TidBITS: Apple News for the Rest of Us  TidBITS#1055/06-Dec-2010

これがあの素晴らしいホリデー TidBITS ギフトガイドだよ、Charlie Brown! 今年はいつもとちょっと趣向を変えて、"bits not atoms" (原子でできた物体でなく情報ビットでできたもの) という大原則の下に TidBITS スタッフたちが考え抜いた提案を集めてみた。また、ZeroChroma 製の風変わりな iPhone・iPad 用ケース二つのレビューと、iPhone アプリ Navigon MobileNavigator のレビューもある。それから、興味深い画像処理アプリケーション cf/x alpha が当たる DealBITS 抽選もある。今週注目すべきソフトウェアリリースは、iPhoto と Aperture 用の FlickrExport 4、RapidWeaver 5.0.1、Swift Publisher 2.3.3、VMware Fusion 3.1.2、Cyberduck 3.8、EyeTV 3.5、それに Google Earth 6 だ。

記事:

----------------- 本号の TidBITS のスポンサーは: ------------------

---- 皆さんのスポンサーへのサポートが TidBITS への力となります ----


Take Control 7 周年記念セールで 50% 引き

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

我々も同感なのだが、我々が試しに我々の最初の Take Control 電子本 Joe Kissell の "Take Control of Upgrading to Panther" を発表したのは 7 年前だったというのは信じがたいことである。(Panther で新しくなったことそして何が格好よかったか覚えていますか?いや、我々も覚えていません。) それで Take Control の 7 周年を半額セールで祝いたいと思う。我々のどの電子本でも、 このクーポンが詰まったリンクを使って 12 月末までに半値引きで注文して欲しい。

思い返せば、我々が Take Control を始めたのは極めて幸運な時であった。PDF フォーマットはほぼユビキタスだし、皆がインターネット経由で物を買うのに慣れて来ていたし、そして大手の出版社の多くが電子本を大々的にやって見ようなどと思ってもいなかった。この様な背景から、我々は著作、編集、そして我々に出来る最善の電子本を制作することに集中出来た。そして進みながら我々が思う良い電子本とはどういうものなのかを常に磨きをかけて来た。

それ以来、電子本出版者に対する期待値も著しく上がって来たし、そして我々もこの面白い新しい世界に飛込み、同時に、読者が必要とする時に必要な助けを我々の電子本が提供出来るより良いやり方を思いつく度に、読者にも一緒について来て貰った。中でも注目すべきは、今やあなたは あなたの Take Control Ebooks アカウントにログインして、自分が所有しているのはどの本なのかそしてそれらを再ダウンロード出来る (iOS 機器上では、あなたのアカウントからそれらを直接読む事も出来る)。 代替の電子本フォーマット、EPUB (iOS 内の iBooks や他の電子リーダー用に) や Mobipocket (Kindle 用) を必要とする人達には、あなたのアカウント内でこれらのフォーマットを入手出来る様にした。対象は全ての本と言いたい所だが、我々のより古いタイトルは含まれていない。

我々は書いたり、出版したりするのは得意かも知れないが、委任、プロジェクト管理、財務、そして開発と言った所ではかなり背伸びをしなければならなかった。時には、全プロジェクトが心身にこたえた。しかし、我々は毎日を始められた (殆どの日を)、我々の読者であるあなたに対する感謝をより新しいものにして。皆さんは、我々の本を買いそして読んでくれ、何がうまく行って何がうまく行かなかったのかの逸話を寄せてくれ、そして我々に建設的な意見を寄せてくれた。そして、我々は終ったわけではない!我々には考慮中のアイディアが一杯ある、アカウントに関連した能力、電子本のより読みやすい方法、より多くのファイルフォーマットでの出版をより早くする、そして勿論、あなたの関心のある話題についての電子本といったものである。

Take Control シリーズを読んでおられる皆さんに対する感謝の印として、そして我々の電子本をまだ試したことの無い人達に対する奨励として (是非周りの人にも伝えて欲しい!)、我々はこの 7 周年記念セールを今月末まで行っている。これまでに買った多くの古い本を一括してアップデートしたい、Take Control カタログ の中で新しいものは何か見てみよう ("Take Control of Your Paperless Office" そして "Take Control of Mail on the iPad, iPhone, and iPod touch" に注目を)、或いは USB メモリに入れて贈物とするため何冊かの本を注文したい ("Take Control of iPhone Basics" そして "Take Control of iTunes 10: The FAQ" はとりわけ喜ばれると思われる) 等、如何なる場合でも 12 月末までなら何を購入されようとも 50% の節約が出来る。

あなたの支持に対して再度お礼を申し上げたい、そしてホリデーシーズンと 2010 年の最後が良いものでありますように!

コメントリンク11802 この記事について | Tweet リンク11802


DealBITS 抽選:cf/x alpha 1.0 が当たる

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

私は丁度 iPhoto での新たなカレンダープロジェクトに取り掛かろうとしている。そして私は概して選択した画像の編集に関してはトリミングしたり iPhoto が出来る基本的な修正以外にはあまりやらないが、今学んだばかりのツールを使ってもうちょっと入り込んだ作業もしてみたい気になっている。それは cf/x Software の cf/x alpha である。これは画像処理プログラムの一つで、透明度と合成(ブレンド)に特化したもので、他のプログラムでは再現するのが難しいような各種の効果、合成コラージュからモザイクまで、を可能にする。

簡単に言えば、cf/x alpha は、一つ又はそれ以上の画像を取り込みそしてそれを一つの画像にまとめることを可能にする。その際使えるのはトリミング、スケール、ズーム、そして合成で、これらを使って楽しい作品を作成できる。このソフトウェアは単に基本的なツールだけではなく、20 のカスタマイズできるブレンド生成器と 70 に及ぶ構成可能な効果を持ち、そして更に Rule of Thirds (三分割法) や Fibonacci Spiral (フィボナッチ螺旋) と言った効果を最大化する方法を取り入れられるプロの構成ツールまで提供している。一旦作業が完了すれば、多くのファイルフォーマットでエクスポート出来、画像をメール経由で送付したり、或いは Flickr へのアップロードも出来る。

例えば、下記の画像は、cf/x Software がダウンロード用に提供している 無料のカレンダーテンプレートをいじり回している時にほぼ偶然に私が作成したものである;洗練されていると言うのからは程遠いが、人の心を掴んで離さない画像を生成するのがどれ程簡単かの感触は掴んでもらえるのではなかろうか。もしこの年末年始で時間に余裕がある時に画像を弄り回してみてもいいなと思われている方は、cf/x alpha の試行版で何が出来るのか試してみたら如何であろうか。

image

このソフトウェアには実際 三つのバージョンがある:$89 の入門レベル cf/x alpha home は基本機能のみを持つ、$229 の cf/x alpha の標準版は多くの人が望める全ての能力を有している、そして $389 の cf/x alpha pro はワークフローと自動化機能が追加される。

しかし今週の DealBITS 抽選では、$229 の cf/x alpha 1.0 が三本提供されているので、もし一つ欲しければ DealBITS の頁から応募されたい。寄せられた情報のすべては TidBITS の包括的プライバシー規約の下で扱われる。また、もしもあなたがこの抽選を紹介して下さった方が当選すれば、紹介に対するお礼としてあなたの手にも同じ賞品が届くことになるのもお忘れなく。

[訳注: 応募期間は 11:59 PM PST, 12 December 2011 まで、つまり日本時間で 12 月 13 日(月曜日)の午後 5 時頃までとなっています。]

コメントリンク11799 この記事について | Tweet リンク11799


ZeroChroma の iPhone 及び iPad ケースにはスタンドが組み込まれている

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: 亀岡孝仁<takkameoka@kif.biglobe.ne.jp>

私は殆どの iOS 機器のケースやスタンドについて胸躍らす気にはなかなかなれなかった、極めて機能的な Hand-e-holder を除いては ("Hand-e-holder で iPad を手のひらに" 29 October 2010 参照)。と言うのは、私が興味を引かれるのは機能であって格好良さではないし、それに携帯型の電子機器を優しく扱うのは得意でもあるからである。

