TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1221/28-Apr-2014

Apple が家賃を支払う余裕もないなどという心配は要らない。同社は先週またもや記録的な売上げと収益を報告する四半期業績を発表した。iPad と iPod の売上げが不振であったことも大きな影響は及ぼさなかった。同社はまた多数のアップデートを発表したが、中でも iOS 7.1.1 は Touch ID と Bluetooth キーボード、それに重大な SSL セキュリティバグを修正している。今週はまた Joe Kissell の最新刊 "Take Control of the Cloud" も出され、セキュリティやプライバシーを巡る問題その他、皆さんが Cloud に関して持っているであろうあらゆる疑問に答えている。さてニュース以外の話題に目を転じて、外付けハードドライブに関する重要なヒントやテクニックをたくさんお届けしよう。今や Mac は低容量の SSD に依存しつつあり、内蔵ストレージの拡張の余地がなくなる傾向にあるからだ。それから今週の FunBITS 記事では、Josh Centers が光学的に不可解な iOS ゲーム、Monument Valley を紹介する。今週注目すべきソフトウェアリリースは、Adobe Flash Player 13.0.0.206、Instacast 1.2、VMware Fusion 6.0.3 と Fusion 6.0.3 Professional、DEVONagent Lite、Express および Pro 3.8、DEVONthink と DEVONnote 2.7.5、OmniOutliner 4.0.5、1Password 4.3、AirPort ベースステーション・ファームウェア・アップデート 7.7.3、Paprika 2.0.3、それにセキュリティアップデート 2014-002 (Mavericks、Mountain Lion および Lion) だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Apple、iPad の販売下落にも拘わらず記録的 Q2 2014 売上げを計上

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters, Michael E. Cohen: mcohen@tidbits.com, @lymond
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は、その 2014 会計年度第二四半期に対して、ほぼ全ての製品で、同社の予想に沿った利益を計上した。売上げは $45.6 billion で、純利益は $10.2 billion (希薄化後一株当たり $11.62) であり、同社の利益は前年同期比で 6.9% 増であった ("Apple Q2 2013 業績、増収減益となる" 23 April 2013 参照)。 同社の成長は止まったとする説もあるが、Tim Cook の Apple は引き続き元気である。

Apple はまた、投資家に対して暦年 2015 年末までに $130 billion 以上を返すと発表した。Apple の取締役会は、株買い戻し承認額を、昨年発表された $60 billion のレベルから $90 billion に増やした。同社はまた、四半期配当を 8% 増額し、今後毎年増やしていくとしている。

更に、Apple は珍しい 1 対 7 の株式分割も発表した。これにより株価は大幅に下落し (もしこれが決算発表の日になされたとすると、株価はおよそ $525 から $75 に下がる計算になる)、小口投資家にも買いやすい株となる。個々の投資家は持ち株 1 株に対して追加の 6 株を 2 June 2014 の終わりまでに受け取る。分割後の株式の売買は 9 June 2014 から始まる。

iPhone は、販売が前年同期比で巨大な 16.8% の伸びを示し、Mac までもが前年同期比で印象的な 4.7% の増加を示した (とりわけ、引き続き減少が続く PC 販売に較べれば、尚更である)。しかしながら、iPad の販売は 16% と大幅に落ち、今や人気のない iPod の販売は前年同期比で 51% も落ちた。

iPad の販売はアナリストの期待値以下となったが、CEO Tim Cook は "この数字は我々の期待値の上限に近かった" と語った。Cook は、主な理由は Apple が前年同期よりも少ない iPad を製造したからだと言った。また、昨年は iPad mini に対する待ち需要もあったが、今年はそれもなかった。

では先月リリースされた Microsoft Office ("Microsoft、iPad 用 Office をリリース" 27 March 2014 参照) は iPad の販売を押し上げる事が出来るであろうか? 恐らく。"Office は助けになると私は思う" と Cook は語った。"正直言うと、これがもっと早くなされていたら、Microsoft にとってももっと良かったであろうに。" Cook 曰く、Office は今では iPad 上でも競争相手はいくつもあり、そこには Apple 自身の iWork スイートも含まれる。"私は Microsoft を App Store へ心から歓迎する" と Cook は言った。

心配な iPad と iPod の数字にも拘わらず、Q2 は "とても堅調な業績" であり、Q2 2014 は "ホリデーシーズンを含まない四半期としては最高" の四半期であったと Cook は語った。Cook は、下がった iPad の数字は、具体的には、需要に対する流通在庫の扱いに関係しているとの説明に躍起となっていた。彼は、iPad は驚愕の 98% という顧客満足度を記録しており、ここまで到達する消費者製品は無い事を強調した。彼は、iPad は三つの市場セグメント全てで堅調に売れている事も明かした:彼は、最後のセグメントで iPad は 95% の市場シェアを有していると語った。

image

更に、Apple のデジタルダウンロード事業も活況を示している。iTunes は、$4.7 billion を Q2 に売上げ、前年比で 11% の増加であり、これは四半期記録でもある。

驚く事に、Apple の発表に今回 Wall Street は好反応を示し、株価は時間外取引で 7% も上昇した。この急上昇にも Cook は "株価は会社の全価値を反映していない" と警告した。

image

他のニュースでは、Cook は Burberry CEO Angela Ahrendts が来週ようやく Apple に Senior Vice President of Retail and Online Stores として入社すると発表した。報道では彼女は二の足を踏んでいる との噂も飛び交っていた。(元々の 10 月の発表については、"なぜ Angela Ahrendts は Apple にとって最適の人材か" 16 October 2013 を参照。)

Apple の将来に関して、Cook は、同社は研究開発、サプライチェーン、そしてマーケティングと流通に投資をし、新製品分野に拡大していくと語った。しかし、Cook は、Apple は将来に対する投資を抑えたきた事はないが、同時に $156 billion というかなりの準備金を一気に使ってしまうこともしないと言った。"我々は財務的弾力性を保たねばならない" と Cook は主張した。彼は、とは言え、Apple は過去 18 ヶ月間で 24 の会社を買収したことも指摘した。

次期 CFO Luca Maestri は、退任する CFO Peter Oppenheimer を 6 月に引き継ぐ予定だが、この四半期投資家電話会議の大半を仕切った。Maestri が取り上げた最も興味を惹くものの一つが、米国税法の合理化を求めるものであった。そうすれば、Apple もより多くのキャッシュを国内に戻す気になり、"米国経済にも大きく寄与出来るであろう。" Apple はこれ迄海外のタックスヘーブンを利用しているとの非難に晒されてきた;"Apple、税慣行について召喚される" (24 May 2013) 参照。

