TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#682/02-Jun-03

クロスワードパズルが趣味?そうなら Kirk McElhearn の Internet 上のクロスワードパズルの記事が楽しめるだろう。今週は他に Adam がワイアレスネットワークのハードウェアとソフトウェアの詰まった福袋を開き、Apple が 12-インチと 15-インチの PowerBook の値段を下げ、AOL と Microsoft が独占禁止法違反訴訟で和解し、iTunes 4.0.1 が Internet での音楽共有をやめ、Virtual PC がバージョン 6.0.2 へ向上し、Bare Bones Software が十周年を祝う!

記事:

Copyright 2005 TidBITS: Reuse governed by Creative Commons license
<http://www.tidbits.com/terms/> Contact: editors@tidbits.com>


本号の TidBITS のスポンサーは:


MailBITS/02-Jun-03

Apple が静かに PowerBook を値下げ -- 一ヶ月ほど前に、Apple は一般ユーザ用ラップトップである iBook の速度とハードドライブ容量を増やしたが、値段は維持した。今日、Apple は 12-インチと 15-インチの PowerBook モデルの値段をそれぞれ $200 ずつ下げた。17-インチの PowerBook は数週間ほど前にようやく多数が出荷され始めたが、その値段は $3,300 のままだ(一月の Macworld Expo で同時に発表された 12-インチモデルは店頭に並ぶのが早かったが)。12-インチの PowerBook G4 の値段は Combo ドライブ (CD-RW/DVD-ROM) で $1,600、もしくは SuperDrive (CD-RW/DVD-R) 付きで $1,800 になった。年老いてきた 15-インチの Titanium PowerBook G4 は Combo ドライブ、867 MHz G4、256 MB のメモリ、そして 40 GB ハードドライブを備えて $2,000 に、そして 1 GHz G4、512 MB のメモリ、60 GB のハードドライブ SuperDrive を備えたモ デルは $2,600 になった。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07162> (日本語) Apple が静かに iBook を更新
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07041>(日本語) 新型 PowerBook: ミニ・ミーとランチ・トレイ

この値下げは近日中に 12-インチ と 17-インチのモデルに併せて 15-インチのアルミ PowerBook G4 が登場することを意味しているのではないかと思っている。同時に既存のアルミモデルの速度アップもあるかもしれない。[MHA] (倉石)

Microsoft が AOL と $7.5 億で和解 -- 先週、Microsoft Corporation は AOL Time Warner との 16 ヶ月に及んだ訴訟の幅広い和解の一部として $7.5 億 を支払うことを発表した.これは、連邦政府の独占禁止法訴訟に追随して AOL が起こしたややこしい訴訟に決着をつけた。両社は和解で今までの紛争の矛を収め、すぐにもメディア、技術、そしてバンドリングでの協力を開始すると発表した.

<http://www.microsoft.com/presspass/press/2003/May03/05-29MSAOLSettlementPR.asp>
<http://media.aoltimewarner.com/media/press_view.cfm?release_num=55253203>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=06704>(日本語) 妙なニュースの一週間

報道された合意案を見ると、これは Microsoft にとって大きな勝利のようだ。同時に、AOL Time Warner としてみれば、$260 億という会社の負債の軽減に少しは助けになるだろう。和解案では他に Microsoft が AOL に Microsoft Internet Explorer のライセンスを七年間無料で提供する。また、両社は AOL Time Warner の膨大な印刷、音楽、そして映画コンテンツに Microsoft のメディアと配達技術を活用するために協力する。同時に Microsoft は America Online ソフトウェアをいくつかの PC 製造会社に提供している Windows のバージョンにバンドルする.

まとめ: AOL Time Warner は臨時収入を得て、同時に Microsoft の技術を利用してコンテンツを配布するのが容易になる。Microsoft にとっては (Microsoft が商売で違法な行為をしたとの連邦裁判所の認定を活用するはずだった) 難しい独占禁止法訴訟から逃れ、Netscape に最後のとどめを刺し、AOL Time Warner の膨大なメディア所有物を提供するための技術提供者となることを意味する。これは Apple の QuickTime や新しい iTunes Music Store などのオンラインメディア戦線に大きな影響を及ぼすだろう。[GD] (倉石)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbser=1152>