いずれにしても、Apple がアンテナ問題対策として iPhone 4 のケースを無償提供している時、私は、私自身受信問題に遭遇した事は無かったが、Incase Snap Case を入手した。Incase のシェルケースは結果的には私の状況にはぴったりという事が分かった。それは透明であり、iPhone の優れた工業デザインを隠したり、或いはけばけばしいプラスチックで台無しにしてしまう事も無かった。iPhone の如何なるポートやボタンにも干渉する事も無かった。そして何と言っても一番良かったのは、その底部は十分薄くなっていてケースを付けたままでドック出来る事であった。ひょっとすると保護と言う見方をすると、それはあまり役に立っていなかったかもしれないが、私はそもそも保護など望んでいなかった。

と言うことで、広告社の人が私に ZeroChroma からの新しい iPad 用の Vario ケースと iPhone 4 用の Teatro ケースを試してみる気は無いか聞いてきた時、私は最初は乗り気ではなかった。でも、彼らの工業的なデザインを見た時興味をそそられた:両方のケース共に真に賢いスタンドが付いていて、それを拡げると機器を縦位置でも横位置でも色々な角度で保持出来る。両者ともしっかりしたつや消しのプラスチック製で、Snap Case よりもほんの少々だけ優雅さに欠ける。どちらも完璧に洗練されているとは言えない。

Image

$44.95 の Teatro ケースは iPhone 4 用で、側面は持ちやすい様かすかに波型になっており、そして背面には通常人差し指が来る所がくぼみになっていて、こちらも持ちやすさを改善しようとしている。また背面の角には固めのゴムのリムが付いており立てかけた時に滑ってしまわない様にしてあり、そして内側には幾つかの小さな衝撃吸収用のゴムのバンパーも付いている。

$69.95 の Vario ケースは iPad 用で、持ち易さの改善機構や滑り止めのリムは付いていないが、内側に硬いゴムの衝撃緩衝材とそれぞれの角には硬いゴムのバンパーが付いている。iPad もケースも曲面を持っているので、iPad を平らに置いた時はバンパーは平面に接触しないが、短い距離の落下に対してはある程度の保護を提供すると思われる (私はこの試験はしていない)。このバンパーもまた立てかけた時滑るのを防止する役目を担っている。

この両方のケースが他のものから抜きん出たものとなっているのはその組み込まれたスタンドである。とりわけ、多くの iPad ケースは、何らかの方法で蓋をひっくり返しスタンドの様な役割をさせようというものだが、大抵はせいぜい二つの角度に限定される。ZeroChroma のケースは、 14 (iPhone) 又は 16 (iPad) の位置を設定できる平らに畳める蝶番のお陰でずっと多くの角度を提供している。もっと優れているのは 2 ピースの蝶番で、回転する円形のプラスチック部品の内側に装着されていて、90 度毎にカチッと嵌る様になっているので、実質的にはあなたの iPhone 又は iPad を縦位置でも横位置でも好きな角度で立てかける事が可能である。私が評価のために手にしたユニットについて言うと、iPhone ケースのスタンドは操作し易くそしてしっかりしていた;iPad ケースのスタンドの方は、より厚さのあるプラスチックで出来ているせいもあり少々操作するには硬めであったが、頑丈さの方は全く問題が無かった。(もし黒鉛の粉を入手できたら、iPad ケースのスタンドに少々潤滑材とし てつけてやりたい。)

ZeroChroma は iPad 用の Vario ケースは持ち手としても使えると言っているが、そして場面によっては何も無いよりはマシの時もあるかもしれないが、もし数分以上 iPad を持っている必要がある場面だったら、私はまず Hand-e-holder の方を使うであろう。話が出たついでに言うと、私の iPad の背面に取り付けてある Hand-e-holder の 3M Dual Lock リングの上からでもこの Vario は問題なく装着できる。Vario ケースにはもう一つ気の利いた特長があり、それは iPad をひっくり返して表面を下にしてケースの中に収納できることで、鞄やバックパックにしまう時スクリーンの保護をしてくれる。

ZeroChroma と言う会社の名前にも拘わらず、Teatro と Vario の両ケースとも三つのツートンカラーのモデルで出されている:黒とグレーのスタンド、白とグレーのスタンド、そしてピンクと浅いピンクのスタンドである。

両方のケースに言える唯一の欠点は、厚みが厚すぎるため iPhone や iPad をドックさせてくれない事である。Incase の Snap Case が iPhone 4 をドックさせてくれることを思えば、Teatro でも底部の肉厚をほんの少し薄くしてやればドックは出来る様になるのではなかろうか。しかしながら、Vario の方は iPad のドックを可能にするためにはもっと大胆な削り込みが必要と思われる。

iPhone や iPad をケースを付けたままではドック出来ないにも拘わらず、私はこれらのものに満足であった。組み込みのスタンドを出さないで済んでしまう日もあるかもしれないが、iPhone や iPad を立てかけて使いたいと思った時には、スタンドは使って欲しいとそこで待機している。組み込みのスタンドの付いていないケースを使っている時、私はスタンドを探そうとうろつき回ったり、或いは単純に諦めてそばにあるもの何であれそれに機器を立てかけてみたりするが、結果は読み角度には満足がいかずそしてそのうち誤って機器をひっくり返して壊してしまうのではないかと言う心配が始終付きまとうことになってしまう。

ZeroChroma はまた Teatro のバージョンを第三世代 iPod touch 用 ($34.95) そして第五世代 iPod nano 用 ($24.95) - これは前の世代である - そして横位置のみのケースを iPhone 3G/3GS 用に Projeto ($34.95) と言う名前で作っている。また Vario のバージョンが Kindle II 用 ($59.95) にもある。第四世代 iPod touch、Kindle III、そして Galaxy Tab タブレット用には色々なケースのバージョンが計画されている。

コメントリンク11790 この記事について | Tweet リンク11790


Navigon MobileNavigator アプリが独立の機器を凌ぐ

  文: Adam C. Engst <ace@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

過去五年間で私が一番気に入った家庭用電化製品はおそらくカーナビゲーション GPS 機器だろう。この期間中に、私はその種の機器のレビュー記事をたくさん TidBITS に書いた。("Find Yourself with GPS" シリーズ記事参照。)けれども、それらの記事で紹介された機種を今さら探しに行ってはいけない。もはや入手できない機種もたくさんある。この分野は高速で変貌中で、旧式の機種は次々と時代遅れになっている。

(日本語)迷いの予感? GPS 概論 | GPSy で木立の中のドライブを | GPSy 3.0 新機能を披露 | インターネットで体を動かそう: みんなで宝探しを! | 宇宙からの指示:GPS カーナビ | NYC のカオスに秩序を: Garmin StreetPilot c330 | Garmin Forerunner GPS と走る | Magellan RoadMate 700 でドライブに出る | Magellan RoadMate 760 GPS、おもむろに口を開く | Garmin StreetPilot 2720、カーナビの好感度を上げる | Magellan RoadMate 3000T/6000T 下り坂に向かう | 2006 年末ギフト提案: Macintosh 指向の人向け | TomTom Go 720 GPS を乗せて、いざ鞍の上へ | Garmin nuvi 255W、ナビゲーションに焦点を絞る | 出始めの iPhone GPS ナビゲーションアプリ2つをレビュー

知られたくない私の秘密を一つ告白しよう。私は友人たちや親戚たちにこれらの機器を推薦したが、自分自身では一つも買わなかった。なぜなら、完璧と思える製品についに出会えなかったからだ。(ただし Garmin nuvi 255W はかなり気に入ったのだが。)最先端がどんどん変わりつつあることは見えていたし、何か一つの機種を購入してみたがその後出たものに大きく見劣りがするという羽目に陥りたくないと思ったのだ。それから、上記のシリーズの中の最後のレビュー記事で、私が初期の iPhone GPS ナビゲーションアプリ二つ、G-Map と AT&T Navigator を、従来の機器と比較したことに注目して頂きたい。当時の私は、これら二つのアプリにはいずれも、緊張の多い運転中の状況で信頼して使えるものではないという印象を受けた。

そこで、私の今年のギフト提案として、iPhone を持っていて見知らぬ旅先でナビゲーションの力を借りたいと思っているすべての人のために、私が相当にテストを重ねた経験から自信を持ってお薦めしたい GPS iPhone アプリを紹介しよう。Navigon MobileNavigator (以後 Navigon と略称) だ。簡単に言えば、Navigon は私がこれまでに使ったどの GPS 機器と比べても優るとも劣らず、但し書きとして言い添えたい欠点もほんの少ししかない。