Cook はまた Oppenheimer への温かな送別の辞を述べた。彼は CFO としての 10 年間の任期中に一度たりとも予測を外さなかった、と Cook は語った。"Apple は Peter が CFO に就任した時に較べれば、大きさは 20 倍にもなっている" と Cook は言い、彼への感謝を表しそして彼の幸運を祈った。

次に何が控えているかについては、Apple は新しいものに取り組んでいるが、 "まだ公開するタイミングではない" と Cook は言った。Cook は、むしろ哲学者風に言葉を継いだ、"最初に出すよりもきちんとしたものを出す方が大事である... 顧客は素晴らしいものを欲している。気が狂う程素晴らしいものを。"

"我々は、最大限使う事や、最大限に買収する競争の中にいるわけでは無い。我々がいるのは、真に偉大な製品を作り出す競争の中である" と Cook は言った。いつものように、アナリスト Gene Munster は Apple TV について質問した。しかし今回は、謎めいた TV セットについての質問はせず、代わりに、何故 Cook は最早 Apple TV を趣味とはとらえていないのかという思慮に富んだ質問を発し、そして Amazon からの競争の激化に対する Cook の感想を求めた。

"私が趣味というレッテルを剥いだ理由は、ATV ボックスの販売を見た時、そして Apple TV から直接購入されるコンテンツを見た時、その額は 10 億ドルを超えているからである" と Cook は語り、そして Apple は 20 百万台を超える Apple TV をこれ迄に販売した事を付け加えた。Amazon についての不安に関しては、Cook は Apple TV のコンテンツはその競争相手から見劣りはしないと冷淡に言い放った。

コメントリンク14701 この記事について | Tweet リンク14701


iOS 7.1.1、Touch ID、キーボード、セキュリティ脆弱性を修正

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

Apple は iOS 7.1.1 をリリースした。これは Settings > General > Software Update 経由でダウンロード、或いは iTunes 経由でインストール出来る。この 18.8 MB ダウンロード (iTunes 経由なら 1.26 GB) では、Touch ID 指紋認証を改善、キーボード応答性に影響のあるバグを修正、そして Bluetooth キーボードを VoiceOver と一緒に使った時の問題に対処している。このアップデートは、既に iOS 7.1 が走っている機器だけが対象で、具体的に言うと、iPhone 4 かそれ以降、Pad 2 かそれ以降、そして第五世代 iPod touch かそれ以降となる。

Reddit ユーザー iOSecure が発見したように、iOS 7.1.1 を使えば iPhone 5s は今や Touch ID の設定で個々の指の位置で複数のスキャンを取る (Macworld の Serenity Caldwell がユーザーがなすべき事として推奨していたのと基本的には同じ事である、但し、異なる角度を記録するために指を何回も置き換える必要な無い)。もし既に iPhone 5s をお持ちなら、再度 Touch ID 設定をし直すべきで、何故ならば、それはあなたに代わって自動的に複数のスキャンを取ってくれるからである。

iOS 7.1.1 の目立たないが歓迎すべき新機能は、アプリ内購入を有するアプリは今や App Store の Top Charts や Featured セクションで明瞭にラベル付けされる事である。これは基本的には広告の真実性の話である。何故ならば、無料のアプリをダウンロードした多くの人が、後でそのアプリは基本機能以上のことのためには (そして時には基本機能を動くようにするためにすら) アプリ内購入を要求されて不愉快な思いをしてきたからである。

image

iOS 7.1.1 には幾つかのセキュリティ修正も含まれている。対象となるバグには、SSL 接続で "介入者" 攻撃を許すもの、WebKit メモリ破壊経由で任意コード実行を許すもの、そしてその他のセキュリティ上の弱点攻撃が含まれる。

Apple はまた Apple TV を 6.1.1 へとアップデートした。これには iOS 7.1.1 と同じセキュリティ修正が含まれる。アップデートを手動でダウンロードするには Settings > General > Software Updates > Update Software を選択する。

iOS 7.1.1 に関する苦情は比較的少ないが、対象が数百万のユーザーだと、無線経由の小さなダウンロードでアップデートした iPhone が復帰モードになってしまうという報告が幾つかある。こうなってしまうとバックアップからの復元が必要になる。我々のお薦めは、アップデートをインストールする前に iPhone を iTunes に接続して、手元にバックアップがある事を確実にする事である。そうすれば、アップデートがうまく行かなかった場合でも、何も失う事無く iTunes 経由で iPhone を復元しそしてアップデートをインストール出来る。

最後に注意をもう一つ:もし通常は Bluetooth を切りにしておく人は、iOS 7.1.1 アップデートでこれは再度有効にされるので注意が必要である。

コメントリンク14691 この記事について | Tweet リンク14691


Joe Kissell、"Take Control of the Cloud" でクラウドのうそを晴らす

  文: Adam C. Engst: ace@tidbits.com, @adamengst
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

もし TidBITS をお読みなら、企業が "クラウド" という用語についてあれこれ話し始めたら、恐らく何の話をしているのかの見当はつくであろう。しかし、マーケティング担当者が、ワードプロセッサから TV まで何でもかんでも、クラウド対応、クラウド親和、クラウド-これ、クラウド-あれと大げさに宣伝し始めると、いったい何の話をしているのだろうと首をかしげざるを得なくなる。そして、あまり技術に明るくない人達がこのクラウド話にどれ程混乱させられているかは、我々は想像するしかない。もし皆さんが - 或いは、お仲間が - この話はよく分からないとか、或いはクラウドのプライバシーやセキュリティ問題が心配だというのであれば、お薦めする本がある。

Joe Kissell はその様な曖昧な主張にはうんざりしており、$10 の "Take Control of the Cloud" で事実関係を明らかにし、不透明なクラウドの概念を特定し、クラウドサービスに関する宣伝文句を判断する手助けをし、そして Cloud の中で自分のプライバシーとセキュリティを強化する方法を説明する。この取っつきやすい本は読みやすく、Cloud とは一体全体何なのかを、あっという間に時代遅れとなる手順説明にこだわる事無く明確にする。そして、全ての Take Control 本の様に、TidBITS 会員には 30% 割引となる。

では、一体全体 Cloud とは何で、そしてどのクラウドサービスを使うべきか、そしてそれらの設定方法をどうすれば賢く決められるのであろうか? Joe は最もよくある質問に答える 18 の FAQ でずばり本題に入る。その後、彼はクラウドサービスの主なものを理解する手助けをし、クラウドストレージとクラウド同期の違いを説明、そして有用で人気のクラウドアプリを見てみる。

"Take Control of the Cloud" では、難しい問題も取り上げている。プライバシーとセキュリティを強化するには何ができるか、色々なクラウドプロバイダーを評価する方法、そして万が一そのプロバイダーが使えなくなった時に備えて、自分のクラウドベースのデータをどの様にバックアップするかを説明する。