Virtual PC 6 アップデート -- Microsoft が Virtual PC 製品を引き継ぐまで数ヵ月あるが (TidBITS-668 の "Microsoft が Virtual PC を買収" を参照 )、Connectix はじっとしていない。彼らは無料の Virtual PC 6.0.1 アップデートをリリースした。これは PowerPC G3-ベースの Mac でVirtual PC がフル画面モードで走っている時にクラッシュする問題の解決策や、Quicken TurboTax Deluxe との問題の解決策、そして日本語版への小さな訂正などを含んでいる。そして Connectix は無料のアップデートの Virtual PC 6.0.2 をもリリースした。これは Virtual PC と Apple の AirPort Extreme カードとの互換性を直す。もし AirPort Extreme を使用していないか、AirPort Extreme 装着した Mac で Virtual PC との問題がないのであれば、Connectix は 6.0.1 アップデートだけに限定することを勧めている。双方のアップデートとも 13.8 MB のダウンロードで、英語、フランス語、ドイツ語、そして日本語版がある。[ACE] (倉石)

<http://www.connectix.com/support/vpcm_online.html>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07087>(日本語) Microsoft が Virtual PC を買収
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07034>(日本語)Virtual PC 6 登場、性能も上々


Bare Bones Software 社が創立 10 周年を祝う

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

僕らだって、ちっちゃい子たちともちゃんと遊べるんだよ! TidBITS はもう公式にティーンエイジャー[訳注: 13 歳以上]の仲間入りを果たしているのだが、Tonya と私は先日やっと 10 歳の誕生日を迎えたばかりの Bare Bones 社の 10 周年記念晩餐会に出席して、大いに楽しんできた。2003 年 5 月 19 日に開かれたこの記念晩餐会には、Rich Siegel、Meredith Taitz、Patrick Woolsey ら Bare Bones 社の面々をはじめ、「アメリカの業界人の中で 42 番目に愛されている人物」たる Andy Ihnatko や「ミスター IOXperts 社」の Steve Sisak などの有名人たちも顔を揃えていた。

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07149>(日本語)TidBITS も 13 歳: 目標を持とう
<http://www.andyi.com/>
<http://www.ioxperts.com/>

読者の皆さんが晩餐会に出席できなかったのはとても残念だが、Bare Bones 社では 10 周年記念としていろいろな特別企画を実施しているので、こちらは皆さんにも楽しんでいただけると思う。まず同社の全製品が 2003 年 6 月 30 日までの間に限りすべて 10% 割引で販売されている。また、$250 で限定販売されているのが BBEdit Anthology、これは現在の BBEdit 7.0 を含む過去に公式リリースされたすべての BBEdit のバージョンを取り揃えた、マニア必見のパッケージだ。(ライナーノートやボーナストラックも含まれている。)それだけではない。10 周年記念の T-シャツも $15 で出ている。この T-シャツの背中には「3,650 日間あなたの××を救い続けてきた」という言葉が堂々と輝いている。残念ながら(あのいまいましいスパムフィルターを避けるために)この「××」という単語(「ロバ」という意味も持つ英単語だ)をここにそのまま書くことはできないが。コレクター垂唾の BBEdit Anthology や T-シャツ、それに BBEdit 特製のポロシャツも、無料で手に入らないかって? それも簡単、Bare Bones 10 周年記念のエッセイコンテストに優勝しさえすれば良いのだ。あなたが BBEdit を使いこなしてどのように世界を変革してきたかを、1,000 語以内のエッセイにまとめてみてはいかがだろうか?

<http://www.barebones.com/special_offer.shtml>
<http://www.barebones.com/products/bbedit/anthology.shtml>
<http://www.barebones.com/store/shirts.shtml>

こんなにも楽しい会社が TidBITS のスポンサーになってくれているのを、私たちはとても誇りに思う。今回 10 周年記念晩餐会に出席できたことで、私たちはあの 4 月 1 日に受けたショックから幾らかなりとも立ち直ることができた。と言うのは、その日のニュースで、BBEdit Personal Service オプション(つまり、$250,000 を払えば着ぐるみを着た Bare Bones 社の社員が BBEdit の最新版を直接自宅まで持参してくれ、1年間は無制限に希望通りの機能追加を実現することを保証し、CD-ROM を開封する儀式も挙行、マニュアルも解説付きで朗読してくれる、という“顧客サポートの極致”が実現されるというもの)が発表されたのだが、これが何たる残酷なことか、エイプリルフールの嘘っぱちに過ぎなかったのだ。おぉ、あの時の二度と立ち上がれないほどの失望感!... 冗談はさておき、Bare Bones 社には 10 年もの長きにわたって高品質の Mac 専用ソフトウェアを作り出し続けてきてくれたことに対して、お礼を申し上げたい。そして、これからの 10 年間のさらなる活躍を、お祈りしたい。