今やほとんどの人が自動者用の GPS ナビゲーションがどのようなものか理解していると思う。目的地を入力すれば、「最適な」道順が示される。運転している最中も、曲がるべき交差点ごとに道路の名前も含めた指示が出され、その指示は音声で語られるので道路に向けた視線を常時アップデートされる地図の上へと逸らさずに済む。もしもあなたが曲がり方を間違えたり、あるいは GPS が誤りを犯したとしても(どちらも実際に起こることだ)冷静に再計算をして新たな指示を出してくれる。

そう、Navigon はこれらすべてを見事にこなす。音声ははっきりしていて聞き取りやすく、地図は非常に読みやすくて正確だ。私の体験ですべての指示が完璧だったと言うことはできないが、いつでも十分納得できる道筋で私を目的地まで導いてくれた。(一つ助言しておこう。あなたがよく知っている土地では、GPS による指示があなたのいつもの道筋と食い違うことは避けられない。ただ、都会の中ならばあなたがそれまで知らなかった近道を教えてくれることもあるかもしれない。)

image

Navigon が他と違っているのはその追加機能だ。住所を手動で入力できるし、あなたのコンタクト先から住所を見つけ出すこともできる。内蔵の場所情報の検索もできるし、そして、検索で場所情報が見つからなかった場合にはこれがものすごく大きいことだが、このアプリ内部から直接 Google Local Search ができる。さて、いったん目的地の指定が済めば、Navigon はその場所の天気の状況を表示し、その近所にあって役に立つかもしれない場所の情報もリストする。そこで Start Navigation をタップすれば可能な道筋を何個か提示する。どの方向から行こうかという大まかな心積もりがある場合には選択肢を示してくれるのがとてもありがたい。

image

自転車に乗っている、あるいは歩いている、と Navigon に設定することさえでき、その場合には速度も正しく計算され、町中で道路を散策している場合には歩く道筋の表示がそれに応じたものになる。速度といえば、運転中に道路に標示された制限速度よりもユーザーがあらかじめ設定した数値以上超過して走った場合に警告が ("Caution" という一言だけだが) 出るというオプションもある。さらに、その超過許容数値は都市部とそれ以外とで別々の数値が設定できる。Navigon は縦置きでも横置きでもうまく動作するが、この点私がこれまで試した他の GPS アプリのいくつかではそういかなかった。また、Navigon が音声指示を出す際に自動的に音楽を無音化したりオーディオブックやポッドキャストを一時停止させたりできる機能は、本当にありがたいと思う。オーディオブックモードでは、一時停止後に数秒程度の分を巻き戻してくれるので一部を聞き逃したりすることがない。最後にもう一つ、Navigon は本物の iOS アプリのように見えるし、そのように動作する。他の GPS アプリでは、それぞれの会社の独立機器から移植したことがすぐに分かる、非常に場違いなインターフェイスが気になることが多いのだが。

Navigon も決して完璧とは言えないが、これが iPhone アプリであるという単純な事実こそ、これが将来変貌し続け改善し続けることを意味している。実際、私がこれまでこのアプリのレビュー記事を書かなかった理由の一つがこれだ。レビュー記事を書こうと思うとその度に、新しいバージョンが出てまたアプリ全体を見直さなければならなくなるからだ。さまざまのバージョンを通じて、このアプリの表示方法は改善され変更されたし、ライブの渋滞情報表示機能がアプリ内購入により入手可能(私はまだこれをテストしていない; 私の住んでいる地方には渋滞など存在しないから)となったし、Facebook や Twitter への接続機能も追加(私はフォローしてくれる人たちの頭脳を私がその瞬間にどこにいるかなどという情報で混乱させたくないので、この機能は使ったことがない)された。その他にも変更点はたくさんある。また、アップデートの受信ができるので、地図の変更を内蔵することもできる。ただし、地図のアップデートは多くの場合独立 GPS 機器用の別途購入となる。

私としては、Navigon を本気で批判したいと思う点はほんの少しだけだ。まず第一に、起動がやや遅い。iOS 4 のマルチタスキングと高速アプリ切り替えが登場する以前にはこれがちょっと問題だった。今でもまだ、道案内がなければ運転を開始することができないような状況では起動の遅さがネックになることもある。それから、建物から外に出てすぐに起動させた場合、GPS がロックされるのを待つために意外に時間がかかることが時々ある。そうなると、用意ができるまでの間は役立たずで分かりにくいシミュレーションモードを使わざるを得ない。住所の入力には複数スクリーンが使われ、住所の各部分ごとにスクリーンを一つずつ切り替えなければならないが、これは一つのスクリーンにした方が使いやすいだろう。それからもう一つ、ちょっとしゃべり過ぎだと思えることが時々ある。音声指示がどの程度頻繁に出るかを制御できるオプションがあればよいのにと思う。けれどもさきほど言ったように、Navigon はアプリなので、こうした批判点はアップデートによって解消されるかもしれない。過去に私がこのソフトウェアに感じていた苛立ちも、いくつかはアップデートで解消された。

自動車の中で iPhone がよく見えるように固定しておける何らかの器具と、それから車内充電器は、あった方が良いだろう。(独立の GPS ユニットと同様、iPhone で GPS アプリを走らせればバッテリ寿命はたった2時間程度だ。)最後に、私は一度も試したことはないのだが、Navigon は理論的には iPad や iPod touch でも動作する。ただ、私の想像では、3G iPad が必要となるだろうし、また iPod touch の場合には iPhone と iPod touch 用の Magellan Premium Car Kit によって iPod touch に GPS レシーバを提供することが必要となるだろう。(Amazon を見ると、この Car Kit に対するレビューははっきりと賛否両論のようだ。)

Navigon にはさまざまの版があるが、それらの違いは内蔵されている地図のみだ。米国とカナダをフルに網羅したバージョンは現在 $59.99 で、米国だけのバージョンは $49.99、それから米国内の Eastern、Central、Western それぞれの領域用の三つのバージョンがそれぞれ $29.99 となっている。他の国の地図を備えたバージョンもあり、価格は $59.99 から $119.99 までだ。

これらの価格は iPhone アプリの価格としては高いように見えるかもしれないが、独立のカーナビゲーション GPS 機器よりははっきりと低価格だ。こちらの方がうまく動作し、定期的に改善され続けていて、しかもこれから数年の間はあなたの引き出しに要らなくなった機器がまたもう一つ放り込まれたりすることもないのだから。

コメントリンク11801 この記事について | Tweet リンク11801


TidBITS ギフトガイド 2010

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

毎年 11 月や 12 月になるとどっと押し寄せる広告の類いは別として、ホリデーシーズン用のギフトガイドを目にしたことはきっとあなたもおありだろう。私たちも 1993 年以来、毎年 TidBITS ギフトガイドをお届けしてきたし、最近何年かの分についてはもう一度眺めて見られることをお勧めしたい。例年必ず推薦されるソフトウェア Solitaire Till Dawn は言うまでもないが、他にもまだまだ今も変わらぬ価値を持つものが多いからだ。特に 2009 年2008 年2007 年の分のギフトガイドは比較的有用だろう。

けれども今年は、ちょっと考え方を変えてみたい。確かに私たちも、ピカピカの新しい機器は大好きだ。しかし何と言っても、TidBITS が扱うのは Apple とテクノロジーであって、私たちはこれ以上物理的な もの が仕事場や家にやたら氾濫して、いずれ引き出しの奥の方に押し込められ、Salvation Army に寄贈されるかゴミとして廃棄されるかする日まで待ち続けるという状態を望まない。そこで今回は "bits over atoms" (原子でできた物体よりも情報ビットを) という大原則を打ち立てて、その下に TidBITS スタッフたちから集めたさまざまの提案を紹介することにした。プラスチックや金属の山をこれ以上増やすのでなく、仮想的な品物やサービスのみに焦点を絞ったのだ。とは言っても、以下に紹介するものすべてがゆらゆら動く電子のみで出来ているという訳ではない。ただ、そうでないものもすべて、私たちの仮想生活を改善するためのものという視点からリストしたつもりだ。

皆さんからもこのテーマに沿ったギフトの提案があれば、どうぞこの記事へのコメントとして寄せて頂きたい。

Navigon でナビゲート (Adam) -- 過去五年間で私が一番気に入った家庭用電化製品はおそらくカーナビゲーション GPS 機器だろう。この期間中、私はその種の機器のレビュー記事をたくさん TidBITS に書いた。("Find Yourself with GPS" シリーズ記事参照。)けれども、それらの記事で紹介された機種を今さら探しに行ってはいけない。もはや入手できない機種もたくさんある。この分野は高速で変貌中で、旧式の機種は次々と時代遅れになっている。