自分のデータをクラウドサービスに任せるのはどうしても不安であるというのであれば、Joe は自分独自のクラウドを作成する基礎も順序立てて説明する - 当然のことながら、手間も、費用も、そして保守も必要となるが、全てを常時自分の管理下に置ける。

ところで、FAQ の中身? 以下が Joe がこの本の中で答えている全項目である:

コメントリンク14698 この記事について | Tweet リンク14698


外付けハードドライブの世話と供給

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

新型 Mac Pro の登場に伴い、Apple は Macintosh 製品ラインにおいて内蔵ストレージ拡張オプションを捨て去るという明確なメッセージを送った。あなたが Mac により多くのストレージを欲するなら、何らかの種類の外付けストレージデバイスが必要となる。それが、USB、FireWire、あるいは Thunderbolt のいずれで接続されるものであろうとも。

image

(画像は Roman Loyola の厚意による。2014 年 4 月 24 日の記事“最大何個のデバイスを Mac Pro に取付け可能か?”参照。)

そして、高速だが容量の少ないソリッドステートストレージが普及するに伴い、あなたはデータを保存しておく場所をより多く必要とするようになる。歴史的に見れば、外付けドライブというものは何よりバックアップのために使われてきたけれども、今後ますます重要なデータの主要な保管場所として外付けストレージに依存して使うようになるに従い、そのデータを保護するための対策を講じることが極めて重要となる。

まずはテストしよう! -- 私は最近、新しい外付けドライブにデータをコピーしようとして週末を丸々無駄にしたが、結局あとでさまざまのトラブルに陥る結果になった。暗号化されたパーティションが私のパスワードを受け付けなかったり、受け付けたとしても Finder がそのディスクを初期化するよう促してきたりした。最悪の場合には Finder が異常挙動を始めて、そのドライブの接続を引き抜いて再起動しなければならない羽目に陥ることもあった。

当初、私は自分が高級過ぎる技を使おうとしたのが原因ではないかと思った。暗号化されたボリュームを、妻の Time Machine バックアップ用にネットワーク経由で共有していたからだ。けれども、 WD Drive Utilities for Mac の機能にあったドライブテストを走らせてみたところ、原因はそうでなくて、このドライブがもともと新品の時から不良品だったことが分かった。これから交換に出すつもりだ。

image

だから、あなたの HD 映画のコレクションを新しい 4 TB ハードドライブへコピーし始める前に、まず第一に徹底的な診断テストを走らせて、そのディスクが悪いセクターを過剰に含んでいないか、他にも問題がないかどうか、調べておくべきだ。そのようなテストをするユーティリティはたくさんある。最も高価なものでは $100 前後のものもあるけれども、有名どころのドライブベンダーは無料のドライブユーティリティを提供していることも多く、たいていはドライブ自体に付属している。さきほど述べた WD Drive Utilities for Mac は Western Digital 製のドライブに付いていたものだし、Seagate は Seagate Dashboard を Seagate Backup Plus、Seagate Slim、Seagate Central 各ドライブに付けている。あなたがお持ちのドライブのメーカーに確認して、同種のツールが提供されていないか調べてみるとよい。

「Apple の Disk Utility で十分ではないのか?」と疑問をお持ちの方もおられるだろう。まあ、ある程度のことはできる。Disk Utility でそのドライブを選択し、Erase をクリックし、Security Options をクリックし、それからスライダーを少なくとも一段階以上右へ動かせば、Disk Utility はディスク全体にゼロを書き込むようになる。もしも悪いセクターのせいで書き込みに失敗すれば、Disk Utility はそのセクターをマップアウトして使えないようにする。通常の使用中でも同じ再マップは起こるけれども、あらかじめそれをしておくことであまりにも多くのセクターに失敗の起こるドライブを識別できる。この書き込みチェックの作業は時間がかかるし、既にそのディスク上にあったデータはすべて消去されるけれども、そのドライブをきれいな状態から使い始めるには良い方法だ。

image

(Disk Utility の First Aid 表示にある Verify Disk と Repair Disk のオプションは便利だが、ここでの状況には役立たない。なぜなら、これら二つの機能はそのドライブのファイルシステムを検査するだけであって、ディスクの物理的表面に対する検査を実行する訳ではないからだ。Verify Disk 機能を使うのは、起動ドライブのファイルシステムが壊れているのではないかと心配な場合のみにしよう。外付けドライブをテストする場合には Verify Disk でなく直接 Repair Disk をクリックしよう。なぜなら、両者は全く同じチェックを実行するのであって、Repair Disk の方はチェックに加えてエラーの修正も実行するので、時間の節約になるからだ。)

バックアップしよう! -- 外付けドライブをバックアップしない人は多いが、重要なデータをそこに保存しているのなら、絶対にバックアップしておくべきだ。外付けドライブは内蔵ドライブよりも壊れる可能性が高い。残念ながら、バックアップするにはさらなる外付けストレージ装置を購入しなければならず、それは決して安いものではない。けれども、あなたの貴重な写真やビデオ、書類、音楽などを失うリスクを冒してよいものだろうか?

外付けディスクを別の外付けディスクにバックアップする方法はいくつかある。Finder の中で手動でコンテンツをコピーすることもできるけれども、それは雑な方法であり、あらゆる手動バックアップ法と同じくいつかは抜けが生じるものだ。

Apple の Time Machine は外付けディスクへのバックアップに対応しているが、デフォルトではそれが除外されている。Time Machine が外付けディスクにもバックアップできるようにするには、Time Machine メニューから Open Time Machine Preferences を選び、Options をクリックし、Time Machine に含めたいディスクを選択してから、マイナス (-) ボタンをクリックして、Save をクリックする。

image

何たることか、Time Machine は、あなたの起動ドライブと外付けディスクのバックアップを同じボリュームに組み合わせてしまう。500 GB の起動ドライブと、外付けドライブ上にある 3 TB 分のメディアとを、別の 4 TB の外付けドライブにバックアップしたとしよう。そしてその後、新たな 3 TB ドライブを追加したとしよう。この新しいドライブにあなたが何らかの大きなデータをコピーしたとたん、あなたの 4 TB の Time Machine ドライブはあっという間に一杯になってしまうだろう。RAID 配列とか Drobo とかいったものに移行しない限り、そのような状況に耐え得るほど大容量のドライブなど買うことさえできない。こういう理由で、外付けドライブのバックアップに Time Machine を使うことはお勧めできない。