<http://www.barebones.com/company/press.php?news_id=83>


iTunes 4.0.1 音楽共有を制限

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 細川秀治 <hosoka@ca2.so-net.ne.jp>

iTunes 4を iTunes Music Store と共にリリースしたのはほんの数週間前だったが、Apple は再度ソフトウェアアップデートから iTunes 4.0.1をリリースした。このバージョンは僅かなバグを解消し、そして強引にもインターネット音楽共有をローカルネットワーク上のひとつのサブネットに制限している。

<http://www.apple.com/itunes/>
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07164>(日本語)Apple 社、iTunes 4 にバージョンアップ
<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tbart=07175>(日本語)Apple、デジタル音楽の新しい顔となる

iTunes 4 での革新的な特徴はインターネットの上の誰とでも音楽を共有できることだった。あなたは“ストリームを開く”で 相手の IP アドレスを入力すると、あなたのプレイリストペーンに彼らの共有されたプレイリストが表示された。iTunes 4 での音楽共有は極めて限定されたもので、同時に 5人までしか接続できず、そして唯一できることは音楽のストリーミング再生だけだった。iTunes で共有プレイリストに再接続するのは容易でなかったし、音楽を共有している人々は共有された楽曲からプレイリストを作ったり、楽曲をローカルにコピーすることはできなかった、すくなくとも iTunes の中では...

そこに軋轢が -- まもなく、自分達が音楽を共有しているという事実を公表したり、共有された楽曲をコピーするユーティリティを紹介するウェブサイトが続々と現れた。サイトの幾つかはコピーするユーティリティーが登場してすぐにサイトを閉じ、他の幾つかは共有サイトの IP アドレスを分からないようにした。しかしそれも、使用者を 5人に制限したことも何の役にも立たなかった。コピーユーティリティは Apple をあまりにも刺激した。特に iTunes ミュージックストアを企業運営するために必要となる音楽業界関係者への影響だ。それでインターネット共有機能はお預けになった。 (レコード会社経営者が Steve Jobs に電話をして、iTunes からコピーするのが止められないなら、1年後の契約更改時に、iTunes ミュージックストアとの契約を更新しないと脅しているのは想像できる。)

この動きで最も残念なことはたくさんの合法的な使用もまた削除されたことだ。あなたが所有する楽曲を職場と家庭で共有したり、あなたのローカルネットワークの上の異なったサブネットので共有することができない。 私は Apple がこれらの制限をもっと洗練されたものにしてくれないかと願っている。例えば、あなたが iTunes ミュージックストアで購入した楽曲は、あなたが再生を認可したどのコンピュータからでも、場所を問わず、音楽を共有できればよいだろう。それまでの間、合法的に音楽を共有するのが出来なくなって残念だと思っている人は、前のバージョンに戻して、標準のファイル共有で iTunes Music folder の内容を公開することができる。もちろん、iTunes 4.0.1に今すぐアップグレードしなければならない理由は何も無い。たぶん Mac OS X の次のバージョンでアップグレードが必要になるのは予想されることであるが。


ワイヤレス福袋:旧型 Mac、Mac OS X、他にもいっぱい

文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
訳: 亀岡孝仁 <takkameoka@earthlink.net>

私はしばらく前から、ワイヤレスネットワークのユーザーの興味を引きそうなものを集めている。そこで、旧型の Mac - Mac OS 9 か Mac OS X - をワイヤレスネットワークに接続する方法、Titanium PowerBook G4 のワイヤレス受信を向上させる方法、AirPort Extreme Base Station を分解する手順、そしてワイヤレスネットワークのユーザーなら誰もが知っておくべき速度増進製品についてご紹介する。

非 AirPort アダプタ -- Airport カードが入らない旧型 Mac の持ち主は、それに合うワイヤレスネットワークアダプタを探すのに大変苦労して来ている:旧型 PowerBook 用には PC Card、旧型 Power Mac 用には PCI カード、旧型 iMac 用には USB アダプタ。Mac OS 9 ドライバ付きのネットワークアダプタを作っているのはほんの一握りの業者、Asante, MacWireless, そして Belkin しかなく、Mac OS X 用のドライバとなると更に数は少なくなる (勿論、AirPort が使える Mac に比べれば、これらの旧型のマシンで Mac OS X が走っているケースは少ないであろうが)。いずれにしても、あなたが Mac OS 9 か Mac OS X で走っている旧型 Mac を自分のワイヤレスネットワークにつなぎたいとしたらどうしますか?

