソフトウェアを走らせるために、良いユーティリティドライブを必要としている。もちろん Micromat 製のかわいらしい TechTool Protege FireWire フラッシュドライブならば Mac もブートできるし Micromat の TechTool Pro も入っているので便利に使える。でも別の方法として、もしもあなたが古い iPod を持っているなら、あるいは何か他のハードディスクやフラッシュドライブを持っているなら、Micromat の新製品ProToGo を使うという方法もある。これはあなたの好きな機器を TechTool Protege と同等の働きをするものへと変えるためのお手伝いをしてくれるソフトウェア製品だ。うまく行けば Mac をブートでき(当然ながらこれは個々の Mac に依存しており、例えば PowerPC Mac は USB からはブートできない)TechTool Pro 4 をはじめいくつもの Micromat のユーティリティソフトウェアが入っている。ProToGo の価格は $135 で、TechTool Pro からアップグレードする場合は $87 となる。[ACE]

おみやげのベスト4は -- その業界の健康状態を計る一つの目安が、提供されるおみやげ(無料の景品)の個数だ。Google は下の方に“It doesn't stink”(クサくナ〜イ)というスローガンの入ったソックスを配っていた。一方 Griffin Technology は同社の iPod 用 iTrip FM 送信機に似た金属製の模型を景品にしていた。CodeWeavers は、Windows を走らせずに Mac で Windows アプリケーションを走らせるためのオープンソース WINE 環境を商用に実装した CrossOver が売りだが、何とワインの栓を配っていた。(わかった? WINE ってね。わかった?)それから Tolis Group は BRU バックアップソフトウェアのベンダーだが、使うと光を放つヨーヨーを配っていた。これは嬉しいけれど、でも、ヨーヨーって、本当にバックアップ・リストアのソフトウェアに良いイメージを与えるものだろうか? それより、ビール用のジョッキでも配った方が良かったんじゃないだろうか。[ATL]


Take Control ニュース/22-Jan-07

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 羽鳥公士郎 <hatori@ousaan.com>

TidBITS Archive CD で 50% 割り引きクーポン -- TidBITS Archive CD の発表を見逃した方のためにもう一度お知らせすると(詳しくは 2007-01-08 の"TidBITS Archive CD をよろしく" 参照)、この CD には、1990 年から 2006年まで 860 号に及ぶ TidBITS すべての記事 6,500 本以上に加えて、あなたの次回の Take Control の注文が 50% 割り引きになる特別クーポンが収められている。TidBITS Archive CD は、1 月の終わりまではたったの 29.95 ドルで、さらにクーポンを使ってあなたの Take Control 文庫に何冊か加えれば、最終的な結果として TidBITS Archive CD が実質的に無料で手に入るということになる。

レビューを書いて、電子ブックを読もう -- 私たちの友人 Peachpit Pressからうれしい知らせが届いた。Joe Kissell の "Real World Mac Maintenance and Backups" が最近重刷したというのだ。この本は、"TTake Control of Maintaining Your Mac" と "Take Control of Mac OS X Backups" を合わせたものだ。最初に世に出てからしばらくのあいだは、Amazon.com で非常に売れ行きが良く、売り上げランキングでも上位にあった。しかし、Amazon の在庫がなくなり、発送まで 1 週間から 3 週間かかるということになると、注文する人が減り始め、この本の勢いがそがれた。なんてこった! そこで、私たちは、Joe の本を再び軌道に乗せることができるかどうか、実験をしてみたい。さらに、Sharon Zardetto Aker の、"Take Control of Fonts in Mac OS X"と "Take Control of Font Problems in Mac OS X" を合わせた "Real World Mac OS X Fonts" も加えよう。実験というのはこうだ。もしもあなたが、この2冊の印刷本のうちいずれかを購入して、あるいはこの印刷本に含まれる電子ブックのいずれかを購入して、印刷本のどちらかについて Amazon にレビューを書いたら、電子メールで私に知らせてほしい。そうしたら、何でもお好きな電子ブックを1冊、無料で進呈しよう。