もっと細かな制御のためには、$27.95 の SuperDuper や $39.95 の Carbon Copy Cloner (CCC) といったユーティリティを私たちは気に入っている。これらのツールはディスクの正確な複製を作ることができ、自動的に走るよう設定することもできる。個人的に私は Carbon Copy Cloner を使っていて、設定は "Temporarily archive modified and deleted items" つまり複製ドライブ上にある項目で主ドライブ上では消去されたか変更されたかしたものを特別の _CCC Archives フォルダに移し、場所を取り過ぎたり古くなり過ぎたりするまでそこに置いておくようにしている。デフォルトで CCC はドライブ上の空き容量が 15 GB になると古いアーカイブを削除し始めるが、この点は設定で変更できる。こうして、私がメインのストレージドライブから誤ってファイルを削除してしまっても、Carbon Copy Cloner はバックアップ上で直ちにそれを削除することはないので、あとになって取り戻すこともできる。

image

また、 CrashPlanBackblaze のようなクラウドバックアップサービスを利用して外付けストレージをバックアップするやり方も考慮に値する。こうすれば、たとえあなたのドライブが盗まれたり、あるいは災害によって失われたりしても、あなたのデータは回復可能であり続ける。その上ボーナスとして、いずれのサービスも、あなたが外出中にも自分のファイルにアクセスできる iOS アプリを提供している。大量のデータをバックアップしたければ、CrashPlan の $124.99 の Seeded Backup サービスと $164.99 の Restore-to-Door サービスもある。いずれも、遅いインターネット転送を避けるためにハードドライブを発送してくれる。

これらのさまざまなバックアップテクノロジーについてもっと詳しくは、Joe Kissell の包括的ガイドブック "Take Control of Backing Up Your Mac" を参照されたい。

隠そう! -- あなたはおそらくすべてのディスクが常時マウントされていることは望まないだろう。例えば起動ドライブの複製は、それが必要になる状況が発生しない限りマウントする必要はないだろう。(Carbon Copy Cloner も SuperDuper も自動的にドライブのマウント・アンマウントができる。)

常時デスクトップ上に置く必要のないドライブが他にもある場合は、それをアンマウントして見えないようにしておき、必要になれば再マウントできるようにするのがよい。そのための標準的な方法は、Finder でそれを選択してからイジェクトボタンを押すか Command-E を押すか(または Dock 上のゴミ箱へドラッグしたり、Control-クリックしてから Eject を選んだりといった方法もあるのはご存じだろう)することだ。ハードウェアをいじったりせずにそれを再マウントするには、Disk Utility の中でそれを選択してからツールバーの Mount ボタンをクリックすればよい。

けれどももっと良い方法もある。$1.99 の Mountain ユーティリティはメニューバー上に常駐し、ボタンをクリックするだけで個々のドライブをマウントしたりアンマウントしたりできるようにする。また、キーボードショートカットを使ってすべてのボリュームをマウントしたりアンマウントしたりもできる。

image

残念なことに、Mountain の開発者 Appgineers は Apple が Mac App Store アプリに対して実施したサンドボックス要件の変更に捕らえられ、Mac App Store の中でこのアプリをアップデートすることができなくなってしまった。なので、現行バージョンを入手するには、まず Mac App Store で Mountain を購入し、一度それを開き、次にそれを閉じて、Appgineers ウェブサイトから試用版をダウンロードして、それを /Applications/ フォルダにコピーして Mac App Store 版を上書きする、という手間をかけなければならない。

この安価なユーティリティはそれ以外の点では素晴らしく、今述べた手間が私の唯一の不満だ。その上、ディスクがアンマウントできない場合にはどのアプリがそれを妨げているかまで知らせてくれる。このような必要不可欠の機能を、Apple は Mac OS X に組み込むべきだと私は思う。

もしもあなたがマウントとアンマウントの作業を自動化したいなら、$36 の Keyboard Maestro を試してみるとよい。このユーティリティは、Unix シェルスクリプトを実行させることができる。心配は要らない、とても簡単だ。特定のドライブを(例えばログインの際に)アンマウントするマクロを作るには、Keyboard Maestro の Execute Shell Script アクションを使って次のテキストスクリプトを走らせればよい:

diskutil unmount "/Volumes/driveName"

それから、キーを押して呼び出せるマクロで特定のドライブをマウントさせたければ、次のスクリプトを使えばよい:

diskutil mount driveName

スピードアップしよう! -- あなたの外付けボリュームは、とても速度が遅かったり、使っていない間も騒音を発していたり、または強情にアンマウントしようとしなかったり、していないだろうか? その種の問題によくある原因は、Spotlight の索引付けだ。有用な書類を含んだストレージドライブならばおそらく Spotlight に索引付けさせるべきだろうが、バックアップドライブを索引付けすべき理由は何もない。

Spotlight にバックアップドライブを索引付けさせないようにするには、システム環境設定の Spotlight 枠を開き、Privacy 表示の中で、そのボリュームを Finder からドラッグして入れるか、またはプラス (+) ボタンをクリックしてからそのボリュームを選択すればよい。

image

これで、あなたのドライブの反応性が良くなり、不必要に CPU サイクルを浪費しなくなり、あなたの仕事部屋が少し静かになるはずだ。

暗号化しよう! -- Mac OS X の最良の機能の一つが、ディスク全体を暗号化する FileVault 2 だ。私は自分のすべてのディスクを暗号化している。もしも盗人が私のドライブを盗んだとしても、彼らには私の写真や財務情報にアクセスして欲しくない。Apple は OS X 10.7 Lion で FileVault 2 を導入し、10.8 Mountain Lion では暗号化コマンドを Finder のコンテクストメニューに移した。データの暗号化に使われるログインパスワードを覚えている必要があることを別にすれば、FileVault 2 の難点はパフォーマンスが少々低下することと、ドライブの復旧が難しくなること(でもあなたはバックアップを持っているでしょう?)くらいだ。

ドライブを暗号化するには、Finder でそのドライブを Control-クリックして Encrypt driveName を選べばよい。いったん暗号化が済めば、通常通りに使い続けられる。そして、たとえ悪漢がそのドライブを手に入れたとしてもデータは保護される。もしも後になってそのドライブ全体の暗号を復号したくなれば、Control-クリックして Decrypt driveName を選べばよい。

いずれの作業にも長い、長い時間がかかるので、まだ何のデータも入れていない時点でディスクを暗号化しておくのが最も賢明だ。あるいは、まずデータを他のボリュームに移しておいてから、元のボリュームを消去してから暗号化し、その後でデータを戻すのも、時間の節約になるかもしれない。いずれにしても、まず第一にバックアップを作っておくこと!