PC Card に関しては、いくつかの選択肢がある。$80 出せば Asante AeroLAN AL1211-DP が買え、これには Mac OS 9 と Mac OS X の両方のドライバがある。$90 の MacWireless 100 ミリワット 802.11b PC Card も今や Mac OS 9 と Mac OS X の両方のドライバを持っている。もしすでに他の PC Card を持っているのであれば、いろいろな異なった PC Card で使える Mac OS 9 及び Mac OS X 用のドライバが IOXperts から $20 で買える。これの延長線上では、多くの PC Card で使える Mac OS X 用の無料のオープンソースドライバが一つ出ているが、ここ一年以上アップデートされていない。

<http://www.asante.com/products/adapters/al1000/>
<http://www.macwireless.com/html/support/downloads.html>
<http://www.ioxperts.com/80211b_X.html>
<http://wirelessdriver.sourceforge.net/>

USB アダプタとなると事情は更に厳しくなる;私の知る限りでは Mac OS X ドライバを提供しているのは Belkin からの $75 の Wireless USB Network Adapter だけである。Mac OS 9 対応では、MacWireless が $100 の USB ワイヤレスネットワークアダプタを出しており、2003年の後半には Mac OS X ドライバもリリースする予定だという。

<http://catalog.belkin.com/IWCatProductPage.process?Product_Id=122761>
<http://web.belkin.com/support/download/download.asp?download=F5D6050>
<http://www.macwireless.com/html/products/80211b/usbadapter.html>

Mac OS X ドライバを持つ PCI カードワイヤレスアダプタとなると私の知っているものは何もないので、旧型のデスクトップ Mac で Mac OS 9 の先を行きたいとなると別を探さないといけない。MacWireless は確かに 100 ミリワットの PCI カードを出しているが (同社の USB ネットワークアダプタより到達距離は長い)、Mac OS X ドライバを出す予定はないという。

<http://www.macwireless.com/html/products/80211b/pcicard.html>

この場合、現実的最適解は $100 の Linksys WET11 (11 Mbps, 802.11b) か、最近リリースされたばかりの $170 の WET54G (54 Mbps, 802.11g) wireless-to-Ethernet ブリッジであろう。これがあれば、Ethernet 対応の機器であればどんなものでもワイヤレスネットワークと接続できる。まず自分の Mac の Ethernet ポートにこれを接続し、Web ブラウザを使って設定をすれば、あとは Mac OS 9 でも Mac OS X でも関係なしに動き始める - しかもドライバなしで。この WET11 は Mac を私のワイヤレスネットワークに接続することに関しても問題なく働いたが、AsanteTalk Ethernet to LocalTalk Adapter や LaserWriter Select 360 との間で働かせる事は出来なかった。これは多分 WET11 は AppleTalk をサポートしていないせいだと思う。

<http://www.linksys.com/products/product.asp?grid=33&scid=36&prid=432>
<http://www.linksys.com/products/product.asp?grid=33&scid=36&prid=545>

TiBook 用外部アンテナ -- Titanium PowerBook G4 のワイヤレス受信の性能の悪さに辟易している?興味深い新しい解が QuickerTek から既存の AirPort カードに接続する置換えアンテナの形で出された。QuickerTek からは二つのアンテナが出されている。一つは $50 のかまぼこ形アンテナで PC Card スロットから突き出るようになっており、もう一つは $90 の棒アンテナでベルクロで PowerBook の外側に取りつけるようになっている。どちらも恒久的な改造は必要なく、それに多くの人にとって、近くのワイヤレスネットワークに接続できないいらいらに比べれば外部アンテナを持つことはさほど気にならないであろう。

<http://www.quickertek.com/products.html>
<http://www.technowarehousellc.com/quan.html>