TidBITS Talk/22-Jan-07 のホットな話題

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iPhone はオールインワンのリモコンになるか -- iPhone を Apple TV 用のリモコンとしても使えるようにならないのか? そもそも、わざわざ別途の上置きボックスをテレビの上に置かなくても、テレビのメーカーがプログラミング用のソフトウェアをテレビに内蔵してくれるようにならないのだろうか? (2 メッセージ)

イベントベースのサウンド -- コンピュータの各種イベントにリンクしてそれぞれ警告音を鳴らすようにする方法がいくつかある。そういうものの利用法をお伝えしよう。 (3 メッセージ)

ワイヤレスマウスのボールと Word の奇妙な問題 -- ある読者が、彼のマウスでスクロールバーをスクロールしながら Word 書類を読んでいると奇妙な遅れが生じるという経験をした。(2_メッセージ)

Leopard の出荷日を推測 -- 今回の Macworld Expo では Mac OS X 10.5 に関してもっと詳しい情報が聞けると期待していたが、Apple は口をつぐんだままだった。そこで、オンラインで得られる情報をもとにすれば、Leopard が出荷されるのはいつごろだと考えるのが妥当だろうか?(10 メッセージ)

Mac 互換のウェブカメラ -- Apple の iSight(これはもはや販売されていない)を別にすれば、小型のビデオカメラが欲しい人はどこを探せばよいか、手始めに探すべき場所を紹介する。ほとんどの Windows 専用ウェブカメラをサポートできる Mac 用ソフトウェアも紹介しよう。(9 メッセージ)

WiFi ネットワークを「不信任」する -- あなたの Mac が特定のローカルなワイヤレスネットワークに自動的に加入させられてしまわないようにするには、こんな手順を踏めばよい。(4 メッセージ)

最新の Office アップデート -- 最新版の Microsoft Office 2004 for Mac でフォントの壊れる問題が解決されているのかどうか知りたい、とある読者が助けを求めている。(1 メッセージ)

Apple と企業 -- Apple は企業向けの市場を放棄してしまったのか? それとも「企業」という用語があいまい過ぎるのが悪いのか? (8 メッセージ)

iPhone と IMAP -- 将来 iPhone オーナーに提供されることになる Yahoo の“push”IMAP 電子メールサービスは通常の IMAP に比べてより広範なものとなる、と指摘する読者がいる。 (2-メッセージ)

Apple TV 対その他のビデオソリューション -- Apple TV のリリースが迫り、Elgato Systems はその EyeHome 機器の生産を中止してしまった。これは他の同種の製品にも暗雲を投げかけるものなのか? それとも、Apple TV に見られる限界点のいくつかが、他の製品にも市場における機会を提供しているのだろうか? (3_メッセージ)

新しい AirPort Extreme の 802.11n と 5 GHz -- 新しい AirPort Extreme(日本では AirMac Extreme)の 5 GHz ネットワーク周波数は、5 GHz のコードレス電話のシステムと干渉しないのだろうか? (2=メッセージ)

ResEdit に代わるもの -- Mac OS X をカスタマイズするために、あの得意満面の ResEdit に代わるべきツールはあるのだろうか?(4_メッセージ)

Macworld SF 2007 で見つけた珠玉たち -- 今年の Macworld Expo で見つけた珠玉たちの特集記事はいかがだっただろうか? もしも私たちが見落としたものがあれば、どうぞお便り頂きたい。(1_メッセージ)

100 Mbps 802.11n Enabler に2ドル -- Apple は、いくつかの Mac で 802.11n ファームウェアを動かせるようにするために $2 を徴集するという。(新しく AirPort Extreme を購入した人には不要。)同社によればこれは会計法上の規則によるものとのことだが、つまりそれは Apple が米国証券取引委員会 Securities and Exchange Commission (SEC) の調査対象になっていることを意味しているのだろうか?(6 メッセージ)


tb_badge_trans-jp2 _ Take Control Take Control 電子ブック日本語版好評発売中

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2006 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2007年 1月 28日 日曜日, S. HOSOKAWA