クールにしておこう! -- 外付けドライブの多くはもともとファンが付いていないので、静かではあるけれども、動作中に熱くなり過ぎる危険がある。たいていのドライブは摂氏 50 度程度までを想定して作られている。60 度までというものもある。けれどもやはり、ドライブのまわりに十分な空気の流れがあるよう多少の努力をすることによって、冷却に注意を払っておくのも大切なことだ。高温になってもドライブの力が衰えたりはしないが、不具合が起こる可能性が増す。とりわけ古いドライブではその危険が大きい。また、ドライブ内部の他の部品が高温によって機能しなくなることもある。

常に電源を入れておこう! -- 朝起きてコンピュータの前に座り、あの嫌な「ディスクが適切にイジェクトされませんでした」エラーに迎えられたことはないだろうか? 夜中に小鬼たちが外付けドライブの電源コードを引っこ抜いたのでないと仮定すれば、それは何らかの理由でそのドライブが電源または接続を失ったことを意味し、いずれの場合もディスク破損に繋がる可能性がある。これに対処する方法は二つあって、一つはソフトウェアによる対策、もう一つはハードウェアによる対策だ。

image

まず第一に、Mac OS X がドライブをスリープさせようとしていないことを確認しよう。Energy Saver 環境設定枠を開いて「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを外しておく。私には理由がよく分からないが、自動的にディスクをスリープさせるとその電源が完全に落ちてしまったり接続が失われてしまったりすることがあるようだ。この設定を無効にしておくことで、ドライブが回転を再開するまでイライラしながら待つこともなくなる。

image

次に、あなたの外付けドライブが壁のコンセントから電源を得ているのなら、無停電電源装置 (UPS) を買うべきだ。これは基本的に、サージ保護装置に大きな電池を内蔵させたものだ。万一停電が起こっても UPS が電源を供給するので、ドライブはあなたが優しく電源を切るまで(または少なくとも UPS のバッテリが続く限り)電源が入ったままでいられる。UPS は Amazon から安いものでは $40 程度で手に入り (例えばローエンドの APC Back-UPS BE350G などがある) ラップトップ機一台と外付けドライブ一台程度ならばそれで十分だろうが、デスクトップ Mac を使っている場合はもう少し大きなバッテリを持つ UPS (例えば APC Back-UPS BE750G は Amazon で $83 ほど) ならばシステム全体を保護できるだろう。

返品しよう! -- ドライブはいつか死ぬ。そして、容量がもっと大きく価格がもっと安いドライブをという市場の要求に業界全体が屈しつつある現状では、ドライブはあまりにも頻繁に死ぬ。でも、多くの人たちが見過ごしているのが、ドライブにはたいてい完全置換の保証が付いているという事実だ。ケースに入ったドライブ(例えば Other World ComputingGranite Digitalなどで売っているもの)を購入する場合は、まずその販売会社に問い合わせるのがよい。けれども裸のドライブを購入して自分でインストールする場合や、ケースのベンダーが助けにならない場合は、ドライブ機構自体の保証を調べる必要がある。

TidBITS スタッフたちも長年のうちに何台もの死んだドライブを返品してきたが、大体においてその手続きは簡単だ。ただオンラインの RMA フォーム(商品返品確認書、これであなたのドライブが保証対象かどうかが分かる)に書き込んで、ドライブを発送し、新しいドライブが届くのを待つだけだ。死んだユニットを発送する料金はあなたの負担になるのが普通で、交換品は同一ストレージ容量のものが届く。

現在生き残っているハードドライブメーカーは SeagateToshibaWestern Digital の三社(リンクはそれぞれの保証システムに行く)のみなので、それ以外のブランドの古いドライブでまだ保証期間内と思われるものを持っている場合は、廃業ハードドライブメーカーのリスト をチェックして、現存する三社のどれに相談すればあなたのドライブの保証を引き受けてくれるか調べよう。

外付けストレージこそ良識 -- DIY の PC 世界から Mac へと復帰して以来の私は、Apple のコンピュータで可能なストレージが限られていることに不満を感じていた。昔使っていたタワーマシンでは、いくらでも好きなだけ大容量のドライブをスロットインさせることができたからだ。

けれども、最近私の MacBook Pro でオーディオの問題が生じてロジックボードの交換が必要になったとき、自分のデータがコンピュータ外部に保存されているのがどれだけありがたいことかと気付かされた。自分のデータが数日間使えないという事態が発生する代わりに、妻の MacBook Pro を借りて、そこに私の USB ハブを差し込み、ブート可能な複製ドライブで再起動するだけで、いつもと変わらず仕事に戻ることができた。ただし、いつもよりほんのわずか速度が遅かったが。

ただ一つ残念なのは、Apple が古くさい USB 2.0 をより高速の USB 3.0 標準になかなか切り替えてくれないこと、それと私たちが本当はこちらの方が欲しいと思っている Thunderbolt 周辺機器の価格が、平均的ユーザーにとってはまだまだ高過ぎることだ。けれども私のハブもドライブもすべて USB 3.0 に対応しているし、Apple の現行機種の Mac はすべて USB 3.0 対応なので、いずれは私もアップグレードして大幅な速度向上を手にできるだろう。そして、私がその新しい Mac をデスクの上に据え付けるとき、自分のデータはすべて、ただ差し込めばよいだけの状態で、ちゃんとそこにあって待っているのだ。

コメントリンク14708 この記事について | Tweet リンク14708


FunBITS: iPhone および iPad 用 Monument Valley

  文: Josh Centers: josh@tidbits.com, @jcenters
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

M. C. Escher は、木版画、石版画、銅版画を使って幻覚を引き起こすような光学的錯視を描いたことで有名だ。おそらく最も伝説的と言える彼の作品は "Relativity" だろう。そこに描かれているのは重力に反する部屋で、四つの階段がすべて別々の方向に向かっている。Escher からヒントを得て ustwo が作ったゲーム Monument Valley も光学的錯視を中心としていて、ゲームの中で前進するための唯一の手段は、不可能を考察することだ。Monument Valley は App Store で $3.99 で販売され、iOS 6.0 以降が必要で、iPhone と iPad 双方で動作し、147 MB のダウンロードだ。リリース予告編のビデオもある。

Monument Valley の中であなたは物言わぬ主人公 Princess Ida (アイダ姫) を導き、美しくデザインされた 3D パズルの 10 個のステージを通り抜ける。姫がどこへ行くかをタップ一つで指示するのだが、ステージ自体を回すこともでき、そうすれば新たな視野が開く。このゲームには、やはり評判の良いもう一つのゲーム、2D と 3D の視点を交錯させる Fez を思わせるところがある。

image

本質的に、Monument Valley はパズルゲームだが、ゲームとして難しいのは物理や常識にとらわれない考え方が必要になる点だ。まわりのものを操作して、必要な光学的錯視を形成することが鍵となる。例えば、連結されていない二つのオブジェクトが、ステージを回転させると、突然橋で結ばれたりする。

image

また、Crow People (カラス人間) と呼ばれる敵もいて、憎たらしくあなたの行く手を塞ぐ。けれども多くのビデオゲームとは違って、あなたが死ぬことはないし、修復不可能なまでに大失敗に陥ることもない。一つの戦術がうまく行かなければ、もう一度やり直してみればよい。こうして、Monument Valley はリラックスできると同時に、挑戦し甲斐のあるゲームともなる。