MacWireless の AirPort Card 下取り -- Titanium PowerBook G4 の到達距離を延ばすのに QuickerTek のアンテナを使いたくない場合、他の選択肢としては、別に PC Card を買って自分の PC Card スロットに差し込むことである。MacWireless から出ている $90 の 100 ミリワット PC Card を使えば、通常よりも広い範囲をカバーできるし(多くのカードはたったの 30 ミリワットである)、加えて MacWireless はあなたの既存の AirPort カードを $30 で下取りするので、結局 100 ミリワット PC Card を $60 で買えることになる。AirPort カードを eBay に出せば $50 から $70 の値がつくようだが、現物を MacWireless に送ればいいだけに比べればずっと手間はかかる。

<http://www.macwireless.com/html/about/news.html#AIRPORT_BUYBACK>

AirPort Extreme Base Station 分解法 -- 分解癖の身についた皆さんのためには、Constantin von Wentzel が、自分で新型 AirPort Extreme Base Station を分解した時の詳細を載せている。現時点で、皆さんが分解してみたくなるような理由は見当たらないが、旧型の AirPort Base Station を分解できれば、外部アンテナを取り付けたり、ショートしてしまったキャパシタを取り替えたり、内部の PC Card を部品として回収するといったことのためには役に立つ。

<http://www.vonwentzel.net/ABS/Dissection-Extreme/>

Wi-Fi スピードスプレー -- 最後に、もしあなたが、新型の PowerBook と AirPort Extreme Base Station を持っている人を妬ましく思っているなら、とんでもない。あなたの旧式ワイヤレスネットワークでもスピードアップできる方法があります。頭から信じ込むことが必要であるが、Wi-Fi Speed Spray は、汚れた空気にシュッと一噴き、電波の通りを遅くしていた環境の乱れをたちまち清浄化!とうたっている。勿論これは完全なジョークではあるが、一読の価値がある。とりわけ、数々の推薦コメントにご注目を!

<http://www.j-walk.com/blog/docs/wifispray.htm>

PayBITS: もし Adam のあまり一般的ではないワイヤレス機器へのヒントが役に立ったとお感じなら、どうか彼の本 The Wireless Networking Starter Kit を一冊買い上げてはいかが?
<http://wireless-starter-kit.com/buy_book.html>
PayBITS の説明 <http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/paybits-jp.html>


オンラインでクロスワード: ウェブとワードパズル

文: Kirk McElhearn <kirk@mcelhearn.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

インターネットではさまざまのものごとが情報の信号に変えられて行き交っている。その1つの結果として、特殊な関心事、趣味、時間つぶしのようなものでさえ、ウェブ上の文化としてそれぞれの場所で盛んに活動していくことができるのだ。そうしたものの1つがクロスワードファンのコミュニティー、つまりクロスワードパズルを解くことを趣味とする人達だ。初めて聞く人には驚きかも知れないが、クロスワードパズルへの情熱は近年インターネットのおかげで急激に高まりを見せており、そればかりか、これはコンテンツの提供者たちが現実にウェブで経済的に成り立っていける、ごくわずかな成功例の1つともなっているのだ。

クロスワードパズルが発明されたのは 1913 年のことで、最初のパズルが発表されたのは New York Sunday World の誌上だった。それから 90 年を経たが、状況は当時とあまり変わっていない。もちろん、新しいタイプのクロスワードなども工夫されているし、クロスワードが世界中に拡がった(少なくとも世界のいろいろな地域に - 例えば中国語のクロスワードは存在していないようだが)けれども、クロスワードパズルの根本的な構造と使用法とは実質的に何ら変化しなかった ... パズルがインターネットに登場するまでは。

インターネットによってクロスワードパズルの提供の容易さが増したのは当然のことだが、変化の一番の鍵となったのはパズルの作者達がこのメディアを利用して互いに連絡を取り、共同で働くようになったことだった。1999 年 6 月 13 日には、New York Times のクロスワードパズル編集者 Will Shortz から、五大陸に住む 40 人以上の人々がインターネットのニュースグループで共同制作したと称する超難度のクロスワードが発表されたことすらある。クロスワードパズル作者の Will Johnston の言葉によれば、インターネットのおかげで「毎日毎日より高品質のパズルが入手でき、作者達もますます投稿する機会が増してきている」のだ。

ビッグアップルの新聞では 15 文字 -- アメリカ在住のクロスワードファンの多くにとっては、New York Times のクロスワードパズルこそが上質、難しさ、そしてうまい策略の代名詞と言ってもよいだろう。毎週毎週次第に難しさが増していくなど、他の出版形態ではほとんど太刀打ちできないほど広範なパズルを提供し続けている。New York Times 紙は、インターネット上での有料購読の方法にもいち早く進出した。Premium Crosswords のサービスが New York Times のウェブサイトで開始されたのは 1996 年のことだった。(下記のページへのアクセスには New York Times サイトへの会員登録(無料)が必要。)