(日本語)迷いの予感? GPS 概論 | GPSy で木立の中のドライブを | GPSy 3.0 新機能を披露 | インターネットで体を動かそう: みんなで宝探しを! | 宇宙からの指示:GPS カーナビ | NYC のカオスに秩序を: Garmin StreetPilot c330 | Garmin Forerunner GPS と走る | Magellan RoadMate 700 でドライブに出る | Magellan RoadMate 760 GPS、おもむろに口を開く | Garmin StreetPilot 2720、カーナビの好感度を上げる | Magellan RoadMate 3000T/6000T 下り坂に向かう | 2006 年末ギフト提案: Macintosh 指向の人向け | TomTom Go 720 GPS を乗せて、いざ鞍の上へ | Garmin nuvi 255W、ナビゲーションに焦点を絞る | 出始めの iPhone GPS ナビゲーションアプリ2つをレビュー

知られたくない私の秘密を一つ告白しよう。私は友人たちや親戚たちにこれらの機器を推薦したが、自分自身では一つも買わなかった。なぜなら、完璧と思える製品についに出会えなかったからだ。(ただし Garmin nuvi 255W はかなり気に入ったのだが。)最先端がどんどん変わりつつあることは見えていたし、何か一つの機種を購入してみたがその後出たものに大きく見劣りがするという羽目に陥りたくないと思ったのだ。それから、上記のシリーズの中の最後のレビュー記事で、私が初期の iPhone GPS ナビゲーションアプリ二つ、G-Map と AT&T Navigator を、従来の機器と比較したことに注目して頂きたい。当時の私は、これら二つのアプリにはいずれも、緊張の多い運転中の状況で信頼して使えるものではないという印象を受けた。

そこで、私の今年のギフト提案として、iPhone を持っていて見知らぬ旅先でナビゲーションの力を借りたいと思っているすべての人のために、私が相当にテストを重ねた経験から自信を持ってお薦めしたい GPS iPhone アプリを紹介しよう。Navigon MobileNavigator (以後 Navigon と略称) だ。簡単に言えば、Navigon は私がこれまでに使ったどの GPS 機器と比べても優るとも劣らず、但し書きとして言い添えたい欠点もほんの少ししかない。

スペースの事情から、Navigon については今週号の中の別の記事“Navigon MobileNavigator アプリが独立の機器を凌ぐ ”(2010 年 12 月 6 日) で議論を続けたいと思う。なぜなら、他の多くの iPhone アプリと違い、十分に内容も深く機能も多いので、しっかりと探究して解説するに値するからだ。

Netflix Watch Instantly と Hulu Plus (Adam) -- 大原則 "bits not atoms" (原子でなく情報ビットを) に合致するものを、もう一つ紹介しよう。Netflix の Watch Instantly アカウントと Hulu Plus アカウントだ。いずれも、アカウントを持っていればインターネットからストリームされるビデオを無制限に観ることができる。どちらのアカウントも料金は月額 $7.99 で、両方を合わせたとしても、たいていの人にとって個々の映画や番組を iTunes Store から購入したりレンタルしたりするより安く済むだろう。映画や番組を DVD で購入するより安価なだけでなく、家の中にこれ以上 DVD ボックスを積み上げることをせずに済むという利点まである。

ただ一つ、Netflix Watch Instantly アカウントには大きな弱みがある。それは、最近のテレビ番組や映画の多くが含まれていないことだ。それでも、どんな人でも何千時間も楽しめるに十分なだけのものが Netflix から提供されていることだけは間違いないだろう。その上、ほんの少しだけ原子の世界に戻ってよいとするならば、月額 $9.99 を払えば物理的 DVD を一度に一枚ずつ観ることができる。時々は現行の映画を観たいという人には最適のサービスだろう。

Netflix は全般的に現行のテレビ番組が少ないが、そこを補うのが Hulu Plus だ。現行シーズンの何十もの人気のテレビ番組で、それぞれすべてのエピソードが揃っている。他の数え切れない番組の過去のエピソードもある。現在のところ Hulu Plus は総計 200 シーズン、2,400 エピソード以上を誇っている。私たち自身が Hulu Plus を購読していないことは認めよう。なぜなら、私たちにとっては Netflix だけでも時間の余裕がある分をはるかに超えた分量のビデオを提供してくれるからだ。でも、現行のテレビ番組にどうしても付いて行きたいと思う人たちも多いだろう。警告しておくが、Hulu Plus 購読にお金を払った後も、依然として番組には広告が付く。それに対して、Netflix の Watch Instantly サービスでストリームされる番組には広告が付かない。

Catalog Choice リスト除外サービス (Tonya) -- 私も、紙に印刷されたカタログを眺めるのは楽しい。でも全般的に言って私のカタログ好きの程度は控え目と言えるだろう。安っぽいクリスマスの飾り付けのカタログが一つ、服飾のカタログが二つに、レーザー式の電気虫取り機の類いの載ったカタログと、あとは高価な品々が載った芸術的なカタログがいくつかあれば、私は何ヵ月も楽しめる。数年前は、わが家に届くカタログ類の分量があまりにも多過ぎて、一年分の量が毎週毎週届くような気がするほどだった。これは、何キログラムも積み重なる実際の紙に印刷されたカタログの話だ。

幸いにも、TidBITS 読者 Matt Henderson からの提案のお陰で、私たちはカタログの分量を管理できるシンプルな方法を知った。Matt は、Catalog Choice という非営利団体が運営するウェブサイトを TidBITS 読者たちに紹介してくれたのだ。2007 年末ごろに Adam と私もここにサインアップしたが、私はここで何と 176 件の商売からカタログの受け取りを拒否するように設定した!(当時私たちがそれを報告したものが、2007 年 12 月 3 日の記事“Catalog Choice を利用してカタログ狂気を止めよう”で読める。)

誰かに Catalog Choice を紹介するのは素敵なことに違いないが、それだけでは特にギフトとは言えない。けれども、特別の Catalog Choice 年会費購読というものがあって、これに加入すればより高いレベルのリスト、カタログ業者に新鮮食材、いやいや顧客の名前を供給しているサードパーティのマーケティングサービスのようなところが持っている顧客リストからの削除が依頼できるようになる。Catalog Choice ではこの購読をギフトとして誰かにプレゼントすることを "Gift of Less" (少なくするギフト) として宣伝している。会費を支払ってあなたが購入するのは一つのコードで、あなたはこのコードを直接受取り人に電子メールで送ることもできるし、また Catalog Choice サイトでこのコードの記入されたカードを印刷することもできる。まあ、カードと一緒にレーザー式電気虫取り機を送るのも自由。でも、ああいうものは本当は効き目がないんじゃないかと思うけど。

眠りを贈り物に (Tonya) -- 眠りにつこうと思えば、ウイスキーも、ホットミルクも、睡眠薬も役に立たない。(夫婦で助け合うのは悪いことであるはずがないが。)慢性の不眠症に悩む人には、賢く選び抜いたオーディオブックこそ、夢の国へいざなう特効薬だ。そのポイントは iPod (あるいは iPhone) で、15 分から 30 分くらいにスリープタイマーをセットして再生させることだ。スリープタイマーを使えば、指定された時刻に、クリックも一切無しにオーディオが自動的に切れる。(このことについては Adam が 2005 年に記事“iPod で不眠に打ち勝つ”(2005 年 2 月 28 日) で議論している。)

これがギフトだというのはつまり、受け取るその人が iPod や iPhone を外部スピーカーに繋いで(単一目的のこの機能のためには、古くて使わなくなった旧式のスピーカーが理想的だ)スリープタイマーの動かし方を完全に理解し、機器の中に何かオーディオを取り込むために必要な技術サポートを、あなたがその人に提供するということだ。私が知る限りでは、iPod shuffle 以外のすべての機種の iPod でこの機能が使える。スリープタイマーは iPod touch と iPhone では Clock アプリのタイマーの中にある。iOS 4.2.1 では警告サウンドのリストの一番下に Sleep iPod オプションがある。iPhone 4 の場合は、内蔵スピーカーの音量が十分大きいのでたぶん外部スピーカーは不要だろう。