おそらく Monument Valley の最も傑出した機能は、そのアートデザインだ。そして、それは意図されたことでもある。プレスリリースの中で、ustwo は誇らしげに「Monument Valley の画面の一つ一つがグラフィックデザインとして注意深く考え抜かれているので、一つ一つ印刷して額縁に入れて飾れるようになっている」と語っている。その点を納得させるかのように、このゲームにはスクリーンショットカメラが内蔵されていて、どの画面のどの部分でもズームして画像を撮ったり、その画像を友人たちと、あるいはソーシャルメディアで共有したりすることもできる。

image

押し付けがましい感じがするだろうか? いや、そんなことはない。実際、このゲームはあまりにも美しいので、これは歓迎すべき機能だ。オブジェクトの形状はシンプルで、パステルカラーで塗られ、iOS 7 から大いにヒントを得ている。このゲームがこれほど美しいのにはちゃんとした理由がある。メーカーの ustwo は、ゲーム分野に乗り出すずっと前から国際的なデザイン会社として活躍してきた。もしも Monument Valley が来年の Apple Design Award を受賞しなかったら、私は自分の帽子を食べてみせてもかまわない。

Monument Valley のゲームプレイの美しさは既に成功に結び付いている。現在では App Store の Top Paid ランキングで 48 位のあたりをうろうろしているけれども、リリース後しばらくは第 1 位の座を占め続けていた。どうやら iOS ゲームのランキングは低品質のアプリ内購入で金を掻き集める連中に乗っ取られることがしばしばのようだが、こうして一度料金を払うだけで楽しめる昔気質のゲームが登場するのも嬉しいことだ。

私が感じるたった一つの不満は、Monument Valley があまりにも短いことだ。ステージはたった 10 個しかなく、気軽にプレイするだけでも一週間もあればすべてプレイし尽くせる。もっと真剣にプレイするタイプの人なら一日の午後のうちに全部やっつけてしまえるだろう。でも、それは言い替えればこのゲームが十分に手早くでき、誰でもすべてを体験できるということだ。そうは言っても、追加のレベルがあれば私なら数ドルを喜んで払うだろう。実質的なコンテンツに対して料金を支払うのは、私は嫌だと思わない。(別の実例としては 2014 年 1 月 24 日の記事“FunBITS: iPhone および iPad 用 Republique Episode 1: Exordium”を参照。)

美しくてリラックスできるパズルゲームだけれど、自分の自由な時間を全部食い尽くしてしまったりはしない、そういうものを探している人には、Monument Valley なら定価の $3.99 を支払う価値が十分にあるだろう。

コメントリンク14705 この記事について | Tweet リンク14705


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2014 年 4 月 28 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

Adobe Flash Player 13.0.0.206 -- またもや明らかになった重大なセキュリティ脆弱性に素早く対処して、Adobe が Mac 版の独立動作 Flash Player をバージョン 13.0.0.206 にアップデートした。Adobe のセキュリティ情報ページによれば、今回のアップデートでは Windows プラットフォーム上の Flash Player ユーザーをターゲットとした攻撃でシステムが遠隔コントロールされてしまう弱点をパッチしたという。けれどもこの脅威は Mac (および Linux) のシステム上でも弱点となり得るものなので、Adobe はすべてのユーザーが Flash Player for Mac 13.0.0.201 またはそれ以前を今回の新リリースにアップデートするよう勧めている。あなたがどのバージョンの Flash をインストールしているかはこの Adobe ページを訪れれば分かる。Google Chrome ウェブブラウザを使っている場合は、必ず一度それを閉じて起動し直しすことにより Chrome 34.0.1847.131 を入手すること。そのバージョンには Flash Player 13.0.0.206 が含まれている。(無料、15 MB、リリースノート、10.6+)

Adobe Flash Player 13.0.0.20 へのコメントリンク:

Instacast 1.2 -- Vemedio が Mac 用 Instacast のバージョン 1.2 をリリースし、あなたの Mac と iOS デバイスの間でポッドキャストを同期するための新しいアーキテクチャを組み込んだ。データをより小さな塊で送信することにより、この新しいスキームではあなたのすべてのデバイスが同じ状態に同期されるようになるとともに、ネットワークトラフィックやストレージ要件、モバイルデータ料金、バッテリ電力などを節約できるようになった。あなたのポッドキャスト購読を iPhone、iPad、iPod touch の間で引き続き同期できるようにするためには、 iOS 用の Instacast をバージョン 4.5 にアップデートする必要がある。(Vemedio からも Mac App Store からも新規購入 $19.99、無料アップデート、7.0 MB、リリースノート、10.8+)

Instacast 1.2 へのコメントリンク:

VMware Fusion 6.0.3 と Fusion 6.0.3 Professional -- VMware が、人気の仮想化パッケージ VMware Fusion を標準版 Professional 版の双方ともバージョン 6.0.3 にアップデートした。いずれも Heartbleed バグ(2014 年 4 月 9 日の記事“普通の人たちのための Heartbleed 脆弱性ガイド”参照)に関係した OpenSSL のセキュリティ脆弱性を解消している。今回のリリースではまた、USB デバイスが仮想マシンに接続できなくなっていた問題を解消し、USB オーディオ・ビデオデバイスとの間のパフォーマンスと互換性を改善し、Mac がスリープモードから復帰する際のクラッシュ可能性を減らし、同じ仮想マシンから二台のモニタを使う際の対応を改善している。また、仮想マシンが動作中に Mac デスクトップに戻った際、Windows XP 仮想マシンのウィンドウをリサイズした際、外部ディスプレイとして Apple TV を使った際などスクリーンまたはウィンドウが真っ暗になるいくつかのケースを予防している。(新規購入 $59.99/129.99、無料アップデート、514 MB、リリースノート、10.7+)

VMware Fusion 6.0.3 と Fusion 6.0.3 Professional へのコメントリンク:

DEVONagent Lite、Express および Pro 3.8 -- DEVONtechnologies が、同社のリサーチ用ソフトウェア DEVONagent の三つの版すべて (Lite、Express および Pro) をバージョン 3.8 にアップデートして、そのプラグインのほぼすべてをアップデートするとともに、言語対応の "Shopping > Amazon" プラグインと、最近使ったプラグインや検索セットに素早くアクセスできるサブメニューを追加した。DEVONagent Express 版と Pro 版では JSON ベースのプラグインや JSON フォーマットの検索エンジンによる検索結果にも対応し、追加メニューでのアクティブでない結果の認識を改善し、VoiceOver 検索結果に対応し、Yahoo への対応を追加している。DEVONagent Pro 版においては、ブラウザウィンドウのアドレスバーに入力される言語固有のキーワードにも(もしあれば)対応し、OS X 10.9 Mavericks 上で FTP への対応を導入し、HTTP ユーザーエージェントを指定するための UserAgent プラグインキーオプションを有効にしている。(いずれもアップデートは無料。DEVONagent Lite は無料、リリースノート。DEVONagent Express は新規購入 $4.95、リリースノート。DEVONagent Pro は新規購入 $49.95、TidBITS 会員には 25 パーセント割引、 リリースノート。10.6.8+)