<http://www.nytimes.com/pages/crosswords/>

この Premium Crosswords サービスには日刊紙面と日曜版紙面のパズル、2ヵ月に1度のアクロスチック、さらに追加の超難度クロスワードや特製パズルと、1996 年以来保存されている 2,000 個以上のパズルすべてへのアクセス、が含まれている。そして、世界中のクロスワードファンにとってこのサービスがいかに魅力的かを示す証拠は、New York Times がこのサービスを収益力のあるベンチャービジネスに成長させたという事実が歴然と語っている。今日、40,000 人にものぼるクロスワードファンが年額 $35 の会費を払ってこのサービスへのアクセスを得ているのだ。(この会費はこの 4 月に以前の年額 $20 から値上げされたばかりだ。サービス開始当初の会費は月額 $10 だった。)

Will Shortz は、この成功を「誇りに思うし、とても名誉なことだ」と語っている。さらに彼は「何万人もの方々が(新聞紙上で無料で手に入る)Times クロスワードにお金を払って下さるということは、その人気度と品質の高さの証明とも言えるだろう」と言う。もちろん、Premium Crosswords サービスの購読者の多くは New York Times を購読していないとか、同紙を入手不可能な地域に住んでいるということもあるだろうが。

New York Times のウェブサイトには、クロスワードパズルのファンたちによる討論フォーラムもあり、毎日のパズルを話題に議論したり、パズル関係のいろいろな話題で語り合ったりしている。一流のパズル作者たちも何人かこのフォーラムに参加しており、パズルをめぐる確固とした、しかもかなり広く根の張ったコミュニティーへと成長を遂げている。

クロスワードのウェブサイトやウェブページは他にもたくさん存在している。パズルをダウンロードできるリンクを持つものも多い。クロスワード作者でもある Ray Hamel のページは、パズルやパズル関係の資料、ソフトウェア、記事などを網羅したウェブページとしてはおそらく最も広汎にわたるものと言えるだろう。

<http://www.primate.wisc.edu/people/hamel/cp.html>

パズル解決の裏技は 4 文字 -- パズルサイトの中には、パズルを解くための Java インターフェイスを提供しているところもある。New York Times のサイトでは Java アプレットを使ってパズルを解くために何種類もの方法が使える。時間を計ってパズルを解き、時間記録のベスト 10 を表示させることもできるし、友人と協力して互いに助け合いながら解くこともできるし、また近いうちには他人と1対1で競争しながら解くこともできるようになる予定だ。私がこれらの Java アプレットを使ってみての感想はちょっと複雑だ。確かにうまく動作する場合もある。けれども部分的にしか動かなかったり、時には全く動作しないことさえあるのだ。どのブラウザを使うかも影響しているらしい。いくつかの Java アプレットは Internet Explorer では動くが Safari ではロードさえできなかった。New York Times のアクロスチックパズルは Mac OS X では全く動かない。(他の人が試したところ Mac OS 9.2 ではうまく動いたそうだ。)これらのことは Apple の Java 実装法に関する一時的な問題なのかもしれない。ただ、普通ならば Mac OS X の方が状況が良いはずなのだが。

さて、インターネットからダウンロードできるクロスワードパズルには2つのフォーマットがある。1つは PDF ファイルで、これは印刷して紙の上でパズルを解くためのもの、もう1つは .puz ファイルで、こちらは Mac なり他のプラットフォームなりで利用できるいくつかのプログラムに読み込ませて使うためのものだ。こうした .puz ファイルにはグリッドのレイアウトを定める情報、すべてのヒント、パズルの解答、などが含まれており、特別のソフトウェアを使ってスクリーン上でクロスワードを解くことができる。New York Times をはじめ多くのパズルサイト、例えば The Washington Post や Los Angeles Times のような有名新聞のサイトでも .puz フォーマットが使われており、事実上の業界スタンダードとなっている。

この .puz フォーマットのパズルには、ファイル中にそのまま正解が含まれていることもあるし、暗号化された正解が含まれていて、翌日に4桁のコードを入力すれば正解が“解読”される(ただしこれには下記の Across Lite プログラムが必要)こともある。そうすれば、あなたの解答全体を正解と照合させることもできるし、個別の単語あるいは文字だけを正解と照合させることもできる。また、もしあなたが解答に行き詰まったならば、特定の文字や単語、あるいはパズル全体の正解を表示させることもできる。