さて問題は、どのオーディオを選ぶかだ。興味深い内容でなければならないが、あまり怖い話や、笑わせる話、個人的心配に深く関係した話題、それから元気一杯の声で読まれているようなものは避けるべきだ。私がいつも一番気に入っているのは Bill Bryson の "A Short History of Nearly Everything" で、これは Amazon でも iTunes でも手に入るが、Amazon の方が安い。私たちはそれ以外の本もたくさん聴いてきたが(入手の際に無削除版であることを確認しよう - できるだけ長く続くのが目的なのだから)最近私たちが気に入っているのは iTunes U の教育用コンテンツだ。中でも Donald Kagan による 古代ギリシャ史の授業は素敵だ。

iTunes U は、大学の授業をもとにした無料のオーディオ(とビデオ)の宝庫だ。サウンドの音質はものによりさまざまだし、学生の質問がたくさん出る授業は眠りにつく邪魔になるかもしれない。私がもう一つお薦めしたいのは Yale 大学での Paul Bloom による Psychology 110 クラスだ。これは最近 New York Times の記事 "Audit This: 12 Online Courses Worth Watching" で紹介された iTunes U のお薦めに入っている。(記事本文の下に、個々のレビューへのリンクがある。)ここで言い添えておきたいが、私たちはこれらのオーディオファイルを何度も何度も、すっかり吸収し尽くすまで繰り返し聴き続けるし、聴きながら眠りにつくのだけれども、これらの話を聴くのがとても 好きだ

最後にもう一言。私たちは毎晩この目的で Adam の iPhone 4 をベッドの脇で電源に差し込んでいるが、iPhone 3G や 3GS のためにはバッテリもケーブルも一切不要の外部スピーカーがある。Griffin AirCurve という名前で、私はこれが大好きだ。単に iPhone をそこにストンと差し込むだけで、この機器の形状の効果で iPhone から出る音波が 10 デシベルほど強くなる。他の機種の iPhone や iPod touch では、残念ながら使えない。iPhone 4 の音を増幅する AirCurve Play というものもあるが、iPhone 4 のスピーカーはもともとそれ自体、AirCurve を取り付けた iPhone 3GS よりも音量が大きい。

Flickr Pro の会員権 (Jeff) -- デジタルカメラのお陰で私たちはフィルムに撮影していた時代に比べて格段に多くの写真を撮るようになったが、そういう写真もただコンピュータのハードディスクに収まっているだけでは他の人たちが見ることはできない。ウェブ上に写真を出版して共有できるサービスは数多いが、その中で私は Flickr がずっと以前から一番好きだった。インターフェイスがクリーンなことと、写真の共有や埋め込みの制御が簡単なことが理由だ。

Flickr はまた 無料 でもある。けれども、無料のアカウントは一ヵ月あたり 300 MB の写真と2個のビデオ (90 秒以内のもの) までに制限されている。また、フォトストリームの画像は最近の 200 枚まで、投稿できるグループプールは 10 個までに制限されており、いったんアップロードした高画質のオリジナルを再ダウンロードすることはできない。

それよりも多くを共有したいと思っている友人や親戚たちのために最適のギフトとなるのが、年額 $24.95 (二年ならば $47.99) 払って Flickr Pro アカウントを購入してあげることだ。このアカウントでは、アップロード量が無制限 (ただし一枚の写真のサイズは 20 MB まで、一つのビデオのサイズは 500 MB まで)、HD ビデオ表示機能、ストレージ量およびバンド幅無制限、高解像度オリジナルのアーカイブ機能などが得られる。また、写真を更新したり、項目を最大 60 個のグループプールに分けて投稿したり、閲覧数のカウントや参照数統計を得たりすることもできる。

孫たちの写真をもっとたくさんオンラインで見たいおじいちゃんやおばあちゃんも、あるいはあなたの知っている人が最近写真にハマっているような場合も、Flickr Pro の会員権を贈るだけでその後一年を通じて毎日写真を見て楽しむことができるだろう。

Words with Friends (Glenn) -- Words with Friends は iOS 用のボードゲームで、Scrabble に少し似ている。似ているのは「独自性」と、ボードのレイアウトでいくつか戦術的シフトがあることだ。シフトが何かはあなたが自分で学ばなければならない。私は当初 triple-word のマスが字下げされていることに気付かず隅にあると思い込んでいたので間の抜けた手を打ってしまった。

私は四ヵ月前に Words with Friends HD をインストールして以来、いろいろな友人たちと合計八十回以上もゲームをしてきた。ほとんど常に反応できる手が見えるまでに上達した。$2.99 の iPad 版 と $2.99 の iPhone/iPod touch 版 を両方とも持っているので、どちらの機器を持っている時にもいつでもプレイできる。(開発者は、広告付きの無料版も、iPadiPhone/iPod touch, 双方に提供している。)

ライセンスされた Scrabble iOS アプリに比べて Words with Friends が持っている重要な利点は、開発者が独自のネットワークを持っていて、そこでユーザーたちが互いに接続できることだ。Facebook を利用するなんて興ざめだという人たちもいるが、ここではその必要がない。友人の Words with Friends ハンドル名を知って電子メールで招待を送ることもできるし、知らない人と繋がって対戦することもできる。(さっくばらんに、どなたかいかが?)それとは別に、Facebook や Twitter を通した対戦も可能だ。

もしもあなたが公式のScrabble アプリの方がお気に入りならば、そちらにも好きになる理由はいろいろある。単語をチェックできる内蔵辞書もある。(ただし単語を探すことはできない。)この辞書には正当な2文字単語すべてのリストも含まれている。初級から上級まで、コンピュータを相手に対戦することもできる。上級レベルでは私はこてんぱんに負かされるが、プレイのしかたを学んだり、素早く終わるゲームを楽しんだりするには最適だ。

また、Scrabble iPad アプリでは iPhone および iPod touch 用の無料アプリ Tile Rack と組み合わせることもでき、ゲーム中のプレイヤーそれぞれが自分の手持ちの機器から無料アプリを使い共有 iPad 上のタイルを動かしてゲームをプレイできる! Scrabble にはまたパスしてプレイのモードもあるし、このアプリを使って他の人とプレイできるローカルネットワークモードもある。

Scrabble ではいかさまをすることもできる。つまり Best Word 機能だが、これを使えば1ラウンドあたり最大単語4つまで、あなたのタイルラックと現在のゲームボードの状況をもとにヒントが示される。この機能はオフにしておくこともできる。(Scrabble には $9.99 の iPad 版 - この価格は Words with Friends に比べれば高く見えるが、何時間も使えることを考えれば高くない - と、$2.99 の iPhone/iPod touch 版とがある。)

Scrabble と Words with Friends にはいずれも、純粋主義者の気に入らない機能が付いている。ボードに単語を並べて、正しくない単語があるかどうかをアプリに答えさせることができるのだ。本物のゲームプレイでは、正当でない単語であっても相手に異議申し立てをされない限りプレイが続けられる。もしも異議申し立てされた単語が辞書(最初に申し合わせた辞書、またはたまたま手近にあった辞書)の中に見つかれば、異議申し立てをした人が一回休みの罰を受ける。辞書の中に見つからなければ、単語を置いた人がタイルを取り除けた上で一回休みとなる。(ちなみに Scrabble アプリでは二つの辞書のうちどちらかを選べる。コンピュータプレイヤーは正当な単語のみでプレイする。)

当然のことだが、単語に異議申し立てをすれば相手の気を悪くしたり、友情が壊れたり、家族争議のもととなったりするかもしれない。おそらく、一番良いのはこのアプリを単語の正当性に対する調停者として働かせることだろう。

Kindle ギフト券 (Glenn) -- Kindle が初めて登場した時、私の反応はたった一台の機器の上でしか読めない本にたくさんお金を出す人がいるのだろうかという疑いだった。その点で私は間違っていた。毎日通勤する人たち、頻繁に旅行する人たちの多くが、紙に印刷された本をたくさん抱えて持ち運ぶのをやめて Kindle に切り替えたからだ。その上、最初の機器以後 Amazon は幅広く Kindle エコシステムを開放するようになり、その一方でリーダー機器を劇的に改良するとともに、7 インチ機種の価格も値下げした。

今では、無料の Kindle ソフトウェアが iOS、Mac OS X、Windows、その他のモバイルプラットフォームで入手できるようになった。同じ電子ブックがどの Kindle 機器でもどの Kindle ソフトウェアでも読めるようになり、最後に読んだ個所や、書き込んだメモ、ブックマークなども同期されるようになった。