DEVONagent Lite、Express および Pro 3.8 へのコメントリンク:

DEVONthink と DEVONnote 2.7.5 -- DEVONtechnologies が DEVONthink の三つの版 (Personal、Pro および Pro Office) すべてと DEVONnote をバージョン 2.7.5 にアップデートして、MultiMarkdown シンタックス対応を追加した。DEVONthink の三つの版のいずれも、また DEVONnote も、タグ付け機能を改良して OS X 10.9 Mavericks によるタグが OpenMeta タグよりも優先されて扱われるようになった。DEVONthink ではまた、バックアップからのリストアの後のワークスペースやウィンドウ処理のリストアを改善し、HTML ページの索引付けを高速化し、見つかった PDF 書類の中で検索をする際の問題点を修正し、ドイツ語ローカライズ版を改善している。DEVONthink Pro と Pro Office では起動時に複数のデータベースをロードする際の進行状況を表示するようになり、author フィールドに HTML コードを含む RSS フィードにも対応した。DEVONthink Pro Office のモバイルウェブインターフェイスが Markdown ファイルを表示できるようになり、Apple Mail から複数のメッセージをドラッグしても送受信の日付と未読状態が保持されるようになった。(いずれもアップデートは無料。DEVONthink Pro Office は新規購入 $149.95、リリースノート。DEVONthink Professional は新規購入 $79.95、リリースノート。DEVONthink Personal は新規購入 $49.95、 リリースノート。DEVONnote は新規購入 $24.95、リリースノートTidBITS 会員には DEVONnote もいずれの版の DEVONthink もそれぞれ 25 パーセント割引。10.6.8+)

DEVONthink と DEVONnote 2.7.5 へのコメントリンク:

OmniOutliner 4.0.5 -- The Omni Group が OmniOutliner 4.0.5 をリリースした。小さなメンテナンスリリースだが、前回のバージョンで最も多く報告が寄せられたクラッシュ(どんなシンプルなアクションからでもランダムにクラッシュしていた)を修正しているのでいくらかフラストレーションが減るだろう。このアウトライン作成および情報整理アプリではまた、Outline 表示が修正されてセクションを切り替えた際にも焦点の当てられていない表示の行が見え続けるようになり、行に編集を加えた後もハイパーリンクが失われないようになり、焦点を変えた際にサイドバーの選択状態を消すようになった。私たちの書いたレビュー記事“OmniOutliner 4、より洗練されたアウトライン操作”(2014 年 1 月 31 日) がある。(新規購入 $49.99、無料アップデート、45 MB、リリースノート、10.9+)

OmniOutliner 4.0.5 へのコメントリンク:

1Password 4.3 -- AgileBits が「大規模なアップデート」として Mac 用 1Password 4.3をリリースした。このパスワードマネージャは 1Password mini を改善してスピーディーな見栄えとなり、(ユーザ名からセキュアノートまで) すべてのフィールドを検索できるようになり、キーボードショートカットをいくつか追加している。Command-O は詳細表示ウィンドウを固定し、Command-E は詳細表示を編集モードにする。このアップデートではまた Master Password の変更が他のデバイスへ確実に同期されるようになり、1Password と Dropbox のやり取りを改善し、項目を CSV およびプレインテキストで書き出せるようになり、ヴォールトから別のヴォールトへ項目を移動したりコピーしたりする機能を追加し、リムーバブル USB ドライブとの同期にも対応し、フルスクリーン対応を追加している。今回のリリースではその他にも多数の修正があって、1Password 3 で作成されたマニュアルテキストフィールドがウェブフォームの詳細表示に現われなかったバグ、複数行のノートの印刷、また複数のヴォールトを使った項目同期に関係するいくつかの問題点が修正された。

Mac 版に加えて、AgileBits は iOS 用の 1Password をバージョン 4.5 にアップデートして Wi-Fi 同期を改善し、タグを追加し、1Browser を改善してすべてのログイン、認証情報、クレジットカードが同じボタンの下で扱えるようにした。二つの新バージョンのリリースを祝い、AgileBits では 2014 年 4 月 27 日まで Mac 用 1Password と iOS 用 1Password の双方とも半額で販売しており、Mac 版は AgileBits からも Mac App Store からも $24.99、ユニバーサルな iOS アプリは App Store から $8.99 となっている。(通常価格は新規購入 $49.99、TidBITS 会員が AgileBits から購入した場合 25 パーセント割引、無料アップデート、38.7 MB、リリースノート10.8+)

1Password 4.3 へのコメントリンク:

AirPort ベースステーション・ファームウェア・アップデート 7.7.3 -- Apple が、AirPort ベースステーションファームウェアアップデート 7.7.3 をリリースした。802.11ac 対応のすべての AirPort Extreme および AirPort Time Capsule ベースステーションに推奨されている。このファームウェア・アップデートは、最近明るみに出た Heartbleed バグ(2014 年 4 月 9 日の記事“普通の人たちのための Heartbleed 脆弱性ガイド”参照)に関係して、Back to My Mac 機能がオンの場合に攻撃に晒される可能性のある OpenSSL の脆弱性を修正した。ファームウェアをアップデートした後、AirPort Utility と Mac のシステム環境設定の双方を使って Back to My Mac を有効に設定し直す必要があるかもしれない。AirPort ベースステーションのアップデートは、Mac 上の AirPort Utility か、または無料の AirPort Utility アプリがインストールされている iOS デバイスかのいずれかを使ってしなければならない。(Apple Support ウェブページや Software Update からダウンロードすることはできない。)[訳者注: AirPort は日本では AirMac と呼ばれています]

AirPort ベースステーション・ファームウェア・アップデート 7.7.3 へのコメントリンク:

Paprika 2.0.3 -- Hindsight Labs LLC が Paprika 2.0.3 をリリースした。このレシピ・マネージャーで .paprikarecipe ファイルの読み込みを修正した、小さなアップデートだ。(2014 年 3 月 14 日の記事“FunBITS: iPhone、iPad、および Mac 用 Paprika Recipe Manager”参照。)今回のアップデートではまた、書き出されたカレンダーで名前の設定が正しく保持されるようになり、MMF 読み込みツールに調整が施され、サブカテゴリーをその親カテゴリーの外に出してトップレベルへドラッグできる機能を改善し、食事プランナーを通じてレシピを見た際の印刷の問題を修正している。(Mac App Store から新規購入 $19.99、無料アップデート、3.5 MB、10.8+)