人気の Mac 用パズルプログラムは 2 ワード -- .puz フォーマットのクロスワードパズルを解くためのプログラムで最も広く使われているのは Across Lite だろう。これは Mac、Windows、Linux、Solaris などを含めて十種類以上のプラットフォームで使えるようになっている。Macintosh 版は 68K および PowerPC 双方の Mac 用のものがあり、System 7 以降で動作する。現在のところ、Mac OS X 版は New York Times ウェブサイトの購読者のみに配布されており、それ以外のバージョンは開発元の Litsoft から無料で入手できる。

<http://www.litsoft.com/>

Across Lite は、その設計された範囲のことは非常にうまくこなしてくれる。パズルを開くと、最初の解答欄を選択し、対応するヒントをウィンドウの最上部に表示する。また、すべてのヒントがリストされて脇にも表示される。(表示オプションは多岐にわたっており、あなたの好みのレイアウトが選べる。)解答の文字をタイプしてから Tab キーを押せば、次の解答欄が選択される。矢印キーを押せば縦と横の切り替えができる。パズル内のどこでもクリックすれば、その位置がアクティブになって対応するヒントが表示される。

Across Lite の印刷オプションはなかなか素晴しい。例えば、パズルとヒントを同じページに印刷するか2つのページに分けるかが選べる。クロスワードはやはり紙と鉛筆で解きたいと思うユーザーは多い。その点、Across Lite はコンピュータ画面上で解きたくない人がクロスワードを印刷するのにも適したプログラムだ。

しかしながら、Across Lite にも具合の悪いところはある。まず、メニュー項目がうまく動作しないことが多い。ただ、まずグリッド上でクリックしてからメニュー項目を選ぶと、やおら動作し出すこともある。これは本当に嫌になるような問題なので、今後のバージョンで改めてもらえるように願いたい。また、Mac OS X では .puz ファイルをダブルクリックしても Across Lite では開かれない。何度設定を試みても、Open With 対応が記憶されないのだ。つまり、パズルを開くには“Open”ボタンかメニューを使うしか方法がない。

Macintosh 用プログラムで .puz ファイルを開くことができるものとして、もう1つ MacXword というのもある。こちらは Mac OS X-ネイティブなプログラムで、Across Lite と同じ機能を多く持っている。これは $15 のシェアウェアで、パズルを解くやり方はほぼ同じだが、レイアウトや印刷に関しては Across Lite ほどの柔軟性は無い。もう1つの欠点は、コードで保護された正解の付いたパズル(例えば New York Times のパズル)で MacXword が正解の暗号解読をできないことだ。

<http://www.advenio.com/macxword/>

それでも、MacXword の方が Mac らしさの点で勝っている。インターフェイスもすっきりしているし、すべてのメニューがきちんと動作する。また、私のようにすべての解答欄を埋められないタイプのユーザーにとって嬉しい機能もある。Solution メニューから OneAcross Lookup を選ぶと、ダイアログが開いてヒントの情報と解答の文字数を表示する。OK をクリックすると、その情報が One Across ウェブサイトに送られ、ある種のオンライン・クロスワード辞書として機能する。熟練のパズラーの人達の目にはインチキに写るかも知れないが、少なくとも私にとっては、いつも解き残してしまうような聞いたこともない単語を探すためにとても便利に使えた。

<http://www.oneacross.com/>

Mac OS X ユーザーが使えるプログラムがもう1つある。Crossword Assistant という名の $25 のシェアウェアプログラムだ。ある単語のうち何文字かだけがわかっている場合、このプログラムがその単語を探す手伝いをしてくれる。例えば、パズル内のある単語が“tidbits”だったとしよう。もしもあなたがすでにそれとクロスする単語をいくつか見つけていて、2, 4, 5 番目の文字がわかっていたとすると、“- i - b i - -”と Crossword Assistant のテキストフィールドにタイプするだけで、そのウィンドウの下部に、内蔵の 150,000 語収録の辞書の内容からそれに合致する単語がすべて表示されるので、あなたはその中からヒントに合うものを選び出せばよいのだ。登録ユーザーになれば、165,000 語収録の追加用辞書も貰えるし、それ以外に自分で辞書や単語リストを追加することもできる。また、Crossword Assistant に入力した文字列にマッチするすべての単語を表示させてアナグラムを解く助けにすることもできる。