その結果、Kindle ギフト券は紙の本に代わって非常に妥当な選択肢となった。良い点は: あなたからギフト券を受け取った相手は即座に好きなものを購入してダウンロードできるし、さらにはこのギフト券を Kindle リーダー機器の購入のために使うこともできる。一方悪い点は: 購入後は本をやり取りすることができない。印刷された本ならば家族や友人たちの間で手渡せるのに。

また、特定の本を Kindle ギフトとして贈ることもできる。受け取った人がその本を気に入らなければ、そのギフトを Kindle ギフト券と交換することも可能だ。もう一つ忘れてならないことがある。あなたがこのギフトを購入するとその際にあなたの友人にあてて電子メールのメッセージが送られるので、もしも 12 月 25 日まで秘密にしておきたいのなら、その当日にギフトを注文する必要がある。

Developer 会費 (Matt) -- あなたの知り合いにも、きっと開発者の卵がいることだろう。なぜなら iPhone の到来が (言うまでもなく iPad も)、Cocoa Touch 川の流れを泳ぎ下って Nerdliness 滝の滝壺に飛び込み、Programming の海に浸ってみたいと夢見る新参者たちの大群を生み出したからだ。特に iPhone アプリは、多くの場合とてもシンプルで単一目的のもの(そう、素直に認めよう、あきれるほど単純で馬鹿げているものも多い)なので、私たちすべての心の中に潜むプログラマーの魂を呼び起こして、あの小さな声を囁かせるのだ:「ねえ、きっと僕にも作れるよ」と。

でも、そこには難題がある。新しく iOS プログラマーとなった人はすぐに気付くことだが、Xcode 開発者ツールは無料でダウンロードできて、自分のコンピュータ上でアプリを開発し Simulator でテストするまでは無料でできるけれども、そのアプリをコンピュータの外に持ち出して実際の iOS 機器で走らせようと思うと、たとえそれが自分の楽しみのために持ち歩くのであっても、あるいは友人たちやベータテスターたちと共有するためであっても、さらには App Store に出そうというのであっても、いずれもあなたが iOS Developer Program の会員にならないかぎり不可能なのだ。会員になるためには、年額 $99 の会費が必要となる。

この季節、一年間の開発者会員権をギフトとして贈ることによって、誰かがその財政的障壁を乗り越える手助けをするのはいかがだろうか。あなたが実際に直接その会費を 支払う のはおそらくできないだろう。なぜなら、そのためには開発者としてサインインして登録することが必要だからだ。でも、あなたはその人に何らかの他の方法で $99 のお金を渡して、その人の Developer Program 会費としてこれを使ってもらいたいと言えばよいのだ。これで、あなたがその人のことを気にかけていることを示す素晴らしい方法となるだろう。その上、受取り人をあなたが信頼していて応援したいという意思表示にもなる。Developer Programmer 会員権を贈るのは、同時にこう言っていることにもなる:「これは単なる投資です。あなたがこのお金を受け取って、iOS Developer Program に登録し、凄いアプリを書いて、App Store で何億万本も売り上げれば、私もお金持ちになるのだから!」結局のところ、人類学者たちがたびたび指摘している通り、ギフトを贈ることの本質は相互関係なのだ。

冗談はさておき、開発者会員権は素晴らしいギフトとなる。私が初めて自分の会員権にサインアップした時、$99 はものすごく高い障壁に思えた。けれども結局、私が書いたアプリは一つを除いてすべて無料だけれども、そしてその有料の一つも世界に嵐を起こすまでには至らなかったけれど、私は最初の一年間で十分に支払っただけのものを取り戻した気がする。(でも、iPod touch を買ったのは元が取れなかった。)

それから、恥知らずにも自己宣伝をさせて頂くと(そもそもその話をしていたのだからね)開発者の卵が学習曲線を乗り越えるのを手伝うための良い手段は、iOS でのプログラミングの方法を解説した良書だ。現在私は まさにそのような本を O'Reilly Media から出すために書いている最中だ。まだ完成はしていないが、大部分は既に出来上がっていて、その部分が現在 Early Release 版としてデジタル形式で入手できるようになっている。EPUB か PDF で、あるいはウェブ経由で Safari Books Online からもアクセスできる。私たちの Take Control 電子ブックシリーズ(これについてはこの記事の別の部分を参照)と同様、この Early Release 版にも変わりやすさという利点がある。つまり、私が新しい章を書き終えたり前の章を改訂したりするに応じて、その変更点が押し出されて自動的にデジタル本の中に組み入れられる。正直言って、今日のプログラミングの世界はあまりにも高速で変貌するので、もしも O'Reilly がこの Early Release 機能を提供してくれていなかったならば、私はきっと初めからこの本を書く気にはならなかったのではないかと思う。

バックアップ製品とサービス (Joe) -- バックアップについてお説教するのは、やめておこう。ただ言えるのは、絶対必要なこの作業を達成するための方法がたくさんあって、あなたの大切な人がより簡単に(そのどの方法であっても)達成できるように手伝うことは素晴らしい贈り物となる、ということだ。私はこれまで "Take Control of Mac OS X Backups, Fourth Edition" や "Take Control of Easy Mac Backups" を執筆しつつ、たくさんの異なったバックアッププログラムを使ってきたし、私の Mac でいつも走っているものが少なくとも三つある。そのうちで、私が特に好きなのは CrashPlan だ。これを使えばバックアップを(安価なサービス CrashPlan Central 経由の)クラウドの中に、あるいはローカルのハードドライブに、または自分の持っている他のコンピュータに、さらには世界中どこにいる友人のコンピュータにさえも保存でき、それらを自由に組み合わせて使うこともできる。標準バージョンの CrashPlan は無料だが、私としては有料の CrashPlan+ をお薦めしたい。(2010 年 12 月 7 日現在) これは一日一回走る単一バックアップでなく連続バックアップも提供し、複数のバックアップセットや、CrashPlan Central 購読の内蔵も備えている。別の方法として、オンライン専用のバックアップシステムで、セットアップ方法が極めて簡単、しかも安価なものを希望する人には、Backblaze (コンピュータ一台あたり年額 $50) をお薦めしたい。

バックアップ方法として CrashPlan を選んだ場合、新しいバックアップソフトウェアに加えて余分のハードドライブも欲しくなるかもしれない。そこで私がこのホリデーシーズン用に目をつけているのが、1.5 TB の容量を持つ初めての 2.5 インチ、バス電源のドライブ Seagate FreeAgent GoFlex (USB 3.0 インターフェイスの付いたものが Amazon.com で $184.99、FireWire 800 インターフェイスとケーブルを追加すれば $24.55、eSATA インターフェイスとケーブルを追加すれば $16.24) だ。確かに、これは原子でできた物体には違いないが、大量のストレージを非常に小さな空間に詰め込んでくれる。その上、フルサイズのドライブよりも静粛なのだ。さらにボーナスとして、あなたの大切な人のために CrashPlan+ を購入する場合には、その人の ファイルをインターネット経由で自分のドライブにバックアップしましょうと申し出れば、その人にとっては一切場所をとらない素晴らしい贈り物となる。

スペースを節約できるもう一つのストレージオプションが、 Drobo ストレージ機器だ。Drobo は4基から8基のハードドライブを格納することができ、あとでいつでも(ストレージ容量を増やすために)ドライブを追加したりアップデートしたりもできる。その際に手動で構成を再設定したりする必要は一切無い。つまり、今も、将来も、ゴタゴタを減らす助けになるということだ。Drobo には数多くの機種があるが、私が最も魅力を感じるのは5ベイの Drobo S だ。これは $799 と比較的安価な上に、USB、FireWire、eSATA のインターフェイスを備えているのでその気になればブート可能な複製を作るために使うことも可能だ。

Fujitsu ScanSnap スキャナ (Joe) -- 家庭や仕事場で物理的なものを減らしたいと思うなら、手始めとして何千枚もある紙のファイルから取り掛かるのも良いのではないだろうか。紙に印刷されたものを検索可能な PDF ファイルに変換すれば、デジタルストレージのあらゆる利点が享受できる。(紙のファイルがバックアップできるということだ!)その過程で、ゴタゴタも少しは片付くだろう。Mac 対応の優秀な書類スキャナはたくさんあるが、今すぐ自分のために新品を買うとすれば、私は SFujitsu ScanSnap S1300 を選ぶ。TidBITS で私がレビューした機種だ。(2010 年 7 月 24 日の記事“ScanSnap S1300 対 Doxie: ポータブル書類スキャナ二つ”参照。) 市場にあるスキャナの中で最速とは言えないが、それでも十分きびきびと働き、最大毎分 16 ページの速度で両面同時のスキャンができる。価格も $295 と安価、10 シートのフィーダーが付き、OCR ソフトウェアを内蔵して、コンパクトなサイズなので出張旅行にも持って行ける。そして、電子ブック "Take Control of Your Paperless Office " ($10) を読んでペーパーレスの環境を目指したならば、そのためにすることの一部としてこのスキャナの使い方もすべて身に付くようになっている。