Paprika 2.0.3 へのコメントリンク:

セキュリティアップデート 2014-002 (Mavericks、Mountain Lion、Lion) -- Apple がセキュリティアップデート 2014-002 を、OS X 10.9 Mavericks 用に、また 10.8 Mountain Lion、10.7 Lion、および 10.7 Lion Server をまだ使っている人たちに対しても、セキュリティ修正を盛り込んでリリースした。リリースノートによれば、今回のセキュリティアップデートは攻撃者がウェブサイトの資格情報を入手する可能性のあった HTTP ヘッダの脆弱性(三つのバージョンの OS X 全部に影響していた)をパッチした。また "triple handshake" 攻撃に対する特に厄介な脆弱性(Mavericks と Mountain Lion に影響していた)も修正している。けれども変更点の多くは Mavericks のみに対するものであって、CoreServicesUIAgent ウェブサイト検証における脆弱性、Heimdal Kerberos 認証、ImageIO での JPEG 画像の処理、システムがスリープに入って画面をロックするのを妨げることのあったパワーマネージメントの問題などに対処を施している。(すべてのアップデートは無料、10.9 Mavericks 用は 80.5 MB、10.8 Mountain Lion 用は 135.9 MB、10.7 Lion 用は 126.9 MB、10.7 Lion Server 用は 177.2 MB)

セキュリティアップデート 2014-002 (Mavericks、Mountain Lion、Lion) へのコメントリンク:


ExtraBITS、2014 年 4 月 28 日

  文: TidBITS Staff: editors@tidbits.com
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週の ExtraBITS では、Adam Engst が Tech Night Owl ポッドキャストで TidBITS の 24 年間を回顧し、David Sparks が Josh Centers の Home スクリーンを公開し、Macworld が Mac Pro の拡張性をテストする。今週 Apple は忙しく、iPhone 5 の欠陥ある Sleep/Wake ボタンの交換プログラムを開始し、商標権を宝飾品や時計にも拡張しようとし、Mac OS X のベータアクセスをあらゆる人たちに開放しようとしている。最後にもう一つ、Wired の Steven Levy が Apple の環境計画担当副社長の人物像を紹介する。

Adam Engst、Tech Night Owl で TidBITS の 24 年間を語る -- Tech Night Owl Live のホスト Gene Steinberg との気ままな語り合いで、Adam Engst は TidBITS の 24 年の歴史の中からさまざまの話を明かしつつ、それらがインターネットの成長と Apple の変化とに呼応して生まれてきたと語る。聴く価値たっぷりのこのポッドキャストで、思い出を辿ろう。

コメントリンク: 14714

Apple、iPhone 5 の欠陥ある Sleep/Wake ボタンを交換 -- iPhone 5 の Sleep/Wake ボタンが機能しなくなっていないだろうか? あるいは、時々しか機能しないということはないだろうか? そのようなボタンに対して、Apple が交換プログラムを開始している。交換プログラムのページに iPhone のシリアル番号を入力すれば、その iPhone が対象となっているかどうかが分かる。もしも対象となっていれば、それを直接正規サービスプロバイダに持ち込むか、または Apple に電話して送料支払済みの梱包箱を送ってもらえばよい。Apple がその iPhone を修理するのに 4 日から 6 日ほどかかるが、プログラムに参加する正規サービスプロバイダでは修理中の代替機として 16 GB の iPhone 5 を希望者に貸し出している。

コメントリンク: 14710

Josh Centers の Home スクリーン -- 編集主幹 Josh Centers が iPhone の Home スクリーンにどんなものを置いているか、知りたくなったことはないだろうか? Josh の Home スクリーンを紹介してくれた David Sparks のお陰で、その夢が叶った! 添えられたインタビューの中で、Josh は気に入っている iPhone アプリいくつかについて、あったらいいのにと思っているアプリについて、お気に入りの iPhone 機能について、もしも彼自身が Apple を運営していたならばどんなことをしたいかについて語る。

コメントリンク: 14709

最大何個のデバイスを Mac Pro に取付け可能か? -- Apple の新型 Mac Pro は拡張を完全に外付けポートに依存していて、6 基の Thunderbolt ポート、4 基の USB 3.0 ポート、1 基の HDMI ポートと、2 基のギガビット Ethernet ポートを備えている。そこで Macworld Lab の人たちが Mac Pro の拡張性をテストするために、合計して 100.63 TB のストレージ容量を持つ 36 台のドライブに加えて、数々の他のデバイスも接続した。このような状態でさえ、すべてのデバイスの消費する電力は合わせてたった 865 ワットで、普通のヘアドライヤー一台よりも少なかった。

コメントリンク: 14707

Apple の Green Data Center -- Wired の記事で、Steven Levy が Lisa Jackson の人物像を紹介する。彼女は元 EPA (米国環境保護庁) 長官で、現在は Apple の環境計画担当副社長となっている。Tim Cook 率いる Apple は同社の環境への影響を最小限にするために多大の投資をしてきたが、Jackson は同社のデータセンターや、企業キャンパス、リテール店などを 100 パーセント再生可能エネルギーによるものにするために働くことになる。Apple の企業キャンパスとデータセンターは 2010 年の 35 パーセントから、現在では既に 94 パーセントまでその比率を上げている。

コメントリンク: 14706

Apple、商標権を宝飾品や時計にも -- Apple が同社の商標権を Class 14 項目すなわち「貴金属やその合金、貴金属で作られた製品や貴金属でメッキされた製品であって他のクラスに含まれないもの、宝石類や宝飾品、時計類」へ世界中で広げようとする申請を出願している、と MacRumors の Eric Slivka が伝える。この出願により iWatch の噂がますます煽り立てられることになるが、Apple の商標権に既に含まれている Class 14 もあることは注意しておくべきだ。今回のことは、Apple がただ自社の商標権を整えようとしているだけのことかもしれない。

コメントリンク: 14697

Apple、Mac OS X Beta をすべての人に開く -- Apple は Mac OS X のベータ版をもはや会費を払った開発者のみに限定していない。Apple ID を持っている人なら誰でも(率直に言おう、それはつまり、事実上現時点での Apple ユーザー全員だ)OS X Beta Seed Program にサインアップすればこのオペレーティングシステムの未公開バージョンをテストできる。ただし、そのためには Apple の OS X Beta Seed and Confidentiality Agreement に同意しなければならず、Beta Access Utility をインストールしないと Mac App Store の中でベータ版が見えるようにはならない。WWDC が済めば、このことが OS X のメジャーリリースにも適用されるのか、それともマイナーアップデートのみに適用されるのかが判明するだろう。

コメントリンク: 14692


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。
告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。

TidBITS ISSN 1090-7017©Copyright 2014 TidBITS: 再使用はCreative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2014年 5月 1日 木曜日, S. HOSOKAWA