<http://mathmac1.anu.edu.au/~neville/CrosswordAssistant/>

毎−の−しみを−手 -- オンラインで New York Times のクロスワードにアクセスできるようになったおかげで、私には毎朝仕事を始める前にまずは1つパズルを解くという習慣がついてしまった。私の脇ではお茶のポットが湯気をたて、正面には私の iBook が準備を整えて待機する間、クロスワードパズルを1つじっくりと解くことほど、一日の仕事に備えて私の精神をしゃっきりとさせてくれるものはない。以前は、毎朝新聞が届くのを待つか、それとも前日の新聞に載ったパズルで我慢するかしかなかった。でも今は、いつでも手軽に New York Times のウェブサイトを開いてその日のパズルをダウンロードすることができる。依然として私は単語を全部埋めることはできないことが多いが、とにかくこの楽しみがクリック1つで自分のものになるわけだ。

クロスワードも全部が全部有料なわけではない。さきほど紹介した Ray Hamel のページも、Will Johnston の管理しているページも、ウェブでアクセスできる主なクロスワードパズルのサイトへのリンクを網羅しており、その中には購読ベースのサービスも、無料のパズルも含まれている。

<http://www.fleetingimage.com/wij/xyzzy/nyt-links.html>

というわけで、わずかな料金で、あるいは無料で、クロスワードファンたちは毎日の楽しみを入手でき、オンスクリーンでも、あるいは紙の上でも、クロスワードパズルを解くことができる。ごく特殊な趣味人だけのマーケットに聞こえるかも知れない。実際そうなのだが、それでもインターネットによって提供された便利さのおかげで、結構な収益力のあるビジネスとして確立しており、これは他の種類のコンテンツではなかなか実現が難しいことなのだ。

[Kirk McElhearn はフランス・アルプスの村に住むフリーランスのライター兼翻訳家だ。現在彼は Unix for Mac OS X: Learning the Command Line というタイトルの本を執筆中、これは 2003 年 9 月に Addison-Wesley から刊行予定だ。]

PayBITS: この記事で、あなたもクロスワードファン? 感謝のしるしに、Kirk に(PayPal経由で)少額のお金を送って頂けませんか?
<https://www.paypal.com/xclick/business=kirk%40mcelhearn.com>
PayBITS の説明 <http://www.tidbits.com/tb-issues/lang/jp/paybits-jp.html>


TidBITS Talk/02-Jun-03 のホットな話題

文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

デジタル・ライフスタイルにおけるクラシック音楽 -- デジタル・ライフスタイルにおいてはロックやポップミュージックがクラシック音楽よりも重視されているように見えて気分が悪い? TidBITS Talk 読者の中にもそう思う人たちがいる。Greg Sigman の展開してくれた意見は、この問題とその解決の方向を提案するものとして将来の記事の元になるのかも知れない。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1946>

iTrip とその他の FM 送信機 -- 先週号で Travis Butler が iPod と合わせて使う3つの FM 送信機を検証したが、読者たちからそれ以外の FM 送信機についての問い合わせやコメントが届いた。FM 送信機の購入を検討中の人は必読。(メッセージ数 12)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1947>

その他の方法で MP3 を車内で聴く -- もちろん、FM 送信機だけが車内で MP3 を聴く方法ではない。いくつかの別の方法が提案された。(メッセージ数 3)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1948>

FCC とメディアの整理統合 -- メディアの所有権に関する規制緩和のために今日実施された FCC の投票について、双方の側からの意見。(メッセージ数 4)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1949>

スパイウェアを探知する -- あなたの一挙一動をソフトウェア会社に報告するプログラムが動作していないか心配? あなたが他人と共有したくない情報をこっそりと他所に流してしまうプログラムを見つけ出す方法について、いくつかの提案。(メッセージ数 5)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1951>

アウトライナーとスーパー・アウトライナー -- NoteTaker などのテキストユーティリティについて述べた Matt Neuburg の記事に啓発された、アウトライナーが何をすべきか、そして何をすべきでないのか、という議論。(メッセージ数 6)

<http://db.tidbits.com/getbits.acgi?tlkthrd=1952>


tb_badge_trans-jp2

非営利、非商用の出版物およびウェブサイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載またはウェブページにリンクすることが できます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありませ ん。書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2005年 12月 26日 月曜日, S. HOSOKAWA