Kiva 基金に出資 (Rich) -- 欲しくて必要だと思ったものは目につけばすぐに手当たり次第買ってしまうという悪い癖が私にあることは認めよう。その結果、私の友人や家族は私に贈るギフトを探す際に頭を抱えることになる。あなたがホリデーリストに入れている人たちの中にも、きっと私のようなタイプの人がいるのではないだろうか。妻と私が結婚した時、私たちはこの問題を解決するために、どうか既に家にあるキッチン用品をもう一つ贈ってくれる代わりに、私の気に入った慈善団体に寄付をしてもらえないだろうか、と頼むことにした。でも、普通の慈善団体に寄付をする際の問題点は、たいていの場合実際に手にするのは素敵な手紙だけで、その寄付を「楽しむ」ことはできない、という点だ。そこにうまく発想の転換を持ち込んだのが Kiva だ。これは、慈善のための寄付と、ビデオゲーム、それから財務管理のテクニックとを混ぜたようなものだ。

Kiva は厳密な意味で慈善団体とは言えない。これは、開発途上国での起業を支援するための小規模の融資を提供するマイクロクレジット・プログラムだ。参加者たちはすべて財政的な審査を受けており、受けた融資を返済する義務を負う。けれども、あなたのお金は見知らぬ人があなたの与り知らない目的のために振り分けて送られるのではない。Kiva では、誰に、どれだけの金額を融資するかを、動的なウェブアプリケーションを使ってあなた自身が選ぶことができる。あなたは起業家たちのリストをブラウズして、彼らの企画書や希望する融資額に目を通し、あなたが気に入ったものに融資する金額を自ら選ぶのだ。投資をし、貸し付けたお金が返済されるにつれて、あなたは自分自身のポートフォリオを管理して、続けて新たなプロジェクトに融資したり、Kiva の運営基金に寄付をしたり、あるいは PayPal 経由で資金を引き上げたりすることもできる。

平均の返済率が 99 パーセントで、Kiva がこれまでに貸し付けをした起業家の人数は 460,000 人を超えるので、あなたのギフトは大きく成功する可能性がある。また、ポートフォリオ管理や、貸し付けインターフェイスなどの効果で、Kiva が楽しくてやめられないようになるかもしれない。金融ゲームをプレイしているかのような気持ちになるかもしれないが、あなたがクリックする一回一回ごとに、実際にあなたは世界中でさまざまな小規模ビジネスや地域の経済に、援助の手を差し伸べているのだ。

電子ブック、その他のブック (Michael) -- 私は、相当本格的に、本が大好きなタイプの人間だ。あまりにも本格的なので、私のまわりの本棚がすべて満杯なだけでなく、家から数マイルのところに保管庫まであって、それもまた私の本ではち切れそうに一杯になっている。でも、確かに私はきちんと製本されたハードカバーの古写本の持つ魔術的な力に魅せられているものの、それと同時に電子ブックの本格的な大ファンにもなった。私の iPad と iPhone は電子ブックで一杯だ。これらの電子ブックは Apple の iBookstore から来たものばかりではない。Amazon や、Barnes & Noble、その他いろいろの電子ブック出版者やベンダーから来たもの (例えば Take Control!) もある。もしもあなたの家族や友人に iPad、Kindle、Nook、その他の電子ブックリーダーを持っている人がいれば、そして、もしもあなたがその人の読書の好みの分野をある程度知っているなら、電子ブックを一冊か二冊、あるいは電子ブックギフト券などを贈れば喜ばれるのではないだろうか。これならば、ギフトを受け取った人にとっても包み紙などが一切無いのでゴミが増えることもない。

そういう訳で、ここで例として私が最近読んで楽しかった電子ブックを二冊挙げておこう。あなたのリストに載っている人で好みの合う人がいれば、素晴らしいギフトとなるだろう。

Take Control ブック -- 当然のことだが、私たちの Take Control 電子ブックは強くお薦めしたい。かさばる物体ではなく手軽に転送できる情報ビットでできており、さまざまの幅広い話題についての充実した情報を提供する、何千ものページを提供している。アップデートも無料または割引きで入手できる。

ギフトとして購入するには、通常通り自分用に購入するのと同じように電子ブックを購入してからそれを電子メールでその人に送ってもよい(これならばすぐにギフトを贈った満足感が得られる)し、CD あるいは USB ドライブにコピーしてから旧来の方法(郵便、宅配便、あるいは世界中の誰もが知っている陽気な年寄りの妖精)を通じて送ってもよい。原子でなく情報ビットというスローガンには反するが、それぞれの電子ブックのウェブページにある Buy Print Book ボタンを使えば印刷版を注文することもできる。そちらの方法を選ぶ場合は、どうかお急ぎあれ。電子ブックと違って印刷版は即座に出荷することはできず、またアップデートすることもできない。

やはり何か形のあるものを送りたいという方は、この記事のテーマに沿う形でギフトを考えるならば、シンプルなホリデーカードにその贈り物のことを書くというのはいかがだろうか。「親愛なる Steve、今年は、iPad で電子メールを読むことについての質問にすべて答えてくれる電子ブックを一冊、あなたのために買ってみたのよ。来週あなたの家に行った折に、インストールの方法を教えてあげましょう。愛を込めて、Eudora」といったカードを書いて、それとは別に、実際の PDF (あるいは EPUB、または Mobipocket ファイル) を電子メールの手紙に添付して送ればよい。

あなたの大切な人のために買い物をするにしても、あるいはご自分のためのホリデー用買い物リストに載せるにしても、Take Control サイトで販売中のすべての電子ブックはこの 12 月の末まで、 Take Control の 7 周年を記念して 50 パーセント引き価格のセール.中だ。

以上が、私たちが今年お薦めするギフトのアイデアだ。でもいつもと同じく、皆さんがお気に入りのギフトの提案で、原子でなく情報ビットというスローガンに合致するものがあれば、どうぞこの記事へのコメントして寄せて頂きたい!

コメントリンク11749 この記事について | Tweet リンク11749


TidBITS 監視リスト: 注目のアップデート、2010 年 12 月 6 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

iPhoto と Aperture 用 FlickrExport 4 -- Connected Flow が、バージョン 4 の FlickrExport for iPhotoFlickrExport for Aperture をリリースした。iPhoto 版と Aperture 版のいずれも、インターフェイスを改良するとともに、複数の Flickr アカウントをサポートし、複数の写真セットを一度にアップロードできる機能を追加している。iPhoto プラグインの方は、ビデオのアップロードをサポートするとともに、画像のアップロードとあわせてライセンス条項の設定もできるようになった。また、Aperture プラグインの方にはメタデータのみのアップロード機能が加わり、写真自体を入れ替えることなく Flickr のメタデータのアップデートができるようになった。(iPhoto プラグイン: 新規購入 12 ポンド、アップグレード 6 ポンド、1.5 MB; Aperture プラグイン: 新規購入 14 ポンド、アップグレード 7 ポンド、1.8 MB)

iPhoto と Aperture 用 FlickrExport 4 へのコメントリンク:

RapidWeaver 5.0.1 -- Apple が最新の iLife アップデートで iWeb に何も手を加えなかったことにがっかりしている人たちは、このニュースを聞けば少しは元気が出るかもしれない。Realmac Software が、受賞に輝く同社のウェブデザインソフトウェアRapidWeaver のバージョン 5 をリリースした。バージョン 5 での新機能は、Projects Window、Bookmarks Manager、六つの新しいテーマ、統計追跡のサポート、HTML および XML のサイトマップ生成、統合 Safari Web Developer Tools、さらに Realmac は「UI の改良もどっさり」と言っている。また、このバージョンで Addons 領域が新設され、RapidWeaver プラグインの管理がぐっと簡略化された。アドオンのフルリストは Realmac Software サイトにある。(新規購入 $79、アップグレード $39、34.0 MB)

RapidWeaver 5.0.1 へのコメントリンク:

Swift Publisher 2.3.3 -- BeLight Software のデスクトップ出版ソフトウェア Swift Publisher がバージョン 2.3.3 にアップデートされた。このバージョンから、Swift Publisher が自動的に新しいアップデートをチェック(あればダウンロード)できるようになった。また、バグ修正もいくつかこのリリースで盛り込まれた。ズームレベル 100% でページを表示した際にオブジェクトの大きさがより正確になり、Imposition モードで印刷した場合にページ順序が違っていたのが正され、Mac OS X 10.6 Snow Leopard の下でツールボタンに発生していたいくつかのバグも修正された。既にこのソフトウェアのバージョン 2 を持っている人は、ずっと小さいサイズのアップデートを BeLight からダウンロードできる。(フルのアプリケーションインストーラをダウンロードする必要はない。)($44.95 Standard Edition/$54.95 Retail Edition、アップデート無料、フルダウンロードは 40.4 MB、アップデートダウンロードは 8.3 MB)

Swift Publisher 2.3.3 へのコメントリンク:

VMware Fusion 3.1.2 -- Windows、あるいはその他の Intel ベースのオペレーティングシステムを走らせる必要に迫られているのなら、VMware Fusion さえあれば少なくともそれを Mac という快適な領域を離れることなくできるのが嬉しい。今回、この仮想化ソフトウェアがバージョン 3.1.2 にアップデートされ、多数のバグやセキュリティ関係の問題点が解決された。修正された問題点としては、DivX Player のインストールされた仮想マシンを再開しようとした際に起こることのあったエラー、Slingbox Slingplayer でのビデオ表示の問題、Microsoft Office アプリケーションでのウィンドウイングの問題などがある。その他にも、音量、接続されたハンドヘルド機、フルスクリーンモード、Samsung Galaxy S、Outlook 2007、Mac OS X Server などに関係した問題に対処が施された。完全なリストは VMware のウェブサイト で読める。これらの修正点の他に、バージョン 3.1.2 にはローカルユーザーが閲覧を許されるべきでないファイルにアクセスできてしまうという少数のセキュリティ脆弱性に対するパッチも含まれている。(VMware からの $30 返金を勘定に入れれば新規購入 $49.99、無料アップデート)

VMware Fusion 3.1.2 へのコメントリンク:

Cyberduck 3.8 -- パワフルなファイル転送ツールという分野は年月を経て大きく広がってきたが、その中でドネーションウェアとしておそらく最も有能と言えるのが David Kocher によるオープンソースのプログラム Cyberduck だ。 Cyberduck 3.8 にはさまざまな新機能が満載だが、主なものを挙げれば Amazon CloudFront ユーザーのためのいくつか具体的な CDN オプション、FireFTP および CrossFTP ブックマークの読み込みツール、ファイルサイズや日付の表示の改良などがある。また、このアップデートでは何十ものバグ修正があり、その結果として SFTP 転送が高速化し、アップロードのための準備時間が短縮され、ウェブプロキシ経由での Google Docs アクセスの処理が改善された。(無料、20.4 MB)

Cyberduck 3.8 へのコメントリンク:

EyeTV 3.5 -- Hulu が登場する以前、Mac ユーザーが自分のコンピュータでテレビを見る第一の方法は Elgato の EyeTV であった。そして、EyeTV は今もケーブルテレビの番組を録画する方法として人気がある。(2010 年 8 月 19 日の記事“Elgato の EyeTV チューナーでテレビ番組を iTunes に録画”参照。)このソフトウェアが今回バージョン 3.5 にアップデートされ、今回初めて Intel 専用のリリースとなった。PowerPC プロセッサはもはやサポートされない。この新バージョンのソフトウェアは Mac OS X 10.5.8 Leopard かそれ以降の走る Mac で動作するが、Elgato では Mac OS X 10.6.5 Snow Leopard かそれ以降を推奨している。

EyeTV 3.5 では EyeTV Netstream Sat におけるパフォーマンスと安定性が拡張された。また数多くのバグも修正され、IceTV からの録画で Movies と Series のラベル付けが正しく施されるようになるとともに、サムネイルが無ければ生成されるようになり、SD と HD を切り替えた際に字幕の位置が正しく切り替わるようになった。また、新型の Apple TV で不正な文字が表示される問題や、iOS 4.2 の走る iPad 上での再生の問題も修正された。(新規購入 $79.95、無料アップデート、104 MB)

EyeTV 3.5 へのコメントリンク:

Google Earth 6 -- Google Earth があれば、あなたは全世界を手の内に収められる。少なくともあなたの Mac の上では。Google が、世界を股に掛けたこのソフトウェアをバージョン 6 に上げ、今回から Intel ベースの Mac 専用とした。この新バージョンではさまざまの表示へのアクセスが追加され、Street View、3D tree、歴史的画像などが見られるようになった。その他の追加機能としては、地上レベルのナビゲーション、3D 距離測定、それから Tour Recorder の改良などがある。Google Earth は Mac OS X 10.5 Leopard かそれ以降を要する。ただし、Google Earth 6 がベータ版であることに注意しておくべきだ。この事実は、私は最初見た際に気付くことができなかった。アップグレードするのは、公式リリースが出るまで待った方が良いかもしれない。(無料、53.3 MB)

Google Earth 6 へのコメントリンク:


ExtraBITS、2010 年 12 月 6 日

  文: TidBITS Staff <editors@tidbits.com>
  訳: Mark Nagata <nagata@kurims.kyoto-u.ac.jp>

今週は必見のリンクが少なかった。ラップトップ機の分解をテーマにした愉快な歌詞のミュージックビデオ(本当だよ!)と、コンサルタントやサポート担当のプロたちを対象にした新しい MacTech Boot Camp カンファレンスのニュース、それに Mac ネットワーキングの将来を論じた Glenn Fleishman の記事へのリンクがある。

ラップトップ機を分解するミュージックビデオ -- いやいや、これは実は、冷却ファンを掃除するためにラップトップ機を分解しようとしてどれだけ困難なことかわかったと歌う Jayme Gutierrez のミュージックビデオだ。出来は素晴らしく良く、ミュージックビデオらしいテクニックもたっぷりで、歌詞は人を引き付ける上に、最後には Apple への敬意まで添えられている。(いや、すべての Mac ラップトップがこれくらい簡単に分解できる訳でもない。)そして、ビデオに添えられた文章にある注意書き「これは、決してメンテナンスビデオの決定版ではありません」というのも素敵だ。

コメントリンク: 11791

MacTech Boot Camp がサポートのトレーニングを提供 -- 11 月の MacTech カンファレンスの成功に気を良くして、MacTech はもう一つ別のカンファレンスを発表した。前回は IT プロフェッショナルや Mac 開発者を対象にしたものだったが、今回はちょっと一ひねりが加えられている。その名も MacTech Boot Camp、これはホテルを会場にしたシングルトラックのセミナーで、Mac コンサルタントやその他のサポート担当プロフェッショナルたちのみを対象に絞っている。イベントは一日だけ、サンフランシスコで 2011 年 1 月 26 日に開催されるが、これは Macworld Expo のショウフロアが開く日の前日だ。両方に出席すれば旅費の節約になるだろう。MacTech Boot Camp の参加料金は 2010 年 12 月 15 日までに申し込めば $295、それ以降は $495 となる。

コメントリンク: 11791

Mac ネットワーキングの未来 -- Glenn Fleishman が、Mac のネットワーキング標準の将来について Macworld で論じる。話題となるのは USB 3.0 と、来たるべきワイヤレス標準 802.11ac と 802.11ad、それからどうやら避けられないように思われる FireWire 廃止だ。

コメントリンク: 11787


tb_badge_trans-jp2

TidBITS は、タイムリーなニュース、洞察溢れる解説、奥の深いレビューを Macintosh とインターネット共同体にお届けする無料の週刊ニュースレターです。ご友人には自由にご転送ください。できれば購読をお薦めください。
非営利、非商用の出版物、Web サイトは、フルクレジットを明記すれば記事を転載または記事へのリンクができます。それ以外の場合はお問い合わせ下さい。記事が正確であることの保証はありません。告示:書名、製品名および会社名は、それぞれ該当する権利者の登録商標または権利です。TidBITS ISSN 1090-7017

©Copyright 2010 TidBITS: 再使用は Creative Commons ライセンスによります。

Valid XHTML 1.0! , Let iCab smile , Another HTML-lint gateway 日本語版最終更新:2011年 1月 8日 土曜日, S. HOSOKAWA